☆手作りアドベントクランツ

Category : ドイツのクリスマス
昨日の第1アドベントで彼の実家に行ったときに、
彼のママと一緒にアドベントクランツを作りました。
昨年はじめて作ったので、今年は2回目。
要領もつかめているので、ママの助けなく一人で作りました。
お昼の間に、ママが散歩道でもみの木を集めてくれていました。

この中からいい感じのもみの木を選んで短く切っていきます。

発泡スチロールで出来たわっかを土台に

もみの木を巻きつけていきます。チクチクして痛いです。

そして、後は好きに飾りつけ。
このようなろうそくを立てる台も売っていますし、直接釘のようなもので立ててもOK。

ろうそくを4本買ってきて、リボンなどで飾りつけて

かな~りシンプルなアドベントクランツが完成!

これを第1アドベントから毎週日曜日に点灯します。
4本全てのろうそくが灯ったらクリスマス!
1日遅れですが我が家も今日から1本目を点灯です。

とはいえ、平日はそんな優雅にキャンドルの光を楽しむ時間も無いので
週末につけるだけになってます。
なので、1本目から4本目までろうそくの減りがほぼ同じという状況になります。

本物のもみの木はろうそくの熱で独特の香りが出ていい感じですが
葉っぱがぽろぽろ落ちて掃除が大変です。

あっという間に出来たので、彼の実家の分も作っておきました。
もみの木を巻きつけるのもコツをつかめば結構簡単ですし、
私は飾りつけよりもみの木を巻きつける作業のほうが好きです。

ちなみに、ママはパパと結婚してから1年たりともこの
アドベントクランツを作らなかったことは無いらしい。
アドベントクランツも最近はお店で安く買えるし、
作らない人が増えてきたけれど、昔はみんな手作りだったそうです。
そういう伝統の文化でも、今は買ったほうが安くて早いってこと
日本にも色々ありますよね。

まあ、アドベントクランツはほぼ材料費なしなので、
自分で作ったほうが完全に安いのですが、
山にもみの木を集めに行く手間のほうが大変です。

でもこうして毎年手作りするのは良い文化だと思うので、
私も出来る限り手作りしたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆かなり嬉しい出来事!

Category : 日々の暮らし
昨日のメッセージが効いたのか、なんとなんとなんと!
弟がクリスマスに来てくれることになりました~!
嬉しすぎるぅぅ~!!こんな感動久しぶり!!

普通に何も無い時に遊びに来てくれても嬉しいのですが、
クリスマスに来てくれるということがめっちゃ嬉しい!
突っ込みどころ満載のクリスマスに、一緒に突っ込める相手がいるなんて
こんな嬉しいことはありません!夢のようです!
これで、恐怖のラクレットも楽しみながら食べられそう!

クリスマスマルクトの最終日にあわせて来てくれるのでマルクトも一緒に見れるし、
彼の実家の伝統的なクリスマスも見せてあげられるし
何よりもやっぱり気分的に私も楽だし。

彼の家族とのクリスマスもかれこれ5回目。
最初に比べればもう何てこと無いけれど、ドイツ語漬けの数日はやはり息抜きも必要!
しーかーもー!弟が来れば実家に泊まらずに家で眠ることも出来るし。
(いくらなんでも弟まで一緒に宿泊せよとは言わないはず!)

弟からのリクエストで「日本食作って~!」とのこと。
いっくらでも作ってあげるわよ~!任せなさ~い!

ああ、嬉しい。本当~に嬉しい。
海外で旦那さんやパートナーの家族とのクリスマスを送る人は
この嬉しさをわかってくれる人も多いはず!

ロンドンからアムステルダムに飛んで、ちょっと観光して
その後アムステルダムからドイツに来ます。
アムステルダムからは電車で来るらしく、そのチケットを取るサイトが
上手くつながらないらしく取れない・・・、とのことで連絡がありました。
私のほうでやったら普通に購入できたので、
そのチケットは私から弟へのプレゼントにしました!
チケットなんて安いもんよ!来てくれるならそんなの取ってあげるわよ!
それぐらい嬉しいのよ~♪♪ 来てくれるだけで嬉しいのよ~♪♪

今日はいい夢見れそうです(笑)

彼も弟が来てくれることが嬉しいらしく、
早速どこに連れて行こうかな~とプランが始まりました。
ドイツ大好きドイツ人の腕の見せ所です。よかったねえ・・・。

何より彼自慢の彼の実家のクリスマスに来てくれることが相当嬉しいようです。
ドイツのクリスマスを見せてあげようね!きっとびっくりするよね!
楽しみだね~!絶対楽しいはずだよ!来てくれて嬉しいね~と、
私の嬉しさとは種類が違いますが彼も喜んでます(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆田舎のマルクトと第1アドベント

Category : ドイツのクリスマス
近所のクリスマスマルクトに行って来ました。
今日1日だけ開催されるマルクト。
普通に住宅街で開催され、普通の道が突然歩行者天国になります。

イルミネーションとかは無く、道の両側にお店が並び、
どっちかというと日本のお祭りの出店みたいな感じです。

おばあちゃんが焼いたクッキーとか、クレープとか、
地元のコーラスグループが売る手作りジャムとか、
儲け度外視のボランティア的出店がほとんどです。

グリューワインはワイナリーが直接出店しているので美味しいし、
ワインも売っています、直売なので安い!
グリューワインは1杯1.5ユーロ。フランクフルトは2.5~3.5ユーロですから大違い!

途中、子供向けのマルクト広場もあって

動物をなでることが出来たり、子供向けの広場がありました。

サンタ?がやってきて子供達にりんごを配っていました。

きらびやかではないけれど、気持ちがほっこりするそんなマルクトです。

そして今日は、第1アドベント。
4本のろうそくの1本目を点灯する日です。
今日から本格的にクリスマスの飾りつけなどを楽しむことが出来ます。
毎年この第1アドベントは彼の両親に招待され食事をします。

今日は16時に呼ばれていて、まずはティータイム。

バターは控えめにしてるから!・・・らしいチーズケーキ。
その横の物体は、クリスマスのクッキーです。
ドイツのママが狂ったように焼くクッキーが登場です。

そしてその後、すぐに夕食です。夕食前のケーキがいらんわ、って感じ。


テーブルはもみの木が飾られてクリスマスっぽくデコレーション。

ご飯は、ビーフの煮込みです。彼の大好物。私は・・・・ちょっと苦手。

ちなみにこのお肉は電動のこぎりで切ります。

付け合せは毎回「絶対に」一緒。じゃがいもに、赤キャベツの酢漬け・・・。

それ以外のレパートリーは無いのですか?って程、毎回同じです・・・。

その後、クリスマスは何を食べたいか?の話になり、
私は「健康的なもの」をリクエスト、そんなの存在しませんけどね。
家族会議の結果ラクレットになる予定です。キャー!!
ラクレットはこれまた超衝撃的な食べ物なので、実際に写真を撮ってご紹介します。
クリスマスにママをあまり働かせないようにする手抜き料理ともいえますが
ホント、何度食べても衝撃的です。

あとはグリューワインを持って山道を散歩!とか、そんな計画を立てました。
毎年オペラを見に行くのですが、今年はいい演目が無いそうです。
私的にはオペラじゃ無くてよかった・・・。
綺麗におめかしして行くのは楽しいですが、わからないし・・・。

今年のクリスマス、ロンドンに住む弟に来てもらえないか交渉中。
家族なんだし、一緒にすごそうよ~とは言ってるものの、
本当のところはちょっと別の目的(笑)

ドイツ人と過ごすクリスマスは楽しいけれど疲れます。
この苦労を分かち合える戦友がいてくれたらかなり嬉しい!
ちょっと息抜きが必要というか、弟が来ているのをだしに、
彼の実家に泊まるのも避けたい感じ。
車で10分なんだから家に帰ろうよ・・・と毎年ぼやきますが、宿泊させられます。
そんなクリスマス、1人でも仲間がいるとかなり救われる!
姉を助けると思って来て欲しいです。頼んだぞ、弟よ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆美味しいグリューワインはここ!

Category : ドイツのクリスマス
右も左も知り尽くしたフランクフルトのクリスマスマルクト!
一見、どのスタンドも同じに見えるグリューワインですが、
結構違うものです、美味しいスタンドも隠れています!

