☆ドイツ語学校ひと段落

Category : ドイツ語学校
ついに!2月から通っていたドイツ語コースが終了しました!
ああ・・・辛かった~。落ちこぼれながらもなんとか通いました。
最初は15人ぐらいいたのに、最後までほぼ出席し続けたのは半分以下。
今日の最後の授業なんて3人でしたからね・・・。

最後の授業とはいえ前のクラスみたいに飲んで騒ぐことも無く淡々とした授業でした。
嫌いだった先生も段々好きになって、結局は良い先生だったと今は思えます。
厳しかったし冗談も言わないし面白くない先生だったけど
内容はすごく素晴らしくて、必要なことをしっかり教えてくれた先生でした。
なんだかんだいってこんなに日常で役立つことを学んだコースは初めて。
今まで書いたことすらなかったお手紙とか書くようになったし、
文章を読んでみようと思えるようになったし、先生に感謝です。
でももう一度ちゃんと復習しないと。

とりあえず6月はちょっと休憩したいと思います。
厳密に言うとあとちょっとだけ別のコースがありますが、それも5月中。
6月はちょっとお休みです。7月以降、また再スタートしようかなと思っています。
でも次はちゃんと身の丈に合ったクラスにしたいと思います。

まあこうして学校に行くようになったのも・・・
そうです、外人局のおかげですわ。
B1試験を受けろって言われて焦って通いだしたわけで、
それが無ければ通うことも無かっただろうし、ある意味外人局にも感謝です。

でも本当の感謝はVISAが取れてからですね。
お願いだから早くして~!!





☆週末ドイツ語集中コース

Category : ドイツ語学校
この週末はドイツ語コースでした。
やっと終わった~!という達成感がイマイチ低いコース。

週末だけの集中コース、5時間 x 2日間 = 10時間 に参加しました。
正直なところ、期待外れ…。
一番最初の課題が1人ずつプレゼンでビビりましたが、その後はあまり…。

毎週行ってるコースで鍛えられたか、物足りない。
決して全て出来ているわけでは無いけど、新しいことが無くて…。
今回は11人のコースで、偶然にも毎週行ってるコースの子がいました。
知った顔があるとちょっとホッとします。
が、その子も物足りないみたいで休憩中に「どうよ?」という話になりました。
そしたら「もう明日は来ない!」と言い出す始末。(結局来たけど・・・)
さすがに私はお金も払ったからちゃんと最後まで受けるつもりだというと
「時間の無駄だ!週末の貴重な時間なのにこの内容じゃ話にならない!」と。

5時間のうち、休憩は15分が2回。意外に楽しかったのは休憩時間。

ドイツ語コースってある程度進むと、
仕事をしている人が多くて話題がおもしろい。

今回も、
・精神科医(ドイツではアシスタント)
・地質学者(ドイツでは仕事が見つからず今だけ英語の先生)
・エステティシャン(香水屋の店員と二足の草鞋)
・歯科衛生士
・領事館職員
・掃除屋さん(新築が出来た時に掃除するプロ)
・医師(ケニア人で伝染病の専門医でもドイツでは不要な医学とのこと)

などなど、バラエティ豊かです。

2日目は仕事場における「議論・抗議」のロールプレイ。
上司や同僚に関して意見を述べて抗議するというもの。

たとえば

何度も終業5分前に仕事を言い渡す上司に、やめて欲しいとクレームする

とか・・・
基本的に日本人的にはありえないシチュエーションです。
仕事にもよるけど、言い返すよりやったほうが早くない?って感じだし
それぐらいぶつぶつ言わずにやろうよ!って感じです・・・。
母国語でもないシチュエーションをどう乗り切れと・・・・?

