☆危うく没収されるところでした

Category : 日々の暮らし
先日、飛行機で向かった出先でお土産を頂きました。

IMG_9195.jpg

長野のお土産「栗かのこ」。

「栗かのこ」って聞いたことがあるのですが、どんなものだかぴんと来ず。
このお土産をバッグに入れたまま帰りの飛行機に乗ろうとしたところ、
セキュリティチェックで止められました。
「かばんの中に缶か何か入ってるよね?」といわれ、その対象がこの「栗かのこ」でした。

「これは何?」と聞かれたのですが、正直なところすぐに答えられず
「ギフトで頂いて、おそらく甘いものだと思うんですけど・・・」と答えるしかなく。
後ろの原材料のところには、「栗・砂糖」とだけ書いてありました。
そのまま検査官に伝えました。「そういわれても本当かどうかわからないしねー」と。

原材料に栗と砂糖だけしかかかれていないなんて本当にシンプルなんだなーと思いつつ
検査官が再検査するのを待っていました。
すると、「もう大丈夫だよ」と返してくれました。ありがたい。
何基準だったのかわかりませんが、大丈夫だとのことなのでありがたく持ち帰ってきました。

それにしてもとっても甘そうな食べ物だなーと思いながら、食べてみたら

IMG_9197.jpg

ものすごくおいしいんです!!
嫌な甘みがほとんど無くて、自然の味!本当においしかった!

こちらのお店です 桜井甘精堂
楽天にもあった!

 

ほっこり幸せなお茶タイムを過ごしました。
あまり頂くことの無い和菓子ですが、久々に食べると品のある甘さがいい感じです。





☆もしやこれが胎動・・・?

Category : ドイツで妊婦生活
1月27日夜。母の誕生日。
旦那はスポーツへ、私はいつもと同じソファーに座りながらPC。
スマホでドラマをチェックしながらリラックスしていた22時ごろ。

お腹の中でぷくぷくぷくぷく・・・と炭酸が上に向かってはじけるような
ぷくぷくと音も聞こえて(聞こえた気がするけど体で感じただけ!?)、
これってもしかして・・・と調べたら、ぷくぷくというのが胎動の始まりという人が多い!

え?もしかして本当に胎動?だとしたらすごく嬉しい!
まだ確証は無いけど、忘れずに書いておこう。

赤ちゃん、今週は一緒に日本に行こうね!




☆重曹で中華麺♪

Category : お料理・たべもの
海外生活をしている方なら少なからず耳にしたことがあるであろう
「重曹でパスタを中華麺に!」という裏技。
私の周りの人たちは「本当に中華麺になる!」と言うのですが
私はならないんですよね・・・。なぜか。
試したのはもう1年以上も前だと思います。
あまりこだわることも無くそれ以来トライしていませんでた。

そして先日、母が遊びに来てくれたときに母お得意のお好み焼きを作ってくれたのですが
「麺があったらモダン焼きできるのになー」と言った母、
その言葉で、久々に試してみようかなーと思ってパスタと重曹でやってみました。

すると、あら不思議!今回はちゃんと中華麺になりました♪

そこで思い出したのですが、ただ単に私の知識が無かっただけなんですけれど、
私は重曹はベーキングパウダーの代わりに使える、というそこだけの知識から
重曹=ベーキングパウダーという図式が私の頭にありました。

前回はその勝手な図式から、重曹ではなくベーキングパウダーを使っていました。
ベーキングパウダーでは中華麺にならなかったんです。

重曹に酒石酸、クエン酸、リン酸カルシウムなどの助剤を加えて、
少量の重曹で効率よく炭酸ガスが発生するように工夫したものがベーキングパウダー。

だそうです。
つまり同じものではないんですね(いまさら・・・・)

なので今回はちゃんと重曹を使ったのでパスタが中華麺になったのです!
感激ーー!

今日も再現♪使ったパスタはこれ。1番細いもの。

IMG_9198.jpg

そして今回使った重曹はこれ。ドイツで手に入るNatron。

IMG_9199.jpg

作り方は色んなところに載っているので検索してみてください。
って言うほどの事でもありませんけど・・・。

そして中華麺できた!