まず、そもそもグリューワインって??
いわゆるホットワインですが、暖かい赤ワインに
オレンジ、シナモン、グローブ、砂糖などなどが入っています。
ラムなどを足して飲むことも出来ます。
アルコール度数まではわかりませんが、体が温まってほっこりします。
主流は赤ワインですが、白もあります。

多くのクリスマスマルクトのグリューワインスタンドでは
すでに上記の材料が混ざった完成品を暖めて販売しています。
この時期はスーパーなどでも、瓶入りのグリューワインが売っていて
家で暖めればそのまま飲むことも出来ます。

グリューワインに入れる香辛料などがセットになったものなどもあって
好きな赤ワインに好きなものを入れて手作りのグリューワインを作ることも可能。

クリスマスマルクトなど大量に消費するようなところは、
暖めるだけというのがほとんどなのでどこも同じ味がします。

でも、探せばちゃんとあるんです!いちから作っているところ。
甘さが控えめだったり、ワイン自体が美味しからか味が全然違います。
田舎の小さなマルクトなどは手作りのグリューワインも多いですが、
フランクフルトのような大きな街にもしっかりあります!

それは、メイン会場であるレーマー広場から、大聖堂に向かって歩くと

U-bahnのDom/Roemerの駅があります。

この駅の階段↑↑の目の前

この写真で言うと左がSchirnミュージアム。この右側の建物の中というか屋根の下。

そこに3つほどワインスタンドがあります。
WinzerワインやDornfelderといった有名な地域のワインによるグリューワイン。

私はDornfelderを飲んでみました。

メインの会場で使われているカップとはまた違ったもの

何も書いていない透明なグラスもありました。

味が全然違います!甘すぎずすっきりしています。
自分でオレンジなどを足すことも可能です。

ちょっと一本入ったところなので、人が少なくて、
このスタンドだけを目指してくる地元の人たちという感じで、観光客も全然いません。
特に今年は工事をしていて、例年出ていたスタンドが
Hauptwacheに移動したこともあり、お店が少ないエリアで寂しいほど。

大聖堂側からアプローチすれば大混雑のレーマーを通らなくても
たどり着くことが出来るので、時間の短縮も可能です。

今日は家の近くの町でマルクトが開催されています。
小さな町は、たった1日だけの開催です。
大規模なマルクトと違って、華やかさには欠けますが雰囲気はいいですよ。
時間があったら行ってみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆昼間のマルクト@フランクフルト

Category : ドイツのクリスマス
またまた行って来ました!
今回は昼間の明るい時間のマルクトです。


土曜日の午後3時ごろ。
空はグレーでどんよりしていますが、あまり寒くは無かったです。
週末は子供づれなどのファミリーと観光客がたくさん!
色んな国の言葉が聞こえてきます。日本人も多いです。

クリスマスマルクトって一体何が売ってるの?と
行ったことの無い方は思うかもしれませんね。
私はもう毎年のことなので慣れっこになってしまっています。
ちなみに、毎年同じ場所に同じお店があります。
なんなら店員さんまで同じです。
もうフランクフルトのマルクトは右も左も完璧です、私。

売っているものといえば、有名なグリューワインはもちろんのこと、
ソーセージ、ポテトなどのジャンキーな食べ物や
ワッフル、クレープなどの甘いものもあります。
食べ物編は他にも色々ありますが、
一つ言えることは、年々値段が上がっています。
特にフランクフルトは観光地になっているので、比較的高めです。

物は、というと・・・
クリスマスのオーナメントや

ランプにつけると綺麗な飾り

キッチングッズなども売っています。手袋や靴下なども。
キャンドルのお店もとっても可愛いです。

あと、ドイツらしくソーセージやさん。(サラミなど)


そして、グリューワインは飲みたくないけどカップが欲しいという方は
カップだけを買うことも可能です。

でも、普通のグリューワインスタンドでもカップだけ売ってくれます。
グリューワインスタンドだとPfand(カップ代)はEUR2.5なので、
この写真のお店より安いですね・・・。

とにかく人が多すぎて写真を撮ったり、歩くことも難しかったので
また別の機会に(・・・・って何回行くねんって!?)。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆違った目線でデコレーション

Category : 日々の暮らし
クリスマスのデコレーション、大体毎年同じなので
代わり映えも無いのですが、いつも同じなのも飽きるので、
ちょっと視点を変えて、デコって見ました。

玄関に飾られている日本の写真

これは彼が始めて日本に行ったときに撮った写真。
金閣寺、桜、大衆演劇の女形、渋谷のスクランブル交差点など。

この写真フレームをクリスマスバージョンにしました。

ポストカードを入れました。
たったこれだけなのに、雰囲気がすごくクリスマスになりました。

ポストカードはIKEAのもの。今年のIKEAのサンタ、私の好みです。
缶とかトレーとか可愛いのがたくさんあります!

トレー(ミニサイズのお盆)がとっても可愛くて、安いものなのですが
季節のものは、年中使えないし・・・とあきらめました。
無駄な買い物はやめないと!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ドイツのパーキングエリア

Category : 日々の暮らし
有名なドイツのアウトバーン。
速度無制限の高速道路と言われていますが、
実際は速度制限のある部分もたくさんあります。
大体20キロぐらいはオーバーしてても大丈夫だとドイツ人は言いますが
本当かどうか知りません・・・・。

そんなアウトバーンには、ところどころにパーキングエリアがあり、
ガソリンスタンド、お手洗い、レストラン、お店などがありますが、
日本みたいにバラエティに飛んだパーキングエリアではなく、
ほっとんど同じです。ご当地みたいなこともありません。

そんなパーキングエリアのお手洗いは有料です。
SANIFAIRという会社が管理しているお手洗いが主流で
以前は50セントだったのに最近値上がって70セントになりました!

お手洗いが有料というのは日本からは考えにくいことですが、
清潔に保たれて気持ちよく使えるトイレが有料というのは
汚いトイレで嫌な思いをするよりはマシです。
特にこのSANIFAIRのお手洗いは、水を流すと便座もぐる~っと
一周してクリーニングされますし、水を流すところも自動センサーで反応します。
70セントは安くは無いけれど、SANIFAREのお手洗いだと安心します。

お手洗いの入り口には自動の機械があってそこにお金を投入すると
バーが回転して入れるようになっています、その機械からはこんな紙が出てきて

パーキングエリアにあるお店で使える金券になります。

70セントに値上がったにもかかわらず金券は50セントのまま!
これはその日に使わなくても、全ドイツの同じシステムのところで
まとめて使うことが出来ます。そこは良心的。
この券、常にお財布に数枚入ってます。
いつでも使えると思って、お財布に貯めて置くと、
バーコードの部分が消えてしまって焦ったことがあるので、
あまり長いこと貯めておくのもよくないかも。

それと言って珍しいことの無いパーキングエリアですが、
必ずどこのパーキングエリア、いやパーキングエリアだけじゃなくて、
店舗が併設しているガソリンスタンドでも絶対に売っているものがあります。

それは「花束」!

