☆日本らしからぬ品揃え

Category : 日本
かゆいところに手の届く日本のサービスとかグッズとか、海外で生活するとその素晴らしさをすごく感じるのは海外生活者あるあるだと思うんですけど、前回の一時帰国時にもほおーーと感心したものが。

もしかしたらいまさら・・・かもしれませんけど。

これ。

DSC_2527.jpg

1回分のコンタクト洗浄液とコンタクトケースがセットになったもの。しかもコンビニで100円だったかな。すげーーー!と、私は感心しました。

洗顔とかスキンケア系の1回分のお泊りセットみたいなのは前から売ってましたけど、コンタクトのお泊りグッズは始めて見ました!これは助かる!しかも他のメーカーのも売ってました。すでに販売競争にまで入っているのであればかなり前からあるのかもしれませんけど。

日本滞在の最後のほうであとちょっとコンタクト洗浄液が足りない!という状況になり、ドラッグストアは遠いしコンビニで買えたらなあ・・・なんて思っていたら本当にあったのでびっくりしました。これは1泊旅行とかにも役立ちますよね。洗浄液って家では大きなボトルで使っているし、たかが1泊程度の旅行のために小さなサイズを買うのもねえ・・・みたいなことって多いし。

洗浄液は1回分以上かなりたっぷり入っていました。ケースはやはり作りは簡単だったので1回とはいいませんが数回で使い捨てという感じかな。

「こんなのがあったらなー」っていうそんな商品が本当にある日本、さっすがー!って思っていたのですが、さすがじゃない出来事が!

日本滞在の残り数日という時に「もしやおむつがギリギリかも・・・」という状況になり、大きなパックを買っても持って帰るのも大変だし、日本に置いておいても次回まで同じサイズとは限らない。いや、なんとかうまくやれば残りの枚数で足りるかもしれないし!そういえば羽田空港の授乳室には200円だかでおむつが買える自販機があったから最悪それで買えばいいか!と思い羽田空港に向かいました。

なのに!授乳室にはその自販機がありません、私がいつも見ていたのは国内線の授乳室で国際線ターミナルの授乳室には自販機が無い!ドイツまでのフライトでせめてギリギリ3枚は欲しいところ、手元にはあと1枚!インフォメーションでどこかでおむつが買えないか聞いたところドラッグストアがあるとのことでそこへ向かいました。

おむつ、あったことはあったんです、サイズはMとLがありますとのことだったのですが、なんと40枚パックしか扱ってないとのこと・・・。ちーーん・・・・。40枚パックって、そんなん荷物になるだけやし!!!こんな空港の出発ゲートのすぐ近くにあるドラッグストアだったら1枚とか2枚とか数枚だけ入ったおむつとか売ってるもんじゃないの???誰が国際線乗る直前に「おむつ!」って言って40枚もいるねん!!!!と半ば呆れました。

40枚も買うわけにいかないし、機内でおむつがもらえるらしいということは知っていたのですが、でも数に限りがありますってなってるし、もし無かったらどうしよう・・・同じ便で子供がいたらそこのママにでも交渉してみるか?とか色々考えて、搭乗していの一番にCAさんにおむつのことを聞いたら、ありますよ!と2枚入りのパックを持ってきてくれました。助かった・・・。

空港でおむつが買えなかった(いや、厳密に言えば買えたけれど)、日本らしからぬ品揃えだなあと思った出来事でした。








☆5泊6日、ベルギーの旅

Category : その他旅行・観光
私と娘は日本に行ったので「夏休み!」って感じがしましたが、旦那はまだ休みを取っておらずパパのこととかママのこととか色々あったしちょっとゆっくりしたい、でもやることがありすぎるから(実家の片付けとか書類関係とか)2週間休暇を取るから1週間だけどこかに行こう、残りの1週間はやることやろう!とのことで、前半の5泊6日で旅行に行ってきました。

とはいえ、ママのこともあるのであまり遠出は避けようということで、車で3時間弱ぐらいのところで行き先を探すも、行動が遅すぎて(←旦那に任せています)全然あいてない。そりゃ世は夏休みシーズンですからね。

結局、休暇用アパート(というか一軒家)をみつけたのがドイツの国境からすぐのベルギー。ドイツのアーヘンの隣町です。残り物で選んだ感のある行き先でしたが、意外と良かったです。

ドイツ、ベルギー、オランダの3カ国の国境のあるところ。

DSC_2799_20170806043349c2b.jpg

気づかないうちに国境を越えていたりして、今どこの国?っていうぐらい国を出たり入ったり。ベルギーと思ってたらオランダやった、みたいなことも多々。見事に言葉も変わります。が、ドイツ語がどこでも通じます。ドイツ語で話せばドイツ語で返答してくれます。

