☆オープン翌日のSKYLINE PLAZA

Category : 日々の暮らし
昨日、フランクフルトのメッセ横にオープンした巨大ショッピングセンター
「SKYLINE PLAZA」に行ってきました。

しかも行ったのは夜の23時ごろ・・・。
もう眠かったし買い物なんてする時間ではないのですが
たまたま帰り道に車で近くを通ったのでせっかくだしーと。
オープン記念で?24時まで営業しているようです。

それにしても23時とは思えない人出でしたよ。

お店のラインナップは真新しいものは無く、あえてここに来なくても
どこにでもあるお店ばかりです。
ただ、この辺では珍しく「フードコート」がありました!

IMG_2859.jpg

そして屋上はガーデンになっています。

IMG_2860.jpg

こういう雰囲気、日本みたいです!

IMG_2863.jpg

お散歩もできますしベンチなどもふんだんにあります。

IMG_2862_2013083107450352c.jpg

夜景も綺麗だしデートに最適ですよ!

IMG_2861.jpg

IMG_2864.jpg

ZeilにあるMy Zeilがオープンした日は初日に行って
ここSKYLINE PLAZAは2日目に行くことになりましたが
どちらにも共通していることがあります。

それは、オープン初日(翌日)とは思えない作りであること。

きっと最後はおもいっきり急いで仕上げたのでしょう。
色んなところでアラが目立ちます。
埃も多くて、最後のお掃除できませんでしたよね?みたいな感じです。
特にSKYLINE PLAZAはモーターショー(IAA)に必死で間に合わせました感が否めません。

次にいつ行くかわからないほど用はなさそうなお店と場所ですが
たくさんアパートなども出来ている場所だしきっと流行るでしょうね。

予想以上に大きなショッピングセンターでしたよ。







☆メルケル首相がやってきた!

Category : 日々の暮らし
先日こんな看板を見つけて

IMG_2856.jpg

あらー、メルケル首相がフランクフルトに来るんだ!とわかって
ただ有名人を見たいがために行ってきました。

あとはかっこいい警察官達もこういうときは集まってますからね!

IMG_2854.jpg

9月22日の選挙に向けた行脚のようです。
選挙権の無い私には関係ないことですが、
メルケル首相を見れるなんてあまり無い機会だし、
私はドイツに来てから首相はメルケルさんだけなので勝手に親近感も沸いていて
せっかくの機会なので見に行くことにしました。

場所はフランクフルトのレーマー広場。

IMG_2800.jpg

少し早めに行きましたがすでにすごい人です!
メルケル首相登場まではライブ音楽などを聴きながら待ちます。

IMG_2802.jpg

IMG_2815.jpg

和やかな雰囲気かと思いきや、私たちが立っていたところの一角が
なんだか変な雰囲気になってきました。
観客同士で言い合いをしている人もいて、私服警官もうろうろしています。

何かと思えば反対派の人たちの集まり。

IMG_2853.jpg

ドイツの政治のこと、詳しくはわかりませんが
SPDやDie LINKEの人たち、あとは空港騒音の反対派など。

IMG_2838.jpg

IMG_2811.jpg

とにかくこの人たちは騒音を出して演説を妨害しています。
笛の音とかとてもうるさかったです。みんな耳栓して音を出してるんです。
とにかく騒ぐという感じの人たち。

レーマーの教会の上から、警察官も監視していて物々しい雰囲気。

IMG_2817.jpg

そして待つこと1時間、メルケル首相が登場です。

IMG_2827.jpg

事前に配られているAngie(メルケル首相の名前)が書かれたプラカードなどを掲げて
みんなメルケルさんを暖かく迎えます。

IMG_2810.jpg

IMG_2836.jpg

IMG_2841.jpg

それでなくてもデカイドイツ人にまぎれて、プラカードなんて掲げられたら
全くメルケル首相が見えません・・・。せっかく来たのにー!

強引に前のほうに行ってようやく!

IMG_2846.jpg

うわーメルケルさんだ!今日は紫のスーツです!

そして演説。

IMG_2848.jpg

テレビそのまんま!

IMG_2851.jpg

でももう反対派がうるさくてうるさくて
耳がおかしくなりそうなほど音を出すので、途中で退散。

そしてこういううるさい人に「静かにしてくれ!」と怒る人たち。
そこから言い合いが始まります。
「君達の党派はだめだ!」「いや僕らの党は間違ってない!」とか
本当に言い合いするんですよね、びっくりです。

有名人が見れる!なんて甘い考えは私ぐらいかも。
みんな真剣に聞いているし、真剣に反対活動するし・・・。

選挙まであと1ヶ月弱。さてさてどうなるでしょうね。






☆旅グッズの減量化、「コスメ」編

Category : Bathroom
旅グッズの減量化、「バスグッズ」編
からの続き、今回は「コスメ」編。

今までは日常使いしているコスメを外泊の度に持ち出していました。

IMG_2787.jpg

あまり気合を入れない薄化粧なので、量は少ないのですが、
化粧筆が別になるのがなぁ…。

IMG_2788.jpg

化粧筆の他に、アイブロウやアイシャドーのチップなども入っています。
化粧筆はとっても気に入っているものの毎回持ち出すのが面倒。

そして何より毎回、用意して持って行って、帰ってきたら戻して・・・というのが
時間の無駄にすら思え、しかも化粧品は出発日の朝まで使うから
最後、出かける前に詰める荷物なので毎回忘れそうになります。

この調子で外泊が続くのか今だけなのかまだわかりませんが、
とりあえず、旅用のコスメを準備することに。

でもいつ使わなくなってもいいようにプチプラなのと
だからと言ってケミカルな化粧品は使いたくない、
荷物減量にも効果があるようにしたいという思いからこのようになりました!

IMG_2795.jpg

これが全て。案外少ないです。薄化粧だし。
きっちり入れればここまでコンパクト。

IMG_2797.jpg

まずは下地、これはいつも使っているもの。

IMG_2793_20130830050119b84.jpg

Providaのもので、半分ぐらい残っているのを旅用に。
家用には新しくしました(家も同じもの)。

余談ですがいつもProvidaはネットで購入していますが
品物と一緒に入っていたチラシ。ファンデなどの色の案内。

IMG_2783.jpg

IMG_2784.jpg

よく見て下さい!色の名前が・・。

IMG_2786.jpg

ユキ、ケイコ、ハナエ・・・。一体何が背景にあるんでしょう?
日本人の肌の色でもチェックしたんですかね。

さて、本題に戻りますが、パウダーはdmのオーガニックコスメシリーズから。
ミネラルパウダーを、€4.5です、安い!

IMG_2789.jpg

とにかく小さく、でもパフがセットされているものにしました。
このパフなんて500円玉を一回り大きくしたぐらいのミニサイズ!

IMG_2790.jpg

アイシャドウもオーガニックで。こちらは €3.95でした。

IMG_2791.jpg

アイブロウはRosmannのオーガニック。€2.6 (10% Off)

IMG_2794.jpg

dmのオーガニックには鉛筆ぐらいの長いものしかなくて、
少しでも短いのがよかったので探しました。
アイブロウってなかなかなくならないし。

あとはチーク。これはオーガニックと迷いましたが、
オーガニックでケースに刷毛が入っているタイプが無くて、
今回は軽量化に重点をおいてケミカルを選びました。€5.35

IMG_2792.jpg

ということで、今回支払ったのは10ユーロ以下!
1000円程度ということになります、フルメイクで・・・。

わざわざ別にコスメを持つことは本当は嫌ですが、
時間や手間を優先し、でも安くなければ意味がなかったから、極端に安いです(笑)

もちろんお肌のことも考えた上でオーガニックメインで。
さすがドイツ!オーガニック物でも安いのが嬉しいです!
下地は家にあったとはいえ、新品で買ったとしても€14.95のもの。
私、コスメにお金かけなさすぎですね・・・。
しかも、マスカラはここぞと言う時(どんな時??)しか使わないから無し。
1本買ったら5年ぐらい持ちます・・・。

ということで、コスメは軽量化だけで無く、荷造りが何よりも楽になります。
でも袋はドイツの安物ジップロックで。汚れたら交換できるし。

IMG_2795.jpg

鏡は以前から使っている物。
シャワーカーテンの切れ端で作った鏡ケースが大活躍!

IMG_2796.jpg

手作りケースのおかげで汚れず使えています。

あとは気になったら使いたくなる
毛抜き、爪切り、耳かきがどうしても家と兼用なんですよね。
まあ、これは仕方ないかな~。
毛抜きは最悪よしとして爪が割れた時など爪切りは必要。
ちょっとしたものを切る時にも爪切りって役立つし。

とりあえずコスメが軽量化出来て良かった!





☆KWZ2回目の通院

Category : ドイツで不妊治療
7月はじめにKWZに行ってから、
旦那の検査に一定の期間を置いて(法律で決められているらしいです)
ようやく今週はじめに旦那が再度検査をしました。
その結果と今後の治療方針を今日、聞きに行ってきました。

この待合室これから何度来ることになるんだろう・・・。

fc2blog_201308300418083b5.jpg

待合室ではまだ立ち始めたぐらいの赤ちゃんを連れた夫婦がいました。
1歳に行くか行かないかでしょう。とても可愛かったのですが
こんなに小さな子のいる人も不妊治療?二人目かしら・・・?

別の人も子連れでした。
正直なところ、1人でもいればいいじゃない?って思ってしまいます・・・。
1人ですら出来なくて辛い思いをしてるのにー!ってね。
人はそれぞれ望みがあるし、2人目3人目が欲しい人も同じように悩んでるんですもんね。

まず旦那の結果ですが、ゼロではないようです。少しはあるらしい。
なのでそこまで最悪の結果ではないからね、とのこと。

そして今後はまず旦那が何度か通って精子を採取して凍結するそうです。
ある程度数が揃ったら体外受精に進むそう。
私はとりあえず次の生理が来たら連絡して、3日目までに通院して
卵胞?の数だか大きさだかをチェックするそうです。
その結果によっては自己注射をするかもしれないそうです。

私が前回採血した結果からは、問題なし。
ちょうど生理開始から15日目ということで排卵直後の数値としては
問題ないとの事でした。

私たちのケースは人工授精は出来ないとの事で即体外受精です。
心の準備とかそういうのもあるんだかないんだか
トントンと話が進んでいきますが、
どんなことでも取り組もうと旦那と決めています。

子供が出来なくて辛かった時期のことを思えば
今は治療が進んでいる(まだ実際には何もしてないけれど)と思うと本当に気分が楽です。

私の卵子を採取するときは全身麻酔になること
受精後、私の体内に戻したらその後は8日~10日は会社を休んで安静にすることなど
少し先の話もいろいろしてくれました。

先生はとにかくいつも笑顔で、心配させないようにしてるんだろうなと伝わってきます。
今まで37000例対応してきたよ、とのこと。
最初の体外受精では40%の成功率とのことでした。
2回で成功する人も入れると2回頑張れば60%ぐらいの人が妊娠するみたいです。

今日は朝からインターナショナルなカップルばかりで私たちの前は英語での診察、
午前中はアラブの人が来て、女性は目元だけしか見えなかったけど
検査で脱いでもらったんだよ、とかそういう話をして色々と面白おかしく話してくれました。
私は大切なことを聞き逃さないように必死でしたが、
やはり単語が難しくてなかなかわかりません。

でも先生が明るく、希望は十分にあるから!と言ってくれるから
それを信じて着いていくしかないですね。
まずは旦那よ!頑張ってくれーーー!!