お花をプレゼントすることが生活に根付いてるんだな~と思うひと時です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆暗闇もへっちゃらの「目」

Category : 日々の暮らし
ドイツで暮らしていると当たり前になってしまっていることの一つ、
「自分で電気をつけること」。

家の電気ではなく、公共の場の電気。
たとえばマンションの廊下や階段など、夜は真っ暗。
人の気配でセンサーが反応するところもありますが、
ちゃんとスイッチでつけなければいけないところも多いです。
うちのアパートは自分でつける派です。

アパートの共用階段にはこのようなスイッチがあって

この上のランプがついているところを押すと電気がつきます。
真っ暗な中でもスイッチがわかるように光がついています。
そしてある一定の時間ついた後、自動的に消えます。

これ、なーんの不自由もありません。
たまーに、すでに電気がついているときがあって
きっと少し前に誰かがつけたであろうランプが消える前など
階段上ってる途中に真っ暗!ってなることもありますが、
全部の階にこのスイッチがあるので、すぐにつけることが出来ます。

この自分で電気をつけるシステムはドイツでは当たり前すぎて
節電しましょう!とか別に意識してるわけでもなく、生活の一部。

でもこれ、日本に置き換えると防犯が・・・とかで却下されるんだろうな~。
明かりをつけていることだけが防犯では無いと思いますが
やっぱり真っ暗だと怖いですもんね。
日本って暗闇や夜道って怖いですが、ドイツはあんまり怖くありません。
なんででしょう・・・不思議です。
だからアパートの階段や踊り場が真っ暗でも全然怖くないんですよね。

今日、暗くなってから行った銀行は、スイッチスタイルではなく
センサーに反応してつくスタイルでしたが、
ATMでもたもたしてる間に、人の気配がなくなったと察したのか
電気が消えてしまいました、またその電気をつけるために小動きする私。

こういうことって生活の一部だともう受け入れているので、
不便だと思ったりすることもまずありませんが、
こういうことを、ゼロの状態からスタートさせるとなると大変でしょうね。

ちなみに、ドイツの高速道路や車道では街灯のランプが無い道が多いです。
山道などはところどころに反射板がついているのでそれを頼りに、
高速道路はほんとに真っ暗で車のライトだけを頼りに走ります。
これ、とっても怖いんですよ、何年たっても慣れません。
ドイツ人はじめ目の色が薄い人たちは暗闇でもよく見えるそうで、
私たち日本人の黒目は暗闇で見えないみたいです。
ドイツ人に運転してもらって助手席に座ってるときなどは、
暗闇に突っ込んでいくのでかなり恐怖ですが、見えてるんですって。不思議・・・。
その代わりお日様に弱いのでサングラスする人が多いですよね。
カッコつけるとかではなく、目がまぶしくて耐えられないそうです。
まあ欧米人はサングラスも似合うからいいですけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆マルクト@フランクフルト

Category : ドイツのクリスマス
昨日からスタートしたフランクフルトのクリスマスマーケット!
早速行って来ました!っていうか、人が多かったです。
すでにかなり混んでました。

今年はHauptwacheのあたりにもお店があってエリア拡大!


レーマー広場はまあ見事に毎年変わらないお店ですが
それはそれでもうどこに何があるかわかっているし、
毎年同じというのが、余計に「あ~今年もやってきた」という気持ちが強くなります。


今日はグリューワイン(ホットワイン)1杯のみ。
もっともっと寒い日だとおいしさ倍増ですが、今日は寒さが控えめでした。

グリューワインってはじめて飲んだときはあまりおいしくなかったのに
今はなんかクリスマスの味って感じでそれはそれでおいしいです。
SchneemannpunschとかFeuerzangenbowlとか
そういうちょっと違う味もおいしいですよね。

ドイツのクリスマスマーケットでは、
グリューワインを買うときは、マグカップ代も一緒に払って、
カップが欲しければそのまま持って帰ることが出来ますし、
カップを返却すればカップ代が戻ってきます。

残念ながらフランクフルトのカップには年号が入っていなくて
毎年同じものですが、地方のクリスマスは毎年違うカップなどで
コレクションも楽しかったりしますが、正直あまり使わず・・・。
うちにも少しありますが、全然使っていません。

左はFeuerzangenbowlのカップ。
右は持ち手がハートで可愛いHeidelbergのカップです。

グリューワインを飲んだ後のカップはベトベトしているので、
もしお土産として持って帰るならビニール袋とかがあったほうがいいです。
でも、お店の人に、きれいなのに交換して!といえば、変えてくれますよ。

また近々行きたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆Circle of Rainbow

Category : 日々の暮らし
またまた同じマッキーの話題ですが、
これまたすごいな~と思う曲、
Circle of Rainbow 槇原敬之

もうなんたって歌詞のストーリーがまるで絵本のよう!
私の言葉で簡単にまとめてみますが、是非全てで読んで欲しいです!

要約すると

テレビに映る巨大なビクトリアの滝に旅をしたいを思いをはせてたら
犬を飼ってることに気づいてしばらくは無理だと気づく。
横で申し訳なさそうな顔をしてる犬と散歩に出たら
くしゃみをした犬の鼻先に小さな虹がかった!
僕にとってはこの散歩道が立派な旅だと神様が気づかせてくれた。
スケールの大きさや流行で価値を決めてたけれど、
きれいなものや美しいものは身近にあふれている。
犬の鼻先の虹も、世界の巨大な滝にかかる虹も同じように美しいと思えたら
この散歩道がきらきらと輝いて見える。

ってことです。

マッキーって好きだ嫌いだの恋の歌を歌ってるというイメージが
まだまだ強いようですが、どちらかというと今は
「世界に一つだけの花」のようなメッセージソングが多いです。
この曲もまさしくそんな感じです。

くしゃみをした犬の鼻先に小さな虹がかかる。

なんて、そういう表現を思いつくことがすごい!
しかもね、くしゃみをするのは「歩道に差し込んだ朝日がまぶしくて」
という理由。でも、これ犬を飼ってる人ならわかるはず!
しかもしかも! (そろそろしつこい・・・??)

「もう一度くしゃみをしないかと待っていたけどもうしなかった
僕らの意のままに行かないのも自然の法則」

なんて、ホント上手いですよね~。

原曲ではありませんが、コンサートバージョンで動画を見つけました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆今日の終わりにありがとうをかぞえよう

Category : 日々の暮らし
今日は仕事の関係で、4時間ぐらい運転してました。
霧がすごかったです、幻想的といえるほど、
霧の中に浮かぶ太陽なんてとっても素敵!
ですが、運転してるほうは必死でいつも以上に疲れました。

そんな運転中は、相変わらず音楽をお供に。
ドイツに来た頃はhr-INFOなどを頑張って聞いていましたが
最近はもっぱら音楽です。

もちろんお供はマッキー。最新アルバムです。
何度聞いても私の中での1番はRemenber my Nameですが
今日もまた、「あれ?すごくない?」って驚きがありました!
その曲は「今日の終わりにありがとうをかぞえよう」という最後の曲。
全ての歌詞はここで読むことが出来ますが

今日も昇ってきてくれた太陽にありがとう、
なくならないでいてくれた空気にもありがとう・・・という感じで
次々と色んなものに「ありがとう」という内容。

その「ありがとう」というものの中に

同じ思いは誰にもさせたくはないと思えた
そんな優しさをくれた痛みにもありがとう

辛い事も一人だけでは乗り越えられなかった
そばで影で見守ってくれた人たちにありがとう


という「ありがとう」まであります。
いや~さすがマッキーだわ。

同じCDも飽きるので、途中からipodで全曲シャッフルしてみたら、
私のipodの99%はマッキーの曲なので、
シャッフルしてもマッキーしか流れないのですが
見事に全曲そらで歌える自分にびっくりでした・・・。
そりゃ20年ぐらい聴いてますからね・・・。

今日、会った方の知り合いで、
ドイツ在住暦が私の人生以上という方がいるそうで(30うん年!)
「ドイツ語は達者だけど日本語がおかしくなってる・・・」とのこと。
旦那さんがドイツ人の日本人女性らしいです。

私はドイツ人と結婚していても、周りに日本人の知り合いもたくさんいるし
日本語もたくさん話してるし、ネットやこうしてブログでも日本語に触れているので
日本語を忘れたりすることはありませんが、
30うん年前であれば、電話だって高かっただろうし、
ネットも無かっただろうし、日本語に触れない時間も長かったんだと思います。
なんとなく、わからなくも無い気がします。
だって散々日本語を触れ合ってる私でも時々、日本語が出てこないことがあります。
日本語を忘れるというよりかは、ピッタリの日本語の言葉が探せない・・・。
ドイツ語を知ってる人なら、ドイツ語の単語で表現すればわかってくれますが、
相手によっては全て日本語で、と思うと余計に出てこなくて・・・。

話がそれましたが、マッキーの歌は
言葉の使い回しがうまいな~と思える瞬間がよくあって

望みが叶うその日が必ず来るとは限らない
そんな思いに足を取られ動けない君をよそに
うちの犬は飽くなき挑戦の末 
変えたばかりの前より高くした柵を飛び越えてやってきた
越えられることだけ信じてるから
越えられるまで諦めないんだろう


日ごろなんとなく、ダラダラと生きている自分を反省させられる詞ですが・・・
「思いに足を取られ動けない君をよそに」とか、「あくなき挑戦の末」とか、
そういう言葉の使い方が私的には大好きです。
私にとってはマッキーの歌も、大切な日本語に触れる機会の一つです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆クリスマスデコレーション続き

Category : ドイツのクリスマス
Totensonntagも過ぎたので本格的にクリスマスの飾りを。
まずは飾りというよりは今しか使えないものを忘れずに準備!

