☆2014年の終わりに

Category : 日々の暮らし
先ほど旅行から戻りました。
書きたいことが山ほどありますがまた時間のあるときに書くとして、今年の締めを。

2014年が間もなく終わります。
今年もブログを読んでくださった皆様、ありがとうございました。

ブログではドイツの暮らしや日々の出来事を楽しく綴っていますが、
2014年は私の今後の人生の中でも忘れられない年になりそうな程、
厳しい現実とも向き合った1年でした。

そんな日々の中でも仕事も充実していたし、旦那ともたくさん旅行もしたし、
色んな楽しい幸せなこともたくさんありました。
色々ありながらもこうして健康でいられる事に感謝です。

来年2015年は、年明け早々誕生日を迎え、30代も終盤に入ります。
来年は新たなチャレンジが待ち構えています。

2015年が終わる時、素敵な一年だったと振り返られるような充実した1年にしたいと思います。

年越しは旦那と母の作ってくれる美味しいものを食べながら家で3人で過ごす予定です。
旅で疲れ果てて寝る私を置いて、言葉の通じない2人ですが、
ワインを飲みながら旅の写真を見て楽しそうにしています。
私はそんな2人の話し声を聞きながらうとうとしています。なんだか幸せ。

みなさんも良いお年をお迎えください。




☆やっぱり疲れたクリスマス

Category : ドイツのクリスマス
クリスマス、終わりました。ホッ・・・。
今年は24日と25日の2日間。
今回は日本から来た母がいたので私と母は実家には泊まらず日帰り二回で宿泊なし。
旦那は実家に泊まりました。

全体の流れは毎年と変わらず。
クリスマスツリーが木だけの状態で家に飾られていて
私たちが飾り付けをする予定だったのですが、まず木が斜めになってるだの・・・と
その議論と訂正で何分も費やしました。母はもうあきれてました。
木ごときでそこまで熱くなれる人たち。
自然のものを相手にまっすぐじゃないとか議論しても無駄ですけど。
その後、ツリーのランプのつけ方で旦那とパパが議論。はぁぁ・・・どうでもいいわ。

その後、みんなでクリスマスソングを合唱。
ドイツのクリスマスソングとアメリカのクリスマスソングを一緒にするなと言う旦那一家。知らんわー。

いつもと変わらないプレゼント交換。ただ今年はちょっとサプライズありでした。
そして夕食はラクレット。意外にも母が「チーズがおいしい」と気に入ってました。
不覚にも包丁を持参するのを忘れ、切りにくいナイフでの微塵切り。
母は「やってられへん」とイライラ。

2日目は朝ごはんから参加(朝9時半集合)

IMG_9022.jpg

旦那の家族が話す内容を母に要約(←細かくでは無くテーマを伝えるにとどまりました)
どうでもいい会話ばかりする家族を見て母は「ほんま、幸せな人たちやねー」と。

そしてお決まりのお散歩。

そしてその後は全員お昼寝タイム。
いつも私が一番いらないと思う時間。寝るぐらいなら帰りたい。
でも今年は私も寝ました(笑)

そしてケーキタイム(16時ごろ)、ケーキの後に夕食。
でたー!よくわからない食事の順番。まあこれもお決まり。

IMG_9025.jpg

説明するまでも無くいつもとメニューは同じです・・・。
夕食後のデザートは断ったため無し。
食べたい人(=父・旦那)だけバウムクーヘンとか食べてました。
私も母も「あー、お鍋食べたい、雑炊したい、うどんがいいなー」と。
そう言い合える相手がいるだけでどれだけ気持ちが救われるか。

うちの家の料理は普通のドイツ人家庭の3分の1だ
普通のドイツ人家庭は山ほどのチョコを食べるんだ

とか「我がファミリーがどれだけ健康的か」を自慢するママとパパ。

話は外国になりフランス人は1日食べてるとか、イタリア人はパスタばっかり食べるとか
他国批判でドイツは素晴らしいといういつもの結論。

チョコやクッキーをエンドレスに食べてる状況はすでに私達からすると異常ですけどね。

何もせずただテーブルの上のピラミッドやツリーを眺める時間。
「暇やな、帰りたいな、洗濯機の1回でもまわしたいな・・・」と言い合う母と私。

翌日の朝が早めなので夜は早めに帰らせてもらえましたがもう疲れた・・・。
母がいたので気分的にはものすごく楽でしたが、
相変わらずな旦那ファミリーは本当にお気楽というか幸せな人たちだなーと。
食事の後、料理をしたママを散々褒めるのとかも、日本ではあまり無いですよね。
料理って言っても温める、湯がく、とかばっかりですけどね。

私はスイーツは今年はクッキー1枚のみ!見事に全て食べず。
でもママの作ったケーキで気持ち悪くなってしまいました。

とりあえず、クリスマス終了!お疲れ様でした♪







☆ようやく聞けた予定日

Category : ドイツで妊婦生活
2度目の婦人科検診です。今日で11週と2日。
母と旦那とのストレスフルな(笑)ドレスデン旅行も無事終わり、
赤ちゃん元気にしてるかなーと心配でしたが、そんな私の心配をよそに
エコーでは赤ちゃん、ジャンプしてました!こんなのが見れるんだ。びっくり。
心臓の音も聞かせてもらえて、とりあえず順調。旦那も見れて良かった。
旦那が寝ているときにするポーズがあるのですが、赤ちゃんが全く同じポーズをしていて
旦那が大爆笑。完全に自分の子供だわ、と。

今回初めて予定日も教えてもらえました。
今日はいつもの先生がお休みで違う先生だったのですが「あれ?聞いてなかったの?」ってな感じ。

予定日は7月13日だそうです。

会社に提出する書類をもらったのですが、6月1日から産休と書かれていました。

そして、いわゆる母子手帳、ドイツではMutterpass(母手帳)。
これも今日頂くことが出来ました。

IMG_9015.jpg

ビニールケースはあんまり可愛くないですけど・・・。

IMG_9014.jpg

あとは色々今後の検査について決断しなければいけません。
NT検査というのでしょうか、首のむくみを検査するもの、あれも迷いましたが
旦那がちゃんと検査しようというので、申し込みました。年明けに受けてきます。