Unbenannt_20150128044909386.jpg

もやし、ネギだけのシンプルラーメン。

IMG_9201.jpg

し、しあわせ・・・・。

これ、はまりそうです。





☆ようやく安定期

Category : ドイツで妊婦生活
ついに、妊娠5ヶ月、いわゆる安定期に入りました!
とはいえ、お腹の赤ちゃんはまだ動かないし、ちゃんと成長しているか不安です。
胎動を感じるようになったら少しは安心するのかなぁ。

妊婦に安定期なんてありません!

って注意もネットでよく目にしますが、
安定期と言うのは安心期ではありませんからね。
初期が終わり流産などの確率も減るというお腹の安定もありますが、
つわりが落ち着いて疲れて寝てばっかりいた日々から
だんだん抜け出せて、精神的にも安定するんでしょうね。

もちろん日々、油断は禁物です。

妊娠してから今日まで仕事をなかなかセーブ出来ず、
短距離ですが出張で飛行機に乗ることも多かったです。

会社からは無理するなって言われますが、じゃあ誰かが代わってくれるの?
って言い返したくなることもしばしば。
仕事柄、別の人が出来ることにも限界があるし、
お客様から呼び出しがあれば、ましてやまだ初期で社内ですら妊娠を公表してないタイミングで
なんと言って断ればいいのか。

出張の飛行機の中ではいつもお腹を触りながら大丈夫?いつもありがとねって心で問い掛けてました。
妊娠の空港でのセキュリティーチェックってネットには問題無しと書いてありますが、
どうやら申告すれば免れるらしいと言うのを今知って今更かもしれませんが今日申告してみました。
金属探知機を通らずにボディチェックのみでした。

今日でようやく仕事が落ち着くので、産休までは無理せずゆっくりやっていきます。






☆気持ちいいほど豪快な妊婦さん

Category : 日々の暮らし
旦那の友人夫婦が遊びに来てくれました。
私のブログにも時々登場する夫婦。
奥さんがブラジル&ドイツのハーフで出会って数ヶ月で結婚しちゃったあの2人。

☆イチャつく2人
☆ドイツで初の結婚式参列!

☆古風な?結婚式


そんな奥様はもう臨月!出産まで1ヶ月を切りました。
エコーでは赤ちゃんがどうしても見せてくれないらしく、男の子か女の子かわからないそうです。

夫婦2人ともちょーっと、いや、かなーり体格が良いので、
そんな奥様の臨月は一体どんなものなのか想像もつきませんでしたが、
今まで自分の身近で見てきた臨月の妊婦さんとは明らかに違う大きさでした・・・。
体重は20キロ増えたんだそうです・・・。

見る?といわれて洋服をその場でめくってお腹の素肌を見せてくれました、豪快(笑)。
妊娠線が出来ちゃってねー、と。うちの旦那がいてもお構いなし。
私、初めて妊娠線というのを見たのですが、痛そうなほどお腹全体が真っ赤でした。

妊婦さんだしコーヒーは飲まないかな?と思ってハーブティとかを用意してましたが
「え?普通にコーヒーよ、ブラジルでは妊婦さんも普通にコーヒー飲むのよ」と、
がぶがぶ飲んでました、3杯ぐらい飲んでたような・・・。
日ごろコーヒーを飲みすぎている彼女の旦那さんに「健康に良くないからやめなさい」って
注意する妊婦さん(笑)、旦那さんは1日10杯ぐらい飲むらしい・・・。

あまり甘いものも「おっぱいの出が悪くなりそうだから」とか遠慮されるかも、と
フルーツをいくつか用意しておいたのですが、
「甘いもの食べるとお腹の子がものすごく動くのよー、おいしいものはわかるのねー」と
普通にガツガツ食べてました(笑)
ついでにフルーツも食べてましたけどね。

