☆ありがとうございました

Category : ドイツで妊婦生活
みなさん、本当にたくさんのコメントありがとうございました。ひとつひとつにお返事できませんが、本当に嬉しく読ませていただきました。いつもコメントくださっている方はもちろん、以前から読んでます!という初めての方、自分が思っていた以上にいろんな方に読んでいただいていたのだという驚きと喜びで一杯です。

まだ娘が生まれて数日、お互いが手探りで少しずつ知り合って慣れていくような、そんな感じです。色々わかってあげられなくて、ごめんよーと言いたいことも多いけれど、こういう不器用な感じの毎日も貴重な日々だと思って1日1日大切にしていきたいです。

昨日無事退院しまして、家での生活がスタートしました。病院では看護婦さんがいつもいてくれる安心感がありましたが、ここからは私達夫婦で責任もってやっていかなければなりません。病院では「さっすがー」と思った旦那にも家に帰ってくると腹立たしいこともありつつ、少しイライラした初日スタートとなりました。
まだ、たった数日なのに色んな事が起きて、記事に書きたいこと満載です!早速義理両親のこととかもありますし(笑)

家に帰ってきて、今までと同じ空間に赤ちゃんがいることで、ようやく家族が増えたんだなという実感がわいてきましたが、一方でまだお友達の子供が遊びに来てくれているような、本当に私たちに子供が出来たの?というふわっとした喜びというか不思議さというか、なんともいえない感覚です。

娘はすくすく成長しています!といいたいところですが生後の自然体重減より少し減りが多く、おっぱいが上手く飲めてないようです。病院で教えてもらった飲むトレーニングをしています。(←この辺のことも色々書きたいですー!)
そして、私の胸が張り、帝王切開の後の痛みが少し和らいだところで胸の痛みで寝れず、出産後「痛い、痛い」という日々が続いています。娘の世話以外の時間は、自分の痛みでうなされていて、病院ではほとんど寝たという覚えがなく意識が朦朧とした日々でした・・・。ようやく昨日あたりから、2時間程度は細切れで寝れるようになり、精神的にも落ち着いてきました。

今は授乳と搾乳などで数時間おきに寝たり起きたりという日々(もちろん旦那は昨夜から爆睡・・・、もう大目に見ます、旦那も疲れてるんでしょう)、寝れるタイミングで寝るということに早く慣れないといけませんね。1分1秒がかけがえの無い瞬間で、寝てることがもったいないとすら思えてしまうんですけどね。

とりあえず今は新しい生活に慣れることを優先し、更新は少なくなりますがネタは貯めてますので(笑)、また今後ともよろしくお願いします。




☆決めた!もうブレない!

Category : ドイツで妊婦生活
前回の記事に沢山のコメント、励まし、ありがとうございました。また直接連絡をくれた友人達にも感謝です。朝の検診からお昼頃までうじうじ泣いてましたが、午後からは立ち直りました!

色々考えて、実家の母とも話して、やはり産科の方針に従おうと思っています。実際に赤ちゃんを取り上げてくれる産科がそういっているわけだし、多くの経験値から提示してくれている事だと思うし、それを「いや、私たちは・・・」なんて反対して、産科の先生が気分を悪くされても嫌だし、前回書いたように後から「だから言ったじゃない」みたいなことになるのも嫌なので。

私自身は別に自然分娩、促進剤、帝王切開、何になってもいいと思っています。健康で元気な赤ちゃんが産まれてきてくれるなら何だっていい。だからこそ先生を信じて今まで来たのに最後にこうして違う意見を提示されて、こっちに決定権を握らされて・・・。

旦那は納得してない感じもしますが、自然分娩を選んで赤ちゃんが大きくなりすぎた場合とか、全く知識も無いので、単なる「自然」という言葉だけを崇拝しているようだし、「ここは母である私が判断する!」とはっきり伝えました。

ここまでしっかりお腹の中で育てました。もういつ外に出てきても元気なはずです。もしまだ小さかったり、早産だったりするなら別ですが、もう41週。3800グラムあるんだったら大丈夫!本当は出てきたいのに何かが邪魔して出れ来れないのかもしれないし、ちょっと助けて欲しいのかもしれない。妊娠するときもお手伝いが必要だった子だから、きっと最後もお手伝いが必要なのかな?

旦那の片手間検索に腹が立ったってコメントを下さった方がいて、ほんとまさしくそうだ!と思いました。今まで問題が無いからって安心して何も気にもしてなかったくせにここだけ登場しやがって!という感じです。言語の面では旦那を頼っていることももちろんありますが、知識に関しては私はその分しっかり調べてきたし、ブレないで行きたいなと思います。

明日の水曜日、1日様子を見て、木曜日には産科に行きます。そして、元気な赤ちゃんを産みたいと思います!どんなに痛くても、どんなに苦しくても絶対に弱音は吐かずに、赤ちゃんを出迎えてあげる。先生を信じます。私がしっかりしないと!

