☆花嫁さんのバッグ巨大化

Category : ドイツで結婚【準備編】
結婚式のときに必要な新婦用のBAG、
以前、持ち手の紐を変えてアレンジしたのですが
何が必要かな、と色々と考えてるうちに、
さすがにあの紙袋じゃ小さいかも・・・と。
でも新しいのを買うのももったいないので、
家に元々あった紙袋に包装紙を包んで作ってみました。

実は私なりにひとりちょっとこだわっていて、
この中に使っている紙袋は、

今回結婚式に日本から来てくれる友人2人が
以前誕生日プレゼントをくれたときにそのプレゼントが入っていた紙袋です。
そして、この包装紙は、その友人の1人が昨年結婚したときに、
彼がお祝いにシャンパングラスをプレゼントしたのですが、
それを包装するために買った包装紙。

まあ、言わなきゃわかりませんね・・・。でも、勝手にこだわりました。

ちょうどいい大きさです。
たぶんこっちのほうが前に買ったものより
大きさ的に使い勝手がよさそうなのでこっちを使うことになると思います。

今回ドイツに来てくれる友人、
「どこに遊びに行きたい?どこを観光したい?」と聞いても
「私は結婚式のために行くんだから!結婚式の準備を一緒にやろうよ!」
「日本から来るご両親を観光に連れて行ってあげなよ、その間は
一人でぶらぶらしてるし、ご飯も勝手に食べるし、私のことは気にせんでいいよ~」と
私のことばっかり考えてくれるので、ホント申し訳ないし、嬉しいし。

そんな友人は、私の家族や他の友人に先駆けて一番乗りでドイツに来ます。
よく考えたらもう彼女が来るまであと1週間ほど。
あんなに先の話だと思ってたのに、あっという間です。

今日も、ホント気にしないでね!というメールに一言
「あえて観光で行きたい所というなら、なでしこJAPANが試合してた会場を
カメラに収めたいかな~、長崎ではちょっとした自慢になるからね!」って(笑)

でもあのスタジアム、そもそもチケットがなければスタジアムの目の前にはいけません。
森の中にあるので、外から見えるわけでもなく・・・。

もしタイミングよく試合があったら、相手チームに日本人ブンデスリーガの選手でも
いれば見に行っても楽しいかな~って思ったのですが、
そういえば、フランクフルトは2部に落ちましたからね・・・。

飛行機の上から見えるかもよ~!と伝えておきました。

今週末が最後の準備が出来る週末なのですが、
ちょっと遠出をすることになりました。
なのでちょっと時間が無いので、
明日朝イチでお花屋さんを探してきます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆間に合いますか??

Category : ドイツで結婚【準備編】
結婚式の服装、ウェディングドレス。
これは私は何よりも最初に準備したものでした。2月ごろ。
ドレスだけは買ってあったので、気分的には楽でした。
ドレスも決まらない!ってなったら結構焦ってたと思います。

で、彼ですが何を着ようかと未だ悩んでいます・・・。
スーツは買ったのですが、ベストとネクタイを
あーでもない、こーでもないといいながら毎日ネットを見たり
お店に見に行ったりしていますが、
あーでもないこーでもないと、いつまでも言ってられないんじゃないの?と
このところ毎日毎日「もうオーダーしたの?」とそればっかり聞くのですが
まだ・・・決められないんだよね・・・ってその繰り返し。

決められないのは色。
私にしてみたらもう何でもいいから、ちゃんと式までに届くよね?と
そっちのほうが心配です(ネットオーダーで買おうとしているので)。

「これどう思う?」「こっちもいいでしょ?」と写真を見せてくれるのですが、
全てに「いいね!それにしたら?」と大賛成しているのですが、
「う・・ん、でもこっちのほうが・・・・」という調子。

私はなんならもう、いらない物は処分!ってことで、
集めてたドレスの雑誌とかを処分しているのですが、
その時に見つけた男性用のページ、参考になるかな~と見せてあげたら

「うわ~、また迷っちゃうなあ・・・」と余計に惑わせたらしいです。

知りませんよ~、あと2週間ですよ。
まあ、スーツがあるからシャツ着ればいいし何とかなるでしょ、と思います。

ちなみに、私が初めてドレスやさんに試着しに行ったお店で
最終的にいいな~って思ったのはコレでした。

胸のところにあるグレーのラインが、実際に着てみるとちょっとアクセントになって
とっても素敵でした、が結局選んだのは違うお店の違うものですけどね。

他のお店でもこのドレスと同じのを着ましたが、
一度いいな~って思うと、やっぱり何度着てもいいな~って思うもので、
最後に行ったお店で運命のドレスに出会わなければ、
きっとこのドレスにしてたと思います。ドレスに出会うのも縁ですね・・・。

そして、Standesamtに着ていく服も必要です。
これはもう手持ちのものでいいかな、と思って
彼も持ってるスーツにするし、
私も過去に友達の結婚式に着ていった服などにしようかなと。
でも一応、お店でいい感じのは目をつけているので、
最悪、買いに走れる状態にしています。

そしたら、彼が嬉しそうに「ネクタイを買ったんだ!」と
Standesamt用のネクタイを見せてくれたのですが、ピンク!
っていうか、そこにピンクもってこられたら
私の服の色、ちょっと制限されますよね。
色物着たら「なんかカラフルな人らやね~」ってなりそう。

思わぬ色のチョイスに、Standesamtの服、迷います・・・。
私だって人のこと言えないですね、あと2週間です(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆可愛い収納BOXゲット!

Category : Closet
私の大好きな庶民派雑貨屋さんStraus Innovation

しょっちゅうテーマが変わって、行く度に可愛いものが一杯なのですが、
ちょうど今繰り広げられているシリーズ、かなり可愛いです。


紫とピンクとベージュ、各ドット柄と様々なグッズ。
こんな可愛いグッズがあればお掃除もはかどるし、
お料理も楽しくなりそうなぐらい可愛い!

で、その中でも私のツボにきれいにはまったのが、収納BOX!

この中のベージュのドットがめちゃめちゃ好み!
ちょうど先日も書きましたが衣装ケースの無いドイツ。
これは「箱」だけど、色々と整理するにはいいかな、と
とりあえず4つだけ買って帰りました。

彼のクローゼットがすごいことになっていたので生理整頓。

Before Afterを見せたかった・・・・。かなりすっきりしました。
ついでに家にあった100均のカゴとか、
仕方なく私が使っている女性ものの下着入れも貸してあげて
細かいものを整理して、テプラで何が入っているかを明確にして
(一部ドイツ語のスペルミスがありますが見なかったことにしてください・・・)

結構すっきりしました!

で、使い勝手もよさそうだし結構しっかりしているので、
私のクローゼットもちょっと整理したいな、と今日会社帰りに
追加で2個買おうと立ち寄ったのですが、このベージュが無い!
ピンクと紫はあるのですが、ベージュが無くて、
2件回りました、無事見つけました!
やっぱりみんな可愛いと思うものは一緒なんですね。

私のクローゼットは整頓前に写真取りました!

Before

After

まあ一番下の隅っこだけなので大して変わりません・・・。

会社帰りに一緒にエレベーターに乗った同僚が
Straussのお店の買い物袋を持ってたので、何を買ったのか聞いたら、
彼女もこの箱を買ってました!しかもベージュ。
でもドットが見つからなくて・・・・と。やっぱりベージュがいいよね~。
ドットは可愛いよね~、なんて女子な会話をしていたら
途中から乗り合わせたお兄さん、笑ってました(笑)
メンズにはわからないでしょーこの感覚!
でも可愛いのよ~!と同僚はお兄さんにも見せてました。

そんなStraussのBOX、とっても可愛いし、あと数個欲しいなと思っているのですが、
無駄に種類が多い・・・・。それでなくても色柄で計6種類あって、
大きさはなんと10種類!微妙に1ユーロずつ違うんです!
大きさなんてパッと見わからないぐらい微妙な差!

数値で書かれていますが、超微妙・・・。大・中・小ぐらいでいいんじゃないの??

なので、あったーと思っても大きさが違ったりと
見つけるのにやたらと苦労します。
そして、10種類もあるがために1種類ごとの在庫が少ない・・・。
ここ、頑張るとこじゃないと思うんだけど・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




☆ここにきてまた問題勃発・・・

Category : ドイツで結婚【準備編】
すべて片付いていたと思っていたお花のオーダー、問題勃発です。
パワフルおばさんのいるお花屋さんに、
車のお花と、ブーケと、ブートニアを頼んでいます。

もともと一番最初にお花屋さんに行って話したときに言われたのは
「車のお花は11時ごろに車ごとお花屋さんに来てくれたら
お花を車に取り付けるわよ!」とのことだったのに、
先日私がブーケをお願いしに行ったときに、車は8時30分に来て!と言われました。
いやいや、こないだ11時っていってたやん!と。

車のお花とは、ボンネットのところに飾るお花です。
ドイツは結婚式のときに新郎新婦の乗る車にお花を飾ります。
ボンネットにつけるのでリボンで固定していたり
マグネット式になっていたりするそうですが(←コレだと置くだけなので簡単!)
私が頼んだお花屋さんはリボンで固定するタイプです。


8時半と11時って全然違うんですけど・・・・。
しかもお友達に車の運転を頼んでいるので、お花屋さんに行くのはお友達。
それでなくても遠方に住むお友達に
当日そんな朝早くに行ってもらってもそれからずっと待つだけで
家に帰るほどの時間も無いので友達だって困ります。

でも、おばさんはお店の営業が9時からだから
9時以降だと忙しいから無理だとのこと。

結局納得せぬまま家に帰り、彼に話し、一度お花屋さんと話し合って!
とお願いしましたが、かれこれ3週間なにもせず・・・(←これまた腹立つポイント!)
やっと今日連絡してくれました。

お花屋さんの回答は
「11時に来てもいいけどお花は自分で取り付けてね!」
だそうです。

は??って感じです。
車にお花を取り付けるのって結構大変です。
大変だからこそ自分でやる!って散々おばさん言ってたのに。
そんな素人がちゃちゃっとできるものではありません。

