☆ドイツ生活で増えた「5つの時間」

Category : 日々の暮らし
ドイツに来てからの6年ちょっと。
それまでの日本での生活ではまず無かった時間が増えました。

1.睡眠時間
残業なし、家も遠くない、ただそれだけですが大違い。しっかり眠れます。

2.散歩の時間
週末に散歩する時間の余裕、どこから出てくるのか不思議。

3.お菓子作りの時間
日本では一切やっていなかったこと。
お料理も手に入らないものは作ってやる!という意気込みで色々作っている気がします。

4.ガーデニング(というか家庭菜園@バルコニー)の時間
これは年齢を重ねたことにも関係しているのか・・・。
全く興味すらなかったことなのにドイツに来て目覚めました!
お花を飾ったりすることも無かったな~、今まで。
お花は誰かにあげるものだった存在から、いまや自宅用に買うことも!これも年齢かな!?

IMG_3470.jpg

5.サッカー観戦の時間
これ、かなり長い気がします。
スタジアムに行くわけでもなく、有料チャンネルを契約してるわけでもないから
毎日毎週は見ないけれど、なんだかんだと時折見ています。
土曜日の夜のスポーツニュースは必ずチェックしてるし。

ドイツに来た時はサッカーなんてルール含めてほとんど知りませんでしたが
今ではある程度のルールもわかるし、おっ、面白いゲームだな、とか
パスが早いなーとか、素人程度の知識ですが違いがわかるようになりました。

バイエルンやドルトムントなど有名チームであればある程度の選手の名前と顔は一致します。
スポーツニュースを見ているおかげで、監督を見ればどこのチームかわかります。
まあその程度ですけど。基本的には男前チェックで見てますからねー。

それでも無駄にサッカーを見るよりはやっぱりちゃんと理解して見たい。
同じ時間を使うならそのほうがいいに決まってる!

ということで、この本を読みました。連続で2回読みましたよ。
とっても読みやすかったので。
1回目はよくわからないまま読んで、2回目はしっかり理解しながら読みました。

fc2blog_20131031053520c97_20131031054628356.jpg

次からサッカーを見るのが楽しみです。
来年はW杯の年だし、連日サッカー漬けになりそうだし、楽しみだなー。

W杯といえば日本代表戦も見れますしね。
日本代表の試合を見るときの心臓がぎゅーって絞られたようなあの何ともいえない感覚。
また味わうと思うと楽しみな反面ドキドキします!




☆義母がくれた中途半端なキッチングッズ

Category : Kitchen
旦那のママから数年前にもらったこれ。

IMG_3473.jpg

なんだかわかりますか?
胡桃割り器です。クリスマスのときに(殻ごとの)胡桃をくれるママ。
胡桃だけもらっても割れないからいらないと断っていたら
(だってわざわざ割らなくても袋入りで売ってるし!)
ある日、胡桃と一緒にこの用具までプレゼントしてくれました。

い・・・いらない。

いらないよーーー!だって胡桃にしか使えないし、1年に1度ぐらいだし
いらないママ!なんて言えず、もらうしかなかった。

ずっとキッチンの引き出しに入っています。

それが、なんと!役立つ日が来ました!
実は最近、夫婦ではまっている物があります、それはピスタチオ!

ALDIのレジのところに売っていて試しに買ってみたらおいしい!
一度食べ始めると止まらない・・・。
そしてそのピスタチオ、1割ぐらい手では開けられない。
最後、開けられなかったピスタチオをこの胡桃割り器で開けて食べます。

ここで役立った!

でも使っていると手がとっても鉄くさくなります。
金属の匂いというのでしょうか、その後食べるピスタチオすらその匂いがつくほど。

どうにかならないものですかね・・・。

とりあえずこの胡桃割り器を綺麗にしてみました。お酢で。

IMG_3474.jpg

↓↓↓

IMG_3587.jpg

あんまり変わらない・・・。

IMG_3475.jpg

↓↓↓

IMG_3588.jpg

鉄のにおいも取れないし。

なんだかやっぱり今ひとつなグッズです。
でもママが言うには相当古いみたいものらしいので、大切に使うしかないか~。




☆どうしても手に入らないゴミ袋

Category : 日々の暮らし
今住んでいる町ではリサイクルゴミは指定のごみ袋に入れなければなりません。
プラスチック容器や牛乳パック、その他生活のゴミの多くをこの袋に入れています。
大きめのゴミ袋なのですが結構すぐに一杯になるので1週間に1度はまとめてゴミ置き場に
持って行っているような気がします。

その指定のゴミ袋、引っ越してきた当初はどこで手に入れるのかわかりませんでした。
市販していないし、かといってどこかに設置されているでもなく・・・。
市役所で聞けばわかるのかもしれませんが、それだけのためにいちいち市役所に行けません。
(え?電話しろって?それも面倒でね・・・)

もともとこの町に住んでいた旦那の両親に、
引っ越してきてすぐにいったいどこで手に入るのか聞いてみましたが、
ママが自分たちが持ってるゴミ袋を分けてくれることになりました。
分けてもらってもせいぜい20袋ほど。いずれ無くなります。
無くなる→ママが分けてくれるという日々を繰り返し、でもそれもだんだん面倒に。
何より申し訳ない気もするしどこで手に入るのかわかれば自分で調達できるし。

その後もことあるごとにママにどこで手に入るの?って聞いてみましたが
そしたらまた「分けてあげるわ!」と嬉しそうに持ってきてくれます。
ママとしてはそれで役立っている嬉しさがあるのかもしれませんが
私としてはどこで手に入るのかを聞きたいわけです。

そしてようやく1件のスーパーの名前を手に入れました。
そこに行けばレジでもらえます。今はたいていそこで調達しています。

でもそこで謎なことが・・・。
このスーパーでは買い物をしないともらえないのか?
それとも買い物をしなくてももらえるのか、それがわかりません。
でも小心者なので(笑)買い物をしてレジでもらうようにしています。
だってゴミ袋のためにレジに並ぶのも変だし、
レジに並ばずして横からレジの人に声をかけるのも気が引けるし(←ドイツ人はこれですね)

そのスーパー、場所も不便で売ってるものも高くて別にそこで買う必要のあるものもなくて
ただそのゴミ袋をもらうがためにいちいちそこに行き、買い物するなんておかしい。

それにこの町でこのお店しか配っていないというのはどう考えてもおかしい。
都会ではないけど田舎でもない。山を越えても続いている大きな街だから
みんながこのお店に来るなんて到底考えられません。

でもママに聞いたらまた同じ展開になります。
なので面倒でもわざわざそのスーパーに買い物に行きもらっていましたが
前回も前々回も「今切れてるわ!」とのことでもらえなかった・・・。
もーーー、せっかく行ったのに!

分けてくれるママに、その好意を無駄にするのは逆に申し訳ないなあと
日本人的な気遣いや相手への思いやりもあり、それ以上突っ込んで
「だからどこでもらえるのよ?」って聞くこともできなくて
もとよりその強さと語学力がなかった頃もありますが、もういい加減面倒だ!

先日ママに聞く機会がありました。
そしたらママはやはり「分けてあげるわ!」「代わりにもらってきてあげるわ!」と
その繰り返し、そして私の知っているスーパーの名前が出てきます。

負けないぞー!

「だから、そのスーパー以外にも絶対にあるはずよね?」
そもそもスーパーから遠いママたちはどこでもらってるの?って聞いたら
「ママの仕事にさせて~!内緒♪」って。

「ママたちは別の場所を知ってるのよ!でも教えない。
だって教えたらママの仕事が一つ減っちゃうしー、いつでも頼りなさい」って。

うううーーーーーーーーーーーーーー。

そうじゃなくって、必要な時にたまたまそのお店の前を通ることもあるし
だったらその時にもらえばいいわけじゃない?
だからどこでもらえるかだけは知りたいわけ!ってな感じで伝えてみたら
ようやく1件のパン屋さんの名前が出てきました。
でもね、そのパン屋さんはうちから遠いのよね・・・。

もう30年以上もこの町に住んで、スーパー1件とパン屋1件???
そりゃないやろーーー。

そして最後に有力情報が。
毎週とある曜日の16時に市役所に行けば配っているらしい。
ってかさあ、16時に市役所(もちろん平日)なんて行けないよ。

ということで「これからもママが分けてあげるわね」ですって。
いつか市役所に行こう、そして聞いてきてやる!どこで配ってるのか。








☆日本の一時帰国中に100均で必ず買うもの!

Category : 日々の暮らし
日本に一時帰国したときに必ず立ち寄る100均で必ず調達するもの。

IMG_3283.jpg

まず必需品はやはりこれ、激落ち君シリーズ。

IMG_3284.jpg

ドイツでも手に入らないことは無いのですが見つけにくい。
軽いし荷物にもならないので買うようにしています。

ドイツより安いドイツ製(笑)BASFが作ってるんですねー。

IMG_3285.jpg

あとはこれ、ズボンの裾あげ。
もちろんこれもドイツで売っているけど、100円という安さでは手に入りません。

IMG_3287.jpg

耳掻きタイプの麺棒。外泊時に耳掻きが使いたいー!となったときに便利。

IMG_3288.jpg

そして今回は、VHSで一緒にドイツ語を勉強して以来お友達になったタイ人の子が
どうしても欲しい!と言ってリクエストされた日本の消しゴム。
日本の消しゴムはよく消えるからどんなに高くてもいいから買ってきて!って。

IMG_3286.jpg

本当はもっと色々見たかったのですが旦那付きだったので必需品のみ。
日本の100均ってすばらしい!



☆精子凍結スタート

Category : ドイツで不妊治療
旦那の精子凍結が始まりました。
今日現在で2回凍結作業(っていうんですかねー)に行きました。
1回の凍結でどれほどの精子が凍結されているのかわかりません。
私はあと10日ほどで生理が来る予定で、もう過去2ヶ月逃している卵胞チェックに行くのに
出張とかぶりそうなんですよね・・・・、もーほんと嫌になりますよ。

そして6月の南仏旅行のときに旅先から電話した泌尿器科(KWZとは別)の
ずいぶん先だと思っていた予約が10月になりやってきました。

旦那のここまでの流れは

自分で泌尿器科を探し検査する
その泌尿器科からさらに詳しい検査をしなさいと別の泌尿器科を紹介される
紹介された先に6月に電話して取れた最速アポイントが10月
7月に私の婦人科から紹介されたKWZに2人で通院スタート
KWZでも旦那の検査を行い、その結果、体外受精のために精子凍結スタート

という状況でした。
新しい泌尿器科の先生にはKWZに行っている事は言わないらしい。
KWZにも泌尿器科に行っていることは言わないらしい。
旦那がそう決めたらなら別にそれで構わないけど。

その今回はじめて行った泌尿器科では検査と結果だけで不妊治療は進んでいくけれど
今後どうすればよりこの状況が改善されるのか、といったセラピー的なことは行われないので
その辺を重点的に協力していきたい、と言われたらしい。

旦那も真に受けて「1人目はKWZで体外で出来るかもでしょ、でも2人目3人目を考えたら
テラピーは必要だよね」って。っていうか1人目も授かってないのに2人目の話!?
でも旦那のほうからこういう子供関連で先の話をしてきたのは初めてだったのでびっくり。

そして、先日「子供と遊んでる夢を見たよー」って。
後にも先にもそういう自分の子供らしき人物が夢に出てきたのは初めてらしい。
毎週、凍結に通ってるし、加えてあたらしい泌尿器科でもまたチェックされたらしくて
もういい加減慣れてきたよーって笑ってました。笑ってるけど精神的に辛くて夢を見たとか!?