今日はいつになく胎動が激しいです。お腹からの励ましかな??

っていう、この間の日曜日から今日までの色々・・・・ママは全く知りません(笑)。ママへの連絡は旦那の仕事です。旦那が居ない間だけは時々私が連絡していましたが、今は検診だって一緒に来ているわけだし、基本は旦那が常に連絡係なので私は何もしていません。私は私の母にメール一行でも随時報告しています。今日だって母と話して母の意見も聞いたし。

きっとママはどうなっているのか気になって気になってもやもやして仕方ないはずです。でも気を使って?連絡はありません。そこは旦那も気持ちを汲み取って連絡してあげろよーって感じですが、そこはわかってないのねー(笑)。私は何も言いませんけどね。

まあ、そろそろ別件で電話が入る頃かと思います、次は「夏のりんごを取りにいらっしゃい」かな(笑)

今回の2つの意見に挟まれた件なんて、私が泣いてるなんて聞いたらきっとすっ飛んでくると思いますが、そんな展開が一番嫌だったのでとりあえず何も無くてよかったです。今はもう何と言われようと、私は意見を変えるつもりはありません。

母ちゃんはもうブレないぞ!!






☆2つの意見の間で・・・

Category : ドイツで妊婦生活
昨夜、Tシャツの裾から出た私のお腹を見て旦那が「あーーー、妊娠線できてるよ!」って・・・。私の目線では見えないおへその下。鏡で見たら本当に出来てた・・・。赤い筋みたいなのが数本・・・。あれだけ気にしてたのになー、ついに出来てしまった。

確かに赤ちゃんが下がってきて下腹部が盛り上がってきた感じがあって、多分ここ数日一番皮膚が伸びてたのかな・・・。ほんとここ数日の出来事です。まあ、別にだからといって落ち込むことも無いのですが・・・。

さて、早起きしていつもの婦人科検診に行ってきました。受付に行くなり「あらーーー○○さん!来たのねーー」って言われました。私のことを気にかけてくれていた別のスタッフ(アンドレアさん)が受付の奥にいたのですが、「アンドレア、○○さん来たわよー」って声掛けてました。

その後、アンドレアさんが血圧とか測ってくれたのですが、「先週1週間休暇で不在で、昨日からまた復帰してるけれどあなたが生まれたか、昨日すぐに確認したら「先週はまだ検診に来てた」って言うから、どうなったのかなーと思ってたのよー!」と。

私の顔と名前を一番に覚えてくれた優しいアンドレアさん、いつも色々話してくれるから、会話が弾み、話しながら計測した血圧が高すぎて、「話しちゃ駄目よ!」と言われ、再度計測して通常値になるってことが今まで何度もありました(笑)

もうそんなアンドレアさんとの会話や婦人科検診も今日が最後かなーと思って感慨深くCTGとか受けてたんですよね。

でもここからちょっと色々ありまして・・・。昨日、産科と婦人科の連携が上手く取れているなんて書きましたが、今日はそれが仇となることに・・・。

婦人科検診の最後には、担当の先生の検査があるのですが、先日産科で受けた結果を持って今日は旦那にもついて来てもらいました。先生はいつもどおり「問題なし、全てパーフェクト」ってひと言。子宮口もあいてきているし、いい兆候だとのこと。

日曜日に産科に行った所、木曜日の時点で生まれてなければ促進剤を使うと言われました、と報告しました。ですが、先生は「僕がその場にいたならば判断は違う、赤ちゃんは必ず自分の力で生まれてくるから、その時を待つ。予定日+2週間は問題が無い、促進剤とは言っているけれど、結果として帝王切開に持っていく可能性は高いし、促進剤の副作用もある。赤ちゃんが自分で生まれてこようとする力がある限りは、僕は勧めない。でもどうするかは君達次第だ。」とのこと。

っていうかそんなこと言われても・・・。

旦那が、2つの逆の意見ですね・・・と答えるも「産科の意見も一つの意見、僕の意見も一つの意見、決めるのは君達」とそればかり。とりあえず2日後にまたアポを入れてくださいとのこと、でも産科に行って促進剤をするならば別に構わないからね、とのこと。

いつもどおり2日後のアポイントを入れて終了しました。

私は一体どうすれば・・・??婦人科を後にして外に出てから、もうどうしたらいいのか、こんな次元で「あなた達次第」とか言われたことにパニックというか、なんというか、もう不安でどうしたらいいのかわからなくて涙が止まりませんでした。

旦那はもともと何事も自然派ですから、

自然に待つ VS. 促進剤(ケミカル)

なんて並べられたら、有無を言わず自然を選ぶタイプです。でも何の根拠があって??赤ちゃんはもう3800グラムまで大きくなってるし、あまり待っても逆にリスクが高くなるのは避けたい。