でも彼は「できる」って言うのですが、「誰がやるの?」でしょ。
彼だって当日は色々忙しいからそんなお花屋さんに行くような時間はないし、
私はそんな思ってるほど簡単じゃないと思うけど・・・。

で、自分達でやるんだったらやるで、いくらまけてくれるの?
同じ金額ってわけじゃないよね?というも、それは聞いてないって・・・。
(たぶんそういう発想が無かったんだと思います)

私の勝手な想像ですが
おばさんは、レストランのお花も教会のお花も全部やりたかったけど、
それぞれ別のお花屋さんになっているので、納得がいっていないのか
この間ブーケの相談に行ったときも、私はちょっとな・・・と思う対応でした。
親切なんだけど、忙しそうで、仕事しながら話を聞くみたいな。
こっちはブーケの相談なんですけど・・・って思いましたけどね。
そういう対応をするおばさんなのか、2回ぐらいしか会ったことないので
なんともいえないけれど、値段も良心的だしそれでOKだと思っていたのですが・・・。
他のお花屋さんを探す・・・にしてももうそのパワーが無い・・・。

で、実際に車を運転してくれる友達に相談。
朝早く来るか、自分でやるかなんだけど・・・と。
友達いわく何度か友人の結婚式で運転役をやったことがあるけれど、
お花を自分でやるなんて聞いたことが無い!
ちょっとサービスが悪すぎるんじゃない?できる出来ないの話ではなくて・・・。
とのこと。私も同感。だってもうおばさん投げやり状態ですよね。

今まで散々自分でやる!って言ってたのに。
あとは技術的にも、軽いお花を車が走れるほどしっかりとボンネットに固定するのも
そんなに簡単では無いと思うとのことで、
お友達いわくまだ2週間あるからお花屋さん変えるとかちょっと考えてみたら?と。
もちろん必要であれば8時半に行ってあげるから心配は要らないよ!と。

もう私、なんかこのお花屋さんに対して気分悪くて。
で、彼に相談したところ実際におばさんと話した彼も嫌な印象を受けてたみたいで
契約書も何もサインしてなくて単なる口約束なんだからキャンセルしよう、
という話になりました。

値段とかそういうことではなくて、気持ちよくオーダーしたいし、
せっかくの日なのでそんな嫌な思いをしたお花やさんに頼むのもね、と。

ということで、結婚式約2週間前にして、
お花屋さんの件、振り出しに戻りました~!キャー!

でも、納得のいくお花屋さんを頑張って探します!
やること貯まってるのが原因なのか最近、結婚式が夢に出てきます・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆男女混浴サウナ

Category : 日々の暮らし
ドイツに来てからかれこれ数回、男女混浴のサウナに行きました。
初めて行ったの完全な「サウナ施設」で
更衣室からして男女一緒なことに衝撃を受けました・・・。
タオルは「サウナで汗を吸収するために体の下に敷く用」であって、
体を隠すものではなく、っていうかみんな真っ裸で歩いているので、
もう隠すことすら忘れちゃう、みたいな。
隠していると余計に挙動不審のような、不思議な空間です。

ドイツのサウナは温度が低めで、スチームサウナとか
アロマサウナとか色々あって、
日替わりでアロマが楽しめる「本日のサウナ」なんてのもあります。
初めて行ったサウナだけのところは
サウナが20種類ぐらいあって、真ん中に屋外プールがあって、
サウナでほてった体をプールで冷やす感じでした。
雪の日だったのに、サウナ⇒プール⇒サウナってやってると
屋外でも散歩できちゃうほど温まりました。

その後数回行った混浴サウナは、サウナ施設ではなく
プールが併設されてサウナコーナーがついてるところ。
プールは水着着て、サウナコーナーの入り口で水着を脱ぎます。

混浴のサウナって慣れればたいしたこと無いですが、
やっぱり目のやり場に困るし、なんたってアジア人には会いたくない。
みんなドイツ人であれば、もう彫刻見てるような感じで
いやらしさもないのですが、アジア人はどうしても生々しく・・・。

そんなドイツはフィットネスジムのサウナも混浴だったりします。
やっぱり私は混浴だと落ち着かないので、女性のみがいいです。
昨日まで行っていたジムは、女性専用サウナもあって、
かつ混浴サウナもあるところだったので、良かったのですが
男性は混浴しか選べないようでした。

ジムではウェルネスゾーンというのがあって、サウナなどがあり、
もう一枚扉があってそこからは男女MIXになっていました。

女性の更衣室からプールに行く場合、
その2枚目の扉を開けて10メートルほどのMIXゾーンを通る必要があり、
毎回通っていたのですが、たった10メートルでもやたらと裸に遭遇(笑)

プールの入り口に「Kein Nacktzone」と書いてあって、
勝手に「Kein Nachtzone=夜は禁止エリア」と理解して
あれ?プールは夜使っちゃ駄目なんだ・・・と思っていたのですが、
Nachtではなく、Nackt=裸、つまり「裸エリアではありません」ということで
プールは裸では駄目ですよ、と言う意味でした(笑)

ドイツ人いわく、サウナなどはリラックスする場所であり、
そんな変な気を抱かないところなので、
そこで見る異性の裸はなんともないんだとのこと。

まあ、確かに慣れるとなんともありません。
じろじろ見られてる感もありません。
だけどだけど、本当に「リラックス」だからって割り切ってるのかな・・・。

ちょっと話はそれますが、テレビで放映する映画など、
裸のシーンがあっても一切モザイクなしです。
夜22時?だかを超えると許されるらしく、
映画の最初に「18歳以下禁止」というようお知らせ(16歳だったかも・・・)が出ます。
こればっかりは今でも衝撃的です。

また、いやらしい意味ではなく真面目な番組として、
男性のモノの大きさが、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど
大陸ごとでどのように違うか、みたいなデータと共に
なにやら色々解説している番組なんて、映画以上に衝撃的でした。

結局のところ、そういう異性のヌードに関しては
寛大であり、オープンであり、街を歩いてる女性達も
真夏なんて下着ですか?って言いたくなるような服のときもあるし、
そもそも見慣れているのか、そういう文化なのか。

ドイツには基本「痴漢」とかいません。
電車の痴漢の話をすると「うそでしょ~?」みたいな反応をされます。
夜道で襲われるのも男性が女性を襲うというよりは、
金目のものを目当てに襲われるほうが主流(ほとんど聞きませんが)。
そういうオープンな社会のほうが、結果として性犯罪などを減らすのかもしれません。

国が変わればホント全く違うな、と思う分野です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ドイツ料理に大喜び!?

Category : お料理・たべもの
もうすぐ日本から家族や友人が来るので家にお招きする機会も増え
そんな時用にと、ワインを買いました。
もともと箱買いで大量のワインを買っているのですが
たまには違うのも飲みたいんだけど・・・・と
街のワインスタンドに買いに行きました。

街には色んなところにワイナリーが出してるワインスタンドがありますが、
1杯2ユーロぐらいからで、週末はやたらと人がいてみんな飲んでます。
そんなワインスタンドではボトルも売っています。

ボトルで数本買いたいので味見させてくださ~い!と
テイスティングのお願いをすると喜んで数種類出してくれて
3種類味見をして、コレに決めました。

1本EUR5.5(600円ほど)ですが、我が家にしたら超高級ワインです!
いつもEUR1.99とか2.99なので。
でもせっかくドイツに来てもらえるので、おいしいワインを飲んでもらえたらな~と
選んで買ってきました。

そんな週末は、平日にあまり料理が出来ないので、
週末はなるべく作るようにしていますが、レパートリーも少なく、
今週は外食もあったりで野菜を買っても無駄にしてしまうので
どうしようかと考えた結果、ハンバーグにしました!

よく考えたらドイツでハンバーグ作るの初めて?
っていうかハンバーグ自体、今まで数えるほどしか作ったことがありません。
おふくろの味という人もいますが、
私の母はハンバーグ、スパゲッティなどは全く作らなかったので、
思い出の味とかおふくろの味もなく、見よう見まねで作ってみました。

パン粉も無いので食パンを適当に入れたり、
たまねぎもみじん切りとは言い切れない大きさでしたが、
いや~おいしかった!自分で自分の料理に感激しました!

ドイツにも似たようなものがあってBulettenというのですが、
固くて小さくてちょっと衣がついててピクニックなどに持っていくミニハンバーグ。
冷めてもかなり味が濃いので味付けもしっかりされています。
おやつという感じなので、レシピこそ似てても日本のハンバーグとは全然違います。

ちょうどタネを捏ねているときに、「今日の夕食は何~?」と見に来た彼が
「うわ~Bulettenだ!やった~!ドイツ料理だ!」と喜んでいましたが
私的には「日本的洋食」であって、ドイツ料理を作っている気はありません(笑)

出来上がったのを見て「すごいね~ドイツ料理作ったんだね~」と
それでも喜んでいましたが(基本的にドイツ料理は作らないので)、

え?お箸で食べるの?
あれ?ご飯?? えーーー!!ミソズッペ(お味噌汁)??
と、びっくり&がっかりしてました(笑)

立派に夕食ですとも!ご飯にお味噌汁にハンバーグ!
さすがにお箸で食べるのは気持ち悪いみたいで
ひとり、ナイフとフォークを使ってました。

お箸はすごく上手く使えるのですが、
私達がうどんをフォークで食べると「違和感」があるのと同じで
「ナイフとフォークで」食べるものなんだそうな。

ちょっと余分に作って明日のお弁当用と
冷凍して大根おろしで「和風」で食べようかな~ともくろんでたのに、
予想以上においしかったので、結局全部食べてしまいました・・・(笑)

また近々作って、次こそ和風で食べてみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ドイツでエステ

Category : ドイツで結婚【準備編】
日本のお友達が結婚前にエステに行ってるのを見て、
私も人生で1度ぐらいそんなゴージャスエステを受けてみたいな~
なんて思っていましたが、そんな夢も実現せず・・・。