キッチンタオル、クリスマスバージョン!

クリスマスに毎年会うリナーテおば様(ママの親友)は
プレゼントを包むのが紙ではなくてこのキッチンタオルなんです。
なので、1年に1枚増えていきます。
他のキッチンタオルが使い倒されてボロボロになる中で
使用時期の短いクリスマスバージョンはとってもきれいです。

そして、引き出しの奥に眠ってるライター。

ライターはキャンドル点火にしか使いませんがこの時期の必需品。
なんの味気も無いライターに、サンタクロースのチョコレートの包み紙を
巻きつけて、なんちゃってクリスマスバージョン。
この包み紙、ドイツの方ならわかるはず、Lindtチョコのサンタです。
まだドイツに来て間もない頃、ドイツ語地獄のクリスマス、
会話に参加できなくて、つまらなくて1人で手遊びしてるときに作ったら
彼のパパとママに絶賛されて(全然たいしたことないけど・・・)
それ以来毎年作ってます。(作るって表現するほどの作業でもなく・・・)
ワンシーズン使うと破れてしまいます。
うちはそんなにライターを使わないので昨年のものが健在です。

クリスマスといえばキャンドル。
キャンドルの光って、落ち着くというかほんわかします。
でも、家事をしたりするのには不向き。
私は蛍光灯がしっかりついているのがいいので、
薄暗いキャンドルの光はよっぽど何もすることが無い時ぐらいですが。
食事も出来れば明るい光で食べたいのですが、
ドイツ人は結構キャンドルの光が好きで薄暗い・・・。
色合いのよい食事とか、視覚からくるおいしさもあるのに・・・。

そんなキャンドル、毎年代わり映えはしませんが、
クリスマスの時期だけの柄とかもあります。

使うのがもったいないですが、もったいないもったいないで、
毎年使わずにしまわれてるので、今年はちゃんと使おうと思います。

そして、何年か前に日本の100均で買ったミニリース。
可愛いのですが、おしゃれに飾る方法がわからず・・・

日本ならちょこっと飾っても可愛いのかもしれませんが、
何もかも大きいドイツだと、小さすぎて存在感ゼロ。
意味の無いデコレーションとしてひっそりと毎年飾られてますが、
今年はちょっと志向を変えて、こんな感じでキャンドルと飾りました。

キャンドルの細さがちょうど合いました!
ちなみに、キャンドルは自立しないので、
テーブルキャンドルの入れ物に、アルミホイルを詰めて固定。

食卓の上のキャンドルコーナーが賑やかになりました。

食卓の上、書類だらけです。
ドイツ人お得意の書類地獄。全て彼のもの。
私は自分のものはちゃんとファイルに入れてるのですが
彼は時々思いついたときにまとめてやるので、書類の山になります。
これを私が邪魔だからと片付けてしまうと、またまたそのまま
数ヶ月が経過するので、一切触らずそっとしています。
書類作業のためにランプまで持ってきているのでそれもそのまま放置。
いつまで続くやら・・・・です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆消費税10%へ

Category : 日々の暮らし
今日の日経新聞の1面に、
消費税を2段階で10%にするという記事が載っていました。
一瞬、日本の消費税って何%だっけ?と
恥ずかしい自問自答が心をよぎりましたが、10%と聞いて、
「まだ10%なのか~」という感じです、正直なところ。

だって、ドイツは19%なんですよ!(ヨーロッパの多くは20%台です)
ドイツでは正しくは付加価値税と言われていて、
現在19%なのですが、生活必需品の税率は7%です。
日本でもこの生活必需品の税率を下げる
「軽減税率」という意見もあったようですが今回は見送られました。
その理由は「どの品目を軽減税率の対象とするかで混乱が生じる恐れがある」とのこと。

この軽減税率、実際にドイツでは実施されていて、
私自身はもう当たり前のようになっているし、意識もしていないので、
いまさら何が19%でなにが7%なのかを日ごろ認識していませんが、
ちょっとゆっくり見てみました。

ドイツではレシートには、品物の値段の横に1(19%)、2(7%)とかかれていたり
AとBで表記されていたりお店によって様々ですが

しっかりとレシートに明記されています。

たとえば、最近の買い物で
7%=生活必需品のもの
・卵
・チーズ、ヨーグルトなどの乳製品
・じゃがいも、にんじん、ネギなどの野菜
・バナナ、りんごなどの果物
・牛乳
・ライター
・クッキー、チョコレート
など、スーパーで買うようなものは7%のものが多いです。

では、最近買った19%のものといえば
・ミネラルウォーター
・食洗機用洗剤
・レッドブルー
・アップルジュース、オレンジジュース
・クリスマスのデコレーショングッズ

などです。
ミネラルウォーターなどは生活必需品のように思えますが、
ぜいたく品(・・と呼ぶのがふさわしいかはわかりませんが)に分類されます。
通常の食器洗い洗剤は最近のレシートにありませんでしたが、
食洗機用は19%です。食洗機が必需品じゃない?という取り扱いなのでしょうか。
アップルジュースなどのジュースが19%に対して、
チョコやクッキーが7%なのが不思議です。

でも、これもいちいちレシートを見ればわかることですが、
日ごろはあまり意識していません。
もちろんレストランやカフェの食事などは全て19%ですよ!

日本が軽減税率を見送った理由に「混乱」とありましたが、
そりゃ一番最初に設定するときはもめるでしょうね・・・。
でも、必需品の税率は押さえて、ぜいたく品の税率は高くというのは
わからなくは無いですけどね。その線引きが難しいだけで。

ちなみに、日本はまずは8%、そして10%と2段階で上げるようですが
7%ではないことの理由として「計算が奇数なのでややこしい」とのこと、
ドイツなんてその「7%」そしてさらに「19%」ですよ!
19%なんてそらでは計算できません・・・。
でも内税なので別に計算する必要ありません。
っていうか、日本だって内税表示ですよね・・・。

このを見たら日本の税率の低さが際立ってます。
安いほうなんだろうな~とは思ってましたが
他の国がこんなに高いなんてびっくりです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆今年初のクリスマスマルクトと・・・

Category : ドイツのクリスマス
道端の看板で街のホールでアンティークマーケットがあるとの情報が!
アンティークなんて全く興味が無いのですが
何も無い日曜日だし、近所だし行ってみる~??とお散歩がてら
行ってみました!・・・が、入場料が必要でした(2ユーロ)。

まあ、入り口まで行ったのでせっかくだし、と入場しました。
家具とかが売ってるのかと思いきや、食器とか宝石とか小物が多かったです。
予想以上に混雑していて人も多かったです。

アンティークの価値がわからない私には
フリマとの違いがイマイチわからず・・・まあ、古いものが多かったけど。
っていうかこういう古いもの、彼の実家に山ほどあるので(笑)

そして、その足でお目当てのクリスマスマルクトへ。

外から見たら普通の家。
中は小さな広場。地元のお花やさんがお庭でマルクトを開催。


すごーく小さな規模で、グリューワインも無くて
メインはお花屋さんの販売。

おじさんがバーベキューみたいにソーセージを焼いたりしてました。
ランチはマルクトで~!と言ってたので私はカボチャスープ。
色んなスパイスが効いていて辛かったです。

テーブルの上においてあるクッキーなどは食べ放題です。
飲み放題のコーヒーなどもあり、アットホームなマルクトでした。
今週から各地でマルクトが始まります!本格的なシーズンスタートです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆薬局のセール♪

Category : 日々の暮らし
昨日行ったMTZ、激混みでした・・・。
でも、う~んイマイチ。どこにでもあるお店がまた出来たという感じ。
Hollisterはまだ開いてませんでした。
オープンに間に合わなかった??もしくはそれも戦略??
お店の前にはHollisterといえば!のイケメンのお兄ちゃんが立ってました。
お客さんにまだ開いてないことを説明。
・・・っていうか貼り紙一つで済むのにね~。なぜにイケメン!?
(でもカッコよかったです、サングラスが似合ってた!)