近場だけど言葉が変わるだけでなんだか遠くまで来た感じがするんですよね。

特に予定もなくのんびり。近くの町に行ったり、公園に行ったり。晴れた日もあれば雨の日もあったりで不安定な感じ。日本の3週間より、ベルギーの6日間のほうがよっぽどパッキングが大変でしたよ。半袖、長袖、上着、ショールとかあれやこれやで荷物が増える。そして見事にその全部を使うような気候。

娘が好き勝手歩いても人にも車にもぶつからないようなど田舎の町。車の下に隠れた猫に興味津々。手に持っている黒猫のジジのぬいぐるみを猫に見せたいらしい。

DSC_2804_20170806042606a8a.jpg

旦那の希望で1日はサイクリング。オランダと言えばサイクリング天国!だからサイクリングはオランダに入ってどこかでレンタルしようということに。オランダって自転車用の道路とかも整備がきちっとしているし、とにかく平坦だからサイクリングに最適!

な、はずだったんですけど、この地域はオランダ国内であっても山があり、全く平坦な道なんてなくて借りたのはママチャリですけど、マウンテンバイクが必要じゃね?っていうような道で、しんどかった・・・。5時間ほぼこぎっ放し。山の中とか行くし、旦那は道を間違えて後2キロでゴールだったのに、そこから1時間ぐらい走るし・・・もう最後はなんの罰ゲームかと思うような過酷なサイクリングでした。旦那との休暇は、大抵1日はこういう「罰ゲーム」的な日があるんですよね・・・。

娘は始めての自転車デビュー。疲れ果てて寝る。

DSC_2882.jpg

マーストリヒトに行ったりもしました。やっぱオランダって雑貨屋とか可愛い!もっと色々見たかったわー!近場にないHEMAすらテンション上がる!

最終日はドイツのアーヘンを観光して帰ってきました。旧市街のど真ん中に砂場!

DSC_2963.jpg

とっても綺麗な砂の巨大な砂場でした。親たちは周りにある椅子でのんびり出来るしありがたい。

宿泊した家は小さな一軒家で休暇用の家ばかりが立ち並ぶエリアにありました。オーナーはドイツ人のおじさんでとにかくおしゃべり好き。最終日、チェックアウトだけに45分もかかりましたからね、旦那とそのおじさんの会話が長くて・・・。

牛の鳴き声と牧場の臭いがプーんとするとっても静かな田舎町でしたが、のんびり出来て良かったです。娘もメキメキ成長し、言葉がかなり増えました。

「ぼーし、あめ(雨)、おうち.、ヴァッサー(ドイツ語で水)」などなど。

そしてついに!「おっぱい」って言うようになりました(笑)。娘が今までの人生で一番聞いてきたであろうこのワードがついに出ました!胸に手を当てて「こっち」というのがおっぱいの合図だったのですが、「おっぺー」「おっぺー」と聞こえますけど、ちゃんと言うようになりました。ええ、まだ授乳してます。

Nein!(ドイツ語でNoのこと)もよく言うし、主張がかなり出てきていますが、逆にわかりやすいので魔の2歳とは聞きますがまだ手に負えない感もなく過ごしています。

最近はスマホで写真を撮る私の真似をよくするのですが、かならずお尻が出る。私そんなことしてないけどー!私の昔使っていたipod、色と形がなんちゃってスマホっぽくて気に入ったらしい。

DSC_2978.jpg






☆(私の)実家の片付け

Category : 日本
日本滞在中、実家の片付けをかなり手伝いました。ドイツでも日本でも「片付け」です(笑)。

ゴミ袋とか家具とか個数にして30個~40個近くは処分しましたけど、そんなに頑張った割には見かけはあまり変わらなかったのですが、今回は今まで以上に母も潔く手放した感じもありますが、私からするとまだまだ不要なものに囲まれてますけどね。

母は「いつか死んだ後、家の片づけをするお金はちゃんと置いてるから!」ってよく言うのですが、そんなお金は要らないから、今綺麗にしようよ!と。もちろん旦那の実家みたいに丸投げ、お金も無いって状況は腹が立つしやってられませんし、片付けられないならお金を置いておいてくれたら助かるのは事実ですが、だけど実際今生活しているわけだし、だかこそ今!物がなくて少しでも生活しやすい、掃除も簡単、探し物も少ない!という快適な生活をして欲しい、それが一番の願い。