たまたまネイルサロンを探していたら、
ネイルだけでなく色んなコースのある総合ビューティ施設みたいなのを見つけて
その後、ほぼ毎日のように通っている道にも
そんな感じのお店があることに気づきました・・・。

とりあえずパンフレットだけ集めてみましたが、

少し前に結婚式前のエステでトラブル多発!みたいなYahooニュースも見たので
あまり慣れないことをするのもよく無いな、と顔系はちょっと不安ですが
今気になっているのは「背中エステ」、
どこも40分ほどでお値段も30~40ユーロ。

やってみたいな~とは思いつつまだ予約はしていません。
ドイツでエステ、話のネタにでもいってみようかな~と考え中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ドイツの衣替え

Category : Closet
ホント寒い・・・。ブランケットかぶりながら書いてます。
明日の日中は16度だとか。夜は9度とかです。。。
今年、ほとんどTシャツ着ていません。
サンダルはちょっと履いてますが、ノースリーブとか1度も着てません。

今日、スーパーで見かけた女の人、冬のコート着てました。
それはちょっといくらなんでも暑すぎでしょ!って思いますが、
私は長袖のTシャツにジージャン、それでも首元が寒かった・・・。
街で見かける人は半そでより長袖の人のほうが多いです。

気温にあわせて春物、夏物、冬物なんでもすぐに出てくるのがドイツ人。
私は日本の感覚が抜けなくて、夏物と冬物は衣替えをします。
春物っぽいものは年中出してる感じです。
なので、寒いからって冬のセーターは衣装ケースに入ってるし
すぐに出すことは出来ません。

基本ドイツ人は衣替えをしないようなので、年中何でも着ることが可能。
衣替えをしないその理由は、このように夏でも寒い日があったりと、
日本のように四季がはっきりしていないことも理由の一つですが、
結局、クローゼットがバカほど大きくて収納に不自由しないため、
全ての服をおいておくことが出来るという、家の大きさ、家具の大きさが
理由なのではないかと思います。

そのため、日本には山ほど売っていてドイツには売っていないものの代表ともいえる
「衣装ケース」、ほっとんど手に入りません。
日本だったらアイリスオーヤマとかの、プラスチックの3段引き出しとか
クローゼットにぴったり合う衣装ケースとか、隙間収納とか山ほどありますし、
すごく安いですが、ドイツはありません、値段の問題ではなく売っていません。

IKEAにプラスチックのケースが売っていますが、
本来の目的は「洋服」ではなく、ケラーなどの物置に使うようで、
クリスマスの飾りとか、イースターの飾りとかそういう「物」を入れるため、
引き出し方ではなく、ふたのついた容器しかありません。

日本から「何か買っていこうか?」とドイツに来る家族や友人が言ってくれますが、
思わず「衣装ケース!」って言いたくなりますが、安いけれど大きなものなので
現実的ではないですね・・・。

それにしても今年は夏が無い・・・。雨も多くてすっきりした日がありません。
暑いのも辛いけれど、汗をまったくかかないので健康に悪い気がします。

なので、明日もまたフィットネスジムに行ってきます!
が、明日が最終日です。あともう2週間ほど行きたかったのですが
1ヶ月チケットなので仕方ありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆合理的な結婚式のお祝い

Category : ドイツで結婚【準備編】
ドイツは「合理的」とよく言われますし、
実際に生活していると、合理的だな~と感じることもしばしば。
この「合理的」なドイツでは結婚式のお祝いすら合理的です。

最近は、物はいらないからお金頂戴ね!
とはっきり言うカップルも多いようですが、伝統的なスタイルは、
新郎新婦が欲しい物をもらいます。当たり前ですが・・・。
日本などでは、サプライズ的なプレゼントが多いですよね。
本人に「何がほしい?」って聞けば別ですが。

結婚式の前になると、デパート等で
Hochzeittisch(結婚式のテーブル)という名のテーブルが出来ます。
結婚する2人はそのお店で「欲しい」と思ったものを
そのテーブルの上に並べます。
参列者が指定された期間の間にそのお店に行って
そのテーブルの上に置かれたものの中から
お祝いに使おうと思っている金額に見合うものを買います。

つまり、2人の欲しいものしかプレゼントされないという
超合理的システムです。

結婚式の多いこの時期はこのHochzeittischを色んなところで見ますが、
お鍋や電化製品だけでなく、お皿、グラス、などなど
1個単位から買えるので、どんな予算でも合わせられます。

お店によってはBabytischなるものもあって、
赤ちゃんが生まれたお祝いですら、本人達の必要なものをもらうシステム。
ベッドカバーとか、ベビー用食器とかが置いてあることが多いです。

そして、先日おもちゃ屋さんで見たのは誕生日のプレゼントBOX。
こちらは「○○ちゃん、○月○日生まれ」と書いたBOXにおもちゃが一杯入っていて
そこから選ぶというもの、これまた超合理的ですね。

欲しいもの意外はいらない。
きっと日本人ならどんなものでももらったら笑って「ありがとう」といえるけれど
ドイツ人はそんな愛想のお礼は出来ないんだと思います。
お金も無駄にならないし、本人の希望も叶うし悪いことは無いのですが、
プレゼントを選ぶ人たちの、
「これ、喜んでくれるかな~」とか「2人の趣味にぴったりだ!」とか
そんな気持ちも大切だと思うんですけどね。

最近はそのHochzeittishも進化して
インターネットでオーダーできるシステムになっています。
遠方から来る人もネットだとオーダーできるし。

よく出来てるけど不思議なシステムです。
無駄が無いという意味ではよくできてます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆レストランで取り分けを断られる

Category : ドイツで結婚【準備編】
ドイツ人たち、レストランなどでは1人1品をオーダーして、それしか食べません。
一緒に半分ことか、取り分けて食べたり、とか一切しません。

そのためお会計も明確です。みんなで割るとか、基本ありません。
全て個人払いという感じです。
僕はビール1杯と、○○です!とはっきりとお会計が出来ます。

これって、ホントおもしろくなくて、
せっかくご飯食べに行ってるのに、色々食べてみたいし、
一つのものでお腹が一杯になるなんてなんて悲しい・・・。
サラダさえも取り分けませんからね・・・・。

観光客の多いレストランだと、取り皿をもらえますが、
基本は取り皿もありませんので、別途ウェイトレスに頼まないといけません。

ドイツ名物、シュニッツェル(カツレツ)とポテトフライ。
それをただひたすら食べるなんてやってられませんよね。
でも4人が4人ともその同じメニューを頼んで食べてたりします。

ドイツ人には私達日本人が取り分けて食べることが逆に不思議なようで、
彼と2人でご飯に行くときも、基本別々で、ちょっと味見させてもらう感じです。
悲しいったらありゃしない・・・。
まあ、ずいぶん取り分けるのも慣れてきたようですが・・・。

で、週末にStandesamtの式の後に行くレストランに行ってきました。
メニュー等の詳細の打ち合わせ。

市役所から歩いてすぐで、一応ちゃんとしてて・・・となるとあまり候補もなく、
他と比較することなくそのお店にしたのですが、結構高級なレストランらしく、
私も彼も行ったことが無いところで金額が意外に高くてびっくりでした。

私の希望はテーブルで取り分ける、テーブルビュッフェスタイル。
完全にビュッフェだと立ち歩かないといけないのと、
ドイツはビュッフェになると値段が高くなるんです、普通安くなりそうなのに。
多分一杯食べるからなんだろうと思います。

テーブルは6人がけぐらいなので、
メインのお料理を3種類と、サラダとかでいいかなと。
色んなお料理をちょこちょこ食べられるし、
ドイツ料理だし日本人には確実に量が多いので、
それぐらいでちょうどいいはず!と計画していたのですが、
お店のおばさんに、取り分けるスタイルは

①見栄えが悪くなる
②テーブルが汚れる(食べ物がこぼれる)

との理由から断られました・・・・。
いやいや、私達慣れてるし、そんな汚いことにはならないよ!と言っても
確固たる信念があるようで受け付けてもらえませんでした。

で、結局コース料理にすることに。

一番シンプルコースでも前菜、メイン、デザートの3種類。
メインは当日好きなのを選ぶスタイル。
でも、通常はスープがついてる4種類スタイルが主流だそうで、
1人50ユーロ~みたいなことになってました。
両家だけという少人数ならまだしも20人いるし、そうなると結構高い・・・。
これも全てご招待だし、っていうか食事代は結婚式より高いぞ!と・・・。

で、まずは日本人をわかってもらうべく、
ドイツの料理は多すぎるということ、
日本人は必ずしも食後にデザートを食べないということ
そんなことを説明しまくり、おばさんを説得し、
前菜&メインの2種類コースで、デザートは食べたい人のみオーダーできるという
スタイルにしてもらいました。無条件でデザートが出てきても食べられないし。
アイスクリーム1つから、どっしりケーキまで選べるスタイルに。
もちろん「なし」もあり。

さらっと決まると思っていたStandesamtの後のランチ、
なんだかんだと時間がかかりました。
そして、メニューの内容は決まってません・・・。
そのとき新鮮な物を使って提案しますとのこと。

一応メニューを簡単に日本語にしたいので、
事前にもらえないか聞いてみたのですが、
食材との関係もあるわね・・・と確実性はありません。

座席は決めて名前の札を置きたいので、配置図をくださいと言っても、
おばさんは店主さんですが、そういった細かいことは息子さんがやってるらしく
その息子さん、その日は不在だったため後日連絡させるわ~とのこと。

はい、これまた1回では終わりません。
「レストラン手配OK!」みたいに一つずつ片付けて行きたいのに・・・。
全てまとまらずどれも中途半端。

このレストランに行った先週の日曜日、
私達の雰囲気も最悪で、喧嘩喧嘩の1日でした。
おばさんの前では一応笑顔でいましたが、
結局はっきりと決まらなかったことが私をイライラさせ、また爆発・・・。

週明けはちょっと気分は落ち着きましたが、
牧師さんからは音沙汰無いし、彼は相変わらずゆっくりだし、
もうあと3週間ほどなのに・・・・。

ふたことめには「完璧を求めちゃいけない!ここは日本じゃないんだから
もっと気楽に行こうよ!」と言われます。
ええ、メニューぐらいなんだっていいです、決まって無くてもいい。
当日みんなにその場で伝えればそれでいい。

でも、座席配置などは大切なことだから、それを当日適当に、とは出来ない。
ちゃんとすべきところですらちゃんとなってないのに
それを「完璧を求めちゃいけない」といわれても腹が立つ!