何より私が一番気になるのは、最後は産科にお世話になるわけです。私たちの希望で促進剤は嫌!なんて言って自然を待ち続け、万が一何かあったときに「だから木曜日に促進剤って言いましたよね?」みたいな感じで責任が私たちに降りかかってしまうことが、なんだかドイツだけに想像がつくというか、産科の意見に背いて何かあったら・・・と思うと躊躇してしまいます。

旦那は今まで別に私みたいに検索魔になっているでもなく、お産のことなんて何も知りません。家に帰ってネットで促進剤の副作用みたいなことを調べて、そりゃ日本語のサイトでも促進剤副作用なんて検索したら山ほどの否定意見が出てきます。でも、自然に待っていたって赤ちゃんが大きくなりすぎたり、羊水とか胎盤とかのこともやはりマイナス点は今後出てくるわけで、その辺の知識は無くて、ただ「促進剤の副作用」という検索結果だけを信じて「やっぱり良くないよ」と言うスタンスにも納得できない。

そしてここにきて、「暖かいお風呂やよく動くといいらしいよ」って言い出した。そんなわかりきったこと、いまさら言うな!

全く私の気持ちがわかっていない旦那に腹が立ち言い返すも、「自然が一番だよ」と根拠の無い自然派意見しかない旦那。家に帰ってからもずっと涙が止まらなくて、もうどうしていいかわかりません。

とりあえず明日の水曜日(41w2d)までは自然で待ちましょうというのは産科も言っていることだし、明日の午後にでも産科に連絡して先生と今一度話せないか聞いてみることで、今のところは落ち着いています。

でも私の気分は全く落ち着かず、もうこんな2つの意見に挟まれて悩みたくないし、赤ちゃんに「お願いだからもう生まれてきて!」とずっと語りかけています。もっとお腹にいたいのかもしれない、でも私は申し訳ないけどどうすべきなのか決断できない。

そんな私の語りかけが伝わってるのか伝わってないのか、相変わらずお腹の中でぐにょぐにょ動く赤ちゃん。今日か明日にでも自然に陣痛か破水か来てくれないかな。そんなの私のわがままかな。赤ちゃんはどうして欲しいのかな?このまま待っていれば生まれてきてくれるのかな?本当に正しいことは何?どうしたらいいのかな・・・??

出来るなら、入院して赤ちゃんの様子をずっと見てもらいつつ自然な陣痛を待つ!みたいなのが一番の理想ですが、そんなのきっと無理だろうし・・・。





☆待ちくたびれてる赤ちゃんコーナー

Category : ドイツで妊婦生活
朝方涼しかったので、気がついたら昼まで寝てました(笑)、っていうかそれにつられて同じように昼まで寝る旦那が理解できない!!いつも忙しい忙しいって言うくせに、寝る時間はあるのねーって感じです。

午前中、生理痛のような重い腰の痛みがあるものの大したことは無く、その痛みもどっかに飛んでいきました。ドイツ流に窓掃除してみましたけど、また暑くなってきて湿度も高いしでやる気が出ない・・・。夕食後にでも散歩に行こうかなー。

やることもないので、ベビーコーナーを見直してみたり。でも見直すことなんて無くて、使ってみないことにはわからないし・・・。とりあえず女の子らしくピンクで統一。壁には手作りでガーランドを作って名前を入れているので隠してます。モビールも今は一時的にここに吊ってます。風が通るのでくるくる回ってますが、なかなか主役が来ないねえ・・・。

11 (2)

埃よけにマリメッコのキッチンタオルを掛けてます。くまちゃんも暇そうです。

11_2015072101171501c.jpg

下の物入れにはオムツとか。これも使い始めないことには便利なのかどうか・・・。

11 (3)

こちらもマリメッコで埃よけ。

11 (4)

まもなく使い始めることにはなるんでしょうけど、もうずいぶんこの状態でスタンバイしてます(笑)

時間はあるけど暑いからお裁縫をする気にもなれないし、お掃除ばかりしてますが窓をずっと全開にしてるから虫の死骸がすぐに溜まるし、風でどこからか埃とか葉っぱとか入ってくるし、エンドレスでやる気が萎えます。産後のために何か作って冷凍もしたいけれど、料理するのも暑いし・・・。

なんかもったいない感じで時間をもてあましてしまってます。まあこんな生活も最大あと2日ですけどね。

明日はいつもの婦人科検診。先生もスタッフの人も「まだ妊婦なのねー」って笑って迎えてくれることでしょう(笑)。ちなみに昨日の産科での検診結果はしっかりと資料にされて、「婦人科の先生に渡してね」と預かってます。どこの婦人科に行っているかも母子手帳からわかりますが、「担当は○○先生?それとも○○先生?」と産科の先生に確認されました。

私が行っているのはすごく小さな婦人科ですけど、ちゃんとどの先生がいるのかとかも産科の先生がわかっていて婦人科と産科が日ごろからやり取りがあるんだろうなーという印象です。