最近は旦那のママも気になっている様子で、私には直接聞いてこないけど
電話とかで聞かれているのが聞こえてきます。
それにこの間は、家にりんごとか果物を持ってきてくれたついでに
新聞の切り抜きもあって、それも不妊に関する新聞記事でした。

最近は自然ではほぼ不可能って言われたことで
タイミングを取ったり、排卵日を気にしたりしなくなったので精神的に落ち着きました。
でもやっぱり生理が来る直前は「もしかして!」なんてあらぬ希望を持つものです。
不可能って言われても、もしかしたら奇跡が!なんて思ってしまうんですよね。
それだけは変わりませんが、リセットしたときの気持ちが前ほど落ち込まなくなりました。

まだ本格的な治療が始まったわけではないのでまだ気楽でいられるかもしれませんが・・・。





☆整理の定番!紙袋の見直し・・・失敗(笑)

Category : その他
今日から冬時間です。
夏時間や冬時間の無い日本からすると不思議な現象。
1時間ずれるんですよ、凄いことのように感じますが普通に始まるんです。

昨日まで「8時」だった瞬間が、今日から「7時」になります。
いつもどおり寝て、いつもどおりの睡眠時間で起きても、あれ?まだ1時間寝れる!ってこと。
つまり、1時間得するってことです。
もちろん冬から夏に変わるときは逆なので1時間損しますけどね。

今日からは朝がちょっと明るくなるのが早くなって
夕方はびっくりするほど早く暗くなります。

ですので、お日様があるうちにやりたいことをやっていかなければ!
とか言いながら今回の整理はお日様は無い時間にやったんですけど。

どの家でもテーマになる「紙袋の整理」。

これ、一度やってます。でもやっぱり多いと思う。
うちの紙袋はクローゼットの中のこの箱に入っています。

IMG_3463.jpg

IMG_3464.jpg

この箱に入らない大きなものは別に保管しています。少しだけ。
1箱もいらんやろー!と、目指すは10枚程度の保管。だって1ヶ月に1枚も使わないし。

とりあえず全部出してみました。

IMG_3465.jpg

結構入ってたのがこれ、ワイン用の紙袋。
ワインって手土産にもらうことが多いので増えていきます。

IMG_3466.jpg

使いまわせるから捨てたくないなあ・・・。
しかも普通のワインボトル用とかシャンパンなどの大きめのボトル用とか
微妙に大きさが違うものがあって・・・。

そして紙袋。どれも状態の綺麗なものばかり。
でもシールの後とかついてるものは処分。
自分でもいつ持ってきたのか覚えていないのですが、不思議なのは
日本の紙袋が多いこと!わざわざ持ってきたみたい。

そしてよく考えたらドイツの生活で紙袋が手に入ることってすごく少ない。
私が良く買い物する範囲で想像しても紙袋に入れてくれるお店ってほとんど無いかも。

でも本当に必要だったら買えばいい。
保管してるその空間がもったいない。

なーんて言いながら選別してもこの量(笑)

IMG_3468.jpg

意味の無い時間でした。
まっ、これはこれでいいか~。

そうそう、昨日の結婚式のプレゼントをこの紙袋コレクションの中から
サマンサタバサの紙袋に入れて持って行きました。

その紙袋に書いてあった言葉

Don't think too much! Just FEEL!

だって!

急いで結婚を決めて、考えることも考えないまま突っ走った友人には
贈ってはいけない言葉でした(笑)

私みたいに結婚式の角から角まで計画して準備して
もしこうなったら・・・とかいらぬ心配までするような人に送る言葉だわ。







☆ドイツで初の結婚式参列!

Category : 日々の暮らし
今日は旦那の親友の結婚式。
以前「イチャつく2人」という記事を書いたのですがその2人の結婚式。
とにかく急いで結婚を決めて、突然届いた招待状にびっくり。
結局出会ってから約6ヶ月で結婚式となりました。

生まれて初めて出来た彼女に浮かれまくる友人。
もうちょっと冷静に色々考えて、まずは一緒に住むとか時間をかけたほうがいいんじゃない?と
アドバイスしたのですが・・・。
そして友人の両親も正直早すぎる結婚には反対だそうで・・・。
そりゃあまりにも早すぎるし、別にそんなに急がなくてもいいのに・・・。

急いでいる理由は、彼女の宗教の関係上、結婚するまでは男女の関係をもてないそう。
だから急いでいる感じがしてならないのですが・・・。それだけが理由ではないと思いたいけど・・・。

さて、そんな2人の結婚式。
教会式とパーティは来年の夏に盛大に行うらしく、今日はStandesamt(戸籍役場)のセレモニーのみ。

天気予報は晴れだったのに、朝から土砂降り。
車で走っていたらワイパーを最速にしても前が見えないほどの大雨・・・。大丈夫かいな。
着いた頃には雨もやみましたが、ホントどうなることかと思いました。

博物館の一室でのセレモニー。公園の中にひっそりとある博物館。

IMG_3477.jpg

少し早く着いたので公園を散歩しました。道の奥のほうに黄色いものが見えます。

IMG_3478.jpg

なんとこれ!この木だったのですが

IMG_3480.jpg

この木から落ちた葉っぱが!

IMG_3485.jpg

IMG_3484.jpg

すごくないですか?まるで黄色い絨毯!感動しました。
そこだけ空気が違うんです、明るくてパーっと開けたようなそんな空間。

IMG_3487.jpg

さて、戸籍役場のセレモニーはこんな伝統的なお部屋でした。

IMG_3505.jpg

IMG_3497_20131027042056d2a.jpg

あー、ドイツっぽいなと思ったのは
セレモニーの最初に、役場の方が自己紹介され、続きでこの建物の説明に入り
歴史の授業みたいな何年に何があって・・・という話がやたらと長かった。

無事、セレモニーは終了しました。
真ん中の2人が新郎新婦。お2人ともちょっと・・・いやかなり大きな2人。

IMG_3498.jpg

ドイツ人の新郎側の参列は両親と弟カップル、私たちのみ。
ドイツ人とブラジル人のハーフの新婦側は両親、祖父、兄弟姉妹、甥っ子と姪っ子も入れて
20人ぐらいはいたと思います。ちなみに新婦は6人兄弟姉妹の5番目。
この結婚で、6人全員が結婚したわー!と新婦のお母さんが言っていました。
ちなみに、6番目の新婦の弟のお嫁さんはロシア人で12人兄弟姉妹。ひょえー!

招かれた人が次々集まってきたら、みんなと握手して自己紹介。
こういうところが海外だなーって思います。
私は新郎の友人ですとか、何番目の姉です、とかみんな挨拶してくれます。子供達もちゃんとご挨拶。

セレモニーの後は外で乾杯。

IMG_3516.jpg

このテントの下に飲み物と少しだけ食べ物があったのですがそれ以外は屋外。
あのまま雨が降り続いてたら一体どうなってたんだろう、、、と思って聞いてみたら
「雨が降ったらどうしようもなかった、代案なし」だったそう。怖っ!

さて、今日の招待状に書かれている内容をご紹介します。

11時~ 戸籍役場のセレモニー
11時半 乾杯 
12時半 レストランで昼食
15時~ コーヒーとケーキ

と書かれていました。
15時のコーヒーとケーキってのが気になるわ・・・。

ということで、乾杯が終わったので次は昼食です。
博物館から車で5分ほどのところにあるレストランでした。

IMG_3538.jpg

この頃にはすっかり良いお天気になりました。

IMG_3532.jpg

子供達は別のテーブルで、大人達は18人ぐらいかな、大きなテーブルにみんなで座ります。

IMG_3544.jpg

この18人ほどの人数が微妙で、みんなでお話するんです。
お隣同士で会話というよりは、全員で会話する感じでした。

新婦のお母さんが結構仕切る感じの人で、
出席者に「あなた達どこで知り合ったの?」とかみんなに聞いていて、
聞かれた人はみんなの前で答えなければなりません。
お母様の興味が私にあるらしく・・・、結構質問攻め。
しかも!質問が来たときに旦那はトイレ・・・しかも!長いほう。ほんと役立たず!早く帰って来い!
みんながしーんとなって聞いているので答えるのは緊張します。
なぜドイツに来たの?いつ来たの?日本との違いは?住みやすい?
ホームシックは無い?日本の両親にはどれぐらいの頻度で会ってるの?
そりゃまあ、質問攻めでしたよ。

その後も、別の方から色々聞かれて、日本とドイツはどれぐらい離れてるんだとか?
君の住む町の人口は何人だ?とか(もーー、人口の質問好きですよね、ドイツ人って)
そして、久々に「フクシマ」の質問・・・。まだ引きずりますか・・・。
フクシマの話、もう懲り懲りです。「地震」ではなく「フクシマ」です。

もうちょっと人数が多ければそれぞれの席の近くで歓談だったのかもしれませんが
微妙な人数で、みんなで話せてしまうんですよね。あー疲れた。

さて、お料理をご紹介しましょう(笑)

まずはサラダ。これ、写真を撮り忘れたのですが結構大きなサラダです。
サラダを食べないと次に進めません。全員でもくもくとサラダを平らげます。

そしてメイン。お魚、お肉、ベジタリアンの3つからチョイス可能。
旦那はお肉、子牛のステーキ。このステーキ、びっくりするほどデカかった・・・。

IMG_3552.jpg

私は魚。カリっと焼かれていてとてもおいしかったです。

IMG_3553.jpg

そして、デザートはアイスクリーム。

IMG_3563.jpg

この時点で15時ごろ。もうお腹一杯。
ちょっと待って、15時からコーヒーとケーキって書いてあったような・・・。
このデザートはケーキじゃないよね、アイスクリームだわ。
コーヒーもまだ出てきてないわ。どういうことかしら???と思っていたら

「今から30分ほど休憩にします、30分後にケーキタイムです!」って
デザートのアイスクリームを食べ終わった瞬間にお知らせがありました。

「ねーーー、みんな聞いて!こういうの、ありえないのよね日本人的には!」って
この話題こそみんなの前で言いたかったわ、この手の話なら私いくらでも話せるわー!

新郎のご両親が「一緒にお散歩しない?」と誘ってくれて
新郎の弟カップルと共にみんなでお散歩。

IMG_3572.jpg

この新郎ファミリーとは今までも何度か会ったことがあって
ご両親はゆっくり話したことは無かったけど、昨年のクリスマスに偶然オペラ座で会ったり、
弟カップルは新郎の誕生日会で何度か会ったし、初対面ではありません。

何歳になっても誕生日会をするドイツ人、引越ししたときの新居お披露目パーティーも多い。
ほんと、パーティー好きな人たちですがこういうパーティーなどを通じて
他のお友達や家族に会うし、毎年同じ人たちが来るし自然と顔見知りになります。
その為、こうして結婚式などで会っても初対面ではないので、
誰が誰だかわかるし(今回の結婚式は少人数でしたけどね・・・)
こういう状況を見ると、日ごろパーティーをするのも悪くは無いな、と思います。

相変わらず紅葉が綺麗です。ワイン畑もこの通り!

IMG_3568.jpg

さーて、30分の散歩を終えて戻ったら・・・・。

テーブルの上に、これでもかーってほどのケーキが並んでいました。

IMG_3578.jpg

しかも、ブラジル人は午後のケーキタイムにはスイーツだけではなくて
塩気のあるものも必ず必要なんだそうで、ミンチ入りパイ?みたいなのもありました。

ケーキもみんながそれぞれ作って持ち寄ってる感じです。
ウェディングケーキもお友達が作ったらしい。

それぞれお名前の綴りが微妙に違います(笑)

IMG_3575.jpg

IMG_3577.jpg

もうね、食べたくも無かった。申し訳ないけど無理。
でもさすがにウェディングケーキだけは頂かないと申し訳ないな、と思ったのですが
切り分けてお皿に載せる一切れの大きさといったら!!びっくりサイズ。

だから「うわー、大きい!主人のを半分もらうわ!」と言ってその場をしのぎ
一口だけ旦那のケーキを食べて終了。他はもう一口も食べられず。
みんな良く食べてた・・・、感心します。

ポルトガル語とドイツ語の飛び交うパーティーでした。
突然彼女の家族がみんなで歌いだしたり(しかもお父さん、ハモってた!すごい!)
陽気な人たちとの楽しい時間でした。疲れたけど・・・。

来年のパーティーではまたここにいるみんなに再会します。それはそれで楽しみ。
その時は、もっと多くの親戚がブラジルからやってくるらしい。

今日、新郎新婦に渡すプレゼントにカードをつけたのですが、
2人からの招待状がこんな感じだったので

IMG_3138.jpg

真似して、私たちのカードにも書きました(笑)

IMG_3472.jpg

末永くお幸せに~!