それと、ドイツの公的健康保険では今後は20週、30週・・・と3回しかエコーが受けられないそうです。
もし毎回エコーを受けたい場合は個人払い(私の婦人科はEUR130)。
これも迷いましたがお願いすることにしました。やっぱり毎回成長を見たいし。

婦人科は今まで通っていたところ、小さいのですがその分アットホーム。
受付のおばさんが「あらー、7月13日が予定日?夏の子供ね、良かったじゃない!
誕生日会は屋外で出来るわよー!」と言ってました。そこがポイント?みたいな(笑)

今日は12月24日。こんな日に婦人科に来ているのはお腹の大きな妊婦さんばかり。
そして見事に全員旦那さんや子供連れ。
家で旦那さんが子供を見ておくから検診に行ってきなーってのは無いのでしょうか。
それぐらいみんな家族連れ。

帰り際も受付で先生と受付のおばちゃんたちと雑談しながら
「じゃあ、よいクリスマスをー!」とお別れ。

そして午後からは旦那の実家です。
母も一緒だし、おそらくかなーりストレスフルな2日間となるでしょう。

っていうか母、ドレスデン旅行もずっと一緒でこれだけクリスマスマルクトに行ってるのに
私はグリューワインを飲んでないし(飲むフリはしました)。
夕食のビールはアルコールフリー、ちょっと飲ませてー!って母が飲みましたが
アルコールなしってことに気づかず。ちょっと甘いわねーなんて言ってました。

お腹もちょっと出てるけど、ほんと全く気づかないみたい。
もう今じゃマタニティのボトムスじゃないと苦しいぐらいなんですけど。

先日友人からマタニティズボンをたくさんもらいました!ありがたい!

P1350158.jpg

最初の山場、12週まであと少し。このまま順調に育ちますように。
そして神様、私にこんな素敵なクリスマスプレゼントをくれて本当にありがとう!





☆2泊3日、母と旦那とクリスマスの旅

Category : ドイツのクリスマス
日本から来た母とドレスデンへ。旦那もくっついてきました・・・。
初日は、まずアイゼナハへ。

ここでThueringer wurstのおいしさにハマった母。
滞在中何度も食べてました。

IMG_8991.jpg

アイゼナハでは旦那が見たいと言っていた、ヴァルトブルク城へ。
(あんまり興味のない母と私。遠くから見学しただけ・・・)

そしてあのバッハの生まれた家に行きました。博物館が併設されているので見学。

IMG_8982.jpg

その後、エアフルトへ。

ここのクリスマスマルクトがとっても素敵でした。
今まで色んなマルクトに散々訪問したけれど、
ここエアフルトは私の中ではかなり上位にランクするマルクトとなりました。

P1350165.jpg

母の希望で観覧車に。

P1350206.jpg

この手の観覧車、初めて乗ったかも。一体何週するのかわからない感じ。
くるくる回りました。上からの景色も綺麗でした。

P1350179.jpg

P1350198.jpg

夜も素敵。

P1350208.jpg

1泊目はこのエアフルトで宿泊し、翌日ドレスデンに向けて移動。
途中でザイフェンに立ち寄りました。
ザイフェンについては昨年訪問しているのでこちらをどうぞ。

☆おもちゃ箱のようなザイフェンの町

IMG_8994.jpg

やっぱり可愛い。

IMG_8992.jpg

ちょっとあるものを買ったのですがそれはまた別で報告します。

そして、最終目的地のドレスデンへ。
夏からホテルを予約しておきました。

Frauenkirche前のマルクトはちょっと出店数が少なかった気がします。

IMG_9004.jpg

IMG_8999.jpg

ドレスデンも昨年のレポートをどうぞ。
☆ここでキスをすると幸せになります
☆思い描いた風景がここにあった!
☆素敵なクリスマスマルクト@ドレスデン

マルクトも終わりに近づいているからか人も少なかったです。
昨年なんて全く前に進めないほどの人ごみだったのですが。

町全体も人が少なめな感じでした。

P1350231_20141224212430f0b.jpg

Frauenkirche(フラウエン教会)にも来るのは3度目ですがいつ見ても大きいし、綺麗。
前回はものすごい行列だったのですが、今回はすぐに中に入れました。

P1350241_20141224212428f9a.jpg

そして初めてクーポラまで登りました。ものすごい強風でしたけど。
さすが新しいだけあってエレベーターや階段などが綺麗に整備されています。
古い大聖堂などは本当に暗くて歴史のある狭い階段を登ったりしますが
Frauenkircheはスロープもあるし、階段も幅が広いし登りやすいです。

P1350244_20141224212431a14.jpg

旦那は言葉が通じないのに母に必死に説明。
お勉強の時間までありましたから。

わざわざわかりやすい資料を作ってホテルで出発前に講義(笑)

IMG_9007.jpg

ほんと相変わらずドイツ好き、ドイツ説明したい好き。

さて、これから旦那実家です。行って来ます・・・・。




☆母、到着

Category : ドイツのクリスマス
昨日無事に母が到着しました。
スーツケース一杯の日本食を抱えて来てくれました。

空港で旦那が作ったボード。無料で作れる機械があるんですよ!