文化の違いというのは面白いですね。

2日間しっかり勉強した割にはあまり身についていない・・・。
せっかくお金払ったんだし少しはものにしないといけませんね。

でもみんなが今まで受けてきたコースの内容とか先生の評判とか
そういうのをたくさん聞けたのは良かったです。








☆ドイツ語学校で自己主張できない私

Category : ドイツ語学校
今日のドイツ語学校。

2人ひと組になって書類作成。内容は、
「とあるメーカーが部品を作ってくれる会社を探しており、ある会社に部品の詳細を知らせ、
ついてはその部品を一万個作る場合の見積もりをお願いしたい。
電話で聞いた限りでは是非取引をしたいとおもっているが
初めての取引であるため我が社の信用については取引先の○○銀行に聞いてくれ。」
という書類を作成せよという課題。

私とペアになった彼女は「銀行に聞く」という状況が理解できないらしい。
何度も何度も説明するも、この銀行は部品の支払いをする銀行口座だと主張。
私達のペアは彼女が書類を書く役になっているためどんどん彼女の理解で書いていく…。

こういう時、もっと主張してペンを奪ってでも書くべき!?
私の主張は受け入れてもらえず、彼女の理解のまま進み、
みんなの前で発表した際に、文法や文章力の前に状況を理解していないことを指摘される。
しかも!彼女は書いたから発表はお願いね、と私が発表役に!

今のクラスに1人、あまり感じのよくない子がいて、とにかく説明、訂正したがりの
発音とかまで指摘してくる某ヨーロッパの国から来た女性がいます。
お前は先生か?と言いたくなるほどの偉そぶり。
私はほぼ彼女とは話しません。
常に戦闘体制の彼女、世間話すら話題が無く…

その彼女からの指摘がすごかったです。
だから分かってるわよ!って言いたかったけどだったら何故間違う?って感じですよね…。
こういうとき、もっと自己主張すべきかとは思うのですが、私には無理。
海外ではしっかり自己主張しないとダメだと言われますが、
私はもうこの年で急に自己主張する性格に変わるわけもなく
相手の意見を尊重しつつ、ひっそり生きて行けばいいかな…って。
所詮、語学学校の授業だし(笑)

今のクラスも残り数回!
辛かったけどかなり勉強になりました。
せっかく勉強したし、ゆっくりながらもこの先も何らかのクラスを続けて受けて行きたいと思ってます。



☆ドイツ語学習で大切なことって

Category : ドイツ語学校
今日もドイツ語クラスで撃沈・・・。
帰り際、クラスメイトと同じ電車になって、あまり話したことの無い子だったのですが
「内容はいいんだけど先生がイマイチだよね・・・」って話で意気投合。
やっぱりみんな同じこと思ってるなあ。

彼女はまだ在独1年半なのにドイツ語のC1のテストも終えていて
もっと上のクラスで勉強したかったけど、時間が合わないから今のクラスにいるという
「文章を書くのが得意!」というつわもの!

「先生はどうであれこのクラスはみんなやる気があって最高よね!」と絶賛した上で
受講者の中でドイツ語レベルに開きがあることを指摘してました。
「たとえば○○はレベルがB2でしょ?まあなんとかついてきてる感じよね~」とのこと。

私の前でそう言うので、私自身のことはそう思ってないのか?と不思議でしたが
そりゃ私、あまりクラスでは発言しないし、出来てないのが露骨に出ないからか
彼女が気づいてないだけで、○○さんはよく発言するだけ偉いと思う。

なんだかありえないほどの宿題を抱え、帰りの電車の中でも宿題してました。
わからない事が一杯で思わず隣に座ってる暇そうなお兄さんに聞きたかったぐらい。

旦那に見てもらってるから宿題などはまだ間違いは少ないのですが
旦那がいなかったらもう散々だったと思います。

そして今になって、ほんと今更ながら、
ドイツ語を学ぶ上で一番大切なことは・・・・Der・Die・Dasだと痛感。
(名詞に付く冠詞。男性、女性、中性と3つの冠詞があります)