そもそも、ドイツのサービスに完璧なんてはなから求めてません!
要所要所だけしっかりしておきたい、ただそれだけなのに、
その「要所」すら出来ないなんて・・・・あ~!!もうイライラ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆おいしすぎるピザ屋さん

Category : お料理・たべもの
彼がお昼休みに時々行くと言うピザやさん。
来月両親や、友人が来たときに泊まるホテルのすぐ近く。
ホテルの下見を兼ねて何度かそのピザやさんの前を通りましたが
見事にいつ見ても満席・・・。
ここまで人の途切れないピザやさんも珍しいなと。

メニューは無く、お兄さんと会話して決めます。
ピザは基本希望のものは何でも載せてくれるようです。
それに応じて値段が決まります。ちなみにこのピザ4ユーロ!

奥に写っているのが牛肉をローズマリーと粒胡椒で焼いたもの。
これがまたすごくおいしくて、ほとんどのテーブルが頼んでました。

スペシャルメニューがあるようで、この牛肉はじめ、
生ハムとかモツァレラとかとにかく全ておいしそうでした。
この牛肉のお料理がいくらなのかはわかりませんが、
なんせピザが4ユーロで、この2品に付け合せの野菜(←これまたおいしい)
赤ワインと白ワインを1杯ずつオーダーして30ユーロしませんでした。

日ごろあんまりピザを食べませんが、
今まで食べたピザの中で一番おいしかったです!
お店の名前もわからないのですが、フランクフルト中央駅北側すぐです。
夏に家族や友人が来たら、絶対行きたいなと思ってます。

もちろんイタリア人がやってます。
メニューが無いので初心者にはちょっと不安かもしれませんが、
とっても親切なお兄さんたちなので問題なしです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆アイマーおばあさんのSOS

Category : 日々の暮らし
今住んでいるアパートには、8世帯が住んでおり
ほぼみんな家族連れか夫婦か、なのですが
唯一、1階下におばあちゃんが1人で住んでいます。
アイマーさんといって、80歳ぐらいのおばあちゃん。

この家に引っ越してきたとき、ドイツはあまり近所へ挨拶回りはしないようですが
私は外国人だし、きっとご近所さんも突然外国人が住み始めてびっくりするだろうし
わかってくれていたほうが私も気が楽なので1件ずつ挨拶に行きました。
どこの家庭も握手して自己紹介して終わりですが、
アイマーおばあちゃんは、家に招待してくれて
ゼクトをあけて乾杯してくれました。

まあ、要は話し相手がほしかっただけのようですが
亡くなったおじいさんの話(相当男前だったそうな)、
飼っていた犬の話、看護婦さんだった若い頃の話、そしてご近所さんの噂話(笑)
この建物が出来たときからの住人であるアイマーおばあちゃんは
隣近所のこともよく知っています。
決して悪い話ではなく、要はみんな親切だということ。

日ごろそこまで付き合いはありませんが、
最近犬を飼い始めたアイマーおばあちゃんは1日に5回ぐらい散歩に出るので、
会社帰りなどに階段で会うことが多く、
そのたびにちょっとお話をしますが、なんせおばあちゃんのドイツ語がわからず、
半分ぐらいは笑ってすごしてます・・・。

1年ぐらい前だったか、1階に住むカップルが結婚したとのことで、
私に「あなたはまだ結婚しないの?私が彼に言ってあげようか?」と
話してくれたこともありました(笑)

地震のときは家族は大丈夫だったかと心配してくれたり、
宅配便を預かってくれたり、時々交流があります。

隣の家に住むお父さんがよくおばあちゃんの家で
ちょっとした家の修理などを手伝ってるのを見たことがあるので、
他の家の人もおばあちゃんを気にかけてる感じです。

そんなつい先日。
近所の道で会ったアイマーおばあちゃんが、「ラジオが聞けなくなって困ってる」と
彼に助けを求めてきました。いつもお願いしてるお父さんがいないの・・・と。

その足でおばあちゃんの家に行った彼、
どうやら掃除のときにコンセントが抜けてしまって、
チャンネル登録していたラジオ局が全部消えてしまったとのこと。
そしてその抜けたコンセントも、棚の後ろにあるので
おばあちゃん1人では直せなかったようです。
30分ほどで帰ってきたのですが、御礼にとタパスのセットをもらってきました。

そしてその翌日、ワインが家の前に置いてありました。

基本、近所づきあいはありませんが、
このアイマーおばあちゃんと、おばあちゃんを良く手伝ってるお父さん家族に
小さい子供が2人いて、その子達は会うと話しかけてくるので
これまたよくわからない子供のドイツ語に困ってしまいます・・・。

幸いなことに、良い住民の方々に囲まれてます。
前に1人暮らしをしてたときは隣の人と騒音問題で大変なことになったので・・・。
この騒音問題はまた気が向いたら書きますね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆キャベツ三昧

Category : お料理・たべもの
日曜の夜にサッカーだったこともあって、
今週は週の初めから疲れ気味、寝不足が続いています。

仕事の後はフィットネスの毎日なので帰宅は遅く、
帰ってからご飯を作る気にならず、つまり翌日のお弁当の具材もなく、
冷蔵庫も空っぽになっていますが、
帰りの電車を待つまでの間スーパーに寄っても食べたいものが無い・・・・。
ランチもそう、この間も書いたとおり食べたいものが無い。
でもお腹は空いてて・・・・。

で、先日お昼どうしようかな・・・と考えて思いついたのがさくらんぼ!
今、旬だしおいしいし!と会社の近くの果物屋さんに行って購入。
ランチはさくらんぼでした。

が・・・・知らなかったのですがさくらんぼは整腸作用があるらしく、
食べて1時間後ぐらいにお腹こわして1日辛かったです・・・。
食べるのはほどほどにしないといけなかったようです。

お腹は壊すし、食べたいもの無いしで困り果てて
おとといの夜から昨日のランチ、夜ご飯に食べたもの、それはキャベツの千切り(笑)
ダイエットというわけではなく、食べたいものがここに行き着いた感じです。
昨日のランチ↓↓

千切りにお醤油とごま油をちょっとかけて、ゴマかけて食べる。
この状態で持っていってもランチの頃には嵩が減って半分ぐらいになってます。

2日連続キャベツ食べました(笑)
今日はちょっと早く帰ってきたので、キャベツを使ってお好み焼き。
ひさびさに暖かいものを食べた気がします。

まるで夏バテのようですが、日本の皆様には申し訳ないほど
毎日肌寒い日が続いています。日中でも20度ほど。
洋服やさんに並び始めた秋物が今すぐにでも欲しいほどの毎日です。
今年の夏「暑い!」って言ったのはせいぜい3日程。
夏が涼しいのはすごしやすくていいけれど、
なんか四季が無い感じで物足りない気もします。

そんな毎日を送っていたため
なでしこ優勝の翌日、新聞の1面がなでしこだったらしく
全紙買い占めた!と知り合いから聞いたりもしましたが、そんな気力も無くて・・・
というか会社⇒ジム⇒家というルーティーンで
新聞を買うという概念が無く、すっかり忘れていたのですが、
優勝から2日たった新聞に大きく載ってました。

1面全てなでしこ関連です。
新聞をすらすら読むほどのドイツ語力はありませんが、
辞書片手にでも読もうかなという気になるほど、
なでしこたちの頑張りは私の新聞を読む意欲さえも掻き立ててくれます。
週末にでもゆっくり読んでみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆私も頑張ろう!

Category : 日々の暮らし
もう誰もが知ってるのでいまさら、ですが
なでしこJAPAN、優勝です!

W杯の初戦こそ時間が仕事中で見れなかったものの、
その後2試合目から昨日の決勝まで全試合しっかりと応援しました!
運よく期間中は2度も日本戦をスタジアムに見に行くことが出来て、
昨日の決勝は街にあるパブリックビューイングへ行きました。


朝から雨の降る寒い日で、空もグレー。

大きなスクリーンが3つあるパブリックビューイング。
途中雨も降ってきてとっても寒かったです。

6割はアメリカ人、あとの3割はただ見に来てて
残りの1割が日本人、という感じでした。
もう少し日本人がいるかな、と思っていたのですが
決勝自体がこの街のスタジアムなので
日本人の人はみんなスタジアムに行ったみたいです。
あとは時間も遅いし天気も悪いし、普通にテレビで見てたのかな。
(チケット結構高かったみたいですけどね・・・)

感動しましたね。
もう負けちゃう、もう駄目かもって思っても
底力で追いつく日本に、見てる誰もがびっくりしたと思います。

サッカーの神様がいるならば、
日本に味方してくれるはず!と根拠の無い自信みたいなのもあって
だけど、メキシコ戦や、スウェーデン戦で感じたあの余裕感は全く無くて、
ドイツ戦を見てたときのようなキューっと心臓が締め付けられる数時間。
心の底から、好きなだけ声だして大喜びするなんてとっても久しぶりでした。

靴のサイズが34(22センチ?)の選手がいる!とか
身長差20センチとか、アメリカは世界一とか、
色々言われても、それはあくまでも情報なだけで
どんなに強い相手と言われていても、やってみないとわからないし、
頑張れば、あきらめなければ勝つことが出来る。
なんだか、私も明日から頑張って生きよう!と思いました。

今日色んな日本人と話しましたが、ホントみんなそう言ってました。
特に海外にいて、日本の話題といえばここ数ヶ月震災のことばかりだったので
この喜びもひとしおです。

前日に3位決定戦を見て、スウェーデンの選手がメダルをもらって大騒ぎするのを見て
日本が優勝したらすごいな~、正直決勝に負けて準優勝になるぐらいなら、
最後は3位決定戦で「勝って」喜んで終わりたいよな・・とかそんなことを考えていました。

ようやく日本でもかなり取り上げられているようですね。
決勝で勝ったことももちろんすごいけれど、
開催国のドイツに勝って、スウェーデンに勝って、
ここまで来た形跡もホント感動的な試合ばかりだったので、
ホントすごいな~と思います。お疲れ様でした!