今回は一生綺麗にならないのではないかと思っていたキッチンがかなりスッキリしたのは良かったです。コンロまわりには調味料とか全て置かれていて、コンロ周りを綺麗に保つためにシールのようなシートを貼っていたのですが、貼っているので日頃は特に拭いたりもせず、そんなシートを剥がしたら部分的に剥がれなくて、それを全て綺麗にするのにかなり時間がかかったり・・・。だったらば物も置かずにそんなシートも剥がしてしまって、いつでもさっと拭けるようにしたらいいのに、って前から言ってましたけど、ようやく今回それが叶いました。

キッチンのみならず、全ての部屋を一通り見直したのですが、母から出てくる言葉、もう何回聞いたか・・・

「それ、もらってん」
「それ、もろてきてん」

こればっかり。この2つの言葉、似ているようで似ていない。「もらってん」はお土産とか贈り物とかで頂いたというニュアンス、「もろてきてん」は別にいらないと言えたにもかかわらず、もったいないから貰ってきたというニュアンス。

どっちもどっちではありますけど「もろてきてん、もらってきてん」はもうやめて!と何度も言いました。家にあるし、別に必要じゃないし、もうそういうものは金輪際家に入れるな!!と。

玄関の下駄箱の上も、これでもか!というぐらい色んな置物が置いてありました。ふくろうの置物、シーサー、お地蔵さんとか色々。加えて、外出の時に必要なもの、印鑑とか鍵とか細々したものとかホントいろんな物があって、小奇麗にはしているけれどごちゃごちゃし過ぎ!

その下駄箱の上のものを全てとっぱらい、お花を真ん中にドン!と置くだけに。そうしたら、外出から戻って手に持っている荷物をさっと置きたい時に下駄箱の上に置けたり、宅配のお兄ちゃんが伝票を書いたりするのに下駄箱の上が使えるし、とても使いやすくなりました。

廊下も小さな家具が置かれていたりしたのですが、それも全部撤去。そしたら夜に洗面所とかお手洗いに行く時に電気を消して真っ暗でも物にぶつからない安心感。そして何よりお掃除がしやすい。掃除機も拭き掃除もスイスイできます。母もその辺は実感したようです。

母は引き続き片付けを進めていくとのことで「今度あんたが帰ってきたら、えーそれも捨てたん?ってびっくりするぐらい綺麗にするから!」って言ってました。期待してます。





☆暑かった・・・、そして2歳!

Category : 日本
久々のリアルタイム更新です。

はーーー、暑かった。そうです、日本に行っていました。パパやママのことがあって春の一時帰国を泣く泣くあきらめ、旦那はママもいつ何があるか分からないからできればドイツにいて欲しいと言っていましたが「何かあったらすぐに戻るから」と説得して日本に行ってきました。何も無いだろうなと思ってましたけど、やっぱり何も無くてママは元気です。

一応そういう状況だったので日本では全く予定を入れず、今までの一時帰国の中で一番何もしなかった帰国でした。とにかくひたすら実家の整理・片づけ・掃除を手伝い、ほっとんど家にいました。暑いし出て行くのも億劫だし。暑いから出来れば夏の帰国は避けたかったけど、春に行けなかったし、暑いのも覚悟で行きましたが、やっぱり暑かった・・・。

連日のように猛暑日だ、熱帯夜だというニュースばかりの日本、梅雨も明け、ちょうど夏休みが始まった!という時にドイツに戻ったので、本当の夏はこれから!なのかもしれませんが十分暑かった。そして戻ったドイツは「ああ、もう夏終わったのね」って言いたくなるような肌寒さ。10度ぐらい日本の暑さをドイツに分けてあげたらお互いいい感じになりそうなのに・・・。

「万が一何かあったらキャンセルするから!」と伝え、それでも!と予定を立てた友人たちと1泊旅行。これが結局唯一のしっかりした予定となりました。長崎・福岡・東京・ドイツ在住からの4人、プラス子供たちで大集合。1泊だったしあっという間だったけれど楽しかった。

娘も大好きなお友達に会えてテンション高っ。かなり楽しめるキッズコーナーのあった旅館だったので遊びまくっていました。年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんが大好きなのでずっと一緒に遊んでました。

DSC_2235.jpg

この手をつないでくれている男の子の妹からもらったお下がりのワンピを着てたら、「あれ?これ(妹が)昔、着てなかった?」って覚えていたお兄ちゃん。

DSC_2297_20170724144011041.jpg

たまにしか会えないけれど、大きくなるまでずっと仲良しでいて欲しいなあ。

娘、ついに2歳になりましたー!今回、日本から戻ってきたフライトが2歳2日前。いわゆる「乳幼児」として乗るのがこれで最後です。次回からは「こども」扱いですから、座席も娘の分が1席必要になります。往復共に隣も座っている混んでいる便。娘をひざに乗せての長時間はキツイ。食事用のテーブルも出せません・・・。お隣の人にも迷惑かけるし、でもこれがもうひざに乗せての最後のフライトと思ったら頑張ろう!と思って乗り切りました。

