☆新しいフランクフルト色々

Category : 日々の暮らし
久しぶりにレーマー広場に用があったので行ったら

tt (1)

スタバがあった場所(レーマーの入り口のところ)にPYLONESのお店が!

tt (2)

いつからあったんでしょ。知らなかったー。

tt (3)

そしてKaiserstrasseのdmからDMが来て(笑)
改装の為、当面お休みになるらしくその前に全品20%オフとのこと。
お店に行きましたがほとんど品物が無くて収穫は無かったのですが
そのdmの並びに新しいお店がオープンしていました。

このブランド。読めない~!!

tt (10)

ストックホルムのブランドのようです。
ドイツのほかの街にはあるのでフランクフルトでは真新しいだけでご存知の方は多いかも。

雑貨はマリメッコみたいでかわいかったのですが
特に更衣室(←ん??なんか言い方が違う・・・)が可愛かった!

tt (9)

お洋服はですね・・・、こういうの好きな人なら好きでしょうねー。

tt (8)

そして毎年私が楽しみにしてるお祭りも開催されてました!

ad (12)

ad (13)

ad (2)

ad (4)

和むわー。例年開催される収穫祭。多分もう終わったと思います。
町の真ん中にたくさん動物がやってきます。

可愛いのよー!本当に。
そしてその横でソーセージとか売ってますけどね(笑)

うさぎとか、グースとかホント色んな動物がいて楽しいお祭り。
毛布とかクッションとかそういうのも売ってるし、カゴやさんとかも。

その中でモフモフの敷物とか売ってるお店がありました。
一瞬このワンちゃんも売り物かと思ったわ・・・。

ad (1)

そうそう、このお祭りで食べたマス、おいしかった!

ad (11)






☆初めて見れた!旦那の卓球姿(笑)

Category : 日々の暮らし
時々触れていますが、うちの旦那、卓球をやってます。
ちょっと地味なイメージですけど、ドイツの卓球は意外にも競技人口が多く
公園にも卓球台が大抵あるし、比較的身近なスポーツのようです。

旦那は子供の頃からやっていて、今も続けています。
旦那と出会って7年以上たちますが、何と私、旦那が卓球をプレーしている姿を
今まで一度も見た事が無いんです(笑)

旦那としては見て欲しいらしくことあるごとに「見に来ない?」と言ってくれてはいたのですが
常に車で行くような場所で練習や試合があるので一緒に行ったら最後まで見なければならず
そこまでは・・・と、なかなか乗り気ではありませんでした。

でもですね!これこそAT限定解除の効果!
一緒に練習に行ってちょっとだけ見て後は好きに買い物に行く!とか出来ちゃうのです!
ということで、このたび初めて旦那が卓球をする姿を見ることが出来ました(笑)

平日は週に2~3回、チームの練習に参加しているのですが
本番にめっぽう弱い旦那は試合に負けてばかりでどんどんランクが下がっています。
練習では強いらしい(←本人談)。
どんどんリーグが下がるのが悔しいらしく、先月からコソ練をはじめました。
ブンデスリーガでプレーする選手にプライベートで教えてもらっています。
でもこのことはいつものチームのみんなには内緒なんだそうです(笑)
今回、そのコソ練を見に行ってきました。

家から結構距離があるのですが、大自然の田舎町。

tt.jpg

とある小学校の体育館での練習。
2時間マンツーマンの練習だったので、私はまず最初は旦那と別れてジョギングに。
山に森に自然が一杯なので走る場所には事欠きませんでした。

tt (14)

1時間ジョギングをして旦那が練習する体育館の更衣室をこっそり借りて着替えて

tt (13)

そこからスーパーに買い物に行き、最後の20分ぐらいだけ練習見学。
私にとっても、充実した時間で助かりました。

おっ、いたいた!

tt (12)

先生、若っ!聞けば20歳だそうな。
すごくやさしい先生で、かなり真剣に教えてくれていました。
それにしても上手だったー、先生。さすがブンデスリーガ。
肝心の旦那は・・・、ブンデスリーガの先生相手には頑張ってたと思います。
もちろん先生は真剣ではなかっただろうけど時折勝ってたし。

もう1組もトレーニングをしていて、小学生ぐらいの男の子が練習していました。
かわいらしかったなー。

そんな卓球の世界ではバタフライというメーカーが超一流ブランドです。

tt (4)

日本のブランドなんですよ!株式会社タマス



先生のユニも全部バタフライだったー!
旦那的には憧れらしいです、バタフライでビシっと決めている姿。ふーん・・・。

そしてコソ練終了後、そこからすぐ近くのHessenparkに立ち寄りました。

tt (6)

お目当てはこのお店。
入場料を払わなくていいエリアにあるブラシやさんです。

tt (7)

お鍋用のブラシを新調したかったので。

tt (11)

このブラシやさん、本当に色んな種類があって見ているだけで面白いです。
カゴとかも売ってるし、気になる物が一杯のお店です!

お店の中の様子やHessenparkの様子はこちら、2年前に行った時の記事。
☆ブラシやさんにカゴやさんに・・・楽しいHessenpark!

朝からスポーツに励んで健康的な土曜日となりました!
ようやく旦那の卓球している姿も見れたし、
AT限定解除によって、色々と生活の幅が広がってますー!





☆ホテルの予約でトラブル発生

Category : 日々の暮らし
会社の共用の車が新しくなることに。
ディーラーへ引き取りに行くことになり、つまり私が最初の運転手。
そのままその車で500km近く移動することになったのですがまずは何より給油が必要。

いやー焦った。
車の給油口、鍵で開けるタイプでこんなの初めてで開かない・・・。
いろんな人に聞きまくってなんとか開きました。
そして給油、Dieselじゃないっぽい。でもどれを給油したらいいのー?
今までDieselしか給油したことないし、95とかE10とかわからない。
これまた他のお客さんに聞いて助けてもらいました。
私の後ろにはどんどん給油待ちの列が出来て「すみません・・・」って感じでした。

そんな長距離ドライブを終え、宿泊先に到着。
一度泊まってみたかったibis budgetホテルです。これも色んなところにありますね。

ad (5)

安いのでどんなところかと思いきや悪く無かったですよ。
でも・・・・問題勃発です。

今回このホテルには同僚3人(3室)で泊まる予定でした。
私が3人分の予約を入れました。Booking.comから。
でもうち1人が前日に予定変更となり、前日までキャンセル無料だったのでキャンセルし
2部屋のみ予約を残しました。1部屋のキャンセルはBooking.comから行い
「キャンセルしました」という証明メールも届きました。

ホテルのチェックインの際にホテルのおじさんは未だ3部屋の予約があると言う。
いやいや、キャンセルしたしその完了メールも受け取ったし!とメールを見せましたが
「それはBooking.comとのことであって私たちは連絡を受け取っていない」とメールを見ようともしない。
「通常、Booking.comからキャンセル連絡が入るのだが今回は入っていない。
だから3部屋分は支払ってもらわないといけない。おまけに満室で、
こんなに需要のあるオクトーバーフェストの時期に大変困る」とのこと。
オクトーバーフェストっていうけど、実際は会場から100キロぐらい離れてますけどね。

私たちの言い分は全く受け付けない。
「言いたいことがあるならBooking.comに言え」と、かなり強い口調で言うおじさん。
どれだけ粘っても「支払うしか方法は無い」との一点張り。
一緒にいた同僚もかなり言ってくれたのですが、全く受け付けず。

同僚と「明日の朝Booking.comに連絡しよう」とのことでとりあえず3部屋分支払いました。
部屋は悪くは無かったです。清潔でした。

ad (7)

長距離運転の後で疲れていたのもあるし
ハエが2匹飛んでいてウザいのなんのって!顔の周りを飛ぶし。
チェックインのおじさんの高圧的な態度にも腹が立ったしハエもウザイし、
イライラしてハエを2匹退治しました、弱ってたのかすぐに捕まってさようなら・・・。

そしてなぜ私たちがここまで言われなきゃいけないのか納得行かず
でもここはドイツだし、このまま何も悪くない私たちが間に挟まれたまま
ホテルはBooking.comに言えというし、Booking.comもホテルに言えとか言い出したら最悪だ!と
思って、部屋に入ってすぐに(ハエ退治の後)
予約確認書にあったヘルプデスクの番号に電話してみました。24時間対応でした。

対応してくれた女性、これまたあんまり親切ではなかったのですが
しっかりと対応してくれました。予約を調べてくれて間違いなくキャンセルされているし、
Booking.comからホテルへも連絡を入れているし、3部屋分払う必要は一切無い、とのこと。
少し電話を待つように言われ、その間にホテルに電話したっぽいですが誰も出なかったらしく
とりあえずBooking.comがもう一度ホテルにメールを送るので
明日の朝確認してみて、まだもめるようであればまた電話くださいとのこと。

もし可能であれば支払ったレシートをメールして欲しいとの事で
その場でレシートの写真を撮ってメールを送りました。

翌朝、またホテルの人と戦うのはいやだなーと思いつつ
でもここは負けてはいけない!と自分を奮い立たせて部屋を出てフロントへ。

フロントにはすでに同僚がいて、どうやらホテルの人から話しかけられ
1部屋分払い戻すと言っているとの事。
前夜あんなに高圧的だったおじさんは、もう何を言ってるかわからないほど小声になり
ささっとカードの払い戻しの対応をしてくれました。
「念のためBooking.comに連絡してみたんだよね」って言ってましたが嘘だと思います。
Booking.comから連絡があったんだと思います。
連絡する気があるならチェックインのときにその場で連絡してくれたらいいのにね。

結局、最終的にはお金も戻ってきたし問題なかったんですけど気分は良いものではないですよね。
ホテルは別に悪くなかったけど、また同じことがあっても嫌なのでibis budgetは避けたい。

チェックイン時にあれだけ私たちに愚痴愚痴言ってきたホテルのおじさん。
「社内のネット環境がよくなかった」とか言い訳してました。

もしやBooking.comから警告メールでも来たのかな。
うちのお客さんに迷惑かけるなーとか怒られたのかな。あんなにコロッと人が変わるなんて・・・。

それにしてもBooking.comの対応は無愛想だったけどちゃんと対応してくれて
本当に助かりました。さすが大手だけありますね。
今後もBooking.comを使おうかな、という気分になりました。






☆今更なんですけど、わからないこと

Category : 日々の暮らし
今頃何を言っているのか笑われそうですが、
自分の足のサイズが未だによくわかりません。

日本だと通常24.5なんですけど、ドイツだと38だと小さくて39のこともあれば
物によっては40ぐらいがピッタリなこともあります。
靴擦れするのが嫌なので、毎回少し大き目を買ってしまいます。
ブーツとかなら多少大きくても何の問題もないのですが、
やはりパンプスなどはサイズが合っていないとパカパカしますよね。

歩いている途中に脱げそうになったり、ズボンの裾がパンプスに入っちゃうのも
サイズが合っていない証拠でしょうか。
大きくてパカパカしちゃうけど形も履き心地も最高だったパンプス。

se (3)

ヒールの修理に何回出しただろう?と思うほど溺愛した一足。
それでももう最近はぼろぼろになり、ヒールだけの話でもなくなりました。

実は黒のパンプスはもう1足あるのですが、それもまた大きくておまけにヒールも高くて
とっても歩きにくい・・・、中敷を敷いてもまだブカブカ。
パンプスはやっぱり脚に合うものじゃないといけませんね。

ドイツは日本の靴のサイズ表記ではないので
38、39、40あたりが女性のメインサイズかな、と思うのですが
まれにメーカーによっては38.5とか39.5とか0.5刻みがあることも。

色々試した結果、私には38.5が一番しっくり来るような気がします。
ただ、この刻みはなかなか無いんですよね。残念ながら。

溺愛していたヒールを1足、あとはぺたんこシューズも1足はき潰したので
主に仕事用の1足を買い足さなければと思っていたのですが、
初めて、このタイプのものを挑戦することに。
パンプスのように脱げそうに無いというのも魅力。

se (2)

ショートブーツほど深くなくて、くるぶし丈のもの。
足の甲も寒くないし、これからの季節にもピッタリ。
そして何より歩きやすい、ヒールも2センチ程度の低いもの。

メーカーは重視せず見た目と履き心地を優先して選んだのですが
GERRY WEBER」というメーカーのものでした。
私のGERRY WEBERに対するイメージは「おばさんの服」(笑)
早速旦那にもそこを突っ込まれインソールにメーカー名が書いてあるので
「脱がないほうがいいよ」とのこと(笑)

うーーーん、おばさんぽいかな??