リニューアルにあわせてセールをしているお店もあって
薬局がセールしてました!この袋に入る限り15%オフ!

薬局とはいえ、コスメなどなど色々売っているので物色したのですが
結局無難にいつも使う消耗品を。

コンタクトの洗浄液とWELEDAのメイク落とし。

このWELEDAのメイク落とし、かれこれ3本、いや4本目!?
BIOだけにメイク落ちは悪いけれど、
全てオーガニックのものでお化粧しているので大丈夫。

家に帰って袋を開けたら、試供品が入ってました!

なんだか得した気分。

火曜日までこの15%オフセールをしているようなので、
もう一度行こうかな・・・と考え中です。
常備薬なども全て15%オフなので(処方箋が必要なものは対象外)。

そういえば、最近フランクフルトに出来たお店
Rituals...がMTZにも出来てました。
最近拡大中のブランド?? 全く知りませんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ボジョレーテイスティング

Category : お料理・たべもの
先週?日本ではきっと大騒ぎだったのでしょうボジョレーヌーボー。
ドイツでは全く騒がれません。

が、近所のワインやさんで無料のボジョレーテイスティングをしてたので、
あつかましくも行ってきました!
ちょうど9月のFederweisserの空き瓶を返しに行かないといけなかったし。

家族経営の小さなワインやさんで、
結婚式のゼクトもこのお店で買ったのですが、
気前よくいつもテイスティングをさせてくれるのですが、
今回のボジョレーは10種類ぐらい、好きに入れて飲んでね~!とのこと。

でも他の人もいなかったので、おじさんが付きっ切りで説明してくれました。
が、カビの話とかそういうのが多くて、理解不可能・・・。私は飲むだけ。

おじさんいわく、ボジョレーヌーボーのほとんどは
アジアに出荷される、アジアって言ってもほとんどが日本なんだけどね!
とのこと。

なぜボジョレーだけが目立って日本で好まれるのか
おじさんはわからないと言っていました。
おいしいワインもたくさんあるし、
なんならボジョレーはそんなにすごいワインでもなくて、
しかもヌーボーとなれば、味の当たり外れもあるし・・・みたいな。

私が日本人と知るとその理由を聞かれましたが、
私にもわかりません・・・どっかの会社の戦略では!?と勝手に思ってる
と伝えたら、おじさん大納得!
「そうだよね、なにかコマーシャルっぽいものを感じるよ!」とのことでした。

そして5種類ほど頂きましたが、
赤ワインは白ワインほど味の差がわからなくて、私にはどれも同じでした。
一番最後に飲んだ一番高い(・・・って言っても15ユーロ、1500円ほど)
ワインだけは飲みやすい!って思ったのですが、それ以外は同じ感じ。

あまりに説明してもらって、申し訳ないぐらいテイスティングしたので
数本買ってきました。来週上司の家に招待されているので手土産にと思って。

ラベルがとっても可愛いです。

ちなみに、ドイツでは安いボジョレーだと、2ユーロ代ぐらいから売ってます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ケチらないほうが良いこと

Category : Kitchen
今日も朝からPlätzchenの続きを焼きました。

今日はちょっときれいに出来た!

そして、昨日の怖いぐらいの材料で出来たPlätzchenたち!

右のほうにある袋は、パッと渡せるように小袋に入れました。
あてはないけれど・・・これからの時期
友達に会ったりしたときに、ちょこっと渡したりするのに便利です。
残りは、必要に応じてまたラッピングしたり食べたり・・・
おいしいけど飽きるので、誰かにあげるほうが多いです。

クッキーの型抜きですが
このようにプラスチックのものと金属のものを持っていますが

プラスチックは日本で100均で5個セットとかの物。
写真に写ってる以外にもたくさんあります。
右側の金属のものはドイツで買ったもの。

やっぱり金属のほうがシャープで使いやすいです。
硬いものならいいのですが、クッキー生地のやわらかいものになると
プラスチックのほうはきれいに型抜きができません。
安いから!と思って買ってみましたが
金属の物だって決して高いものではないので、
こんなところでケチらなくても・・・と反省。
まあ使えますが・・・。

比較的最近買った100均のデコ弁用の型抜きは
プラスチックでも結構シャープなので、
最近のはちがうのかもしれませんが・・・・。

もうクリスマスまでクッキーは焼かなくていいかと・・・
ってかなり早すぎですが(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ママの義務? “Plätzchen”

Category : お料理・たべもの
クリスマスの時期、いやっちゅうほど目にする
Plätzchenと呼ばれるクッキー。
プレゼントにあげたり、食べたり、なんだかよくわからないのですが
とにかく、クリスマスまでクッキーの嵐です。
この時期は、ドイツのママたちは狂ったように焼きます。
ドイツの子供達にとってママがキッチンでクッキーを焼くというのも
クリスマスの風物詩の一つなんだそうです。

色んな形、味、とにかく色々です。
アメリカンっぽく色がきつくないのが手作り感のあるPlätzchen。

この時期は御呼ばれしたときなどにも手土産として役立つし、
なんだかんだと使えるのでうちも毎年焼いてます。
クッキーを作るとキッチンが粉だらけになるので、
なるべく作る回数は減らしたいな、と今年は一気に作ることにしました!
湿度の無いドイツなので、湿気ることもないし、
今作ってもクリスマスまでおいしく食べられます。

ということで、私が毎年作っているレシピ。

砂糖1:バター2:小麦粉3 & 卵1個

という超簡単な配分。
卵1個は砂糖が200グラムのときなので、
それより分量が少ない場合は卵が残ってしまうので、
砂糖200グラムで作ろうとしたところ、私のレシピだと
バターは400グラム、小麦粉600グラム!ということに!!

卵の右側の物体はバター1個丸々です。
怖っ・・・。すごい量です・・・。

とりあえず材料をひたすら捏ねるだけ。
下に敷いている赤いのはシリコンの敷物で
昨年クリスマスが終わったときにセールになっていたもの。
毎年、少しずつ作っていたので、アルミホイルを敷いていましたが
ここまでの量になると、こういうのが無いとさすがに無理です・・・。


白と黒の模様のクッキー、上手く出来ませんでした・・・。

生地を作るのは簡単ですが型を抜いて焼いて・・・という作業は
なんだかんだと時間がかかるので、結局2回しか焼けませんでした。
また明日に持越しです。

焼きあがったPlätzchenは缶に入れずに
このときを待っていた!久々登場!Weckのグラスに入れました(笑)


うちのアパートの1階に住む家族。
幼稚園の女の子のいる家庭なのですが、
超美人の奥様が、まーったくキッチンにいる姿を見たことがありません。

アパートのエントランスからその家族のキッチンが丸見えなので
何を作ってるとか、誰がいるとかわかるのですが、
料理をしている姿を見たことがありません。

めずらしくキッチンにいても、パンにバターを塗ってたり、
とにかくお鍋とかそういうものを使ってるのを見た事が無く、
一体何を食べて生活してるのか不思議なほど。

時々お父さんがパスタを作っているのを見かけるぐらいです。
そこのお母さん、多分私と同じぐらいの年齢だと思いますが
娘さんもいるのに、ちゃんとお料理してなくて大丈夫かな・・・と
心配になるほどです。
さすがにもうここに住んで3年ほどたちますし、私が通るのが
たまたまキッチンにいないタイミングばかり、とはいえないはず。

そんなファミリーのキッチンですが、年に1度だけ
朝も夜も奥さんを見かけることがあります。
それがこのPlätzchenを焼く姿。
お料理はしなくてもPlätzchenだけは必ず焼くんですよね。
なんか意地みたいに焼いてるので笑えてきます。
それぐらいPlätzchenはドイツのママにとって大切なものなんでしょうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ごめんなさい・・フライングしました。

Category : ドイツのクリスマス
駄目、駄目といわれていたのですが・・・
クリスマスの飾り付けをスタートしちゃいました(笑)
本当は明後日の月曜日までお預けだったのですが
週末にやらないとやるときないし、
来週は第1アドベントになるし・・・と言い訳しつつ。

まずは、結局買ってしまった例の物・・・



ちょっと大きすぎるかな~と思ってましたが
実際組み立てたらちょうどいい大きさでした。

おしゃれに飾りたかったのですが、
結局彼のアドベントカレンダー用に使うことにしました。なんか子供っぽいですが・・・。

1番上と2段目に24個の袋を置きました。
サンタさんが手で抱えているのが1日のもの。
そして背中に背負っているのが24日のもの・・・。

ついでに、ツリーも出しました。高さ50センチ程の小さいもの。

うちは本物の木は使わず、ニセモノですが、
結構良く出来ているんです。っていうかそういうのを探し続けて
昨年ようやく見つけました。足のところが木になってます。

足のところがプラスチックのは嫌だったのと、
葉っぱの部分もビニールがテカテカしたのは嫌だったので、
なるべく本物に近いものにしました。気に入ってます!

