☆ワイン飲み放題のお祭り・・・?

Category : 日々の暮らし
天気のいい土曜日。
朝から旦那が「Sonne tankenしないとー」とわめきます。
Sonne tanken とは「太陽貯蓄」のこと。1年中言ってます・・・。

ってことで、付き合ってきました。
比較的、暖かくてお天気の良いといわれるラインガウ。

っていうか段々天気が悪くなってきました・・・太陽なんて出てません。

ワイン畑の散歩です。

途中休憩場所にワイン樽で出来たベンチとかあります。

ワインもちょうどこれから今が収穫シーズンのようです。
ブドウも一番実っている時期です。


2粒ほどブドウを味見してみましたが甘くておいしい!

こんな田舎町で、誰も歩いていないのですが

近くにワインが飲める!という看板。

ここが入り口。

誰もいない町なのに、こういう扉をあけたら大勢の人で賑わってることが多いです。

なかなか勇気が出ませんが、勝手に開けて入ってOKです。

このStrausswirtschaftってのがワインが飲めてちょっと軽食できるところです。
このStraus...って標識、いたるところにあります。

このお店には入らなかったのですが、
実はその前に、とあるワイナリーでワイン&軽食を取りました。

狭い道を走っていたら、火事があったのか消防車がいっぱいで先に進めなくなって
抜け道のような私道のような道を通ったら、ワインのお祭りらしきものが開催されたので
立ち寄りました、ワイン製造所の納屋みたいなところでやっていました。

ケータリングで食事が出来るようになっていて、
アルザス地方のピザ、フラムクーヘンとクリームチーズのディップをオーダー。
ディップのグラスがWeckですー!

セルフサービスなのでワインを買いに行ったら、「無料です」とのこと。
えっ?ワインが無料?そりゃワイナリーですけど大盤振る舞い過ぎないか・・・。

でもありがたく頂きました。

その後わかったのは、一般にオープンしているのではなく、
いつもここでワインを買っている人を招待して、振舞っている日だったそう。
同時にワインのオーダー会でもありました。
ワイナリーのおばちゃんに見つかった私たち・・・でも「どうぞ遠慮なく!」って言われたので遠慮せず飲みました(笑)入り口でチェックも何も無かったし普通に入ってしまいました。

ずうずうしくテイスティングコーナーも立ち寄りましたがここのワイン、高い割にはあんまりおいしく無かったです。タダのみしたお礼に何本か買っていこうかと思ったのですが、どれもイマイチ・・・。日本にいた頃は結婚式でぐらいしかワインなんて飲んだこと無かったの私もいまや偉そうにワインがおいしいとかおいしくないとか言えるようになりましたよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆無理やりハロウィン

Category : 日々の暮らし
だんだんクリスマスの飾りなどがお店に並ぶようになりました・・・。
もう10月ですしね・・・。

とはいえ、さすがにまだ飾るわけにもいかず、
今に限ったことではないですが、イースターが終わってからクリスマスまで(1年のうちほとんどですけど・・・)飾るものがありません。

無理やりハロウィン。とりあえずあるものを並べてみました。
オレンジのキャンドルはイースターと兼用です。

ドイツにはハロウィンはありません。商業的なものだけです。
っていうかセンス無い・・・・。
モビールでも作ったら可愛いかなと買った布製の飾りもそのまま置くしかなく・・・。

ハロウィンの飾りがいつからいつまで飾るものなのかもわかりませんが、
ちょっぴり秋らしく。かぼちゃは本物です。
飾り用に買ったわけでは無く、キッチンにあったもの。これから使う予定です(笑)

飾りは全て100均。

カボチャの後ろにキャンドルを置いて

夜はこんな感じです。

キャンドルの光って夏は見たくもありませんが、肌寒くなると心地よくなりますね。

それにしても秋の夜長とはよく言ったもので夜が長い!
恒例の1人金曜日。旦那はスポーツ。きっと夜中まで帰ってこないと思います。
夏のように夜も明るければ掃除に裁縫に色々と出来るのに・・・。
蛍光灯であればやる気も出るのに部屋が暗い・・・。
間接照明なお部屋です。この暗さ、たぶん永遠に慣れないと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆新しいiittala、可愛すぎ!「Sarjaton」

Category : Kitchen
iittalaの新作“sarjaton”が気になっていたので、
お店に並んでいるかな~と思って見に行ってみました。

なんと、ナイスタイミング、本日が入荷の日でした!
ですが、陳列途中で全てを見ることはできませんでした。

カタログも箱から出されたばかりのようだったのですが、陳列作業のお兄さんにもらっても良いかと聞いたところ、オフコース!って言われたのでいただいてきました。

頑張ってドイツ語で聞いたんだけど英語返しだったので、私のドイツ語が駄目だったか・・・と思ってプチショックを受けるものの、引き続き「これって新しいシリーズよね!」と話しかけたら、どうやらお兄さんのほうがドイツ語ができなかったらしく、英語なら・・・って言われました(笑)

フィンランドから来たんだそうです。
ドレッドヘアのお兄さんで、iittalaのイメージとは違うんですけど、多分iittalaの方のようで、色々と説明してくれました。

Sarjatonとはフィンランド語で「ノーシリーズ」という意味だそうで、え!?すぐに終わっちゃうの?と思ったのですが、そうではなくて色んなデザインがあるんだ、見たいな事を言っていました。ステッチをイメージした物や編み物をイメージした物などがあるそう。

私がTEEMAで家の食器をそろえていると伝えたら、
TEEMAとは同じ陶器なので、すごく合うんだ!と色んな組み合わせを見せてくれました。お兄さんのお勧めはグレーのTEEMAとピッタリ!だそうで、残念ながら私は白がメインなんですが、白もTEEMAと同じ白さなので全く違和感が無いんだよ!と、実際見せてくれましたが、ホント素晴らしく合いました。

っていうか・・・食器はもうTEEMAだけって決めてるのに!!
でもめっちゃかわいい!!

特に気に入ったのはこのグラス、可愛い~♪


マグカップも可愛い~。色んな柄をそろえて持ちたい!

こちらの画像とか見てたらキュンと来てしまいます。
こうやって食器が増えてしまうんでしょうね・・・。もちろん、何も買ってません!
これから冬になるとクリスマスとか誕生日とかやってくるし~!!

このシリーズ、キッチンタオルなどもありましたよ!
ホントーに可愛かったです。また近々見に行こうと思います。
結局、お兄さんと話せたものの陳列されてた実物はほんの少しだったので。
またまた楽しみが増えました!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆実家で処分したもの、Part2

Category : その他
実家で処分したもの・・・まだまだアホらしいものたくさん保管してました・・・。

①マッキー物がまだありました!FM802の懸賞で当たった

中身はバンドエイド。ちょっと劣化してました。


②プリクラ手帳!懐かしい!



③なんで保管してるんだろ・・・テレビぴあ。2003年ごろの。

将来読んだら楽しいだろうな~と思って保管してました。
でも処分しました。持ってたことさえ覚えてなかったし・・・。


④鳥谷くん入団のときのスポーツ新聞(笑)

若いね~。


⑤松井稼頭男選手のサイン(笑)

このサインをもらったときはまだライオンズにいました。

色んなものを処分して衣装ケースは1つに収まりました。
昔のお習字などの表賞状なども写真に撮って処分。
卒業証書も短大の物だけ保管しておきました。あとは処分。

高校の卒業証書は府立高校だったので「大阪府知事 山田勇」からもらっていました。
そう、あの横山ノックですね~。なつかしい!

ホント色んなものを保管してました・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆実家で処分したもの、Part1

Category : その他
日本の実家には私のものが衣装ケースにして2つ分ほど残っています。
整理や断捨離などを意識し始めて以来初めてそのBOXを開けました。
自分の中の「大切なもの」のハードルが以前より高くなったのもあって、今回本当にたくさんのものを処分しました。思い出に写真だけとったので一部ご紹介。

①阪神タイガース優勝パレードのMAP等

・・・いりませんね。

②ユーラシア大陸最西端「ロカ岬」に行った証明書

写真に収めておきます。嬉しくて書いてもらったけど行き場がなくて・・・。

③カセットテープ

光GENJIとチェッカーズ。
いまやテープを聴く手段すらありません・・・。

④8センチCD

これももう聞けないのでは・・・?マッキーのものばかりですが、どれも中古で買ったものだし全てアルバムで持ってるので処分。

⑤マッキーのファンクラブ会報

当時は穴が開くほど読みましたが・・・。決してマッキーが嫌いになったわけではありませんが、保管しておく必要はないと思ったので。


⑥SMAPのドリンク(未開封)

将来プレミアがつくかな~なんて思って買いましたが(笑)
このドリンクが出た時にリリースされたSMAPのアルバムにマッキーが作った「世界に一つだけの花」が収録されていて嬉しくて買いました。

つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆義両親の老後について

Category : 日々の暮らし
昨日のマイホーム探しの続きなのですが、今日旦那にふと尋ねてみました。
パパとママの住んでいる家、将来どうするの?と。
そう遠くない将来、パパやママがどちらか1人になることもあるし、
さすがに10年20年すれば、何か変わってくると思うんだけど・・・と。

「さあ・・・まあ・・・」ってあいまいな返答だったので、そこまで先の将来ではないし、すでに年老いている両親にとって今の家は大きすぎるのではないかということ、また近くにスーパーもないし車がなければ生活できないようなところで、これからもっと年老いていくのにそのままでいいのか、そういうことを聞いてみました。

たとえば、いま私たちは自分達の家を探しているけれど
ちょっと視点を変えて、小さくてもすごく便利で近くにスーパーとか色々あるようなところに
2部屋か3部屋のWohnungを買って、そこにパパとママをすませてあげるってのも一つの選択肢ではないかと、そして私たちがパパとママの家に住む。