IMG_8967.jpg

その存在を以前から知っていた旦那は「絶対作る!」と計画してました。

到着するなり母が言ったひと言「あー、お好み焼き食べたい」でした(笑)
その足でフランクフルトのクリスマスマルクトに向かいました。
何と大雨・・・。でもマルクトにつく頃には小雨に。
雨のおかげで金曜の夜、しかももう終了前のクライマックス!にもかかわらず
とっても空いていて、良かったです。結局そこで白身魚のフライのサンドイッチを食べて
夕食代わりにしたのですが、
翌朝、母がはじめて迎えた朝は私の希望で「おかゆ」、旦那も渋々一緒に。
だって母がおいしそうな梅干とか、鮭の干物を持ってきてくれたしー。

そして昼は私と母の2人でタイインビス。夜はお好み焼き、という
私にとっては嬉しい感じでスタートしました。
旦那はもっと色々ドイツのものを食べさせてあげたいみたいですけど。

今日は、旦那の両親と合流してMichelstadtのクリスマスマルクトへ。

IMG_8973.jpg

写真を撮りまくる母は注意してみてないといけないし、
パパとママはゆっくりだし、すぐにはぐれちゃうし、なんだかんだ疲れました。
みんなでのお出かけは散歩程度にしないと、こんな人ごみは疲れます。

このところ気温が高めで今日も10度ぐらいあって、
ちょっと油断した自分が悪いのですが靴下1枚で行ったところ
帰りには足がジンジンするほど冷えてしまいました。
先週のマルクトも同じで、タイツに靴下は履いたのですが薄かったみたいで
最後のほうは足が冷たくて冷たくて・・・。
そして2日とも共通して、家に戻ってからお腹を壊す。
駄目ですね、典型的な「冷え」ですね。

明日から2泊3日でドイツ国内旅行に繰り出します。
マルクトオンパレードみたいな毎日なので足元が冷えないように気をつけます。

旅行が終わればクリスマスです・・・。
双方の親が一緒になると間に入る身としては疲れて仕方ない・・・。






☆毎日のビタミン剤

Category : ドイツで妊婦生活
婦人科の初診で勧められた妊婦さんのビタミン剤。
どっちでもいいからどちらかを毎日飲んでくださいねーと。

2種類のうちどちらか一つに決めるんじゃなくて、ざっと2週間分ぐらいもらえたので
この試供品を飲んでから足りないものは買おうと思って
とりあえず一つずつ飲んでいくことにしました。

IMG_8949.jpg

ピンクの包みはカプセルが1つだけ見えてたのでそれを飲むのかと思ったら
冊子状になっていて中に袋が入っていてそこにも錠剤が。
これが1日分。ってか一粒がでかすぎる。

IMG_8954.jpg

これを飲みきるのが一苦労。小さなコップの水ぐらいじゃ足りません。
水分もたくさん摂取することになり、のどにつっかえるしこりゃきつい。
早くこのバージョンが終わって1日1粒のほうのに切り替えたい。

とはいえ、毎日注射を打っていた日々を思うと、こんなことは大したことありません。
お腹に赤ちゃんがいるんだから、何も辛いことはありません!

そして前回の検診で検尿を自宅でして来るようにいわれました。
朝一番の尿を取って、8時半までに持ってきてくださいとのこと。
こんなグッズをこのまま渡される。(袋にでも入ってればいいのにさ・・・)

IMG_8950.jpg

黄色の注射器状のものに尿を入れてもって行きます。
そのまま持っていくのも・・・と思ったのでビニールの袋に入れて
マスキングテープで封をして持っていこうとしたら、旦那に「プレゼントじゃないんだから」と
言われてしまいました、でもそのまま持っていくのもちょっと嫌だし・・・。

さて、母が昨日到着しました。全く気づいていない様子。
お腹、かなり出てきているので「あんた太ったなー」とか言われるかと思いきや
そういうリアクションも無くて、私も眠かったり疲れたりする様子は見せないようにしています。

今日は双方の親が一緒だったので疲れはピーク。
一緒にクリスマスマルクトに行きましたが、もう一緒に外出するのは無理・・・。やめてーーー!
あっちもこっちも面倒見なきゃいけないし今の体には負担です。

あと3日、このまま気づかれませんように!








☆KWZの噂

Category : ドイツで妊婦生活
私が妊娠していることを知っている、産休・育休中のドイツ人の同僚が
聞きたいことがあるとのこと。

同僚の友人が不妊で悩んでいてフランクフルトにあるKWZに行ったら
最悪の対応で、最初の面談で心がズタズタになって泣いて帰ってきたらしい。ここのことでした。

それで私が通ったところはどうだったかとかそういう話が聞きたかったみたい。
正直に私の感想を伝え、そして私も別のKWZに話を聞きに行ったので
そっちの感想も伝えわかる限りの情報を伝えました。

なんか上手くいえないんですけど、これはたまたまテーマがKWZでしたけど
私のような外国人に、ドイツ人が情報を求めてくれることがありがたかった。
私がドイツ人から得る情報はたくさんあるけれど、
私がドイツ人に提供できる情報はあんまりなくて、
それでも私の意見でも聞きたいと言ってくれる人がいることがなんか上手くいえないけど
少しは役に立ててるのかな、と思うとちょっと嬉しかった。

それにしてもそのKWZの噂、実は聞くのは2回目です。
結構厳しいことをずばっと言われるとか。
もちろん最後は腕なんでしょうけれど、それでなくても辛い不妊という現実に立ち向かう人に
もう少しかけてあげる言葉とか、対応とかあるんじゃないかなと思うんですけどね。

現に私も病院を変えようと思っていたぐらいですし、
合う合わないもあると思います、先生との相性とかもありますしね。

さて、そんな私ですがとりあえず何もなく日々すごしています。
お腹は完全に大きくなってきてます・・・これ、見たらわかるんじゃないかと思うほど。
もともとあまり無かった悪阻も、ちょっとだけ気持ち悪いときもありますが
ほぼ無くなり、今はやはり疲れるのがメインです。よく寝てます。

母が12月19日に来てくれるのですが、それから24日までの5日間、
妊娠していることを隠し通します。
クリスマスマルクトもたくさん行くし、アルコールも飲めないし、
お腹もちょっと出てるし(頑張ってカバーしなければ!)
動作もゆっくりだし、母に気づかれそうな気がしますけど・・・。
両方の親の前でサプライズで発表したいので、それまで何とか隠し通せますように!






