☆ヘルシンキで買ったもの2

Category : タリン&ヘルシンキ
一つ前の記事で書いたKoko以外に買ったものは

IMG_1367.jpg

Kastehelmiの31.5センチのプレート(正規品が20%オフ)
こちらは旦那が是非これにケーキを置いて欲しいとのことで熱望。

IMG_1377.jpg

あと、同じKastehelmiの10センチプレート(サンド)

IMG_1373.jpg

大きさ的にはおんなじ様なものになりましたがArabiaの一番小さいお皿。

IMG_1382.jpg

お寿司などのお醤油を入れるお皿に。

というのもKastehelmiの10センチプレートを以前買ってから
毎日本当によく使っています。(よくコースターに間違えられるけど・・・)
が・・・お醤油などの液体を入れるとお皿の中心がちょっと盛り上がっているので
ふちの所に溜まってしまうんです・・・。
なのでお醤油などには不向きということがわかりました。

たとえ不向きでも10センチのプレートは大活躍なので
同じような大きさは何枚あっても活用すること間違いなしですね!

そしてKartioのグラス(こちらうち2個が2級品です)
かなり見比べましたが何が原因かわかりませんでした。

IMG_1372_20130523032457.jpg

あとは、TEEMAの大きな長細いお皿。こちらも2級品。
グラタンとかティラミスとか、お寿司とかに使えそうなもの。
実はこれだけ予想以上に大きくて食器棚に入りません・・・。

ざっとそんな感じです。
2級品についてはこだわりのある人、ない人がいると思いますが、
私は全くこだわりません(笑)
前回のヘルシンキ旅行で買った、家にあるTEEMAの21センチプレートのうち
たしか数枚が2級品ですがもう家に帰って使い出したらどれがどれだか・・・

いつかまた行きたいな~。






☆ヘルシンキで買ったもの1

Category : タリン&ヘルシンキ
ヘルシンキで買ったものは見事にオールキッチングッズです!

割れ物の場合お店ではどこでもかなりしっかり梱包してくれます。
もちろん家からもいくつか梱包材を持参しました。
食器を包み直すというよりはスーツケースの隙間に詰める用に使いました。

旦那の目の前で買ったものは少なくて、1人の時に買ったものがほとんど。
なのでお店でしっかり梱包されるので旦那は私が買ったものをほとんど知りません。
家に着くなり「全部見せて~」と買った物を全てちゃんと見たいらしく1つづつ一緒に開封。

「これは何に使う予定?チップスかな?これはナッツだよねー」
と、旦那の発想はあくまでもスナック類に限られます・・・。

全部梱包を取ったら「ブログ用に写真でしょ?綺麗に並べないとね!」と張り切る旦那。

IMG_1369.jpg

シールの位置にまでこだわる。

IMG_1370.jpg

お花まで飾って「綺麗に撮りなよー」と机の上も整理してくれました。
このブログを私の母が欠かさず読んでいることを知ってるので
「オカサン、オモシロイネ! オカサン、ビックリシタ」と、
母が楽しんで、食器がたくさんあることに驚くよねーきっと、と言ってました。

旅行も、日々の生活も何かあればいつもフォト!フォト!と写真を促す旦那。
どうでもいいことまで「フォト!」って言いますけどね。

IMG_1367.jpg

2人暮らしですがゲストを考えて取り皿やケーキ皿のような用途の広い物は
5枚そろえるようにしています。
食器は増やしたくないとか言ってたのにね、私。

でも食器棚には無理なくちゃんと入りますよ!そこはちゃんと考えました。

今回、絶対に買おうと思っていたのはArabiaのKoko。
ちなみに水色とグリーンを一枚ずつにしたつもりがグリーンが二枚でした…。
別々のお店で買ったから間違っちゃった。でも悪くない。

ちなみにこの中に2級品がまぎれています、わからないでしょ?