ずっと暗いニュースで、
ことさら原発の話題が取り上げられたここドイツが開催国で
ドイツとも対戦した分、ニュースで取り上げられた機会も多くて、
こんな明るいニュースをドイツで聞けたことは本当に嬉しいです。

ワールドカップ期間中、マイン川沿いに出来たパブリックビューイングも
昨日で終了でした。帰りに遠くからパブリックビューイングを見た風景。


スタジアムに行った2戦目のメキシコ戦は近くで観戦することができて
そのときに素敵だな~と思った背番号2番の近賀選手。
宝塚系のかっこよさというのか、女性ながらカッコいいな~と、
優勝のシーンもずっと近賀選手を見てました(笑)
クールビューティーってやつですかね。

アメリカのSolo選手も美人で有名でしたが、
私には近賀選手のほうが素敵だったな・・・。
あとウォンバック選手ですっけ?背の大きなスター選手。
あの選手も、見かけは怖いけど(笑)、時々見せる笑顔が素敵でした。

ドイツのテレビでは昨日のドイツ戦に、ドイツ代表のNeid監督や、
代表選手達が見に来ていた姿が何度も映っていました。
Neid監督もやっぱりカッコイイ。
あんな風に年齢を重ねられたら素敵だなと思いました。

同じ女性として、男性チームを応援するのとは
またちょっと違う視点からも色々見た女子サッカーでした。

来年は・・・ヨーロッパ選手権!これは男子ですね。
またまた街にパブリックビューイングが出来るほどに盛り上がることと思います。

ドイツに来てたった4年間で日本にいた25年近くを上回ったものBest3は

①ワインを飲んだ量
②ビールを飲んだ量
③チーズを食べた量

ですが、それに加えて「サッカーを見た時間」も軽く上回ってます(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ペーパーアイテム作成ピーク

Category : ドイツで結婚【準備編】
結婚式に必要なペーパーアイテムの作成が
だんだん本格的になってきました。

肝心の内容(メニューとか教会の式次第とか)はまだ
最終決定ではないのですが、
それを待っていたらいつまでたっても出来ないので、
出来るところから進めています。

最初から「こうしよう」と想像はしていても
実際形にするとなんだか不自然でアレンジすると、
もともと準備していた材料では足りなくなって、
また買いに行く羽目になるのですが、
例のリボンの件があって以来、お店で何かを買うときは
十分な在庫があるのを確認したり、
別のお店に売っているのをチェックした上で購入しています。
さもないとまた例のごとくお店に振り回されるので。

えっ?あの例のリボンはどうなったかって??
やる気のないAmazonで買ったリボンが大正解だったので
準備は順調に進んでいますが、
もともとオーダーしていた例のお店からは未だ連絡なしです!
連絡忘れてるだけで入荷されてるんじゃないの~?なんて思って
昨日も行きましたが入荷されていませんでした(笑)
やってられませんね、偶然Amazonで見つけなければ大変なことになってました。

あの件依頼、あのお店での買い物は極力やめてます。
影響がない買い物だとしても、なんかお店に行くだけでイライラするので。
最近はもっぱらフランクフルトにあるこのお店で買ってます。
小さいお店ですが、お店のおばさんたちがプロフェッショナルな感じで
お店に入ると「お手伝いしましょうか?」って速攻声を掛けられる
アットホームなお店ですが、誰に何を聞いても知ってます。
「わからない」なんぞ、ひと言も言われたことがありません。

この間は別のリボンを買おうとしてレジで希望の長さに切ってもらえるスタイルの
リボンを持っていったら、ほぼ同じ質感で、ロール売りされいて
長さは長いし合計金額も安いものがありました。
それを「こだわりがないならば、こっちのほうがお得ですよ」って勧めてくれました。
そんなの売ってるのも見てなかったし、
お店にすればほっておけば、高いほうを買うのにご丁寧に教えてくれました。
このお店1859年創業ですって!歴史ありますね~。
店員さんも全体的に年齢が高くておば様ばかりですが
その歴史がおば様たちのプロフェッショナルさを表してる感じです。

最近出来た例のお店は品揃えもすごいし、何でも売ってるけど、
店員さんは私があたった5名ほどは・・・みんな頼りにならないので、
品揃えも悪くて、もしかしたらちょっと高いかもしれないけれど、
信頼できる店員さんのいるお店のほうが結局自分のためにもなるな、と。

日ごろちょっと買うような場合は問題ないのかもしれませんが、
今回のように量をまとめて買ったり、買い足したりするときは
しっかりしたお店のほうがいいのかもしれません。

まっ、日本ではこんなこと無いので問題なしだと思いますけどね~!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆私の貴重な土曜日を・・・

Category : 日々の暮らし
1ヶ月クーポンをゲットし、通っているフィットネスジム。
出張や飲み会、そしてサッカー観戦などで
ここ1週間まったく行けず、今日久々に行ってきました。
でも土曜日だしやることも一杯あるので、
早起きして朝から電車に乗って行きました。
会社からは近いジムですが、家からだと1時間弱かかります。
遅くても13時頃には家に戻る計算で出かけました。

順調に汗を流し、30分に1本しかない帰りの電車に乗り、
3駅ほど進んだ後、電車が止まりました。
どうやらその先で何かがあったようで(←聞き取れず)
ちょっと停車しますとのこと、その停車は10分程。

その後のろのろと進んで次の駅に着きました。
「すぐに発車できないため、タバコや休憩などで
外に出る方はどうぞ出てください」みたいなアナウンス。
出る用も無いので本を読みながら待ちましたが、
一向に出る気配無く、3本ほどの電車がその駅で足止めをくらって
お客さんたちも待ちくたびれていました。

1時間経過。
まーったくアナウンスもなく、いつ出るのか何がおきているのかもわからず
駅員さんがいないので聞く人もいないし、
別に誰も聞こうとはしないんですよね、イライラしながらもおとなしく座ってる。

1時間半が過ぎ、家に連絡して迎えに来てもらうことにしました。
家から駅までは20分ほど。
こんなことならすぐに連絡して迎えにきてもらえばよかったのですが
入れ違いになるかもしれないし、もう終わるだろう、もう出るだろう、と
思っていたので、連絡するタイミングを逃し、
結局、迎えに来てもらったのが、電車が止まってから2時間後。

ホームの表示は、

ご丁寧に110分遅れと表示・・・・。

そういうバカ丁寧なことしなくていいので、一言いつ出るか言ってよね!
土曜日のお昼間の貴重な2時間を潰しました・・・。

遅れることはしょっちゅうありますが、久々に長時間の遅延です。
まあ、空いてる電車だし、気楽に待てるのでいいのですし、
家に帰るだけだったし、急いでなかったけど、それでも悔しい2時間!

電車が止まるのは仕方ない。
でもひと言1時間ぐらい出れないと思うとか言ってくれれば
その場ですぐに家に電話して迎えに来てもらったのに!もお!!

ドイツ人は律儀だとか真面目だとか、日本人に似ているとか
そういうことをよく言われますが、
いやいや、日本の方が数倍きっちり、しっかりしています。
日本には無い「適当さ」も私は好きですが、
ある程度はちゃんとやってよ・・・・と思うことのほうが多いです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆お祝いパーティ

Category : ドイツで結婚【準備編】
昨日は友達が大勢集まって結婚のお祝いパーティをしてくれました。
日本人の仲間なので、彼は連れて行っていません。
言葉の問題もあるし、気兼ねなく日本人だけでワイワイしたいので(笑)
ほぼ同世代のメンバー。
みんなからお祝いに和食器を頂きました。


海外ならではの、焼き物オールスターズ!
有田焼、波佐見焼、平戸焼、鍋島焼、伊万里焼、唐津焼の6種類セット。
お料理に使うより、お部屋に飾っていたいかな。

レストランの方にはお花を飾っていただき、そのまま持って帰りました。

同世代のメンバーですが多くが駐在員やその奥様。
5年、6年たてばみんな日本に帰ってしまうので、
同じメンバーでいることのできる時間はとっても貴重。

残ったお料理を彼にどうぞ、と包んでいただき、

家で嬉しそうに食べていました。

ドイツでは基本、結婚前にはお祝いをしません。
誕生日も同じで、前にお祝いすると縁起が悪いとか。
なので、お祝いやお花を持って帰ったら驚いていましたが
すてきなお友達だね、と言ってプレゼントもとっても喜んでいました。

結婚してもこういう友達との付き合いは続けたいな~と思います。
4年前ドイツに来たときは、同世代の駐在員なんてあんまりいなかったのに、
最近どんどん若い人がやってきています。
今度はこのメンバーの女子だけで集まって女子会をするとのことなので、
とっても楽しみです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆キッチンの必需品

Category : Kitchen
お料理ににんにくを使うことが多く、
みじん切りにしたり、すりおろしたりしていましたが、
数年前にローマに住む友人を訪ねた際に彼女が使っていた
にんにくつぶす道具(←ちゃんとした名前があるのかは不明・・・)が
あまりにも便利そうだったので、その後ドイツで購入。
今はそれなしではお料理が成立しないぐらい、大活躍のキッチン道具。

にんにくを中に入れて

ぎゅーっと潰すと、たくさんの穴からにんにくが出てきます。
ちなみにこれは↓マヨネーズと混ぜてガーリックマヨネーズを作っているところです。

これのすごいところは、にんにくの皮って最後の薄い皮をとるのが大変で
ひっついて取れないときとかあるのですが、
そのまま潰せば不要な皮は中に残るという仕組みになっています。
しいていうなら洗うのが面倒ですが、自分でみじん切りする手間に比べれば
洗うのなんてたいしたことありません。

ドイツならどこでも売ってますし、有名メーカーは高いけれど
ノーブランドなら安いのでにんにくみじん切りが面倒だな~って思っている方は
これを使うといいかもしれませんよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ドイツの好きなところ

Category : 日々の暮らし
今日会社のお昼休みに郵便局に行きました。
日本に送る封書を持って、カウンターに行って
「ヤーパンへ!」って差し出したら、カウンターのおじさん
「ヤーパン!?、君日本人なの~?昨日のサッカーみた?」という話になり、
運よくスタジアムに行って見た!という話をしたら、
横に並んでたおじさんが食いついてきて、
「いくらでチケット手に入れたの?僕の友人たちみんな
誰か買ってくれないか探しまくってたよ~」とのこと。

日本チームがんばったよね~!ってこととか、
次も応援に行くの?とか色々と・・・・。

で、ドイツの郵便局、ドイチェポストは今回の大会で
ドイツ国内のオフィシャルスポンサーになっていることもあり、
その試合ごとの記念スタンプがあるんだそうで、
日本に送るなら、このスタンプ押してびっくりさせようか!!
と、日本対スウェーデンと印字された
サッカースタジアムをあしらったスタンプを封筒に押してくれました。
決勝用には日本対USAで新しいスタンプが出来るんだそうです。

そんな記念スタンプの押された封筒には
父と母の航空券が入っています。ってことで、近々届くよ~、お母さん!