☆私は朝尾さん派だなぁ

Category : 日々の暮らし
大好きなマッキーの曲が主題歌という理由で見続けてきたドラマ
「きょうは会社休みます」、あー、久々にドラマにはまったわー。
私は完全に朝尾さん派でしたけどねー。田之倉君は若すぎる!
ほんとこのドラマ、出演者全員がいい人でしたよね。
心がほんわかするドラマでした、マモルも最高!
そして綾瀬はるかちゃん、可愛すぎるーーー!お肌ツルッツル!!
そんな毎週の楽しみがなくなっちゃって寂しい感じです。

さて、そんなことを言っている間にクリスマス目前!
やばい!プレゼント追いついてない!と街に繰り出し
もう思いつくプレゼントがないときの最後の砦「本屋」に足を踏み入れたら・・・
気を失いそうなほどの大行列!きょえーー!みんな考えることは一緒だ。
もうどこのお店もレジは大行列、ちょっとなんか殺気立ってる感じがするほど。

旦那のプレゼントは希望されてたのでわかりやすかった!
そしてお互いの親へのプレゼントも本日下準備完了。
明日までにはカードとか仕上げて間に合わせないと!
明後日からは母が来るのでそんな時間も無いだろうし。

ということでまた更新滞りますが、クリスマスのレポートとか
絶対アップしますので~(笑)

皆さんも良いクリスマスを!






☆初の婦人科での妊婦検診

Category : ドイツで妊婦生活
ようやく初の婦人科検診。
ドイツは「産む」場所は違うので、妊娠の検診も「婦人科」です。
いつも定期健診に行っている婦人科なので勝手もわかるし安心です。

KWZから婦人科にはすでに連絡が入っていて、KWZでのエコーの写真なども
送られています、そういう提携はとってもナイスですね。

顔を見るなり「とっても嬉しいニュースが届いたわ!早速見てみましょう」と
エコーをしたところ、しっかり大きくなってしまいした。パーフェクト!とのこと。

もう手とか見えるんですね、びっくりしました。
ものすごく大きくなっててびっくり。10週0日だそうです。
でも予定日は教えてもらえなかった。そんなもん?

ビタミンを取りなさいといくつか試供品を頂きました。

n.jpg

2週間後にもう一度といわれたのですがちょうど旅行で不在なので
来週のクリスマスイブに行くことになりました。
ちょうど1年前のクリスマスは初の顕微授精の日だったんです、1年後に赤ちゃんがいるなんて。

親しいお友達には報告して、中には涙して喜んでくれた友人も。
不妊治療を近くで見ていたから、よかったねーって本当に喜んでくれました。
会社には1月の中旬ぐらいに報告する予定です。

早速いろんな検査の内容と価格表を渡されて検討するように言われました。
妊婦は妊婦で色々またお金がかかりそうです(笑)

ほんと、無事育っていてくれてよかった。ありがとう。





☆まるでIKEAのショールーム!

Category : 日々の暮らし
先日まで10日間ほどお世話になった所をご紹介します。
場所はミュンヘンの郊外です。

3日以上3週間までというルールで滞在できるアパート。
お金持ちっぽいオーナー夫妻が住む一軒家の半地下にあるお部屋でした。
ホテルに滞在するより安いですし、キッチンもあるのでお料理も可能。
そして驚きの「口コミ満点!」なんです、全員が全員10点満点をつけています。
そんな口コミが満点なんてありえない!と思いましたが、いやいや評価は正しかった。

wi (14)

お部屋はまるでIKEAのショールーム、どれもこれもIKEAでした。

wi (4)

wi (3)

私には可愛すぎるインテリア。

wi (5)

wi (6)

ただ家具があるだけではなく色んな飾りもあってオーナーさんのおもてなしが現れています。

wi (8)

wi (21)

wi (20)

wi (19)

バスルームも十分に広くて清潔。

wi (7)

ウォークインクローゼットまでありました。

wi (9)

キッチンもフルで揃っていて調味料、コーヒー、紅茶なども備え付けてあり、
また冷蔵庫の中にはフリードリンクまで揃えてくれています。

wi (12)

wi (11)

wi (13)

近所のお店のこととか、バスの時刻表とか手作りのインフォメーションも。

wi (15)

一人では申し訳ないほどのお部屋でした。
半地下なので昼間でも暗いけど冬だしどっちにしても暗いし不便は無し。
田舎なので車の駐車も問題なし。
オーナーさんはとっても優しいおば様で、最初に鍵を渡されて簡単な説明がありましたが
それ以外は「用があったら知らせてね」とのことで結局1度も顔もあわせず。

最終日にお部屋に来てくれて、良いクリスマスを!とプレゼントまで。

wi (31)

わかるわー、10点満点の評価。

ほぼ毎日朝から夜まで不在だったのであまりこのお部屋で何かしたというわけでもなく、
お料理とはいっても、朝食を作ったり、夕食にラーメンとか簡単に。
でもどんぶりが無かった(笑)

wi (22)

多分私は選ばないような可愛さの物ばかりでしたが、女の子~って感じがして
それはそれで快適でした。センスのある可愛さって感じです。

ホント何かマイナス点を!と思っても見つからないほど。
あえて言うなら、英語があまり通じない?
(予約などのメールは英語で書きましたが返事は全てドイツ語でした)

このお部屋は禁煙ですが、おそらくオーナーさんはかなりのヘビースモーカーだと思います。
多分タバコを吸わないからこそわかる臭いが気になりました。
タオルとかソファーのクッションとかもほんの少しタバコのにおいがしました。
受け取った領収書の紙とか封筒、最後にもらったプレゼントとかもタバコの臭い。

でもそれ以外は全く何も欠点無し。絶対また泊まりたいです。
もちろんホテルではないのでお掃除とかも自分でしなければなりませんが。

お部屋の色んな場所にカーペットがあるのですが、

wi (34)

wi (33)

wi (32)

気づかれましたか?わざと斜めに敷いてあります。こういう発想も私は無かったな。
私だったら家具に対して平行に敷いてしまうと思います。

一度週末があったのですが、それにあわせて旦那が遊びに来てくれて
ミュンヘンのクリスマスマルクトを巡りました。

事前に詳しい人に聞いていたので、漏れなく回れたかな?