IMG_1375.jpg

朝食やスポーツ前の腹ごしらえにミュズリー(コーンフレーク)や
ヨーグルトを食べる旦那用に。

前に書きましたが、旦那のお気に入りはお茶碗。

過去の記事⇒「国際結婚の現実」

毎日のように使われて実際にご飯をよそう時に新しいのが無くて困ります。
困るだけじゃなくて、やっぱりお茶碗はご飯用なんで違った用途はちょっと嫌・・・。

いくら言ってもTeemaの15センチボウルは大きすぎて、
Kastehelmiのボウルは小さすぎるらしく、お茶碗がベストと言ってこだわるので
お茶碗という用途にも使えると聞いていたのでKokoにしました。
帰って来たその日から気に入って使ってくれてます。サイズが完璧なんだそうです。
2日目にして全て使い果たして食洗機の中。

あと、Kokoボウルの巨大版を一つ。

IMG_1376.jpg

うちで1番大きなお皿になりました。
日常は野菜やフルーツ入れとしてキッチンに出しっ放しにします。

そうめん、サラダ、ポテトチップスなどを沢山いれる時は登場する予定。
あとはBBQの時にパンを入れたり。

この木製のサラダ用のスプーンとフォークのセットはSOKOSで。
ノーブランドですが、大きすぎなくていいです。
ずっと探していましたがドイツのってプラスチックが多いのと、
とにかく大きくて小さめのが良かったのでなかなか見つけられませんでした。

IMG_1378.jpg

IMG_1374.jpg

品の良い大きさです。

新しい食器があるとウキウキしますねー。





☆自国の人々に愛されているフィンランドブランド

Category : タリン&ヘルシンキ
ヘルシンキは買い物がメインでしたが旦那に付き合ってもらうと
「えぇ~!まだ見るの~?」っていう愚痴がうるさくて買い物を楽しめません。
でも荷物持ちには最適です(笑)

1人だと荷物が心配だし、小さくて軽い物を選びがちですが、
そういう部分では旦那がいると思うと大きな物も買えるし役立ちます。

ヘルシンキではSOKOS Presidentti に宿泊しました。
うーん、場所はいいけどホテルは古くて巨大で団体が多くて
朝食会場も宴会場みたいな広大な場所でせわしない感じでした。
廊下に製氷機などもありなんか懐かしい感じがしました。

サウナとかプールもあるみたいで古かったけど設備は良かったです。
場所重視でその中から価格で選びましたが、次回は違うホテルにしたいです。
スーパーなどもあるKamppiの目の前で何からも近いし便利ですが、
ホテルの玄関がKamppi側にないのが残念…。

IMG_1236.jpg

SOKOS系列のホテルだとSOKOSデパートで割引きがあるのは最高です。
5ユーロ以上の物は10%引きになります。レジでホテルの鍵を見せればOK。
SOKOSにはiittala、Arabia、marimekkoもあるので欲しいものがあればお得です。

SOKOS、アラビアファクトリー、路面店、Stockmannなどの
デパートやお店を一通りチェックした上で比較して購入するのが良いかとは思いますが、
時間も限られているし、なかなかそうはいきませんよね…。

それでも出来る限り一通りチェックしましたよ。
今回は祝日が入ってしまったため思い通りには行きませんでしたが
納得のいくお買い物になりました。

ヘルシンキでのご飯は紙皿とプラスチックのナイフ&フォークを持参して
一日目はデパ地下でサーモンやパンを買ってホテルで夕食。
貧乏旅みたいですが、よくやりますよホテル食。
サーモンがおいしかったですー!
もちろん、アルコールはタリンで購入済みです!

今回の旅で散々見たのでさすがに旦那もiittalaとmarimekkoの違いとか
Artekのデザインなどを理解できたようで
街ゆく人を見ては、「マリメッコの服だ!鞄だ!」とか言うようになりました。

日曜日はとにかくお天気が良くて地元の人たちが日向ぼっこに繰り出していました。
みんなお酒片手に海辺でビクニック。

IMG_1349.jpg

ピクニックしてる人達を見て、あれってiittalaのグラスだよね!Artekのスツールだ!
マリメッコの紙ナプキンだ!と次々見つける旦那。

フィンランドブランドがフィンランド人に愛されていることは
前回の旅行で服やカバン、カフェの食器などから感じましたが
今回、何気無い生活の一部に取り入れられてるのを見てより一層そう感じました。

空港のカフェの食器もそうだし、街のお店などの椅子もArtekの多いこと!
気にしてみると本当にたくさんありますよね。

このマルクトの椅子、これはIKEAかArtekか・・・??