そりゃパパとママの家はド田舎だし、すごく古いし私は出来れば住みたくない。きっと今のように街に仕事に行く事だって大変になるはず。だけど私たち億万長者でもないし、2軒も3軒も家を買うわけに行かないし。
現実的に今の状況を考えたらこの方法も一つではないかとシンプルに提案してみました。旦那は、確かにそうだね、と納得していましたが、パパやママに老後の話をするのって、まるでもうすぐ死ぬみたいな話で嫌だ、と言います。

78歳と75歳のパパとママ、もう現在が老後です。

私は別にそういう「死が近い」とか意地悪な視点で思っているのではなくて、パパやママのことを思うと、あんなド田舎は無理だろう・・・というシンプルな思いからなのですが・・・。それに私の日本の母はホームヘルパーの仕事を長年していることもあって老後の話とかすごく真剣にするし、考えてるし、決してネガティブなことではなくて、老後どうやって暮らすかみたいなそういうことをそれとなく言ったりしますが、旦那の両親は私が知る限りそんな話を聞いたことがないのですが・・・。

だけど一人っ子だし、やっぱり考えないといけないんじゃないの、と思うんですよね・・・。私、意地悪でしょうか。
別に実家を乗っ取るわけじゃないけど、実家はいつの日か空き家になっても古すぎるのでリフォームして売り出しても買い手がつくかどうかという状況。現に旦那の実家の隣のおうち(Doppelhausの半分)はなかなか売れなかったし。

しかも実は旦那の実家はまだローンが終わっていません。年金生活のパパとママがローンを払っているので、生活が厳しいんです。パパが早くに失業したことや、マルクからユーロへ変わったこと、そして今の家をほぼ頭金なしで買ったことが原因のようです。

現在すごく切り詰めて生活をしているし、正直大きなお金がいるときは息子である旦那に頼ってきます。まあ一人っ子だし仕方ないけれどそういう状況の中で、Wohnungを買ってあげるから、せめて共益費だけ払って生活できないかって思うのですが・・・。ローンの返済に比べればとっても額も少なくなるし、もう少し優雅な生活が出来ると思うんです。
だけどもちろん家の大きさからしたら今の家より小さくなるし、そういう点での優雅さはないけれど、なんか今の現状ってちょっとおかしいのではないかと思うんですよね・・・。

と、ここまではちょっと言いすぎかなと思ったのですが、一応私も家族ですし、正直に思っていることを旦那に話したら、お得意の計算式を紙に書き出してこの場合いくら必要で、この場合はいくらっていういつものお決まりの計算が始まりました。

そしたら、乗っ取り作戦(←だから乗っ取りじゃないって!?)のほうがやっぱり全体の額は相当押さえられるし、計算して身をもって感じた様子。
でも両親にはこんな話できないよ・・・と弱気。
だけど乗っ取り話ではなく、老後の心配話と経済状況の話をすれば
納得というか、当たり前の結論になりそうなんですけどね。

まあ、旦那はボソっと「じゃあみんなで一緒に住むか!」なんて言っていましたが、完全に聞かなかったフリをしておきました。お願いだからそれだけは勘弁して!

パパとママは旦那の両親だし、3人で決めればいいとは思うのですが、
私たち子供に頼らなければいけない状態の中では私も黙ってはいられない!

まっ、私の頭の中はパパとママの家のリフォームプランで一杯ですけど(笑)
今日の帰りの電車の中なんて頭の中で整理しきれなくて思わず紙に家の絵を書いてプランしてました。これは旦那には内緒です。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆ドイツの家探し事情と笑える物件写真

Category : 日々の暮らし
楽天って全部配信停止したつもりでも、なんかどこかのタイミングで配信希望にしたのか、新たにメールが来ませんか?もうイラっとします。

毎回配信停止の手続きを取るたびに、こんなものも購読してるの?とびっくりするんです。
買い物のときも絶対に購読しないにチェックするものの・・・・不思議です。

さて、本題。

別にすぐに、というわけではありませんが、マイホームを探しています。
Wohnung(いわゆるアパートの1室)を買うか、家を買うのかそれすらも決めていませんが、私はDoppelhaus(1個の建物を縦割りで2軒が左右に住んでいる家)がいいんですけど、そこまで必死でもないし、旦那が一生懸命探しているのでいつか縁のある物件があるんじゃないかな~と思っています。
家とか仕事とか、私は全部「縁」だと思ってるので、結構気楽です。

旦那は計算機片手に、いくらまでならローンが組めるのか、何年払うのか、
月々必要となる共益費などはいくらか、などやたらと計算しています。
そしてご丁寧に全部説明してくれるのですが、金利が・・・とかインフラだのデフレだのと言われてもわかりません・・・。

旦那はローンを早く返して、将来は早く定年して老後は色んなところに旅行してゆっくりしたいんだそうです。ゆっくりしたいって言ってもそもそも30過ぎてから働き出したくせに!私なんて20歳から働いてるわよ!だから10年は私のほうが先にリタイアするから!と毎回答えてます。ローンは15年で返すんだそうです。ふーん。

まあ、とはいえあまり真剣に探しているわけではないので、不動産屋さんに行くでもなくドイツでは有名なイモスカ(Immobilien Scout24)で見るものの、まあどこも高い!特に今住んでいる家の近辺は高くて高くて手が出ません。

この街はちょっと郊外で、でも電車で市街までは簡単にいけて、
街もある程度お店もあって、教育なども整っている、という住むには最適な街らしい。
だからとにかく高いのです。そんなお金どこから沸いてくるの?というぐらい。
私は別に他の町でも構わないのですが実家もこの街にあるし旦那は
この街で暮らしたいんだそうです、まあ育った街だからねぇ。
(っていうかもうパパとママの家が空になったら移り住んだらいいのでは?と思うものの、なかなか「パパとママが死んだらさあ」なんて話が出来ません・・・もう80歳近いのに!)

イモスカでいい感じの物件があると見るようにしてるのですが
だいたい写真が載っています、でもその写真が毎回突っ込みどころが多いんです。
たとえば、

いつの時代ですか!みたいな写真とか

洗濯物の写真はいらんと思うけど・・・とか

何でこの写真?とか

もうちょっといらんもの片付けられたのでは?とか

もう1枚ぐらい同じアングルで撮ったら?とか

いろんな写真がみれて面白いです。
個人的には誰かがまだ住んでいる状態の家の写真が好きです。

ちなみに私も一人暮らしをしていたときに、そのアパートを出ることになり
不動産屋さんに写真を撮られて、このイモスカに載りました。
自分の家が載るって妙に恥ずかしかったのを覚えています。

そんな私が当時住んでいたアパートはワンルームでお世辞にもいいところではなかったのですが、私の部屋の写真にだまされてか、見学だけはやたらと来ました。
そのたびに不動産屋さんが来て、私も立ち会って家を見せます。
まだ普通に住んでる家なんですけどズカズカと人が入ってきます。
靴を脱いでくれー!と毎回叫びそうになりましたけど!

でも失礼なことにたった一歩だけ入って「Nein!(ノー!)」といって出て行く人もいて
私は一応ここに住んでるんですけど!って思いましたけどね。

ここが昔住んでいたアパート。

机もソファーも普通に今も使ってます・・・。
夏は窓の外が一面緑の葉っぱになるので綺麗でした。

キッチンはちょっとイケてなくてこんな感じでした。
窓なしで暗くて備え付けのキッチンが古くてぼろぼろでした。

いや~懐かしい。海外に来て家探しに苦労しまくってようやく見つけたお部屋。
あの頃はイモスカを見るのが憂鬱でした、家探しがこんなに大変だなんて思いもしなかった。ことごとく色んな物件に断られたり、こちらから願い下げだったり・・・。会社が借りてくれていたマンスリーアパートの解約ギリギリでようやく見つけたこのお部屋。

このアパートのハウスマイスター(家の修理などを受け持つ人)がこのお部屋を見せてくれたときに、「私はドイツ語が話せないの」と言ったら「僕も君の国の言葉を話せないからお互い様だね」と言ってくれたそのひと言に泣きそうになったのを覚えています。

1年半ほど生活した思い出のお部屋です。
さてさて、私たちの夢のマイホームはいつ見つかるやら~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆スタバで名前を聞かれるのが面倒です

Category : 日々の暮らし
今、ドイツのスターバックスで10周年記念として
毎日お昼の12時までトールサイズが1.5ユーロというキャンペーンをしています。

そこまでスタバに行く機会はないものの1.5ユーロはお得なので
このキャンペーン開始以来3回ほど立ち寄りました。

ドイツのスタバではオーダーの際に名前を聞かれることが多いです。
カップに名前が書かれて、出来上がった際には名前で呼ばれたり、呼ばれなかったり、名前を聞かれた意味がよくわからなかったり色々ですがこの名前を聞かれるのが結構私は嫌いです。大体聞き返されるし、いちいち説明するの面倒だし。

前に、ドイツの苗字になったことで病院の受付などがすごくスムーズになった!と書きましたが、それも苗字であって、こんなスタバのシチュエーションはさすがに苗字じゃなくてファーストネームだろうし・・・。

ということで、色々とチャレンジしてみました。
日本語の名前を真っ向から伝えると聞き返されます、それも2度、3度。
なので、先日は苗字を伝えてみました!ドイツでは全く問題のない名前。
なのに、スタバのお姉さんはまさか「苗字」が来ると思っていなかったみたいで
何度も聞き返されました・・・日本名より時間がかかりましたよ・・・。

ということで、最近は名前の短縮型で伝えています。
違う人のことみたいですが、こんな些細なことで苦労したくないので。
さすがに日本人の顔の私がヨーロピアンな名前を使うのはおかしい?かな、と偽名を使うのも気が引けるし、このシチュエーションを上手く切り抜ける方法ないですかね。
「私の名前はややこしいから数字にして!」と言ってみるとか・・・。

ちなみにこの間は、ファーストネームを伝えたところ
コーヒーを作っているお兄さんから「ねえー○○!」と突然呼ばれ
「ザーネ(クリーム)はいる??」と超フレンドリーに聞かれました(笑)
名前を伝えてはいたものの、不意に呼ばれると逆に驚きますね・・・。

スタバのキャンペーン、お得だしちょくちょく通いたいけど
名前のことを思うとなんだか面倒です・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆ブランディアの買取査定価格は!