結局のところ、それが出来なければ無理。
語彙力も、作文力も、会話力も大切なのですが、冠詞がわからずして先には進めない。
なんかそういう初歩的なところで、今ごろつまづきまくる・・・。

でもドイツで上手く生きていくには、
冠詞なんてすっ飛ばして、語彙力伸ばして言いたい事を言えればなんとかなる!とも思う・・・。

語学って勉強したらいつの日か話せるようになるんだろうか・・・。
私の周りにいるドイツ人ではないドイツに住む外国人たちみたいに
ネイティブ級で話せるようになるんだろうか・・・。
寝る間も惜しんで頑張ってるわけでもないのに、
「そんな日は永遠にやってこない気がする」と言い訳してしまう。

言い訳せずに勉強しよう・・・。







☆面白くて眠れないドイツ語のCD

Category : ドイツ語学校
以前、日本で購入したこの本。
ドイツ語リアルフレーズBOOK

fc2blog_20130212173550bc1_20130328192720.jpg

本はほとんど読んでいなくて主に付属のCDを聞いているのですが、
CDはフレーズを使った会話形式になっています。

眠るために聞こうと思ったのに、逆に目が覚めてしまったCD。
だって日本語の表現とドイツ語の表現がこうも違うのか!と感心してしまって。

簡単なドイツ語なので聞いたらわかるのですが、それの意味するところが違うというか
こうやって表現するのか~とびっくりすることが多いです。

たとえば「細かいことには目をつぶらなくちゃ」というフレーズで
ドイツ語だと「時には“5”を偶数にさせることも必要」。
5を偶数にさせるって文章は理解できたけど、それが意味するところまではわからず・・・
そんな驚きと発見が詰まった本です。

「仏頂面してるね」は、「7日間雨が降っているような顔をしているね」と表現。
うわー、お天気を使って表現するなんてドイツっぽい。
ちなみにこれは3日間や10日間というバリエーションもOKだそうです。

歴史的な背景とか、他にも別の単語が使えるとか、解説も面白いです。

「嫌だけど仕方ない」は、「酸っぱいりんごをかじる」

「寝た子を起こすな」は、「寝た犬を起こすな」

「誇張する」は、「蚊を象にする」ですって!笑える!

「歯に衣着せぬ」は、「歯を紙で隠す」

「尻に敷かれている」は、「スリッパの下にいる」

「根気が無い」は、「お尻の肉が無い(座ってられない)」

「役に立たない」は、「5番目の車輪だ」。車の国っぽい表現!

「同時に2つのことは出来ない」は、「同時に2つの結婚式で踊れない」
結婚式で踊るということが本当に伝統的なことなんだな、と改めて実感。

「ぼんやりしてる」は、「気の散った教授」

「そこが問題点」は、「胡椒の中のウサギ」
もう調理されてしまっているという意味なんだそうです、ちょっと残酷・・。

「目の前にある」は、「鼻の前にある」
なんか納得(笑)鼻が高いから目より鼻のほうが近そうだし。

「犬猿の仲」は、「犬と猫の仲」
お猿さんがあまりいない地域だし、犬と猿の愛称が悪いってのを知らないのかな。

へえ~と思うことがたくさんあります。
同じことを言うにも、国が違うと変わるものですね。

「優秀な働き手」のことを「馬小屋で一番いい馬」と表現するなど
馬や馬の道具などを使って表現されるものも多かったです。

「特別扱いはいりません」は「一番いいソーセージはいりません」
のように、THEドイツってのもありました。
あとはビールの樽を意味する使い回しも多かったです。
悪循環を「底の無い樽」と表現したりしていました。ほんと、お国柄ですね。

旦那いわく使うものもあればあまり使わない表現もあるみたいですが
「とにかくネガティブな表現が多いね~」と笑ってました。
たしかに、全体的にネガティブというか、アンラッキーな状況に使える言葉とか
そういうのが多いです、っていうかそういう言葉こそ使えるんですよね!