☆韓国の雑穀米

Category : お料理・たべもの
最近、玄米を食べていると先日書きましたが
こちらは以前から時々使っていました。

k (3)

日本で買ってきたものです。ご飯を炊くときにちょっと混ぜるだけです。



なくならないようにちょっとずつちょっとずつ使っています。
出来れば白米に対する割合を増やしたいけれど、無くなるほうが嫌だし・・・

そんな中、先日買い物に行った韓国食材店で見つけました。

k (4)

似てる!!全てハングル表記なので何が入っているのかわかりませんが
お店のおばちゃんいわく、通常の水量で炊くだけよ!とのことでした。
これが同じようにおいしければ手に入りやすいし、惜しみなく使える!!

こういう雑穀の入ったご飯で作ったおにぎりがすごくおいしい!
これに玄米も混ぜて(ってかそもそも入ってるけど)
健康もだけど、高い白米の消費量を減らすのも一つの目的です(笑)







☆2度も見学したアパート

Category : 家探し・リノベーション・引越し
物件見学レポートです。

今の家からも比較的近い場所。
駅も近いしスーパーも近いし、場所的には最高!広さ、価格もいい感じ。
早速、見学を申し込むことに。

「金曜日以外なら大丈夫!」と旦那に伝えておいたのに、
金曜日にアポイントを取る旦那・・・もー!
でも変更するのも面倒なので旦那が一人で行って
よければまた後日私も!ということで、まずは一人で行ってもらいました。

帰ってきて旦那が言ったのは「Nicht schlecht」、つまり「悪くない」という一言。
ただ、バスルームに窓がなかったそうな。

私は広告の写真は見ていたので、そこは予測がついたのですが
それ以外は可もなく不可もなくらしい。
バルコニー側がHOFになっていて(真ん中が公園のようになっていて周囲が建物で囲まれている)
静かで良いのですが、そこまで大きなHOFではなく全員が全員のバルコニーを見ることが出来るような
ちょっとご近所の視線が気になる感じです。
旦那と私はこの手のご近所さんや通行人から見える物件を「舞台」と呼んでいて
この物件は逆側の窓も向かいのおうちから見えるので「舞台」なんですよね。
駅に近くで便利な分、道が狭い。
見えるおうちが木組みの家で可愛いのは可愛いのですがやっぱりちょと近いな・・・という感じです。

買い物にもとっても便利だし、正直私たちよりも旦那の両親にぴったりの物件です。
いつまでも田舎で車が無いと生活できない場所に住めるわけでもないので
義理両親のゆくゆくの家のことも考えねばならず、
その点では今回の物件はいい感じなんですけどね。
でも今すぐに引っ越す気も無いみたいで・・・。

私としてはまだ元気なうちに引越ししてその生活に慣れたほうがいいような気もしますが
「住めなくなったらそのとき考える」というタイプのパパとママ。
そうなってからでは遅い、引越しの気力ももう無くなるのではないか?と思うんですけどね。
まあそんなことは私の口から言えることでもないので黙っていますが
どう考えてもあと2~3年でパパが車に乗れなくなると思います。今でこそ危なっかしいし。
そう先の話でも無い気もして、私も旦那も考えてはいるのですが
当の本人が乗り気ではなければ、さすがに息子の話でも聞いてもらえません。
最近、ママはちょっと引越し話に前向きなようですが、パパまでは説得できないみたいです。

さて、そんな物件。「悪くない」だけに旦那も諦めがつかないみたい。
だったら私が見に行こうではないか!ということで、改めて訪問しました。

2回も見学に来るなんてめっちゃ買う気満々の奴!と思われてるかもしれませんが。
2回目の訪問は時間にして21時前。
夏の終わりの21時なんてそろそろ暗くなる時間。
家には電気がついていませんので、窓から入る少しの明るさだけが頼りの見学。
暗い・・・・。細かいところが見えません。どうなの?て感じですけどね。
旦那が携帯についている光で照らして見てました。

実際に見学して、私の意見も「悪くない」。でも「ここがいい!」という惹かれる部分が無い
高い買い物だけに、妥協はしたくないなあ、というのが本音。
結局今も私たちの中では「保留」です。
そんなこんなしているうちに売れちゃうかもしれませんが
それはそれで縁が無かったということで。





☆ミーハーな私たち夫婦の行動

Category : 日々の暮らし
あー残念。今年は駄目だったか・・・。

実はですね、先週の土曜日、そう、パリから戻ってきた日。
あの日、程近いマインツスタジアムでマインツ対ドルトムントの試合だったんです。
岡崎選手と香川選手の「シンジ対決」なんて言われてたあの試合。

もちろんチケットなんて手に入らないだろうし最初から行く気も無かったんですが
皆様、覚えておられますでしょうか、かれこれ2年前の出来事を。

☆神様はいた!と思った1日


あの日は偶然ドルトムントのチームに遭遇し、試合前にホテルから出るチームを見れて
大好きなWeidenfeller選手を激写した、あの超偶然の出来事が起きた日。
久々に昔の記事読んだけど、あの頃のドルトムントが懐かしいー!ゲッツェにレバンドフスキー!

そして翌年は、そんなことすっかり忘れてたんですけれど、今年になって思い出し、
今年、ドルトムントがマインツに来るときには絶対に見に行ってやる!!と決めてました。

それが先週の土曜日でした。
前回は15時半のキックオフで昼ごろだったし、今回は・・・えっと、18時半キックオフ。
微妙ー!だって私、パリから戻るのが19時半。
そうなれば試合に行くときではなく、ホテルに帰ってきたときを狙おう!と計画し
迎えに来てくれた旦那にお願いしてその足でマインツに向かいました。

試合終了が20時すぎ。ならばホテルには21時ぐらいから粘れば見れるかな?と。
少し時間があったので腹ごしらえに町に行くも、ちょうどその頃ものすごい雨と雷で、
空が光と音のスペクタクルショー!みたいになってました。
傘は小さな1本しかなくて、私も旦那もびしょぬれ。
ここまでして何をしてるんだ、私たち?という感じでしたが、今年はWeidenfellerに加えて、
香川選手もいるし、香川選手には「おかえりー」って声を掛けるぞ!と張り切っておりました。

21時ごろからホテル前で待機しようにも、ものすごい雨だったのでホテルのロビーで待機。
でも私たち以外誰もいない。もしやドルトムントを独り占めか!?と思って待つのですが、
天下のドルトムント。ファンが一人もいないってのもおかしいよねー。

旦那はそこまで乗り気ではなかったのですが、とはいえこういうのは好きなほうなので
私に付き合って一緒に待ってくれてました。要するに「ミーハー」ってことですね(笑)
Weidenfellerに丁寧に写真をお願いするドイツ語講座を旦那から受けつつ、
香川選手に話しかける用に旦那に日本語講座をしつつ待ってたんですけどねー、全然帰ってこない。
試合の後、みんなでご飯に行ってるんじゃないかなー、とか考えたり
もしやこのままドルトムントに帰ったか?と思ったり、でも帰ったらかなり深夜に到着だし
一流のサッカー選手がそんな深夜に家に帰ったりするのか?と思ったり。

1時間ぐらいは待ちましたでしょうか。
旦那に「妻がカガワのファンだとかなんとか言って、ホテルの人に聞いてみて!」とお願いしても
「それは君が聞きなよー」とか言われてもじもじする私たち。

そんな矢先!!

パパに連れられた、可愛い女の子(推定6歳)登場。
パパがホテルのスタッフに話しかけた!
「娘がマッツ・フンメルスとカガワに会いたいって言うんだけど、ここに泊まってるかい?」と。
そして、ホテルのスタッフの回答は・・・「残念だけど、今日は泊まってない、昨夜はいたんだよ」と・・・。

チーン・・・・、終了。

あーあ、空振りだった。やっぱりドルトムントに帰っちゃったんだ・・・。
試合前に来るべきだったな・・・。うーーー!残念。
1年に1度しかないこのチャンスを逃してしまった・・・。

だけどね、だけど、私は嬉しかったの。
この可愛い女の子がフンメルスと「カガワ」に会いたいって!
みんな、KAGAWAのことが好きなんだねー。もうそれが知れただけで十分です。
来年こそ会いに行くぞー!!

香川選手、来年もドルトムントにいますように!
そして愛しのWeidenfellerが、来年もまだプレーしてくれますように!





☆食卓の椅子探し、最終章

Category : その他
長らく続きました食卓の椅子探しですが、ついに決めました!!

うふふ。。。恐怖の4桁プライス椅子、でも大幅割引の展示品。

に決めました!
脚の色がネックだったんですけど旦那はそういうコントラストも素敵だというし、
座り心地はやっぱり一番だし、オリジナルプライスだと手が出ないし、
などなど色々話し合った結果、決めました。

会社帰りにお店に行って、「決めましたー!」と伝えました。
お店のおじさん、嬉しそうだったなー。

メッセで自分がこの椅子に惚れて、それで売ることにしたんだそうです。
Made in Germanyの椅子だそうで、そこもおじさんが気に入ったところらしい。

よかったらコーヒーでも飲まないかい?と言ってくれて
HPに載っていたあの場所で↓↓(この写真はHPから)、座ってカフェタイム。

news_quadrat.jpg

そのコーヒーはeva soloのタンブラーで!!おっしゃれー!