☆空港セキュリティチェックでの出来事

Category : 日々の暮らし
今日は飛行機に乗りました。すったもんだ2件。

セキュリティチェックにて。
今日はジャケットを着ていたのですが、中はキャミソール。
中のキャミは胸元からちょっとだけしか見えないし。
ですが、セキュリティチェックでジャケットを脱ぐように言われました。
シャツやTシャツならともかく、キャミで上着を脱ぐのはちょっと・・・。
まあ、海外だからあり得なくは無いけど、日本だったら異様な姿。

「中は下着なんです」と言っても納得しないスタッフ(おじさん)
何度言っても理解してもらえず、
「はっ?下着?何を言ってるんだ?」ってな反応で下着なんてあり得ないとの扱い。

一向に理解してもらえません、私もここは海外っぽく、
何言ってるの?的な態度で半ば強引に通過しました。
通過後にポディチェックをしてくれて構わないし。
そしたらピーっと鳴りました。でも原因は靴です。いつもの事。

個別ブースで係員からボディチェックをされました。その係員はお姉さん。
お姉さんもジャケットを脱いで!と言ってきたので、
「下着なんです、ほら!」と、前のボタンを開けてちらっと見せたら
「あらま、ならば脱ぐ必要は無いわ!ごめんなさいね」って
ジャケットの上からチェックしてくれました。
ちなみに帰りの空港では、一応聞かれましたけど
答えたら、そのままどうぞ!と即通してくれました。

そんな行きの空港でボディチェックを受けている間
1人のおばさんが液体品所持のためにひっかかりました。
ひとつは大きなボディソープ。完全に100ml越えです。
一応、ビニール袋にいれていましたが。

そして同じく大きな通常サイズのムースが2本。
大きいからアウトなのかエアゾール品でアウトなのかはわかりませんが
処分しかないと伝えるスタッフにおばさんはかなり抵抗していました。

抵抗したところで変わるはずも無く、
廃棄の道に進みましたが、どうしてもムースが必要だったおばさんは、
手元に残ったビニール袋にムースをシューっと入れ始めました。

瞬く間にビニールは白いムースで一杯。
それを手におばさんは立ち去りました。
ビニール袋に入れたムース、あの状態で持つのだろうか…。
きっと泡は無くなって液体になるのでは?

不思議な光景でした。
そんなおばさんはいわゆる、ソバージュでした(表現が古い!?)
きっとムースは絶対に必要だったんでしょうね。






☆旅グッズの減量化、「バスグッズ」編

Category : Bathroom
今日はしっかり「ウチダ」ですねー!ウシダじゃなくて(笑)
現在チャンピオンズリーグで内田選手がプレー中です。
観客なしのGeisterspiel。静かな試合です。選手もやる気出ないだろうなあ・・・。
それにしてもシャルケのKeller監督、素敵なおじ様です。

さて、旅行の荷物のスリム化について先日書きましたが
色々と手を加えてみました。
今までは時々使う程度だった旅グッズ(それでも日本にいたときよりは格段に使用頻度が高い!)
今後は頻繁に使うことを想定して、今までは避けていた事にも目を向けました。
今回、ちょっと写真が暗くなってしまいました、見にくくてすみません。

今現在、旅の荷造りでネックとなっているのが
飛行機、電車(車)の移動手段によって荷物が変わること。
荷物というのはそう、液体品。

飛行機だと液体品の制限がありますよね。
100ml以下であることや、透明の袋に入れることなど。
飛行機で且つ機内持ち込みに関して厳しい制限があります。
私は普通なら機内に持ち込むレベルの荷物量でも
時間がかかってもいいので預けてしまうことが多いです。
機内で荷物の場所を探すのが嫌なので。

ですが、そうも言ってられず
日によっては荷物が出てくる時間を待つのも惜しいこともあり、
仕方なく全ての荷物を機内に持ち込むこともあります。

今まではこのようにジップロック(とは言ってもドイツの安物ですぐ破れる・・・)に
入れて液体品ルールに従っていました。

IMG_2757.jpg

厳密に言うと一番上に入っている化粧水は100ml以上の容器なので不可です。
でもこの液体品のチェック、結構適当ですよね・・・。
本当は練り製品なども駄目ですが未だかつてチェックされたことはありません。
完全に液体状のものぐらいですよね。
このルール、本当に必要なルールなんだろうか・・と思ってしまいます。

でもこうやってジップロックに入れるもの=つまり液体品は
化粧品や身の回り品の全てではなく、別途ポーチなどに残りの物が入っています。

バスルームで使うものは一緒にしておきたいし、
旅の手段(飛行機OR電車、車)によって分けるのも面倒。
どんな移動手段であれ同じにしたい、と思ったので
まず入れ物を見直しました、ちょっと割高でしたけどMUJIでこれを購入。

IMG_2758.jpg

マチのあるビニールの入れ物。

ここに液体品だけでなくバスルームで使うものを全部入れることにしました。
でも、今までの物は全ては入りません。なのでちょっと見直しが必要。

たとえば歯ブラシ。今まではこんな感じ。

IMG_2762.jpg

プラスチックのケースに歯ブラシ、歯磨き粉は通常サイズのものを持参。
本当はケースに歯ブラシと小さな歯磨き粉が入るはずなんですけどね。
歯磨き粉は長い旅になると旦那と2人では小さなものでは足りません。
でもそれは長い旅だけなので、今回は小さな歯磨き粉にしました。
そして歯ブラシもケースではなくブラシの部分にだけカバーをつけることに。

IMG_2764.jpg

この歯ブラシのカバー、売ってそうで売ってないんですよねー。
色々探して一つだけ見つけました。

IMG_2763.jpg

ということで歯磨きセットは随分とスペース減に。
上が今まで、下が新しくした状態。

IMG_2765.jpg

そしてMUJIでこれも購入。
日本に比べたら高いですけど、買い足しや買い替えを考えると
MUJIのほうがいいかな、と日本よりちょっと割高で購入。
使い勝手がよければ次に日本に帰ったときに買い足したいと思います。

IMG_2759.jpg

まず左の小さなボトルは化粧水用。
本当は化粧水などは移し替えたくなくて、そのまま持ち運びたいのですが
私が今使っている気に入っている化粧水は瓶入り。
なので、重たいんですよね。

IMG_2760.jpg

今回は入れ替えることにしました。
品質は変わらないとは思いますが、なるべく頻繁に入れ替えるように
移し変えたのはほんのちょっとだけ。
それでもそこまでドバドバと使うものではないから十分です。

IMG_2770.jpg

そして大きなケースはボディーソープ用に。

現在使っているのはこのトラベルサイズのもの。
なぜこれにしたかの経緯は過去の記事にあります「旅行用バスグッズの今後」

IMG_2771.jpg

これがですね、問題だったんです。
キャップが今ひとつきちっと閉まらず、移動中に漏れることが数回。
あとはキャップの溝に?水が溜まってそれが出てきたり。

こういうキャップの複雑な構造の溝に
水分が溜まってそれが隙間から出て来るんだと思います。

IMG_2772.jpg

いくらジップロックの中とはいえ、他の容器も塗れてしまうので
この容器とはおさらばすることにしました。

ということでいくつか見直した結果、
バスルームグッズはこの袋にきっちり収まりました。

IMG_2766.jpg

この袋はマチがあるので工夫次第でたくさん入ります。

IMG_2774.jpg

とはいえこの袋、一体どれぐらい持つやら・・・。
というのも、こういうチューブ状の容器の角の鋭い部分ですぐに破れてしまいませんか?
ジップロックはすぐに破れてしまうので、数回使っては新しいものにしていました。

IMG_2767.jpg

これもちょっと様子を見ないといけませんね。

さらに入れ方を工夫して、液体品ではないバスルームグッズも入れました。
(化粧落としシート、コンタクトケースなど)

IMG_2773.jpg

あまり詰め込みすぎると破れてしまいそうですが
これでバスルームグッズは収まったので、
準備も楽だし、ホテルでもあれこれ出したりせずに
さっとバスルームに持っていくだけなので便利そうです。

ちなみに、ちょこっと贅沢品を(笑)
髪のトリートメントグッズ。

IMG_2769.jpg

こういうのも旅先のほうが時間があってやる気になるので。
というより、ドラッグストアのRossmannが全て10%オフだったので(笑)
(最近出来たKaiserstrasse沿いのRossmannです、8月中は全品10%オフ!空いてるし買い物しやすいです!)

次の旅からこの新しい入れ物を使いたいと思います。
空港ではこれをさっと取り出す素敵な人になりたいです。
空港のセキュリティーチェックで慣れていてスマートな人って素敵♪



☆旦那の家事に文句は言うまい!

Category : 日々の暮らし
ようやく家に戻りましたー。疲れた・・・。
課題にしていた旅の荷物は今回もちょっと多めだったかな。
もうちょっとシンプルでもいけたかもしれません。
ジョギング用グッズも持って行ったのに、
毎日クタクタで1度も使うことなく、単なる荷物。

私がいない間も旦那が掃除や洗濯を頑張ってくれていたようで
戻ってきてから家事はしなくていいようにしてくれていました。
正直なところ、今日は何もせずすぐにでも寝たかったのですが
なんだか申し訳ないので夕食はしっかり作りました。

どうやら私がいない間はパンとかソーセージとかハムとか
好きなものを買い込んできたそうです、嬉しそうに報告してました。
冷蔵庫にもその形跡が色々と残っています。

以前は何度も何度も伝えて、お願いしていた観葉植物の水遣りも
何も言わなくてもやってくれるようになりました。

テーブルの上を片付けてから掃除機かけようよ、とか
食器用のキッチンクロスは交換しようよ、とか
ベッドのシーツも交換しようよ、とか
キッチンの飛び散った油をちゃんと拭こうよ、とか
私の洗濯物をしまう場所が違うんだけど、とか

言いたいことは色々あるけれど、
「そんなにうるさいなら、もうやりません」って言われても困るので
言葉には出さず、こっそりやっておきました。

「やっぱり1人より2人が楽しいねー」と嬉しそうに話す旦那を見て
色々あるけれど、結婚してよかったなと思う瞬間です。
私が逆の立場(旦那が出張で不在)だったら、
大いに1人時間を満喫して羽を伸ばすだろうけど・・・。


また来週も再来週もその次の週も不在にする日が多いのですが
2人でいる時間を大切にしたいと思います。

更新が滞りがちになると思いますが元気にやってますのでー!









☆ホテルのこだわりに気付く

Category : 日々の暮らし
ウシダじゃなくて、ウチダよー!
と何度も指摘したくなるサッカーを見ながら暇な夜を過ごしています。
(内田選手所属のシャルケが試合中!)

ホテルのインテリアは参考にできることも多くて勉強になります。

現在滞在中のホテル、単なるデザイン重視のホテルかと思いきや
かなりこだわりがあるようです。

お部屋にホテルのこだわりが書かれていました。

1.ベッドリネンはコットン100%!タオルもゴージャスに。

何より嬉しいのが掛け布団タイプなこと!
シーツを剥ぎ取って寝るタイプより掛け布団タイプの方がいい!






2.大きなシャワーヘッドは雨を浴びるような開放感を意識

シャワーの出も良くて最高です。シャワーブースに扉が無いので水が飛び散りますけどね…



3.アメニティーはオーガニック。レモンの香でリフレッシュ。

1種類だけあります。ボディ&シャンプーって書かれてるので使うつもりはなかったのですが、オーガニックなら使ってみようかなあ…



4.ラウンジは24時間オープン、ドリンク&スナックを用意。いつでも息抜きを!