ほんと、面白い本に出合えてよかったです!





☆ドイツ語クラス、少しだけ進歩!

Category : ドイツ語学校
たまねぎを買ったら、全てくっついてました。
こんなの初めてです!かわいらしいけど使うときいちいち面倒ね・・・。



さて、相変わらず続いている胃の痛いドイツ語クラスですが、
すこしずつ、すこしずつ慣れてきました。
よくよく考えると、私が合わないのは先生とルーマニア人の女の子。
あとのみんなは本当に親切。
私からはクラスメイト達に近づいていっていないのに、
毎回DMとかで届いて参考になりそうなレターを
コピーしてくれる子(どこの国だったかなあ・・・南米系・・・)や
ローカル採用と駐在員の違い談義で意気投合して以来話してくれる中国人や
今度お互いの国の料理を教えあおう!と盛り上がったタイ人。
みんなが話しかけてきてくれて、ようやく私も心を開くようになり
少しずつ打ち解けられるようになりました。

でも明らかな事実は、私が一番ドイツ語が出来ない・・・。
みんなDer/Die/Das(名詞の前に付く姓を現す冠詞)の違いとか完璧!
あと、冠詞の変化とかもすごいわかってる!
これはDativeだからこうだね、こっちはAkkusativeだよね、とか
グループワークが多いから私の出来なさが際立ちます・・・。

ただね、みんな同じでした、思っていること(笑)
「先生にユーモアがない」ということ。
淡々と進められて行く授業、冗談どころか無駄話の無い授業。
「先生によってクラスの雰囲気って変わるよね」とみんな同じ意見。
よかった・・・みんな同じこと思ってたんだ!

そしてみんな同じことを思っていたといえば、
「ローマ法王の勘違い(笑)」
まあ、見事にみんな最初に出てきた人がローマ法王と思ってて、
「かなりご年配の方でびっくり!」と思ったってことを爆笑しながら話すので、
ローマ法王のことをこんな笑い話にしていいのか?と躊躇していたのですが、
こうやって笑って話す話題なんだ~と安心(笑)

まだまだ先の長いドイツ語クラスですが、
少しだけ登校拒否気味の胃の痛くなる感じがなくなりました。







☆ドイツ語クラスで落ちこぼれてます

Category : ドイツ語学校
少し前からまたドイツ語コースが始まりました。
ZDも受かったし、オリエンテーションテストも受けたし、
もう学校に行く必要はないのですが、
今後は語学力向上のために、もう少し続けようと思って。

前回はインテグレーションコースに合流した形だったので
国から授業料が支給されている人たちが多く、
出席日数もしっかり管理されることもあり
クラスの半分以上が「とりあえず仕方なく来ている」という感じもあって
がつがつ勉強するわけでもなく、それなりに授業を受けている感じ。
授業のスタートもダラっとしたスタートで時間通りに始まったことがないし
休憩も30分ぐらいあるし、終わりも10分ぐらい早く終わってました。
全体的にしまりのない感じでした。

でもその分雰囲気も良かったし、私も自分のクラスが大好きでした。
当時も何度も書きましたが、できれば同じクラスでこのまま続けたいとも思いました。
ただ、少し簡単すぎるのと、先生からも私にはこのクラスは向いていないと言われ
別のクラスに行くように勧められました。
「あなたが続けたいならもちろん続けても構わないけれど
お金と時間を使うのならば、あなたに合ったコースにしなさい」と。

そして先生と相談して決めたコースがスタートしたのです。
もちろん先生は違います。
今回のコースは国の援助も出ないコースで全員が自己負担。

みんなすんごいやる気です。怖いぐらい・・・。
一気にアフリカ系やイスラム系、東ヨーロッパ人がいなくなって、中国か英語圏の人とかが多め。
冗談ひとつ話さない真面目すぎる先生も私はあんまり好きではなくて・・・。
それにレベル自体もちょっと上すぎる気がします。
結構ドイツの会社で働いている人も多いし、
本当はもっと上のクラスに行きたいけど、仕事しながらだと行けるコースがなくて
仕方なくこのコースを受けてますという人とかもいたり。