昨日は遅くまで騒いだの??という質問などもあり、
後ろに並んでたお姉さんも笑ってました。

もちろん郵便局のおじさん、手は止まってました(笑)
お金渡して5セントのおつりが来る予定でしたが、
おじさん、渡したか渡してないかわからなくなってしまって、
私ももらったかどうかわからなくなってしまって、
「別にいいよ~」と言って出てきました(笑)5セントだし。

手が止まってるので、思いっきり雑談なのですが、
なんかこういう誰とでも普通に会話する、
こういうラフな雰囲気、私は好きです。
日本だとなかなかそういう雰囲気にはなりませんよね。
おつりの5円渡し忘れた!なんてことになれば
後でレジのお姉さん計算合わなくて怒られちゃうかもですね。

なんか、こういうやり取りと見てると
生活に余裕があるというか、なんというか
国民性なのかなんなのか、あんまり型にはまりすぎない所がいいな~と
私が時々(←時々かよ・・って!?)思う、ドイツの好きなところです。

決勝のスタンプ出来たら記念に押してもらいに行こうかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆W杯スタジアム観戦

Category : 日々の暮らし
今日のワールドカップ、日本対スウェーデン戦、
色んなところからチケットあるよ~と話はありましたが、
なんと!!とあるスポンサーから無料でいただけるとの話があり、
それならば、とスタジアムに行ってきました!

電車で行くと遠いスタジアム、車だとすぐなのですが渋滞でした。
駐車場はタダ!歩いて10分ほどのところにある森の中です。
そのため、スタジアムまでは山歩きのように黙々と森の中を歩きます。

スタジアムの前では協賛企業がイベントを開催してましたが

今日はあいにく朝からずっと雨だったので人出もまばら・・・。

先日行ったレバークーゼンのスタジアムに比べれば倍以上の大きさなので
その分観客も多くて、ほぼ満席でした。

意外にも多かったのが、ドイツのユニフォーム着たり、グッズを身に着けている人。

きっと、本当ならドイツ戦だと思って張り切ってたんでしょうね・・・。



そんな今日の試合は、最初に1点とられたもののなんだか安心して見てられて、
前回のドイツ戦なんて心臓が飛び出るかと思うほどドキドキでしたが、
ほっとんど日本がボール持ってたし、最後のほうはなんだかスウェーデンも
やる気が無いのかスタミナが無いのかゆっくりでしたね。

やっぱりドイツ人は今回も「でかいスウェーデンにはかなわないだろ」と
大きさを主張していましたが、大きさなんて関係ありません!
スタジアムでプレーする日本人選手、かっこよかったです!

試合終了後は日本人サポーターだけでなく多くの観客から拍手がわいていました。


試合は20時45分から。スタート時点ではまだ明るかったけれど
試合終了後はさすがに真っ暗。暗闇に浮かぶスタジアムが綺麗でした。

気温が低く少し寒かったです。半そでではさすがに無理!
長袖のジャケットや薄手のコートが必須でした。夏っぽくないです。

さあ!決勝は日曜日!アメリカとの対戦ですね!
パブリックビューイングに行こうかな~と思ってます。
ちなみに、基本的にパブリックビューイングは全て無料です。
せっかくだし日の丸手に入れようかな~。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆とうとうあと1ヶ月!

Category : ドイツで結婚【準備編】
結婚式までとうとうあと1ヶ月になりました!
まだまだやることは一杯です。

特にこれから考えないといけないのは、
日本から来る家族や友達のスケジュール。
せっかくなのでどこかに連れて行ってあげたいし、
両親などは1日ぶらぶらしておいで~というわけにも行かないし、
とはいえ、私達も色々準備があるので時間も必要で、
結局のところ、私と彼が別行動出来ないというのが一番の原因です。

たとえば、私に用があれば、その間父と母をどこかに連れて行ってもらうとか、
そういうことが言葉の問題があって出来ません。
彼の友人も、空港のピックアップとか何でもやるから!と言ってくれていますが、
結局人手はあっても言葉の問題で私が出て行かざるを得ません。
そんな話を彼にしたら、身振り手振り、足を振ってでも説明するから
なんとかなるよ~と言いますが、なんとかならないと思います(笑)

そして、彼の両親。
やれ、ここに行こう、あそこに行こうとその計画ばかり。
全て従ってたら肝心の結婚式までにクタクタになります。
「私の両親は私の結婚式のために来てるの!
時差もあるし長旅だからそんな毎日つれまわしたくない!」とは言いますが
どこに行きたいか聞いてくれ、コレに興味があるか聞いてくれ、とのこと。

正直、日本の両親や友人に「何がしたい?」って聞いても
答えるのが難しいし、逆に何が出来るの?って感じです。
「やることなんて山ほどある!見るところなんて限りなくある!」そうですが、
城だの歴史だのと言われても、そんな有名なものではありません。

いっそのこと、ベルリンの壁が見たいとか
ノインシュバンシュタイン城が見たいとか
明らかにありえない距離の希望が出してもらって、
結局日本人はそこまでどこに何があるかと言うのを知らないということを
彼や彼のパパママに知ってもらいたいぐらいです。

私にしてみれば、家のケラーを見学したり、
スーパーのPfandシステムを実際にやってみたり、
家の前に普通にいる「うさぎ」を見たり、
日本みたいにおいしそうなものが並んで無いパン屋でパンを買ってみたり、
すごい数のチーズやハムの並ぶお店で注文したり、
「どっちがお客さん?」ってほど超愛想の悪い店員のお店で買い物したり、
やたらと大きいケーキを食べてみたり、
ALDIのレジの早い暗算に驚いてみたり、
「どこの国!?」ってぐらい外国人の多いエリアに行ってみたり、
荒れ狂うZARAやH&Mの店内に入ってみたり、
ドイツにある日本食材店に行ってみたり・・・

ドイツ人にとって特別じゃないことのほうが
日本人には楽しいし、興味がある気がします。
実際に生活してみないとわからないこととか、
観光では見ることの出来ないこととか、そういうのを見せたいなと。
何なら彼の両親含め知人友人の家を1件ずつ回って
家の中を見学させてもらうとか、そういうのがいいです。

だけどそれが通じないんですよね・・・・
そんなの見せてどうするの?みたいな呆れ顔をされます。
そりゃもちろんきれいな景色や建物も見せたいけれど、
1箇所2箇所行けばそれで十分だし、興味が無ければ、
そんな色々出歩くのも疲れるだけ・・・。
ましてや歴史の説明とかされたって、正直興味なし。
で、通訳するのは私だし興味がないからやる気も出ず・・・・。

そういう感覚、超ドイツLOVEのドイツ人にはわからないのでしょうか・・・。
今は友人と私だけの時間、家族との時間を死守するために
スケジューリングの実権を私が握っています(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆明日はサッカー!

Category : 日々の暮らし
ドイツが日本に負けてしまったので、
勝つことを前提に次の試合のチケットを購入していたドイツ人から
チケットを買わないか?という手の話が次々舞い込んできます。
とはいえ高いので、スタジアムには行きませんけどね。
まあ、あとは価値観ですね。
ワールドカップという国際大会なので高くて当然ということもあるかもしれませんが、
私は幸いにもメキシコ戦をスタジアムで観戦したので、
明日は、近くのPVにでも行こうかなと思っています。

私がサッカーの試合に行ったり、テレビで見たりしたことを聞いて
母が来年のロンドンオリンピックを観にいきたい!と言ってます。
国際試合で自国を応援するということ、自分が日本人であると言うことの
国民意識をどう感じるかということに興味があるとのこと。

前にも書いたかもしれませんが、サッカーのブンデスリーガで活躍する
日本人選手も増えてきて、コートの中でたった一人戦う日本人を
ビール腹のドイツ人のおじちゃんたちが必死に応援する姿もとても感動的ですが、
国と国との戦いというのはまた違ったものがあります。
心臓がキューってなるほどドキドキしたり、
ロスタイムの3分が1時間にも感じたり(前回のドイツ戦の最後10分とか長かった・・・)
本当に真剣に応援するときは、声なんて出なくてじーっと見てるしかなかったり、
そんなことは、自国の応援でこそだな~と思います。
日独夫婦のお子さんなどは、ドイツ対日本はとっても複雑な心境のようです。

昨日はカメラマンとの打ち合わせ、今日は出張、
そして明日はサッカー、となかなかフィットネスに行けてません。
契約期間もあと1週間なので、焦ります・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆プチ嫁と姑

Category : ドイツで結婚【準備編】
週末、結局土曜も日曜も彼のパパとママに会いました。
やること一杯あるのに!!
「わざわざご飯作らなくても、うちに来たらいいのに~」って言われましたが、
「私はYESとはひと言も言って無い!」とはさすがに言えず・・・・。