まさしく昨日、助けられました!
お庭もあるし、これなら近所の人が飲みに来たりするんじゃないかなぁ?田舎だけど。



5.部屋のテーブルはベッドに座っても、ソファーに座っても使える高さ。好きな場所で好きなスタイルを。Wifiもどこでも使えます。

だから軽いタイプのデスクなんだー!
ベッドのサイドテーブルとして使ってもいいかも!





6.扉のついたクローゼットや引き出しを無くし、スーツケースなどの荷物を広げるスペースを確保。

家なら別ですが、ホテルは取り出しやすい扉無しで十分!
大きなスーツケースも二つぐらい広げられそうなスペースです。



7.美味しい朝食で一日をスタート!

クロワッサン、びっくりするぐらい美味しかった。
コーヒーも美味しかった!フルーツやチーズ、ハム、シリアルも充実。
近所ならカフェ感覚で来たい!
普通のカフェで7.5ユーロでこの朝食は食べられないと思います。






☆限りなくシンプルだけど大満足なホテル

Category : 日々の暮らし
今回の出張で予約したホテル、かなり田舎です。
レンタカーの予定が諸事情で電車となり交通手段を調べたら
電車の駅からバスで行ける様子なのですが
ネットで調べてもバスの時間がわからない。

とりあえず駅まで行きました。
まだ19時頃なのにバスは終わってました(笑)

と~っても田舎でタクシーもなく、
タクシー会社をスマホで調べたら個人タクシーが1社だけありました。
電話してみたけど出ない・・・
ダメもとで一駅先まで再度電車に乗り
駅前でタクシーを探したら駅の近くに1台だけありました。
予約車かと思ったら空車だったようで快く乗せてくれました。
ここまでサラッと書きましたがかな~り時間がかかりましたよ・・・。

運転手さんいわく、今は休暇シーズンだからタクシー運転手もお休みらしく
界隈では唯一走っているタクシーだそう。
全て個人タクシーで都市みたいに共通の番号とかも無いらしい。
かなりラッキーだったようです。

そして着いたホテルはいい感じ~!!!
ドイツにたくさんあるMotel Oneグループのホテル。



初宿泊です!色んな人がいいというので試しに宿泊。
一言で例えるなら「限りなくシンプル、でも大満足」ですかね。



アメニティーはこれだけ。



冷蔵庫なし、ティッシュなし、メモやボールペンもなし、
コーヒー、紅茶などのセットも無ければマグカップやグラスもなし。

Wifiは無料、かなり助かります。
ベッドサイドにコンセントがあるのも携帯の充電に便利です。

デスクはこの通り禁煙の注意とリモコン、小さな冊子のみ。
ホテルによくあるパンフレットもなし。



ホテルでは毎回デスクにおいてあるインフォメーションなどをすぐに片付けたいし。
引き出しとかそういうのも不要だしシンプルでいい!

壁にはテレビ、水槽の映像とヒーリング音でお出迎え。



ソファーがひとつ(これが座りやすい!)



クローゼットは無く棚だけ。


これも取り出しやすくて使いやすい。

バスルームもバスタブは無くシャワーブースのみ。





とても気に入ったのはここ。



シャンプーなどを置く事が出来ます。これ、珍しいです。
たいていのホテルでは水切りを優先していることが多く
シャンプーなどを置くと不安定でよく落っこちます。

洗面台もシンプル。



窓から見える景色は畑!!
でもホテルのお庭は素敵なんです。



ホテルでは荷物を全部出して使いやすく配置するのが大好きです。
そんな時、衝撃の忘れ物に気づきました。歯ブラシ!

先日のハンブルクの旅行で帰り際、旦那が私の歯ブラシを旦那のポーチに入れたらしく
そのままチェックせずに来てしまいました。
っていうかいつもそれぞれのポーチに入れてるのになぜ??
旦那めーーーー!!こらーーーー!

そしてここは田舎。お店はありません。
というか、歯ブラシどころか夕食もない!

夕食は我慢するとして歯ブラシは困る!
もしかしたら販売とかしてるかも!と思ってフロントへ。
「問題ないわよ~」と快くくれました。思わぬ待遇に感激!



そしてホテルのロビーにあるラウンジで軽食があるようで
サンドイッチにありつけました!



ジャンキーだけどありがたかったし、美味しかった!

お水もお部屋で飲みたくて販売していないか聞いたら
お部屋に持って行っていいですよ、とミニボトルを販売してくれました。



サンドイッチにジュースにお水でも10ユーロせずでした。
スーパーよりは高いけど良心的な価格です。

何にもないけどこのホテル最高!!

なんと1泊59ユーロ(朝食なし)、価格も最高!
朝食は7.5ユーロだそうです。
明日の朝、朝食がどんな感じかチェックしてみようっと!

ドイツって基本的にホテルが安いんですよね。
メッセの時は違法かと思うほど高いけれど・・・

次に来る機会があったらまたここに泊まりたいし
次回からどんな街に行く時もまずはMotel One系列を探そうっと!



☆旅行荷物をスリム化するには?

Category : ◆インテリア・整理収納
出張の荷物、いかにシンプルに少なくするか、簡単そうで難しいんですよね。
明日から週末までまた出張です。

泊まるのは安いビジネスホテルなのもあり
日本のようにホテルに浴衣とかパジャマはないし、
バスルームに歯ブラシがセットされているわけでもないし
スリッパも無いホテルがほとんどだし
アメニティもあまり無いし、あれやこれやと持ち物が増えます。
トラベルサイズの物は便利ですが、
あまり利用しないと中身の品質が劣化していないか不安なので
なるべく通常サイズのものを持ち歩きたい反面、
そうするとあまりにも荷物が増えるし、飛行機で手荷物として持ち込む場合
100mlの制限を越えてしまうことが多くて仕方なくトラベルサイズの物も。


トラベルサイズの物
シャンプー
リンス
ボディーソープ
洗顔フォーム
化粧落とし(ふき取りタイプ)
コンタクト洗浄液

通常サイズの物
歯磨き粉
化粧水、乳液
化粧品


今、私が使っている化粧水と乳液は瓶入り。
瓶はやはり重たいし嵩張ります。
これはちょっと考える必要のあるポイントかもしれません。
でも小さな容器に移し変えるのは面倒。それにここドイツでは
日本みたいに手軽に小さな容器が手に入るわけでもなく・・・。

そして、上記以外にも
眼鏡、携帯の充電ケーブル、お部屋用スリッパなどなど
こまごました物であっという間に荷物が増えます。

しかもタブレットとか持っていないからPC(小型だけど分厚い)も持っていくし
パジャマも必須。

そして肝心の洋服や下着です。
それに、泊数が増えると夏の間は滞在先でジョギングもしたい。
ジョギングはシューズが何より嵩張る・・・。

こうなると物を減らすには洋服のコーディネート力を充実させるぐらいしか
減らしようが無いのですが、出張が多い人たちってどうしてるんですかね。

ネットで色々と「旅の荷物を減らす」とかチェックしてみても
たいていのことはすべてやってるんですよね・・・。
あとはもう自分の中で我慢すべきことを作るぐらいですかね。
スリッパは要らない!とか??

研究しなければ!



☆はじめてのハンブルク

Category : その他旅行・観光
週末の弾丸旅行先はハンブルクでした!

IMG_2615.jpg

今まで一度も行ったことがないと言うとみんなに驚かれ、
それと同時にみんな一度は行く街なのねと思う程、周りはみんな行ったことがあって
実は旦那も初めてだと言うと「嘘でしょ?」と疑われる程でした。

行ったことがないことが異例のような反応をまわりから受け、
絶対行くべき!とみんなが勧めるハンブルクにようやく行くことができました!
ハンブルクはドイツで二番目に大きな都市です。

IMG_2541_20130819055814bad.jpg


港町ハンブルクにはお魚やさんがいっぱいあって、
みんなお肉なんて食べない、ソーセージよりも魚!
ドイツらしからぬシーフードの街!と勝手に思いこみすぎて
簡単に魚系のテイクアウトスタンドとか見つかると思ってたのに
そんなに簡単には見つからない・・・。
やっと見つけたお店は美味しく無くてハズレ。
ちょっと期待はずれの旅のスタートでした。

ドイツ人の同僚が「船ツアーに参加すべし、2時間コースで!
ただし小さい船で行くこと!大きなのは駄目だからねー。」と言っていて、
でも一方で2時間は飽きると教えてくれた人もいて迷いましたが
結局1時間コースで小さい船にしました。
私たちには1時間で十分だったし、小さい船で大正解!

IMG_2613.jpg

大きなタンカーの真下に入って行くんです!迫力ありました!

IMG_2552.jpg

IMG_2599.jpg

IMG_2589.jpg

世界最大級のコンテナ船が停泊していたようで近くまで行きました。

IMG_2581.jpg

IMG_2593.jpg

コンテナが上から降ってきそうなほど近くまで寄ります。
小さい船ならではですね!

IMG_2585.jpg

あとは、修理中のDockを見せてくれたり

IMG_2570_20130819055813c04.jpg


いつ完成するのかわからないオペラ座を海側から眺めたりしました。

IMG_2556_20130819055812f82.jpg


その後も街を観光したり、お店を見たり、
ハンブルクの印象は一言でいうと「おしゃれ」。
ショップもカフェも街も人もおしゃれでした。おしゃれな街だからこその!

IMG_2533.jpg

IMG_2534.jpg

iittalaの直営店もあります。いいなぁ、直営店。
金曜日の夜遅くにわざわざ場所を確認しに行ったので夜の写真です(笑)

買わなかったけどArabia のkokoの500mlのマグカップが
セールで5.8ユーロ!かなりの破格値で売っていました。

お天気が良くなってきたのでアルスター湖畔を散歩。

IMG_2622.jpg

ジョギングしている人の多さにびっくりでした(笑)

IMG_2627.jpg

夜はドイツ人同僚が教えてくれたレストランへ。
ハンブルクに行くと必ず食べに行くというレストランだそうで、
とにかく大絶賛していて、私がハンブルクに行くと知って1番に教えてくれました。

口コミサイトはあまり良くない評価なのがおかしいとのこと。
予約しないと座れないほどのレストラン。まあ美味しかったけど、
そこまでびっくりする程のレストランでも無く、
お客さんを少しでも多く入れるためか
テーブル同志が近すぎて暑苦しくて雰囲気は今ひとつでした。

夕食の後は、Reeperbahnと呼ばれる歓楽街へ。
私は知らなかったのですがハンブルクではとても有名な場所らしく
でも旦那は「女性の行くとこじゃない!」と言うのです。
でも同僚は「楽しいし素敵だし怖いところではないから絶対に行くべし」って言うし、
とにかく見てみよう!と話のネタに行く事にしました。

ReeperbahnとはWikiによると、
「ハンブルクはドイツ屈指の港湾都市であり、長い航海を経て港へ帰還した船員が上陸する地であった。大勢の海の男たちは、無事港へと戻ると女性とのひとときを求めて歓楽街へと駆け込んだため、風俗産業が発展していった。また、この地には多くの合法・非合法的な移民が居住し、小規模な中華街も形成されたほどであったように、各地の文化が混合する空間でもあった。」とのこと

ネオンがキラキラした活気ある街でした。

IMG_2638.jpg

歓楽街とは言え、観光客がわんさか訪れ子供連れの人もいたし、
有名人が案内してまわるツアーとかもあってとにかく賑やか。
結婚前に最後に独身生活を満喫するパーティーをしている人も多くて
人も多いし危険な危ない香りも無く大丈夫でした。

いやらしい雰囲気はあまり無く、
ただ男性のみのグループや1人で歩いている人は
速攻、道に立っているお姉さんに声をかけられていました。

ある一角だけは女性立ち入り禁止のエリアがあり、
壁で囲まれていて中がどうなっているのか気になるエリア!
観光客らしきグループは女性だけが外で待って
男性組が興味本位で見に行っている人もいて
なんというか、歓楽街とは言うもののとってもオープンな場所でした。
時間が早かったのもあるのでしょう。21時ぐらいでしたし。

そして翌日、日曜日。
ハンブルクの日曜日と言えば!のフィッシュマルクトへ。

早朝から9時半までしかやっていないので早起きして行きました。
凄い人でした!観光客が多い!