時間通りに始まるし休憩はほんの2,3分。
終わりもきっちりどころかちょっとオーバーするぐらいです。
電車に乗るためにできれば3分ぐらい早く出たいな、と思っていたのですが
一切そういう雰囲気ではありません。
前のクラスなんて最後のほうは退席する人が多かったのに・・・。

授業もやる気のある人がどんどん発言していて
発言しない人は置いて行かれる感じです。
なんだか私にとってはちょっとピリピリした感じで息苦しい。

発言の内容だって、すごく高度な発言で、
前みたいに間違ってもいいや~みたいな感じでもなく
生徒が生徒にダメ出しすることもあって、ほかの生徒に教えられたり・・・。
たまたま話した同じクラスのアメリカ人は、
「このクラス、モティベーションが高くてすごくいいよね!最高だよ!」と
大絶賛しておりました・・・。

そんな雰囲気なので私はなかなか発言できず、先生からも相手にされてない感じです。
学校の日になると「行きたくない・・・」と気が滅入ります。

でもついていけてないとはいえ、内容は素晴らしくて即役立つものばかり。
予習、復習をしっかりやって、宿題も出るしとにかく必死という感じで
まあ、ダラっとしてしまう私には向いているクラスかもしれません。
旦那ですら頭を悩ませる問題とかもあって、
宿題で出た新聞記事を見て、突然のレベルUPに旦那も驚いています。

先日も授業でことごとくわからなくて落ち込んでしまった帰り道。
市街地を歩いていたら、「すみません・・・」と話しかけられ
結構まともな人だったから道でも聞きたいのかと思って答えたら、
「お金恵んでください」系の人で、答えるんじゃなかった・・・と後悔。
もちろんわかった瞬間「No」と言って立ち去りましたが、
その後も駅までの道すがら酔っぱらいのお兄さんに
「シナ、シナ(China=中国)」と声をかけられ、それも無視。

その後また若い男女のグループに「ハロー、ハーロー」と声をかけられ
もう嫌だ!と思って振り向きもせず駅まで歩きました。
少しして気になって後ろを振り返ってみてみたら、
そのグループは酔っぱらいでもなんでもなく、
前のドイツ語コースで一緒だったポーランド人達でした!
振り返った時にはもう遅く、声をかけられるほどの距離でもなく・・・。
せっかく声をかけてくれたのに無視しちゃった。自己嫌悪。

落ちこぼれた学校帰りの沈んだ気分だったので、
楽しい思い出ばかりの以前のクラスメート達を見たらなんかジーンとしてしまいました。
無視した自分が腹立たしい・・・。
でもあの時彼らに気づいて話せてたら、涙が出たかも(・・・大袈裟ですね)
でもそれぐらい毎回授業の後は沈んでます。

でもこれは試練だと思って、頑張りたいと思います。
っていうか頑張らなければいけませんね・・・。

さっ、宿題しよっと。






☆怒涛のオリエンテーションテスト終了

Category : ドイツ語学校
今日は会社を休み早朝から行ってきました、オリエンテーションテスト!
ようやくこの日がやって来ました~!
滞在許可取得の戦いが終わるのももう間近です。

さらっと終わらせたかったのに、ここに書きたくなるほど色々なことが起きました。
毎度のことですが、何事も期待を裏切らない感じです。

本来オリエンテーションテストは6週間?のオリエンテーションコースを受けて
最終日に受けるテストです。
問題はドイツの政治、経済、歴史、宗教、常識・・・などなど色んな分野から250問が
設定されていて、テストはその250問から25問が出題されます。
13問正解で合格だそうです。