ホント、ここどこのお洒落な町でしょう。と思ってしまうほど
ここが家の近所の田舎町とは思えない洗練されたお店。

iittalaが好きで、ヘルシンキまで行ったんですー!とか
お店に並んでる雑貨、どれも本当に私の好きなものばかりです!とおじさんに伝えました。

この高っい椅子も売っていました↓


そんなに広くないお店なんですけど、もう何時間でも見てられそうな
そんな素敵なお店です、これからはちょくちょく見に行こう。

さて、肝心の椅子ですが展示品ということで納期も無いため即受け取れます。
ちょうどお店に行ったのが18時で、営業は18時までらしく
「今からお店を閉めるからちょっと待ってて!家まで送るよ!椅子と一緒に」と。

椅子を載せて、私たちも一緒におじさんの運転する車で家に帰りました。
近所だからこそのこのゆるゆる感。

wi (12)

wi (11)

そして配送完了!
うわー、ついにこの家に住んで5年目にして椅子が揃いましたー!!

wi (10)

嬉しい!

肘掛ありとなしをそれぞれ2脚ずつ。

wi (7)

wi (5)

このフェルト(正式名、なんていうんでしょう・・・)と皮の使い方が私は気に入ってます。
将来はこの椅子の脚と同じ素材の食卓にしたいなー。

ようやくバルコニーの椅子から卒業です!

IMG_8248.jpg

バルコニーの椅子にいつもかけてたH&M Homeのブランケット、
これがまたこの椅子に合うので良かった。

wi (8)

5年がかり(って5年間探していたわけではありませんが・・・)
ようやく食卓らしくなりました。何度か椅子を探した時期もありましたが
今でよかった、当時だったら高すぎて駄目!って言ってたと思います。

でも特に義理両親やその後知り合った色んなドイツ人の生活を垣間見て
いいものを長く使うということを目の当たりにしてきたので
今だからこそ、多少高くてもいいものにしたい、と思えました。

とか言いながら展示品の大幅値引きですけど、それでも当初の予算からは倍以上・・・。

お店のおじさんは「皮の色は段々変わって行くし、もしかしたら汚すこともあるかもしれない。
でもそういう年月や思い出を皮にしみこませて自分達の椅子に仕上げていく楽しさがあるよ!」と
熱く語っておられました。今回出会ったお店のおじさん、ホントいい人だったー。
家具を愛している感じが伝わってきました。

それにしても食卓の椅子でこんだけ時間がかかって試し座りまでして選びましたけど
これがソファーとかベッドとかになるともっと大変なことになりますね。
試し睡眠とかさせてもらわないと・・・高い買い物ですしね。
ソファーもベッドもまだまだ先の話ですけどね。

ソファー(IKEA)はまだ大丈夫だろうけど、ベッド(IKEA)はもうかなりヤバイです。
いつまで持つやら・・・。





☆パリで行きたかったのは!!

Category : その他旅行・観光
ボンジュール。

pa (4)

この間の「☆3度目のパリ」の記事ではありません。

うふっ。パリへまたまた行って来ました。
今回は完全にプライベートで!

実は学生時代の友人が出張でドイツに来ることになり、
仕事が金曜までなので、その後週末まで延泊してくれるって言うし
彼女のためならドイツの何処でも会いに行く!と思っていたら、
直前にドイツではなくパリになり、せっかくだし~とパリまで会いに行きました。

直前に決まったから電車で。
フランクフルトから電車で4時間弱で行けちゃうパリ。

前日の予約でもディスカウントされていた初のTGVに乗りました。

tar.jpg

乗り心地とか車内の雰囲気はICEのほうがいいかなぁ。広いし。
ドイツ国内はマンハイム、カールスルーエとザールブリュッケンに停車して、
その後、フランスに入ったらパリまでノンストップでした。
車掌のトビアスさんは独・仏・英が達者な様子で、素敵なアナウンスを披露してましたが
ドイツ国内は独⇒仏⇒英、フランスに入った瞬間に仏⇒独って順番になるのがニクイ!
そして何がびっくりしたて、パリの駅に着く10分前まで風景は田舎っていうか何も無い草原。
突然パリになって都会になる、みたいな。パリも意外と田舎やのぉ。

バリのEST駅に着いてホテルへ。
友人が泊まってたホテルに私も部屋を取りましたが、
場所柄からか高っ!ドイツじゃかなりいいホテルに泊まれる価格。
でもオペラからも近く便利な場所だし、可もなく不可もないホテルでした。

pa (1)

友人の仕事が終わるまで1人で数時間ブラブラ。
この数時間に行きたい場所がいくつかあったので計画して行動しました。
まずは、何より行きたかったのが、BOOK OFF(笑)
買い物ではなく本を売りたくて!

捨てるには勿体無いけどもう読まない本があり、重たかったけど
頑張ってパリまで持って行きました!14冊で6ユーロになりました。
海外だからと高く買ってくれるでもなく、普通ですね。
でも少しでもお金になったしね。捨てるよりはマシかな。
それにしてもパリのBOOK OFFってホントすごい品揃えですね、うらやましい。

そして次に行きたかったのはユニクロ。前回お店を見つけるところまでしか無理だったので。
ちょこっと買い物。試着のあまりにも長い列にうんざり気味。
もうちょっと試着が簡単に出来たらもっと買っただろうけど。

あとは、唯一パリっぽく行動。マレ地区にある雑貨屋さんに。可愛かったなー。
夜、合流した友人に「日中何してたの?」って聞かれて答えたら笑われましたが。

友人と会うのはかれこれ4年ぶりぐらい。
学生時代に仲良くて学校とかサークルとかいつも一緒でした。
彼女と出会ったことが巡り巡って今私がドイツにいるとも言えるかな。

社会人になってからはあまり会うことなく、お互い連絡もあまりとらなかったけど、
だからと言って仲が悪くなったわけでもなく、久々になってしまった感じ。
大好きな彼女に会えるならパリでも行きたい!と思うほど連絡くれて嬉しかった。

全く変わらない私たち。
一瞬で学生時代にタイムスリップしたかのような感覚。

話に花が咲きすぎて夕食もかなり当たりのレストランだったけど味わうより「話」って感じで
「そういえばかなり美味しかったよね」ってお店を出た後から振り返りました。

翌日はお互いの出発時間までパリをブラブラ。

pa (6)

週末で人も多くて天気も夏みたいによくて、あり得ない程の人混みに疲れながらも
可愛いお店を見つけてはテンションも高くなり楽しいウィンドーショッピングでした。
土曜日だったし各地でアンティークマーケットもあったし。
アンティークとはいえ、ママの家の物を見てるような錯覚になることもしばしば。

パリは近い割にはあまり行きませんが、今回思いました、

やっぱりパリはこじゃれとるのぉ。

ドイツに無いお洒落感が一杯でした!あ~ぁ、もっと見たかった!
バッタバタだったけど楽しかった。なんかパリ、また行ってしまいそう・・・。
でも人の多さが疲れるなぁ、フランス語もわからないから余計にアウェイで疲れちゃう。
でも可愛いなぁ。

あっ、雑貨店めぐり中にパパとママのクリスマスプレゼント調達しました。
旦那もいいねーと言っておりました。また今度、写真撮って報告しますね。





☆今年はグレーのパーカーが流行るのか?

Category : 日々の暮らし
ホント涙が出そう・・・。
先週の香川選手がドルトムントに復帰した初戦。
日の丸を手に持ちハチマキをして応援するドイツ人達の映像を見ました。
ユニフォームもものすごく売れたみたい。
いやー、もう泣いちゃうわ、そういうの見ちゃうと。ほんとおかえりなさい!!

で、そんな香川選手の2試合目はチャンピオンズリーグ。
でもーーー!テレビ放映なし。有料放送だけね。

応援したかったから、家の近所でテレビ放映している場所を探し
たどり着いた近所の飲み屋。

ta (7)

でも香川選手は出なかったんですけどね。でもいいの!Weidenfellerがいるし♪
余談ですが、いつもキャプテンだったケール、キャプテンの座をWeidenfellerに譲ったんでしょうか!
ケールは今期での引退を発表してるとか。なんかこれも泣けるなあー。


そんな飲み屋はフットサルの室内練習場に隣接していて、男達がフットサルをやっています。
時間貸しなのか、今から練習する人、練習が終わってシャワーを浴びてすっきりした人
いろんな人が入れ替わり立ち代り飲み屋に立ち寄ってサッカーを見ていました。

20時過ぎからいたんですけど、飲み屋には20代ぐらいから50代ぐらいかなー、
男性がたくさんいました。みんな見るからに「働き盛り」な感じの年齢。

平日の夜(火曜日)の20時やそこらにこうやって集まってサッカー見ながらビール飲んで
スポーツして、語り合って・・・。一人もスーツの人なんていない。
なんかそういう風景を見ていたら、なんというか生活の質というか、
何気ないことなんですけど幸せな生活だよなーって思いました。
ワークライフバランスってやつですかね。なんかみんな楽しそうだなーと。

そんな私も仕事から帰ってそこに見に行ってるし、贅沢メンバーの一人なんですけど。
それにビール1杯でサッカー見せてもらって、やいのやいの言いながら楽しめるのもありがたい。
店員さんももちろん何も言わないし、みんなサッカー見てるし。

レバークーゼンも同時に試合していて、2会場を都度切り替えて放映するので
見てるほうは疲れましたけどね。落ち着かなかった・・・。無事ドルトムントは勝利!
ドルトムントはもちろんのこと香川選手、ほんと頑張って欲しいなー。

チャンピオンズリーグとかそういう大きな大会はいつもスーツのクロップ監督。
今回はグレーのBorusseって書いたPUMAのパーカーでしたけど、今年の流行なんですかねー(笑)
ああいう抜け感が似合うのもクロップ監督ならではですけどねー。
ちなみにお値段EUR65だそうです。こちら





☆食卓の椅子探し、第5章 「絞り込み」

Category : その他
まだまだ続きます。

週末のお試し期間が終わって、お店のおじさんが引き取りに来てくれました。
どれもこれも座り心地は良かったけれど、私たちの中ではこれが1番でした。

kaga (44)

ええ・・・例の恐怖の価格4桁の椅子です(笑)

でもね、この上の写真のアームの部分が無いものもあってそれだと
300ユーロぐらいガクンと下がるのです。
この椅子そのままであれば展示品ということで破格で売ってもらえるんだけど
やっぱり脚の色が食卓と合わない気がして・・・。

おじさんが引き取りに来たとき、私は不在だったので話せなかったのですが
その辺おじさんに相談したら1時間ぐらい家で相談にのってくれたらしい。

そしてこの色見本を置いていったとのこと。

se (4)

脚の色を変えるには新しいものを購入せねばならず、
そうなるとアームつきのものは手が出ないので、シンプルな椅子タイプ。
だけど旦那としてはこのアームつきが欲しいらしい。

一番お買い得なのは展示品を買うこと。合計で1000ユーロ以上値引きがあるので。
椅子の色は食卓の色とのコントラストも合ってるし、脚の色だけがネックなんですよね・・・。

この写真に

kaga (34)

色付けしてみてどうかなーとか。

kaga (34) blk

こっちにも色付けしてみました。

kaga (31)

   ↓

kaga (31)blk

別にオリジナルの色でも悪くないような気もしてきた。
このお気に入りの椅子だけおじさんは持って帰らずにさらに1週間お借りすることに。

おそらくこのシリーズを買うことになりそうですが
展示品にするか、新しくオーダーするか、引き続き悩むことになりそうです。

ってか、当初の予算からずいぶん値上がりしてますけど!!