せめて5時間ぐらいの距離だったらなあ・・・。11時間、12時間はやっぱり長い。

DSC_2197.jpg

いっちょまえに飛行機にも乗りなれている感じで・・・、イヤホンをどこに差すとか、テーブルやモニターが肘掛のところにあるとかわかってるし・・・。往路は同じ年の女の子が隣だったのでちょっと間がもち、復路は日本滞在の疲れか長時間寝たのと、ビデオに夢中になり思っていたよりはおとなしく乗ってくれたので助かりました。ひざの上ではなく自分ひとりで座席に座りたいらしく、私の手を引っ張って「しーしー、あっち」とひとりでトイレに行って来い!と私を椅子から引き摺り下ろそうとするし・・・。飛行機に乗るたびに成長を感じます。

ペットボトルも開けてしまう・・・。力も強くなったもんだ・・・。

DSC_2507.jpg

日本のおもちゃ屋さんはアンパンマン屋さんかとおもうほどアンパンマンだらけですね。

DSC_2325.jpg

「あんぱ!あんぱ!」とおもちゃ屋さんで興奮中。娘は別にそんなにアンパンマンを知らないのですが、それでもやっぱりアンパンマンは好きみたい。

友達とやったガチャガチャででてきたこれ。アンパンマンメンバーの中では主力メンバーではない「コキンちゃん」。私もね、あまり知らなくて「ドキンちゃんと色が違うなあ」というレベル。

DSC_2522.jpg

これを持って空港の保安検査を通過しようとした娘。スタッフの人に「X線に通しますので」と引き取られたのですが、X線に通す係りのお兄ちゃんが「コキンちゃんはいりまーす」と伝え、検査後トレーに載せられ出てきた時に返却してくれるお兄ちゃんが「コキンちゃん出てきましたー!」とナイスリアクション。私はこのお兄ちゃんたちのちょっとした対応が嬉しかった。こういう余裕というか、楽しい一面を見せてくれたことが新鮮で嬉しかったなあ。なんか日本って、接客とかどこでも機械的で硬くてあまり遊びがなかったりしますからね。

帰国したら毎回遊びに行く育児支援室の保母さんにも久々に再会。娘を見て「ものすごくしっかりしたね」と言われました。前回は1歳2ヶ月でしたからね。育児支援室の隣にある保育園の水遊びの時間に飛び入り参加させてもらったのですが、私は同行せず先生が連れて行ってくれたので事後報告だったんですけど、3歳児クラスの「ぴちゃぴちゃ水遊び」がつまらなかったらしく、年長さんと一緒に遊びたいと主張したらしく、先生も特別に年長さんのところに連れて行ってくれたらしい。着替えもひとりでしっかりトライするし、帰るよ!って言ったらちゃんと帰る準備するし、かなりしっかりしていたらしい。私とだったら甘えが出て「いやだいやだ」って言うでしょうけど。七夕の工作とかも色々させてもらえて、本当に育児支援室にはお世話になってます。今、娘がドイツで通っている週3回の保育園よりよっぽどしっかり色々やってもらってます・・・。

せっかくの一時帰国、ドイツではなかなか触れ合えないことやモノを日本で少しでも沢山体験してほしいですね、実家にあった「孫の手」を背中に入れて「かいー、かいー」ってやるようになったのも、ドイツではまず目にしませんからね(笑)

友達のバッグを「持ちたい!」と持たせてもらい、歩く娘。

DSC_2475.jpg

このカバンを通した手で「バイバイ」とかするし、まるで小さな大人。ほんと成長したわ・・・。

パパのことも忘れてなくて、家に戻ってからはずっとパパにくっついてました。翌日からまた旦那は出張に出てしまったのでほんと一瞬でしたけど。

今週から保育園も始まるし(保育園も夏休みでした)、時差ぼけを直しつつ、ドイツの涼しさ(いや、寒さ?)を満喫しつつ生活リズムを整えて生きたいと思います。

実家の片付けもまた近いうちにスタートです・・・。








☆日本で全額負担で小児科へ

Category : 日本
11月に日本に帰った際、滞在の最後の最後で娘が体調を崩しました。咳で寝れず、ずっと泣いていて鼻もずるずる熱も出て、ドイツへ戻る3日前ということもあり、念のため日本で小児科に行くことにしました。

皆さん、日本滞在中の病院関係ってどうしてるんでしょう。子供がいないときは病院にかかることも無くて一応、ドイツで通年で海外旅行保険に入ってはいたのですが使用したことは無し。