☆飛行機でのひとコマ

Category : 日々の暮らし
今日は用があってミュンヘンに行きました。

IMG_3459.jpg

ミュンヘンも紅葉が最高に綺麗でした!
車から見た紅葉、写真は撮れなかったのですが息を呑むほど綺麗でした。

ミュンヘンと言えば昨夜、サッカーチャンピオンズリーグの試合があり
バイエルンミュンヘンは5対0でチェコのピルゼン相手に圧勝しました。

そんなミュンヘンでの出来事。

帰りの飛行機は3x3の配列で満席。
私の隣に10歳ぐらいの男の子、その隣に50歳ぐらいの出張帰りっぽいおじさんが座っていました。
家族には見えず、どういう関係だろと思っていたのですが
どうやら完全に他人のようで、男の子はおばあちゃんと一緒だけど席が離れたらしい。

男の子が足元に置いていたバイエルンのマークの紙袋を見た隣のおじさんが、
「昨日、サッカーを見に行ったのか?」と話しかけました。

男の子 「そうなんだ!スタジアムで見たんだ!僕、初めてスタジアムに行ったんだー!」

おじさん 「そうか、それは良かったな!スタジアム、ライトアップされて綺麗だっただろ?」

男の子 「うん!かなり凄かった!おじさんは行ったことあるの?」

というスタートで、2人の会話が始まりました。
おじさんが読んでいた新聞がちょうどスポーツのページで
昨日の試合の記事と写真だったこともあり、それを見ながら2人で盛り上がっていました。
おじさんはテレビで見たらしく、昨日の試合の感想を2人で言いあってました。
なぜロッベンはPKを嫌がったのか、とか熱いサッカー談議。

こういう会話を聞くと、サッカーってやはり国民のスポーツなんだなと思います。
年齢関係なくみんなサッカーのことを良く知ってる。

その2人の会話はなんというか、とても微笑ましくて、
人見知りせず積極的に話す男の子に、子供と話し慣れているのか絶妙な質問をするおじさん。
おじさんが新聞のスポーツのページを抜き取って「読むか?」と渡して男の子は大喜び。

「誰が好きなんだ?」と聞かれ、パーカーを脱いで見せてたユニフォームはリベリー。
「おー、リベリーが好きなのか?昨日もPKで活躍してたな!」
「でも今はね、クロースが1番好きなんだよね、リベリーも好きなんだけどね」
この2人の会話、まるでCMのワンシーンのようだわ。

でも、男の子が機内で頼んだドリンクは「トマトジュース」。大人だなあ・・・。

離れた席にいるおばあちゃんを見て、おじさんは
「スタジアムにはおばあちゃんと一緒に行ったのか?」と聞き、そうだと答えた男の子に
「スタジアムに行くなんてかっこいいおばあちゃんだなー、楽しんでたか?」と聞いたら
「うん、でも僕ほど感情移入はしてなかったね、でも楽しんでたよ!」と冷静なコメント(笑)
この2人の会話、なんか面白い。

外国人は飛行機で隣の席になると「ハロー」とか軽く挨拶をすることが多いのですが
この男の子も私に最初に笑顔で「ハロー」って言ってくれました。
そしたら最後、到着して降りるときに「さよなら」と言ってウィンクしてくれました。
可愛いなあ。ってか、トマトジュースといいウィンクといいなんだか大人だなあ。










☆ドイツのお菓子?バウムクーヘン

Category : 日々の暮らし
日本のデパ地下で旦那が驚いたこと。
「バウムクーヘン」がたくさん売っていること。
多くのスイーツやさんでこれでもかー!ってぐらいバウムクーヘンを売ってますよね。

バウムクーヘン、ええドイツの伝統的なお菓子です。
でも、本当に本当に、ドイツで食べたことはありません。
どこで売っている?と言われてもぴんと来ません。
デパートに行けば売ってるのでは?というあいまいな感じです。
おいしいメーカーがすぐに頭に浮かぶでもなく、知識ゼロ。

旦那に聞いても同じ。小さい頃からあまり食べたことが無くて
クリスマスのお菓子ってイメージだなーとのこと。
きっとケーキ屋さんとかに行ったらあるんじゃない?ってな程度。
多くのドイツ人が同じなのか、旦那が昔から食べてこなかったのかはわかりませんが
私ですら目にしないので、やはりあまり売られていないのかもしれません。

そういう存在のバウムクーヘンだから、
旦那には日本であんなに売られていることが不思議でならない様子。

ドイツに住む日本人も「案外バウムクーヘンは無いよね」って言うし
人によってはどこぞのバウムクーヘンを買うより、
ALDIとかLidlで買ったほうがよっぽどおいしいって言う人もいるし、
ならば試してみよう!とALDIのバウムクーヘンを買ってみました。
通年商品ではないと思います。
「もうクリスマス?」って嘆きたくなるようなクリスマススイーツの売り場に
置いてあったのでクリスマスのお菓子として売られているのかな。

IMG_3408.jpg

あらー、おいしい。これ、すごくおいしい。
食べだしたら止まらないほどおいしい!今シーズン、絶対また買いそう!








☆手作りレモンシロップで冬に備える

Category : お料理・たべもの
ようやくですよ、ようやく。
リビングの窓が直りました、しかも5分ぐらいで直したみたい。

なんだったんでしょ、これまでの日々。軽く1ヶ月以上はたってますけどね。
閉まらなくなって多分かれこれ2ヶ月ぐらいたってると思います。
日によっては寒すぎてリビングに立ち入れません。
ここ最近は寒くてリビングで過ごさなかった日々。

もっともっと寒くなってくれ!!と願いました。
だって、もうこれ以上寒くなったらどうしようもないから旦那も動くかな、と。

ようやく休暇から戻ってきた大家さんに電話したら
そしたら大家さんじゃなくてアパートの管理会社に言えとのことで
(だったら休暇前に電話したときにそう言ってよね!!!!)
大家さんが管理会社に電話してくれたらしいのですがそれから一向に音沙汰なし。
もーーーなんなのよ、ありえない。こういうところ大嫌い!!
すぐに動かない旦那にも腹が立つし、休暇だの何だのと話が進まないのにも腹が立つ!
冷蔵庫のときもそうでしたけど、まあ期待はしてませんけど!

さて、そんな寒さのやってきたドイツ。
ここ数日はゴールデンオクトーバーで暖かい日が続いていますが、
この暖かい日が終わればガクンと寒くなるはずです、例年通り。

最近、同僚でも風邪をひいている人も多いし、
健康には気をつけないと!(って私は滅多に体調を崩しませんが・・・)
ということでレモンシロップを作りました。

IMG_3428.jpg

お水やお湯で割って飲めます。炭酸水で飲んだらとってもすっきり!
冬の寒い日にホットレモンを飲むととても温まりますしね。



☆ホテルで妄想する将来のおうち

Category : 日々の暮らし
またまたホテルレポ。
最近はホテルでは家具の配置や空間の使い方などに目が行きます。
ゲストルームっぽいお部屋だと、いつの日か引越しでもして
ゲストルームが出来た時の参考なるかも!とかそんな事を妄想して楽しんでいます。

今回はおそらく2度と来ることのない街のホテルで、
そもそも小さな町で選択肢が少なくて・・・選んだというよりはそこしかなかった。

一緒に出張に行く同僚が選んだホテル。ホテルと言うよりゲストハウス。

IMG_3440.jpg

IMG_3441.jpg

これがとっても良かった!
まるで普通のアパートの一室のようなお部屋。

IMG_3445.jpg

外から見た感じもまるでアパート。
アパートの表玄関の鍵を渡されて普通に入っていきます。まるで住民。

IMG_3446.jpg

こじんまりしていますが可愛い!
バスルームもホテルというよりお友達の家みたい。

IMG_3442.jpg

IMG_3443.jpg

窓から見える紅葉もきれい!

IMG_3444.jpg

朝ごはんも悪くない。

IMG_3447.jpg

何よりスタッフが親切で朝からこっちまで元気になるような
明るいおばさんがテキパキ働いています。

ただ、唯一の欠点はフロントや朝食会場のある建物とお部屋の建物が離れていて
街を徒歩3分ぐらい歩きます。
決して近くはないし敷地も違うので道路を渡って信号渡って…。

休暇ならお散歩ついでに行き来するのも悪くないけれど、
早朝に出発する仕事での滞在となるとたとえ3分でも往復する時間がもったいないし
車を止める場所によっては荷物を持ってあっちこっち歩くのも面倒。
それにこれから冬になって雪でも降ろうものなら
雪の中朝ごはんだけ食べに歩いていくのは相当面倒です・・・。

でももしこの街にまた来ることがあれば(まあ無いでしょう・・・)泊まりたいな。
なんだかすごーく落ち着くので。

さて、出張から戻り今日の夜は楽しみにしていたドルトムント戦!
Weidenfellerも長らく見てないわー。と思ってルンルンだったのに、
なに!?地上放送なし!?かなりショック・・・・。
旦那はスポーツでいないし、1人で春雨食べながらサッカー見ようと思ったのにーーーー!!

こうなったら意地ですわ。

IMG_3455.jpg

コマ送りのような止まりまくるネット配信(違法?)見つけた!
Weidenfeller(緑のユニフォーム)、また一段と素敵になった!?
みてーーーこの笑顔!

IMG_3453.jpg









☆さをり織りと姫路城

Category : 日本
日本滞在中、英会話学校を開いている友人に会いに行きました。
彼女の家はWWOOFと言う組織にも属していて外国人がよくステイしています。
(WWOOFについての説明は省きます、気になる方はググってみてください)
今回の帰国時に以前から話には聞いていたその友人宅に初滞在して来ました。

彼女のお母さんは習字の先生で、教室を開いているので少しだけ体験させてもらいました。
私は自分の名前を綺麗に書きたい!と願い出て、字のバランスなどを教えてもらいました。
筆も細い筆で名前を何度も書く練習。
久々の習字でかなり集中出来て、気分がスッキリ。1時間があっという間に過ぎるほど。
チャンスがあれば習いたいぐらいです。
字を書く機会は少なくなったけれど、やはり綺麗な字を書きたいものです。
小4の女の子が2人来ていましたが、習字よりおしゃべりに夢中で
課題も投げやりにやって先生を困らせていました。
小さい頃、私も習字を習っていましたが
あの頃は私も同じように習字で「学ぶ」という気持ちはなかった気がします。
あ~、習字とか硬筆とか改めて習いたいわ~。

家で練習用に、と筆と見本をもらいました。

IMG_3359.jpg

そして「さをり織り」という織物も体験しました。
その友人の知り合いで織物教室をしている方に教えてもらい、織りました。

P1320554.jpg

P1320553.jpg

初めてでも出来る分かり易い織物でした。
その織物の先生夫婦がとても素敵で、定年してからの夢だったというログハウスを建てて
織物教室だけでなく、カフェやカルチャー教室を開かれています。
共働きで働き続けたから、定年後は好きなことをゆっくりしたいという夢に向かって
少しずつ準備されていたようです。

P1320550.jpg

フィンランドから輸入して作ったログハウスは家具も装飾も可愛らしく
まだ新しい香りに包まれていました。

P1320558.jpg

旦那が織ったストールは私の母にプレゼント。母も喜んでくれました。
私が織ったのは、ママにあげようかと思っていたのですが意外に気に入ってるので
自分で使おうかなあと思っていたのですが
先日の旅の報告会で、旦那のを私の母にプレゼントしたという状況から
私がママにあげないのもな・・・と、ちょっと躊躇したけれどママにプレゼントしました。
びっくりするぐらい喜んでくれたので、まあ残念だけど良かったです。

翌日は姫路城へ。

P1320566.jpg

平成の大改修中の姫路城はカバーされていて見ることができません。

ただ、今だけ特別に天守閣を上から見ることのできる見学コースがあります。

P1320570.jpg

瓦をどのように改修するのか、手作業で一つ一つ行う姿(その作業はもう終わっていて映像で見れます)
まもなく終わるようで、この見学もあと少しで終了だそう。

P1320572.jpg

P1320573.jpg

話がそれますが、その姫路城にあったこの看板、

P1320571.jpg

日本語の読めない旦那が絵だけを見て、
お城では男女が一緒に歩いたらいけないの?って(笑)
なるほどー!確かにそう見える。

P1320585.jpg

それにしても暑かったです。ランチは姫路城近くのスーパーで自分で詰めるお弁当。
もちろん外で食べました…。

P1320597.jpg

姫路城近くの施設で和菓子と洋菓子の職人さんが作った
素晴らしい作品が飾られています。すべてお砂糖などで出来ているそう。

P1320599.jpg

P1320598.jpg

説明を見た旦那がうわ~マジパンだ!とそこに反応(←マジパン大好き)
本当によくできた作品でした。

姫路城、改修が終わったら是非一度行ってみたいです。
この特別見学は年明け1月15日までのようです!興味のある方はお急ぎください。



☆紅葉が本当に綺麗です

Category : 日々の暮らし
いや~、紅葉が綺麗です。

IMG_3433.jpg

IMG_3438.jpg

IMG_3429.jpg

久々に公園に行ったら、また生まれてました。
もうずいぶん大きくなってますが今年2回目の出産?