Category : その他
実家で整理をした際に、買取してもらえる物は買い取り業者に依頼しました。
どこも無料で宅配買取をしてくれるのでありがたかったです。
ですが、本人が思っているほど高く買い取ってくれるわけではないですね・・・。

捨てることを考えたら・・・という程度で納得するしかありません。
いくつかの会社に相見積もりをかけるほどの時間的余裕もないですし
もう先方の言うとおりと思うしかありません。
オークションに出してもいいのかもしれませんが、それも面倒だし
海外にいるとなかなかスムーズに行かないし
ebayでやり取りするほどドイツ語も達者じゃないし・・・。

ということでブランド品やメーカー品はブランディアに買取をお願いしました。
買い取ってもらいたい物はわざわざ日本に持って帰りました。

就職祝いにもらって以来使っていないティファニーのボールペンこそ
1400円で引き取ってもらえたものの、
それ以外はロンシャンのトートバック、新品ですら200円でした・・・。
でも三越閉店セールの衝動買いで絶対に使わない色でもう6年も新品のまま保管・・・。
捨てるに捨てられないし・・・という状況でした。

でもブランディアは有名ブランドではなくても引き取ってくれるので
エルベのトートや、TOPKAPIのバッグなども引き取ってもらいました。

ヴィトンだプラダだの色々ブランド物であれば高く買い取ってもらえると思いますが
私が送ったのはどれもプチブランドばかりなので大した物ではありません・・・。

ですが、対応はとても早くて送り状もダンボールも送ってくれるし、
ヤマト指定なのですぐに取りに来てくれるし、商品到着から見積もり回答まで
とにかく早かったです、急いでいる方には最適かもしれません。

査定金額の一部をご紹介。

TIFFANY&Co./ ボールペン  1,400円
Anya Hindmarch/ ポーチ  800円
DIESEL / ショルダーバッグ  800円
GINZA Kanematsu / ブーツ / 500円
LESPORTSAC / ボストンバッグ / 黒 / 500円
LONGCHAMP/ トートバッグ / 200円
Herve Chapelier/ トートバッグ / 200円
SAZABY / ウエストポーチ / 100円

その他ブランド物のスーツは50円とか100円とか・・・。
結局依頼したものすべてて5000円程度になりました。

まあ本当に安くしか買い取ってもらえませんが、納得しなければ買取をキャンセルできて、また家に送り返してくれます。でも私はもうそれは面倒だったので先方の言うまま買い取ってもらいました。気分的にはスッキリです!

あとは、両親が昔コレクションしていたレコード(合計50枚ほど)を宅音便へ依頼。
かなり古い物でプレミアがついてるかも!なんて思っていましたが結果は600円。
でもずっとベッドの下に収納されていたので、ホコリの原因にしかなっていなかった物を
600円でも支払ってもらえるならありがたいことです。

あとは古本買取(←これは全く期待していません)と、切手買取の返答待ち中です。
ここで貯まったお金は実家のソファー買い替えの軍資金!に寄付する、と母に言っているものの、ほんの少しの足しにしかならないですね・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆コンシンネの新しいおうち

Category : 家庭菜園・植物
根っこが成長しすぎたコンシンネちゃんを植え替えて早数ヶ月。
大きくなった容器に合うポットを探すものの20~40ユーロと高いものが多くて
そこまでは出せない・・・といつの日かいいものが見つかるだろうと思って
ずっとこの状態のまま数ヶ月がたちました。

昨日、買い物に行ったALDIで大き目のポットがなんと3.99ユーロで売っていて、
これがぴったりあったらかなりお得!と一度家に鉢の大きさを調べに帰って、
その後もう一度ALDIに出かけて無事購入しました。

ほんのちょっとはみ出てるけど・・・、でも無事おうちを見つけてあげれて良かった。
でも、何とびっくり、すでに鉢の底から根っこが出てきてました・・・。
とりあえず出てきていた根っこは切りました、でもこれまた時間の問題のような・・・。
ホントすくすく成長しています。居心地がいいのかな・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆MUJIのケースを追加して衣替え

Category : Closet
なんだか急に寒くなったドイツ。
クローゼットはまだ夏物が入っています。
衣替えのない生活をしたいと思いつつ、まだまだ服も多い・・・。
でも最近思っているのは、春夏・秋冬という衣替えではなくて、
日常・休暇という分け方でよいのではないかと思うようになりました。
本当に「夏」っていう洋服は、ほぼ休暇でしか着ませんし。

とは言うものの、とりあえずベーシックな衣替えをしました。
半年ごとに必要、不必要を見極めて、もう少しシンプルに出来ればなと思います。
そんな衣替えに先駆けて、MUJIの衣装ケースを追加しました。

本当は左側も同じ衣装ケースにしたいのですが、なんせ高いので
少しずつそろえて行きたいと思います。
でも左側のBOX(IKEA)と右の衣装ケースの幅がピッタリで最高です。
ちなみに右側が冬物、左側が夏物です。
いつまでこの状態が持つかわかりませんが、立てて収納してみました。

とりあえずこんな感じになったのですが、

今回嬉しい発見がありました!

吊るすタイプの収納なのですが、そこに300均のケースが綺麗に入ります!
取っ手もあるので引き出せます。

この布の収納棚とケースはもう何年も前から日本にいる頃から使っているのですが、
この2つが上手く合うなんて考えもしませんでした。

そしてクローゼットが終われば下駄箱。

下駄箱というものがないので、ブーツは地下の倉庫から持ってきました。

旦那は衣替えがいりません、年中同じ。
いいものをずーっと着るタイプなので、服がほとんどありません。
なので衣替えといっても、冬のマフラーや手袋などの小物を出す程度。

そんなマフラー、毛玉だらけでみすぼらしい・・・・。
BOSSなのに、まだ2年しか使ってないのに・・・。素材の問題なのか・・・。

ということで、毛玉とり機なんてものはないので、T字かみそりで取りました。
2人で黙々と取りました、地味な作業です。

さて、家のことが終わったら、絶対行かないと!と思っていた場所へ。

近所のワインやさんです。
ここは結婚式の時にもゼクトを買いに来ました、色んなワインテイスティングを実施してるので(しかも無料でテイスティング!)、時々買いに来るお店。地元の小さなお店です。

今しか飲めない発酵途中のワイン、Federweisser。

毎年このお店に買いに来ています。

このお店では何かを買おうとすると必ずそれを試飲させてくれます。
納得したものを買って欲しいんだと思います。
なのでこのFederweisserも試飲。可愛い味してあとから結構くるのです。

このようなポリタンクに入っていてそこから瓶に移し変えます。

発酵途中なので密封してしまうと瓶が爆発してしまうので、
瓶の蓋に穴が開いているのが特徴です。
そのため、瓶を横にもできないし、しっかり持って帰る必要があります。

車で来ているなら、箱がいいわねーと箱に入れてくれました。

1本2ユーロ。冷蔵庫に入れておけば発酵が遅いし、外に出しておけば発酵が進みます、どんどん味が変わっていくのも面白いです。
味は完全にぶどうジュース。昔、日本から来た友人にぶどうジュースだよ、と勧めたら普通に「おいしいジュースだね~」って飲んでいました。それぐらいお酒らしくないお酒です。

このFederweisserだけは、お土産で日本に持って帰るわけにも行かないし
ドイツでも2週間ほどしか飲めない貴重なワインです。
ちなみに玉ねぎケーキ(Zwiebelkuchen)と飲むのが伝統です。

冬支度も終わったし、秋も満喫!
でも今日はこれからキッチンの片付けに取り掛かります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ





☆夢見ていた花嫁さんではないけれど・・・

Category : 日々の暮らし
納戸を掃除して以来、お掃除にはまっているらしい旦那のママから
「掃除をしていたら見つけた!」と旦那が子供の頃に書いた絵をもらいました。

将来の自分なんだそうです。

旦那の隣には金髪の花嫁さん(笑)
ごめんね、夢がかなわなかったね・・・。

ちなみに私は先日実家の掃除で、高校のときの文集が出てきて、

(左が文集、右側は文化祭の演劇の台本、楽しかった思い出が詰まっています)
最後のほうにクラスで一番○○な人って投票コーナーで、
「外人と結婚しそうな人」の1位に輝いてました(笑)

今日は旦那が友人とサイクリングに出かけてお昼過ぎに戻るというので、
よかったら友人をつれていらっしゃい、お昼ご飯作っておくから~と、カレーを煮込み、

ドイツ人ですから食後のデザートも必要ね、とケーキを焼き

今回ようやくタルト生地が上手く焼けました!