IMG_1222.jpg

国全体で自国のブランドを愛して誇りを持ってる感じのフィンランド。
旦那いわくドイツにも世界的に有名な食器メーカーもあるし
フィンランドと同じように自国ブランドを使うのが理想なんだろうけれど、
それには国が大きすぎて、ブランドも多すぎてそこまで統一できないはず、と。
確かに国の大きさもあるでしょうね。
それにカフェなどは割れることもあるだろうし、そこまで高い食器を使えないだろうし。
だからこそヘルシンキの色んな所でiittalaやmarimekkoが使われているのを見ると
すごいな~と思ってしまいます。

ちなみに今回買った食器の一部は飛行機では預けましたが割れずに持ち帰れました!
重い荷物を持ってくれた旦那には感謝です。
最終日も最後に「“1人で”買い物に行きたい」と言う私を快く見送り
旦那は1人でトラムに乗って観光してくれました。
ヘルシンキは興味なしと旅の行き先に入れてくれず提案するたび却下されて来ましたが、
今回、タリンと組み合わせたことで納得してくれました。
それでも直前までヘルシンキとか行っても仕方ない・・・とか言っていましたが
想像が漁師の町だったようなのでそりゃ魅力が無かったことでしょう。
なんだかんだ言いながらもついて来てくれて感謝!

最終日、空港バス乗り場に行く途中で車のイベントに遭遇。

IMG_1365.jpg

平日なのにすさまじい人出でした。

IMG_1363.jpg

旦那はカッコいい~と食い入るように見てました。
私には全く面白くないイベント。早く行こうよ~って促したら、
「(食器を見るのに付き合わされる)僕の気持ちわかった?」と言われました
確かに・・・(笑)

また必ずヘルシンキには行きたい!
かもめ食堂に入ってみたい(毎回行きたいと思うと定休日)
有名なスープやさんに行きたい(現在、オールドマーケットは改装中)
アラビアの工房を見学したい!

まだまだ達成できてないことがありすぎるー!
だからまた近いうちに絶対に行きたいです!





☆エストニアのタリンってこんな街です

Category : タリン&ヘルシンキ
4泊5日の旅から戻りました!っていうか寒いんですけどー。

戻ってすぐに旦那は実家に電話、始まったーって思ったので
ちょうど終わった食洗機の中身を取り出しにキッチンに行こうとしたら
手首をつかまれて「横にいて!」とジェスチャー・・・。
旦那が1日目から4日までの出来事をしゃべり倒した後で
「じゃあ電話かわるねー」って受話器を渡され、一体何を話せと・・・?
何のお皿買ったの?ってママに聞かれましたが何って言われても説明つかず・・・。
色々買ったわ!とひっくるめて答えたら、
「どうしてちゃんと説明しないの!」って旦那がぶつぶつ後から文句。
ママに報告することはいいことだと思う、いいことだけど
2人の旅の報告を1人がまとめてすればよくないかい???

っていうか、戻ってきたドイツ、フィンランドより寒いってどういうこと!?
今年の春はほんとちょっとおかしいですよね・・・。

さてさて、写真をいくつか。

最初に訪問したエストニアのタリンは城壁に囲まれた素敵な旧市街のある、
というか・・・、旧市街しかないともいえる街。

IMG_1083.jpg

IMG_1187.jpg

IMG_1073.jpg

IMG_1171.jpg

IMG_1094.jpg

空港も駅もホテルも街も港も、なんともコンパクトに収まった旅行者にはありがたい街。
観光は丸1日あれば十分です。

この教会の上の展望台から見渡す風景がほぼ全部と言う感じです。

IMG_1108.jpg

IMG_1137.jpg

ホテルはどこを選んでも大抵は場所的に便利かと思います。
私達は価格重視で口コミも良いGo Hotel Shneliに宿泊。

下の写真で右上の赤い丸がホテル。公園を横切ればすぐに旧市街です。

IMG_1120.jpg

タクシーで空港から10分(7.7ユーロ)、港も5分ほど(5ユーロ)。
滞在中、公共交通機関は結局使っていません。
このホテル、タリン駅に直結してるんです。直結と言うか半分駅の中にある感じ。
電車好きな人には楽しいホテルかと思います。