IMG_2647.jpg

フィッシュマルクトと言うからお魚マーケットかと思いきや
お魚だけで無く野菜、果物もたくさん。

IMG_2649.jpg

こんなカゴ入りフルーツがカゴごと10ユーロとかかなり破格!

魚屋さんもまとめて10ユーロ!とかびっくり価格。

IMG_2662.jpg

お店の人が叫んで売っているので活気があって賑やかです。

お花のセリみたいなのもありました。

IMG_2657.jpg

ニワトリやウサギも販売されていました。

IMG_2651.jpg

そして「まるでオクトーバーフェスト」と言われるホールの中へ。

IMG_2658.jpg

ライブ演奏でかなり盛り上がっていました!

IMG_2678.jpg


まだ朝の8時台なのに!みんなノリノリ!

とりあえず私たちは朝ごはん抜きで行ったので、
めぼしいものを探し回りました。

IMG_2661.jpg

旦那はMatjes(ニシンのオイル漬け)サンドイッチ。

IMG_2665.jpg

私はニシンは好きだけどパンと食べる事に違和感がありニシンだけ。

IMG_2668.jpg

玉ねぎたっぷりで美味しかった!

天気も悪くなり雨が降ってきたので再度ホールに移動し、コーヒーを。

IMG_2682.jpg

周りはみんなビールでしたけど。

IMG_2702.jpg

ホールではバンドの演奏が続きます。

IMG_2685.jpg

IMG_2707.jpg

最初は誰もいなかったのに、1人増え2人増え・・・徐々に増える踊る人達。
それでもまだ午前10時ぐらいですけどね。

IMG_2690.jpg

何より先に踊りだしたのは見事におばちゃん達、いや、おばあちゃん達。
みんなノリノリです。
白い服でカラフルなカツラのおばあちゃん、わかります?
杖をついて踊ってるんです。とっても楽しそうに。

IMG_2693.jpg

こうやって年をとっても好きな事を楽しんでいるおばあちゃん。
年齢なんて関係ないし、杖をついてでも踊りたいと思う気持ちが素敵。
そして何よりすんごい笑顔!とっても楽しそうなおばあちゃん。
なんだか素敵だなあ・・・と思いながら見ていたら
感動というのか、なんだかいいなあと思っているうちに涙が出ました。
上手く言えませんが、なんか私も毎日頑張ろう!って思えました。
ずっと一緒に踊っている高齢のご夫婦も可愛かったなあ・・・。

若い人も子供もみんな一緒に踊ります。

買い物袋を持って踊る人、スイカを片手に踊る人も。
マーケット帰りにちょっと踊ってく?みたいなノリですね。

せっかくだしカツラ持って来たわ~みたいな人も。

IMG_2697.jpg

この人達、仲間内でカツラを順番につけて行くのですが
カツラがつくと、人が変わったように踊り狂うのが面白かったです。

踊っていない人も叫んだりしながらとにかく元気。
朝と言う事をすっかり忘れてしまいました。

結局、日曜日はずっと雨でせっかく行ったBlankeneseも雨。
お天気がよければすばらしい街だったと思いますが・・・残念。

カフェで雨宿り、その後は濡れながらお散歩しました。

IMG_2714.jpg

週末だけの旅でしたが、十分楽しめました。
次はお天気の良い日にしっかり下調べしてから行きたいな~。



☆Silit、両手サービングタイプのフライパン

Category : Kitchen
少し前の話ですが、WMFのファクトリーアウトレットに行きました。

fc2blog_201308162049102a3.jpg


WMFと言えば、Metallwarenfabrik と言うだけあってメタル=金属製品が有名。
ナイフ、フォークやお鍋が沢山売っていました。

いつの日か圧力鍋が欲しいけれど、置き場所もいるし
絶対に必要な訳では無いから今回は眺めるだけ。

今、必用なのはテフロンが剥げて来たフライパン。
使いやすいけれど定期的に買い換える必要のあるテフロンは
もう買わないと決めています。

小さいフライパンはFislerのステンレスを使っていて満足していますが、
同じシリーズでは大きいサイズが無いので他の種類で探していました。

色々迷って今回はSilitのシラルガンという
ガラス・セラミック融合被覆というものにしました。(SilitはWMFグループです)
元値との値引率が高かったのも決め手!
それにフライパンとしてだけで無く、フライヤーとしても使えるらしく
フライをすることは稀ですが多めの油でから揚げなどをすることもあるし。



サイズは24センチです。
テフロンがはげてきたフライパンも24センチ。
同じ蓋を使いたいので大きさは24センチ限定で探していました。

フライパンタイプでは無く両手サービングタイプの物にしました。



このサイトに詳しく書かれています。
Silit 24センチ 両手サービングタイプ

フライパンとしてだけでは無く、(あんまりしないけど)すきやきや、
アクアパッツァとかそのまま出す事が可能なのがいい感じ。
偶然にも持っていたフライパンの蓋がSilitの物でした!

シラルガンと言う素材は初めてなのでどんな風に調理できるか楽しみです。
長く使えるようなので多少高くてもいいかなと思いましたが、
日本のサイトでは超高くてびっくり。
こちらではアウトレットと言う事もありますが3分の1ぐらいのお値段でした。

しかも取っ手が熱くならない仕組みとか、気づいてなかった利点もあるみたい。
早速使ってみましたが、本当に取っ手が熱くなりません。
フライパンより深さがあるので汁物も大丈夫そうだし
熱伝導率が良いのか、テフロンでは時間のかかるなすびの火の通りが
かなり早かったような気がします。
ちょっと重たいのが難点ですが、その分安定感があります。
かっこよくパエリアとかに使ってみたいわー。



☆微妙な6人での列車の旅

Category : その他旅行・観光
何かと忙しい週末が続いていますが、ふと今週末は何も無い事に気づき、
せっかくだし、夏に行きたいと思いつつ
計画段階にまで至らなかった場所に行く事にしました!

前日に慌てて電車とホテルを予約。
直前なので割高感はありますが、
こういう機会を逃すとまたいつになるかわからないので思い切って行く事にしました。

電車で片道4時間。
土日でも行けなくは無いけれど、現地の時間を有効に使うために金曜の夕方から出発!
夏休みが終わりに差し掛かる時期で混んでいそうだから電車は座席指定しました。
通常は色々選べるのですが、混んでいるのか並び席ということしか選べず
電車に乗ってみたら6人部屋(座席が3席向かい合わせの個室)でした。
静かで良い反面、話す事さえ気を使います。

老夫婦と若い女性が2人、そして私達。
若い女性は知り合い同士なのか他人なのか乗車以来、2人とも本を読んで話さないからわかりません。
普通以上に静かなメンバーです。
しかも旦那とは隣同志ではなく向かい合わせ。あまり話せず微妙な感じです。

私はやっぱり普通の座席がいいなぁ。
パンを食べるのさえ気を使うし、食べようもんなら「Guten Appetit!」って声をかけられるし。
ありがたいけど照れる。
ちょこちょこお菓子も持ってきたけど食べにくいなぁ…。
おばあちゃんはカバンからHARIBOを取り出して食べています。可愛い。

出来れば途中で食堂車に行ってビールを飲みたいけど
私達は奥だから立ち上がるのも気を使う…。
みんなずっと最後まで一緒かなぁ。

4時間って結構長いわ…。

*追記

結局、三人は途中で降りました。私達と女性が1人残りました。
隣のコンパートメントからは酔った人達が騒いで賑やかな声が聞こえて来ます。
私達のコンパートメントに残った女性、
酔っ払いがうるさかったのかコンパートメントの扉を閉めました。

そこまでは良かったんです。
途中からおじさんが乗って来ました。
何が入ってるんだか大きな荷物を抱えたごっついおじさん。
なぜだか汗だく…。
棚の上に荷物を置いたら手を上にあげた事で
ワイシャツが全て外に出ちゃうようなお腹の大きなおじさん。

くちゃい…。

扉開けたい…。



☆古いビレロイ&ボッホの使い道

Category : Kitchen
これ、ママに貰ったはいいけどどうしよう…。

IMG_2448.jpg

微妙に大きく場所も取るんです。
写真ではわかりにくいかもしれませんがメロン1個分ぐらいの大きさです。

そして仮の役目が決定!

写真 (1) (Small) (WinCE)

このスティック型のミキサーって保管方法が難しいですよね!
私は買った時の箱に入れていますが、箱はボロボロ。出し入れも面倒。

プラスチックの容器など付属の部品もあるし
やはりすっきり収納するには箱に入れるのが楽な反面
実際に使うのはほとんどミキサー部分だけだし…。
最近ミキサーを良く使うので、この状態でとりあえず、様子を見てみます。

ちなみに置き場はオレンジ繋がりでここ!
ルクのお隣です。

写真 (Small) (WinCE)

なんだかここだけパっと明るい雰囲気になりました。







☆日本ではありえないことが起こる日常

Category : 日々の暮らし
日本ではありえないことが起こる海外生活。
また久々に考えられないことがおきました(笑)

うちからも比較的近いマインツの出来事。
ニュースにもなっているのでご存知の方も多いはず。

マインツは町としても結構大きくて、
世界的に有名なSCHOTTやカエルのマークの洗剤フロッシュの本社もある
産業もしっかりした街。サッカーも1部リーグで日本人選手も活躍中!

さて、そんなマインツの中央駅にて
休暇によるスタッフ不足に加え体調不良で欠勤者が出てしまい
駅としての機能が果たせないため電車がほぼ不通になりました・・・・。
近隣駅に迂回して走っているとはいえ、駅同士が比較的遠いドイツでは
不便極まりない状況となっています。
完全に戻るのは8月末になるそうです。

このマインツの駅は結構な規模で大きな駅で
長距離列車も止まりますし、この辺りではフランクフルトの次ぐらいに
大きな駅ではないでしょうか。

8月はバケーションシーズンで、多くの人がお休みを取ります。
駅員さんも同じでしょう。

体調不良は予測不可能ですし、どれほどの体調不良かわかりませんが
日本人的には欠勤に値しない症状でもこちらでは欠勤になってしまいます。
「鼻が詰まって頭がボーっとする」「咳が出る」程度でのお休みではないことを祈ります。
また、お医者さんの「出社禁止レター」が大げさに出されていないことを祈ります。

休暇中のスタッフを呼び戻してでも運行が大事では?と思うのは日本人的感覚(笑)
労働者として与えられた休暇という権利を会社が奪うわけには行かず
こんな緊急事態でも呼び戻せないそうです。
会社が呼び出そうものなら従業員から裁判でも起こされそうな気がします・・・。

現在、議論されているのは
ドイツ鉄道が十分なスタッフを雇用してこなかったことが原因だとか。

まあそれも大きな意味では根本的な原因だとは思うんですけど
まずは何より乗客に迷惑をかけないということが大事ではないの~?