ご飯の場で、結婚式について、
これはどうなってる、あれはどうなってると色々質問されたのですが、
5つぐらいあった質問の全てが見事に、私が彼に「やるように」って依頼してたこと。
何度言ってもやらないし、ゆっくりしてるし、もう軽く10回ぐらい言いました。
それをどんぴしゃで指摘されて、まるで私達が準備を忘れてるかのように
思われるのも腹立たしいので、全部言いました。

私はちゃんと把握して、彼にお願いしてること、
でも彼は時間が無いとか色々理由をつけてやらないくせに、
友達とカフェに行く時間はある(←日曜の昼間に友達に会ってました)
などなど、私のイライラは最高潮でしたので、
パパとママの前ではっきりと言いました。

ママも一応「パパに似てるところがあるわね~」とは言って私の肩を持ってましたが
彼に対して「しっかりやりなさい」ってひと言ぐらい言ってくれるかと思いきや、
「ママが手伝ってあげるから何でもいいなさい」って。
そう来るか・・・って感じです。

まっ、良くある話ですね、嫁と姑ですかね。
悪い人ではないのですが、とにかくちょっとToo Much...
パパとママが帰った後は、もちろん喧嘩です(笑)

一応、それ以来「何かやることある?」って聞いてくるようになりましたが。
ということで、結婚式まであと1ヶ月。
ようやくカメラマンが決まりました、長い道のりでした(笑)

何度もドタキャンされたカメラマン、
日独ハーフのカメラマンは予定が会わず断念・・・
そして最近コンタクトを取った女性カメラマン(上の2人も女性でした)
予定も会い、最初の見積もりはとっても高くてびっくりしたのですが、
時間のこととか色々話すうちに、予算内に収まりました。
時間もフレキシブルに延長も出来るとのことで短めにオーダー。
日本とは違って最後はご飯食べてダラダラとなるので、
最後までいてもらう必要もありません、その辺の時間は当日じゃないと
はっきりとはわからないので、微調整は当日しましょうとのこと。

どんな写真外いいのか、ゲストは自然な雰囲気を取ればいいか、
それとも声を掛けてカメラを見てもらったほうがいいのか、とか
そういうことを確認されました。
全員の集合写真をどこで撮るか、ファミリー写真も撮るか、とか
一応希望は事前に聞いておいて当日私達が忘れないように、
覚えておいてくれるそうです。

教会⇒パーティと距離のある移動がありますが、
それも車でついて来てくれて、いいポイントがあれば下車して写真とって、と
まあ、「当日決めましょう」とのこと。
いくら事前に決めても、結婚式はハプニングがつきものなので、とのこと。
その辺は結構適当です。
とりあえず、ようやくカメラマン決定です、ひと安心。

結婚式は、当日も大切ですが、
こうやって2人で一つずつ取り組んでいく道のりがきっと
これからの結婚生活の糧になるんでしょうね。

あと、1ヶ月しかありません!
まだまだ、まだまだやることはつきません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ペーパーアイテム作成

Category : ドイツで結婚【準備編】
今日は日曜日。
昨日サッカーも勝って、お天気も良くてすがすがしい朝を迎えました。
彼のパパから試合終了後に即電話があり「おめでとう!」と。
先ほどちらっとうちに遊びに来た彼の友達も、
最初の挨拶が、サッカーの話題でした。

そんな今日の夕食は、ええ、、、、パパとママが来ますとも。
結局昨日も会って、今日も会う、みたいな・・・。
夕食ですが、簡単におつまみしか作らないことにします。

昨日、今日の夜用にサラミとかハムとか買ってきたのに、
肝心のパンを買うのを忘れてて、朝気づいたので、
日曜日でも午前中だけやってるパン屋さんがあるので
急いで買いに行きました。ついでに朝ごはんのパンも購入。

お天気も良いので、ベランダで朝食。
ホント優雅ですね、ドイツ人。私はやること一杯あって焦ってるのに・・・。

昨日買ったサラミとハム。

お肉屋のお姉さんが新人さんだったようで「薄く切ってください」というのを
本当に薄く切ってくれて、紙のような薄さ。でも私にはちょうどいいです。
サラミの味の濃いのとか塩辛いのが苦手なので、薄すぎて正解!

ベランダから見える景色はこんな感じで

真ん中に見えている白い教会、そうあの牧師さんの教会です(笑)

キッチンの窓がベランダ側についているので、
1人は中、1人は外で物を運ぶのにちょうどいい窓。

結局かなり時間かけて朝ごはん食べました・・・。

今日は色々とペーパーアイテムを作ろうと思っていたので、
その後はかなり集中して作りました!

でも結局、色々決まっていないことが多いので、
完成させることは出来ませんが、とりあえずかなり進みました!

日本だったら買ってきてそのまま使えそうなシールとか
一杯売ってるのですが、ドイツにはそんな可愛いものは無いので、
イチから手作りです。まあ少ない人数分だから出来ることです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ブーケのテーマは「田舎っぽく」

Category : ドイツで結婚【準備編】
昨日、美容院で髪形も決まったので、
髪につける用にもどんな大きさのお花が必要かわかったので、
ブーケの最終調整も兼ねその足でお花屋さんに行きました。
ブーケと車のお花をお願いしているパワフルおばさんのいるお花屋さん。

ブーケのテーマは「田舎っぽく」です(笑)
スタイリッシュなのもいいな~と思うのですが、
田舎の教会で、パーティー会場もワイン畑なので、
ブーケは、たった今お花畑から摘んできました!みたいな感じで、と伝えました。
私のいわんとしていることをくみ取ってくれたおばさんは、
「任せなさい!」と張り切っていました。
まあ、どうなるかわかりませんがおばさんを信じます。
お花の茎の部分、つまりブーケの持ち手の部分に
リボンをくるくるまかない、茎がそのまま出てる感じのもの。
クラッチブーケと呼ぶそうです。持ち手がこういうイメージ↓↓

田舎っぽくなので、緑の草?とかマーガレットとか入るようです。
まあ、楽しみにしておきます。
ブーケの相場がわかりませんが、5千円しません。
新郎のブートニアは400円ほど。かなり正直プライスですね。THE田舎!

ドイツはお花が安いといわれていますが
日本のブーケは数万単位と聞いていたのでびっくりです。
車のお花がちょっと高いんですけどね・・・・。
ちなみにStandesamtの日もブーケを持つため、2個オーダー。
Standesamtの日は、うってかわってシックにエレガントにしよう!と
おばさんと盛り上がりました(笑)

その後、別のお花屋さんのショッパーおばさんと教会のお花の打ち合わせ。
別にチェックまではしなくてもよかったのですが、
彼のママがちゃんと打ち合わせしたほうがいいと言うので、お願いして
2個だけ見本を作ってくれました。
この教会、椅子の横面にお花の絵が描かれているので、
その絵を邪魔しないように、シンプルにするほうがいいとのおばさんの案。

そして、ブーケが何のお花であろうが、緑の葉っぱなので喧嘩しないとのことで、
リボンをドレスの色に合わせてちょっとクリーム色に。
上のところにカスミソウをちょっとつけるそうです。あとは祭壇のお花を相談。

教会のことを熟知しているので、
テーブルを借りるにはどこに入っているか、とか、椅子はどこにあるか、とか
ショッパーおばさんが全部知っています。
牧師さんは数年おきに変わるけれどショッパーおばさんは数十年来、
この教会のお花をやっているので、よく知ってます。
そして、またまた田舎だけに良心的なプライスです。

ということで、お花の手配は終了です。
一応、式の数日前にもう一度確認の電話を入れる予定です。
忘れられてたらいけないので(笑)

少しずつ片付いてきました。
その分、別の準備が増えてますが、お花はこれでひと安心!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ヘアメイクのリハーサル

Category : ドイツで結婚【準備編】
今日は忙しい1日でした。
ずいぶん先のことだと思っていた美容院のヘアメイクリハーサル。
お花屋さんとブーケの最終調整、そして教会のお花の相談などなど
盛りだくさんの1日でした。

一番ネタが多いのはヘアメイク(笑)
美容院は2月に参加したHochzeitmesse(ブライダルフェアー)で
唯一出展していた家からすぐの美容院。
Hochzeitmesseで舞台の上にいたお兄さんが担当してくれました。

一方的だけど知ってる人だったので、安心したのと、
田舎のブライダルショーだけど一応舞台の上にいたお兄さん、
私の中では、なんだか有名人にやってもらったみたいで嬉しかったです。

ドイツ語がそこまで出来ないので、
できるだけわかりやすい言葉で話してください!って最初にお願いし、
とても親切にゆっくりと話してくれて、希望も色々と聞いてくれました。
ドレスの写真にヴェール、イメージの雑誌の切りぬき、とか
とりあえず持ってるもの全て持ってくるように言われたので持って行きました。

お兄さん、私のアジア髪&くせ毛にかなり悪戦苦闘されてました。
「アジア人はくせ毛が少ないってイメージなんだけど、めずらしいね」とのこと。
4月に日本でやってもらった試作ヘアーの写真も持っていったのですが
お兄さんなりにイメージもあるし、技術もあると思うので、
一応イメージとして、写真を見せましたが見事に違う形に完成・・・。

ニュアンスって伝えにくい・・・。
色々と手直ししてもらって、試作ヘアとは全く違うけれど、
まあ一応納得のいく感じになったので、決定。
お兄さんがメモと何枚か写真を撮って終了。

ちょうど美容室に行ったときに、今日結婚式の花嫁さんが来てました。
ブロンドの髪で、すごーくきれいな方でした。
ドイツ人は結婚式のとき、フワっとした髪型よりも
きっちりとした髪型のほうが多い気がします。
今日の花嫁さんもかなりきちっとした髪型でした。

美容業界は日本のほうが進んでいると日本の美容師さんも言ってましたが
ホントその通りだなって思いました。
髪にカールをつけるカーラーもアイロンもが無いのです・・・。
髪を少しずつ取って、ロールブラシとドライヤーで巻いていきます。
ロールブラシは髪に巻かれた状態で型をつけるためピンで留めるため、
最終的に12本のロールブラシが私の頭に刺さってました・・・。

