☆ツリーの前でプロポーズ!?

Category : ドイツのクリスマス
もう年の瀬!12月29日なのですが、クリスマスの報告を!

実は12月24日、プロポーズされました!・・・・たぶん。
ドイツ語で言うVerlobungという状況になりました、つまり「婚約」。
でも「たぶん」と言ってしまうほど色々とありました(笑)

話は長くなるのですが、クリスマス前に歯が痛くなってしまった私。
(歯医者騒動も色々とあったのですが、それはまた後日)

12月23日、歯医者のクリスマス前営業最終日の予約が取れ、
お昼に歯医者に行って来ました。
いわゆる「神経を抜く(Wurzelbehandlung)」治療で結構大掛かり。
その治療も終わり家に戻ったら「今日は外食しよう!」と言い出す彼。

翌日から彼の実家に泊まりに行く予定でしたので、
冷蔵庫の物を全部使わないと!と思っていたのに、
私達はほっとんど外食をしないのでかなり珍しい発言でした。
「冷蔵庫に野菜が・・・」と言うものの、クリスマスぐらいいいでしょ!とのこと。
スペイン料理にしよう!などと言われたのですが、
翌日からの怒涛のクリスマス料理地獄を思うと、
あっさりとしたものかアジア料理がよくて、
駅前のアジアインビス(セルフサービスの軽食)でいいのでは?と、超現実派の私。
*後で聞いたのですがこの日に指輪を渡してプロポーズしたかったらしい。

どこに行こうかなんて話していた15時ごろ、麻酔がピタっと切れ、激痛!!
こんなに痛いとは思ってませんでした。涙が出るほど痛くて・・・。
とりあえず痛み止めを飲むもほとんど効かず、ベッドに横になるほど。
痛みが治まったのか、2度目の痛み止めが効いたのか眠くなり
目が覚めたら既に20時!ご飯に食べに行く予定も却下となりました。

そして、そのまま翌日となり24日クリスマスイブ。
予定通り彼の実家に行って、例年のごとくプレゼント交換。

で、私が彼からもらったもの、それは「指輪」。


ん・・・・???これは何を意味するのか・・・。
プレゼントの一つ?それとも別の何か??
でも何も言われず・・・。一応チューだけはしてくれました。ママとパパの前で(笑)
よくわからないまま、プレゼント交換は終わりました。

で、こっそりと私に誰にも聞こえないように
「これはVerlobung(婚約)の指輪だ」と言うのです。
その時はイマイチ何のことかわからなくて・・・・。

で、全てを説明してもらったところ、
23日に夜、レストランで渡したかったこと、でも私の歯の激痛で渡せなかった(笑)
はじめから彼は両親にプロポーズする旨伝えていたそうです。
その時にパパからクリスマスツリーの前でのプロポーズをダメだといわれたそうで、
彼のパパいわく、クリスマスはキリストの誕生をお祝いするものだから
他のお祝いをするのは縁起がわるいそうな。
なので、本当は24日にしようと彼も思っていたけれど急遽23日に渡そうとしたこと。

23日の夜に、渡せたか?と電話があったらしく、
渡せなかったことを伝えると「ツリーの前ではダメだから!」と念押しされたそう。

なので、24日に指輪をもらったものの言葉は無かったのです。
なんて中途半端・・・・それなら別の日でもよかったのに・・・・(笑)

そして、もらった指輪はありえないぐらいの巨大サイズ・・・。
何をもってこのサイズ!?っていうかお店のお姉さんの助言とかなかったの?
と、思わんばかりの親指サイズの指輪。

私は他に指輪を持っていないので、探したけど見つからなくて
小さい彼の手は私と大きさがほぼ一緒なので、
昨年のプレゼントで手袋を選んだときは自分の手にはめてみて選んだところ
私にサイズがピッタリだったので、指輪も自分のサイズにしてみたとのこと。
さすがに骨の太さとか指の太さは違うって・・・・。