日曜日ですが朝からバタバタです。
金髪ではないけどいいお嫁さんもらったでしょ?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆数十年ぶりに出てきたキッチングッズ

Category : その他
ほんの一瞬の一時帰国でしたがその間に家の片付けを手伝いました。
今まで気になっていたところ、地震が来たら危ない家具配置、
おそらく、母の人生至上最大の片づけだったと思います。
捨てた不用品の数は、ゴミ袋で50袋ほど、カラーボックスなどの棚も処分。

またこの辺は写真と共に報告するとして、
片付けの間に出てきたものを実家から持って帰ってきました。

桜や花の型抜きとプリンの容器。
このカニさんの容器は昔子供の頃に見たっきりです。
数十年間仕舞い込まれていました。キチンの吊戸棚の一番上の段に。

これからは私がしっかり使いたいと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆中山寺へ子宝祈願

Category : ベビ待ちの日々
一瞬、日本に帰国した合間を縫って、行ってきました。

兵庫県の中山寺。安産祈願で有名なお寺です。

実は、少し前に「子供がなかなか出来ない」と母に伝えたら、母がいち早く1人でお参りに行ってくれて、祈願をしてくれました。お札もすでにもらっていました。

中山寺以外のお札やお守りは、父がお参りに行ってくれたようです。

できれば私もどうしても自分で行きたかったので、ようやく行くことが出来ました。

すごく偶然ですが大安吉日。なんかいいことがありそうだな~。

実は日本で色々と家の掃除をしました。
とてつもなく大掃除で、両親が昔から使っているベッドの下をあけたら
母が昔作ったお人形が出てきました。とっても懐かしいお人形。
そしてたんすの奥にも昔作ったお人形が多数しまいこんでありました。
埃っぽい真っ暗な場所で辛かっただろうな・・・ごめんね。

そんなお人形を全部外に出してあげて飾ることにしました。
もしかしたらこのお人形達が外に出たい出たいって思ってるのにしまい込んでしまっていたことが、私に子供が出来ないこととつながってるのかも・・・と母が言っていました。
こういうことって証明は出来ないけれど、子供が出来るってことはそれぐらい神秘的なことでどこでどうつながっているかわからないのよ、という母。
なので今はお人形さんはみんな仲良く飾られています。

私たちの赤ちゃんはいつやってきてくれるかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆20年ぶりの再会

Category : 日本
日本でとある吹奏楽のコンサートを見に行きました。

私が通っていた中学の吹奏楽部です。
数年前からOBやOGも集めて年に1回の定期演奏会を開いています。

私も2008年に参加しましたが、それ以来チャンスがないままです。
中学、高校と吹奏楽部に入り、社会人になってからは地元の楽団で演奏していました。
楽器も持っていますが、もう数年吹いていません。

今年も参加したかったのですが休暇のタイミングが合わないのと、
日ごろ楽器を吹いているわけではないので練習もしていないし、
顧問の先生には残念ながら参加できない旨連絡していました。

実は卒業生の中には音楽の道でプロになっている人も多く、
そのプロになった人達は見事に私が所属していた頃のメンバー。
忙しい合間を縫って、参加している人もいるのですが、
遠くニューヨークで活躍する先輩や、日本中を飛び回っている同級生や
参加したくても参加できない状況の人が多いのです。

でも、今年だけはどうしても顧問の先生のために演奏したいと、
それぞれそう願っていたら、その願いが通じたようで、
たまたまJapan Tourが入った、たまたま大阪で仕事があった、
そして私のように全く帰る予定はなかったのですが、たまたま日本に帰ることになった、
そんなたまたまが全て集合して、びっくりするぐらいみんなが集まりました。

中には20年ぶりの人も!
みんな自分の人生を歩んできたこの20年。20年ってとっても長い期間ですが、
不思議とみんな変わらないんです、もう面白いぐらい20年前と一緒。

当時は怖くて話せなかった先輩も、今この年になると何でも話せてしまう。
大人になるってこういうことなのかな、とか思ったり。
これだけたくさんの人たちが集まったのですが本当に同級生は3人だけ。

同級生って響き、すごく嬉しいです。
社会人になると自分の回りに同級生って一気に減りますよね。
会社の上司や先輩、後輩、色んな年代の人に囲まれているのが当たり前。でも同級生って、何でも話せるし、気を使わなくていいし、気取らなくていいし、全く昔と変わらないし、なんなんでしょう、20年ぶりにあってもすぐに昔に戻れてしまうこの不思議な仲間。

そんな仲間とこういう機会に再会できることは本当に嬉しい。
来年こそはまた舞台に立ちたいな・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆久々のデートは「収穫祭」

Category : 日々の暮らし
ずいぶんご無沙汰です。お久しぶりです。

実は、色々ありまして短い間ですが日本に帰っていました。
昨日、ドイツに戻ってきて普通に生活しています。

たった数日間だったのですが、私との時間が少なかったからといつも金曜日はスポーツに行く旦那が、今日は私のためにスポーツをお休みしてデートする!と言い出しました、「どこに行きたい?」と聞いてくれたので迷わず「収穫祭」と答える私(笑)、田舎くさいですかね・・・。明日までの3日間、フランクフルトの市内で収穫祭が開催されています。

このお祭りは私が1年の中で一番好きなお祭りです!

街の中心部にたくさんの動物達がやってきます。




これが本当に癒されます。

毎年恒例の豚ちゃん。寝そべっているのはママ。ママの鼻の先にいるのが子豚。

子豚ちゃんは元気一杯でママ豚の頭に乗っかって遊んでますがママはびくともしません。

牛の乳搾り体験が出来たり、

こんなに近くで動物に触れられます。

私の好きなカゴやさんも毎年出展。

ジャガイモの種類を展示するブース。

秋の野菜もたくさん。


おいしいパン屋さんも!その場で焼いています。


とってもおいしそうだったので明日の朝食用のパンを購入しました。

そして、牛を見ながら発酵途中のワイン「Federweisser」を飲み

2杯目はワインとチーズ。

とってもおいしかったです。

すっかり寒くなって、夜が更けるのも早くなりました。
薄手のコートでも寒いぐらいです。

暗い時間に久々に見るAlte Oper。

何のパーティなのかレッドカーペットが敷かれていました。


とうことで元気にしています。
色々書きたいことが溜まっているので追々書いて行きたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆駅のホーム、観察日記

Category : 日々の暮らし
日本の駅の整列乗車は外国人がびっくりすることのひとつかと思います。
ドイツは日本のようにきれいに整列して待つわけではないのでホーム全体にバラバラと人が待っています。また人が通りにくいだろうとわざわざ気を使って隅っこに立つような気遣いも無く、それぞれがそれぞれの待ちたいポイントで待ちます。そのためそのホームを歩こうとすると、混んでいるときなどは人を都度よけて歩かなければなりません。

いつも乗る電車のホームで少しホームの幅が狭くなるところがあります。
幅が狭いところで好き勝手にバラバラと待たれると、その立っている人の前を通ろうか、後ろを通ろうか迷うことがあります。待っている人が気づいてよけてくれることはほぼありません・・・。

人の前を通る場合、電車が入ってくるかも・・・とか、線路に近いから怖いな・・・と思うことがあります。でも人の後ろを通るほど壁とその人の間は開いてないんです・・・。

こういう状況の場合、日本的には「無理してホームを動かない」だと思います。
たとえ電車の前方や後方など乗りたいところがあったとしても、人がホームにいるならば動かないという手段も一つの選択肢。

なのですが、ここはドイツ、違います。
ホームの端っこすれすれを歩く人が多いものの、それ以外では

☆立っている人の横に立ち止まり「通しなさい」と無言の圧力をかける。
☆「ここは通路なのでもうちょっと壁側で待ちなさい」と普通に注意する

どちらのパターンも、日本人的にはちょっと難しく、理解しがたいですが、毎日観察するのが実は楽しみだったり・・・・

そして先日は、待っている人なんてお構いなく突進して歩いていくおばさんが出現しました。一応ちょっとはよけて通ろうとしているのですが、おばさんが大きな荷物を持っているため、その荷物が人にぼんぼん当たるのです。

そしてここはドイツ、その荷物を当てられた人は
「ちょっと、当たったよ、もうちょっと注意して歩いてくれるかな?」とおばさんに注意し、おばさんは「あなたが通路の真ん中で待つからいけないのよ!」と逆ギレ。
あらまあ・・・どっちもどっち。

ホント、みんな自己主張が強いです。
もちろんみんながみんなそうではありませんが、そもそも「人が多く通る通路でもお構い無しにどこでも待つ」ということが全ての問題の原点かと思います。
みんな、もう少し空気を読もうよ・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆「とりあえず買い」はもうやめます

Category : Kitchen
キッチンのざるやボウルを一新したいという思いは変わらず色々と調べています。
今使っている100均のボウル、

分かりますでしょうか、はげてきてポロポロっとなっているのが。

これはもう十分使ったといえますよね・・・(自分を納得させたい!)

柳宗理のステンレスボウルにあこがれるのですが、
ステンレスって泡立器とか使うと嫌な音がしないかなあ・・・。
というのが目下の不安。まあ超巨大なドイツレシピ用のプラスチックのボウルがあるので、何かを泡立てるときはそれを使えばいいかな~とは思いますが。

そしてこの一番登場するIKEAの小鍋。数ユーロでした。

毎日本当に毎日使っていますが、ここ数ヶ月、食器だけでなくお鍋などもなるべく食洗機で洗うようにしているのですが、そのときにこの取っ手の裏に水がたまって取り出すときにその水で他の食器が濡れてしまってイラっとします。お茶碗とか、汁物のおわんとかも水がたまりますよね・・・。

次にお鍋を買うときはこの「取っ手の裏」は重要ポイントです。

このお鍋も、ボウルもドイツに来たときに一体どれぐらい長く住むか分からなかったので「とりあえず」で買った物。でもその「とりあえずもの」も、どこかのタイミングで見直したいな・・・と思う物のその「とりあえずもの」が山ほどあります・・・。ベッド、ソファー、棚、テーブル・・・全てIKEAで一番安い物にしました。どれも5年を越してだんだんきしみ出していますが、まだ使えます。ベッドのマットレスなんて波打ってます・・・。食器やカトラリーは一新しましたが、タッパー(これは現在取り組み中)、中途半端に揃ったグラス、掃除機、なだどなど「とりあえず買い」ばかりです。

もうこれからは「とりあえず買い」はしないようにします。
消耗品とかは安くて使える物を探しますが、壊れない限り使い続ける物はしっかり見極めてから買いたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆義母との納戸整理、番外編

Category : その他
アニキ・・・引退ですか。
18年ぶりの優勝を果たした2003年ごろ、ほんと何度も何度も甲子園にタイガースの応援に行きました。高知のキャンプにも行ったなあ・・・選手と同じホテルに泊まったり。あの頃は応援歌もフルで歌えたなあ・・・。当時、広島から移籍してきたばかりのアニキ、アニキのおかげで本当に楽しいタイガースライフを送れました。金本選手、お疲れ様でした!