wi (24)

wi (25)

wi (26)

wi (30)

オクトーバーフェストの敷地で開催されているTollwoodというお祭りも行きました。
そして、うわさに聞いていた日本食レストラン「三谷」のから揚げ定食も食べました(笑)
おいしかったー、噂どおりのものすごいボリュームですね。

そしてTHE観光客(笑)

wi (29)

ちなみに旦那はフランクフルトからミュンヘンまで高速バスで来たのですが
往路はなんと片道16ユーロ!安いですよね、ストばかりあるドイツ鉄道なんて使ってられません。
帰りは日曜の夕方だったのと直前の予約だからか30ユーロでした。
それでも車内でWifiまで使えるらしく大満足のバス移動だったと言っていました。

でもやっぱり家が一番ですね。今回滞在したところみたいに可愛いインテリアも無いけれど
やっぱり住み慣れた家が一番だなーとつくづく思いました。





☆クリスマスの雰囲気が無さ過ぎる!らしい・・・。

Category : ドイツのクリスマス
まもなく日本から来る母と昨日電話で話しました。
内容は荷物のこと、空港でのチェックイン、もって行く洋服、などなど現実的な話。
電話を切った私に「オカーサンはクリスマスのこと楽しみって言ってた?」
「クリスマスに何するか?とか聞いてきた?」と旦那が質問してきましたが
いいえ、そんな話は一切ありません。
旦那は母が来るのが楽しみでならない様子。ドイツの素敵なクリスマスを母に見せたい、
母に体験して欲しい、という観点での楽しみですけどね。
ホントどこまでドイツ好きなん?ってあきれるほどドイツが大好きな旦那。
最近会う友達にも「義理の母が日本から来るんだ!ここに行ってここに行って、
その後これしてあれして・・・」と予定を語っている様子。

ドイツ大好き、クリスマス大好きな旦那が「今年はクリスマスの雰囲気がなさ過ぎる」と
嘆いています、私もずっといなかったし家の飾りつけは最初にちょっとやったまま。
今年はクッキーも焼いてないし、アドベントカレンダーもなし。
どうせ週末からいやっちゅうほどクリスマスになるんだし、別に良くない?と思う私。

あまりにうるさいので、クリスマスマルクトへ。
今年初のWiesbaden。

wi (16)

私と旦那が知り合うきっかけを作ってくれた友人と久々に合流。

wi_20141215062018353.jpg

wi (36)

新しく出来た彼を紹介してくれました。二人ともWiesbaden生まれでマルクトに詳しくて
おいしいグリューワインのスタンドも熟知しています。

今まで数あるマルクトでグリューワインを飲みましたがポットで販売しているのははじめて見たかも。

wi (35)

1リットル入りなので、数名であれば個別に買うより安くつくし、
何より少しずつ注げば常に温かいものが飲めるというのも嬉しい!

家に帰ってきてからも、「クリスマスの雰囲気を出さなきゃ!」とピラミッドを組み立て
部屋を真っ暗にしてろうそくの火を見つめる時間。他の事したーい!

wi (18)

「雰囲気が足りなさ過ぎる!まだ気持ちがクリスマスになってない!」だそうです。

大人になってもそんなにクリスマスを楽しみにするなんてある意味うらやましいぐらいです。
よっぽどクリスマスには素敵な思い出があるんでしょうね。

でも申し訳ないけど夕食は現実に戻ってもらいますから!

wi (17)

はぁぁぁ、クリスマスがやってくる。






☆安堵の涙

Category : ドイツで妊婦生活
KWZで陽性判定を頂いて心拍確認してそのまま出張へ。
10日間を終え、昨日戻ってきました。
正直、つらかった。体も疲れるし部屋では寝てばかり。
つわりは大丈夫でしたが元気一杯でもなく、帰りたい・・・と思う日々。

体のことを考えて長期滞在したのですが、
結局仕事量が増えただけのような気もして、無理したんだか無理してないんだか
お腹の赤ちゃんに負担をかけたのではないだろうか、
やっぱりこの時期は仕事なんてせずゆっくりしておくべきだったのか
終わった今では変えることも出来ませんが、元気でいてくれていますように。

そんな思いを抱えながら、あー終わった、家に帰れるんだ!って気持ちで乗った帰りの飛行機、
窓から外の景色を見ていたらボロボロ涙が出てきてしまって、泣きながらのフライト。
安堵からかな。無事戻れるっていう安心感が涙になったのかな。
妊娠中は感情も不安定になるというようなことも聞くので、だからかなぁ。

今日からはゆっくりするぞ!!
色々迷惑かけてごめんね、赤ちゃん。





→続きを読む

☆ようやく帰宅♪

Category : 日々の暮らし
ついに!家に戻ってきました(笑)
あー終わった。って感じです。やっぱり家がいい。
でも今回長期的に滞在した場所が、ものすごく良かったんです。
写真も撮ってきたので近々また書きたいと思います。

10日間ほど留守にして戻ってきた家は・・・はぁぁぁとため息が漏れちゃう感じです。
旦那の傾向として私がいない間に散々荒れた部屋をギリギリになって
掃除機だけかけておいてくれるパターン。モノが散乱してて床だけ綺麗なのもね。
10日前にあったものがその場所にそのまま置かれていたり。
いやいや、文句は駄目ですね。
洗濯機は1回まわしたらしい。シーツはそのまま。臭いそう・・・。

出張から戻ってきた日はそのままその足で会社のクリスマスパーティーに。
旦那も一緒に参加。今年は車が運転できる私が運転手を引き受け
旦那は存分に飲んで楽しんだ模様。
帰り際に「止めてーーーー」と叫び車から飛び降りて雨の中苦しんでました。
家に着くなり、ウェーーってトイレにこもりきり。
今朝も起きて来てトイレでオエオエしてました、真っ白い顔して。自業自得ですね。