☆パパは昔、相当な男前だった!

Category : 日々の暮らし
パパの誕生日会は週末に無事終わり、静かな日々に戻りましたが、
ベルリンから来た叔父さん達は引き続き実家に滞在していました。
ベルリンに帰ってしまう前の日に顔を見に行こうと、再度実家に行くことに。
平日だったし仕事も遅かったし、いつもの私なら「1人で行っておいで」と旦那を送り出しますが、
私も行こうかなぁと思えたのはタミラちゃんがいるから。

ta (1)

本当に美人さん。カメラ目線がなかなか難しい!!

Unbenannt_20140918045953c82.jpg

Unbenannt1_2014091804595125b.jpg

ドイツの犬っぽくものすごい体格がいい。がっちりしてます。
抱いた瞬間「重っ」ってぐらいずっしりどっしり。でも可愛い。
タミラちゃんがいなかったら旦那だけ実家に行ってもらいますね。
私に実家に行きたいなんて思わせるタミラちゃんの威力は凄いです(笑)

なーのーにー、タミラちゃん、私に慣れすぎたか挨拶もそこそこに眠る。

ta (3)

今まで吠えまくってたのにね。相手もしてもらえない。嬉しいやら悲しいやら。

結局、深夜まで語り、週の初めから疲れる始末。
でもまぁ、久々の叔父さんたちとの時間だしせっかくだしね。

若い頃はかっこよかった。
という話になりおもむろに20歳の頃の写真を財布から出す叔父さん。
いつも持ち歩いてるらしい。結婚は数回した、という叔父さん。プレイボーイだったんだって。

んー、でも格好良さは旦那のパパの勝ちですね。
旦那の子供の頃の写真に写っているパパ、めっちゃかっこいいんです。
旦那は「ママも凄く綺麗だった!」とママを褒め称えますが、←ほんとママ好きな旦那です・・・。
いやいや、パパの格好良さにはかなわない。

パパ、まじで男前だったんです。
この間免許証の写真を見せてもらったのですが本当にかっこよかった。

今度、写真の写真を撮ってきますね!

そうそう、パパの誕生日会に来た散歩仲間のおじさんとおばさん。
帰りも同じ方面に帰ったので、てっきり夫婦かと思っていたら、違ったらしく
でもどうやらそのおじさんがおばさんのことを狙ってるらしい。
でもおばさんはあんまり興味が無いんだって。ええ、どちらも70代(笑)

誕生会の日、そのおじさんとおばさんが乗る深夜バスにギリギリの時間になってしまい
最後にバタバタして帰っていったのですが、家に着いてからおばさんが
「無事着いたから」と深夜にパパとママのところに電話して来ました。
てっきりおばさんの家に着いたのかと思ったらおじさんとこに着いたんだって。
どうやら電話の向こうにおじさんとおばさん、2人でいたみたい。
怪しいよねーあの2人~!なんてうわさするパパやママ。
いくつになってもそういう好きだ嫌いだの話題で盛り上がれる元気な人たちです。





☆石鹸使用エリア、さらに拡大!

Category : Bathroom
あまりに家の固形石鹸が減らないので、バスルームのハンドソープを
石鹸に変えたのは2年以上前。

☆ハンドソープ禁止令

☆ハンドソープ禁止令のその後


☆石鹸生活2年目突入

と来て、現在引き続き石鹸生活なのですが、
もうまったく減らないので、数ヶ月前にゲスト用お手洗い(普通に日常使ってます)の
ハンドソープもやめて石鹸にしました。

基本的に今はアメニティなどは全く持って帰りませんが、それでもチョコチョコ増える。

se.jpg

それでもやっぱり全く減らないので、今度はボディソープを石鹸に変えることに。
ちょうどボディソープが無くなって新しいものを買わずに石鹸生活に入りました。

頑張って使っているのに減らないのは、頂く機会が多いから。
その中でもdmでお買い物したときに時々プレゼントとしてもらえるこの石鹸が貯まる。

se (1)

ホテルに置いているような小さ目の石鹸です。
そんな小さな石鹸を片っ端から使っていくことにしました。

この辺が小さな石鹸チーム。

se (5)

小さくても結構持ちます。

そして石鹸といえば、バスルームの石鹸、今はフランスで買ったマルセイユ石鹸なのですが
こんな感じでぼろぼろにひび割れています。

IMG_7961.jpg

ひび割れたところから割れてきます。
これを見て旦那が「余分なものが使われない自然石鹸の証拠だ!」と言っています。
そうなのかな・・・。

あと、石鹸だけでなく旅行用の小さなボディーソープとかもプレゼントでもらったりと
ちょこちょこあるので、それも今、片っ端から使っています。
この辺のものってなんだかんだと増えませんか?

とにかくすっきりしたいなーと地道に活動しています。







☆食卓の椅子探し、第4章「試し座り」

Category : その他
我が家にやって来た椅子3脚。

kaga (33)

それぞれをご紹介しましょう。

kaga (23)

まず一番左は、そうですイームズシェルチェアです。
旦那のたっての希望でやってきました。
店頭には白しかなかったので、色見本も一緒に持ってきてくれました。

kaga (39)

kaga (40)

そしてお座布団も高っ・・・・。
リプロダクトの椅子が1脚買えちゃうぞ!ってなお値段でした。

kaga (32)

お座布団の色見本も。

kaga (38)

とはいえ、今回運ばれてきた椅子の中では一番安い椅子なんですよね(笑)

そして次の椅子はこれ。
お店ではぱっとしなかったのですが食卓の感じとか伝えたら
おじさんが「合うのでは?」と選んでくれた椅子。座り心地も最高でござんす!

kaga.jpg

でもイームズチェアが2脚買えますな。

そして3脚目。
お値段4桁の例の椅子です。写真より実物のほうが可愛いです。

kaga (44)

kaga (43)

この椅子、書いたとおり展示品ならば値引きされるので、
1脚あたりの値段は2番目の椅子より安くなります。

ということでやってきたこの3脚。これをお試しすることに。

kaga (34)

IKEAの椅子を置こうが、ベランダ椅子を置こうが、なんとも不釣合い(笑)
ベランダ椅子、何個買えるだろう???って程。

kaga (30)

えっと・・・座り心地は全て完璧!
でもやはりイームズチェアは素材が違うこともあるし、ちょっと硬い印象です。
それにしても1脚200ユーロって当初の予算計画はどこ行った???

イームズ以外の2脚はもう何時間でも座っていられるほど快適!
さすがお値段だけのことはあります。

実はこの日の夜、旦那の友人夫妻をお招きしていたのです。
友人には内緒にしておいて、最後にネタバレ。
率直な意見も聞きつつ、さらに悩む。
友人夫婦はイームズに1票、こげ茶の椅子に1票でした。
「なんで3脚とも違うのかなーって思ったんだよねー、
なんで1脚だけバルコニーの椅子なのって思ってたんだよねー」って笑ってました。

私はイームズはなんか違うかな、と。色を選ぶのもなかなか難しいし。
それにリプロダクトと正規品も、最後は個人の自己満足な気もして
ならばリプロダクトでもいいんじゃないか?と思ったり。

しっくり来るのはこげ茶のほうですね。食卓の色と合ってますね。

kaga (42)

私の当初の1番のお気に入りは、やはり木の素材も色も違うのでしっくり来ません。

kaga (37)

こうなったら机を買い換えたいほど(笑)、本末転倒です。
この椅子はもちろん木の色も椅子の色もオーダーできます。
ただ、オーダーとなるとディスカウントにはならないので、それはさすがに無理。
なので、この椅子ならばこの色しか無理なのです。うーーー、悩む。

ちなみにイームズ以外の2脚はこちらのメーカーです。
FreiFrau

この「座り心地体験」の結果はいかに!!






☆義父80歳、誕生日会の1日

Category : 日々の暮らし
土曜日は旦那のパパの80歳の誕生日会でした。
つ、、、、つかれた・・・・。もうクタクタ・・・・。

総勢16名。親戚や親しいお友達を自宅にお呼びしてのホームパーティ。
私と旦那の次に若いのが58歳、その他1人を除いて全員75歳以上。
おじーちゃま、おばーちゃまの集まり・・・、いやーホント疲れた。
疲れた疲れたって言いすぎですが、本当に疲れた・・・。

あっ、いたわ、もう一人、超若いゲスト。10歳です。

pt (9)

でも犬の世界だと高齢に入ってきてますね(笑)
私たちの結婚式にも参列してくれたタミラちゃん。親戚みたいなもんです。
テディベアみたいですごく可愛いのですが、他人にはあまりなつかない・・・。
知らない人には吼える・・・。だけど今回はちょっとおとなしかった。
私が抱っこしても嫌がらなかったし、最後ゲストが帰った後はさっさと寝床を作って就寝。
タミラちゃんもちょっと年取ったなーと感じました。
今回、私の疲れをふっと癒してくれたタミラちゃんには本当に感謝です(笑)

人が一気に一杯来て木の下で様子見中です。

pt (8)

さて、そんな誕生日は土曜日の夜18時半からでした。
朝早くにすでに旦那の実家に呼び出されていた私たち、まずは実家に着くと朝食からでした。
遠くはベルリンから来ている親戚や、今回始めてお会いするパパの同級生
(60年以上の知り合いだそう)私に会うなり「フジヤマー」と言って合掌してた(笑)
そんな方々と朝食をとり、私とママ以外は観光に行く予定が
とりあえず人手のあるうちにテーブルの移動だけして欲しいとママが依頼し
男達(とは言ってもみんな80歳ぐらい)によるテーブル移動大騒動がスタート。

久々に持ち出したテーブルがグラグラしていて危なくて、
このグラグラをどうするか、みんな口々に言いたいことを言いまくってなかなか進まず、
1時間ぐらいかかって応急処置完了。

pt (17)

テーブルが揃ったところで皆さん観光に出発。

pt (18)

そこから私とママの2人きりでの準備スタート!