朝食レストランは渡り廊下で駅に行きます。
駅の2階にあるレストランで窓からは列車が見えます。
でも、タリン駅とはいえ電車はあまり走っておらず静かな駅ですけどね。

ホテルはシンプルを追求しすぎて何もありません…。
必要最低限の物だけある感じ。ホテルにはこだわらない人ならいいけど、
ある程度ホテルの設備やサービスを求めるなら違うかな。

タリンでは一日中歩きまくりました。
何度同じ道を通ったか…というぐらい小さな街ですが、観光客で活気があります。
というのも巨大客船が停泊していてその旅行者の数がすさまじい。
大型バスだけでも6~7台はあったかも。
そのバスが一気に到着する朝はとにかくすごい人でした。
夕方前になるとさっと人が減りました、みんな船に帰ったんでしょう。

とにかく観光客が多いのですが、
他の観光都市によくある客引きもなくてゆっくり観光できます。
私が感じた限りではスリなどの危ない感じもありませんでした。
その後のヘルシンキの方がジプシーも多く、少し気をつけないとと思うほど。
(ヘルシンキで怖い思いは全くしていませんので、安全でしたけどね)

タリンでの夕食は現地に着いてからトリップアドバイザーで調べました。
私達の旅行では毎度トリップアドバイザー様々です。
本当に便利な時代になりましたよね。

トリップアドバイザーでランキング2位の予約必須と書かれているレストラン。

IMG_1181.jpg

かなり口コミが良くてきっと人気だろうし
ましてや金曜日だし、とりあえずあきらめ半分の駄目もとで行ってみましたが
時間が早かったのでなんとか席を用意してもらえました。
5:30頃だったので8時から予約のある席を使わせてくれましたが、
その後はみんな断られ予約の電話も鳴り止みませんが満席で全て断られてました。
ほんとラッキーでした。(予約の電話は英語OKなので、是非予約をオススメします)

ニシンのマリネ

IMG_1183.jpg

シェフのお任せお魚料理(白身魚とリゾットでした)

IMG_1185.jpg

本当においしかったです。
レストランはこちら!

IMG_1182.jpg

軒並みツーリストプライスの他のレストランの半額近い値段で味も最高で!
店員さんも親切でした。ドイツ語を習っているという店員さんがいて
ドイツ語で色々説明してくれました。アットホームでしたし
場所も旧市街の中だしオススメです!

もう1泊したなら間違いなく翌日も通ったと思います。

旧市街の観光以外にする事はなく、
物価が安いと聞いていたものの、観光エリアはやはり高い。
でもデパートで売っているiittalaは安かったです。
ちなみにiittlaは見ましたがmarimekkoは見ませんでした。

安いと分かっていれば買ってましたけどね・・・。
その時点ではヘルシンキの値段や品揃えがわからず私は買いませんでした。
だだ、安いとはいっても数十セント~数ユーロ差の世界なので、
わざわざヘルシンキから船で渡って買い行くほどではないかと思います。
船代の方が高くつきます。
タリン観光のついでに買うならいいかもしれませんけどね。

ヨーロッパとの違いを感じるならエストニアのタリンよりラトビアのリガが良い気がします。
あくまでも私の感覚ですが。タリンは普通に街の雰囲気はヨーロッパです。

IMG_1109.jpg

海沿いの割にはお魚を食べないらしくお肉中心・・・。それがちょっと残念でした。

ヘルシンキに向かうフェリー乗り場ではフィンランド側から
お酒の買い出しに来ていると思われる人が多かったです。
それだけフィンランドの物価が高いんでしょうね。
ちなみにタリン(エストニア)もフィンランドもユーロです。

バルト三国のうち残るはリトアニア!
まあ、行く機会はたぶん無いと思いますが・・・。






☆最高のお天気!ヘルシンキ観光

Category : タリン&ヘルシンキ
いいお天気すぎて疲れたぐらいです。

IMG_1249_20130521031815.jpg

旦那は太陽を満喫したみたい。
お昼すぎに合流し、またまた昨日と同じマルクトでランチ。

IMG_1250.jpg

多分、マルクトのお客さんの一割ぐらいが日本人な気がします。
右も左も日本人!