あとは私がソファーで居眠りした隙に大きさを測ろうと
メジャーを取り出して用意してたのですが、
起こしてしまいそうで出来なかった・・・とのこと。
確かにリビングにメジャーがあって「何?」って思ってたんですよね。

ということで、彼サイズの指輪。ブカブカです(笑)


クリスマス明けの27日にサイズ交換に行きました。
その足でレストランに行って、つけてもらいました(笑)

ってことで、プロポーズはいつなの??という微妙さ!
まっ、それもまた一つの思い出ということで。

付き合って3年半。一緒に住んでもうすぐ2年。私ももうすぐ33歳。
この先どうするのよ!という話し合いをよくしていました。
クリスマス前に街のあらゆる駅の広告で宣伝されていた指輪が
とっても私好みだったので、「あれ可愛い~」と何度も言ってたことも
彼にプレッシャーを与えていたかも??と、今は思います(笑)

とはいえ、私自身がドイツにこのまま住む決意も出来なくて、
日本の家族のことも心配だし、ドイツで生きていくこと自体やっぱり不安。
色々考えて考えて、友達に話を聞いてもらったり、
日本の友人や、ドイツ人と結婚してる友人、離婚した友人(笑)、
などなど色んな方に相談にのってもらいました。

でも先のことを考えてても不安が募るばかりで、
どれも可能性や想像ばかりで、本当はどうかわからないのに
よくない方向、欠点、不安点、そんなことばかり考えました。
気分も落ち込んで暗くなってしまって、生活も仕事も全てがネガティブに。
考えてばかりで大切な「今」が全く楽しくありませんでした。

そんな矢先にもらった指輪。
これもいわゆる「タイミング」なのかなと思います。
心配事も不安もたくさんありますが、楽しみなことも本当はたくさんあります。
なので、ポジティブに考えようと思いました。

タイミングよく、日本にも帰る予定なので両親にも報告できます。
でも、今はそれが一番心配です。
反対されるとかそういうことではなくて、
心のどこかでは「いつか帰ってくるかも」と思ってたはず。
それなのに、結婚する!って決めたらきっと落ち込むでしょう。

だけど考えて考えて出した結論だし、
親を裏切った気持ちは全く無く、逆にとっても心配で大切で
何よりもそれが一番悩みましたし、親を思う気持ちは変わりません。
いつまでも頼りないと思ってしまう弟も気がつけばまもなく30歳。
姉の私が居なければ、長女の私が何とかしなければ、と思ってばかりでしたが
もっと弟に頼ってみようとも考えるようになりました。

で、肝心の結婚ですが、さてさていつのことやら。
Verlobt(婚約)という期間もあいまいなようで・・・。
彼は2012年だ!などと言ってましたが、それは先すぎるやろ・・・と
またまた新たなる話し合いがスタートしました。

季節的には春や夏がよくて、だけど3月に試験があるのでそれまでは
準備できないし、やっぱり今年は無理だと・・・。
準備は私がやる!ってほど1人で出来ることでもなく・・・。
日本なら張り切って全部やってましたが、ドイツだと1人でも限界があります。

国際結婚の手続はなんだかとってもややこしそうで、
書類の準備などにも時間がかかる感じ。
しっかりと計画しないとね!とお尻をたたいておきましたが・・・。
その前に彼にも日本に来てもらわないと!

これからどうなることやら・・・。
結婚もいつのことやら・・・・。

という状態ですが暖かく見守っていただければ幸いです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




☆手作りおむつケーキ

Category : 手作り・お裁縫
ドイツで一番の友人が、出産しました!
昨日の夜22時半の出産で、会いに行ったのが今日の仕事の後!
ということで、生まれてまだ24時間もたっていない赤ちゃん!
可愛かったです。小さくて小さくてそして超軽い!