隣駅からヘルプに来るとかそういう簡単なことは無理なのかしら。
そうか、みーんな休暇だからどこの駅もカツカツで運営してるのかな。

こんなことでも驚かなくなって
「よかったよねー、休暇シーズンだし乗客の少ない時期で」
なんてコメントしてしまう私も日本人的感覚を忘れつつあるのかも・・・。ヤバイ。



☆2回目の結婚記念日

Category : 日々の暮らし
8月13日は、2度目の結婚記念日でした。
毎年結婚記念日は、パーティーをしたワイナリーのレストランに行こう!
と決めているのですが今年は平日だったので、直前の週末に行ってきました。

IMG_2451.jpg

ドイツでは誕生日を事前にお祝いすることは縁起が悪いとされていますが
誕生日だけではなくこういった記念日も事前にお祝いするのは良くないらしく
義理両親からは不思議というか、おかしいみたいなことを言われましたが・・・。

フリマ出店日の夜で50ユーロの収入もあったのでいいお祝いの軍資金となりました。
なんだかいつの間にか8月がやってきて、
ワイナリーの予約を忘れていて、予約したのが前日(笑)
昨年、1年目の予約のときはパーティの担当者でもあったオーナーに連絡したので
その日、私たちが来ることはわかっていたようですが
今回は普通にお店に電話して予約をしました。
ちょっと早く着いたのでお散歩。

IMG_2455.jpg

IMG_2456_201308140553400cc.jpg

相変わらずすばらしい景色。
お店の前のお花もかわいい。

IMG_2453.jpg

こういうベンチの置き方がかわいい!

IMG_2475.jpg

「本日は予約でいっぱいです」って看板が出ていました。
ギリギリ予約できてよかったー。

パーティーをしたガーデンはお馬さん用みたいで
今は残念ながらパーティはしていないらしいです。

IMG_2450_20130814055342ce3.jpg

スタッフの方が顔を見るなり「あーらー!!久しぶりー!」と声をかけてくれて
「あれ?また1年たったの???」とびっくりしていました。
彼女いわく、今年は昨年以上に忙しいらしく金曜と土曜は結婚式で毎週貸し切り、
日曜日は誕生日パーティなどでの貸しきりもあるらしく、もうめまぐるしい忙しさとのこと。
あまりに多くの人が結婚式を挙げるので正直誰が誰だか・・・ってのもあるらしく
でも私たちのことは(私がアジア人だから?)「なぜかすごくはっきりと覚えてるわ!」と
お庭で風船を飛ばしたこと、ちょっぴり雨が降ってきたこと、
パーティー会場に手作りのハートのコラージュを飾ったこと、とか
今でもいっぱい覚えてるのよー!と言ってくれました。

その後オーナーさんも来てくれて、久々の再会。
今は土曜日だと1年半前ぐらいからすべて埋まってしまうそうです。
私たち、半年前予約でした(笑)
「あのころはまだ余裕があったんだけどね」とのことで年々お客さんが増えているようです。
とにかくこのワイナリーはもう何回来てもかわいらしくてテンションが上がります。

こちらがメニューです。布が可愛い。

IMG_2467_20130814055651deb.jpg

こちらお手洗いの風景。

IMG_2462_20130814055543f6e.jpg

IMG_2460_20130814055541f47.jpg

IMG_2461_20130814055539904.jpg

お料理もおいしいんです!
ドイツ料理というカテゴリーではこんなにおいしい場所ってないと思うほど。
お値段も良心的です。

今年もテラスで。

IMG_2468.jpg

お料理は前菜とメインの2コースにしました。
まずは乾杯。

IMG_2466_20130814055651bbf.jpg

テーブルデコレーションも可愛いんです!

IMG_2463_20130814055648f28.jpg

キッチンツアーという名のコース。

前菜

IMG_2470_20130814055653142.jpg

メイン(お肉とお魚を少しずつ)

IMG_2471.jpg

お肉もお魚も一切れずつなんですけど、こういうちょっとだけ色々食べたい!
というのが希望なので嬉しい限りです。

IMG_2473.jpg

IMG_2472.jpg

旦那だけデザートを頼みました。Weckのグラスに入ってきました!

IMG_2474.jpg

遠い場所じゃないしちょくちょく行きたいなと思いながら1年経過してしまいました。
今年は冬にまた行ければと思っています。
きっとクリスマスのデコレーションとか可愛いはず!

それにカフェタイムとかにも行ってみたい!
ケーキもこのお店ならおいしい気がする!
オーナーさんや顔見知りのスタッフだけでなく
いつ来ても誰にあたっても本当に最高のスタッフ達。
ドイツらしからぬサービスとお料理とデコレーションです(笑)

今思えばすごい偶然で見つけたこのワイナリーですが
本当にここでパーティが出来てよかった、とつくづく思います。
こうして毎年来れるのも本当に幸せです。

ワイン畑を抜けて行くところとか、なんとなくワクワクして、
畑を抜けるとかわいいお店がちょこんとあります。
普段着でもおめかししてでもどっちでも行ける気楽さと
手軽なお値段でおいしいので、流行らないはずが無いなと思える場所です。

旦那と結婚して2年。その前にも一緒に住んでたので新鮮味はありませんが
毎日楽しく過ごせることに感謝です。

記念日当日の今日は、日帰り出張で帰りが遅くなってしまったのですが
お花を買って待っていてくれました。

IMG_2520.jpg

そしてワイナリーで買っておいたワインで乾杯。

IMG_2524.jpg

ワインのラベルも可愛い。

IMG_2525.jpg

また来年も仲良くお祝いできますように。





☆フリマで手に入れたもの

Category : 日々の暮らし
今回のフリマでゲットしたものがあります!
全てママからです(笑)、無料で譲り受けました。
ママも私のものをいくつか欲しいといったのであげました。
2人で物々交換みたいになっていましたけどね。

そんなママからもらったものをご紹介。

IMG_2447.jpg

ナプキンを立てかけるもの。持っていないから1つあると便利かな。
そして↓こちら、マリボウル!・・・みたいでしょ?

IMG_2446.jpg

可愛いなーと思ったので。実は蓋がついています。

IMG_2445.jpg

蓋をした状態はあまり可愛くない・・・。
しかも蓋は欠けているし、いらないんだけど・・・。
とりあえずこの状態で保管してますが。

そしてこちら!

IMG_2448.jpg

これは別に私の趣味でもなんでもなくて、別にいらなかったのですが
本当に安い価格でしか売れないフリマで、安く売りさばかれるには辛かった。
だって!

IMG_2444.jpg

ビレロイボッホなんだものー。しかもかなり古い。
色もイメージもうちとは違うけど、売られるよりは私が大切にしたい。
そんな気分で譲ってもらいました。可愛いお花とか活けてもいいかな。
でもセンスが無いし、どう使っていいやら・・・。



☆義母と食い違う経営戦略と収入管理(笑)

Category : 日々の暮らし
義理ママとの初フリマ。
色々と揉め事もあり(笑)、長文になりますが報告です!

フリマに持ち込んだ品数の総数はママのほうが多かったです。

でも携帯電話メーカーの名前が書かれたストラップとかカバンとか、
明らかに販促品だとわかるものや
薬局でもらった小物とかガラクタが山ほど。
あまりガラクタが多いと印象も悪くなる気がするんですけどね。
まあそんなガラクタの山に隠れているお宝を探す人もいるけど
あまりに物が多過ぎて実際に売れそうな物が隠れてしまっています。

こういうとき私の整理熱は高くなり、
スッキリさせることでわかりやすくなると思うし
もうちょっと綺麗に並べようよ・・・と思うけどあまり言えないし。
正直、私達のブースは見た感じグチャグチャでした。
まあ、ここはおとなしくママには逆らわずに過ごしましたけど。

実際の販売は、ママが沢山持ってきたグラス類は全く売れず、
また、先日私に欲しい?と聞いて来たクラッチバッグ類も売れず
売れたのはママ側ではアンティークっぽい陶器とか、
自転車用のバッグとか新品同様のリュックサックとか、

私の物では100均和食器とか、プーさんの縫いぐるみとか
キティちゃんのものとかキャラもの。
アクセサリーは全く売れませんでした。
意外にも昔使っていたIKEAの食器が売れました。
あとはPC用のケースとか、前に使っていた100均のキッチンタイマーとかも
買いたいと言ってくれる人がいてびっくり!

売れると思っていた物は売れず、
売れないと思っていたものが売れるというのがフリマの面白いところですね。

今回、1番の失敗は事前に収入管理を確認しなかったこと。
ママと一緒に出店するし、収入がもしあったら山分けというか、
ご飯を食べに行くでもいいし一緒に使えばいいと思っていたし
収入なんてそんなないだろう、と高をくくっていたのもあって
私はお釣りとして用意した額だけ覚えておいてあとは適当でした。
小銭もおつり用も売り上げもごちゃ混ぜ。
なので最終的な売り上げ額は最後に計算しないとわかりません。

私の物は全て捨ててもいい物だから値段はどうでもいいから
私に聞かずに勝手に売ってしまってね!と散々お願いしてるのに
毎回いくらか確認されるし、勝手に値段もつけないし。

一方、ママの中では自分の物と私の物に区別があるようで、
値決めも自分でしたいみたいで、買いたい人が来て値段を聞かれても
私は毎回毎回ママに聞くしかなく
ママがトイレで居なかったりして何度か販売チャンスを逃しました。
途中でも細かいお釣りが無くて私のお釣りから払ってあげたら
「さっきいくら立て替えてくれた?」といちいち聞いてきたので
ああ、そういうこと、ちゃんとしなきゃいけないのねと途中から理解。

でも旦那は両方とも手伝うし、女性の私たちより値段を見る目が厳しくて
ある意味商売上手。でも稼いだお金はジーンズのポケットにいれちゃってて、
もうどっちがどっちかわからない。(私もそれでいいと思ってたし)
で、あとで振り返って多分こんな感じ・・・って精算したので
もう何が正しいかわかりません。

最後に収入額を計算したらママのほうがちょっと少なかったので、
私と旦那はトータルの半分ずつでいいよーってママに差額を払ったら
ママが断固として受け取らない(ああ、こういうの面倒だわー!)
しかもたいした額じゃないのに!!!