ドイツのこの分業システムは本当に感心します。KWZ(不妊治療)に通っている間も私の検査結果や状況などは婦人科に逐一報告されていました。

毎年の婦人科検診も、子供が出来ないという相談も、そして妊婦検診、これから先の婦人科検診もずっと同じところでお世話になるというのは安心です。私にとっては不妊治療の門をたたく背中を押してくれた婦人科なので(もう当時の担当の先生はいないけれど)ここにして良かったなと今は思います。

色々古いから、産科で受けたCTGの機械と婦人科の機械の違いにびっくりしたけど・・・(笑)。婦人科の機械、ディスプレイなんてないし、心臓の音がモニターから聞こえますが、モニターの調子が悪くて数分ごとに無音になります。最初は心臓が止まったのかと思って焦ったけどモニターが古いだけ。ペーパーもよくジャムってますし(笑)

さっ、明日はまた検診で朝、早いからしっかり寝ないと。今夜も熱帯夜な雰囲気です。








☆気分を入れ替えて41週スタート!

Category : ドイツで妊婦生活
さあ、41週のはじまりです!泣いても笑っても今週中には赤ちゃんがやってくることになるでしょう。そう考えたら大きな気持ちでゆったりとあと数日すごさないといけませんね(昨日からの気分入れ替えを自分に言い聞かせて・・・)

妊娠がわかった頃、嬉しくてお腹の中の赤ちゃんの成長が毎日わかるアプリをチェックしていました。が、途中で携帯をiPhoneからAndroidに変えたら、同じアプリでもダウンロードできなくなって結局あの頃見ていたアプリは今は見れぬまま・・・。一体あのアプリは今どんな表示になってるのかなーと気になります。

あとは、「そのママ」というメルマガを受信していました。結局このメールだけは最初から最後まで読むことが出来て、毎日チェックするのが日課でした。今日、そのメールが最終号になりました。まだ生まれてないのーーー置いてかないでーーーー(笑)

でも、すごく素敵なことが書かれていて「頑張ろう!」って思えたんですよね。一部ですが、こんな感じでした。


(出産を)もう少し待とうと言われるかもしれません。陣痛も来ないので、入院して分娩誘発をします」といわれたママ。あなたの子宮が不完全なのではありません。待てば必ず、あなたの子宮口も柔らかくなり、開いてきて陣痛はきてくれます。ただ、産院の方針があり、その前に陣痛をつけるということ。ここまで赤ちゃんを育んできたママの子宮はすごいんです。

今一度、あなたの「育む力」「生む力」と、赤ちゃんの「生まれてくる力」を感じてみてください。きっと、いいタイミングで赤ちゃんは会いにきてくれるはずです。


健康にさえ生まれてくれればどんな方法でも構わないんですけど、、逆にこのメルマガを読んで赤ちゃんのタイミングを待ってあげたかったなーと言う気持ちも出てきました。

もう駄目かなって諦めていた頃に私のお腹に必死にしがみついたあのたった一つの卵ちゃんのことだから、きっと意思があって私たちのところに来たんだろうなーと、だからこそ今ぐにょぐにょ動いている赤ちゃんがまだお腹の中でゆっくりしていたい!と思うのであればそれをかなえてあげたいなーとすごく思います。

もちろん医学的な観点から、生ませることが必要だといわれれば仕方ないですけどね。なんかお腹に蝉みたいにしがみついて離れない図みたいなのが頭に浮かんで、それを無理やり出しちゃうのはかわいそうかな、と思う反面、「そろそろ出なよー、みんな待ってるよー」と促してくれる人(促進剤)が必要な、ちょっと慎重な子なのかなーとも思ったり。

あと数日、お腹に赤ちゃんがいるというこの神秘的な体をしっかり味わっておきたいと思います。

昨日、「木曜日に促進剤ね」って言われた時に、実はもう泣いちゃってたんですよね、私。もう赤ちゃんとの対面がそこまで来てるんだ、と思って。まだ生まれてないのに嬉しくて泣いてた(笑)。実際に対面したらどんな気分になるんだろう。そんな想像をするだけで涙が出ちゃいます。その前に、出産がどれぐらい大変なのか気になりますけどね(笑)





☆見えてきたゴールとイライラ

Category : ドイツで妊婦生活
産科で検診を受けてきました。言われた通り当日に電話をしたら、検診には14時に来て下さいとのこと。

検診のあとは予定を入れたので、検診前に実家に立ち寄って取りに来いと言うアプリコットを引き取ろうと計画。

13時頃に実家に行ってその足で産科に行けばいい感じ。旦那がママに電話して13時頃に行くと伝えました。

その電話で、ママからお昼を食べて行かないかと言われたらしく、しかもそのメニューがママが時々作るママの故郷の名物 Königsberger klopseっていう肉団子の入ったちょっと酸味のあるシチューみたいなのだと。