もちろん今回は忘れませんでしたよ!包丁とまな板。もうスイスイ手伝えます!
でも次はそれに加えてお箸(菜箸)も持って行こうと思います・・・。
お箸があれば簡単に出来たこと、沢山あったのに・・・。

ママの指示の下、包丁もあるので「切って」という依頼が多かった。
でも「小さく、薄く」とかママの指示に従うと「小さすぎる、薄すぎる」と駄目出し(笑)
包丁が使いやすすぎて、ついつい薄く切っちゃいました。

16人ともなれば用意する食事の量も半端ないです。
今回はビュッフェスタイルです。

でもね、思ったのですがやっぱり料理は日本のお料理のほうが100倍大変。
同じだけの量を用意しようと思ったら数日前から準備しなきゃ無理。下味とかね。

でもママの料理は簡単。
お肉4キロ!(きょえーーー)にフライパンで焼きをつけたら
あとはオーブンで4時間焼くだけ。

pt (16)

最後は電動のこりぎみたいなので切って振舞うだけ。簡単やのー。

IMG_8371.jpg

ポテトサラダはポテトを湯がいて皮むいて切ってドレッシングと混ぜる。

pt (3)

ゆで卵をマヨネーズとあえたサラダ。

pt (2)

ハムやチーズは買ってきたものを出すだけ。

pt (6)

pt (5)

デザートは牛乳と生クリームを混ぜるだけで出来るムース、誰でも作れる簡単なもの。
あとはパンを切ったりするだけなので簡単なんですよね、全体的に。
だから数時間でも用意出来ちゃうんですね。

簡単なんだけどなかなかスムーズに進まないのがママ。
一部写真からも伝わっているかもしれませんが、キッチンがぐちゃぐちゃ。
使った道具とか使ったその場にそのまま置いちゃうタイプ。
切った野菜の端っことかジャガイモの皮とかも机にそのままだし
あんまり後先考えずにその場その場でやってしまうから、
私が後を追いかけて掃除したり綺麗にしたり、次に使うことを考えてさっと洗っておいたり
私の料理スタイルとは完全に違うので、そこが疲れる原因です。

物を出してもしまわないし、適当に置くからどこだどこだと探し回るし
出来上がったお料理を置く場所が無い・・・。

スイーツ作りではママと言い合いになりました。私も強くなったなあー。
ドイツによくある計量つきの大きなカップ(1リットルぐらいある容器)、
その容器には牛乳、砂糖、小麦粉、オイル・・・とか入れながら計れるように
それぞれに応じた分量のしるしがついています。
わざわざ個別で計らなくてももそのカップに必要な分量を入れていけばいい。

でもですね、どんな物でも重さだけじゃなく容積があるように、
必ずしもすべのものが重さと容積が一緒ではありませんよね。
砂糖100グラムとパン粉100グラムでは嵩が違うように。

でもその容器で、ママが見る目盛りは「砂糖のメモリ」のみなんです。
砂糖が100、200、300ってグラム単位で書かれているのですが
それを見て200mlのミルクを200のラインに入れる。砂糖200gとミルク200mlのラインが同じ!?
その横にミルクのラインがあるにもかかわらず、でもそれは0.1、0.2・・・というリットル表記だったので
ママの中では200mlとは違うという認識か!?

そして生クリームもこれまた砂糖のグラムメモリをみて入れるママ。
え?違うよね??本当に一緒なの?もしや超プロでその辺知ってるとか?
最後はヨーグルト。もちろんお砂糖のメモリで計ってましたよ。

そこをおかしくないか?と言うのですが、私のドイツ語も足りずでママに私の意図が伝わらない。
「何グラムなの?何が必要なの?(箱の裏の)レシピを読んで!」とママがイラっとしている。
だから読む前に、計り方が違うよね?と言う私のドイツ語が通じない。みたいな。

でもまあ、混ぜるだけで出来るスイーツですから多少の分量の違いは
何も影響は与えないんですけどね・・・。どんなレシピで作っても甘いだけ。

あとから旦那に報告したら「でもママの作るスイーツはいつも美味しいから
そういうのも感覚で全部覚えてるんじゃないかな?」とか言いだす始末。

しかもねー、こういう日はゴミが沢山出ますよね。沢山料理するから。
そもそも日ごろから小さすぎるママのキッチンのゴミ箱。
お手洗いにあるようなサニタリー用のゴミ箱なみの小ささ。
もうゴミが何度あふれたか・・・、そのたびに一度まとめてゴミを捨てに行けという。
っていうか大きな袋を用意してそこに捨てない??

いちいち聞いていては進まないので勝手に色々やりましたよ、私も。
私はチャキチャキっと物事を片付けていくタイプ。
常に効率を考えて、いかに早くできるかを考えながら先回りしちゃうタイプです。
一人だといいのですがテンポの合わない人とだと難しいタイプ。

ママとは完全に合いませんでしたね・・・(笑)
ママにしたらもう驚きの連続らしく、「あなたに手伝ってもらったらものすごいスピードで
準備が終わっていくわ・・・」と言われましたが。

お料理の準備は結構すぐに終わったのですが、テーブルのデコレーションとか
それがまたどえらい時間がかかりましたよ・・・。

pt (14)

キャンドルとお花を準備。いちから作ります。

pt (13)

なんとか可愛く出来ました。

pt (12)

pt (11)

そしてテーブルセッティング。

pt (10)

ここで、座席を決めるのに時間がかかりましたよ・・・。
誰がどこに座るべきか・・・、いやーこれの準備は長かった。
それぞれファーストネームを書いたネームカードを用意しているのですが
私は会ったことない人もいるし、書かれた名前だけ見ても誰と誰が夫婦なのかわからないし
「この人は角に座るのが嫌い」とかそういう嗜好もあるらしく・・・。
どっちかというとお話が合うか、とかそういう方向ではないか?と思うものの
私は言われるがまま名前のカードをあっちにこっちに置き換える係。

でもさ、この大きなテーブルの周りを何周もうろうろしながらあーだこーだと考えなくても
どこか小さなテーブルで名前のカードだけ使ってシュミレーションしたら早くない?
と思ってやろうとしたけど、椅子の大きさ(寄せ集めてるので種類がバラバラ)と
体格が合わないといけないから、それも重要!って・・・。Oh No!!!

それにしても食器もグラスもほんと沢山あるなあ・・・・。誰が引き継ぐんだろ、将来(笑)

pt (1)

pt (4)

しかももう結構色々見てきた私ですら知らなかった食器とかグッズとか
どんどん出てきます・・・、一体いくつ持ってるの??
「こういう特別な日だけね」と使われるものたち。
滅多に使わないものはいらない、という感覚の私からすると驚きの連続です。
それもこれも保管場所があるからなんでしょうね。

予定では15時ごろに私は一旦家に帰り、お寿司を準備する予定でした。
なのですが!私が乗る予定だった車の鍵を旦那が観光に持っていってしまい
私の身動きが取れなくなっちゃいました。

ママとの格闘は15時ごろまで!って自分を奮い立たせて頑張ってたのに・・・
結局お寿司はいらないという結論で、最後までママを手伝うことに。
あー、一度家に帰って息抜きの予定だったのに・・・。

でも、たとえホームパーティといえどもちゃんとした格好をしなければならず
着替えには帰らなければいけないので、観光からみんなが帰ってくるのを待って
家に一旦帰りました、お寿司はいらないとママが言っていたのに、
旦那が「作れる限り作って!せっかくの誕生日会なんだから!」と言い出し
バッタバタで作り上げ(巻き方ぼろぼろ・・・・)、用意しました。

それでみんなが手をつけなかった日にゃ、、、私はショックで倒れるぞ(笑)

そして、全員集合!
お料理も完成(これは一部です、チーズとかデザートは後から)

pt (38)

お寿司がボロボロなのは目をつぶってくださいー!
でもお寿司もクスクスサラダもすごく人気だったのでよかったです。

前にも書きましたが椅子があるのに座らない人たち。
乾杯は立ってするのが常識???

pt (40)

みんな、座ろうよーーー!!!って思ってるのは私だけでしょうね・・・。

宴は深夜まで続きました。もっちろん、高齢の恒例のジョーク大会に。
意味はわかるけど笑えない、私以外は大爆笑、涙出るほど笑っておられました。
それにしてもみんな元気だなあー。

IMG_8374.jpg

私はお料理を出したり、飲み物を用意したり色々と嫁らしく動き回りましたよ。
時々ベランダで息抜きしつつ・・・。

お片づけして、家に帰ったのは深夜2時。
お片づけはベルリンから来た叔父さんが率先してやってました。
ゲストが帰ったらすぐに着替えてキッチンで洗い物。
パーティの間はゲストを貫き通していた叔父さんが威力発揮です。
こういう役割分担というか、気遣い?も色々あるのかなー、この国では。

疲れたけど、疲れたけど、疲れたんだけど
パパやママが楽しい1日を送れたのであればよかったです。

あー、でも疲れた。





☆食卓の椅子探し、第3章 「お店にて」

Category : Kitchen
田舎で見つけたおしゃれなお店で発見したおしゃれな椅子たち。

お店のおじさんは商売上手(笑)
っていうか、かなり詳しくて本当に色々と説明してくれます。
個人経営のお店のようでそれだけこだわりぬいて選んでるんだろうなと。

そんな店内で私のハートを鷲掴みにした椅子登場!

お店のHPから写真を借りました。
news_quadrat.jpg

こういうナチュラルな木の具合がたまらない!・・・って家の食卓の色と違いますな(笑)

この椅子もすごーく座り心地がいいのですー!
でもこの椅子、お値段は・・・1脚あたり驚きの4桁!!!
夢のまた夢ですね(笑)

そんなこんなでお店をうろうろしていたら、
おじさんが例の4桁椅子は、展示品でよければ大幅ディスカウントするよ!とのこと。
これまたかなり魅力的な価格に大幅値下げ!それでも高いけど・・・。

そんなこんなでお店であっちこっち見ていたらおじさんからの提案が。

気に入った椅子があっても店頭でちょっと座ったぐらいでは何もわからないよ。
それに食卓に合う椅子かどうかも実際に置いてみなきゃわからない。
2時間、3時間ゆっくり長時間座ってみないと何もわからないよ。
もしよければ気に入った椅子を数脚、座り心地体験をしてみないかい?
この町に住んでいるなら今日の午後にでも持って行くよ!週末ゆっくり試してみなよ!