IMG_3435.jpg

IMG_3434.jpg

見守る親が怖いー!近づくと威嚇されます。

IMG_3439.jpg






☆念願のクローゼット整理、終了!

Category : Closet
クローゼット、やっと整理できましたー!

IMG_3419.jpg

このクローゼットの前にあるベッドの上に全ての服を出して分類しました。

本当は衣替えのないクローゼットが夢ですが・・・。
でも衣装ケースが手に入れば(MUJIで揃えているだけに高くつくからなかなか買えない・・・)
衣替えの無いクローゼットになると思いますが、今のところはまだ入れ替えが必要。

・処分する(赤十字の回収ボックスに入れに行く)
・春のフリマに出店
・今ひとつ決断しきれない

という3つに分類し、また一段と少なくなったように思います。
基本的にハンガーはIKEAのなのですが

IMG_3423.jpg

首周りが大きく開いた服はどうしてもツルんと落ちてしまいます。
旦那が持っていた滑らないハンガー(MAWAではなさそう・・・)を1本借りて
ちょっと使ってみたいと思います。(青色のハンガーが滑らないハンガーです)

IMG_3424.jpg

白いのは無印のハンガー。このハンガー、とっても使いやすくて
旦那のTシャツなどは全てこのハンガーです。








☆無印のトレーで夢の朝食(笑)

Category : 日々の暮らし
日本で無印に行ったときに旦那と2人で一目ぼれした木のトレーを買ってきました。
日本のご飯っぽく小さなお皿をたくさん載せてみました。
昨日の残り物ばかりの今日のランチ。

IMG_3425.jpg

トレーは2人分で2枚欲しかったのですが、家にあるお皿を載せてどんな感じか、
もしかしたら使えない大きさかもしれないし・・・と、とりあえず1枚を買ってきて、
使えるようであれば次回日本で買おうと思っています。

このトレーを無印で見たときに「これでベッドで朝食とかいいよねー」と
“ベッドで朝食”を夢見る旦那。イメージは007らしい。
以前からことあるごとに「ベッドで食べない?」と行って来たのですが
後にも先にもベッドで朝ごはんなんて食べたことはありません。
でも、旦那の理想なんだそうです、ベッドで朝食。
パンくずとかこぼれそうやし、現実派には受け入れにくいシチュエーション。

でも、今日はやってみましたよ、ベッドで朝食。

IMG_3418.jpg

なぜかというと、旦那にさっさと起きて欲しかったから!
寝室にあるクローゼットの整理をしたかったのですが、
起こさずにいたらいつまでも寝ていて取り掛かれないし、
普通に起こしてもそれから起きてくるまでが長いし、
ベッドで朝食にすれば、寝るわけにも行かないし喜ぶだろうし、という魂胆。
私の思惑通り「うわー、最高!」とか言いながら起きてくれて
朝食の後は寝室を追い出して、クローゼットの整理に取り掛かりました!

今後もこの手は使えるかも!



☆旅行の後といえば、恒例の!

Category : 日々の暮らし
旅行明け+初の週末=???

ええ、みなさんお分かりですね。義理両親への報告会。
旅行明け最初の週末で、中途半端になっているクローゼットの整理が必須で
(旅行に使った夏物が出ていて、必要な冬物がしまいこまれている状態)
なのに、朝起きたらびっくりするぐらい天気が良くて・・・。
ええ、お分かりですね、天気が良いと「散歩ー!」と言い出して聞かない人がいます。

朝ごはんを急いで食べて「外に出なきゃ、外に出なきゃ」という旦那に付き合うことに。
でも待って!この週末はパパとママの所に行った方がいいと思うから
いつにするか予定立てておいたほうがいいんじゃない?と促すも
外から電話したらいいよー!って、とにかく外に行きたい旦那(子供かよ・・・)

最高の秋晴れで寒くなくて紅葉も今が一番綺麗だと思います。

IMG_3382.jpg

IMG_3372.jpg

IMG_3371.jpg

もちろん近所を散歩なんて簡単なものではなく車を飛ばして山へ。

IMG_3383.jpg

もちろん20分程度なんて簡単な散歩ではなくガッツリ1時間。
途中、栗があって拾いたかったけど袋もないし残念・・・。

IMG_3386.jpg

すさまじい量の栗が落ちていました。

IMG_3385.jpg

空気も綺麗だし、午前中だからか人もいなくて気持ちよいお散歩♪
ではあるのですが、肝心なパパとママとの約束は?

促して電話してもらったら「ちょうどあなた達に電話したところよ!
留守だったから、どこかに出かけてるのかと思ったわ」という展開。相思相愛ですな。

パパとママからの提案は
日曜の夜、もしくは日曜のケーキタイム、ただし私たちも知っているパパとママの
お友達夫婦が来ているので一緒にどう?

という提案。ケーキタイムから行ったら夜までコースになるに決まってるし
何も友達が来ている時に行く必要なし、と却下。
夜は月曜日が出張で朝が早いので、避けたいところ。

それを受けて、私たちからの提案は私たちがお招きするわー!ということで
今日のケーキタイム、もしくは夕食、もしくは日曜の朝食を提案。
(お招きの準備をする面倒さと、あのデジャヴ料理になる辛さだったら招いたほうが楽!?)

ケーキタイムだったら時間が無かった(だって電話している時点で11時ごろだし)、
ってことでケーキは買っても言い訳ができるし、楽なのにー!って思ったけど
夕食がいい、とのことで(一番面倒な選択・・・)、その日の夕食に決定しました。

山にいる私たち。
さっさと帰って準備しないと!というものの
いつもみたいに色々作らなくても大丈夫だよ、手抜きでいいよー!って
無責任な発言をして散歩を堪能する旦那。
まあ、私もそんな気がします、何もパパとママのために1日中キッチンにいるのもね・・・。
そんな時期はもう卒業!気楽に行きます。

と、私が納得したのを良いことに、久々にマルクトに行こう!と言い出しました。
そこに出ているソーセージスタンドで食べたいみたい・・・。
旅行から帰ってきたら食べたいらしい・・・。ってもう帰ってきてから何度も食べてるよね?

IMG_3401.jpg

マルクトに行ってみたら、お祭りで移動遊園地が来ていました。

IMG_3399.jpg

IMG_3396.jpg

お祭りのおかげで色んなお店も出ていて、楽しめました。
ソーセージをランチにする!という旦那に付き合って同じお店(お肉屋さん)でポテトスープを。
スープにもソーセージががっつり入っています。

IMG_3391.jpg

奥に見えているのはワインです(笑)
お天気いいしねー。

で、せっかくだから今だけのFederweisserまで。

IMG_3393.jpg

なみなみ注がれて1.4ユーロです。安い。
このワインスタンドは遊園地が無くても常に土曜マルクトに出店しているお店で
おじいちゃんとおばあちゃんがゆるーく営業しているスタンド。
ワインを買ったときも、そのスープに混ぜたらおいしくなるよ!って
ジョークを言ったらしいのですがヘッセン訛りがきつくて聞き取れなかった・・・。

という感じで、午後まで外にいてしまい、
本当に夕食の準備、手抜きしますよ!という状況になりました。
しかも昼からワインを飲んでしまって体がだるい。

それでもお招き2時間前からはキッチンに立ち、準備しましたとも。
そして、パパとママ登場。

いつもどおり旅の報告会でしたが、
散々話して報告した後に写真鑑賞会になるととにかく長いので、
ご飯を食べた後、写真を見ながら同時に報告会をしない?そのほうが楽しいわよ!と提案。
でも結局ご飯の間、旅の報告になるんですけどね。

今回も旅の報告をしたい旦那と
その報告で出てきたキーワードから自分達の過去の思い出を話したいパパとママとで
お互いそれぞれの話は聞いてる?と疑いたくなるほど
自分達の話ばかりするパパとママと旦那・・・。

そして、来年こそは日本にパパとママを連れて行きたい旦那。
「だから今日の食事はお箸で食べて!」と促し、指導。

IMG_3413.jpg

奥のほうで旦那が指導中ですが、急いで作った夕食は
サーモンとアボガドの細巻きと肉まき(←パパ用)、サラダと、ほうれん草のおひたし。
さすがにそれだとパパが食べるもの無いかな、とささみフライ。

パパは旦那が言っても、全くお箸を使おうとしませんでしたけどね。
そういうパパの潔さ、いいと思います。
だって食べにくいお箸で食べてもおいしくないしね!

デザートはすっかり忘れてた、というか一応気にしたんですけど
アイスクリームでも買ってこればいいか、と思ったけど忘れてて、
デザートなし、でもナッツとかチーズがあるからねー!と思っていたら
予期していたんでしょう・・・、ママが持参してきましたよ。

IMG_3416.jpg

超甘チョコレートケーキ!うーーーー、お気持ちだけで十分です・・・。
写真は撮っていませんが、アップルケーキも持ってきましたよ。

旅が終わって報告会が終わるとなんとなくホッとします。
でもこれからが濃いんですよね。
クリスマス⇒誕生日×3人⇒イースター
今年もこの時期がそろそろ始まりますな・・・。

さー、今日こそはクローゼットの整理をしてやる!
今のところ天気も良くないし~!








☆片付け熱の矛先は・・・卓球(笑)

Category : その他
片付け熱の矛先は旦那の引き出しに向かいました。
というのも、昨日「仕事帰りに買ってきた!」と嬉しそうに見せてくれたこれ。

IMG_3374.jpg

私にはさっぱりわかりませんが、これ、卓球のラバーに使う糊。
ええ、旦那は卓球大好き人間!小さい頃からずーっと卓球をしています。
あの臭いスポーツ後の衣類も卓球です。
今まで旦那の卓球について詳しく書いたことは無いと思いますが、
以前は毎週子供達に教えていました、それぐらい卓球好き。

毎回日本に帰ると卓球ショップに連れて行って!とせがまれ
大阪難波にある卓球ショップに行っています。
あの難波に卓球ショップがあるなんて知らなかった・・・。
卓球屋のお兄ちゃんも多分「この外人さん時々来るよな・・・」って思っているはず。
今回なんて会員様のみ20%オフだったのに、会員じゃないけど20%オフしておきます!って
おまけしてもらえてルンルンだった旦那。

そんな卓球グッズの一つ、糊を買ってきた様子。
嬉しそうに卓球グッズを取り出してあれやこれやとゴソゴソしていました。

旦那の卓球グッズはここに全てしまわれています。(ウェアなどは別)

IMG_3377.jpg

サイドボードの引き出し一つ分。
卓球だけじゃなくて、自転車とかスポーツグッズをまとめています。

ここ、すぐにぐっちゃぐちゃになります。
でも旦那のテリトリーだしなるべく触らないようにしていますが、
ぐちゃぐちゃになったことで明らかに探し物も多いし、余計にぐちゃぐちゃしてるから
時々こっそり整理します。

そこまで散らかっていない様子ですけどね。

IMG_3379.jpg

整理したのに気づいたらいつも「ありがとー」って言ってくれるので、まあ良しとします。

そんな卓球の引き出しに、あったような・・・。

IMG_3375.jpg

やっぱりあった!今日買ってきたものと似たようなものがあった!と思って探したら
2缶も出てきた!!!どっちも空っぽ。もー、空なら捨てようよ・・・・。

またぐちゃっとしてきたから、整理しておきました。
引き出しの底にはボールがたまってた・・・。靴の空き箱に入れておきます。

IMG_3378.jpg

ラケットなんてこんなにあります!

IMG_3380.jpg

なんか、同じような缶が2つ出てきたけど!!一つは空っぽよね?