さて、本題です。
先日の旦那の実家の納戸整理、ママの棚だけ片付けて、パパの棚は触ってはいけないといわれたと書きましたがそんなパパの棚は工具類が一杯です。

極力触らないようにしてでも微妙に片付けました。

それにしても釘、ネジなどすさまじい量があります。
物を高さ順に並べたりするのが日ごろから好きなパパ。工具類もこのとおり。

でもね・・・壁につけてしまうと手前に物を置いたら取りにくいよねえ・・・。
ちなみに壁に白い板が打ち付けてありそこに工具が引っかかっているので
この場所を変えるのは不可能だと思います・・・。

他の工具もこんな感じ。

壁にかけるのが好きなようです。
何も棚の奥の壁にしなくても普通に壁にすればいいのにね・・・。

ちなみに工具類は触らなかったけど、下の段の靴は少し勝手に整理しました。

だって隙間があると思えば、2足重ねていたり・・・床の上にもたくさんありました。
これが最後の写真↓↓ちょっとだけマシになりました。

右下に置かれている白いバケツ、これ微妙に邪魔なんですけど
このパイプみたいなのから時折オイルが漏れるんだそうです。

このパイプは一体何???

納戸のお片づけのBefore&Afterは

Before


そしてAfter


でも最後に、かばん類を一番前に引っ掛けられました・・・。

もう勝手にしてくれ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆ドイツは暮らしがシンプルだとか言われるけれど・・・

Category : その他
先日、義両親宅での整理整頓や、義父のジオラマの件に対して色々コメントを頂いたのですが、特にドイツに住んでいたり、住んでたことがある方から「そうなのよー」とうなずける内容のコメントがたくさんありました。ドイツ人の旦那さんの子供のころの服やおもちゃ、絵、ノートに教科書・・・が残っている人も多く、中には昔の彼女からのラブレターまで!保管されている家もあるようです。

ドイツはシンプルな暮らしとか、無駄の無い生活とか、
日本でも本のテーマに選ばれるほどの国ですが、実際は違う・・・気がします。

THEドイツ人家庭にはそこまで多く訪れたわけでもなく、またケラー(地下倉庫)や納戸などを見せてもらうほどの付き合いもそれほどありませんが、今のアパートの地下倉庫は隣近所が金属の柵で仕切られているだけなので、お隣さんの地下倉庫がどれほど荒れているか、どれほどものがあるか隙間から見えます。その量はすさまじいです・・・。工具類や車関係のもの、冷蔵庫に洗濯機・・・とにかく物が一杯!

以前も載せた写真です。これがうちのケラー。


たぶん、アパートいちスカスカ。

こういう場所があるから、何でも仕舞いこめます。
お客様に見える家の中はとーってもきれいでも、ケラーの散らかりようはすごいです。
散らかるというか、一応整然と整理されていても物が多すぎて圧倒されます。

賃貸アパートでもこのケラーがお部屋と共に借りれるのですから、
邪魔な物は押し込んでしまえば、おうちはすっきり!
ドイツの「シンプルライフ」の根源はここにあると思います。

旦那の実家もまさしくそんな感じです。
家族には荒れた場面を見せても平気、でもお客様には見せない、
礼儀ともいえますが、見栄っ張りとも言えると私は思います。

お客さんが来るときの義両親の片付けレベルといったらすごいです。
日ごろは自分たちが良いと思って飾っている物でさえ撤去しますし。
そしてお庭には、そのときに満開のお花を植えたり準備はすごいです。

基本、いつ誰が突然来ても大丈夫なレベルにはなっていて
誰かが来ると分かっているときは、その上のレベルになる感じです。
「散らかっててごめんなさいね~」という感覚は無いですね・・・。
なので、私もドイツ人宅にお呼ばれしたときは、
インテリアだけでなく、きれいに整理された状態も褒めちぎるようにしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆このまま一生100均で行くか・・・

Category : Kitchen
最初に買うときにもっと慎重になればよかったものってありませんか?
私は、結構たくさんあります。最近の例ではタッパーとか。

適当に100均とかで買ったもの。壊れるわけでもないし
このまま一生使えそうな感じの物、なんとなくもったいなくて買い換えるわけにも・・・。

たとえばキッチンのザルやボウル。全て100均です。
プラスチックがもろもろになってはげてきています。
よく考えたらちょっと体に悪いかも・・・、でも使えるしなんなら使いやすいし。
プラスチックなので水切りとかもパンパン叩いてるし、気兼ねなく使えます。

あとは片手の小さなお鍋。これはドイツに来てすぐIKEAで買いました。
数ユーロだったと思います。ほぼ毎日使っています。
私の好物、春雨ヌードルに最適な大きさです。
このお鍋もまたこれから一生使えそう・・・。
他のお鍋はドイツ製でこれから一生使うつもりでいるのに、
一番出番の多い片手鍋が一番安い適当な買い物をしてしまった・・・。

一生使えそうなら使えばいいと思うのですが、
ザルもお鍋もできればどこかのタイミングで一生ものを手に入れたい。
そんなことをずーっと考えてて、そろそろ決心のときかな~と。

お鍋もザルもいいと聞く、柳宗理デザインにしたいな・・・と思ってます。
もう何度ネットで調べたことか・・・。

ステンレスは絶対に買おうと思っていますが、そのほかに狙っているのは、ガラスボウル。でもこの柳宗理のガラスボウル、まったく売ってません!ほぼ品切れ・・・。
廃盤と書いていたりするのでもう取り扱いがないのかも・・・。
レンジやオーブンにも使えるらしいし、サラダを盛り付けられそうだし、
果物を入れておけるし、とにかく1個で色々使えるのがいいのです。
まあ、似たようなものどこかにありそうですけどね。

キッチン用品ってドイツにいいものがたくさんありますが
日本のものに妙に惹かれたりします。実用性もですが、
せっかくだから日本人が作ったものを使いたいな~と無性に思うことがあります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆パパの趣味で素敵な暖炉のお部屋が使えません

Category : その他
パパの趣味、ジオラマ。
私が旦那と知り合ってから、その趣味をいじっている姿を見たことがなく
3階のお部屋にどーんと陣取って入るものの全く使われていないジオラマ。

3階は屋根裏部屋で暖炉があってTHEヨーロッパというお部屋。
暖炉を囲んで団欒するなんていい感じ~って思うものの、その暖炉のお部屋にパパのジオラマが陣取ってます。

部屋の全てがジオラマです。

電車は数百台は走ってると思います。


人もいます。


働いてる人までいます。

全ての電車が動きます。ここが指示を出すところ。

とにかくこの趣味は相当なお金がかかります。
電車とか1両数万円とかします。ありえない高額な趣味です。
もう遊ばないなら売り飛ばしたらいいのに・・・と思うのですが、
そんな私に意地を張ってか、最近またこの趣味を始めたらしい。
いやどちらかというと始めてるフリをしてるみたいです。

確かに以前はもっとこのお部屋が散らかりまくってたのに、妙にすっきりしてます。
ジオラマも木があって山とかあったのですが全てつぶれてすっきりしています。
線路にありったけ載っていた車両も撤去されてる!

本気で再開するのかも。

そんなこの屋根裏暖炉部屋は屋根が斜めになっているのですが
その隅っこに収納があります、こちらまさしく屋根裏収納。

ハイハイでしか入り込めません・・・。すさまじく使いにくい収納です。

そんな屋根裏収納にも山ほどのジオラマグッズ。

この収納だけでも幅10メートルぐらいあると思いますが、物・物・物!

ここにも旦那の昔の教科書やノートがあるらしい・・・。ゾッとします。

これは収納ではなくゴミ置き場では!?というぐらい荒れています。
人に見えるところは結構綺麗にしてるのですが、こういう場所はすさまじいです。

こんなこと言いたくはないけど、もう高齢のパパとママにはここを整理する体力がありません。そもそもハイハイして入っていくなんて私でもしんどい!それをこれからもこのまま放って置かれても旦那は1人息子ですしこの先どうなるかわかりますよね・・・。日ごろ使っているものならともかく、教科書だのノートだの、旦那の子供の頃から今までの服、おもちゃ、全部あるそうです。少しでもすっきりさせておきたいのですが先日の納戸みたいに結局、貧乏だのなんだのと言われて何も出来なくなるし、ならばもうそのまま好きなだけ散らかせば?と思うほど・・・。

でもここよりひどい最大の物置があるようです。昔ちらっと見たことがあるけど、
すごいことになってたのは覚えてます。

旦那もこの状態は知っていてどうにかしたいと思っているようですが(ホント・・・??)
戦後の貧しい時代を生きた世代はね・・・と、パパやママの溜め込みをどうしようも出来ないようで・・・。

この間も旦那が10歳頃の時に使っていたポロシャツが出てきました。
ママが「これ見て~」と嬉しそうに見せてきました。もちろん小さくて着れません。
当時ママが縫い付けたワッペンがついていて、それを見て懐かしい~と
思い出話に花が咲く旦那とママ。それはそれでいいことかもしれませんけどね・・・。
でももう着れないよね、ではなくてまたちゃんと袋に入れてどこかへ仕舞われます。
孫に着せたいのか!?