とのこと。

これ、商売文句だなー、これに載せられたら買わざるを得ないよな・・・と思うものの
確かにおじさんの言う「座ってみなきゃわからない」は納得。
それに家の食卓とどう合うのかも見てみたい。

ちょっと考えた結果、もちろん断ることも可能だし買う義務もないし、
おじさんの提案を受け入れ、家に数脚運んでもらうことになりました。

違う椅子を3種類。

そして週末の「試し座り」がスタートしたのでした。

kaga (33)

詳しい椅子の詳細は、また別記事で。





☆久しぶりのH&Mにて

Category : 日々の暮らし
久しぶりにH&Mで買い物。
夏前に買って良かったので白が欲しかったオーガニックコットン100%のTシャツ。
洗濯してもよれないし伸びない。

足繁く店舗をチェックして、やっと欲しかったサイズがありました。
夏も終わって売れなくなったかな?
白のTシャツは1着持ってます。でも気に入ってない。
ただ、これだ!と思うものが見つかるまでは、と我慢。
その気に入ってないTシャツは恥ずかしながらの試供品。
昔、会社でプリントTシャツを作る時に印刷する前に数着、
サイズや素材感を知るために取り寄せたもの(無料)。
それなんです、言わなきゃわからないけど着ていて気分が乗るものでもない。
安いだけあってクタクタになるし、丈も短くてボトムが限られる。

で、そのH&Mでお会計が€7.99だったんですけど(どんだけ安いねん!って?)
レジで「お会計を8ユーロにして差額1セントをUNICEFに寄付しませんか?」と聞かれました。

kaga (3)

1セントだし「わかりました!」って答えて8ユーロ支払いましたが、
あれってどのレベルまで言われるんだろう。
たまたま小銭になるお釣りだったから聞かれたのかしら?
寄付は構わないんだけど、断りにくいシチュエーションだし、
毎回毎回だとなんか次からちょっと構えちゃう。
H&Mに限らずレジに募金箱があるときに小銭を入れることはありますが
自分から進んで募金するのと同じ募金でもなんだか微妙に気分が違うな・・・。






☆ドーナツ屋での出来事

Category : 日々の暮らし
ここ1年ぐらいでフランクフルトにも2件のDunkin' Donutsが出来ました。
中央駅にももうすぐオープンするみたい。

そんなDunkin' Donuts、実は買ったことがありません。
1個いくらぐらいするものなのかすら知りません。

先日、とある目的がありそのDunkin' Donutsを買いに行きました。
必要なのは約20個。
「20個欲しいです、色んな種類を混ぜてください」と伝えました。
店員さんは20個選んでくれてお会計して終了。

ええ、何も不具合はありません、何も文句はありません。
だーけーどーーーー!ってひとこと付け加えたい。

パッとみたところ、ショーケースには30種類弱のドーナツがあったかと思います。
8種類×4段がほぼぎっしり詰まっていました。
そのすべてが違う味だったと思います。
20個欲しい、いろんな種類を混ぜて!といったにもかかわらず
同じドーナツが複数チョイスの中に入っているんです!!

お店はお姉さんが2人いました。
それぞれが半分ずつショーケースから選んでくれたのですが
「あなたはそっちから10個ね、私はこっちから10個」とか計画も無く
それぞれがうろうろ歩きながら適当に選ぶので、種類がかぶる。
おいおい・・・と思ったけど、自分で食べる物でもないし特に何も伝えず。

そしてその選んだ20個が
・12個入りBOX
・6個入りBOX
・2個は持ち帰り用の紙袋
と、3つに分かれてパッキングされました。

ええ、間違ってはいないです・・・。確かに20個買いたかったからね・・・

お会計は 
12個BOX EUR11.99
6個BOX EUR6.99
単品2個 1個あたりEUR1.20
合計 EUR21.38 でした。

でも、ちょっと気遣ってくれてもいいと思いません?
私は日ごろ買わないし、6個と12個がセットがあると言うのを知らなくて、
とりあえず20個ってな感じでオーダーしたのですが、
例えば、セット販売が得なんだから(1個単位が安くなります)

12個入りの箱があるので、計24個だったちょうど2箱です、12個単位だとお得ですよ!とか
6個入りの箱があるので3箱で18個に綺麗に入りますが、やっぱり20個がいいですか?とか

聞いてくれてもいいのにーーー!!!
いやいや、もちろんお店の方は私がお願いしたとおり20個販売してくれたんですよ。
だから文句は無いんだけど。

だけど、せめて12個入りを2箱セールスしてお店にとっても儲けになるように売るとか、
2個は端数なので紙袋に入れちゃいますけどそれでもいります??みたいにお客さんを気遣うとか、
もうちょっと何かあっても良くない???って思うんですけど、期待しすぎですかねー。

私もちゃんと店頭でメニューをみてセット販売の有無を確認してから買えばよかった・・・。
買う前に1箱何個入りなのか聞けばよかった・・・。
って私が反省する立場ですかね・・・。
でも、お店の人は何にも間違ってないから否定できないけどね。




☆いつまでたっても不思議な慣習

Category : 日々の暮らし
週末のパパの誕生日会に向けて、あぁぁ・・・やらなきゃ、と思いながら
後回しにしまくっていることがあります、そろそろ取り掛からなきゃ。

c (2)

そうです、カードの準備。

っていうか、っていうか・・・
カードっているんでしょうか?皆さんのお宅ではどうですか?

なぜ本人に面と向かってお祝いしているのに、加えてカードがいるんだろう。
プレゼントだけで十分じゃないの?と思いながら7年ぐらい経ちました。

誕生日は絶対です。必ずカードです。
しかもものすごく非効率。

内容は旦那が考える(ドイツ語ですから私は無理)

メモに書く

ここまでで軽く1時間は毎回かかります。
何をそんなに文章を考えるんだろうと思いますが、めっちゃ悩んでいます。
悩んだ挙句にすばらしい文章でも書いたのかと思いきや、私の理解レベルではいつも同じ。
何をそこまで悩んだんだろう。
私は気づかないけど何かものすごく凝った言い回しでもしてるんだろうか・・・。

旦那からメモをもらっても字が読めないので、一旦PCに打ち込んでもらい
私はPCを見ながらカードに書き写します。カードに書くのは私の役目。
書くだけだとさすがにそっけないからちょっと切ったり貼ったりします。
いつの間にかこういう役割分担が出来ています。

会えない人に(郵送などで)誕生日カードを送る、とか
みんなで寄せ書きしてプレゼント!とかならわかりますよ、
でもなんで目の前にいる人にカードを渡すんだろう、口で言えばいいのに。
っていうか口で散々おめでとうって言うのに、またカードにおめでとうって書いてある。
不思議だ不思議だと思いつつとりあえず従ってきました。

誕生日以外は私たちは書きません。
お友達の結婚式とか洗礼式とかは書いてプレゼントと一緒に渡します、
そういう日は山ほどプレゼントをもらわれるので誰からという意味も込めて。
でもダラダラと長くは書いていません、お誕生日なら「誕生日おめでとう」というニュアンスぐらい。

でもパパとママは常にカードです。私が日本に帰るときは私の両親宛にカード。
休暇から帰ってきたら家にカードが置いてある。
この間なんてママとパパから「どうぞ」ってもらったカードがこれ。

c (1)

AT限定解除おめでとう、って意味を込めてパパとママがくれたカード。

c.jpg

このカードにダラダラと「試験合格しておめでとう」みたいなことが延々と書かれています。
しかもまた読めない・・・。本当に全く字が読めません。旦那に読んでもらいました。
これを目の前でもらって「ありがとう」とは言いましたがどう反応すべきなんだろう。
そもそもAT解除ごときでものすごく喜ばれて、ハグされて、カードまでもらって・・・
そんなたいしたことじゃないんですけど・・・。

そしてもらったカード、どうしたらいいの?
私はもらったカード用の場所を決めて(箱)そこに入れています。
結構大きな箱なのですがパンパンになったのでこの間整理しました。
日本のお友達が送ってくれたカードなどは逆にこちらか何かを送るときの住所チェック、
ふと子供の名前、どんな漢字だったっけ?と思ったときに見たりと役立つのですが、
パパとママからもらった大量のカードはもう見直すこともないし、処分しました。
気持ちだけ受け取りました、うーん、でも気持ちを受け取れてないカードもありますけど・・・。

この「目の前にいる人にカードを渡す儀式」はうちだけでしょうか?
っていうかカードは当たり前ですか?私の違和感がおかしいのか・・・。

あーーーもーーーー、めんどくさ。

ちなみにこの「めんどくさい」という気持ち、さすがに言葉には出さないけど
一向に下書きをしない旦那も、きっと心の底では面倒だと思ってるはず。
絶対義務感で書いてるはず!!!

1年に2枚(パパとママ)ぐらい書けよ、って話でしょうけど
それ以外の必要なときに書いているカードもあるからなんかもっと多い気がする。

カードって気持ちを伝えたい、送りたいって思って書くならスイスイかけるけど
書く気が無いと、書く言葉すら浮かびませんね。





☆先生の休暇や病欠に振り回される治療

Category : ドイツで不妊治療
ここ数ヶ月、染色体、遺伝、スクラッチング・・・などなど
色んな検査や治療をやってきました。
その結果をすべてそろえて9月18日にKWZの先生との話し合いを予定していました。

先日KWZから電話がかかってきて、
先生が休暇を取ることになったのでアポイントを変更したい、
ついては10月6日はどうか?とのことでした。
っていうか、不妊治療をしている人って1日でも早く妊娠したいわけですよね。
1ヶ月1ヶ月がものすごく貴重なんです。
そんな中、あっさりとアポイントを1ヶ月近く先延ばしにされるとかありえない。
しかも休暇とかどうなの!と怒り心頭でした。

9月18日でさえ1周期見送りだな、と思っていたのですが
10月6日になると更にもう1周期見送る可能性があり、さすがにありえない!と思って
旦那に電話してもらいました。いつもの先生がいないなら他の先生でも構わない!と。

そもそもスクラッチングって移植周期の直前にすべきですよね。
スクラッチングしてから2ヶ月とかたってしまうのですが、、、。効果なくなるのでは?
旦那が色々言ったら9月11日にアポイントが取れました。
ちょうど生理が始まる頃だし、すぐに次の周期に入れるかな?って期待してたのですが
なんと25日で生理がやってきた・・・いつもは30日ぐらいなのに。
それにしても治療を始めてから周期が乱れるようになりました。

ということで結局9月には治療スタートできそうに無いな・・・と落ち込んでます。
そしてその話し合いに持っていくべき遺伝関係の検査結果、
専門の病院で検査したのですが7月31日に採血をして、
その結果が4週間(つまり8月末)で出るとの事でした。
それも見据えてのKWZでのアポイント(9月18日)でしたから。

旦那に電話してもらったら、まだ結果をまとめていないとのこと。
理由は先生が病欠でまとめられなかったんだって・・・。
旦那に散々電話しろといって、ようやく今日電話したみたい。
もー、だから旦那にももっと早く電話しろって散々言ってたのに・・・。
KWZのアポイントは明日です。間に合うのか。

っていうか、なんというか、もうちょっと患者の焦りというか、そういうのを感じて欲しい。
休暇だの病欠だの、そりゃ仕方ないけど先生は別に一人じゃないんだし、
こういう医療の世界にまで「休暇は権利」「病欠は仕方ない」ってなると
患者の立場として困りますよね・・・。





☆ゲテモノ担当(笑)

Category : 日々の暮らし
月曜日、パパが80歳の誕生日を迎えました!
ママがお料理する!って張り切っていましたが、せっかくの誕生日だし
いつもと違うほうがいいかなーと思って、
旦那と私でスペイン料理のレストランにご招待しました。

スペイン料理といえばタパス。いろんなタパスを頼んでみんなで食べたのですが
パパ「これからメイン料理?もう入らないよー、お腹一杯だよ」
ママ「スペイン料理はお皿がたくさん必要ね・・・」
と、かわいらしいコメントをしておりました。

今週土曜日は盛大なパーティーが待っています。
総勢16名を家にお招きしてママが手料理を振舞います。

もう大騒ぎ・・・。
準備だのなんだので「ちょっと落ち着いて~!」って言いたいほどあれこれ騒いでいます。
張り切りすぎて空回りしてる感じです。日ごろ暇な時にやっておけばいいのに・・・。

もちろん私も旦那も準備に借り出されます。

私には料理を手伝って欲しいとの事で
①寿司 (日本=寿司という単純な発想、生魚が食べられない人も多いのでは??)
②ブルスケッタの具のみ (各自でパンに載せるらしい)
③クスクスサラダ

統一感も何もない、めっちゃくちゃなチョイス(笑)
②と③はママが今まで食べておいしかったから、お願い!とのこと。
寿司は生魚の件を聞いたら、じゃあスモークサーモンでお願いとのこと・・・。

でもママから
「たくさんはいらないわよ、ドイツの高齢者は食べ慣れない物には手をつけないからね、
こういうオリエンタルな食事に興味があるのはママぐらいかもねー」って。
私、ゲテモノ料理の担当ですか・・・(笑)

どうせ作るなら鳥のから揚げとかさばの竜田揚げとか
美味しい物を作りたいけれど、肉も魚もあるから!ですって・・・。

私と旦那以外で次の若者(?)が60手前のおじさん。
ママが言う通り、たしかに珍しい物には積極的に手を出さなさそうです。

しかもね、当日のパーティーは18時からなんですけど、
準備のために朝から来て!9時には来て!とのこと。

っていうか、お寿司はいつ作りましょうか・・・。
ママのところのキッチンに炊飯器まで持ち込んで作れということ!?