娘と初めて日本に行くときに、念のためその私の入っている保険を娘と旦那も一緒にファミリープランに変更しました。1年で23ユーロ。たいした額ではありません。

そして今回の一時帰国で初めて病院にかかることになり、とりあえず日本では全額負担で近くの小児科を受診しました。受付で全額負担したい旨を申告すると特に問題なく受付可能とのことで、目安の金額を聞いたところ1万円はかからない、とのことでした。もっと必要かと思って3万ほど現金を抱えて行ったのですが、結果として6800円でした。

咳止めのシロップと胸に貼るシールのようなものを処方していただき、咳でのどが腫れているので、これ以上ひどくならないか注意しておくようにとのことでした。

懐かしい甘い香りのするシロップ。そのままは嫌がったのでジュースに混ぜて飲ませました。

DSC_3763.jpg

で、ドイツに戻ってきて契約している保険会社の説明書を見たところ、各種書類は英語もしくはドイツ語のみ受け付けとのことだったので、病院の領収書を自分で英訳し、またその間に日本に滞在していたことを証明する資料(=飛行機のチケットのコピー)、日本で病院に行くことになった旨のレターを添えて送りました。

その後音沙汰無し・・・。かれこれ1か月。そろそろ保険会社にどうなってるか電話しようかな、、、あー、電話嫌だなーって思っていたら、何の前触れもなく銀行口座に負担した6800円をユーロ換算した額が振り込まれました。

小児科では領収書のみをもらっていてそれを英訳したのですが、よく考えたら診断書が必要だったな・・・と思い、もし診断書不足で返金なしとなったら、もう6800円だしそれで安心できたと思ってあきらめるしかないかな・・・とか考えてたんですけど無事支払われてよかったです。

とりあえずひと段落。

その後保険会社からレターが届き、ちゃんと書類をそろえて出してくれて助かりました!というお礼っぽい内容のレターと金額を振り込みましたという内容でした。診断書については触れられず。そして確認もせず自分で翻訳したけれどそれも問題なかった様子。

それにしても日本だと病院も言葉の壁がなくてストレスフリー。なんて楽なんでしょう。「どんな咳をしてる?乾いた感じ?痰がからんでる?それともゴホゴホしてる?」なんて、日本語じゃないと理解も説明もつきませんよ・・・。

その後は娘の症状もひどくなることもなく、予定していた便に乗ってドイツに戻ってきました。

住民票を入れて?滞在するとか色々聞いたことはあるのですが、皆さんどうしてるんだろう・・・。







☆娘と2人でオランダへ

Category : その他旅行・観光

先週末、金曜から日曜の2泊3日で家族でオランダに行く計画を立てていました。オランダに私のお友達がいて、前回会った後、彼女は2人のママになり、偶然にも彼女の娘ちゃんはうちの娘と1か月違いという縁もあり、家族で会えたらなあと思っていて、ついに会いに行くことになりました。

っていうか近かった(笑)。勝手に結構遠いと思っていたけれどオランダの中でも比較的ドイツに近いところで、うちから3時間半。そんなのうちからミュンヘンとか行くようなもんだし、外国とはいえ近い近い。

出発当日の朝、前日から体調が思わしくなかった旦那が「行けそうにない・・・」と言い出し、ここで「じゃあオランダ訪問はあきらめようか・・・」となるわけはなく(笑)、「だったら私と娘とで行くわー」と旦那を家に残し、娘と二人で行ってきました!

車で行く予定だったので、私と娘の二人だし、出発前に急いで荷物に入れたもの、それは・・・マッキーのCD!今の生活はなかなかゆっくり聞く機会がなくて、かなり久しぶり!往復とも車内一人カラオケ大会でした。娘は聞き役(笑)。1枚ぐらい娘の童謡のCDでも持ってきてあげたらよかった・・・と、後から気づく(笑)

滞在中は、旦那と一緒だったら街を見たり観光をする予定でしたが、旦那がいないとなればその必要もなく、お家でゆっくりさせてもらって、後はショッピングに繰り出しました。

オランダのお店、私の感覚では約7~8割はドイツにあるお店と同じですが、それ以外のちょっとしたお店が本当にかわいい!ドイツにはない感じの可愛いお店があります!そんなお店を巡ったりと、それもまた楽しかったです。旦那がいたらそこまで買い物に集中できないですしね。

土曜日の屋外マーケットにもお魚がたくさん売られていたり、布売り場があったりでオランダらしいな~と。お花の種類もとっても豊富。

ドイツにもあるのですがうちの近くにはないHEMAとかもテンション上がるー!そしてDille&Kamilleってお店も。前から可愛いお店だと聞いていたので行きたくて、一番近いお店に行くもその日、開催されていたお祭りでものすごい人が集まっており、ちょうどそのお店のある通りがお祭りの会場になっていて、そこに行くには数百メートルはあるであろう大行列に並ぶ必要があるとのことであきらめました・・・。

町中がお祭りで賑やかだったのですが、羊の行列に遭遇!斬新!