IMG_3376.jpg

結局整理して、ちょっとすっきり。
見かけは変わっていませんが底に散らばっていたボールがなくなりました。

IMG_3381.jpg

この引き出しの前にスツールを持っていって、
引き出しあけながらごぞごそして、ラケットのラバーを張り替えて
ボールをラケットにあてて弾み具合をチェックして
鏡の前でシャドー卓球をやって、食卓でサーブの練習して・・・

ホント、好きねぇ。



☆片付け熱が上がってます

Category : ◆インテリア・整理収納
掃除、整理熱がかなり上がっていますー!
その原因は、日本での旅行かな。

日本では実家を始め、お店とか色々と立ち寄りましたが、
ふと見えるレジの向こうとか気になって仕方ない・・・。結構ぐちゃぐちゃしてるんですよね。
埃っぽいとか汚いとかそういうことではなく、物が溢れてて、ごちゃごちゃしてる。
あーーー片付けたい!ってそればっかり思っていました。
ホント、頼まれなくても自分の時間を犠牲にしても整理したいぐらいでした。
私だったらこうするのにー、もったいないな・・・と思ったり。
もちろん口には出さないけど(実家だったら母に直接言いますけど・・・)、
片付けたくてうずうずしてました。

そのうずうずが戻ってきても治まらない、みたいな。
でも家はそこまで散らかっていないし、片付けるところもあまりない・・・。

それでもやっぱり気になっていた部分を片付けました。
それは本棚。すでに何度か片付けているので不要なものは少ないのですが
今一度見返して、10冊ほど不要な本が出てきました。

「海外で不要な日本の本」

これ、どうしましょうかね。
欲しい人がいたら譲りたいですけど、寄付とか出来るならしたい。
以前は古本を引き取って貸し出ししている場所があったのですが今は無くて、
捨てるのはもったいないし、でも日本じゃないから売ることも出来ない。

次に日本に帰るときに持って帰って売るとか?
でもブックオフとかで売っても「これだけー?」ってほど安くしか売れないし。
そのために重たいものを持って帰るなんて体力がもったいない・・・。

ふと、パリにブックオフがあるって聞いたことがある!と思い出し調べてみたところ
海外とはいえそこまで高くは売れないらしいですね、、、(本当ですか?)。
海外で日本の本だから、高く買い取ってくれそうな気もするんですけど。
まあでも、パリに行く予定なんて全く無いですけどね。

さっ、今日はどこを片付けようかなー。









☆旅の荷造り、成功と失敗そして悲劇・・・

Category : 西表島&石垣島
今回の荷造り。一言で言うと、持って行き過ぎました。
2人でスーツケース2個と機内持ち込みピギー1個。
本当に使った物だけ詰め込んだらスーツケース1個で行けたかも・・・。
沖縄に行くから夏の用意と、大阪は秋だとばかり思っていたので
少しだけ羽織ものなどの秋物を用意しましたが
沖縄も大阪も夏、ドイツ的にはまるで真夏のような気候でした・・・。

それは仕方ないとしても、毎回旅行のたびに荷物を持って行き過ぎる(主に服)。
これをどうにかしないといけません。
特に日本への帰国なんて、出来る限り食材とか色々詰め込みたいから
少しでもスペースがあるほうが助かるし。

今回は民宿で洗濯機も乾燥機も使えたし、実家でも母が洗濯してくれたし
結局使わなかった下着とか靴下とかが山ほどありました。

最悪足りなかったら現地調達でもいいか~ぐらいの意気込みで
極力荷物を減らしてもそれで足りるのかもしれません。
特に目的地が日本なら手に入らない物はないですし。

でもこの衣服の「念のため」という意識は旦那のほうがかなり強いです。
「素敵なレストランに行くことがあったら困るから」とワイシャツを詰め込んだり、
たとえ1泊の旅行でも「念のため」とパンツと靴下は1回分余分にパッキングします。
毎日同じ靴だと良くないからと何足も靴を持って行ったり・・・。
結局、わざわざシャツに着替えるようなレストランなんて行かないし!!
まあそういう私も、ジョギングできるかも!とグッズを持っていったり(結局しないのに)

今回は「量」が失敗でしたね。
次回からは洗濯できるということも考慮して少なめで行きたいと思います。

ベトナムではホテルで洗濯したけど湿気で全く乾かずくさくなったりした経験もあるので
日本以外だとやはりちょっとは多めに持っていくほうがいいかもしれません。

以上が失敗談。

そして成功談はやはりこれですね。

☆旅の整理グッズ、予想以上に大活躍!

このケースは今後も旅行の度に持って行こうと思います。

fc2blog_201310060858230d9_20131016205111be5.jpg

そして悲劇が!

なんと、ドイツに戻ってきてスーツケースを開けたら日焼け止めが漏れてた・・・。
行きはしっかりビニール袋に入れて行ったのですが、復路は適当にに入れてしまった・・・。
そしてよりによってRIMOWAの硬いタイプのスーツケースで、
閉まらなくて体重をかけて閉めたからその時に圧迫されて蓋が開いてしまったと思われます。
いつも使う布製のスーツケースは柔軟にスーツケースが大きくなるから問題ないのですが・・・。

日焼け止めが漏れたことある人ならわかると思いますが、
これがシャンプーやハンドクリームならまだ何とかなったのですが
日焼け止めって本当に落ちない。色々とネットで調べてオイルに強い洗剤とか
洗顔フォームとか、化粧落としとか、そりゃ色々と試しましたよ・・・。

でもビクともしない。
しかも一番被害を受けたのが旦那が気に入っているジャケット。
ナイロンっぽい生地なので余計に落ちない・・・。

とりあえず1日家で頑張ったけどどうにもならないのでクリーニングに持って行きました。
ちゃんと落ちているといいけれど・・・・。



☆小枝のパラダイス状態なテーマパーク

Category : 日本
伊勢旅行2日目は、1日目に巡れなかった内宮にお参りに行き
その後は伊勢、鳥羽の観光をしました。

近鉄電車の「まわりゃんせ」という切符を買っていったので
バスなども乗り放題でした。これ、とてもお得です!

P1320511.jpg

様々な施設の入場も可能。

P1320512.jpg

4日間有効なので使いこなせばかなり充実した観光になると思います。
2日間でも相当使いましたけどね。

伊勢・鳥羽・志摩がカバーされているのですが
2日目は鳥羽をメインに観光しました。

P1320459.jpg

まずは鳥羽水族館。
石垣でシュノーケリングをしなければ行きたいとすら思わなかったかもしれない水族館。

P1320433.jpg

この魚いたいたー!とかなり楽しく見ることが出来ました。

ペンギンさん。

P1320443.jpg

暑いのにお散歩してました、お疲れ様です・・・。

P1320438.jpg

鳥羽水族館の名物の一つ、ジュゴン。
世界で5頭しか飼育されていないそうでそのうちの1匹が鳥羽水族館にいます。

タイミングよくう○ちのお時間でした(笑)

P1320448.jpg

そして水族館を後にし、その隣のミキモト真珠島へ。

養殖真珠が出来るまでが展示された博物館。

P1320460.jpg

そして今、流行の??海女の実演も見ることが可能です。
1時間に1回見ることが出来ます。

P1320467.jpg

P1320476.jpg

P1320475.jpg

P1320480.jpg

申し訳ないほど観客が少なかったですが・・・。

そしてその後は観覧船に乗りました。1時間ほどの遊覧。
とにかく暑くて、暑くて・・・。景色は綺麗でしたが外に出る気も起きないほど暑い!

旦那はそそくさと外に出て行き、満喫している模様。
広いデッキは旦那とあと1人他のお客さんがいただけで2人の貸切空間。

P1320510.jpg

これまた「太陽大好き男」からしたら考えられない状況のようです。

伊勢から鳥羽に移動する際に観光用のバスに乗りました。
各種観光地を停まって移動するバス。
行きのバスから見た「安土桃山文化村」という施設を通った際に歴史的な建物が並んでいて
旦那がそこに行きたい!というので、帰り道で立ち寄りました。

いや~、ここ、いろんな意味で面白かったです。

この安土桃山文化村というのは、公式HPから抜粋すると

平成5年4月27日に「伊勢戦国時代村」として開村した現在の「伊勢安土桃山文化村」も皆様に支えられて、おかげ様をもちまして平成25年に20周年を迎えることとなりました。日本のテーマパーク元年は、一般的に1983年(昭和58年)の東京ディズニーランド誕生だといわれています。それから二十数年を経て「東のTDL、西のUSJ、それ以外の所はどうも‥」という話を耳にすることもございます。
一口にテーマパークと言っても各施設の規模や個性によって、様々な役割があると思います。

そう、今年は20周年記念年!
伊勢神宮の式年遷宮とも重なり、さぞかし賑わっていることでしょう!
という予想は最初からしていませんでしたが、見事に誰もいないー!

平日だからとか15時ごろだからとか暑いからとか、そりゃ理由は一杯あるでしょう。
でも人っ子一人写真に写らないってねえ・・・。

P1320515.jpg

P1320516.jpg

P1320517.jpg

P1320519.jpg

P1320531.jpg

P1320538.jpg

お客さんがゼロだったわけではないんです、そうですね全部で10名ぐらいかな。
誰もいなくて寂しくなるほど閑散としたアミューズメントパーク。
お化け屋敷とか、お化けよりも誰も人がいないほうが怖かった。
迷路も忍者屋敷っぽく仕掛けのある迷路なのですがバレバレ・・・。

お店もほとんど閉まっているし

P1320533.jpg

なんだか突っ込みたくなるようなものもあって

P1320532.jpg

これ、あれですよ、小枝のパラダイスみたいな、そんな感じ。

それでもね、面白かったのがここのスタッフ。

私たちを見かけたら「いらっしゃいでござる!」としっかり演技してくれて
忍者のポーズとか惜しげもなくしてくれて、お金も「両」を使っているし。
雰囲気を出そうとしている頑張りが見えてきます。

P1320518.jpg

ちなみに上の写真、300両とか書かれていますけど誰もチェックしていないので
入り放題です、私たちはまわりゃんせのパスでフリーパスでしたが。

そして何より笑ったのが、この安土桃山城をそのままの大きさで再現したここ!

P1320528.jpg

これ、山の頂上にあります。
なのでバスに乗って移動します。

バス乗り場まで行くと、バスが来るまでの間よろしければ!と

P1320522.jpg

P1320525.jpg

お兄さんによる南京玉簾。
手拍子お願いしますー!と手拍子を要求され、テンション高く披露してくれるお兄さん(笑)

そしておんぼろバスで到着した安土桃山城にもスタッフが1人いて、
「ようこそお越しくださった!」と出迎えてくれました。
写真を撮りましょうか?と聞いてくれたのでお願いしたところ
「ハイチーズ」の掛け声が「いざ・ごめん!」でしたからね・・・。

もう笑いが止まりません。

いろんな人の口コミを見ても、同じような意見が多くて
私たちは見ていませんがお芝居などかなり面白いみたいです。
どういう意味で面白いのか、逆に興味が沸きます。

さすがに入場料(3400円)を払ってまで行くことは無いですが
無料だったら一度立ち寄ってもいいかもしれません。ある意味楽しめます。

とにかく広大な敷地で景色もすばらしく立地は悪くありません。
「アウトレットでも作ったら人が来るのにねー」という母の意見にも納得です。

まわりゃんせパスで色々満喫させてもらった2日間でした。










☆子安神社と精子凍結

Category : ドイツで不妊治療
日本に一時帰国した際に伊勢神宮にお参りに行きました。
事前に調べたところ、伊勢神宮には子安神社という子宝・安産を祈願する神社があるとのこと。

この子安神社にお参りする際に奉納する鳥居の形をしたお札があるのですが
このお札がおかげ横丁で売っているというので、しっかり購入して行くことにしました。
ちなみに宮忠というお店で売っています。
店頭では見つけられなくてお店の方に聞いたら出してきてくれました。
思ったより大きくてお値段2300円也。

そこに名前などを書いて(ペンもお店で貸してくれますよ)、
内宮のお参りの後に行こうと決めて準備万端。

内宮の正宮をお参りした後、子安神社に以降と思ったけれど場所がわからない。
お守りなどを売っている社務所の方がとても丁寧に教えてくださって
そのやさしさにジーンとしながら、向かいました。

普通にお参りしていれば十分時間もあったのですが
とにかく今、写真にはまっている母が山ほどの写真を撮りまくるので
それに付き合っているとなかなか先に進めません。母のせいでゆっくりしたペースの参拝。

そして最後には、この子安神社に向かったところ、もう時間終了ということで
神社に行けませんでした・・・・、たった3分前に閉まったばかり。

もう縁起悪すぎです。
こりゃ赤ちゃんも私たちのところにはすぐにはやってこないな、と思いました。
母にも腹が立つし、本当にもう涙が出てきました。

幸いにも伊勢に宿泊だったので翌日改めて奉納しようねということで、
鳥居は持って帰りました。一応枕元において眠りましたよ。

P1320392.jpg

そして翌日、朝から子安神社に行きました。

P1320427.jpg


さてお参り!と思ったらちょうどお賽銭箱のお賽銭を集めに来ていて
その処理を待つことになりました。やっぱりスムーズに行かないわ。
お賽銭を集めていた神社の方は「今日はひときわ重いなあ」と言っていました。