「前日に作ってラップしておけばいいんじゃないの?」って言われましたけど
海苔がぐちゃってなりますよね・・・。
18時からのパーティなら17時ごろに仕上げて持ち込みたいなあ・・・。
っていうか寿司、いらなくない???
醤油とか無駄に使われるのも嫌だし(ケチですみません・・・)、
スモークサーモンはしょっぱいからもうそのままでいいような気がしますけど・・・。

朝の9時から一体何を手伝わされるのかと思っていたら
まずはみんなで朝ごはんなんだそうです。親戚が前の日から来ているので。
旦那はその親戚たちをパーティまでの間、観光に連れて行く係らしい。
私は留守番でママの手伝いらしい。
とりあえず、今の話し合いでは、私は午後一旦家に帰って
お寿司を仕上げてまた戻る、という話になっています。
旦那は観光に行って不在だけど車はあるので移動は可能。
これもAT限定解除をしたからこそできるワザですね(笑)

どうなることやら・・・。





☆リネンのキッチンタオルを作りしました

Category : 手作り・お裁縫
「リネン」ってなんかおっしゃれーと思ってちょっと前から使っているリネン。

IMG_8007.jpg

H&M Homeのものです。
リネンのキッチンタオルってどうなのかなーと思ってまずは試しに。

・吸水力がある
・グラスなどを拭いても繊維が残らない
・すぐに乾く

などの利点があるようですね。
全て「そのとおり!」なんですけど、吸水力があるばかりに
すぐにびちょびちょになってしまいます、それがマイナスともいえるのかな。

でも軒並みリネンの手触りなどは気に入っているので試しに手作りしてみました。
IKEAのリネンの布で。

IMG_8003.jpg

今は別に必要ないのですが一応付けておきました。

IMG_8004.jpg

まだ布が新しいからパリっとしてます。これからなじむかな。

IMG_8002_20140811050523766.jpg

とりあえず試しに手作りしたので、もしこれがいい感じならある程度の枚数を作ろうかな。
買うより安くつくし。キッチンタオルも日々使っていると汚れてきますよね。消耗品ですね。

とりあえずってことで、ずれてます(笑)

IMG_8006.jpg






☆ちょっと隣のおフランスへ

Category : 日々の暮らし
先週の土曜日、私の運転の練習もかねてフランスに行って来ました。
もちろんフランスといってもアルザス地方の限りなくドイツに近いフランス。
運転は問題ないのですが、横で旦那がやいやいうるさいのが疲れました。

目的地は国境を越えてすぐの町、Wissenburg。

IMG_8272.jpg

ドイツだといわれればドイツに見えるし、フランスだといわれればフランスに見える。

IMG_8271.jpg

土曜日だったのでマルシェもやってました。

IMG_8269.jpg

この町、以前パパとママと4人で来たことがあって秋の寒いお天気の悪い日で
今回はものすごくお天気が良かったのでまったく別の町に見えるほど。

IMG_8274.jpg

IMG_8276.jpg

IMG_8279.jpg

国境近くとはいえ、おフランスな雰囲気は漂います。スイーツとか美味しそう!
フランスに行ったらスーパーに行くのがお決まりのコース。

帰り道、Deutsches Winetorというところに寄りました。ここはドイツ。

IMG_8304.jpg

ワインが飲めたり買えたりする場所。
ちょっと遅いお昼休憩を取りました。アルザス地方の名物フラムクーヘン。

IMG_8291.jpg

そして今年初のFederweisser!と思ったのですが、
この地域ではNeuer Wein(Newワイン)と呼ぶらしく、
Federweisserとは違うというようなことを言われましたが飲んだら同じ。

IMG_8284.jpg

上の写真にいかつい車が写ってるでしょ。
静かにランチを楽しんでいたら、突然車が何台も集まってきました。

IMG_8288.jpg

30台はあったかと思います。趣味の集まり??
運転してきた人たちもここで一休み。イカツイおじさんばかり。
車のナンバーからもドイツ全土から集まってきた様子。

何か特別な許可でもあるのか、敷地内に入ってきてこんなことになりました。

IMG_8297.jpg

そして一通りワインを飲んで、休憩して去っていきました。

IMG_8300.jpg

改造してるのかエンジンも超うるさくて、
興味の無い私にはうるさいとしか思えず、何も魅力を感じませんが
旦那は「うわー、鳥肌もの!」と興奮しておりました。

この間も突然、「すごい車が停まってる!写真撮っておいて!」と撮らされましたが
なんのことやら・・・。なんかすごいらしいです。でもこの写真、どうしたいんだろ?

f (2)

観光客の人とかよく車の前で写真撮ってますよね。
車好きな人にはたまらない光景なのかな。





☆食卓の椅子探し、第2章 「行動」

Category : Kitchen
食卓の椅子探し、続きます。

家具屋さんにも見に行きました。でも今ひとつだなあー。
突然旦那が「椅子!」と言い出したので、それ以来椅子を意識してしまいます。

私は、よく見かけるイームズチェアがいいなーと思ってました。
それもリプロダクションであれば予算内かな~と。



でも旦那はあんまり好きじゃないみたいです、こういうデザイン。

そういえば、その椅子探しの最中に仏教のお祭り?に遭遇しました。

j (23)

かなり本格的な屋台も出ていて、ランチタイム。

j (20)

こんな魅力的なお祭りは発見したんですけど気に入る椅子は見つからず。

車での帰り道、家の近く、今まで何十回、いや何百回と通ったであろうその道に
家具やさんがあることに気づきました。
実はその家具屋さん、私は今まで会社か何かのオフィスだと思っていました。
なので窓越しにすら中を覗くこともなかったのですが
人の意識というのは面白いもので、椅子に興味があるから気づいた家具屋。

そしてその店・・・

なんで今の今まで気づかなかったんだろう、何度も通っていたのに。
実は!!なんと!!!こんな田舎町にもiittalaが売られていたのです!
MuutoとかMENUとか、SIDE BY SIDEとか色々と。
こんなこじゃれた店がこの町に!?と驚いて言葉も出ないほど(←本当にびっくりしたんですよ!)

でも・・・つまり、そのお店で売られている椅子はおしゃれなんだけど高っーーー!
そしてイームズチェアも売られてました!(もちろん正規品です)

それに座った旦那がひと言、「いいじゃん!」って。
あれ?意外な発言だ。

でも気に入ったのは同じイームズチェアでもこっちのシェルタイプ。



でも、完全に予算オーバーです(笑)

その後もお店で色んな椅子を見せていただきました。
いやー、座り心地って椅子によってこんなに違うものなんだなーと。
でもイームズチェアが一番安いレベルで、それ以外はきょえーーー!というほど高かった。

どれも予算オーバーなので、素敵な椅子を眺めて終了!

のはずが、予想外の展開になってきたのです(笑)

第3章につづきます。










☆家族経営の小さなワイナリー

Category : 日々の暮らし
あまり訪れることの無い近郊の町Hochheim。ワイン祭りが有名な町ですね。
結婚式の会場探しに2度ほど訪れて以来、Hochheimに行くぐらいなら便利な
マインツに行っちゃうのであまり詳しく知らない町。

そんな町にとある用があってついでにフラッと町を歩いたら可愛いのなんのって!
とか言いながら町の写真が無いのですが、木組みの家がたくさんでタイムスリップしたかのよう。
しかもワインの産地ですからいたるところにワイナリー。
家族経営の小さなレストラン(Straußwirtschaft)にも地元の人がたくさん。

せっかくなので通りかかったStraußwirtschaftにふらっと入ってみました。

wi (3)

軒先にテーブルと椅子があるだけの簡単な場所ですが
お客さんは入れ替わり立ち代り、段々増えてきて相席で知らない者同士話に花が咲き、
でもみていると多くが常連さんの様子。「いつもの」というオーダーが多かったな。
家族経営なのでお店のスタッフは少ないけど、とってもやさしい。

ワインは1杯2ユーロ程度。なみなみと注がれます。
0.2mlで2ユーロです。

wi (2)

ちょうど今、フランクフルトのFressgasseでワイン祭りが開催されていますが
そこも1杯2ユーロから飲めますが、0.1mlなので軽く倍ですね。やはり高い!
それでも日本に比べたら驚くほど安いワインですけどね。

このStraußwirtschaftは食事も破格!ステーキで5.9ユーロとかでした。
最大でも6ユーロぐらいのお食事。とにかく安い。そしておいしい。

私たちはこういうStraußwirtschaftではよく出される
Spundekäseっていうクリームチーズみたいなの、これをいつも頼みます。
ちょっとしたおつまみに最高です。

wi.jpg

このソフトクリームみたいになってるのがSpundekäsです。

wi (1)

パプリカやチリのピリっとした味が美味しくて止まりません。
突き刺さっているプレッツェルはスナックタイプの小さなものですが、
もちろんクリームが多すぎて足りません。
追加で2回もプレッツェルをオーダーしてしまいましたが、料金は取られませんでした。
ホントなんとも良心的なお店です。

飲むだけだった予定が周りの人が頼む食事がどれも美味しそうだったので
夕食を取ることにして大きなサラダとシュニッツェルを旦那と分けました。
ワインは一人3杯は飲んだかな・・・?いやもっとかな??
お会計は2人で26ユーロ(笑) 安っ。

帰る頃には真っ暗。お月様が神秘的な夜でした。
写真からは伝わらないな・・・。

wi (15)

ワインといえばFederweisserもスタートですね。
この時期が来ると「あー秋だな」と感じ、あっという間に寒くなるイメージです。
きっと気がつけばすぐにクリスマスがやってくるのでしょう。

今年のクリスマスは日本から母が遊びに来てくれる予定。
色んな計画を練ってます。私よりも旦那が(笑)
「オカサン、タノシーネ、オカサン、ビックリシタネ、オモシロカッタネ」と、
お母さんに楽しくて面白くてびっくりする旅をしてもらうんだそうです。
ドイツ大好き男が張り切っていますが、私の母の希望は「オーロラが見たい」です(笑)