DSC_4029.jpg

ドイツへ戻る日曜日にやっとお店に行けました!日曜日も営業していたのでよかったー!でも、すごい混雑であんまりゆっくりはできなかったけれど。クリスマス前はどこも大混雑ですね。

私は友達に会えて色々話せたり楽しい旅行だったのですが、誰よりも楽しんでいたのは娘かと思います。もうすぐ4歳になるお兄ちゃんに色々相手をしてもらえたのがうれしかった様子。ものすごいはしゃいでましたからね。

同い年の娘ちゃんとは、まだ一緒に遊ぶという感じではなかったけれど、めっちゃアクティブで喜怒哀楽が激しいうちの娘に対して、おとなしくて天使のような笑顔で癒してくれる娘ちゃん。2人の違いも面白かったです。

DSC_4015.jpg

ただ会って遊ぶだけじゃなく、食事とか就寝とかを共にすると、子供によってここまで違うんだ・・・とびっくりしますね。次、会った時には二人で遊べるかな?

ドイツ語に似てたりもするから、わかりそうで、でも結局わからないオランダ語。「ありがとう」とかちょっとした挨拶を覚えていくべきだったなあとちょっと後悔。特に子供と動くと町やお店でもいろんな人に親切にしてもらうから、ちゃんとお礼が言えなかったのが心残り。

あー、楽しかった。

旦那には悪いけど、旦那が行けなかったから余計に楽しめた部分もあるような・・・(笑)






☆女3人、台湾旅行♪

Category : その他旅行・観光

今回の一時帰国のメインイベント第2弾。母と娘との台湾旅行。3泊4日で行ってきました。

DSC_3664.jpg

飛行機・ホテルと空港送迎のついたプランで。送迎の間も免税店立ち寄りが組み込まれていたりと「THE観光客」という旅行も久しぶり。なんと出発当日はトランスアジア航空が解散に伴い運航をやめた初日!私たちはチャイナエアだったので大丈夫でしたが、もしぶち当たっていたらと思うと・・・。

台湾は今回が初めてでした。小さな子連れでも近いし安全かなと思って選んだ旅先ですが、大正解です。子連れでも何の不便もありませんでした。残念ながら雨続きでそこはちょっと困ることもありましたが。

安いプランでしたがホテルも広くてとっても綺麗でした。

DSC_3666.jpg

ちなみにベビーカーを持っていきましたが、滞在中は抱っこ紐でした。ベビーカーの移動でも問題はなさそうでしたが、やはり身軽に動けたほうが便利ですからね。

抱っこ紐で地下鉄に乗ったら、乗り込んだ瞬間に一斉に数人から声を掛けられて席を譲ってもらったり、レストランでも子供用の椅子や食器も普通に用意してもらえるし、台湾の人たちは子供にとっても優しいです。台北の空港のベビールームなんて備え付けの無料おむつに(保温された)ウェットティッシュまでありました!

娘の食事も取り分けて食べれたので困ることもなく、夜市のものも食べましたが問題なし。小籠包の中身がお気に召した様子。1時間近く並んで有名な鼎泰豐にも行きましたが、確かにおいしかったけれど、夜市の小籠包や野菜饅頭なども同じぐらいおいしかったです。

DSC_3712.jpg

足つぼマッサージとかも娘を膝の上に乗せてでもOKよ!と快く受けてくれるところばかりだし、やってみたかった台湾シャンプーも娘を膝に乗せて出来ました。

夜の九ふんのツアーに参加したのですが、大雨で足元も濡れて怖かったので観光せぬまま・・・何しに行ったんだか、という感じでした。3人でお茶して時間をつぶす・・・。

_20161206_194234.jpg

女3世代の旅行は楽しかったです。気も使わないし。母も連れて、子供も連れてでちょっと疲れたけど。

旅を終えて振り返ったら、何一つ買い物をしてませんでした。お菓子などのお土産をちょっと買ったぐらいで「もの」は何も買わず。靴とかも安かったのですが、今の生活では特に必要ないし・・・と思っていたら結局何も買わずに終わりました。

食事やマッサージ、台湾シャンプーなどを楽しめたのでそれで満足です♪





☆久々のディズニーランド

Category : 日本

今回、ものすごく久しぶりに東京ディズニーランドに行ってきました。10年以上ぶり。

友人達と大勢で行くつもりが出張から帰ってこれなかったりと結局2家族だけになりましたが、大人3人・子供3人(7歳、4歳、うちの娘1歳)でのディズニーランド、まだ子供も小さかったしなんだか大変でしたが、でも楽しかったです。

天気の関係で1日前倒ししたその日はなんとミッキーマウスの誕生日!平日だったのですが結構混んでました。おむつ替えにも行列・・・。恐るべしディズニーランド!