まあでもそれは最初に収入管理について確認しなかったのが悪いので
自業自得でもありますが・・・。

そして、もめたこと第2弾は(笑)、「経営戦略」とでもいいましょうか
どのように売るか、です。

ここまで収入を別に管理するなら私が私のものをどう売ろうと勝手ですよね。
なのに、これには旦那もママもかなり口を挟んできます。
例えば、私の場合フリマに出す物は処分したいと思っているものなので
それが10円でも20円でも欲しいという人がいるなら持って行って欲しい。
儲けようとは思っていないし、私にとってはこの品物を再度家に持って帰るほうが嫌!
とにかく手ぶらで帰りたいー!というのが私の方針。

一報ママと旦那は「稼げる限り稼ぐ」という方針で、
これは絶対にこの額で売る!と決めていて断固として値下げしない。
(もちろん決めている額より多い場合は値下げしていました)
そもそも、戦略・方針が違うので、売れないこともしばしば。

私は聞いてきてくれたら、値切られたら別にいっかーと売っていたし
途中で「このテーブルの上にあるもの1個50セント!」とか張り紙をつけて
叩き売りもしました(色々試してみました)

ただ、やり取りの中で50セントも安くはないな、と思われたので
空のダンボールに「1個10セント!」って書いて
とにかく処分したい物を入れようとしました、
そしたら旦那とママからストップ!そんな安売りしちゃ駄目!って。
収入が別なんだから、勝手じゃない!って思うし
今日売れなかったらもう捨てたいし、だから持って帰りたくない!って言うものの
「待て待て!まだお客さんは来る!」ってそういって聞きません。
結局持ち帰りましたよ、私が10セントでいいから売りたかったもの。

私のプーさんのぬいぐるみはちょっと大きくてまだとても綺麗だったから
私は5ユーロって値を決めていました。
結構何度も問い合わせがあって、時には6ユーロって言ってみたり。
聞いてきてくれたひとはそれでも欲しくて、払おうとしたら
旦那や彼から「そんなものいらないでしょ」って止められるケースが多発。
そして結構そういう言うことを聞くんですよねー。
何度と無く男性のNoによって販売チャンスを逃しました。

そんな中、何度もプーさんを見に来る一人の女性がいました。
妊婦さんでとにかく気に入っていて、5ユーロで欲しいとのこと。
私にしたら大万歳だから、ぜひって思ったのですが
「旦那に聞きたいの、旦那はあのお店(私たちの斜め前でDVDを販売)にいるから
ちょっとこのぬいぐるみを見せて聞いてきていい?」とのこと。
赤ちゃんがもうすぐ生まれるから欲しいのよねーって言っていました。

そしたら旦那さんがNOって言って、彼女は泣く泣くあきらめて
それでも何度も見に来るんです。

その後、まだ売れなくて残っていたプーさんをその旦那さんがやってきて
これが欲しい、って言うんです!何これー素敵な旦那さん。なんだかいい感じ!
そして5ユーロって言ったら、ご近所さん価格で4ユーロ!って値切ります。
私は奥さんにプレゼントするんだなって思ったので、4ユーロでOKしました。
そういう旦那さんの気持ちが嬉しかったから。

なのにーーー!奥さんとのやり取りを知らない旦那とママから
かなり猛攻撃を受けて「何してるの?どうして4ユーロで売ったの?」って。
「あの人は絶対に転売する!絶対に数ユーロ上乗せして転売する」って疑うのです。

その前に奥さんとのやり取りもあったから、プレゼントだと思うし、そう信じてるし。
それに別に転売されてもそれはそれで構わないし。
もういちいちうるさいわー。今度はもう一人で出店したいです。

結局ママなんてほとんどの荷物を持って帰ることになったし
私は半分ぐらい持って帰りました。

そして気になる収入ですが!!
場所代(32ユーロ)を抜いて、純粋な収入が約90ユーロでした。
日本円にして12000円ぐらいです。

儲けなんて不要!って思ってたし、
まさか儲けてるなんて思ってなかったし、最後に計算してびっくり!
なんか90ユーロも儲けられたし、やってよかったなーと。

結局ママが断固として受け取らないお金を入れて
私たちの手元には50ユーロぐらい残りました。

意外にも楽しんでいた旦那なのにもうフリマは懲り懲りだ!って言ってました。
「いくら儲けが出たとはいえ、こんなのは時間の無駄だー」って。

でもね、時間が無駄だったのは
また荷物をすべて梱包して、車に詰め込んで、家にすべて持ち帰ってっていう
売れなかったことによる後始末に時間がかかりました。
私はこれが嫌だったから、叩き売りでもいいからすべて売りたかったのに!
なーんてことは口には出さなかったけど、それが一番疲れたわ!

そして儲けが出たことに嬉しくなったママはまたやりたい!って・・・。
春ぐらいにまたやらない?って誘ってきました。別に構わないけど。
今度はちゃんと収入管理と経営戦略を立てた上で取り組もうっと。

とはいえ、私はそんなに売るものもないですけどね。







☆フリマに出店しました!

Category : 日々の暮らし
今日は5時半に起きて、6時には家を出て
旦那のママとママの親友夫妻であり旦那のゴッドファーザーでもある
叔父さん夫妻と共にフリマに出店してきましたー!

日曜日なのに5時半に起きなきゃいけないし
どうせ儲けなんてないんだから時間の無駄だと言い張る旦那。
相当朝から機嫌が悪いです。ママがなだめても無理。
どうせ日曜日は昼前まで寝てるんだし、時間の無駄とか言いながら
無駄にしてるのは睡眠時間だけでしょ、と冷静に判断する私。
それが余計に腹立たしいのか、朝から相当怒っています。
今日は別にフリマには来ず、家でゆっくりできるパパも
昨日からママの手伝いをさせられているらしく機嫌が悪いらしい。
似たもの親子ですね。

私はある意味楽しみ!どんな展開が待っているやら。
日本でもドイツでも始めてのフリマです。
ママも楽しみなようで女2人は色々と楽しんでいるのに機嫌の悪い男2人。

場所代が32ユーロ(フリマの中では高目かもしれません)なので
その32ユーロはせめて儲けたい!という私とママをふんっと鼻で笑う旦那。
マイナスだよマイナス、売れるわけ無いよとあきれてます。
売れないなら売れないで構わない、フリマってどんなものか見てみたいし。

叔父さん夫妻はすでに今年3度目のフリマ。
亡くなった叔父さん夫妻の両親の遺品整理をかねてのフリマだそうです。
慣れている叔父さん夫妻についていけば大丈夫!とのことで
早朝から合流してフリマ開催の地に向かったのでした。
叔父さん達と隣同志で出店しました。
叔父さん達がいてくれてママの話し相手になってくれたので私は楽でした。

フリマ開催の場所はMain-Taunus-Zentrumというショッピングセンターです。
そこの広い駐車場がフリマの会場です。
私たちが着いたのが朝7時半ごろ、こんなに早いのにすでに賑わっています。

IMG_2414.jpg


こんな早朝に何故賑わっているかって?商売人たちです。

とりあえず誘導されて行くと車を停める前から人が寄ってきて
車の中を覗いてきます、正直ちょっと怖かった。
車のトランクを開けたらぶわーっと人が寄ってきて勝手に中を見てきます。
「電化製品はあるか?ナイフやフォークなどはあるか?」と
直接聞いてくる人もいます、とりあえず全てにノー!と答えるものの
取り出すもの全てを物色されて、ホント怖かった。
寄ってくる人全てがイスラム系とかアラブ系とか外国の人。

IMG_2413.jpg

叔父さんはVWのGOLF、私たちはパパの車で古いAUDI、

IMG_2432.jpg

車が古いからアンティーク物がたくさんあると思われて
叔父さんたちには全く寄り付かない人たちが私たちの所には一杯。
実際の品物を見て「車と違うじゃん!」と言われる私たち。

それでもめぼしいものがあったら、即「いくら?」と聞いてきます。
納得の価格だとすぐに買い取られていきます。
ほとんどが電化製品でした。

商売人の人たちは次の車が来たら移動していくので
最初の5分ぐらいがすごいのですが、それが過ぎれば静か。
次の獲物を見つけたら移動されます。

IMG_2416_20130812044243ecf.jpg

その後はゆったりした時間が流れます。

ママが持ってきたものはまるでアンティークマルクト。

IMG_2419.jpg

IMG_2425.jpg

IMG_2428.jpg

これがママの物の中で1番人気だったもの。
ケーキの台とグラスのカバー。

IMG_2422.jpg

何人もの人が「これいくら?」と聞いてきました。
蓋と土台と一緒じゃなければ売りたくないというママ。

土台だけ欲しい人、蓋だけ欲しい人色々で最後は別々に売りました。
気に入って何度も見に戻ってくる人とかもいました。

私たちの目線から見た風景。
車一台分が32ユーロです。車が無ければもうちょっと安いそうです。

IMG_2439.jpg

天気も悪くて寒くて、人も少なかったのですが
11時から12時ぐらいまではお天気もよくなってすごい人出!

IMG_2435.jpg

時間を見つけてうろうろしましたが
7割ぐらいがプロの人たち、お店を出すことを仕事にしている露天やさん。
残りの3割が私たちみたいな素人。
あとはお野菜のスタンドやソーセージやビールも売っていました。

隣の叔父さんたちのお店も結構繁盛していて
こまごまといろいろなものがある私たちとは違って
叔父さんたちは食器セット一式とか、そういうのでした。

こんなものもありました。欲しいならあげるよって言われましたが・・・。

IMG_2441.jpg

ママが持ってきたこれ、ハーブなどを小さく切る機械

IMG_2442.jpg

旦那いわく、かなりのプレミアものではないかとのこと。
アンティークになるはずだとのこと。売れなかったけど・・・。

ちなみに価格帯は50セント~2ユーロぐらいです。
それより高く売るには相当いいものではないと売れません。
捨てるぐらいのものであれば売れたら嬉しいという感じですが
高く売るなんてかなり難しいと思います。

もし今後ドイツでフリマに出す人がいたら参考までに
当日役立った持ち物は

1.おつりの準備
2.新聞などの梱包材(お皿などを売った時用)
3.品物を入れるビニール袋、紙袋など
4.セロテープ、マジック、紙など(値段を記入して掲示するときに使う)
5.日よけのパラソルなど(直射日光で暑い!)

ちなみにほとんどのお店で、値札はついていません。全て交渉です。
それがフリマの醍醐味かもしれませんね。

結局7時半頃から14時過ぎまで出店していました。
気になる売り上げは!!!

次の記事で報告したいと思います。
ええ、もちろんママとの色々、もありますのでそれもまとめて報告しますね。

とにかく疲れたー。
朝が早かったのとずっと日光の下だったのも疲れる原因でした。







☆南仏12日目 グラース、ビオット、エズ、モナコ

Category : ◆インテリア・整理収納
南仏2日目 ルールマラン、ルシヨン、ゴルド他
南仏3日目 アルル、カマルグ湿地帯、エーグモルト他
南仏4日目 セニョン、Gordes du odette
南仏5日目 アヴィニョン、ポンデュガール、ニーム
南仏6日目 エクス・アン・プロヴァンス、レボー・ド・プロヴァンス
南仏7日目 オランジュ、セギュレ、ソー他
南仏8日目 ルールマラン・ラコステ・メネルブ他
南仏9日目 カランクでハイキング、カシ
南仏10日目 ロクシタン本社、ラベンダー畑
南仏11日目 コートダジュールへ、ガッサン、サントロペ他

そして南仏12日目。

旦那が「素敵なところって聞いてるんだ」と
旅に出る前から絶対に行きたい!と言っていた町グラース。
世界中の女性が夢見るフレグランスの都パリと、
18世紀から天然香料の産地として多くの貴重な調香師を輩出してきた
香水産業のメッカ、南仏のグラース、と呼ばれる街。
なんかそう聞くと、とても素敵な街をイメージしますよね?

それがですね・・・1枚も写真すら撮りたいと思えなかった・・。
そんな街でした。
見るべき場所を間違えたわけではないと思うのですが
なんだか街が荒れていて、あまり綺麗ではなくて、
アフリカ系の人たちが何もせずただ道に座り込んでたむろしていて
なんとなく雰囲気が怖くて・・・訪れたことを後悔するほど。
後にも先にもこんな街はここだけでしたけど・・・。

さて気を取り直して次の目的地ビオット(Biot)へ。
ここはガラス工芸の街と呼ばれています。

街の地図もこの通りかわいらしい!

P1310738.jpg

この街は訪れて大正解でした!
グラースでへこんだだけに、次もあんまりだったらショックだなあと思っていただけに
可愛い街でうれしかったです。

家の標識も可愛いんです!