そしてついでのついでで、アドベントクランツも!

これは飾る用なので火はつけません。
毎年同じものです。飾り方も同じで代わり映えなしです・・・。
来週ママが一緒にアドベントクランツを作ろう!とのことで
本物のもみの木を使って作る予定です。

あとは、クリスマスのキャンドルとか。


箱から出すときは全部一気に出したいのに、
「やめて~!ストップ!!」と、ストップがかかりました・・・。
何が嫌なのか私は理解しきれません・・・。
まだクリスマスは早いんだそうです。
なので、とりあえずここまで。

夜は夜で、Plaetzchenを焼いてしまいました・・・。
完全に1週間早いですが、まあいいですよね~。
Plaetzchenについては別に書きます~!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ちょっと都会!?MTZが進化!

Category : 日々の暮らし
ローカルネタです。
時々行く、ショッピングセンターMTZことMain Taunus Zentrum。
アウトバーン66号で、FrankfurtからWiesbaden方面に行く
途中のSulzbachという街にあります。

このMTZが17日にリニューアルしました!
・・・っていうかね、工事が長すぎて一体いつ出来るのか
もう期待もしてなかったのですが・・・。
何年工事してたんだろう??
ここの難点は駐車場にたどり着くまで激混み!
土曜の午後なんて最悪です。

まあ、どこにでもあるショッピングセンターに入ってるお店ばかりで
これといってここに来る理由は無くて、
彼の床屋さんがあるので、ついてきて時間つぶしを何度かした程度。

そのMTZが今回、大幅にお店を増やして、
なんと!!!こ~んな田舎に!!!

Apple Store と Hollister が出来たのです~!

Apple Storeはいわずと知れたアップルのお店。
私の中では都会にしかないイメージ。
そしてHollisterといえば!もう街行く人ほっとんど
紙袋持ってるよね!?って程、賑わっているお店。
アバクロの姉妹ブランド??・・・・よくわかりませんが。
My Zeilにあるお店は未だに行列がたえません。

そんなMTZ、今日は24時までオープンしてます!
なので、21時ごろとかそろそろ子供達もいなくなって
落ち着きそうなタイミングを狙って行こうかな~と思ってます。

実は先週、もうオープンしたかな、と久々に行ったのですが
1週間早くて、まだ工事中でした。
普通、どんなお店が入る!とか広告なり看板がありますよね!
それが全くなし・・・何のお店が出来るのかわかりません。
Apple StoreとHollisterが出来るということは
うわさで聞いてたので知っているのですが、
それ以外、何のブランドが入ったか全く不明。
ホームページにさえ、今までのお店と一緒に
A-Zでお店の名前が羅列してあるので、
新しくなったものをすぐに見つけることができません・・・。

まあ、ゆうても田舎のショッピングセンターですから、
ホームページもパッとしないんですけどね。

今夜行ってきます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆今だけのゲスト!

Category : 日々の暮らし
愛用しているBAGに以前サマンサで買ったチャームを付けています。

ブレスレットとして売ってたのですが、
ブレスレットをすることは滅多に無いので、私はかばんに付けています。

可愛い飾りが一杯ついているのですが、
もう数年前にそのうちの一つが取れてしまっていて
でもパッと見は気づかないのでそのままにしているのですが、
この時期だけその取れたところに、飾りを取り付けます。

わかりますでしょうか?ちょっと赤い物です。

その正体はこれ。

・・・って見てもわからないと思うのですが、
実はHARIBOのクマさん、サンタバージョンです。

数年前HARIBOのアドベントカレンダーをもらって
24日の最後の扉に入っていたのがこのHARIBOベアのピンバッチでした。
使い道も無いのですが、この時期だけ毎年
私のかばんのチャームの一員にしてあげます。

今年もこれからちょっとの間だけどよろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆ケラーからやってきたクリスマスグッズ

Category : ドイツのクリスマス
1年間地下のケラーで眠っていたクリスマスグッズを取り出しました。
今週の日曜が終わるまでは飾れないので、
「駄目だよ!」と念押しされていますが・・・。

うちのクリスマスグッズは衣装ケース2個分。
でも1個はツリー用のきらきらのボール(Kugel)のみです。

街では色んなグッズが売っているので、すでに持っているようなものを
買ったりしないように、何があったかなあ・・・とチェック。

私の持っているグッズはどれも統一性が無くて、
お店で可愛い!って思って買ったものを少しずつ。
でも、お部屋でコーディネートするなら、本当は同じ色やシリーズで
そろえるべきなんでしょうけどね・・・・。
実際家で飾ろうと思うと、いろんなのが混ざってしまって統一感なし。
色んなお部屋やところどころに飾ればいいのですが、
片付けることを考えると面倒で・・・。

1年ぶりにあけた箱には、「そうだ、そうだ、こんなのあったなあ~」というものばかり。
毎年もらうけれど食べないチョコのサンタさんは貯まる一方で・・・。

毎年の飾りと化しています。

そしてこれも年々増えるもの、「缶」。

12月になったら気が狂ったように焼くクッキーを入れる缶。
彼のママが毎年くれるので増えていきます。

この缶も今の時期お店で一杯売ってます。
増えて困るのに、可愛い缶を見たら欲しくなります・・・。

そのドイツ人が夢中になるクッキー作りの話はまた今度!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆アドベントカレンダー準備

Category : ドイツのクリスマス
日曜日ごとに一つずつろうそくをつけるアドベントクランツと共に
クリスマスの必需品であるアドベントカレンダー。
12月1日から一つずつ窓を開けて、24日が来るのを楽しみにするもの。
今、お店ではこのアドベントカレンダーがたくさん並んでいます。

おいしいチョコレートメーカーのものや


子供が喜ぶメーカーのものもたくさんあります。

主流は中にチョコレートが入ったものが多いです。
おもちゃが入っているものなどもあるようですが、基本はチョコ。

そんなアドベントカレンダー、彼は毎年準備してくれます(マメですねえ・・・)
この袋は彼が子供の頃にママが作ってくれたアドベントカレンダーのもの。

そこにこのように日付のシールを貼って24日までの24袋準備。

こういう1から24までのシールもたくさん売ってますよね。

毎年代わり映えは無いのですが、これを準備してくれます。
昨年は私も初めて作ってあげました。

で、今年。
どうしようかなあ・・・と思っていたのですが、準備することにします。
でも昨年と同じものですが。

これは昨年作った袋。

中に入れるようにチョコレートを24個。

そして袋には日付のクリップをとめます。

今日はとりあえず袋詰めの作業まで。
(一人の間にこっそりやるので一気に進みません・・・)

中に入れるチョコはLindtのもの。
チョコはやっぱりLindtが一番おいしいと思います。
中でも、この時期に出回るこの赤色のチョコ。

これ、私の中では世界一おいしいと思ってます。

そして、私は大嫌いなマジパン。

彼的にはこれが世界一おいしいようで、これもちょこっと混ぜています。

そういえば昨年作ってあげたときは、今まで子供の頃に親から作ってもらった以外で
初めて手作りのアドベントカレンダーだ!と感激してました。
まあ、この程度で喜んでいただけるならありがたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆バイオリニストDavid Garrett

Category : 日々の暮らし
ドイツの葉加瀬太郎、と言ったら、葉加瀬さんに失礼かもしれませんし、
もしかしたら逆なのかもしれませんが、
ドイツで大活躍のバイオリニストDavid Garrett。

30歳のお兄さん。
憎めない優しいキャラですが、かっこいいともいえる・・・?
お顔はこちらの公式サイトでごらん下さい⇒David Garrett
Wikipediaによるとバイオリニスト兼モデルとのこと。
中途半端なロン毛が私的には微妙・・・。
髪を切ったら超かっこよくなりそうな気もします。

先日はドイツが誇る長寿番組Wetten dass?にも出ていたし
テレビで見ることも多いです。素人目に見ても、上手い!