それでもアトラクションの待ち時間は思ったほど長くなくて、ファストパスをうまく使ったりしてしっかり楽しめました。ファストパスを取るのに友人の旦那さんが走ってくれたりとありがたい!

DSC_3587.jpg

DSC_3581.jpg

大人が3人いるから、子供たちを見る番、乗る番と別れたりも出来て私も色々楽しめました。ビッグサンダーマウンテンやスプラッシュマウンテンでは子供たちが怖くて泣いてしまい、なんともかわいらしい。まだまだ手のかかる子供たちを連れて兄弟喧嘩をしたりと色々大変だったけれど、なんかそういうことも含めて思い出深い1日になりました。

娘にはアトラクションはまだ早い感じでしたが、それでもパレードは目を輝かせて見ていたし、私はそんなキラキラした娘の顔を見ることができて幸せでした。パレードはまた次に来たら見れるけれど、娘のキラキラした顔は今しか見れないから、ずっと娘ばかり見てました(笑)

ディズニーランドってものすごい数のベビーカーがあるんですよ!こんなの気にしたこともなかったから知らなかった!アトラクションごとに停まっている大量のベビーカー!圧巻です。

DSC_3511.jpg

東京ではお台場に行ったり、上野動物園にも行きました。東京の中を移動するだけで疲れますね。

11月のお天気のいい行楽日和の日曜日。動物を見たんだか人を見たんだかわからないような大混雑の上野動物園。パンダは見ましたけど、動物園自体は半分も見てないような・・・。

娘は友人の旦那さんに懐いてだっこをせがむ。

DSC_3631.jpg

あっという間の東京滞在でしたが、ずっと前から計画して楽しみにしていただけあって大満足の3日間でした。

この滞在とは別に、ドイツ帰国前にも東京に1泊しました。友人のところにお世話になりましたが、ここ有名なところみたい。


20161206192000092.jpg

今回はバタバタだったのですが、次回はこの町にもゆっくり滞在して観光したいです。






☆もずやん、がんばれー!

Category : 日本
日本では暑い暑いって毎日汗かいてたのに、戻ってきたドイツは寒くて朝方は10度以下だったりして「涼しい」を通り越して「寒い」になってます。ずっと日本では半袖やノースリーブばかり着ていた娘に長袖を着せたら腕の周りの布が嫌みたいで引っ張ってます(笑)。周りの子供たち、すでにもう冬支度!?みたいな服装の子も出てきてます。

さて、日本滞在の最後のレポート。

今回も「ひらぱー」こと、ひらかたパークに行ってきました。ただただ暑かった・・・。

今年はこの「スースーライド」がウリのようです。

DSC_2447_201609200544255de.jpg

これを体験した男の子が「結構涼しかったよなー」って言ってました。スースーライドという乗り物があるのではなく既存の乗り物の乗り場にスースーするスプレーのようなものが置いてあります。

乗り物もどれも自分たちのためだけに動かしてくれるような閑散とした平日のひらぱー。ほんとこれで経営してけるのか心配になるほどです、お願いだからなくならないでほしい!

コーヒーカップと、子供用のミニ急流すべりみたいなものに娘と乗りました。暑かったし早々と退散。ちょっと入場料がもったいなかったけれど(大人1400円)。ひらぱーは行った人ならわかりますが、かなり高低差のある園内。上のほうまで歩くのは結構大変です。暑い日は無理・・・。

ひらぱーを後にし、その足で枚方市駅までの歴史街道を歩きました。そこに昔から氷屋さんがあることは知っていたのですが、店頭でかき氷を販売しているらしく、夏は相当な行列になるとか。「枚方凍氷」というところです、私たちが行ったときは誰もいませんでしたがその後ネットで調べたら真夏は相当な、本当にかなり長い行列ができるそうです。昔からこの道は何度も何度も通ったけれど、そんな行列見たことないけれど、こんなに流行っているのは最近のことなのかなあ・・・。

写真はありませんが、びっくりするほどの大盛かき氷で、氷がとても細かくてフワフワしてて「その辺のかき氷とは違う」というのが一口で分かりました。おいしかったです!母と2人で分けて十分な大きさです。一人だったら大きすぎる。