250問の問題はインターネットでも見れるようになっていて、
全く同じ問題が出るので、丸暗記可能です。ちょっとボリュームはあるけど・・・。

★もしこれから同じようにコースを受けずテストだけ受ける人がいるとしたら★
さすがに250問の一夜漬けは無理だと思います。でも1週間ぐらいあれば丸暗記は可能だと思います。
250問あっても勉強しなくてもわかるものも多いのでその辺だけさらっと目を通して答えがわからなかったものを何回か勉強すれば十分だと思いますよ。


私はオリエンテーションコースは受けずにテストだけを申し込みました。
「受けたいならどうぞ」という感じで受けさせてもらいました。
何故そうなったかは既に語っているので端折りますね。

先週、わざわざテストを受けるVHS(語学学校)から
「当日は必ず8時半に遅れずに来てください」と連絡がありました。
やけに律義なVHSからぬ対応が不思議でしたが、今朝行ってわかりました。
なんと、コースを受けずテストだけを受けるのは私だけでした。
かなり常識ハズレの行動なのか、先生が私の顔を見るなり
「あなたが◯◯さんね、良かったわ時間通りに来てくれて!」
と、なんだか出迎えてくれる感じが意外でした。

そして「今日はこのクラスでの最後の日だから
テストの後にみんなでカフェにいく予定なんだけど一緒にどうかしら?」
と誘われましたが全員知らないし、お断りしました。

ずっと一緒に勉強してきた生徒達は団結していてみんな仲良し。
先生からは今日の授業の最初に
「今日のテストだけ受ける人だけどみんなよろしくね!」
と私のことを皆に紹介してくれて自己紹介までさせられました。

VHSでは毎回出席簿が回って来て各自がサインをするのですが
その出席簿には私の名前が1回目の授業から書いてあって
全部欠席の生徒になってました。今日の欄だけ出席のサイン。

もうちょっとテストっぽいのを想像してたので普通の授業に仲間入りするのは意外でした。
まずは最初の1時間はテスト直前の復習をしますとのことで授業が始まりました。

開始数分でもう誰がどういう感じかわかるほど
うるさい人、空気読まない人、ただ喋りたがりの人、説明したがりの人・・・
相変わらずぐちゃぐちゃのクラス。

先生が問題を言って生徒を1人ずつあてるのですが
もちろんそんなことは従わず我れ先にと答えを大声で叫ぶ叫ぶ。

私もあてられて困りました。
周りに答えられないように即答してやったぜ!
私は試験問題丸覚えなので意味とか理由とかそういうことはわかりませんが
みんなしっかり意味とかも答えるんですよね、勉強しただけはあるなあと感心。

先生は私に向かって
「インターネットで勉強するのは間違ってないわ!
ただこうしてみんなで討論をしたり色んな局面から
議論するクラスの授業もまた違った面白さがあるのよ。」と言ってましたが、
政治経済、それに歴史や宗教で討論なんて、
授業の空気を読まないグチャグチャ具合が手に取るようにわかるし、
さぞかし各国の意見で激論を交わしたことでしょう。
そういうことで熱くなれない私にはインターネットで十分です。

テスト開始前に5分間のトイレ休憩。
「すぐに始めるからトイレだけね!タバコを吸いたいなら5分で済ませて!」と先生が念押し。
5分休憩ですよ、5分。でも15人ぐらいいた生徒で教室に残ったのは私1人。
ってか5分だよね?マジで全員トイレに行くの!?

時間通り始めると散々言われてるのに全員戻ったのは30分後。あー、ウザい。
もぉー!!ちゃんとしてーー!

ようやく全員が揃い、テスト用紙が配られました。
テスト用紙にすでに名前や生年月日が印字されているのを見て
なんかちゃんとしたテストなんだなあとしみじみ。

用紙に印字された名前や生年月日の確認、
住所の記入とサイン、たったそれだけのことでも大騒ぎ。質問続出。
先生の説明は聞いてないわ、理解してないわで全く進まない。もうちょっと空気読もうぜ!