今日、男子サッカーの親善試合ドイツ対オランダ戦がありました。
試合前の国歌斉唱の演奏がこのDavidさんでした。
警察音楽隊を従えてのバイオリン演奏。
もちろんサッカーの国歌斉唱でバイオリンは史上初なんだそうです。
国歌斉唱をバイオリンでってどうなのかなって思ったのですが、
これがとっても素敵でした。
音楽隊の生演奏というだけでもいつもとは違う感じでしたが
バイオリンがとっても素敵でした。

そんなサッカーの試合。
これまたすばらしかったです。
ドイツに来てからサッカーを見る機会が本当に増えたものの
未だ詳しいことはわからないままですが、
良い試合、上手いプレーなどはわかるようになりました。
今日の試合は、プレーがとっても早くてすごいなあ~と思う試合。
解説の人もすばらしいと褒めていました。

いい演奏に、いい試合、贅沢な夜になりました!
・・・って、ただテレビで観てただけですけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆手にメモしたら?

Category : 日々の暮らし
電車を待つ間、ホームのベンチで本を読んでいたら、
知らないおじさんが「右から左?上から下?どうやって読んでるの?」
と、話しかけてきました。
本を読んでて、読む方向について話しかけられるのは
もう5回ぐらいあるかと思います、なのでそんな質問も慣れっこ。
「縦書き」というのが衝撃的なようですね。
しかもページをめくる方向も右から左ですからね。
通常横文字の場合は左から右のページへと移りますから。

そのおじさん、よほど興味がわいたのか、
胸ポケットからメガネを出して私の本を覗いてきます。
ドイツ人っぽくない、50代ぐらいのおじさん。
さっさと去ってくれるかと思いきや、
「どこの国の言葉なの?」から始まり、
何年住んでるのかとか、ドイツ語はどこで習ったのかとか
そんな質問になりました・・・・。電車よ、早く来てくれ・・・という感じ。

しつこいおじさんだったので、本を読みたいんだ!という
オーラを出して、適当にかわしていたうちに、
念願の電車が来たので、「じゃあね~」と言った所
同じ方向だから一緒に座ろうよ、とのこと。

断りたかったけど、断りきれず、
結局隣に座って世間話をしながら乗りました。
15分ほど・・・・。長かった。

おじさんはモロッコ人で、早くに奥さんをなくして今は一人。
金曜と土曜日は街のクラブに繰り出して朝まで踊ってるそう。
50歳ぐらいのおじさんです、元気ですねえ・・・。
日ごろは車の修理工らしい。

ずーっと聞いてばっかりでちょっとは質問してあげようかなと、
「車の修理工なら、今の時期は冬タイヤの交換で忙しいんじゃない?」と
聞いてみたら、どうやらそれがどんぴしゃの質問だったようで
嬉しそうにお仕事の話になりました。

で、君は車を持ってるのか?ということになり、
私は持ってないけど旦那は持ってる、と答えると
何か修理が必要だったらいつでもおいで!安くするから!とのこと。

適当に「どうも~」って答えて、そろそろ降りる駅だ!と
去ろうとしたところ、僕の電話番号をメモっておいて!とのことだったのですが、
ここで携帯を出すと、私の番号を聞かれたりしても嫌なので、
「メモするもの、何も持ってないんだよね・・・」と答えると
ボールペンを渡されて、これで手に書いておきなよ!って・・・。

普通、そういう指示する!?って思いつつ
ちょうど紙袋を持っていたので、紙袋にメモしました。
一応ね、おじさんがメモしろってうるさいので。

まあ、世間話をしただけで何も無かったのですが、
おじさんもあまりドイツ語が出来なくて、言ってることもよくわからないし・・・。

昔、これまた電車で本を読んでいるときに、向かいに座った女の子が
私がページをめくる方向がおかしいことに気づいて、
隣にいるお母さんに「この人、逆から本を読んでるよ、何語だろう?」って言って
それからも相当気になるのか、ずーっと少女に観察されました。
あの頃はまだその少女に答えるほどの語学力も無く、
気づかぬフリをしていましたが・・・。

日ごろ、本を読んでて話しかけられることも時々ありますが
2度見されることが結構多いな、と思います。
ドイツ人にとってみれば、不思議なんでしょうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆女子サッカー日本人対決!

Category : 日々の暮らし
なでしこJAPANの熊谷選手がフランクフルトのチームでプレーしているのですが
未だ一度も応援に行ったことが無く、一度は見てみたいな~と思っていたら
「今週末は相手がポツダムだから永里選手と対戦だよ!」と
知り合いから聞いたので、これを逃すものか!と見に行ってきました。

女子サッカーをなめてました、私。
そりゃワールドカップの盛り上がりはありましたが、
常日頃のブンデスリーガがどれほど盛り上がっているのか、
たぶんそんなに盛り上がって無いんだろうな~と勝手に想像。

寒いし、お客さんも少ないし、コーヒーでも飲んで温まりながら
見ることになるかな~と。
魔法瓶にコーヒーを入れて、ちょっとつまむお菓子も入れて
寒かったら膝の上にかけようとブランケットまで持って
完全にピクニック状態の私。

彼が行きたがらず、せっかくの日曜日なのに散歩に行きたい!と
言うので、「前半戦だけ見よう!」と約束してしぶしぶ付いて来てもらいました。

スタジアムというよりは、サッカー広場。

この写真の左側ですぐプレーをしている感じです。

チケットは立ち見でEUR4.5、日本円で500円ほど。
試合開始30分ぐらい前に着くように行ったのですが

1、駐車場が見つからない・・・・すごい車!
2、入場までに20分以上並ぶ・・・

と、予想に反した展開で・・・。
結局試合開始に間に合わず、途中から入りました。

すでにすごーい人で、

大きなドイツ人ばかりでほっとんど見れません・・・。

ホントすぐ近くでプレーしてて、声も届きそうなほどの距離です。
ようやくちょっと見える位置を確保して観戦。


黒の4番が熊谷選手、青の17番が永里選手。

全くなんの下調べも無く、フランクフルトは強いらしいということしかしらなくて、
相手のポツダムが現在リーグ1位なんてことも知らなくて、
この試合がすごーいゴールデンカードだってことも知らずに行きました・・・。
どうやら満員御礼でチケット完売、5200人の観客だそうです。
この観客数は最高記録だとか。

っていうか、ドイツ女子代表選手がたくさんいて、
名前はわからないけど、あっ、あの人も、この人も!こっちも!という感じで
顔を知っている選手が沢山で、テンション上がる私。
そして、しぶしぶ付いてきたわりには私の2倍以上盛り上がる彼。
「スゲー!スター選手ばっかり!まるで代表試合じゃん!」と
鼻息を荒くしておりました。

この賑わいがいつもそうなのか、今日だけなのかはわかりませんが
完全に想像を絶する盛り上がりでした。
たまたまポツダムのサポーターの近くだったので、ゴールを決めれば紙ふぶき!