無事、お賽銭箱も準備されお参り。
鳥居もしっかりと置いてきました。

お願いしていたら涙が出てきました。
今までも色々と子宝、子授けの神社に行きましたが涙が出たのは初めてです。

お伊勢さんでお参りしたし、きっと授かるはず!とポジティブにいたのですが
その直後、生理が始まりました・・・
っていうか、いつもより相当早くてびっくりしました。
いつも29日とか30日なんですが、26日でやって来ました。
お伊勢さんのお参りと何か関係があるのだろうか・・・。

実は前回、KWZで次に生理が来たら3日以内に診察に来ることと言われていて
その後初の生理ではまだ保険会社からの返答が来ておらず診察にいけず、
2回目はまさしく今回の旅行。確実にドイツに戻ってからと思っていたのに
まさか日本にいる間に始まるとは・・・、結局今回もKWZに行けず。
そして計算したら次も出張にまたがるのできっと行けない。
何か、神様の力が働いているような気がしてなりません。
行ったら駄目なのかな・・・。

一方で旦那は今日から精子凍結が始まりました。
何回分を凍結するのか知りませんが、これからちょくちょく通うようです。
私も生理が来たら行かなきゃいけないのに、どうしよう・・・。
旦那のタイミングと私のタイミング、しっかり合うのかな?
でも仕方ないですよね、こればっかりは。

ポジティブに考えてその日を待つしかありません。





☆式年遷宮の記念年、伊勢神宮へお参り

Category : 日本
沖縄旅行とは別に、私の家族と一緒に伊勢に1泊2日で旅行に行きました。
伊勢といえば伊勢神宮。今年は社殿を作り変える20年に1度の式年遷宮の年。
ちょうど10月にそのご神体を新宮に移したばかりの伊勢神宮はすさまじい人出でした。
伊勢へは日帰りでもいけなくは無い距離ですがゆっくりお参りするには宿泊して正解です。

式年遷宮の儀式もありテレビでもいろいろ取り上げられていました。
ちょうど沖縄に滞在していたときにそのニュースを何度と無く見ていたので
旦那もどこに行くのか明確だったようで楽しみにしていました。

1日目は大雨。こんなに降らなくてもいいのにね・・・と言うほど降りました。
お伊勢めぐりは外宮からと言われているようですが、やはり賑わっているのは内宮でした。
外宮の人出があまりよくないと母が言っていて、そんな情報を裏付けるニュースも先日出ていました。

10月12日午後2時現在の参拝客数は1000万334人。
内訳は、内宮が636万3243人、外宮が363万7091人。

とのこと。

P1320324.jpg

新宮は檜の香りがしてまっさら。
外宮から内宮に移動する頃には雨もやみ青空が広がりました。

P1320329.jpg

P1320336.jpg

おかげ横丁で色々食べたり時間を使ったのと
ゆっくり参拝しすぎて17時となり行きたい場所にお参りできず翌日出直しました。
宿は外宮と内宮のちょうど真ん中ぐらいにある旅館。

創業200年の麻吉旅館です。

P1320313.jpg

P1320311.jpg

P1320407.jpg

このたたずまいを見たときに、きっと旦那が気に入るだろうなと思ったので
母に提案してここにしました。

P1320405.jpg

中も本当に古くて味わいがありました。

P1320399.jpg

ここまで古い旅館も珍しいのではないでしょうか。

P1320396.jpg

P1320393.jpg

P1320394.jpg

お部屋は「殿~!」と走り回りたくなるような広さ。
3部屋を贅沢に使ったお部屋でした。

P1320372.jpg

お部屋の装飾品や備品も古い!

P1320382.jpg

P1320376.jpg

P1320379.jpg

洗面所はなんだか懐かしい雰囲気。

P1320400.jpg

他のお客さんも少なくてゆったりとしていました。
母と私の弟そして、旦那と4人で色々話しました。
途中涙もありながら、色々と話せたのは良かったと思います。

翌朝は蔵に眠る品々を見せていただきました。

P1320411_2013101604290643d.jpg

かなり歴史が古いんだな、ということがつくづくわかる蔵の品々。
床が斜めだったり、本当に古い旅館でしたが旦那はずいぶん気に入ったようです。

伊勢神宮はパワースポットなどとも言われていますが、
パワースポットの神秘さが味わえないほど人が多かったです。
それでもこの記念すべき年に家族でお参りできて良かったです。





☆台風が迫ってきた石垣島

Category : 西表島&石垣島
西表島から石垣島に移動して4泊しました。
石垣でもまた民宿です。米原海岸からすぐの民宿「花城」。

P1320077.jpg

この民宿に泊まったことで、石垣の滞在がより素敵な思い出になったといえます。
本当にこの民宿に泊まってよかったな~とつくづく思います。

西表を出るときに民宿の人が「台風が出来ましたよ」と言っていていました。
台風って「来る」という言葉は使うけれど「出来る」って言葉がとても新鮮に感じました。
台風が近づいてくる様子だったのでとにかく急いで観光。

石垣ではレンタカーを申し込んでいたので車での移動がメイン。
お天気のいいうちに!と、とりあえず車を飛ばして色々見に行きました。

P1320022.jpg

P1320009.jpg

P1320012.jpg

それでも段々暗くなってきて・・・・怪しい予感です。
遠くから見た川平湾がとても綺麗だったので近くまで行ったら、
台風に備えてか船を陸に上げていました。

P1320211.jpg

曇っていてもここまで綺麗なのですから、晴れていたらどれだけ綺麗なんだろう・・・

IMG_3252.jpg

実はこの川平湾にはたった4泊の間に3回も行きました!
だってどうしても雑誌に載っているような綺麗な空と海が見たかったから!
ちょっとお天気がよさそうだったら急いで車を飛ばして見に行きました。
民宿からも車ですぐだったので。
でもなかなかスカッと晴れた空にはめぐり合えず・・・。

IMG_3248.jpg

P1320234.jpg

ここはまた晴れた日に来てみたいです。それでも曇っていても十分綺麗でした。
ちなみにここは海の中が見えるグラスボートが有名なんだそうですが
3回とも強風により運行停止でした、あら残念。

石垣島ではシュノーケリングツアーに申し込んでいました。
正直、珊瑚とか熱帯魚とかあまり好きではない私。
水族館なども気持ち悪くてあえて積極的に行くことはありませんでした。
ブツブツしたのとかが気持ち悪くて・・・。

だからダイビングには何の興味もなくて、
ただ石垣に行くんだったら是非一度ぐらいは!と思ってシュノーケリングにしました。
本当は旅の後半の予定でしたが、台風も近づいてきたから急遽日程を早めて
石垣上陸の翌日にすぐに参加しました、結果それが大正解だったんです!

シュノーケリングは1日ツアー、ランチつきのプランです。
お天気はところどころ晴れてはいましたが基本的には曇りで午後は雨。
10人ほど同じ船で出発しましたがみんな体験ダイビングでシュノーケリングは私たちだけでした。

潮がひいているときにだけ現れる幻の島「浜島」へ行ってそこでレクチャー。
まずはそこで軽くシュノーケリング。
すでに魚がうようよいて、すごいなーって言ってたら「こんなの全然いないほうですよー」とのこと。

そしてその後船に乗って何箇所かシュノーケリングをしましたが
何と言ったらいいのか・・・、すごかったです。
魚の多さはもちろんのこと、ただ水面から海を見ているだけなのに
海の底のほうまで見えて、あまりの海の深さに正直怖かったです。
小さなサメもいたし、とにかく魚も珊瑚も一杯でした。
予想以上の感動というか驚きというか、こんなに見れるとは思ってもいなくて
今まで全く興味もなかったことだけに、全く知らなかった世界で
なぜ今まで知らなかったんだろう・・・と後悔するほど素敵な海。

ほとんどの人が半日ツアーで帰っていったのですが
2組だけ残ってお昼ごはん。おいしいお弁当を竹富島で食べました。
とは言っても海辺の端っこなのでそこが竹富島なんて言われるまで気づかず・・・。

そして午後はさらに深いところでシュノーケリング。
ずいぶん慣れてきたので、インストラクターは午後から参加している初心者の人に
ついていたので私たちは自由にうろうろしました。
でも流されてはいないか、旦那やみんなが近くにいるか
気になって気になって何度も顔を上げてチェックして、ドキドキしてました。

ランチを食べすぎたか、途中気分が悪くなって早々と船に戻り
もう十分楽しんだから帰りたい・・・って思ったのですが
「皆さんが希望するならもう1箇所どうでしょう?」って言われて
結局また最後にもう一度シュノーケリングをすることに。
その頃には私も元気になっていて、最後まで楽しみましたけどね。

ウェットスーツは着ていても、肌寒くてお手洗いが近くて
何度もトイレに行きましたが、ウェットスーツの着脱が面倒で面倒で・・・(笑)

お天気が良かったらどれだけ綺麗だったんだろう・・・とこれもまた心残りではありますが、
シュノーケリングという全く興味のなかったことに出会えて、それだけでも良かったと思います。

というのも、宿泊していた民宿から歩いてすぐの米原海岸は
石垣の中でもシュノーケリングのベストスポットで有名な海らしく、
民宿に泊まっている人たちも各自でシュノーケリングに行っていたので、
そんなに簡単に出来るものなの?と思っていたのですが
ツアーに参加したことでどういうものかわかったので、
翌日は自分達だけで米原海岸にシュノーケリングに行きました。

もしシュノーケリングのツアーを最終日にしていたら
自分達だけで海に入ろうなんてアイデアも無かっただろうし
せっかくのチャンスを無駄にしていたかもしれません。

民宿裏の海岸は海に入って1メートルもしない場所から魚がうようよ・・・。
初日に海で泳いだのですがそのときはこんなに魚がいるなんて思いもせず。

台風が近づいていたので波が高くて水の透明度が低かったとはいえ
水族館の水槽の中で泳いでいるようなそんな感覚。
中には気持ち悪い魚もいたけれど、可愛い魚のほうがよっぽど多かったです。

シュノーケリング用のグッズは民宿のすぐ隣にある海の家で借りました。
次回石垣に行くことがあれば絶対に自分用のグッズを買っていこうと思います。
2回、3回借りるぐらいなら買ったほうが安いですしね。
まさか自分がシュノーケリンググッズを買おうと思うとは、
数日前には思いもしなかったのに、すっかりはまってしまいました。

しかーーーーし、楽しいシュノーケリングとは裏腹に苦い思い出が出来ました。
くらげに刺されました。

海にも散々看板が出ているくらげ注意報。

P1320240.jpg

私が刺されたのはこっち。カツオノエボシというくらげ。

P1320241.jpg

このくらげ、見た目はゴミみたいなんです。
最初足首にビビっと痛みがあって、ゴミが絡まったのかと思っていたら
なんだか電気がはしったようなそんな痛みが治まらない・・・。
何何???と周りを見渡したらゴミがあって、これゴミだよねーと旦那と見てたのですが
ちがうよ、これくらげじゃない??とか言いながら恐る恐る木の枝で触ったりしたんです。
その時はまだ上の看板もしっかり見ていなかったし、意味がわからず。

とりあえず民宿のおじさんに聞いてみようと民宿に戻るときに看板を見て
うわー、思いっきりこのくらげだー!という感じでした。
そうしているうちにビリビリした痛みの場所に
蚊に刺されたようなプツプツがたくさん出来てきて見た目も気持ち悪い・・・。

民宿のおじさんは「大丈夫だよ」って軽く言ってたので安心しました。
その後、シュノーケルグッズを借りた海の家のおじさんに話したら
「あららー、出た?早いね~」とそのおじさんも軽く笑って流してくれたので
たいしたこと無いんだなーと安心しました。
でもおじさんが塗っておきな!と塗り薬をくれて塗ったところ、
その後すぐに痛みも腫れもひいたので良かったです。
ちなみにその海の家「ジェリーフィッシュ」って名前、ええ・・・「くらげ」です。

全てが終わって部屋に戻ってから「カツオノエボシ」についてネットで調べたら
非常に強い毒をもち電気クラゲの別名があり、刺されると強烈に痛む。
刺されたヒトの死亡例もある。
なんて書いてあってちょっとびっくりしましたけど・・・。

例年もう少し遅くに出るくらげらしいのですが
台風の影響で風が強く流されてきたんだろうとのこと。
ホント夢に出てきそうなほど気持ち悪い物体と痛さでした。
とはいえ、シュノーケリングは本当に楽しかったのでまた絶対にやりたいです!