予定日は1月2日で、私は明日の夜から日本に帰るので
会えるのは帰ってきてからだな・・・と思ってたのですが
少し早めに生まれてくれて、私がちゃんと病院に行けるようにと
空気を読んで生まれてきた??赤ちゃん。

ドイツ人と結婚した日本人のお友達。
旦那さんはドイツ人なのですが、その旦那さんのお母さんは韓国人。
つまり・・・4分の3がアジア、4分の1がヨーロッパという状態。
ずっと寝てたし、寝顔しか見てないのでなんともいえないけれど
やっぱり他の赤ちゃんほどはヨーロピアンではなかったです。
これからもうちょっと顔がしっかりしてきたらわかるかもしれませんね。

ドイツの病院もちらっと様子が見れたし良かったです。
実はこの病院、数年前に彼のママが入院してた病院。
病院にうれしい気持ちで来れるってあんまりないよね~と言いながら
彼と共に会いに行ってきました。

面会中ずーっと私が抱っこさせてもらってたので、
彼にも抱くように勧めてみたら怖くて無理だとのこと。
せっかくの機会なのに~。
日本から戻ったらお祝いを持って会いに行く予定です。

いつでも持っていけるようにとすでに作ってあるお祝いのおむつケーキ!
いろんなサイトを見ながら手探りで作ってみました。

40個入りのパンパース、結局ほぼ全部使いました。

っていうかおむつって高いですね・・・・。日本でも高いのでしょうか。
もっと安いものだと思っていました。
もうちょっと大きくなってから使えるサイズにしています。

おもちゃとか、離乳食用のスプーン、靴下、絵本などを飾りました。



こういう工作みたいなの、大好きなのでもっともっと作りたかった・・・。
でも当面まわりで出産予定はなさそうです・・・。

何より友人が無事出産して一安心です!

くみちゃん、おめでとう~!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




☆2010年クリスマス

Category : ドイツのクリスマス
ドイツでのクリスマスも早4回目。
今年も変わらず彼の実家でお祝いです。

24日は午前中仕事をして、夕方から彼の実家へ。
彼の実家までは車で約10分。
彼は一人っ子なので、彼の両親と私とで合計4名。
毎年25日には親戚があと2名加わって合計6名。
こじんまりとしたお祝いです。

ゼクトで乾杯して


クリスマスツリーに飾りつけ。本物の木です。
もみの木は乾燥するとボロボロ葉が落ちてきて大変なのです・・・、
なので私達の家はプラスチックのツリー(笑)
ドイツ人的には受け入れがたいようですが、私は掃除が面倒なので却下。
本物の木は実家だけで十分です(笑)

ツリーに飾るのは、昔からすこしずつ集めたオーナメント。



いまどきのオシャレな飾り付けではないですが、これはこれで素敵です。
飾り付けが終わったらツリーの下にプレゼントを!


プレゼントを交換して、おいしいご飯を食べて夜までずーっとおしゃべり。
ちなみに夕食は鴨の丸焼きでした・・・。

夕方からずーーっと食べ続けです。
ドイツ人家庭でクリスマスを過ごす日本人の友達は
この食べ続け地獄をみんな辛いって言ってます。
どこの家庭も似たような状況のようです。
でも、4回目にもなると色々と抜け道もわかってきたりして、
最初ほどは辛くなくなりました!(ってもしや、胃袋が大きくなったから・・・??)

ツリーの下に隠れていた彼からのプレゼントは・・・!?

続きはまた報告します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




☆はじめまして

Category : 日々の暮らし
2007年の春からドイツで暮らしています。
渡独のきっかけは仕事でした。当時29歳。
30歳を手前に考えて悩んで日本を飛び出しました。
来独後、ドイツ人の彼と知り合い一緒に生活をスタート。

文化の違い、言葉の違い、色んな発見のある生活を忘れないように綴る場として
また、日本に住む家族、友人達への報告の場として
ブログをスタートしたいと思います。

よろしくお願い致します。




-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-