食べたい~!と電話で答えてました。私はあんまり好きじゃない。ってかお昼食べるとか勝手に決めるな!と腹立つ私。

でも普通に考えて14時に検診に行くには実家滞在時間15分ぐらいなんですよ。15分でランチです。

それでも食べたいなら食べたら?って感じでした。ならば家を早く出よう!と旦那が言い出すも、旦那の準備に時間がかかるのはいつものことなので、早く出れるわけないのは確実だったし、私はちゃんと準備して早く出れるようにしましたが、案の定旦那は無理で、早く出れず。

私は食べる気はなかったけど、当たり前のように私の分もあって、「あなたのためにライスを用意したのよ!」って私用にわざわざ作ったんだとべちょべちょのお湯で炊かれたジャスミンライスが用意されてました。

「うまく出来てるでしょ?」って言われたけどおかゆと白米の中間みたいな感じでした。

ほんの少しだけ食べたけど、肉団子が二人で3つしかなかったんです。旦那が2つ取って私が1つ、何も問題もないのに妊婦だから2つあげろと旦那に指示するママ。

だからいらないって!って言うも、お決まりの遠慮だと思われる。

今日は私、なんだか虫の居所がわるくてママに対してイライラするし、拒否反応みたいなのが出てしまってる。

産まれないことを「大丈夫よ」って慰めてくる感じも腹立たしい。別に何とも思ってないのよね。

あなたたちのアパートが暑いならうちに来たらいいのに~!って毎回言うけど、朝の涼しい風を入れて窓とシャッターを締め切ると確かに部屋は涼しいけど、私は全く風がなくて息苦しくなるのよね。

本当に暑い日ならそれも有効ですが、今日は涼しいのに締め切ってるから、実家に立ち入った瞬間のまったく涼しさを感じない新鮮じゃない止まった空気に気持ち悪くなり、お願いだから窓開けて!と懇願。

今日はほんの一瞬だったからママも何も言わなかったけど、長時間滞在ならいつもの「通風はダメ」とか言うに決まってる。

わざとらしく15分には出るからね、と旦那に言ったら「日曜日だし道も空いてるし急いでいくから30分発で間に合うとのこと」。
旦那がスピードを出すのはママも反対だからママが「だめよ、すぐに行きなさい」と言ってくれたのは唯一の救い。

今日は涼しくはなったけど、今までの暑さがアパートに貯まってるのか、私の体に蓄積されてるのか私は暑くてたまらなくて、最近あんまり寝てないしイライラ。

旦那の態度や言動にここ数日、腹が立つんですよね。喧嘩したくないからいちいち指摘せず黙ってますが、ホルモンの影響か今日は機嫌が悪い。夕食時も話さず。

私が妊婦でしんどいからだと旦那は思ってるみたいです、夕食の片付けは率先してやってくれましたが、洗い忘れたフライパンを見つけて、イライラする私。

一昨日は旦那がティッシュを洗濯物にいれたままでそのまま洗濯して大変なことになってイライラ、昨日は子供みたいな単純な不注意でコーヒーをこぼされイライラ、休み中に医者に行きたいって言いながら予約を入れず、すでに休みも1週間終わってるしっていうのんびりさにイライラ。予約ぐらい休み前に電話して計画的にいれろっちゅーねん。「いつ生まれるかわからないから」と出産を理由にすることに更にイライラ。その時は変更したらいいやん!って会話をもう5回ぐらいしたような。もうあと2週間では予約取れないでしょう、ましてや世は夏休みだしね。病院も休みになってるんじゃ?なんで予約1つにそこまで時間がかかるのよ?言葉の問題もないのに!私なんて毎回、病院に電話するのだって一大仕事なのに!

なんか、ムカつく!

自分ではいつ生まれてもいいよって思ってるけど、いつかわからないって状況がずっと続いてると、毎日の計画とか買い物とか、料理とか色々考えて調整したりしています。ゴミ出しとかも気になるし。

たぶん意識はないけどそういうのが微妙に心の負担になってるのかなぁ。のんびりするものの、なんか落ち着かない感じ。だからイライラするのかなぁ。

もちろん、猛暑も原因かと。しかもまた今週も暑くなるらしいですね。はぁぁぁ。

最後まで穏やかに出産を迎えたかったのに、赤ちゃんごめんね。

さて、産科での検診結果ですが、「問題なし、様子見」でした。

強烈な先生からの内診グリグリに泣きそうになりました。ありえないぐらい強烈!

今にも産まれそうなんだけどね、って言われました。とりあえず様子見て水曜日までに生まれなければ、木曜日に促進剤を使って促すそうです。

帝王切開は考えず、あくまでも普通分娩で行きましょうとのこと。

赤ちゃんの大きさを聞いてるかって言われましたが、最後に聞いたのは3100gでした、と答えたら「いつの話?」って言われてしまった。だって、婦人科の先生は何も言わないし!

本日の計測結果はなんと、3835gですって!ってかかなり詳細!