P1310748.jpg

P1310744.jpg

P1310749.jpg

街にはガラス工芸のお店があり

P1310750.jpg

夏らしいガラス製品がたくさんです。

P1310740.jpg

この街でランチを取りましたがカフェのグラスもこのとおり
Biotのグラスです。

P1310753.jpg

その後、工房が見学できると言う場所へ。

P1310763.jpg

釜などがあるし、ガラスを都度火であぶって形を整えるのでかなり暑いんです・・・。
職人のおじさんたちも見るからに暑そうな感じです(笑)

P1310762.jpg

ここでは販売もしています。

P1310764.jpg

P1310765.jpg

これといって欲しいものは無く・・・。しかも結構なお値段でした。

Biotを後にして次に向かったのはエズの街(Eze)
コートダジュールの観光で、どこか1箇所しか行けないというならここに行くべし!
といわれるほど絶対に行くべき街だそう。

P1310768.jpg

それはそれはかわいらしい街でしたがその分観光客も多かった。

P1310770.jpg

このエズの街からはコートダジュールのすばらしい景色が見渡せるのですが
なんとその一番すばらしい景色が見えるであろう場所は
高級ホテルがあり・・・(ちらっと張り紙を見たら1泊800ユーロ級でした!)
そしてホテルが無い場所は、有料での入場になります!えー、意地悪!
それも安い入場料ではなくて、なんだか腹立たしく・・・もちろん行きませんでした。

ちぇ、っと思いながら次の目的地、モナコへ。
特に行くつもりはなかったんですけどエズから近いし。
モナコは昨年色々と観光したので、ちょっとだけ見ることにしました。
昨年は気づかなかったのですが街の真ん中に市民プールが!

P1310781.jpg

そしてモナコの港に泊まる船見物(笑)

P1310795.jpg

すごいです、ホント。どんなお金持ちが所有してるんでしょうね。

P1310796.jpg

P1310797.jpg

P1310793.jpg

白馬に乗ったどこぞの御曹司と知り合っていればこういう船に乗る
生活が出来た可能性も私の人生にはあったのでしょうか。
今からではどう転んでもそんな人生は待っていませんが
別に乗りたいとも思いません、強がりとかじゃなくて。
こういう世界で生きている人もいるんだなあ・・・。

プロヴァンスが懐かしい・・・。




☆申し訳ないけど普通の街でした

Category : 日々の暮らし
ちょっと用事があったので(その用事も結局なくなってしまったんですけど・・・)
Bad Kreuznachというところに行ってきました。

同僚の1人がこの街出身なのでよく話は聞いていたのです。
素敵な街よー、綺麗よーといつも絶賛していたので
さてさてどんな街かと期待して行きましたが、うーん、普通でした。

IMG_2410.jpg

同僚にはなんて報告しようかなあ・・・。
一応褒めておいたほうがよさそうですね。

IMG_2406.jpg

暑くも無く寒くも無い最高のお天気。

IMG_2409.jpg

日本はかなり暑いみたいですね。
日本の皆さんには申し訳ないのですが、毛布に包まってます、今。
実は先日の猛暑が原因か、窓の一つが閉まらなくなりました。
猛暑と関係ないやろ・・・と思われるかもしれませんが
あまりに暑かったので窓枠などがゆがんでいる家が出ているらしく
うちも一つの窓は今までなんとも無かったのに閉めるときに
ギーっという音がするようになりました。
よく見たら窓枠がちょっとゆがんでいます。

そしてリビングの窓はもう閉まらない・・・。
なので風が入ってきて寒いです。

先日も暑さで高速道路の表面が割れた?みたいで高速が通行止めだったし
ドイツもこの暑さで色々と弊害が出ています。

さて、明日は何と朝の5時過ぎに起きて出かけます。
色々と突っ込みどころの多い1日になること間違いなしなので
戻りましたら報告させていただきます。

ええ、突っ込みどころが多いということは
旦那の両親がいるということです・・・(笑)





☆地味なお祭り「アップルワイン祭り」

Category : 日々の暮らし
アップルワイン祭りという“いかにもフランクフルト”なお祭りに行きました。

IMG_2379.jpg

お天気もよくて大賑わい!

POSSMANN、Rapp'sのような大量生産のアップルワインメーカーも出店していましたが
あえて無名の小さな農家だと思われるアップルワイナリーを選びました。

IMG_2383.jpg

ちなみに、ビールは一切置いていません。
観光客がビールを探していたのですが、お店の人が
「このお祭りでは全ての露天でビールを販売することは禁じられてるんだよ」って。
そんなお店の人は、仕事しながらビール飲んでましたけど。

フランスはアルザス地方の伝統料理、フラムクーヘン。
ビールにはこだわるくせに食べ物はなんでもOKなのね・・・せっかくだし伝統料理販売したらどうよ??

IMG_2376.jpg

薄いピザのようなものなのですが、このフラムクーヘン
今まで食べたフラムクーヘンの中で1番おいしかったです!また食べたいです!

ふと気がつくと人々が中央にある舞台に注目しています。
「ウォーーーーー」とみんなが叫ぶので何かと思えば

IMG_2382.jpg

舞台の上ではアップルワインの樽をあけるセレモニー(地味~)

IMG_2381.jpg

そして報道陣?が囲んでいるその先には

IMG_2384.jpg

有名な政治家さん?のようです。知らない~!

IMG_2387.jpg

彼の後ろにあるのが、巨大Bembel。アップルワインの容器です。これまた地味・・・。

IMG_2386.jpg

そして久々にTHE観光をしました。

日ごろフランクフルトをうろうろしてもBerlinerstrasseを越えることはまず無くて
久々にレーマーあたりに行ってみました。

フランクフルトも久しぶりに来たら素敵に思えるんですよね。

IMG_2391.jpg

IMG_2396.jpg

IMG_2397.jpg

市庁舎の前ではこんな人たち。
最近Zeilで見ないな~と思ったらここにいたのね!

IMG_2390.jpg

そして橋へ行きました。
この橋は旦那とデートした思い出の橋でもあります。

IMG_2403.jpg

IMG_2398.jpg

新EZBもずいぶん出来上がってきました。

IMG_2399.jpg

お決まりの鍵も増えてます。

IMG_2404.jpg

IMG_2402.jpg

まあ次来るのはクリスマスマルクトかな~と思います(笑)
ああ、もう1度あのフラムクーヘンが食べたいわー!



☆それって、ピストルですよね・・・

Category : 日々の暮らし
ドイツの電車は4名が向かい合って座るボックス型が主流です。
そんな電車にドイツの警察官は制服で乗ってきます。
通勤?職務中?よくわかりませんが、至って違和感の無い光景。

そのため、たまに警察官と電車の席が隣り合わせになることも。
警察官の制服って何処の国も同じように
腰回りに警棒とかピストルとか付いてますよね?

昨日、電車で警察官の隣でした。
結構ガッチリした方で、腰回りに付けているグッズが私の腰にぶつかります。
ってか私の腰に触れてるそれって・・・ピストルなんじゃないの?
真横なだけに露骨に見れなかったけど、どっから見てもピストルの形でした。

警察官が電車や街にいる光景はあまりにも当たり前で、
パトカーもよく走っていて、日本だったら

警察官=何かあった?
パトカー=何もしてないけど何故かヒヤっとする
大勢の警察官=お祭り

なイメージですが、こちらでは

警察官=日常
パトカー=日常
大勢の警察官=デモ

って思ってしまいます。

ドイツの地方都市に行くとよく旦那が
「警察官がまったくいないね~(安全という意味)」と言います。

つまり警察官がよくいる街(フランクフルトとか)は危険な街なのかなあ。
今まであまり危険な光景を見たこともなく日本同様に安全な気がしていますが。
(もちろん自分の身は自分で守る必要がありますし、ある程度の用心はしていますが…)







☆服屋さんでダメだしをくらう

Category : 日々の暮らし
まもなく夏のセールも終わります。
特にこれといって買い物にも行かず、何も買っていないのですが
今日の仕事帰りフラッと街に出てウィンドーショッピング。

たまたま入ったお店で、最終セールになっていて
1年中穿けそうな黒いズボンがなんと19ユーロ。
そしてグレーのズボン、これは仕事用だなと思われるものも格安。
スーツのズボンのみでジャケットは売り切れているみたいで
だから余計にかなりの破格だったようです。

そのお店は4階建てでレジは1階にしかありません。
欲しいなと思ったら店員さんが品物をレジに運んでくれるので
お客さんは小さな半券を持って引き続きお買い物が可能です。

2本のズボンの半券をもらって少しブラブラ。
ゆっくりレジへ行きました。

レジの近くはバッグやアクセサリーの小物が売っていて
何気なく見ていたら、なんとなんとなんと!!
欲しいな~でもさすがに定価は高いなあと思っていたバッグが半額!
これは何かの運命!?と、かなりびっくりして、
さすがに半額は買うしかないでしょ!と思い
それだったらズボンは1本あきらめよう!と思い、
レジで半券を渡すときに「先ほど2本のズボンを買いたいと思ったのですが
やはり1本のみにしたいです、すみません」と伝えたら
「問題ないわよー!気にしないで!
20点とか選んで1点しか買わない人だっているのよー」って。

どっちのズボン?と聞かれたのでグレーのズボンが不要な旨伝えました。
「本当はズボンが欲しかったんだけど、素敵なかばんを見つけちゃって・・・」と
伝えたら「そうなのねー、了解、このグレーのズボンが不要ってことね、
これデザインがよくないわよ、私はバッグを選んで正解だと思うわ!」とのこと。
いやいや、お姉さん、一応最初は気に入ったんだけど・・・それ否定します??

でもこういう正直なところ、私は好きです。
服やさんでも「似合わない」とか普通に言いますからね。
お世辞で褒められるより、私は店員さんを信頼します。
やっぱりプロですからね。





☆保険証を紛失、その後のびっくりな展開

Category : 日々の暮らし
土曜日のサイクリング途中で旦那が保険証(カード)を紛失しました。
サイクリングは万が一ということもあるので保険証を携帯している旦那。
自転車用のシャツの背中についているポケットにカードをそのまま入れていて
さらっとした生地なのもあって簡単に落ちてしまったものと思われます。

家に帰ってきて「あー保険証が無い!」と気づいたのですが
まあ保険証だし、紛失するカードの中では一番害が少なくて
保険会社に電話して再発行してもらえるし、あまり焦っても無くて
月曜日に保険会社に電話しよう!ということで終わっていました。

きっとしゃがんだりする動作で落ちたものと思われ、
そう考えると紛失したと思われる場所は

・自転車に空気を入れた地下のケラー(地下なのにすぐに見に行かないところがのんびり・・・)
・チェーンが外れたので旦那が修理した住宅街
・ビールを飲んで一休みしたビアガーデン(すぐにお店に電話すればいいのにね)

のどこかだと思われます。

そして今日月曜日、なんと朝の8時ごろに保険会社から電話があって
カードを見つけたという方から連絡があったので、すぐに再発行の手続きに入り
2,3日中には新しいカードが届きます、という連絡でした。

月曜日、営業開始してすぐに電話をくれたと思われます。
あまりのすばらしい対応に「すげーーー」と旦那がびっくり。

サービスって何か知ってますか?と聞きたくなるような扱いを受けるドイツでも
やるときはやるんですね。

まあ保険会社は競争がありますし、対応がよくないとお客さんが離れてしまいますからね。
私も過去にカードの名前が間違っていたとき、
結婚して名前が変わったとき、無期限ビザ申請に必要な書類を依頼するとき、と
何度か保険会社に電話をしたことがありますが毎回すごく親切に対応してくれました。
保険会社ってのはドイツの中でもサービスレベルの高い場所なのではないでしょうか。

まあ、あくまでもサービスレベルの高いというのはドイツレベルであって
日本に置き換えたらごく普通の対応ですけどね。






☆そろそろプールも終わりかな~

Category : 日々の暮らし
金曜日、仕事の後にプール、
土曜日、4時間サイクリング
日曜日、プール

よく体を動かした週末になりました。

日曜日は「最高のプール日和」っていう天気予報。

IMG_2361.jpg

28度ぐらいです。30度を下回るとプールは寒いです・・・。
浅いプールだと水温が高めなのですが
深いプール(2メートルぐらい)だと水温が低くて入るのに勇気がいります。
1度入ってしまえば大丈夫なのですが。
でもそうやって「冷たい!」とか言ってるのは私ぐらいで
みんなポンポン入っていきます。肌の作りが違うのか・・・。

お昼過ぎから人が増えて来ました。
お腹が空いた!と旦那と売店へ行き、お決まりのソーセージを。
売店の回転が悪くて、ソーセージやポテトとかすぐに渡せないものが多くて
お支払いだけ済ませた人がどんどん溜まって行って
でもレシートとか番号札とか何かがあるわけでもなくぐっちゃぐちゃ。

もちろん列になんてなりませんから、
「ポテト出来ました!」って叫んでくれるけど誰のポテト?