こんなのが12本も頭につけられて、すごいことになりました↑↑

シャンプーもしてもらったのですが、髪をなでる感じで、
え?これがシャンプー?という状態。
「リンスはしますか?」という質問がありました。
してもらったら嫌な人とかいるのでしょうか・・・。

「お湯加減いかがですか?」という質問がありましたが、
ドイツ人のお客さんはやたらと「熱い、冷たい」と希望を言ってました。
少しぐらいだったら私は我慢しますけどね。

まあ、色々ありましたが髪の毛はとりあえず終了。
私の髪をやっている間、お客さんがちらほら来るのですが、
そのたびに「ハロー○○さん!」と名前を呼ぶので、
きっと皆さんお得意さんなんだと思いますが、
不思議なことにお客さんは途切れませんでしたが
一人も髪を切っている人がいませんでした。
カラーとか、セットとかばかり。たまたまかもしれませんが。

私にとってははじめてのドイツの美容室。
日本と似ているようで違う空間。興味深かったです。

そして次はメイク!メイクは若いお姉さんがやってくれます。
ブーケの色とかドレスの写真を見せて、
お姉さんなりにまずはオススメのメイクをします!とのこと。

びっくりしたのが、鏡の前に座るのではなく、
シャンプー台に座らされ、まさしくシャンプーをしてもらう態勢で
顔にメイクをしてくれます。そのため、私は全く見れません。
どんなメイクにされるのか、結構メイクは苦労してる話を
いろんな人から聞いていたので、かなり心配で・・・。
終わるまで鏡が見れず、一通り終わってから、歩いて鏡の前に行きます。

う・・・・ん、これまたちょっと違う。
ブーケがピンクっぽいから、ピンクのアイシャドーをつけてくれたのですが、
なんというかその色が、腫れぼったい目になっていて不自然。
「腫れぼったい」ってドイツ語でなんていうのかわからず、
「蚊に刺されたみたい」と表現する私(笑)

いろんな色を試してくれて、メイクもとりあえずは納得いくものに。
まあ、日本だったら100%の信頼がありますが、
「とりあえず納得」という状態で、満足はしていませんが、
プロの方なので信用するしかないですね。

ちなみに、ヘアメイクで49ユーロ。5千円ちょっとという感じです。
お値段は良心的ですよね。

当日は髪の毛に2時間かかるとのことで、朝8時の予約になりました。
思っていた以上に早い時間でびっくりです。
髪の毛にお花をつけようと思ったのですが、
8時だとお花やさんがあいていないので、
前日にお花屋さんにお花を取りに行く必要が出てきました。
全て別々に手配なので、こういうこまごまとしたことが色々発生します。

そういえば、メイクで何よりびっくりしたのは
ビューラーがありませんでした・・・。
ヨーロッパ人って使わないとは聞いていましたが、本当に無いんです。
当日は忘れずに自分でやっていかないといけません。

初めてのことだらけでしたが、楽しいリハーサルでした。
ヘアメイクのリハーサルといえば、楽しみな日なのかもしれませんが
行くまでは不安でドキドキでした。言葉の問題もあるし、そもそも
アジア人のヘアメイク自体慣れていないお店だと困るな・・・とか。
でも、とりあえず一安心です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆バカにするなー!

Category : 日々の暮らし
この数日、テレビでもラジオでもサッカー、サッカー。
次の試合は日本が相手、テクニックはあるけど・・・みたいな
完全に見下した感じで報道されてたので、
3対0とか、ドイツ人が調子に乗るような結果だけは避けて欲しかった。
少しでも点数の入らない時間が長く続いて欲しかった。
それが、延長になるとは・・・そしてそれが勝っちゃうとは、本当にうれしい!
ブラジルでも、アメリカでもなく、ドイツに勝ったことが嬉しい!
バカにすんなよ!って感じです。

「誰がこんなことを考えただろうか・・・」
「ありえない驚き」
「負けるなんて考えてる人は一人もいなかったはず」

などなど、報道されてます。

今日の日本チームはアグレッシブでした。ファウルも多かった。
ドイツ人に負けてなかった!
ドイツの選手たちがイラついてるのが伝わってきました。

おめでとう、なでしこジャパン!

日本は盛り上がってるのかしら・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆手のかかるシャワーカーテン

Category : Bathroom
日本では使わないけどドイツでは必需品である「シャワーカーテン」。
カルキの水がいけないのか、すぐに汚れます。

バスルームの壁は白いし、白だと明るいので白いカーテンにしてますが、
汚れが目立って仕方なく、IKEAで安く売ってるので買い換えればいいのですが
交換するのが面倒でこんなになるまでほったらかしてました・・・。

何が面倒かと言うと、お風呂場の天井が斜めなんです。

この斜めのところにお風呂があるので、シャワーカーテンがそのまま使えません。
そしてその分、天井も低いので市販品だと丈が長い。
今のカーテンは2代目で毎回切って、縫って調整してます。

それが面倒で変えるのをおっくうがってましたが、
8月は来客も多いので今のうちに変えることにしました。
で、白は汚れが目立つので色つきに。

斜めのところはミシンで縫いました。生地がビニールで滑って縫いにくかったです。

ちょっとつっぱってますが、とりあえず完成。
また変えるのは面倒なので、汚れないように使いたいけれど
汚そうと思って汚れるものではなくて、自然と汚れてしまうものなので難しい。
でも気分一新でいい感じです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆わからないことは客に聞こう!

Category : 日々の暮らし
今日スーパーで大根を買いました。
ドイツのスーパーに売られている大根はほとんど
しな~っとしていて新鮮じゃなくて、買う気がうせるのですが
今日はやけに新鮮な大根を見つけたので買ってみました。

レジのお姉さんに、「この野菜なんていう名前?」って聞かれました。
名前がわからないと、レジに入力する番号がわからないらしく・・・。
っていうか、大根の名前聞かれたの2回目です。

彼いわく大根はポピュラーな野菜じゃないから、知らない人が多いとのこと。
だから、売れないからいっつもしなしなのが売ってるんだよって。
ちなみに「白菜」も名前を聞かれたことがあります。

ドイツのスーパーのレジでは、わからないときはまず「目の前のお客さん」に
聞くことが多い気がします、「これいくらで売られてました?」みたいな。
驚くことに、ドイツ人は値段をやたらと覚えてる。
私は大体の値段はカゴに入れるときに見るけど、それをレジまでは覚えてない・・・。
値段聞かれたら「知りません」って言うのもなんだか値段見ずに
適当に買った人見たいやし、「忘れました」ってなんかもう忘れたの!?って感じやし
聞かれるの嫌やな~って思ってますが未だ聞かれたことはなく、
逆に大根の名前2回と、白菜の名前1回聞かれてます(笑)

今日の大根、やたらと長くて全て浅漬けにするには量が多かったので、
半分浅漬けにして、半分は鶏肉と煮込みました。

ご飯炊きました。あとは前に母から届いたきゅうりのおいしい食べ方で一品。

日本食大好きな彼ですが、大根の煮付けは苦手だったようです。
まあ、あんまり好きじゃないだろうな~ってのは薄々気づいてましたが、
知らんぷりして作りました(笑)

今日、プルーンも売られてました!まだちょっと高いので少しだけ買いました。

甘くておいしかったです!いくつでも食べられそう!
ですが、プルーンのジャムとかプルーンのケーキとか、
プルーンが化けたものは嫌いです。なんでケーキにするかな・・・みたいな。

これからケーキ屋(っていうかパン屋)では、やたらと
zwetschgenkuchenっていうプルーンのケーキを見ますが
見かけからしておいしくなさそう・・こんな感じです↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ






☆お腹は空いてるのに食べたいものが無い

Category : 日々の暮らし
会社のランチタイムは基本家からお弁当を持っていってます。
お弁当無い日は、近所のスーパーREWEのサラダバーで
サラダをテイクアウトすることが多かったのですが、
EHEC大腸菌のおかげでサラダが食べられず(←最近はもう食べてます)
お昼ごはんどうしよう・・・という日が何日かありました。

サラダが駄目となると近場はパン屋。
パン屋さんの前に行って、売られているパンを見て、
お腹ペコペコなのに、食べたいものが無い・・・という状況。
パン嫌いではないのですが、食べたいパンが無い・・・。
ドイツに住んでる人ならみんな経験したであろう状況(笑)
おにぎりでいい!というより、おにぎりがいい!
日本のコンビニが恋しい・・・。

もっと困るのは、仕事で外出しているときのランチ。
高速乗って遠出でもしようものなら、
バーガーキングかマクドナルドかTHEドイツ料理のドライブイン。
どれもいらん・・・。

先日、そんな日がありました。
お腹グーグー言ってるし、めーっちゃペコペコなのに、
ドライブインで呆然と立ち尽くし、仕方なくバーガーキングでポテト。

安上がりでいいですけどね。やっぱり自分で作るに限ります。

ところで、食と言えば、今ドイツではさくらんぼが旬です!

イチゴの時期が終わって、ベリー類はまだ残っていますが、
さくらんぼのシーズンがスタートして、さくらんぼ小屋が盛況です。
そして、アプリコット(杏)も今がシーズン!

アプリコットはホント、今の時期しか食べられないので貴重。
ただ、ドイツ人は皮ごと食べるんですよね・・・
りんごも皮ごと、ブドウも皮ごと、それはまだいいのですが、
桃とかアプリコットのように、毛羽立った感じの皮のものも
そのまま食べるんです・・・さすがに抵抗あって未だ慣れません。

そして、この時期が来たらまもなくスタートするのが「プルーン」!
毎日何粒でも食べられるぐらい大好きです、そして超安い。
お通じにもいいし、日本だと乾燥してるのが多いのですが、
ドイツはそのまま食べます!私の大好物!
そろそろプルーンも出回ってくると思います。

イチゴにさくらんぼ、杏にプルーン、とにかく安くておいしいです。
もうランチはフルーツでいいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-