先生は水曜日までに生まれるかもとは言ってましたが、一応木曜日の入院リストに私を入れておきますとのこと。

泣いても笑ってもあと数日。どんなに遅くても1週間以内には生まれるんですね。ワクワク~!

ってか、明日から何しよう…。旦那へのイライラをまずは沈めなければ。







☆今日は山歩き♪

Category : ドイツで妊婦生活
「とうもろこしの湯がいたのん」って小さい頃から大好きでした。母がいつも湯がいてくれてました。ドイツに来てからトウモロコシ畑はよく目にするのですが、「食べる」という習慣が無いのが不思議でした。旦那に聞いたら「とうもろこしは基本的に動物のえさだから」とのこと。

それ、ずっと信じてました。スーパーに時々とうもろこしがありますが、食べないってことはおいしくないものだと勝手に思っていました。でもそれって旦那の家族だけ?なのかなぁ。

この間、友達が招待してくれたBBQでとうもろこしがあっておいしかったんです!それ以来、スーパーで買うようになりました。甘くてとってもおいしい♪なぜ今まで手に取らなかったんだろう・・・。このところスーパーに行くたびに買ってます。

fb.jpg

さて、昨夜のトロピカルナイトは予想以上に悪夢でした。朝になってもジメジメしており眠りが浅い。ようやく朝8時頃、いい風が入るようになりグッスリ眠って気づいたら10時半になっていて、電話の音で目が覚めました。

家の電話なのでママです、間違いなく。前回の電話以来、このところ静かだったので久々です(久々って言っても4日ぶり?)。まだかまだかと催促もないので、その点は救われてます。

「おはよう!あら、寝てたの?ごめんなさいね。昨日、ベルリンの叔父さんの誕生日だったけど、ちゃんと電話したの?」ですって。私が知る限りしてないわ、旦那は多分すっかり忘れてる。「(旦那は)まだ寝てるから起きたら言っておきます」と伝えたら
「じゃあねー」って終了。ってか、ここで赤ちゃんのこと聞かず?今まで散々構ってきて、ここでこのタイミングでスルーとは。なんかの気遣いか?一応、私から最後に「ベビーはまだだから」と伝えましたけどね。

ってか、誕生日、誕生日ってうるさいなぁ。こっちは赤子の誕生を待ってて人の誕生日まで構ってられへんわ!ってか赤ちゃん産まれたら、来年から誕生日は電話地獄?話せないうちからかかってくるの?

そして夕方また電話があり(旦那対応)、お庭のアプリコットがあるから取りにいらっしゃいとのこと。ベリーの次はアプリコットです。別に取りに行ってまで・・・とも思うのですが。しかも明日、日曜日の午後、お隣さんとケーキを食べるらしく、よかったら合流しないか?とのこと。

お隣さんの家にご招待されてるなら、大改造した家を見てみたい!と思ったのですが、パパとママのところに招待しているらしく・・・だったら別に面倒だし私は行きたくないのですが・・・。結局そこから夜までとかなったら疲れるし。

さて、今日から涼しくなると思ったのに、暑い。今日は湿度もあってムシムシ。寝れなかったから体もだるくて、でも家でゴロゴロなんて暑くてできないし。

ということで、山に行きました。標高1000m近い山。頂上まで車でも行けますが、散歩を兼ねて少し手前で駐車して歩くことに。

fb (1)

頂上まであと1kmという距離は短いのですが、かなり険しい。汗だくでノロノロで散歩というより登山?すれ違う人が私のお腹見て笑顔をくれます。ですよね…。大きなお腹で登山なんて笑いたくなりますよね。

fb (3)

頂上到着!

fb (5)

fb (7)

気温は軽く5度は違います、涼しい!来る途中にサンドイッチを買ってきたので木陰でピクニック。

fb (8)

散歩してる人、マウンテンバイクで頂上まで来た人、ツーリングのお兄ちゃんたち。いろんな人がいますが寂しくない程度に人がいる程度で景色も独り占めできて心地よい。

fb (6)

暑くも寒くもなく、レジャーシートを敷いてゴロゴロ。随分疲れが取れました。でも、夕方戻った我が家はかわらずサウナ。外気温は30度。

ようやく22時ごろに窓を全開にすれば部屋に入れる涼しさになりました。

明日は検診!何と言われるか楽しみ!産科だし、万が一そのまま入院になるかもしれないから、念のため入院グッズは持っていく予定です。今日もまた何事もなく終わりそうな40w5d。

私の弟が安産願って神社に行ってきたよ!って連絡くれました。ありがとう~。









☆眠れない・・・トロピカルナイト

Category : ドイツで妊婦生活
もう日付は変わっているのですが、全く眠れません。なぜかというと、トロピカルナイトだから。ええ、熱帯夜。ドイツにしては珍しいですが天気予報でも「トロピカルナイト」って言ってました。どれだけ暑い日も夜になるとぐっと涼しくなるのですが、今日は24時ごろでもうちの近辺は30度でした(私のスマホ情報)。