ポツダムの日本人、永里選手は「YUKI---!」と何度も呼ばれてました。

この日本人がドイツ人から愛され、応援されるというシチュエーションって
日本代表を見るのとはまた違う感動があります。

熊谷選手もフル出場で頑張ってました!
街でちらっと見かけたことがあって、勝手な親近感も沸いていて
やはり同じ女性として頑張って欲しいな~と。

結局、最後まで観戦(笑)
2対0でポツダムの勝利でした。

お天気は良かったけどとっても寒かったです。
でもサポーターのドイツ人たち、ビール飲むわ騒ぐわで、
男子サッカーとなんら変わらない盛り上がり。

もっと子供が沢山いて和気あいあいとした雰囲気かと思いきや
サポーターは真剣そのもの。
やじも飛んでたし、いいプレーにはたとえ敵でも拍手!
さすがドイツ、サッカーの国です。なんかそれを改めて実感しました。

また機会があれば見に行きたいと思います。
次は、何も持たずに行きます!
こんな大荷物、私1人でしたから・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆やっと行けた!Siesmayerカフェ。

Category : 日々の暮らし
昨日Japan Weekを見に行ったときに、
「せっかくだしワイン飲んでいく~?」と街のワインスタンドで1杯。

なみなみと注がれたワインのおかげで体がダルくなって

その後Parmengarten(植物園)を見た後、あまりにやる気も出ないので
ちょっとコーヒーが欲しい・・・・という状況になりました。
こういう時、コーヒーのカフェインの力を感じます。

植物園&コーヒーといえば!
ずーっとずーっと行ってみたかったあのSiesmayerカフェ!
ここは日本人のパティシエさんがいるとかで、
日本人の間でも有名なカフェ。ケーキがとってもおいしいです。
我が家に遊びに来てくれた知人が手土産に持ってきてくれたことはあれど、
カフェに来るのは初めてです!

予想はしてたけれど、激混み・・・・。

全く席が開いておらず、探し回っているうちにどんどん人が入ってきて、
たまたま席が開いたタイミングがあっても、後から来た人が次々座っていきます。
まあ、このシチュエーションはドイツではよくありますが・・・。

店員さんも忙しそうで、声を掛けても「そこで立って待ってて!」というものの、
立ってる間にも次々人が来て、タイミングよく席を取られたりします。
もうこの時点でちょっと印象悪し・・・。
もしここが一杯だったらもうちょっと歩いたところにあるカフェLaumer
行こうと思っていて、それはそれで楽しみだったのですが
でも、ディスプレイに並ぶありえないぐらいおいしそうなケーキを見たら
どうしてもここのカフェで!と思う気持ちが強くなり
とりあえずどこの席が開くか必死でチェックして待ちました。

無事着席して、来た店員さん、「注文は?」とのこと。
メニューも持ってこないし、っていうか超無愛想!!
ケーキはものすごーくおいしかったけど
(頼んだものと違うものでしたが、あまりの無愛想さにもういいや・・とあきらめました)

ざわざわしすぎて落ち着けず、また店員さんも無愛想で、
昔から行きたい!って思い焦がれていたカフェだっただけに残念・・・。

きっと土曜の午後なんていう最高に忙しい時間に行ってしまったのが
駄目だったのかも・・・。平日の空いてる時間がベストかも。

高級住宅街の中にあって、植物園からも直接入れるようになっていて
立地もすごくいいので、お金もちそうな人が沢山いました!
人間ウォッチングの楽しいカフェでした。
ケーキのお持ち帰りもすごい人で、大混雑でした。

ドイツっぽく無いケーキは最高においしかったです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆Japan Week最終日

Category : 日々の暮らし
日独交流150周年を記念して開かれていたイベント
Japan Weekの最終日の昨日、見に行ってきました。

まずはHauptwacheでの盆踊り大会。

奇抜な髪の色の人が数名いるのがわかりますか?
そしてその写真を撮る人。

日本はいまやこのアニメ・マンガ文化なくしては語れない?
こういうコスプレ系は全て日本人ではなくドイツ人がやっています。

その後少し移動してParmengarten(植物園)へ。
ここでもJapan Weekの催しがあります。
ちなみにJapan Week期間中はParmengartenの入場料は無料。

とはいえ冬の植物園は寂しかったです・・・。



きっと春や夏なら綺麗なんだと思います。

敷地内の一つの建物がJapan Weekの会場です。

素敵な言葉です。


中では、規模は小さいながらも色んなイベントがあり、昨日はちょうど柔道の披露。

いけばな

お人形が飾られていたり

こちらでもコスプレです。

お茶を配ってました。メイド喫茶ってことかな!?


自分の母国がテーマとなったこのようなイベントが開催されて嬉しかったです。
このイベントに来ている日本からの方々(ステージで色々と披露した方)は
ほとんどボランティアで自費で来ているとのこと。

震災があって、日本というイメージが悪くなって、とりわけドイツは厳しかった。
だけどドイツでなでしこJAPANが頑張ってくれて、
また新しい日本の強さを見せることが出来て
そしてこの11月のJapan Weekはすごく良いタイミングのイベントでした。
だったら、もうちょっと国とかがお金を出して、日本誘致の大きなものにしたら
よかったのにな・・・と少し思うところもあります。
特にHauptwacheの屋台イベントなどは日本の物が少なすぎ・・・。

植物園のようにわざわざ足を伸ばして来てくれる人は
少なからず日本に興味があって、ここに展示されたり披露されている以外の日本を
知っている人が多いと思います。
でもHauptwacheのような街の中心部で開かれるイベントは
ショッピングがてらブラブラ・・・という人がほとんど。
それこそ日本がどこにあるかも知らない人もいますし、
日本を宣伝する絶好のチャンスかな・・・と。

少なくとも近郊に住んでいる日本人がみんな行きたい!って思えるイベントで
あってほしかったな・・・と。

私も全部見たわけでは無いので私が見た部分がそうだったのかな~とも
思いますが、結構私の周りの日本人は行かない派が多かったです・・・。

でも、こうして日本を宣伝する機会は大切ですね。
しかもほぼ全てのイベントが無料だったのはすごいことだと思います。

さてさて、Japan Weekが終われば、本格的なクリスマスマーケットシーズン!
昨日ちらっとフランクフルトのマルクト会場を見てきましたが
すでにモミの木は設置されていました。

マルクトは11月23日からだそうです。
もう10日ほどなので、例年であればいろんな準備がされている時期なのですが
今年はこのもみの木以外はまだ準備されていません。
もしやJapan Weekがあったから特別なのかも!?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆IKEAで可愛いタオル発見!

Category : Bathroom
IKEAでとっても可愛いタオルを発見しました!冬らしい模様のタオル。

白とグレーの2枚組。
ちなみに赤と白の2枚組もありましたがこの白&グレーは残りわずかでした!

そして、そして、そして・・・・
あの欲しかったものがIKEA Family Cardで安くなる日でして・・・
買ってしまいました!9ユーロだったし、まあいっかな~と。

あと、少し前に買った冬支度用のタイツ、とっても良かったので、
追加で買いました(C&A)、入荷したみたいで今回はサイズも豊富でした。

今年は秋の初めのポカポカ陽気で“てんとう虫”が異常発生していますが、
てんとう虫が多い年の冬は寒いんだそうです。
いつでも一番分厚いコートを着れるようにしていますし、ヒートテックも準備万端!
かかってこい!という感じですが、家の車のタイヤを変えないと!
唯一うちののんびりさんだけがのんびりとしておられます・・・。

そんな昨日は日本の友人から小包が届き、中を開けると手袋!

ナイスタイミングです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





☆クリスマスが迫っています

Category : ドイツのクリスマス
街はクリスマス一色。
お店のディスプレイもクリスマスばかりです。

今、お店でよく見るのが、こういったろうそくが4本立ったもの。


これは「アドベントクランツ」と呼ばれるもの。

深い話は省きますが、要はクリスマス4週間前の日曜日から
1本ずつ灯して、4本とも火が灯ったらクリスマスがやってくる!というもの。
なので、4本のろうそくを立てるものが沢山売っています。

我が家のアドベントクランツはどうしようか考え中ですが、
きっといつもと同じかな~と・・・。

これは毎年飾っているアドベントクランツ(昨年の写真です)

4週間前から1本ずつ灯すので長いものは4週間、短いものは1週間な訳で、
なので、このようにろうそくの長さが違うアドベントクランツもあります。
もったいなくて火を灯さないので毎年同じものを飾れます(笑)

そして、これは毎年ママと作るアドベントクランツ。

今年作るかどうかは決めていませんが、本物のもみの木で作ります。
手がちくちくして作るのは大変なのですが・・・。

今年の第1アドベント(=1本目のろうそくを灯す日)は11月27日です。
それまでに準備をしないといけません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ





-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-