そして二言目には「ニホンゴ ベンキョウシマス」、「オカサン、コワイネ」、だそうです。





☆たった1日で4件

Category : ドイツで不妊治療
半年ほど前に結婚して、日本とドイツの遠距離結婚をしている知人が妊娠。

すごいね、そんな遠距離でも妊娠。
かなりタバコも吸う人だった。

なんだかなぁ、でもその人のことは好きだし良かったねと思うけど、
散々時間もお金も費やしている私達のところには来ないベビー。
心当たりは無いけど神様からの罰かねぇ。

先日、日本人が沢山集まる場所に行きました。
数年ぶりに会う人もいたり。

たった1日で4人から妊娠や子供が産まれた報告を受けました。

全員、私より後に結婚した人。

他人の妊娠報告、どんな顔して(いや、心して)聞けばいいのか…。
何かの試練かな。涙が止まらない。





☆ドイツで食卓の椅子探し

Category : Kitchen
今のアパートに住んで早5年。
マイホーム探しの日々はまだまだ続きますが、
いつの日かマイホームを手に入れたら揃えたい家具。

そのため未だ私の独り暮らし時代の家具で乗り切っていることは時々書いていますが、
なぜか最近、旦那が食卓用の椅子を買わないか?と言い出した。

食卓用の椅子は現在バルコニー用の椅子を室内とバルコニー兼用で
都度持ち運びして使っています、それが2脚。
あとの2脚はもともと持っていたものと旦那の実家から借りている
IKEAの折りたたみ椅子を使っています。

kaga (7)

バルコニーの椅子はこれ。プラスチックの安いやつです。

kaga (8)

別にいいけど、ゲストが来たら恥ずかしい。
まぁ、みんな「気に入る物が見つかるまではいいんじゃない?」と言ってくれますけどね。

kaga (6)

ちなみに食卓は日本に帰る方から譲り受けたもので、
2年ほどしか使わずかなり状態の良いものを頂き色も大きさも気に入っています、
特にこの食卓は旦那が溺愛しています。理想の色と形らしい。

さて、椅子探しの旅、これまた長い旅。
見つけるまでが一苦労、見つけても納期が8週間とかかなり先。

旦那はこういう脚になっているタイプが欲しいらしい。

stuhl_2149_01_732.jpg

椅子売り場にいくとやたらと売ってるこのタイプ。

私は今ひとつ気に入りません。
金属の足がなんとも冷たい印象なのと、構造上微妙に揺れる椅子もなんか落ち着かない。
もちろん四六時中揺れてはいませんが物により揺れの程度がかなり違います。

重たい人が座ったら潰れそうな構造なのもちょっと怖い。
もちろんそんなことは無いだろうけど何年か経ったら歪んでそうな気がします。

お店にも見に行き色んな椅子に座りましたが今ひとつ…。
ちなみに予算は一脚200ユーロまで。4脚そろえようと思っています。
この予算、椅子業界では安すぎるのか・・・・。
なかなか納得いくものが見つかりません。

さてさて、椅子探しの旅、どうなるのでしょうか?

ということで「ドイツで椅子探し」も家探しと平行して書いていきますね!





☆保証期間がわからなくなってしまった・・・

Category : 日々の暮らし
家にあったデジタル体重計が壊れました。
少し前に表示されなくなったので電池を入れ替えたのに動かない、もしや故障?

えーっと、この体重計っていつ買った?
スーパーREWEのシールを貯めて安く買うあのシリーズで買ったもの。
もう軽く3年はたっているような・・・、いや、もっとか!?
保証期間はもう終わっているだろうか・・・?何年保証だったっけ??

REWEで買ったということは食料品とかと一緒に買っているはず。
つまりレシートは食料品として月末に計算だけして処分してしまった可能盛大!
もしレシートを保管していたとしても一体いつ買ったものかわからないので探しようが無い。

やっぱり必要なので仕方なく新しいものを買うことにしました。
次は小さめの存在感の無いものが良かった!
そんな希望にぴったり合うものがたまたまTschiboで売っていました。

IMG_7962.jpg

足の土踏まずとかかとを乗せて指先がはみ出してしまうぐらい小さいです。
でもちゃんと計測できます!

先代との大きさの差はあきらか。半分以下ですね。

IMG_7967.jpg

ちなみにこれは3年保証です。
何がびっくりしたって説明書の種類・・・、8ヶ国語分ありました。
なんか紙がもったいない・・・別に重さを計るだけの体重計に
そこまで説明書っているのかねえ??体脂肪とかまでチェックできるなら別ですけど。

IMG_7963.jpg

今度こそ忘れないようにしよう!と決意し、ドイツ語の説明書のみを保管し
その最後のページにレシートを貼ることにしました。

IMG_7964.jpg

そして一応、箱についているバーコードの部分を切り取りました。
箱は邪魔なので、箱の中でも重要かな?と思われる部分のみ保管(いらないと思いますが・・・)
それも同じように説明書に貼り付けました。

IMG_7966.jpg

そしてあとは電化製品などの説明書を入れているファイルに入れました。

IMG_7969.jpg

そして体重計本体にテプラで、いつまで保証があるのか貼っておきました。
こうすれば壊れたときにすぐにわかりますしね。ギャランティーのGで2017年8月まで、と。

IMG_7968.jpg

これでもう大丈夫でしょ!
テレビとか冷蔵庫とか大型の家電などはしっかり保証書とかレシートを保管してましたが
体重計なんて小さなものはあまり気にしていませんでした。

今後気をつけます。




☆ジョギング習慣化

Category : 日々の暮らし
1ヶ月続きました!

ジョギング♪

今までもものすごく不定期にやってはいたのですが
このところほっとんどやっていませんでした。

ちょうど旦那のいつものスポーツも夏休みで練習が無いので
一緒に走ろうか~と8月の頭から走り始めました。

週4~5回は走っているかと思います。
ただ旦那は2回に1回ぐらいは「やめておく」と言って私一人。

恥ずかしながら正直に報告すると

まずは15分走る(2km走れなった・・・)
2キロ走る
20分走る
3キロ走る
30分走る
5キロ走る
45分走る ← 今ここです

と数日ごとに目標を決めて距離と時間を少しずつ延ばしました。
ちなみに速さはあまり気にしていません。とりあえず距離と時間を少しずつ延ばしてみました。
自分流の目標設定なので、邪道かもしれませんが。

でも5キロ走るようになったぐらいから、今まで私を置いてどんどん進んでいった旦那が
私より遅かったり途中で駄目だーとあきらめたりするようになりました。
ホント、ウサギとカメみたいですね。

今後は平日は5キロは最低走って週末時間があるときに
1時間とか10キロとか挑戦したいなーと思っています。

以前(結婚前)にもジョギングに励んでいた時期があり
10キロぐらい走っていたのですが、怠けると駄目ですね・・・・。
またイチからやり直し。そしてまた今、習慣になりつつあります。

でもーーー!

そんな私の意気を消沈させる出来事が・・・。

このところ雨が多いドイツ。雨が降ったり晴れたりしめっぽい日が多いです。
ジョギングは基本的に近くの畑に行って走るのですが、
農道にいるわいるわ、ナメクジ。
ドイツのナメクジって本当に大きくて気持ち悪い。
トラクターとか自転車とかにひかれてつぶれてるのもたくさんあって
もう本当に本当に気持ち悪い。

しかも大きくて日本のナメクジの何倍あるのかと思うほど。
いつも犬の糞と思っていたらナメクジだった、という展開。
ひどいときは5メートルおきぐらいにいて、もう踏まないようにするので必死。
旦那いわく、旦那が子供の頃はこんなナメクジはいなかったみたいです。

ホント、このナメクジたちは私のジョギングモチベーションを下げる下げる・・・。
でもこれからは段々暗くなるので畑も走れなくなるからいいんですけど
そうなると住宅街だけで距離を走ることが難しくなります。
どうしても一筆書きのコースで走りたいので(同じ場所を何週もすると飽きる)
住宅街である程度の距離を見つけなければ。

9月は1ヶ月に100キロを目標に頑張りますー!






☆物件見学「ようやく見学できた家」

Category : 家探し・リノベーション・引越し
家探しレポート。「ようやく見学できた家」

ネットに載ってた物件で「めっちゃいいやん!」ってのがありました。
広さも場所も、内装もいい感じ。アパートでメゾネットタイプ。
価格もいい感じ!!

すぐに「見学希望」ってメールを送りましたが音沙汰なし。
もう2ヶ月ぐらい前かも、メールしたのは。
全然連絡無くて、何回かメールしたら「値下げしました」って返事が来て、
値下げとかどうでもいいので見学させてもらえませんか?みたいな。
ようやく先日見学のアポイントを取り付けまして行ってきました。

直前に詳しい資料がPDFで送られてきたのですが
そこに住所が載っていました、ははーーーん、やっぱりあの道沿い。
交通量も多いし、おまけに消防車とか救急車とかがサイレン鳴らして走る道。
あれはうるさいな・・・と、賃貸ならまだしも・・・。
でも内装とかすごくいいし、もしかしたら窓の方向が良かったりして
うるさくない方向を向いているかもと変な期待をして行きました。

同じ日に何組もアポイントを取っている様子。
賃貸とは違って、アポイントはしっかり時間をずらしてあって
他の見学者とバッティングすることはありません。
賃貸だったら一斉に見学会とかしますからね。

家の中は、ネットで見たとおり最高の内装。
お金かけたねーこれ、ってな感じの内装でした。
お風呂にラジオまで付いてましたよ・・・。
床も一面大理石でできて真っ白でしたが、
真っ白な床は私の髪の毛が目立つので避けたいところ。
キッチンもあたらしいし、とにかく綺麗。

だけど、平米数より実際訪問したら凄く狭く感じる。
部屋に洗濯機は置けない。物置スペースも無い。
ちょっとでも掃除機とか物が置ける場所があるのと無いのとは大違い。
一人で贅沢に住む感じですね。2人だとちょっと狭い。
家具はどの部屋にもほとんど置けそうにありません。
平米数、間違ってない?と思うほど狭かったです。

興味深かったのはそこはまだ前の住民が住んでいて、
留守中に見学したのでインテリアとか見れて楽しかった。
想像するに、かなりおしゃれなこだわりの深い男性の一人暮らし、ですね。
リビングはものすごく綺麗だったけれどベッドルームとか地下ケラーとか
人を見学させるのに・・・?という荒れっぷりでしたけどね。

こっそり写真を載せますね。物件広告から。
暖炉もあるやん!って思ったらフェイクでした(笑)

jpg.jpg

そして車の騒音はやはり凄かった・・・。2重窓ですって言ってたけど
窓を開けるとうるさいですやん、、、みたいな。
しかも寝室がその道路に面してました。
リビングやバルコニーはびっくりするぐらい静かでしたけど。

「駅まで徒歩5分」って書いてあったけど・・・普通に歩いても20分は余裕でかかります。
誰の足で5分なんだろうか・・・。

ってことで、さよーなら。




-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-