テストは「ボールペンで」と言われて一瞬戸惑いました。
散々質問しまくりのみんななのにボールペンのところでは戸惑いません・・・・。
あれ・・・・?ってか普通マークシートっぽいのって鉛筆じゃない??
ボールペンなので間違った場合の訂正方法とか説明されて、それが何よりも違和感です。
でも私は叫んだりしませんよー、心の中で驚きつつもおとなしく従いましたよ。
こういうところで「えー!マジ?普通鉛筆じゃね?」とか叫ぶのが
ドイツにおける語学学校の外国人たちのよくある態度ですけどね。

しっちゃかめっちゃかの皆を怒らずに対応する先生がすごい。
まるで大人ばかりの幼稚園です。

ようやくテスト開始。
丸覚えの私は3分程度で終了し退席しました。
私が帰る頃「できたー」と大声で叫ぶアフリカ人。
まだテスト中ですよ、わきまえてください・・・。

全問正解かどうかは自信ないけどさすがに13問はあってるでしょう。
なので完璧に合格していると思います。

はやく来い来い、合格通知~♪
それを持って外人局に行くんだーー!念願の無期限滞在許可だー!

で、肝心のテストの結果ですが

「結果を郵送するまで6ヶ月かかります」ですって。

はっ・・・・?
半年!?

ってか、先日お金払って3ヶ月延長した私のビザ・・・・・・・・・・・・。

間に合わないよね。

ふざけるなーーーー!



☆先生が解任された!?

Category : ドイツ語学校
昨日から学校が始まっています。とはいえ、今のコースは今週一杯で終了です。
次のコースはどうするか・・・現在、先生と相談中です。

今のコースは週に4日、月から木曜日。
月・火はやさしくて真面目なおじいちゃん先生、
水・木はやんちゃな感じの元ヤン先生(←イメージ)

おじいちゃん先生はさすがベテラン!って感じで
私は結構このおじいちゃん先生の授業も好きなんですが
クラスの大半は元ヤン先生が好きみたいで、
月火と水木では生徒の雰囲気とか元気さが全然違います。

年内最後の授業は、この元ヤン先生とみんなでパーティー。そのときの話⇒
昨日の月曜日から年明けはスタートだったので、おじいちゃん先生からのスタート。
授業の最初に、元ヤン先生は急遽違うクラスを受け持つことになったので、
このクラスは僕が4日間とも担当します。次のコースも僕が毎日担当です、とのこと。

これを聞いて、みんな口には出さなかったけどたぶんショックだったと思います。
みんなが大好きな元ヤン先生・・・担当が外れてしまうのは残念です。

そして今日、授業前に学校の最寄の駅で、クラスメイトのポーランド人ジェゴシュ君に会いました。ジェゴシュ君は20代半ばでかわいらしくて、真面目で、本当にいい奴。一刻も早くドイツ語を習得して彼女の待つポーランドに帰りたいと志も高い!

いつもポーランド人と仲良くつるんでいるのに、
ドイツ語の勉強の話になると私のところに聞いてくる(←出来ると思ってくれている!?)可愛い奴なんです。

そんなジェゴシュ君と学校までの道すがら、元ヤン先生の話に。
元ヤン先生が担当を外れてしまって残念だね・・・という話かと思いきや
「もしかしたら僕達のあのパーティーが原因でVHSから怒られたのかもしれない!
僕たちお酒も飲んでたし、もしかしたら誰かが見てたのかも!
もしそうだとしたら先生だけが罰を受けるのは間違ってるよ!僕達も一緒だったのに!」
と、思わぬ話が出てきました。
「もしそうだとしたら、僕達も先生に謝らないと!、先生だけが悪いわけじゃない!
僕達だってパーティーをしたいって言ったじゃないか!」と熱いジェゴシュ君。