fc2blog_20130520043004457.jpg

旦那の希望で船で15分ほどのスオメンリンナ島へ。





戦争とか歴史とか好きな旦那は、大興奮。

IMG_1315.jpg

私は「こんな島に来るぐらいならアラビアにいたかったわ」って感じ。

でも綺麗でしたけどね。

IMG_1320.jpg

IMG_1304.jpg

IMG_1296.jpg

2時間ぐらい散歩して、戻ってカフェタイム。
ドイツに比べるとやっぱり高い…。
マルクトのポットから注がれるコーヒーでも2ユーロ。
でも何気にカップはアラビア。

IMG_1330.jpg

祝日でお店はクローズ。
仕方なく観光へ。でもこんな機会が無いと観光しないし、それはそれで良かったです。
前回は冬だということもあり、買い物集中旅行ということもあり、
全然観光しなかったし、ほとんど見て無いので…。

季節が違うとこんなに違うんですね。
観光客の量からして違います。

IMG_1243.jpg

IMG_1341.jpg

日焼けしそうなほどのお天気。



暑いしこんなガーデンで休憩。



ドイツも時間がゆっくりしてますが、フィンランドはそれ以上にゆっくり。

こういうビアガーデンの店員さんも余裕があって親切。
ドイツだと忙しさから来る不機嫌な店員さんが結構いるし。



せっかくトラムの一日券があるし、とトラムでウロウロ。

気がついたらまたアラビアへ。(時間が遅くてお店は入ってません)



アラビアを散歩して、夕食場所を探すも
調べてたところが早くクローズしたり、祝日で休みだったりで全滅…。
仕方なく…



どこにでもあるお店…。まあ、いいか~。

残念ながら明日が最終日。
空港に向かうまで2時間ほどあるので最後に買い物に行く予定。
やっぱり旦那と一緒だと心ゆくまでお店とか見れないし、不完全燃焼です。
まぁ、気楽で楽しかったけど。

思わぬ祝日で予定が狂ったけど、前回も今回も果たせなかった事があるので
また絶対にヘルシンキに来るんだ~!!




☆ARABIAファクトリーショップにて

Category : タリン&ヘルシンキ
良かった…。



開いてました。ホッ。

手がちぎれそうな程、というと大げさですが、
大きなものがあるから重たくなっちゃった。



欲しいものはまだまだあったけど、現実を考えて実用的なものだけに。
セールに惑わされず、二級品のお得感にも惑わされず、
落ち着け自分!と言い聞かせました。

でもマリボウルとか欲しかったな~。
ただ、可愛く使える自信が無いから、かなり安かったけど買いませんでした。

アウトレットだけじゃなくてデパートでもやたらと目立つこれ、



可愛さが感じられないけど…。

あとはセラドングリーン、iitralaのマリボウルみたいなやつ(名称不明)が今、アツい感じ。

旦那は1人でヘルシンキ観光中。
「ヘルシンキって漁師の街だと思ったよ~、案外都会だね」とのこと。

今日は凄くお天気が良くて、買い物なんてしてないで早く帰っておいで~と途中、連絡がありました。

太陽に旦那の面倒を見てもらった感じです。
太陽さん、ありがとう。

ファクトリーショップにも行けたし、満足です。
そろそろシッターさん(太陽)とバトンタッチしにいきます。



☆せっかくヘルシンキに来たのに…

Category : タリン&ヘルシンキ
ヘルシンキのお天気はまだマシでした。夕方には晴れ間も!



ヘルシンキ祭りだとかで凄い賑わい。



マルクトも出ていました。



ランチはマルクトで。お魚を頂きました。



お祭りのパンフレットも可愛い!



お祭りであまりに人が通るから色んなお店が軒先に出店。

iittalaも!



今日までKastehelmiが全品20%Offでした。

ここで、お店のお姉さんから衝撃的事実を知らされました…。

実は明日、フィンランドは祝日なんですって!
日曜日でもお店がやってる事は調べて計画したのに…
祝日となると全部お休みらしい…。
買い物しに来たのに…月曜はもう帰るし…。

最悪です。
でもiittalaのお姉さんが教えてくれなければ、
全く明日が祝日なんて知らなかったかも。お姉さん、ありがとう。

でもお姉さんいわく、アラビアのファクトリーショップはやってるかもって。
本当??信じていいのかなぁ。

予想外の最悪な展開。
日曜日だし、蚤の市とか行く計画してたのに…。

だから今日、欲しいと思ったものは買わないと!
ってことで、ちょっとお買い物。



明日、ファクトリーショップ開いてますように!