後数日で母も来るし、色々準備したいしまだまだ忙しい日が続きそうです。







☆怪しいと怪しくないの線引き

Category : 日々の暮らし
とある空港でベンチに座ってスマホを見ていたら、
荷物をたくさんカートに乗せたおじさんが近寄ってきて「ドイツ語は話せるか?」と聞いてきた。
この場合話せないといったほうが無難な事もあって話せるというと面倒なことになることもある。

おじさんはヨーロッパでもアジアでもないアラブっぽいお国の方に見えましたが
なんともどこの国の方かはわからず。

今回は「話せます」と答えた私にしわくちゃになったメモを見せてきて
「ここに電話してほしい」とのこと。一時間ぐらい待ってるんだけど、、、とか
なんとか言っていて、でもその番号はドイツやこの近隣諸国の番号でもなかったし、
おじさんも微妙だったので、インフォメーションデスクに相談してみてはどうかと答えました。
「その電話でかけてくれないのか?」と私のスマホを見て言ってきたのですが、
インフォメーションへと頑なに答えて「あそこにインフォメーションがありますよ」と
場所も教えて終わりました。

おじさんは本当に困っていたのかもしれないし逆に怪しかったのかもしれない。
この辺の怪しい人線の引きレベルが難しい。
明らかに怪しい人も多いですが、一見身なりも普通でものすごくまともに見えて
道でも聞きたいのかと思ったら「お金ください」だったりするし。
前にも電車代がなくて帰れないのでお金ください!ってまともな感じの人が話しかけてきた。
日本語であればやんわり断ったりもできますが
ドイツ語でそんな気の利いた対応もできず、Noとはっきり言って立ち去りますし、
もう最初から立ち止まらず相手にしない事も多いです。
でもそれもただ道が聞きたかっただけの人だと申し訳ない。
なかなか線引きが難しいですね。

私は街でガイドブックとか地図を開いて見ている人がいると
基本的に声をかけて助けてあげるようにしているのですが
先日声をかけた日本人の年配のご夫婦はそんな私が怪しく見えたのか
突然日本語で話しかけられたのがびっくりしたのか凍りついたように話さなくなり、
「ここに住んでいるので何かお探しでしたら・・・」って説明して
最後はちゃんと道を教えてあげて終わったんですけど、
私もそのご夫婦にとっては怪しかったのかもしれませんね。





☆妊娠初期の長期出張

Category : ドイツで妊婦生活
KWZで心拍が確認できた翌日から長期の国内出張が始まりました。
婦人科に予約の電話をしたところ出張明けでは遅いと言われたのですが
こればっかりはどうしようもなく、出張明け初日にアポを取りました。
不安だけどこの出張は上司に無理を言って体が逆な方を選んだ結果。
キッチンのついたホテルで救われます。

おそらく今日で9週、ありがたいことにつわりは軽く
でも朝は日によって辛い日もあります。
吐き気とかは無くただ気持ち悪い。

仕事に出ると不思議とスーっと治ります。
とにかくフルーツが食べたくてリンゴを丸かじりしたり
オレンジを1日に何個も食べたり。

出張中の週末は旦那が遊びに来てくれました。
嬉しくて土曜日は朝からアクティブに動いたら後半疲れて来て
座りたい、横になりたいと思うほど。歩くのも辛い。
家に帰ったら即寝、そして翌日も一日中寝てました。
せっかく来てくれた旦那には申し訳ないけれど何もできず。

物凄く疲れます。そしてよく寝ます。
ママが寝ている間に赤ちゃんが育つって何処かで読んだので
それを信じて眠い時は寝るようにしています。
出張はあと4日、今日までがかなり予定がピークだったので
ようやく終わってホッとしました。

変な話、妊娠前から排卵痛はお尻の穴のあたりが痛くなるのですが
その痛みがずっと続きます。ズキズキ痛い。
椅子に座るにも痛いのでゆっくり斜めから座ってます。

早く診察に行って元気な赤ちゃんを確認したいです。







☆更新が滞っています

Category : 日々の暮らし
先週から長期出張で家にいません。
パソコンも持ってきたのに何故かWi-Fiが繋がらず使えず更新が滞っています。
まだ当分外泊が続くのと、それが終われば待ちに待った母の到着。
なので引き続きゆっくりした更新になると思います。

書きたいことは山ほどあるですが、詳しくは戻ってから。

週末は仕事は無いので街に出てクリスマスマルクトを見てきました。



いくつか訪問しましたが、毎年思うことですが
フランクフルトのマルクトってやっぱりいいなーと。
あのごちゃごちゃ感、メリーゴーランドの辺りとか素敵です。

おそらくフランクフルトのマルクトは今年は行けてもあと1回かと思いますが
しっかり満喫したいな、と思います。

早く家に帰りたいなあ。。。




☆久々のホテルレポ、ベストオブ2014!

Category : 日々の暮らし
今年1年いろんなホテルに泊まりましたが
その中のベストオブ2014!とでも名づけたいようなホテルに出会いました!!

同僚がオススメしてくれて、一度泊まってみようかなと。
ここが、ホントよかったー。

10部屋ぐらいしかない家族経営の小さなホテルなんですけど、
まだ新しいみたいでピカピカで、おばあちゃんの部屋系ではなくて
おしゃれなおうちの1部屋に泊まってるような感じです。

お部屋の写真を撮ってないのが残念。

細部が可愛いんです!

er (1)

er (3)

何より女将さんである、そこのお母様がとってもいい方で
適度に接してくださるのが心地よかったです。(ものすごい訛りでしたけど・・・)
呼びかけるときは必ず名前で呼ぶように努力してるようでした。
そういうちょっとしたことも嬉しかったりしますよね。
お嬢さんもちょっとシャイだったけどとても親切でした。

朝ごはんも完璧!そこまで種類は無いけれどおいしかった。

er (4)

何気ない飾りが可愛い。

er.jpg

白い単なるプラスチックの容器ですけど、可愛くデコられてました。

er (2)

1泊65ユーロってのもこのお部屋に朝食だったら安いぐらいです。
田舎なので駐車場はあるし、Wifiも無料。
機会があったら是非また泊まりたい!田舎過ぎてあんまり用は無いけど・・・。





☆車の運転で他人に怒られる国です

Category : 日々の暮らし
日本でも(大阪)、ドイツでも運転していますが、
横断歩道ではちゃんと歩行者優先で停まるドイツ、色んなルールもものすごく明確です。
あおったりパッシングされたりする事もある日本に比べれば
ドイツの運転はとても紳士的だなーと思うのですが、やはりどうしても納得できない、

「信号が変わった瞬間にすぐに発車しないと後ろからクラクションを鳴らされる」

これ、ほんと何とかならないんですかね。
マジ、1秒とか遅れても「プー」ってやられます。青と同時に発車しないと怒られます。
この短気さはどこからくるんだ!?