家の中はさらに暑いので、座っているだけで汗が出ます。24時過ぎたぐらいから雷雨となり、雨が入ってくるので窓も閉めなければならず、とはいえ雨が涼しさを運んでくれるでもなく、トロピカルなサウナ、という状況です。今夜はさすがに寝れそうもありません。

正直、赤ちゃん生まれてなくてよかったです。こんな暑い日はさすがに赤ちゃんも辛いだろうし。私一人が暑いぐらいでホントよかったです。明日からは涼しくなるみたいですし。

本当に暑かったから、先ほどまで2時間ほどぬるま湯風呂に入ってました。あまり冷えてもいけないからぬるいお湯に入って携帯で動画とか見てました。部屋にいるよりはよっぽどましです。

ここ3日ぐらいでしょうか、お腹にポコっと山ができます。かかとかな?ぴょこっと出てきてつかめそうなほど。つかまえようと思うとへっこんじゃうんですけど、なんか遊んでるみたいで可愛い。これも予定日過ぎなければ見れなかった現象です。

正直、もう生まれてもいいよーって感じなんですけど、別にそれが明日であろうが3日後であろうが、逆にいつを選んでくるのか楽しみでもあるのですが、おしるしも来たし色々ネットで調べていたら、予定日過ぎても全然生まれなくて、精神的に追い詰められている方も多いんだな・・・と。中には予定日前でも生まれないって悩んでいる方もいて・・・。

家族や周りからの「まだ?」攻撃に心が萎えている方、いい加減生まれて!ってちょっとイライラしている方、促進剤使用や帝王切開を心配している方、などなど、いつかわからず滅入ってしまって涙が止まらないとか赤ちゃんが憎いとまで書かれていたりしてびっくりしました。みんな色んな理由があるから当事者にしかわからない苦しみがあるのかもしれません。

私だって一体赤ちゃんはどれだけ大きくなっているのか、もうこのところ全く教えてもらえていない、というかチェックもされていないので、大きくなりすぎてないか心配ですけどね・・・。

しかも自治体によっては補助券が無くなって40週以降は診察に医療費が実費でかかるとか?なんかそういうのを見ていたら、出産予定日って決めちゃうことが妊婦さんを苦しめていることになっているのかな、と思ったりもしました。正産期である41週の最後の日が最終予定日みたいな名前で存在すればいいんじゃないかな?って思ったり。

予定はあくまでも予定ですもんね。でも、その設定された予定日によって苦しんでいる人がいるならば、なんか悲しいなと。

そんなことを書いているうちに雷雨が激しくなってきてドラキュラが出てきそうな稲妻!!しかもかなり大きな雹が降ってきました。窓ガラスが割れそう・・・。映画のワンシーンみたいです。

さすがにこんな中、病院に走るのは無理なので、赤ちゃん、もうちょっとお腹の中にいようねー。

はぁぁぁ、それにしても暑い。いびきかきながら寝てる旦那がうらやましいです。





☆2日に1回の検診は遵守らしいです

Category : ドイツで妊婦生活
寝苦しいのと、検診で早く起きなきゃいけない強迫観念(笑)とであまり寝れず・・・。そのせいか、検診でCTG(NST)を受けている間に寝てしまいました・・・。30分後にスタッフの人が来てデータを見て「あらー赤ちゃん寝てるわ、起こさないと」ってお腹をゆすって起こしてました(笑)。母体と胎児は別に一緒に寝たり起きたりはしないみたいですが、私が寝ちゃったからかなあ・・・。

そして「いつもどおり、何も無いねー、順調!」とのこと。

ちなみに今日は40w4d。予定日超えて3回目の検診。Mutterpass(ドイツの母子手帳)の検診の欄が一杯になってしまい、エクステンション(笑)

os.jpg

それにしてもあの子宮口の開きとか頭の位置とかチェックするグリグリされるのが痛い・・・。今日なんてめっちゃ痛かった。

予定日越えてからは2日に1度の検診、月曜日が予定日だったので月・水・金と通いましたが、このペースだと次は日曜日。でも日曜日は婦人科はやってないから、また月曜日かなーと思っていたら、先生に日曜日は産科での検診ね!といわれました。

2日ごとのペースは意地でも崩さないみたいです。その場で産科に電話してくれて、日曜日に検診よろしくー!と言い伝えしてくれました。日曜日にまだ生まれてなかったら朝イチで電話して検診の予約を入れてねー!とのことでした。

婦人科←産むまでの定期健診
産科←出産のみ

という住み分けですが、こういうところはちゃんと連携とってやるんだーと妙に感心。よろしくっていう電話で、「そうなんだよ、妻が○○さんにねー、プールで会ったんだってー」って世間話してました、先生(笑)