この昔の服の登場は結構頻繁にあります。この間もぼろぼろのGジャン。
見せるだけ見せてまた仕舞ってました。
数着ならまだ「思い出」というレベルで置いておくのは悪くないと思いますが、全てですからね・・・。どうするつもりなのかなあ・・・。

それにしてももったいないなぁ、こんな趣味にひと部屋潰すなんて・・・、贅沢。
私が昔住んでいたワンルームマンションより確実に広いです・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆旦那の大昔の教科書やノートが出てくる出てくる・・・。

Category : その他
土曜日のパパの誕生日会は18時に来るように言われていました。
色々とバタバタして、シャワーも浴びたいし、準備もあるしまだカードも書いてない!と大急ぎの準備になり、カードは私が準備、中の文章は旦那担当で分担し、私はとりあえず家にあるカードを探しました。

もう何年も、10年いやもっと前から持っているこの2つのカード。

多分母が昔旅行先のお土産で買ってきてくれたと思います。
よく見たら、ドイツ!なんとユーロではなくドイツマルクの時代です。

でもこのカードは旦那が思っている物とは違うらしい・・・。
もうちょっと素敵なカードがいいらしい・・・。

ああ、面倒・・・と思いながらも家にあった白い紙で適当に作りました。

海草みたいになってますが、薄い紙があったのでそれを貼りました。
中に桜の切り抜き(季節ぜんぜん違いますけどね)を入れましたが見えない・・・。

時間も無いので超バタバタ。

とりあえず外側だけ作って、私は先にシャワー浴びるからと文面の用意を旦那に頼み
用意をしてカードの続きを、旦那はメモしてくれていて交代でシャワーを。

予想してましたとも、絶対外れない予想をしてましたとも!
字が読めないからメモしてもらってもわからないのよー!

もーイライラするわー。時間無いのに。

そんな旦那は、私が翌日、ママと掃除をしているときにママから託されたミッションを遂行する必要がありました。それは、旦那の過去の資料を整理すること。
こんなファイルが山ほどあるのです。

ファイルの穴が見事にハンガー用の穴になってますね。

小学生のころからの全てのノートや教科書がまだ残っています。
もう絶対に見ないだろうし、捨ててしまってもいいんじゃないの?と思いますが
一番駄目な整理整頓のスパイラルにはまりましたよ、全て読んでいます・・・。
そーっと覗いてみましたが進んでいる感じがしません・・・。
やけにリラックスして「読み」に入ってます・・・。

そんなことしてたら何時間あっても片付かへんよ・・・。

いらない物はここに入れてね!とママが出してきた入れ物

旦那が赤ちゃんのときに使ってたベビーバス!

まあ、なんでもかんでも出てくること!怖いわー。
ちなみに3時間ぐらい過去の資料を読んで、捨てるのがこの量。

この倍ぐらいの量を、「家に持って帰る」というのです!
ちょっと、どこに置くのよ~??と聞いたら、地下のケラーとのこと。
そんなのそこに置いたって、またこれから一生そこにあるだけでしょ?
意味無くない???と聞いてみても、いつか読むんだそうです。

もうママも何も聞かずに捨ててくれればよかったのに・・・。
小学校のころのノートなんて、捨てるか捨てないかは本人より親に権限があるんじゃないかと思うんですけど・・・。

ああ、もお、イラっとするわー。

そんな旦那は来週末も片付けに呼び出されてました。
まあそうやってママがお尻をたたいてくれるのは助かりますが・・・。


ちなみに、旦那が学生のころに書いていた字は今より数段読みやすく
とってもきれいな字でした、どこでどう変わったの・・・??

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆義母との整理整頓、疲れました・・・

Category : その他
ママに頼まれて整理整頓をした場所。それは納戸。
家は広いのですが納戸的スペースは少なくて、食品庫、下駄箱、工具類保管、掃除用具保管、BAGなど、とにかく色んなものが入っています。

はじめてみたときは衝撃的でした・・・。
しかもめっちゃ使いにくそうに使っています。見るに見かねて手伝ってあげるから一緒に整理整頓する?といってみたところ大喜びだったので後に引けず、今回手伝いました。

こちらが納戸。


ごっちゃーってなってるので何のことか一瞬わかりませんが、
大きく分けると四角い小さいお部屋で正面の棚が食品兼、ママのもの。左側の棚がパパのもの兼下駄箱。そして扉を開けるスペース的に棚が置けないと思っていたもう一方の壁にはまた扉がついていて、その奥がボイラー室みたいになってました。そこに洗濯機がありました。

こんな場所があったなんて・・・今まで知りませんでした。
確かにどこで洗濯してるのかな・・とは思ってたのですが。
ここももうちょっとどうにかすればいいのに・・・。
でもこのお部屋は見なかったことにして。

メインは納戸の2つの棚。
パパとママという形で分けてるのがそもそもおかしいぞ・・・と。
というのも、ママのお願いは「ママの棚の整理」だったので、パパの棚は触らなくていいとのこと。でも見るからに物がかぶってますよ・・・、全体的に見直したほうがいいと思うけど・・・と言ってみるも、パパはこの状態が不満じゃないので、パパのものは動かしてはいけない。パパの物がどこに行ったかわからなくなると、パパはイラっとして面倒だから触らずに!とのこと。

しかもママの棚にパパのものが時々混ざっていて、それを見つけるとパパの棚に適当に置くママ。そんなことだから一方は綺麗になっても片方は荒れていく一方・・・。まあでもママがそういうならそうしますけどね・・・。

棚の下のほうにおいてあった食料の備蓄分を手の届きやすい高さに移動。
お庭で栽培したミントを乾燥させて瓶詰めにしていたり、お決まりのジャムも一杯。
ワインも動かしたかったけれど壁に棚がくっついてるのでそこまで解体するのは不可能。
とりあえず食料だけ動かしました。

 ↓↓↓ 全て撤去したかったのですが、それもかなわず少しずつ移動しました。

この棚の下のほうには、出るわ出るわのウイスキーやジンなどのアルコール。
パパが昔働いていたときお客様からもらったものだそう。何十年前の話ー??

でもここはママの棚ですがパパのものなので触らないで!とのこと。ああ、やりにくい。
飲まないならもう処分したら?って思うのですが・・・。
そういうことを発言すると、ママは子供の頃すごく貧乏で、パンすら手に入らなかった時代があって、そんなに物を捨てられないのよ!何でも大切にしなきゃいけないの、と言ってきます。むずかしいですよねこういうのは。でも明らかに存在を忘れられて数十年というものですけど・・・。まあこの貧乏話、後々つじつまが合わなくなりますのでお楽しみに。

とりあえずママの棚の物をチェックしていたらやたらと出てくる布類。

古いシーツとかテーブルクロスとか、大き目の布です。地面に直置き。

でもこれは絶対にこの場所に置いて!とのこと。何に使うかと思えば、「有毒なものが撒かれた時に毒から身を守るために使う布だから、場所は絶対にここで探し回ってはならない!」とのこと。「毒」ってなあに??って思っていたら、たとえば「原子力発電所の事故」なんだそう。もし事故がおきたらこの布をかぶって非難するんだそうです。へえ・・・・。もう嫁としてはコメントを控えておきました。

この納戸を整理して、一番たくさんあったものって何だと思いますか?
ドイツらしいな、と思うもの。

それは!!


靴磨きのグッズ!ブラシにクリーム。


この靴磨きグッズが超大量に出てきました。

しかも触るなといわれたパパの棚にも一杯ある・・・。
さすがに「パパのものと分ける必要はないと思うんだけど・・・」と提案してみて、これに関しては納得してくれたので、とりあえず靴関係を取り出してみると・・・クリームだけでも30個以上!しかもどれも黒、茶色用で用途が一緒な物ばかり!

貧乏だったから物を捨てられない、と言っていたのはどこの誰?
捨ててないとしても、持ってるものを次々買いすぎ!全て中途半端に使われていて、古いものはもうクリームも固まってしまってカチカチ。

メーカーも内容も全く一緒のものが続々と出てきました。
あまりに多いので並べていたら、「これはパパに見せては駄目!こんなのパパが見たら失神するわ!」とのこと。なのでちょっと隠して分散して収納するわね!とのこと。なんなのーー!!

ということで一部のみをトレーに入れました。

手前に写っている丸い缶も靴のクリームで、この缶だけで10個ぐらいありました。このトレーは「パパに見せてもいい」分量です、残りの大量のクリーム類は別に隠されました。

ホント、つっこみたくなることが一杯でしたが、実の親なら言えることも、義理の親だし言えないことがたくさん。自分の家ならもうちょっとマシに整理するけどな・・と思いつつも、ママの意見を尊重して、ママ指揮のもと私が手伝ったような感じです。

それでも相当満足したらしく、べた褒めされまして、
「今度は3階の納戸をお願いね、そこはここよりもっともっと難易度が高いわよ!」とのこと。整理の作業は好きなのでいいのですが、やれパパのものだの、触るなだのそういうのが面倒!全て任せてくれれば早いのに・・・。

ああ、疲れた。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆無事、帰宅しました。予想的中の1泊2日。

Category : 日々の暮らし
無事、旦那の実家から戻ってきましたー!
昨日予測したこと9割当たりました~(笑)、自分でも笑えるほど大正解です!