別の日ですが、枚方市駅にFMひらかたの公開放送ブースみたいなのがあり、たまたま通った時にそのブースの前に人だかりができていました。人だかりといっても20名ほどなのですが写真を撮っている人もいたり、気になったので覗いてみたら(かなりローカルですが)樟葉宮参道商店会のキャラクター「みっけちゃん」と大阪府広報担当副知事の「もずやん」がゲストでした。

こちら、みっけちゃんのブログらしいです。その日の写真が掲載されていました。

いわゆる「ゆるきゃら」ってやつですかね。そこまで人だかりができる???って感じでしたけど、人気なのかな・・・。(私としては)大したことがなかったし素通りし、その後またその前を通ったときに放送が終わったらしいみっけちゃんともずやんが外に出てきていて写真タイムが始まっていました。

着ぐるみだったし娘が見たら反応するかな?と思ってちょっと立ち止まったところ、子供はうちの娘だけでスタッフさんらしいお姉さんが「小さなお友達にはもずやんバッチをプレゼントしますー」と近寄ってきてくれました。で、もらったのがこれ。

DSC_2451_201609200544230fc.jpg

別にいらんけど・・・、という私の心の声とは裏腹に、これ、ほしかった人が多かったらしく、でもみんなに配るほどはないらしくお姉さんが困っていました。あまりにも「欲しい」っていう声が多かったみたいでその後じゃんけん大会になっていました。大人ばかりのじゃんけん大会(笑)、そんなに欲しいものなのかねえ・・・。

ちなみにもずやんのプロフィールを見たところ、お仕事の一つに

大阪府を世界中のみんなに知ってもらうこと

とありました。もずやん、頑張れー!世界中に知ってもらうなんて壮大な任務があるのに、こんなローカルな駅で活動してる場合ちゃうでーーー!でも、私がここに書いたから、ほんの少しだけドイツに住んでいる人に知ってもらえたかもよー!

V6の岡田君がひらぱー兄さんをやっていると思えば、一方でみっけちゃんやもずやんがいる枚方。T-SITEっていうオシャレな施設もできたりしてちょっと頑張ってます。私としては、ユニクロ(駅に小さなユニクロはありますが・・・)、無印(昔はあったのにな・・・)とかあればもっと通うんだけどな・・・。





☆結構おすすめです、天王寺動物園

Category : 日本

日本滞在中に、娘と二人で動物園に行ってきました。大阪の天王寺動物園。曇ってますけど暑いのが日本の夏・・・。

DSC_2369.jpg

小さいころ両親が連れて行ってくれたみたいですが記憶にはなく、大人になってからも行ったことがなかったのでほぼ初めてのようなもん。

天王寺動物園のあたりの天王寺公園はあまりいい印象がなく、近寄らないほうがいい・・・みたいなのはもう過去の話。今はあべのハルカスができたこともあってか(どっちが先か知りませんが)「てんしば」という芝生の広がるおしゃれなエリアになっています。

平日の昼間だったのですが、中国人・韓国人などの訪日旅客と遠足の子供たちぐらいでガラガラでした。暑かったからか動物たちも疲れてる感じがしました。ウロウロ歩きまくる娘にも最適なガラガラ具合。

DSC_2381.jpg

ライオン、キリン、象、熊、トラなどなど「THE動物」(←わかりますよね、このニュアンス)もいて、まだ娘は動物に向かって指をさして「アッ、アッ」というぐらいですが、もっと大きくなったら楽しいだろうなあ。

DSC_2379.jpg

DSC_2378.jpg

この天王寺動物園、なんと入場料は500円。しかも当日であれば再入場可能。これ、かなり助かります。

暑かったし娘も眠くなったりで、寝ている間は天王寺に行ってお買い物をしたりしました。デパートもあるからおむつ替えとか授乳場所もあるし。

新世界も目と鼻の先なので、お腹がすいたら串カツを食べに行くのもアリですよね。

DSC_2401.jpg

DSC_2400.jpg

昔、近くに住んでいた時期もあり、また母とよく大衆演劇に行ったりもしたのでこの辺りは懐かしいです。そしてずっとずっと昔から変わっていないんだろうなーという雰囲気。通天閣のあたりは、結構いろんなお店が出来ていて観光客でも入りやすい店構えのお店がたくさんあります。

天王寺側の入り口は目の前に大きな芝生が広がっているのでそこでお弁当を持って行ってピクニックするのもありです。コンビニもありますし。ただし、日陰はほとんどありませんでした。

動物園だけでなく、再入場のシステムや天王寺や新世界に近いことも含めて、天王寺動物園はいいなーと思いました。また次回も行こうと思います。









-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-