ちなみに今年はアラビア設立140周年らしく、Stockmannのショーウィンドーで絵付けの実演!



おばさんが絵を付けているのはこれ、



ステッカーを貼っていました。



こういう作り方だとものによって微妙に絵がずれてそう。



今日はお祭りに加えてアイスホッケーの重要な試合とかでかなり騒がしい。
前回は冬だったから、イメージがかなり違います。

それにしても、お店の人とか本当に親切。英語も上手いし。
そして日本人が多い!タリンでは日本人どころかアジア人すら見なかったのに、さすが!

ホテルでは日本JSTVも見れます!凄い~!
嬉しくてつけたら相撲でした…。なんかへこむ。
でもお相撲さんがエストニアの方でした。
何だか急に親近感がわきました(笑)



☆いざ、ヘルシンキへ!

Category : タリン&ヘルシンキ
これからヘルシンキへ移動します!
なんと、船の中もWifi無料、凄いよ~!
旦那いわく、エストニアはこういう技術が発達しているらしいです。

ホテルからフェリー乗り場までタクシーで五分ほど。



さあ、いざヘルシンキへ!



結構豪華な客船。昨年の船旅を思い出します。



9階建ての船。



お部屋もあるので遠くにも行ってるのかな。



乗客はこんなカフェテリアで過ごします。



船を探検したいからカバンは預けました。
(船内で1個2ユーロで預かってくれます)

いざサンデッキへ!
っていうか昨日の快晴どこへやら。
霧で真っ白~!



まあ、昨日晴れたからよしとしよう。

私達が乗った船は
TLLINK SIJA LINE でヘルシンキまで2時間。ちなみに1人36ユーロです。

真っ白で何も見えないつまらない船旅です。

なので、予習!



ドイツでは手に入らないものかドイツより安いものを探さないと!
なのでドイツの価格を頭に叩き込んでいます。



☆タリンの凄いところ

Category : タリン&ヘルシンキ
綺麗だけど一日で十分、とみんなに言われる街、



また戻ったら詳しく書きますが、一日で十分です(笑)
ここ最近、 天気が悪い旅行ばかりが続きましたが
遂に!今回は最高のお天気になりました!



ドイツ同様こぞって外に出る人たち。
半そでで十分なほど暖かい一日でした!
旦那はドイツの天気予報をチェックしては「ハッハ~雨だって~」と優越感に浸ってました。
どうでもいいのにね…。

タリンの何が凄いかと言うと、Wifi。
繋がらない場所がありません、常に電波あり。
おかげでガイドブックも無かったので助かりました。

以前、隣のラトビアのリガに行った際はロシアっぽい感じがして
観光客はいないし、アジア人が珍しいのか何度もジロジロ見られました。
突然、写真を撮られたり。

タリンは直ぐ隣の国とは思えないほど、活気があって観光客もたくさん。
ロシアよりは限りなく北欧に近い雰囲気でオシャレ!
ヘルシンキからは80kmしか離れてないそうです。

デパートにはiittalaも入ってるし、何気にかなりの品揃えだし。
かなりテンションが上がります。雑貨も可愛い!

でも何も買いませんでした。

だって!



明日から!



ヘルシンキなんだもの~!


嬉しすぎ~!
タリンからフェリーでヘルシンキに渡ります。
楽しみで楽しみで…。もちろん旦那とは別行動の予定です(笑)



☆何も知らない国へ

Category : タリン&ヘルシンキ
明日はお休みをもらい(週末と祝日合わせて四連休♪)
仕事終わりに空港へ行き、文字通り飛行機に飛び乗りました!

ラッキーにもビジネスクラスにアップグレードされ、
2時間足らずのフライトなのにご飯も出て来て至れり尽くせりでした!



到着したのは24時。市内まで近いからこそこんな時間でも旅行できます。
タクシーで10分程でホテル到着!



今日は寝るだけ。明日から観光です!

この国の言葉ではHelloもThank youも何一つ知りません。
有名な食事も建物も何も知りません。
歴史も出来事も何も知りません。

こんなに知らない国って珍しいです。
ガイドブックも持って無くて…。

ある意味、何があるかお楽しみ!

そう、ここはバルト三国の一つ、エストニア!
行ったことのある人はみんな口を揃えて素敵だと言うので楽しみです!



-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-