あのパーティーの日、確かに私もお酒OKなんてずいぶん寛大な学校だなとは思いました。
でも他のクラスに迷惑をかけるほどは騒いでもいないし、ちゃんと時間通りにお掃除して帰ったし。何より一番先生が盛り上がってたし・・・。
きっとジェゴシュ君が心配しすぎなんじゃないかなって思うのですが・・・。

学校では掲示板に今日一日のコースと先生の一覧が張り出されているので
「元ヤン先生がいるか見てみようよ!」とジェゴシュ君と2人でチェックしたのですが
元ヤン先生の名前はありませんでした。でも火曜日は休みかもしれないし・・・。
明日もう一度、元ヤン先生の名前があるか確認しよう!ということになりました。

まさかパーティーが原因?
確かに突然の変更ではありますが・・・。
明日元ヤン先生の名前が見つけられますように!

っていうかジェゴシュ君、君はなんていい奴なんだ!惚れそうです(笑)







☆ゆっくり勉強しようかなあ・・・

Category : ドイツ語学校
今日はドイツ語学校で年内最終授業なのでみんなでパーティーをしよう言っていたのですが、てっきり授業の後半だけパーティーかと思いきや、最初から最後までパーティでした。教科書をちゃんと持っていったのは私だけ・・・、先生は何も言っていませんでしたが、みんなは勝手に「授業は無し」と理解していたみたいです。私だけ超真面目な生徒になってましたよ・・・。

そんなパーティーですが、面白すぎました。
まず1杯目がシュナップス(アルコール度がすごい高いジンみたいなもの)でスタート。
ポーランド、ブルガリア、セルビア、ウクライナというジンやウォッカの国の人たちなので、当たり前みたい・・・。最初からぶっ飛ばしたため、かなり酔っ払いました・・・。

みんな踊りだして、大騒ぎでした。先生は一応「静かにねー」なんて言っていたけど、結局先生が誰よりも一番盛り上がってました。こういうことも黙認するVHSってすごいです。

先生も「こんなにいいクラスは久しぶりだ!」と言っていたので、本当にいい人たちが集まったんだと思います。なんか今日みたいに本当にみんなとワイワイ盛り上がると、このままこのクラスで勉強したいな・・・って思うほどです。レベルの問題はあるものの、このクラスメイト達と別れるのは正直寂しい・・・。

とはいえ、ちゃんと聞きに行きました。レベルが低すぎることと、週4日は多い事を相談してみましたがとりあえずクラスの先生ともう一度話し合うようにということと、おそらく別のクラスは全てウェイティングなので、ワンシーズン待ってもらうかも・・・とのことでした。待つぐらいなら今のクラスの続きで受けようかな・・・と思いますがでも週4日はさすがに辛い。とりあえず年明けの授業で先生に相談してみます。
今まで何年もドイツ語の勉強を放っておいて、何も今になって急がなくてもいいかなとも思ったり。スローペースでもみんなとの時間を優先しても構わないかなーという気もします。せっかく知り合えたし。

それとオリエンテーションテストですが、もう外人局ともめるのも嫌なのでとりあえず申し込みました。担当のおばさんは一瞬困っていました、そんなの出来たっけ?と、でも同僚に聞きまわってくれて時間はかかりましたが受けれますとのことでした。ただ、おばさんもやはり「いらないと思うんだけど・・・でも受けたいならどうぞ」とのこと。でも一番早くてテストは2月末・・・。しかも!12回の授業が150ユーロに対し、テストだけ受ける場合は75ユーロだそう。おかしくないか・・・!?でも仕方ないので申し込みました。ちなみにBAMFだったら20ユーロで受けれるそうです、その差は一体何!?

それにしても今日は楽しかったです。
自分も酔っ払ってしまったので余計に楽しかったのもありますが、久々に苦しいほど笑いました。クラスメイトとの出会いに感謝です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-