今朝もありましたよ。

いつもいつも混んでいる大通り。
多くの車が左折する交差点。左折車線だけで2車線もある大きなところなのですが
左折して入っていく道も混んでいるので、信号が青でも進めない事があります。
それはもう仕方ないですよね、混んでるんだからしょうがない。

今日はその交差点で、ギリギリ左折できるかなーーと前に進んで待っていたのですが
信号が赤になってしまったので、停止線を越えた場所で待つことになりました。

ドイツの信号は、停止線の真上や真横についています。
日本の信号は渡った先の道の上についてますよね、なので見やすい。
ドイツはちゃんと停止線で停まらないと(いや停止線で停まったとしても)、信号が見にくい。
ハンドルの上から顔を覗かせて真上にある信号を見たりします。

そんな状況なので、今朝の私は停止線を越えてしまっているので
信号が変わったかどうかがわかりません。
回りの車の動きとか見つつ遅れないように発車しなきゃ!とそわそわしてしまいます。
いつも同じ状況なので、私がたとえば後ろにいたら、軽く「プッ」としたり
ライトで知らせてあげます、じゃないと1番前の車は発進するタイミングがわからないので。

ですが今日、私の後ろにいた人、信号が変わってすぐに進まない私に向かって
「プッ、プーーーーーー」って怒りの攻撃的クラクション、そしてジェスチャーでさらに怒ってる。
手を振り上げて「コラー」って感じで怒ってる(←このジェスチャーもドイツでは日常茶飯事)

っていうかさ、私が信号見えないことぐらいわかってよね。なんでわからないかなー。
何も悪いことしてないのに朝から気分が悪いです。

こういう「そんな怒らなくても、わかってますー」って言い返したくなるような
気分が悪くなるのはドイツの運転では時々あります。

で、強いドイツ人達は怒られたら怒り返すんですよね。
車でも「んなこと言われても俺は悪くない!!」みたいに怒り返している人も多いです。
ホント、いちいちそんなところにパワー使って疲れないかね??

ええ、うちの旦那もそうです。よくやりあってます、他の車と。あきれます。





☆KWZの検診日

Category : ドイツで妊婦生活
先週確認できなかった心拍、今日こそは確認できるのでしょうか。
相変わらずつわりも落ち着いていて、朝方にちょっと気持ち悪い程度。
もう8週になるし、今日は心拍が確認できなければいけないであろう日。

アポイントは16時半。私は会社に無理言って早めに出ましたが
旦那は早くて17時に着けるという感じでした。
どうせ毎回30分は待たされるから、旦那が来る頃にちょうど良いかもと思っていたら
今日に限ってガラガラ!!私がついた時点で、私の前に一人待っているだけ。

それでも17時ごろにはなったのですが、旦那がもうすぐ着く!って連絡をくれたときに
私の前の人の診察が終わって出てきて、あちゃー間に合わないかも!って思ったんです。
そしたらなんと私の次の人が呼ばれて、どうやらミスで私のカルテを違う先生に
渡してしまっていたみたい。なので一人飛ばされました、でもだから旦那が間に合った!
これにはもう感激です。日ごろこんなミスは見たこと無いんですけどね。
お腹の赤ちゃんは旦那にも一緒に見てもらいたかったのかなーって思ってしまいます。
旦那もギリギリ間に合って、検診へ。

まずは超音波検査で見てみましょうとのことでいつもどおり診察台に。
旦那は「見ますか?」とか聞かれぬまま壁の向こうに取り残されました。

前回見つけるまですごく時間がかかったのですが、今日はすぐに見つかりました。
私も画面を見て、あー、あれかな?って思えるほどすぐにわかりました。
(っていうかもうこの画面、見すぎてどれがどれかわかりそうです・・)

そして先生がひと言も話さないまま手で「OK」とジェスチャーしてくれて
「じゃあ、旦那さん来てください」って旦那が呼ばれて一緒に画面を見ました。

そこにはピコピコと光る心拍が見えました!
私は泣いてしまってあんまりはっきり見えませんでしたけど。
旦那はびっくりしてました。

良いクリスマスプレゼントになったね!と先生が言ってくれて
「今日でKWZもおしまい、次からは婦人科です」と言われました。




☆旦那がついた2回目の嘘

Category : 日々の暮らし
旦那は子供の頃から卓球をやっています。
平日は週3回卓球に行きます、最近はそれに加えて時々週末も
個人練習でプライベートの先生に教えてもらってます。
もう、ホント卓球バカってなぐらいのめり込んでいます。
家でも鏡の前でシャドーとかしてるし・・・。

私にとって卓球ってちょっと暗いイメージが抜けなくて
あか抜けたスポーツでは無い気がするのですが
「いやいや、卓球は激しいスポーツだ!」とか言って私には偉そうに答えます。

そんな旦那が、今日お友達に誘われてとあるパーティーに行ってきた。
某自動車メーカーが顧客を招待するパーティ。
毎年、友達が誘ってくれて行っているのですが相当豪華らしい。
そんなパーティーから先ほどほろ酔い気分で機嫌よく帰ってきました。