でもそうやって楽しそうにしている彼女を見ていると、
お腹の子もなんかリラックスしてるんじゃないかなーと思えるほどでした。

今日はALDIでワッフルを買って、それをオーブンで一度暖めてから、
生クリームをつけてブルーベリーを添えたものを用意したのですが(手抜きです・・・)
私はもうそれで十分だろうと思っていたのですが、旦那が「足りない」と。
パン屋さんで揚げパンを買っておこうと言い出しました。
(ベルリーナーとかKreppelとか呼ばれる、中にジャムの入った砂糖がまぶしてある揚げパン、大晦日からこの時期にかけてやたらと食べますよね、この揚げパン。)
大人4人、私はその揚げパンは食べないので、正味3人分。
私は4つでいいだろうと思ったのですが、旦那は足りないだろうからと6個買いました。
そこにチョコドーナツを2つ。いやいや、買いすぎだから・・・。

そしてワッフルの後に、Kreppel食べる?と聞いたら友人が食べたいというので出したら
なんと一人で3つも食べてました・・・・。胸焼けしないのかなあ・・・。
そしてドーナツも私以外の3人で分けて食べて・・・私の旦那も揚げパン2個食べて・・・
あれ?全部無くなった???

もうびっくりですよ、びっくり。

気持ちいいぐらい豪快な妊婦さんでした(笑)
次に会うときはもう産まれてるかなー♪





☆物置から格上げされたIKEA棚

Category : その他
久々の整理ネタ。

いつまでこのアパートに住むのかわからないし(家探し停滞中)
多少の不便はもう仕方ないと思っているのですが、
この調子だとまだまだ住みそうな気もするので、
少しでも快適にすべく、ずっと気になっていることに取り掛かることにしました。

私が一番嫌いな玄関入ってすぐの物置。

IMG_4906_20150124052952311.jpg

以前にも記事にしたことがあります。
☆なんとかならないかなあ、この物置

靴、コート、掃除グッズ、お出かけグッズ(傘とかレジャーシート)とかで溢れかえる空間。
下の写真は以前の写真なのでちょっとすっきり見えますが、今はもうごちゃごちゃ。

IMG_4912_20150124052955af0.jpg

冬場は特にコートがあるし、ブーツなどかさばる靴も多いので場所が足りません。
仕方なく靴も夏場と冬場で年に2回入れ替えていますし、
上の写真を撮った頃からまた靴が増え、ブーツはもう外(廊下)に並べています。
でもやっぱり気に入らない。家入ってすぐにごちゃごちゃしてるのは嫌い。

そして、寝室を模様替えしようと思うのですが、今までより少しスペースが必要になり
あっちのものをこっちに持ってきて・・・という荷物の移動が必要になりました。
どう考えてもちょっと収納スペースが必要。
地下ケラーとかクローゼット裏のデッドスペースとか場所が無いわけではないけれど
もう少し取り出しやすい居住空間での収納が必要。
でも、今の要望にだけ合うものを買うのはもったいないので今あるもので何とかしたい。

散々考えた結果、ドイツに来てすぐに一人暮らし用に買ったIKEAの棚を使うことに。

IMG_9180.jpg

今のアパートに引っ越してきてからは、脚と扉をはずして
大き目のカラーボックスのような感じで、物置で使っていました。

大きさ的にもいい感じ。
今そこに入っているものの置き場所が逆になくなってしまうけれど
どうせ物置で使っているものだし、なんとかなります。

ということで、久々に物置からお部屋に格上げとなった棚。
脚をつけ、扉をつけ、綺麗にお掃除して準備完了。

数年間保管しておいた脚も扉もそしてそれを設置するのに必要なネジや工具、IKEAの説明書も
どこにあるか明確だし、探すのもすぐだし、やろうと思った瞬間に取りかかれるのは
こういうときの「さあ、やるぞ!」って気合がそのまま続くから助かります。

旦那には階段を運ぶときこそ手伝ってもらったものの、あとはほぼ一人でやりました。
だって旦那を巻き込んだほうが「時間がない」とか「なんで今やるの?」とか言われるし
「でも週末やりたくても天気が良ければ、外に出なきゃって言ってまた手伝ってくれないでしょ?」と
完璧に私が言い返してしまい(だって本当だものー)、旦那の機嫌が悪くなるだけなので
一人でやったほうが結局早いんですよね。