あと子供達はグミを買う子がとっても多くて、
HARIBOのグミが売っていて、1粒から買えるのですが
いろいろとミックスしたいようであれとこれと・・と、時間がかかってしまいます。
旦那いわくプールの売店でのHARIBOのグミはお決まりなんだとか。
子供の頃、旦那もよく買ったようです。

そんなこんなでたいした品揃えでもない売店が大混雑。
もうちょっと工夫すればスムーズに対応できそうですけどね。

大混雑といえば、ベルリンのプールで飛び込み台に若者が殺到し
危険だからと注意しても止めず、ライフガードの言うことを聞かなかったとかで
60人もの警察が出てくる大騒動になったらしいです。

日曜日に行ったプールは、旦那が生まれた家から程近いプールで
幼い頃旦那が両親に連れられて何度も遊びに来たプールなんだそうで
建物の雰囲気とか、全く変わっていないんだそうです。
毎回ここのプールに来ると「なつかしいなあー」と言いながら利用するのですが
実は財政難で閉鎖の危機に追い込まれているようで
閉鎖反対の署名活動をしていました。

今年みたいな暑い日が続けばプールもさぞかし儲かると思いますが
例年の夏だったらプールに行きたいなーなんて思う日はほんの数日。
そりゃプールも儲からないと思います。

大体どこでも1日5ユーロなのですが、
1日中遊べて飲み物や食べ物は持ち込めるので別に他にお金も要らないし
なんとも良心的な価格だと思うのですが、
パパやママが言うにはプールに5ユーロなんて高すぎて考えられないらしいです。
それって10マルクってことでしょ!!と、マルクに置き換えます。
プールだけじゃなくて常に何事もマルクに置き換えるので
私はマルク時代を知らないし、その驚きや怒りには賛同しようにも出来ないし。

そんなパパとママから旦那の携帯に
「ビアガーデン絶賛オープン中」ってメールが来ました。
つまり「家にいらっしゃい」って事なんでしょう。
「ビアガーデン行きたいな~」という旦那の意見はさらっと流しておきました。
先週も会ったし、来週も会うので・・・。

それにきっとまもなく「そろそろBBQが出来なくなるからやりましょう」って
お誘いが毎週のように続くでしょう・・・。
ありがたいけれど、疲れるわ・・・。



☆残念なテイクアウトの焼きそば

Category : 日々の暮らし
土曜日、お昼時にショッピングセンターにいたので軽くランチをしようと思い
でもあまり食べたいものも無かったので、
ショッピングセンター内のアジアレストランのテイクアウトをしてみました。

このお店に限らずアジア食のテイクアウトってこういう箱に入れられることが多く

IMG_2357_20130805043322cdf.jpg

最初はいいけれど底のほうは食べにくい・・・。
焼きそばに春巻きがセットになったもの。1つ買って2人で分けることにしました。
レストランは結構賑わっており、店員さんもアジア人が10名近くいたかな。
テイクアウトはいつも大行列のお店。

期待はしてなかったけど

IMG_2359_20130805043324281.jpg

あまりのお味に一口でギブアップ・・・。
どうしてこうなっちゃうんだろ、店員さんもアジア人ぞろいだったし
一口味見をすればわかるんじゃないの?って思いますが、春巻きも最悪・・・。
とりあえず空腹を満たすだけだったような食べ物でした。

おいしい中華とか韓国料理とかタイとかベトナム料理とか一杯あるのに
こういうテイクアウト系ははずれなことが稀にあります。

結局私はお腹を空かせたまま家に戻り(旦那は頑張って食べてました)
ALDIのイタリアフェアで売ってたブルスケッタ用のパンを買ってみたので
トマトもあったしブルスケッタを。

IMG_2360.jpg

トマトとバジル、にんにくにオリーブオイルだけ。
何一つ手の込んだことはしていないのにおいしい。
やっぱり家で食べるほうがおいしいねえ・・・とつくづく思いました。

そして今夜は昨日のお魚屋さんで買った有頭海老を使って
ゆで卵で作ったソースをかけてみました。
ゆで卵にたまねぎをちょっと入れてマヨネーズで和えてオーブンへ。

IMG_2362.jpg

大したことしていないのにおいしい。
頭だけ再度トースターでカリカリに焼いてお塩で食べました。

IMG_2363.jpg

さすがに旦那は海老の頭を食べるなんて・・・と、ひいてましたけどね。
これまたおいしかった。

おうちのご飯が一番ですね。





☆ロブスター大騒動

Category : 日々の暮らし
毎週のように通っている魚屋さん。もう常連です。
いつ行ってもトルコ人で一杯のお店、お魚も毎度新鮮です。

お店はいつも賑わっており次々お客さんがやってきます。
お店にはスタッフが2人いて、2人がそれぞれ注文を聞いて内臓を出してお会計して
時々10匹ぐらい買う人もいて内蔵を出す作業に時間がかかることもあり
多少混雑することもありますが、比較的スムーズに流れるお店です。

そんなお店が昨日は大混雑・・・。めずらしいなと思いつつ
とりあえずお店に入ってみたところ、大混雑の原因がわかりました。

珍しくドイツ人(と思われる)の若いお母さんとNinaちゃんという5歳ぐらいの娘さん
この親子による大騒動により、お店の流れが止まってしまっていました。

途中から状況を見たので最初からはわかりませんが
その女性はそのお店では日ごろ取り扱っていないロブスターを特別注文し
取りに来ていたという状況でした。

そのロブスター、発泡スチロールの箱に入っていてまだ生きていて動いているんです!
ここのお魚屋さん、そういうオーダーとかも出来るんだすごいなぁと思って見ていたのですが
そのお母さん、注文していたわりにはどうお料理すればよいのかわからないらしく
お魚屋さんのスタッフに「あなたはどうやって料理するのよ?」みたいな感じで
かなり上から目線で何度も何度もかけあっていました。

なんでそんな言い方するかな?もうちょっと丁寧に聞けばいいのに・・・と
私はだんだんそのお母さんに対して嫌な感じを抱きました。

それでも魚屋のお兄さんはとても親切で、このようにお鍋に入れて・・・とロブスターを手に
説明するたびにママの横にいるNinaちゃんが「怖い」と言ってママの陰に隠れます。
確かにね、動いているロブスターは一見怖いよね・・・。
お母さんもそんな状況を察して早く終わればいいのに、
何度も何度もお兄さんに調理方法を聞くので、その度にお兄さんがロブスターを取り出し
そしてNinaちゃんが怖がり・・・と負のスパイラルに。

最後のほうはNinaちゃんが大声で発狂するようになり
「いやだー!一緒に家に帰りたくない!!」と叫ぶほどに。
お兄さんはロブスターをビニールに入れて何重にもして
動いているのがわからないようにしてくれました。

でもNinaちゃんは「いやだー」と叫び続けるので
お母さんは「娘が嫌がるので買いません」と言い出す始末。
でももちろん魚屋さんは特別にオーダーしたし、
買ってもらわなければいけません、と(そりゃそうだよね・・・)
「だけど娘が嫌がるの!だから無理なのよ」と。
「だったら来週取りに来るわ!」(ええ!??来週!?)
「新鮮なものなので来週というわけには行きません」(そりゃそうだよね・・・)

そんなやり取りが何分にも及び、お店は大混雑。
はじめこそ怖がるNinaちゃんがかわいらしいとは思ったものの
私と旦那はお母さんの常に上から目線の傲慢な態度に腹が立ち、
あんな口の聞き方をするような人間にはならないでおこうね、と旦那と約束しました。

あのロブスター、結局どうなったんだろう?



☆返金してくれるって言うのでお願いしました

Category : 日々の暮らし
時々飲みたくなるButter Milch、
日本語で何と訳せばよいものか・・・乳製品です。
直訳はバターミルクだけど、それだけ聞くと気持ち悪そうですが
そんなくどい飲み物ではなく飲むヨーグルトみたいな感じ。

IMG_2354.jpg

買ってから気づいたんですが

IMG_2355.jpg

何?無料でテスト??どういうことだ・・・?

と思ってよく見てみたら、品物についているコードを申告したら
この品物の金額を返金します、だって!

IMG_2356.jpg

ちなみに、95セントでした。100円ちょっとのもの。
それを返金って、手間のほうが面倒だよね?
いちいち返金作業なんて・・・、しかもお店によって値段違うだろうし・・・。

まあ消費者側も申告すら面倒ですよね、たった100円ちょっとの為に・・・。
でも!そこはちょっとであっても試してみたろうやんけ!とやってみましたよ。

header2_20130802030332b8d.jpg

面倒でしたけどね。さてさて本当に返金されるのだろうか・・・。
購入価格を書かねばならず、私は正直に95セントって書きましたけど
別に何かレシートが要るわけでもないので、1ユーロって書いてもわからないような・・・。
まあそこはうそをつかずにちゃんと真面目に入力しました。

その品物のコードは別に隠されているわけでもなく普通にパッケージに書いてあります。
別に品物買わなくてもスーパーでコードだけ見て参加できるやん・・・。
1人2回までの制限付きらしいですが・・・。





☆またまた冷房なしホテル・・・

Category : 日々の暮らし
今日も出張です。
ホテル・・・当たり!?はずれ!?

fc2blog_2013080105281365d.jpg

とっても綺麗です!改装したてなのかな?というほど綺麗!
そして周りは森なのでとっても静か。
でもね!エアコンなし。そんなときに限ってとっても暑い・・・。
蚊に悩まされるのは嫌なので窓は開けずに我慢です。

出張ってなんだかかっこいい響きだったけど、寂しい・・・。やっぱり家に帰りたい。
滅多にしないViberとか旦那としまくったり。

それに、ご飯も1人だとわびしい。1人で外に食べに行く勇気も無く・・・。
スーパーで買ってホテルで食べました。

fc2blog_20130801052829d11.jpg

おいしくないな・・・。
スプーンもフォークも見つからなくてアイスクリームの売り場で木のスプーンを拝借。
食べにくいったらありゃしない。

周りが森だからジョギングしようと思ってグッズを持ってきたのに靴下忘れ。
やる気満々だったのに・・・。

1人だと気楽だし、やりたいことが出来るけど
旦那と一緒の何にも無い日常が幸せなことなんだな、と実感。

それにしても暑いわー!









-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-