飲み物も一流のものだったし、ご飯もものすごくおいしかったらしい。
アルゼンチンステーキを4回もおかわりした!と興奮気味に話してました。

そして、「ある女の子にずーっと話しかけられたんだよねー」って。
かなり誘われてたらしい。仕事は何か?日ごろは何してるのか?
パーティ好きなら一緒に行かないか?とかアプローチされたらしい。

「いや、僕は興味ないからさ、忙しいって言い返したよ」とのこと、嬉しそうに。
彼女の服装とか髪型とか、おまけに胸が大きかったことまで事細かに教えてくれます。

忙しいという旦那に、彼女が「何がそんなに忙しいの?」って聞いてきたらしい。
週3回~4回卓球に通ってて忙しいのに、「スポーツ」って答えたらしく
そしたら「どんなスポーツ?」って聞かれたみたいで、その答えは

「水泳とジョギング」

って答えたらしい。卓球は隠したらしい。
水泳もジョギングも年に数回だよね???
ジョギング、前回いつした??水泳なんて今シーズンまだ一度もやってないよね?

この「卓球隠し」はすでに2回目(笑)

昔、日本語の学校の宿題で自己紹介の準備があって

どんなスポーツをしますか?って質問に
バスケットボールをします、って回答してた。したこと無いくせにー!

私には散々「卓球はかっこいい激しいスポーツだ!」とか言いながら
やっぱり微妙に隠したいみたいです、卓球選手。

まあそんな嘘をついたことも包み隠さず話すところが
なんとも卓球やってる真面目な人って感じがしますけどね(笑)

女の子に言い寄られたことが嬉しかったのか、ほろ酔い気分も手伝って
引き続き超ご機嫌さんの旦那。よかったね。






☆第1アドベント、ようやく終了

Category : ドイツのクリスマス
昨日夜更かしした旦那が全然起きてこないので私もパジャマでダラダラしていたら
10時40分ぐらいに旦那が起きてきて「11時に大家さんが来るんだ!」と言い出した。
えー??言ってよ。知らんかったよ。しかも煙感知機をつけるとかで全部屋に入るらしい。
そこから約20分で家を片付けなければ!!そこまで散らかってないけど
人を出迎えるにはさすがにやばい状態。

まず自分の準備を整える旦那と、何より家を片付ける私。
優先順位が違いました(笑)

各部屋にこんな煙感知器をつけて30分ほどで帰っていきました。

IMG_8874 (5)

さっ、今日は第1アドベント。
15時にパパとママのところに呼ばれてます。
なのに、12時ごろ電話がかかってきて「何時に来るの?」って。15時じゃないのかよー!
そして夕食は何時ごろに食べたいかと聞かれたので、
お昼を食べてないので早く食べたい16時、17時ごろには食べたいな、と伝え
旦那は私に「18時には帰ってこよう、お散歩行きたいしね」って。
絶対ありえない、3時間で戻れるわけないやん。よく言うわ。

15時に行ったら、今からパイを焼くとのこと。焼いておいてーーー!!
クリスマスのクッキーも焼いたのよーと。

IMG_8876.jpg

毎年、「お砂糖少なめ」で作るママのクッキーは全く味が無いのですが
今年のはおいしかったです。

家もクリスマスらしく飾りつけられてました。

IMG_8877.jpg

IMG_8878.jpg

パイが焼きあがりカフェタイム。
ゆっくりしゃべってもうそこで18時だわさ。
そこから夕食の準備。キムチ鍋でした~!なんてことはなく、ピザでした。

18時から生地から作るんです・・・。作っておいてよ・・・。
その間私はアドベントクランツ作り。これももう今年はいいかなって思ってたのに
私が準備グッズを持って行ってなくて「なんで持ってこないの?」と怒られた。
作るなら作るって言ってよー!!

ピザが焼きあがったのはもう20時前でした。はぁ・・・。
18時に帰ろうなんていってた当の本人はワインを飲んで酔っ払ってましたよ・・・。

夢に出てきそうなぐらいクリスマスソングのCDを何十回も聴いて、
くるくる回るピラミッドを見ながらただジーっとする時間。
何の時間よ??家のこととかしたいし、このジーっとしてる間に洗濯機回したい!みたいな。

アドベントクランツは土台だけ作ってあとは家でやるわ!と説得し
でも今年はあまり家にいないので、作ってもろうそくをつけそうに無いから
そのまま壁に飾りました。もうこれでいいかも、今年は。

IMG_8879 (4)

私の母が来てから何をして何を食べるかの相談。
私も母もクリスマスだけ濃い2日間を一緒に過ごすだけでもう十分なのに、
あーだこーだ言い出す始末。
母が疲れるだけだし、通訳する私も疲れる、と色々断わりました。
大晦日も一緒に年越しする?なんて言い出してそれも断った。
パパとママはすでにお友達と年越しで盛り上がる予定を立ててるのに
それをキャンセルするとか言い出した、もういいから、楽しんでおいで。
お願いだからそっとしておいて!!!

時差もそうだけど、胃がどれだけ辛くなるか語る私。
だからありがたいけど、色々作っても食べれないからね!
特に母みたいに高齢になればなるほど、他の料理は受け付けにくいと言うも
「ママのご飯は他のドイツ人みたいにお肉ばかりじゃないからねー、
お母さんには安心するように伝えてね」とママ。違うんだよね・・・・。そうじゃないのよ。
ジャガイモ、赤キャベツ、ザウワークライトとか確かにカテゴリーは「野菜」なんだけどね、
ちょっと違うんだよね、でもなかなか伝わらない。

クリスマスはラクレットになりました。これは私のリクエストどおり。
好きなだけ食べればいいから、いらないなら食べなくていいから気が楽。
チーズが重ければ野菜だけ焼いてればいいし。

その後はラクレットの機械の上でクレープを焼くそうだ、これも助かる。
お皿に盛られるデザートじゃなくて食べたい人だけ食べるクレープ。
いらないと断れるので大変ありがたい。

はぁぁぁ、今からクリスマスがめんどくさい。





-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-