産科で検診を受けるなんてなんか楽しみ♪2日に1回婦人科に通うのも飽きてきたし、ここでちょっと気分転換にもなるし。一応その2日後の火曜日はいつもの婦人科の予約を入れてます。「来ることになるかしらねー、週末あたり生まれるんじゃない?無事に生まれるように祈っておくわ!」と受付の方に送り出されました。

先生も、今日はいつもよりお別れの挨拶が長かったです、そんなしんみりしてますが、また火曜日に普通に検診に来たりして(笑)

家に戻って暑いのでシャワー浴びようとしたら、ちょっと血が!!もしやこれって「おしるし」ってやつ!!??だとしたら嬉しい!!でもおしるしから陣痛まですぐの人もいれば1週間とかの人もいるみたいですね、一応シグナルではあるものの、ここからまたどれぐらいかかるかはわかりませんね。

嬉しかったので、旦那に「聞いてー!」って叫んだら、旦那が一番動揺してました(笑)

朝食の後、ダラダラとパジャマでネットしてたのに、突然髭を剃りはじめて・・・、あんたが焦ってどうするねん!って感じですけど、なんか笑えました。

さすがにおしるし来たらプールにも行けないなあ・・・。あ~、暇だなあ・・・。

かなり育っている紫蘇が、もし私が入院している間に駄目になってしまっても困るので、収穫して乾燥させてパウダー状にしておきました。これなら保存が利きますからね。そんなどうでもいいことをしつつ、時間潰してます。

旦那も暇そうでお天気が良いからプールが無理ならサイクリングに行きたかったなぁ、とか言ってるので「行っておいでよ」と送り出しました。サイクリングの一時間や二時間では何も起きないよん。

「電話はいつでも出るからね!何かあったらすぐに帰ってくるからね、一番大きい音量にして肌身離さず携帯持ってるから!」と急いで出掛けていきました。

旦那よ、落ち着け~!







☆最後に気合の運動、そして外食!

Category : ドイツで妊婦生活
今日は暑かったです~。午前中は色々掃除などで動いたものの、午後からはダラダラとソファーで横になっていたのですが、汗が止まらない!でも疲れていたのか、いつの間にか汗だくで寝てました。

夕方も暑くてお料理する気にもなれず、冷蔵庫にも何も無いし、せっかくなので最後に外食に行くことにしました。日頃、外食に出ることが余り無いので私達にしてはかなり珍しい外食。2人でゆっくり外食も今後さらに出来なさそうだし・・・。さすがに私が食べたいものを優先させてもらい、前に教えてもらって気になってた韓国料理にしました。

でも旦那はこんな天気の日は屋外に席がないと嫌だの、遠いだの、そもそも韓国料理に乗り気じゃない様子。でもここは私の意見を通しました!

少し早く家を出てまずはレストラン近くのGoethetrumへ!ザクセンハウゼン含めマイン川の向こう側にはなかなか行く機会がないのでかなり久しぶりです。

11_20150717065152eb7.jpg

運動だー!と気合を入れて、てっぺんまで登りましたよ!予定日過ぎた妊婦が気温30度を超える中、頂上まで・・・。暑すぎて誰も登ってないし!貸し切り状態。こんなに高いところに来たのに風もない!

gy.jpg

とにかく暑かったです。

gy (2)

そしておまちかねの夕食。これが食べたかった~。ちなみに旦那は生まれて初めてちゃんとした韓国料理を食べるそう。家で私がチャプチェとか作ったりすることはありますが、お店で食べたことは無いらしい。

gy (4)

もちろん、お肉もがっつり(笑)

gy (5)

gy (3)

ご飯が進みます!!冷房も無いので食べながらまた汗だくになりましたが、旦那も美味しさに納得し、来て良かったね~って満足してました。食べ過ぎた罪悪感と家の暑さに耐えられず、家に帰ってからまた散歩。近場の畑道をゆっくりと。お腹は張るし、そもそもお腹一杯だしでなかなか進めず、超のろのろ・・・。

gy (6)

暗くなって家に戻ってきても、それでもまだ室内は暑くて過ごせず、深夜までバルコニーに避難。明日の検診、朝8時からだから早起きしないといけないのにー。

明日は更に暑い予報です。検診で何も無ければプールにでも行こうかなぁ。水に入るかは別として、プールサイドのシャワー浴びて木陰で涼むだけでも家よりはましかも。

あっ、ちなみにテレビ復活しました。部品が届いたので取りに行ってきました。テレビの枠に所々傷がついたけど、スクリーンは問題なし。さすがに明るいうちに修理したほうがいいと思って取り掛かりましたが、このテレビのある部屋が一番暑くて、顎から汗をぽたぽた垂らしながら2人で修理。

gy (7)

オーダーした部品、あらかじめ聞いていたよりも安くて29ユーロでした。とりあえず元通り!ケーブルとか綺麗に処理してたのですが、もうそれをやり直す気力なし。とりあえず見れるし、元通りの位置に戻ったのでよしとします。

今夜はもうはなからリビングのソファーで窓全開で寝ることにします。




-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-