それでは昨日から今日にかけての一部始終をご紹介。

まず夕食は、前菜から始まり

メインはお肉の串刺し。ママにしては珍しい料理です。
お肉、ソーセージ、たまねぎを串に刺して焼くだけ。


とりあえず手伝いました。

ママの料理でフライパンが登場するのは本当に珍しい。ちなみにWMFのです。

焼き上がり。ソースはケチャップとマスタードを混ぜたもの。

そんなソースつけたら味もなくなってしまいます・・・。
なので私はお庭から収穫した紫蘇を巻いて食べました。

こちらもお庭で取れたお豆。

この絵が一面に入ったお皿は先祖代々伝わるもの。

いつの日か私たち夫婦に引き継がれるんでしょうね・・・いらんけど・・・。

私が写真をたくさん取るのはブログに載せると知っているパパやママ。
旦那も張り切って、この写真撮りなよー!とセッティング。写真にビールが写ってしまうので、わざわざよけてくれたそんな旦那が隅っこに写ってますね。

綺麗なボトルとグラスだよね~、ラインガウ特有のグラスだよ~と説明してくれますが
そんな美しい話を報告したいわけではないのですが、
一応、旦那は写真だけ見てブログを楽しんでいるので、載せておきます。

あと、これも載せないと!

どこかのワイン祭りでこのテーブルクロスをもらったらしくそれを敷いていました。
ヘッセン訛りの文章がたくさん書いてあって、読めた人からご飯食べていいよ!という
私にとっては面白くもなんともない遊び。大盛り上がりする大人たち。

段々暗くなり、お庭の木にランタンをつけました。

寒くて毛布やブランケットにぐるぐる巻かれながら座っていました。
暗くなって見えないのでキャンドル。これ、お誕生日用のキャンドルです、可愛いです。

予想通りパパは「もう寝るね~」とベッドに入り、ママと旦那と私の3人。
私は同席こそしていたものの、毛布に包まってお庭で熟睡。

結局深夜まで語ってました。
そして、翌朝はダラダラ寝ていたくないので旦那をたたき起こし9時には朝食。
もちろんお庭で。

見るからに食欲の出ないハム、ソーセージたち。

クラシックこそなかったものの、1時間以上かけて食べました。

そしてここで出ましたよ!!ママからお決まりの発言!

「今日はとってもいいお天気ね、まだまだ夏だね~。こんな日は森に散歩に行ったら気持ちいいわよ!お掃除の前に気分転換にお散歩に行かない?」と出ましたー!散歩発言。

私は断りました。すぐに作業に入りたいから散歩はパス!
ってことでママも私と整理するため、散歩はパパと旦那で2人で行ってもらいました。

整理整頓の話はまた別に書きます、色々ありすぎて・・・(笑)

作業は結構、早く進んでお昼には終了。
ママがランチを作ってくれました、当たり前ですがお庭でランチ。

ランチが終わったのが14時ごろ。
「とってもいいお天気ね~、お掃除して疲れただろうから、お庭の椅子でお昼寝しなさい、気持ちいいわよ~、あとでコーヒー入れてあげるからそれまで寝てなさい」というママ。
それにしたがって昼寝の準備に入る旦那。

でも私、がんばりました!
突然の来客もあったので家が散らかっていること、洗濯物も多いこと、だからもう帰りたいと提案。旦那は「30分か1時間ぐらいいいじゃない~」と言いましたが、そんな1時間程度で終わるはずはない!ここは負けてはならぬ!「私は眠くない、ここだとすることもないから寝たいなら家で寝て!私はその間家のことが出来るから!だから帰る!」といいましたよ、負けませんでした!

ってことで帰ってきました!
早速洗濯機を回してます、旦那はお昼寝中です。

それにしても疲れた・・・。整理整頓の作業の労働というよりは、精神的に疲れました。
私が昼寝したいわー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆旦那の実家に整理のお手伝いに行ってきます!

Category : その他
今日はパパ(義父)の誕生日。78歳です。
今夜はパーティです。旦那のゴッドファーザーのおじ様夫妻と共に。
今日は土曜日なのに仕事で朝6時に起きたので眠いです。しかも朝からずっと初対面のドイツ人とドイツ語漬けだったのもあり頭も使うし気も使うしで普通以上に疲れました。
このまま夜まで頑張れる気がしません。
実は今夜はパパとママの家に泊まります。
なぜかというと・・・ママがずっと私に整理整頓をしてほしいと言っていて
小さな物置なのですがかなり荒れていて、時間もかかりそう。
週末丸1日使っても終わるかな・・・?というほど。

あまり先延ばしにするのも悪いし、まだ気候もいいうちにやってしまおうと思って、どうせ今夜パパとママの家に行くし、それならそのまま泊まって明日朝イチから取り組めばいいかな・・・と。家まで車で10分だし本当は帰りたいけどまあ一度帰ると翌日旦那に送ってもらうとなると朝起きるのを待たないといけないし、色々考えた末、前の日から泊り込むのが早いし、それなら前の日に行く用があるならなおさらいいし。

ということでこれから誕生日会⇒お泊り⇒整理整頓というのがこの週末のプランですが、絶対にこの通り行かないと思います、絶対に!
100%予測できます、この予測100%自信あり。というのも明日の天気予報は快晴!
そろそろドイツ人も、もう秋どころか冬の気配を感じはじめ、お天気の日は1日でも多く太陽に浴びたいという時期に入っています。(年がら年中、太陽太陽ってうるさいわー!)


『私の予測』

誕生日会はお庭で毛布に包まりながら寒い寒いといいながら深夜まで続く
  ↓↓
おじさんたちが帰っても「今日は泊まるのよね~」とママと旦那と私で引き続き話す、
パパは先におやすみ~と去る。私は眠くてソファーで眠る、その後全員就寝
  ↓↓
明日は眠くて&お泊りなのであまり眠れず遅めの起床
  ↓↓
ママは張り切って朝食を作って、音楽を聴きながら優雅な朝食
  ↓↓
予定より遅れて整理整頓に取り掛かる
  ↓↓
ママがランチを作ってくれる、お庭で食べる
  ↓↓
「こんなにいいお天気はもうあんまりないわね~、あ~とってもいいお天気、
こんな日に何も倉庫の掃除なんてしなくてもいいわよー、せっかくだからお散歩に行きましょ!整理整頓はまた今度続きをやればいいのよ~」とママが言い出す。
旦那にいたっては、こんな日に家にいるのはいやだーと機嫌が悪くなる。
  ↓↓
結局整理整頓を切り上げて、散歩に出る。
  ↓↓
せっかくだし晩御飯も食べていきなさい!とママが申し出る、旦那は快諾。
  ↓↓
家に戻るのは日曜深夜

ああ・・・見え見え。
でも、明日こそは意地でも反対するぞ!
散歩に誘われてもみんなで行っておいで~と、1人で作業を続けるぞ!
疲れ果てて夕食前には家に帰るぞ!

結果は必ず報告させていただきます。
それでは今から行ってきま~す!

その前に、パパの誕生日カードを作らないと・・・。
これも毎回毎回、正直面倒だわ・・・。書くことないし・・・。
基本こういうカードとか書くのとか好きな性格なのですが、
カードに書く文言とか、ドイツの風習みたいなのもわからないし・・・ああ面倒。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆突然の宿泊客!ゲストルームが欲しい!

Category : 日々の暮らし
今日ルフトハンザが歴史上最大のストライキに入りました。
24時間のストライキ、約1000便が欠航・・・。すごい規模です。

そろそろ仕事終わりだ!と会社にいたら、イタリアの友人から連絡がありました。
実は夏休みを取って2週間日本に帰っていて、今日成田からドイツに戻ってきて
これからローマへ飛ぼうと思ったのに、予定のフライトがストでキャセルになってるのー!
とSOSの電話がありました。イタリア人の旦那さんと2人で日本に行っていたそうで
戻ってきたらこのストライキでびっくり!とのこと。

とりあえず今日はもう身動きがつかないとのことで、
明日以降にしかローマには戻れないためもうどうしようもないし、
うちでよかったら泊まりにおいで~とお招きしました。

もちろん誰かが泊まる予定なんてなかったので、家は荒れてましたが
先に帰っていた旦那に連絡して、パパっと片付けてもらってお出迎え。
旦那はどうしてもはずせない用があるので挨拶しただけで渋々外出、
私は友人夫婦と楽しい夜を過ごしました。

突然訪問してごめんね、と恐縮してましたが
私としては予想外に楽しい日となり、逆に来てくれて嬉しかったです。

この夫婦は私たちが春にイタリアに行ったときにお世話になった夫婦。
持ちつ持たれつで、今回はうちに泊まってもらえたし、
また近いうちにローマに遊びに行きたいな~と思います。

明日は朝一番から空港に行って、乗れる飛行機で帰る!とのことで、
ホント数時間の短い滞在です、時差ぼけでもうすっかり2人とも眠っています。

誰かが来ることを異様に喜ぶ旦那。今日も急いで掃除して、ビールにワインに山ほど冷蔵庫に詰め込んでくれていました。おもてなしするのが好きみたい。本当なら今夜も明日もドイツ観光に引っ張りまわしたいところでしょう、なるべく早く帰ってくる!と意気込んで出て行きましたがもう2人は寝ちゃったよ~。

急にお客さんが来ても大丈夫なゲストルームとかある家に住みたい!
ありったけの家のブランケットをかき集めて即席ベッドを作りました。

決して快適とは言えないけど、誰も知らない土地で足止めになることを思えば
少しは安心してうちに来てもらえたかな・・・と。

そういえば何ヶ月か前も会社の別のオフィスに勤める同僚が
電車がストップして飛行機に乗れなくてうちに来てくれたな~。
そのときも困って連絡をもらいましたが、あの日も急な来客に私は楽しかったなあ・・・。

ゲストルームの夢は膨らむばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆最近、お花の押し売りを見かけます