そしてその後台風もどんどん近づいてきて風が強くなり
絶対に行こうと思っていた竹富島への観光ももう無理だな・・・とあきらめていたら
民宿のおばちゃんが「まだ船は動いているから行って来たら?」と言ってくれて
お天気が心配でしたが竹富に行きました。

これが大正解!風こそ強いもののお天気が良くなったんです!

P1320156.jpg

自転車を借りてサイクリング。

P1320194.jpg

P1320155.jpg

竹富の海はより一層綺麗でした!

P1320118.jpg

行って良かったです!
往復の船は、テーマパークのアトラクションかと思うほど揺れてすさまじい水しぶき、
10分程度だから我慢できましたが、それ以上だと絶対にダウンしてたと思われるほどの揺れ。

そして当初帰る予定だった日は、お空は晴れているし風もそこまで強くないけれど
全便欠航でした・・・。午前中は飛んでいる航空会社もあったのに・・・。
結局石垣から出られなくなり、もう一晩お世話になることに。

その日の夕方ぐらいからどんどん風も雨も強くなって暴風域に入りました。

P1320271.jpg

時には太陽も出るのですが・・・、。

P1320270.jpg

お部屋にいるぐらいしかすることが無く、お昼寝をしてのんびり。
台風の進路や速度をここまで気にしたことなんて今まで無かった。
それぐらい台風情報を随時チェックしましたが、自然相手には何も出来ません。

最終日の朝、午後からは飛行機が飛ぶとのこと・・・。ホント!?

IMG_3305.jpg

ここ石垣島の民宿は、他のお客さんも何組もいてご飯も同じ場所で同じ時間になるので
その都度みんなと顔をあわせます。
それぞれの旅の予定で毎晩メンバーはちょこちょこ入れ替わりますが
同じ時期に泊まったほかのお客さんにも恵まれ、
それはそれは楽しい毎日でした。夜も遅くまで泡盛を飲みながら盛り上がり、
お部屋も近いし洗面所も共用なので一緒に歯を磨いたり、
なんだか寮生活みたいな、最後にはみんなとっても仲良しになりました。
迫ってくる台風の情報交換もより仲良くなれた一つの理由かもしれません。

年齢も住んでいる場所も仕事も何もかも違う人たちなのですが
不思議と縁があって集まって、仲良くなって旅の情報を交換したり一緒に散歩したり、
こんなにすばらしい出会いがあるとは思ってもいませんでした。
連絡先も交換して、いつの日かまたみんなでここに集まろうねー!と誓ってお別れ。

したのですが、台風の影響で結局同じ日に帰ることになり空港でも一緒でした(笑)
本当にこの民宿に泊まってみんなに出会えてよかった!

そして民宿のご飯が最高でした!

IMG_3195.jpg

お母さんが作るような手作りのお料理、品数も多くてボリューム満点。

IMG_3261.jpg

思わずレシピを聞いてしまうようなおいしいものがたくさんあって
毎日どれもこれも全て本当においしかったです。

IMG_3290.jpg

IMG_3257.jpg

IMG_3199.jpg

IMG_3256.jpg

言葉にはしてなかったけれど、私の旦那がいるからだと思うのですが
あえてソーセージを用意してくれたり、スイスのレシピらしいのー!と
初挑戦のメニューだと言いながらもとてもおいしいZüricher geschnetzeltesを作ってくれたり
そういう心遣いも嬉しかったです。

そして、民宿の猫ちゃんたちもなんともいえない可愛さで和みました。

P1320055.jpg

P1320249.jpg

IMG_3246.jpg

お部屋も綺麗でした。お風呂と洗面所は共用です。

P1320045.jpg

P1320046.jpg

洗濯機、乾燥機も無料で使えたし便利でした。
海もすぐ近くだし最高でした。(街中からは少し距離がありますが・・・)

また絶対に行きたいです!
この民宿に泊まって思う存分シュノーケリングがしたい!
お天気のいい時期に絶対にまた行ってやるーーー!!








☆大自然の西表島!

Category : 西表島&石垣島
今回の日本一時帰国のメインイベントであった沖縄の旅。
思い出深いものになりました。

P1310911.jpg

私たちの予定は西表島2泊、石垣島4泊の予定でした。
が、台風の影響で石垣島が5泊になりました・・・。
最終日は沖縄本島を観光しようと思っていましたがそれも実現せずでした。

西表を選んだ理由は特に無いのですがどこか他の島にも泊まってみたいな、と思ったので
石垣からいける島の中から面白そうな西表島を選びました。
結果、西表に滞在して大正解でした。

関空から石垣に入り、石垣の港までバスで移動してそこから西表島へ。
家から関空も遠いのでとっても長い旅になりました。

飛行機はがらがらでした。
シーズンも終わったからでしょうか、静かなフライトでした。
空から見えてくるコバルトブルーの海に、「日本じゃないみたい」と興奮する旦那。

IMG_3162.jpg

石垣空港は新しくなって、最近ではLCCのピーチも乗り入れているのでとても賑わっており
宿の方もピーチのおかげで関西人がたくさん来ると言っていました。
(やっぱり新しいiPhoneのカメラ、上手く撮れない・・・)

IMG_3165.jpg

西表島へは船で45分ほど。

P1310808.jpg

とてもよいお天気で船でも張り切って外に座りたいという旦那。
お船のおじさんに水しぶきがかかってしまうから中のほうがいいよ!といわれても
「こんなお天気の日に中に座るなんてありえない!」というので、外へ(屋根あり)

外に座ったのは私たちとタバコが吸いたいお兄さんと、後は荷物のみ(笑)

P1310809.jpg

この船は郵便や宅配も載せるんですね、島の皆さんの生活を支える船なんだなぁ。

到着したらスコールのような大雨!蒸しっとするし石垣とはまた気候が違います。
風景もとってもトロピカル。植物園の熱帯雨林コーナーに入り込んだような島でした。
チョウチョもたくさん飛んでいました。

P1310980.jpg

そんな西表島では民宿に2泊。1泊目は海の近くのここ。

P1310816.jpg

ご飯がおいしいとの口コミにつられて予約しました。
宿の方も親切でご飯もうわさどおりおいしかったです!

P1310837.jpg

お部屋はなんだか懐かしい雰囲気。
おばあちゃんの家に来たような感じです。暑くて暑くて体がベトベトになって
せみの声がすさまじく、初めてせみの声を聞く旦那は「ウルサイーーー」と言っていました。
夏の風物詩ですよねー。

P1310810.jpg

P1310811.jpg

民宿の目の前が民宿のお庭でその向こうが海!

P1310814.jpg

到着したときは雨でしたが次第に太陽が出てきました。
誰もいなかったのですが、民宿の方いわく泳げるとのことだし
とにかく暑くて水に入りたい!という気分だったので海に行きました。
完全に貸切状態です(笑)

ちなみに民宿もこの日は私たちの貸切。誰もいませんでした。

P1310832.jpg

P1310843.jpg

こんなに暑くて天気が良かったら、ヨーロッパだったら人がごろごろいそうなのに
誰もいなくて、不思議がる旦那。
この「海に誰もいない」という状況はこの後も色んな場所で繰り返され、
太陽大好き男には理解できないようでした。

P1310842.jpg

ヤドカリやカニがたくさんいて、自然一杯の海でした。

そして次の日は事前に予約していたカヌーツアーへ。
2日目に泊まる民宿の方が運営しているカヌーツアー。半日コースを申し込みました。

さちさんという女性が私たちのインストラクターで私たち2人だけのツアーでした。
カヌー乗り場までさちさん運転の車で向かいそこからツアースタート。
漕ぎ方なども教えてくれるので初めてでも大丈夫でした!

2人乗りにしますか?といわれて、すかさず「1人ずつ!」と否定する旦那。
1人で気楽に漕ぎたいらしい。

P1310849.jpg

マングローブのジャングル。

P1310893.jpg

P1310900.jpg

行きは雨が降ってきたのですが帰りはお天気が良かったです。
途中でカヌーを降りてトレッキング。

P1310904_20131014153039e4b.jpg

ぐんぐん森を上ります。

P1310854.jpg

かなり岩や木をまたぎ、途中色んな生き物を見つけるたびにさちさんが説明してくれました。

そして到着したのがここ!ピナイサーラの滝。突然現れた滝にびっくりしました。

P1310860.jpg

そしてこの滝つぼで泳いでいいよー!とのことでした。
ちょっと怖くて恐る恐る入る旦那。

P1310864.jpg

でもさちさんも一緒にこうやって入れば大丈夫よー!と飛び込んでくれて
一度入ればもう大丈夫、かなり遊びました。

P1310861.jpg

足が着かないほど深いところもあり、服も靴もライフジャケットもそのままで
泳ぎましたがぷかぷか浮かんで滝つぼから見上げる滝が最高でした。

さんざん遊んだら、休憩しましょう!とのことで暖かいコーヒーと
さちさんが作ってきてくれたサーターアンダギー。おいしかったです。

P1310872.jpg

この滝つぼ、私たち以外には誰もいなかったのですが
どうやら夏のトップシーズンだと100人ぐらいいるそう、
人が一杯で泳ぐところもないし、水も濁っているみたいです。
だから誰もいないなんて最高の贅沢だったようです。
ちなみに、さちさんいわく水が冷たい冬場に泳ぐのは欧米人のみですって(笑)
なんだかわかる気がします。

そしてまたトレッキングをしてカヌーに戻りました。
トレッキングではどんどん来る人とすれ違い、他のインストラクターの方が
「早いですねー」って言っていたので私たち、相当早かったのか!?
どうやら、すれ違う人たちは石垣島などにステイしていてデイツアーで西表に来た人達で
移動する分どうしても出発が遅くなるらしいです。西表に泊まってラッキーでした。
そして少し前に私たちがカヌーを止めた場所はこんなことになっていました。
カヌーで一杯。続々と到着していました。

P1310887_2013101415303665a.jpg

帰りは雨もやみました。先を行く旦那とさちさん。

P1310892.jpg

半日ツアーとはいえかなり満喫しました。
もう腕はプルプル震えるし、1日ツアーとか無理・・・。
ツアーの間さちさんがずっと写真を撮ってくれていて、後日メールで送ってくれました。

宿についてシャワーを浴びて休憩!
宿はさちさんの勤める「さわやか荘」。名前通りスタッフもお宿もさわやかでした!
ここも2組だけでしたけどね、、、泊まっていたのは。

P1310982.jpg

西表の「住吉」というところにあります。

P1310976.jpg

1泊目が海なら、ここは山、という感じでした。

午後からはレンタカーで西表島めぐり。
そこまで大きな島ではないし、見るところも少ないけれど
制限速度がほとんど40㎞/hなのでなかなかゆっくりしたドライブです・・・。

お昼は八重山そばを食べました。とってもおいしかった。

P1310912.jpg

西表はほとんどが森なのでドライブできるところも限られているし
道も1本しかないようなもんですが、その分自然が一杯です。

P1310927.jpg

P1310954.jpg

P1310934.jpg

P1310942.jpg

水牛が海を渡るここも有名ですね。

P1310939.jpg

P1310935.jpg

私たちは渡りませんでしたが・・・。

そしておいしい夕食を民宿で食べてあっという間に西表の旅が終了。
2泊だとこんなもんですよね、でも大満喫です。

船で石垣に移動しましたが、お天気は良かったのですが風が強くて
送ってくれた民宿の人いわく、おそらく船はまもなく欠航になるのではとのこと。
この港は特に早々と欠航するらしく、ギリギリ島を出た!という感じです。

P1310988.jpg

西表島といえば!のイリオモテヤマネコは島に80~100匹いるそうです。
道路のいたるところに「ヤマネコ注意!」という看板が出ているので
そんなに出てくるものかと思ったのですが、民宿の方いわく見ることはまずないみたいで
でももう生存数が少ないから、1匹死んじゃうだけでも1%減ることになるので
そういう意味で注意しなければいけないということだそう。

P1310986_20131014154936601.jpg

大自然の西表島、オススメです!





