そして、1階のお部屋の片隅に棚を設置しました。

IMG_9179.jpg

白い壁に白い棚なので、あまりわからないかなーというのが魂胆。
グリーンで隠してます。見え見えだけど。

これが設置前。

IMG_9178.jpg

玄関の物置エリアから移動できるものを移動し、気に入らない物置をすっきりさせ
2階のクローゼットが定位置だったマフラーとかショールとかを移動させて
寝室内にも空間が出来ました。でもまだ仮置き、ガラガラ。

IMG_9181.jpg

ここに何があれば便利で使いやすいかなどを考えながら、ゆっくり考えようと思います。
とりあえずまだスタートしたばかりですが、今後寝室の模様替えなどを
どんどん取り組んでいく予定ですー!
こういう作業に取り掛かるとかなり楽しくて没頭してしまいます(笑)





☆リラックスがいちばん!

Category : 日々の暮らし
今日は1日お休みを頂きました。
3月までに消費しなければいけない有給があと少し残っているので、
特に予定は無いのですがお休みを取りました。

育休中の友人に連絡したら遊びに来てくれることに。
行ったり来たりする関係ですが、時間によって朝を一緒に食べたりお昼を食べたり
今日は私が「お昼だけ作っておくねー」ということで、ランチを用意。
でも買い物に行く時間もなかったので、冷凍庫にあった鯛を使って鯛めしとお味噌汁。
決しておもてなしするような品数でもないのですが、
そういう気遣いがいらないのが心地よい関係だなーと思います。
私はすっぴん(笑)、でも友人が息子君を連れてくるから家のお掃除はしっかり目に。

手土産も持っていかないし持ってこないし、
でも何か渡したいものがあれば持って行くしホント気楽です。

でもですね、こういう適当な力を入れないときに作ったものが
ものすごくおいしかったりするんですよねー。今日の鯛めし、最高でした!
あまりに普通に作って、調味料も大体で入れてしまい
もう一度再現できないほど適当だったのですが、いやーおいしかった。
友人の息子君もおいしそうに食べてくれました。

なんでもリラックスすることが成功の秘訣なのかなーと(笑)

そして友人が帰った後はTHE MANZAIの動画を。
でもホント知らないコンビばっかりで・・・、昔はお笑いは得意分野だったのになー。
それに昔はもっともっと笑うことが多かったのに、あんまり笑えなかったな。

お休みってなると「何しよう!」って力が入ってしまうのですが、
こういうリラックスな日も悪くないですね。





☆NT検査の結果

Category : ドイツで妊婦生活
先日受けたNT検査、
ドイツ語ではErst trimester-Screening (Nackentransparenzmessung)という名前でした。
保険適用外でEUR154を実費。

病院でのエコーでは、首のむくみは0.6ミリということでこの値は3ミリ以下であれば良いらしく、
十分に小さな数値である為問題なしとのこと。
また、脳、背骨、鼻の骨、口、肝臓、膀胱・・・などなどわからない単語もあったのですが
体の各種をチェックしました。こんなに小さいのにもう人間のミニチュア版みたいになってるんですね。
その後、採血をし、シュトゥットガルトにある専門機関に送るらしく、そこからの結果を合わせての検査結果になるそうです。

その結果が本日電話で入り、先生が色々伝えてくれました。
確立が何千分の一とかそういうの・・・電話で言われても数字がピンと来ず8千・・・とか言っていたような
はっきりとは理解できず、とりあえず「大丈夫よ」という言葉だけはっきりわかったので、一安心。