Category : 日々の暮らし
毎日の生活で慣れっこになってしまっていますが、街を歩いていたり、
カフェやレストランにいると近寄ってきてお金をくださいと容器を差し出してくる人たち。
また道路に座ってお金を集めている人たち。
あと電車の中で一方的に音楽を演奏してお金を集める人もいます・・・。
話し声も聞こえなくなるほどの音量で決して心地よい物ではありません。

先日警察官が、話しかけてお金をもらおうとしている人に「話しては駄目!」と注意していたので、言葉を発さなければOKなのか・・・?と思ったのですが、最近ますますこういう人たちが増えたと思います。

よく目にしていると、大体同じ人たちが同じ縄張りで活動していて、
時にはアクティブに、時には道路に座り込み、それを数分単位で繰り返す人などもいて
はたから見ていても感心します。

先日、街を歩いていたら女の人が1人で私と旦那に近づいてきて
「カバンを失くしたの!家に帰るお金が無いから電車代を下さい」と言ってきました。
ドイツ語でしたがネイティブではなく、ちょっと怪しい感じでした。
ただ、怪しさ90%、シリアスさ10%という感じで一瞬戸惑ったのですが、
カバンを失くしたなら警察にいくなりすればいいし、
携帯を借りるとかもうちょっと違う方法があるのではないかと思って
私と旦那は目配せをしてその場を立ち去りました。
今でもその人が本当に困っていたらと思うと申し訳ないですが、
こういうのも多いのでどうしても親身になってあげられません。

そして最近もっと増えているのがお花売り。
男性バージョンと女性バージョンとあるのですが、必ずベビーカーを押しています。
マーガレットやひまわりなどの可愛いお花を「どうぞ~」と満面の笑みで渡してきます。

ドイツでは時々、お店のオープン記念などで本当にお花を配っていることもあるのでお花をもらうことはそこまで珍しいことでもないため、一瞬戸惑うのですがこのお花、受け取ってしまうとお金を請求されます。ちゃんと話を聞いたわけではないのでどのような文句でお金を徴収しているのかわかりませんが、子供がどうやら・・・と言っていました。受け取ったからには払わなければいけないのか・・・という人たちがお金を払っているのを見ます。定額なのか、募金系なのかはわかりません。時々怒ってつき返している人もいますが・・・。受け取らないに越したことは無いと思います。もしくは受け取る前に「これはどういう意味なのか」と聞いたほうがいいと思います。(もちろん正当な理由でこの活動をしているのかもしれないので、なんとも言えませんが・・・)

本当に生活に困って、このような行動をしてる人もいると思います。
ただそう装っているだけの人もいます。その辺の見極めが難しいです。
スリや泥棒行為ではないし、まだ可愛いものなのかもしれませんが、
ここ最近本当に増えたな、とつくづく思います。

住んでいると慣れてきてわかるようになりますが、観光で特に海外のこういう部分に慣れていない人は多分戸惑うと思います。なかなか立ち去ってもらえなくて困ってしまうと思いますが、目を合わせず無視しておけばあきらめて去って行きますので相手にしないほうがいいと思います。

時々本当に困って道を聞いてくる人とか、そういう人まで一瞬怪しんでしまうし
「すみませんが・・・」と話しかけられると、常にお金の要求?と思ってしまって、
最初はどうしても怪しんでしまいます。
見掛けは怪しくないので道に迷って困ってる人だ!と思って答えたら
「Kleingeld bitte(小銭ちょうだい)」と言われたり・・・。ホント、見極めが難しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆受け取った2枚の葉書

Category : 日々の暮らし
旦那の叔父さんがベルリンからやってきました。パパとママの家に4泊滞在するそう。
叔父さんとそのパートナーのおばさんと一緒に。
うちの旦那が物心着いたときから一緒にいる2人ですが、叔父さんとおばさんは結婚していません、パートナーです、いわゆる事実婚。もう40年以上だそう。
2人とも一度以前に結婚したそうです。叔父さんは75歳、おばさんはたぶん70歳ぐらいです。仲のいい2人を見てると結婚ってどんな形もありなんだな・・・と思えます。

私たちの結婚式にももちろん2人で来てくれて、唯一の「動物」として参列してくれた2人の愛犬タミラちゃんも一緒に今回もベルリンからやってきました。
可愛いけど全くなつかないため写真を撮れない・・・。すぐに逃げます。
なので結婚式のときのタミラちゃん。

タミラって名前がどうしても覚えられなくて、すぐに忘れてしまいます。
なんだたっけ??と考えていつも思い出すのが「ナタリー」・・・。なぜかわかりませんが、思わず「ナタリー」と呼んでしまいます。そういうことありません?外国人の名前って・・・。

そんなタミラ話は置いておいて、昨夜仕事の後、その叔父様カップルと、
旦那の両親とでご飯に行きました。田舎のドイツ料理のお店。
毎週火曜日はヘッセンビュッフェ、ということでヘッセンのお料理のビュッフェです。
アップルワインは飲み放題(そんなに飲めるものじゃない・・・)、ビュッフェとはいえ、選ぶほどありませんでしたが、このレストラン、おいしいらしい(そもそも食べないヘッセン料理なのでほかの店との差もわからず・・・)。
ちなみに18時半ごろ行ったらおじいちゃんおばあちゃんのグループで満席でした。
老人会の集合ではないかと思うほど、高齢者だらけ(笑)
田舎のドイツ料理ですからね・・・。私たちが一番若造でした。

そんなレストランのお手洗いに行った所、扉にはこの表示。


ドイツでは普通Damen(女性)、Herren(男性)、その頭文字でHとDだけとかありますが、このパターンは一瞬わかりませんでした。文字も旧字体だし・・・。ちなみに上が「Er」で男性、下が「Sie」で女性でした。ドイツ人ならすぐに判断がつくのだろうか・・・。
って話を旦那にしたら、そもそもニワトリがオスとメスの絵でしょ?って・・・。知らんわー!文字がなくてニワトリだけだったら完全にわかりませんでしたよ・・・。

で、本題ですがレストランって名刺のようなお店のカードがレジのところにおいてあることが多いですよね?あれ、旅先でたまたまおいしいお店に出くわした!とかなら取ってくることもありますが、どこにあるか知っててなんなら何回か来たこともあって場所も名前もわかるレストランならあえて要らないと思うのですが、そんなカードをお店を出るときにママがお店の人に「もらってもいい?」と聞いていました。どうやら絵葉書サイズでちゃんと送れるようになっているのでもらっていいかどうかが知りたかったらしい。

私はそんなやり取りをしているママを見ながら先にお店を出ました。
遅れて出てきたママが「はいどうぞ!可愛い葉書でしょ!」とくれました。

ん・・・いらん・・・・。これをどうしろと・・・・。
だってこのレストラン知ってるし、誘われない限り来ることもないし
電話番号も住所もネットで見ればいいし・・・また増えましたよ、いらないもらいもの。
名刺サイズのもは使わない名刺入れに入れているのですが、葉書サイズというところがこれまた微妙!邪魔~!
私のことを思ってくれるのはありがたいけど・・・。

その後はパパとママの家に行って、寒いのに毛布に包まりながらベランダでワイン。
私以外の皆さん、寒くないのかしら?
最初こそ頑張って話してましたが、話題が歴史、政治、経済に移り・・・眠い・・・。
途中からタミラちゃんにちょっかいを出して場をしのぐものの、逃げまくられ・・・
こっそりクラッカーをちぎって餌でつろうと思っても来てくれない!
犬にすら相手にしてもらえませんでした・・・。可愛くない奴・・・・。

深夜まで語り、家に戻ったら旦那の親友から絵葉書が。

クロアチアからです。
旅行からはとっくの昔に戻ってきてますけど、旅先から送ってくれました。

この友人、旅に出ると絶対に葉書を送ってくれます。
内容はたいしたことなくて、太陽浴びてゆっくりしてるよ~とかひと言なんですけど、毎回必ず。2泊とかの小旅行でもわざわざ送ってくれます。
こういう旅先からの手紙って私は全く今まで出したことがありません。パパやママも長期でどこかに行くときは必ず送ってくれます。そういう気遣いの出来る人になりたいな・・・と毎回旦那と今回は出そうね~と言いながら、忘れます。

レストランの葉書と、友人からの葉書、
たまたま同じ日に2枚の葉書を受け取ることになりましたが、全く有り難味が違います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




☆悩みまくったタッパー選び

Category : Kitchen
お弁当の汁がかばんの中で漏れたり、旦那の車の中でにんにく醤油が漏れた事件などタッパーに悩まされる事件が発生し、まとめて買ったタッパーセットは無駄な買い物をしてしまって後悔しているのですが、高いものでもないので必要なものはちゃんと持っておこうと決めて探すこと何週間、いや、何ヶ月。

emsaの容器を1つ買って試して、これはいいと思ったので
必要な大きさを考えに考えに考えまくって、2個追加しました。

どちらも3ユーロ台(300円台)のものなのでそこまで迷うこともありませんが
こういうものは1度買うとほぼ一生使うことになるので気に入ったもので品質が良くて、スタッキングできて、色んなものに使える大きさで・・・・と考えていたら決められず、何度emsa売り場に行ったことでしょう。

悩んで悩みまくって選んだのがこの2つ。
もちろん、蓋はどちらも取り替えられるので、水漏れが絶対にしないほうの蓋と、閉めるだけの蓋(結構しっかりしまります)のどちらも自由に使えます。これ重要です。
どちらも水漏れ対策の蓋にしようか迷ったのですが、利便性を考えて違う蓋にしました。
ちなみに四方がパチっとしまるほうの蓋も、蓋の溝の部分がすごくすっきりしていて隅まで洗えるというのもこのemsaのウリのようです。

また、上下に重ねてもすっきりします。

タッパー置き場って荒れますしね・・・。

とはいえ買ったいまのままの状態では数が増えただけなので、使わないものは引き出しの整理などの仕切りなど違う用途で使いたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-