☆日本旅行から戻りました

Category : 日本
ドイツに戻りました!寒い!でも紅葉がとても綺麗です。
日本は暑い日が多く10月だと言うのに夏日!30度を超えた日もありました。
覚悟はしていましたが、予想以上にドイツが寒く感じます。
しかもリビングの窓は壊れたまま・・・大家さんも不在らしい。
寒すぎて凍えそうなリビングです。

今回の日本への一時帰国は過去最長かもしれません。16泊18日。
あっという間でしたが、旦那が居たので帰国というより旅行でした。

なにより忘れられない思い出となった沖縄の旅。
台風でおじゃんになった長崎の旅。
式年遷宮の記念年になった伊勢の旅。
どれもこれも思い出がたくさんです。

旅の話はまたまとめますが、今回旦那が初体験した日本の日常がふたつ。
銀行に行くことと美容院に行くこと。

銀行は私が休眠口座や貯蓄口座(日本では収入が無いから貯蓄無理)を解約に行きました。
ずっと気になっていたし、スッキリしたかったし。
私は学生のころから銀行が同じです。
何が理由なのか自分が知らない(気づいてない?)口座がいくつかありました。
カードも通帳も無いので解約には紛失手続きを取って解約が必要で、
言われるがまま書類を記入して捺印。何枚やったかわかりません。

まずは印鑑文化にびっくりの旦那。
しかも銀行員さんは記入や捺印も私に自分でやるように言います。
代筆とかしたら問題なのかなぁ。
捺印時にぶれてしまって印鑑照合が上手くいかず、また一から書類の作り直し。
しかも手続きごとに全て書類が違うんですよ。
山のような数の引き出しから書類を選んで「これに記入して下さい」ってな感じで、
そもそも紙が無駄だし、必要な情報は自動で印刷して
それを確認してサインは本人というのが主流のドイツからはかなり無駄の多い世界。
何故?なんで?を連発する旦那。

そして警備員さんとか順番待ちのカードを出すのを手伝ってくれる方とか
みんな「いらっしゃいませー」と元気だし親切。
でも旦那的には「あの人達、必要?」という疑問。
あとは銀行に来る人の人数にびっくりしていました。
ドイツだとECカード(デビッドカード)が主流だから現金を必要とする人が少ないからか
ATMの台数も少ないし窓口も混みません。
旦那には日本のイメージとは全く違った空間だったようです。
予想以上にマニュアルな世界だったらしい。

そして美容院。私は予約していてその間は旦那に家で待っていてもらう予定でした。
でも旦那が髪が伸びてきたから自分も行きたいと言い出しました。
床屋ではなく美容院。男性も来ているお店だからまぁ大丈夫だけど。
あまりに行きたいというので旦那も予約して一緒に行きました。
日頃、霧吹きで濡らしてカットのみという安い床屋にしか行った事がない旦那に
美容院、ましてや日本の美容院はかなり至れり尽くせりで感動していました。
カット前とカット後にシャンプー。帰って来て、家に髪が落ちないと驚き、
シャンプーの後にマッサージされて驚き、
丁寧なカット(ザクザク切らない)に驚き、感動したようです。また行きたいらしい。

その他、久々の日本で思ったこと、感じたこと。

実はスマホを持ってからはじめての日本滞在でした。
色々ネットで調べたいときに意外にWifiが使えないな~と思いました。
ソフトバンクとかauとかのWifiってあれってその会社の携帯を使っている人が使えるのですか?
日本の携帯事情に全くついていけません…。
Wifiなんて日本は結構発達していると思っていただけに意外でした。
携帯自体は前から使っているプリペイドがあるので問題はありませんでしたが
今後スマホでどうして行くべきか調べないと!

そして、たった2週間ほどでしたが、一体どれほどの事件があったでしょう。
毎日毎日違うニュースが飛び込んできます。
ニュースの内容はなかなか理解できない旦那も、映像からなんとなく理解しては
やさしくておとなしい日本人のイメージと違う・・・と言っていました。

後は今に始まったことではありませんが
日本で手に入らないものってないんだな、とつくづく感じました。
大阪にダルマイヤーのカフェがあってびっくりしたり
雑貨屋さんでもWeckを初めとするドイツのものも充実しています。
とにかく物であふれています。
こんなにお店があって誰が買うの?と旦那が不思議がっていました。

今回、行きたかったここにも行きました!

IMG_3156.jpg

イッタラのお店の商品の充実振りに感激でした。
ARABIAの食器もたくさん売っていますね。
でもあまりにビルが出来すぎて、ちょっと驚きというか不思議というか
さすがに異様なほど出来ていますよね。
本当にこんなに必要なのだろうか・・・。

ではでは、これから旅の報告をゆっくりとまとめて行きたいと思います。
コメントのお返事も少しずつ書いていきますねー。



☆クレジットカード会社を見直す

Category : 日々の暮らし
ドイツに来てすぐの頃、必要になって作ったクレジットカード。
メインバンクのクレジットカードです。何の利点もないというか、単なるカード。
細かいことも調べていませんが、海外旅行保険ぐらいは入ってるのかも。
日ごろはあまりカードも使わないし、ECカード、日本で言うデビッドカードが主流なので
カードで支払いをすることはないですが、旅行に行くときなどはホテルとかカード精算が多いですよね。

いつかしっかりカードの見直しをしないと!と後回しにしてきましたが
ちゃんと考えることにしました。

候補は2つ。

ひとつはルフトハンザのマイレージカード件クレジットカード
調べた限りでは海外旅行保険とかもついてるし、マイレージも失効しない?みたいで
お買い物でマイルが貯まって、マイルでルフトハンザの商品とかに変えれるし
商品とか欲しいなーって思うものがあるし、魅力的。

もうひとつはPAYBACKカード。
先日Kartioのグラスと交換したポイントカードのクレジットカードつき。
お買い物でポイントが貯まるようです。PAYBACKカードには満足してるので
そのクレジットカードならなおさらいいかな。

この二つを比較したところ、年会費がかなり違います。
ルフトハンザが2倍以上します・・・。その分特典もあるみたいですが。

年会費、1年分と思えばいいのかもしれませんが、2年3年・・・と
月日がたてばたつほどその差も莫大になっていくので、
やはりここは年会費と特典を比較してPAYBACKに軍配かな、と。

そして早速申し込みました!まだカードは届いていませんが。
こうなったらガッツリポイント貯めて、またiittalaと交換してやるー!









☆これからの季節、必ず携帯するもの

Category : 日々の暮らし
これから寒くなると手放せないもの。



のど飴(左)とティッシュ。

毎日喉が痛いわけではありませんが、乾燥しているので、
カラカラになって痛くなりそうな気配がある時の応急処置用。
のど飴って必要な時に無いと困るので常備しています。
薬局で売っているのど飴です。最初は不味く感じたのに今はこの味が1番好き。
会社の同僚がこれが一番効く!と教えてくれて以来、愛用しています。
よくあるスーっとするのど飴ではありませんが、喉に優しい感じです。

そしてティッシュ。
エチケットとして毎日持つべきですけどね(笑)
これからはより必需品です。

日本:人前で鼻をかむのはよくない
ドイツ:人前で鼻をすするのはよくない

という大きな違い。

冬の朝は風邪をひいてなくても、電車で本を読んだりスマホを見ているとタラ~と鼻が出そうになり
思わずすすりそうになりますが、周りからチラチラ見られて
「ティッシュいる?」と話しかけられたことも多く鼻が出そうになったらすかさずティッシュでガード。
静かな電車に限って私の鼻も出るのよね…。



☆スポーツ後の臭い衣類の対処法

Category : お掃除
以前書いたことのある、

汗臭い旦那の衣類を応急処置

その後も同じ方法を続けていたのですが
やはり洗面台を占領されると、翌朝起きたときの身支度に不便があります。
また洗面台から洗濯機に移動するときに水滴がポタポタ落ちるしなんとかならないかな・・・
と思いながらも毎回おとなしく漬け置きしてくれる旦那を見守り続けながら
何か方法はないかと考え、ようやく見つけました!

処分しようかなと思っていたキッチンのボウル。
ドイツのケーキを焼くには必要な頭より大きな巨大サイズのボウルです。
ステンレスのボウルの一番大きいものがやってきてからは出番無しとなりましたが
ちょっとした大き目の容器として生活の色んな部分で登場してました。

そのボウルにスポーツ衣類を漬けることにしました。

IMG_3136.jpg

Tシャツ、ズボン、タオル、パンツ、靴下が水分が含まれて小さくなって
ギリギリ入るサイズですのでちょっと窮屈なのですが
お水を入れて重曹をふりかけてこのまま放置。洗面台を占領しないのが楽になりました。

そして何よりこのすばらしいところは、注ぎ口がついているのでそこから水を排水できて、
でも完全に排水しなくてもこの洗濯機の入り口からピッタリ中に入れられる大きさなので

IMG_3137.jpg

残りの水分は衣類ごとザブーンっと中でひっくり返すだけ。
水滴も全く落ちません。このサイズ感が最高です。

バケツとか何か容器を用意しようというところまでは常日頃考えていたのですが
大きなもので衣類を取り出して・・・というのが面倒で
日本の洗濯機のように上から入れられるものであれば問題ないのですが
この横入れ洗濯機は入れるのが面倒。その全てを解決できました!やったー!!

これから暖房の時期になって、暖房器具の上にスポーツ衣類を置かれて
クラっとなるほどバスルームが臭くなるのも防げるし。

この方法にして少したちますが問題なく旦那も黙って漬け置きしてくれてます。
小さな改善ですが週2回のストレスが減りました。



☆旅の整理グッズ、予想以上に大活躍!

Category : 日本
台風、未だ元気です。
午後からは飛ぶらしいけど本当?明らかに昨日より荒れてる…。

民宿出発までの暇な時間に旅グッズの報告を。
それにしても台風が来てしまうとすることなし。
リラックスできるけど、外にも出れない~!
そんな暇な時間の救世主が民宿にありました!



ちょっと古いけど収納ネタを中心にかなり読み応えがありました!

今回の旅はすべて民宿に宿泊しました。和室でお布団。
ホテルと違ってデスクとかは無いし(ちゃぶ台のある民宿もありましたが)
畳のお部屋だとどうしても散らかってしまって布団を敷く時に物をよけなければいけません。

旅行前に「役立つかも!」と荷物に忍ばせたこれ、



昔の無駄な買い物だったのですが、携帯のケーブルとか夜だけ使うメガネ、
細々したものを入れることが出来て取っ手もあるし移動も楽。
布製なので畳も傷付けないし容量もあります。
もとはクリスマス時期のパン用の容器でした(本来の用途で使ったことはないけれど)
小さくたためるし、旅グッズに今後も仲間入りかな。

そしてこちら、手づくり下着入れ。



これも大活躍!
民宿だとクローゼットとかタンスも無いし押入れに入れるか
カバンから出し入れするかしかありません。
今回、長く滞在した民宿は押入れがガラガラだったので、
服は押入れに入れましたが、大きな空間なのでグチャグチャになりました。
下着だけはこの袋の中で迷子にもならずスッキリ!

さっ、まだ風が強いけど飛ぶと信じて空港に行きたいと思います!



☆台風で足止めです

Category : 日本
旅行前に書き溜めていた記事がアップされていますが、
日本に一時帰国し、今は旅行で石垣島にいます。



ええ、台風が来ています、外は現在暴風雨!
本当は今日、帰る予定でしたがフライトキャンセルで動けず延泊。
飛行機、飛べたんじゃ?
ちょうど予定していた便が出る頃は青空。



予期しない事があるのも旅の醍醐味。
どうあがいたところで台風は去らないし。
こういうときイライラせず、仕方ないね~って楽観的な旦那に救われます。

またドイツに戻ったらゆっくり報告しますが、今回の旅では色んな経験、色んな出会いがありました。
予想をはるかに超えた感動の旅になりました。
あとは飛行機が飛べば言うことなし!

以前、1泊2日で沖縄本島に一人旅(大雨警報が出たし…)したことはありますがちゃんとした沖縄旅行はほぼ初です。

やっぱり人がいい。気候が影響してるのかみんなのどか。
今日なんてバスのお客さんがお手洗いに行く間停車するし、
降車ボタンが作動せず、運転手さんが「台風の影響さ~」って。違うやろ~ってツッコミそうな理由(笑)
みんな声を出して降車場所を知らせるんだよ~って。
地元の人が観光客を気にして色々気遣ってくれて和気あいあいとしたバスの旅。

とにかく素晴らしい旅行でした!
明日は飛べるかなあ…。



-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-