そして1月12日の月曜日に会社のみんなに報告しました。
毎週月曜日にミーティングがあるのですがその場で報告。
でも報告する私が感極まってしまって(こんな現実があるんだろうか・・・という信じられない思いでした)
涙目でウルウル、声も震えながらの報告となりました。
聞いていた同僚たちも、私が前から子供がほしいと言っていたことを知っている人もいたし目に涙をためながら聞いてくれた同僚もいて、良かったねーとみんながハグしてくれました。
産休のこともまだ全然考えられていないけれど、「絶対戻っておいでね」と言ってくれる同僚や上司に囲まれて本当に幸せだなと思いました。
忘れることの出来ない昨年の同日(昨年は13日が月曜日でした)、
初めての不妊治療が生理が来てNGとわかった日、家で大泣きしている私に同僚から「妊娠した!」というメールをもらった日。
あの日のことは今でも鮮明に覚えています。彼女も同じようにミーティングで報告しました。
まだ結婚もしていなかった同僚、まさか彼女が妊娠とはびっくりでしたが、そんな彼女の子供ももう5ヶ月。
私の予定日とその赤ちゃんの誕生日もほんの数日違い。
偶然、今日赤ちゃんを連れて会社に遊びに来てくれて、彼女自身もそんな偶然にびっくり。
その赤ちゃんを今日も抱っこさせてもらったのですが、つまり・・・来年の今頃はもうこんな赤ちゃんがいるんだ!と思うと、なんだか信じられません。
女三姉妹の彼女は山のようにベビー服もマタニティ服もグッズも何でもあるらしく欲しいものがあったら言いなさい!と。何にも買っちゃ駄目だからねー!って言ってくれました(笑)
また、別の同僚からは妊婦の本も貸してもらいました。
妊娠したと聞いてからというもの会社のみんなもホント優しくて、「今だけだから存分に優しくしてもらいなよ!」といってくれる同僚、「義理両親の前ではすぐにしんどくなる妊婦になっちゃえ!!」と笑う同僚。

そして、ドイツの妊婦さんに対する労働法もまあ知ってはいましたがしっかりしています。
①20時~6時は働いてはいけない
②残業してはいけない
③5キロ以上の物を持つ作業をしてはいけない
などから始まってそれはそれは色々あります。
妊婦保護法だったかな、なんだかそんな名前でした。

なんか今自分の周りで起きる出来事が自分のことでは無いような気がして、
私がこうやって幸せな思いをしている横で、不妊治療を頑張っている人もたくさんいるし
まだ私もそこにいるようなそんな気分で、私もなかなかまだ信じられなくて、
不安がどうしても先に出てしまいます。

あと1週間で5ヶ月になるので安定期です。
とはいえ安定期になっても不安は拭えないんでしょうけれど、
1日ずつ、着実に月日が過ぎていくことを祈るしかありません。

でもそんなことをしていると、妊婦生活をエンジョイしているとも思えなくて、
もっともっと幸せな気持ちでいないと、お腹の赤ちゃんにも申し訳ない気がするのですが
赤ちゃんグッズのお店に行ってもまだ何も現実味が沸かず、
実際に何が必要か、とかそういう思考にならないんですよね。ふーん、へぇーと見るだけ。
いつかそれがもっともっと現実の物となって
新しい家族を迎える喜びに満ちたそんな毎日がやってくるのでしょうか。





☆なんちゃってデキる主婦(笑)

Category : 日々の暮らし
先日作りすぎたチャプチェ、毎日毎日食卓に登場しついに消費しました!
こういう作り置きの一品があると、食事の準備がものすごく楽ですね。
あの日作ったほうれん草のナムルもその後2日間食べたので、
あとちょっと汁物とご飯を用意するだけでちゃんとした夕食が出来て
時間はかからないし、キッチンは汚れないし、後片付けも楽だし(←これは旦那の仕事ですけど)
なんか私、出来る主婦みたいな気がして、ひとりちょっとテンション上がりました。

よく週末に常備菜をたくさん作って週明けからの夕食やお弁当に活用している方がいますが
(しかもおしゃれな方は大体、野田琺瑯を使ってる・・・)
ああいうのがちゃちゃっと作れる素敵主婦になりたいですー。

この本もよくオススメされてますよねー、次日本に帰ったときに買おうかと思うほど。



とはいえ2人だけの生活で、旦那も平日は3日~4日間スポーツだ何だで夜は不在だし
私も出張でいなかったりで、なかなか毎日家で食べるということが難しいのも事実。
栄養とか品目とかそこまで考えて毎日献立をたてることも出来ず、
駄目だなーと思いながら、結局いつもの春雨を食べてますけど(笑)

基本的に外食はしませんが、先日初めて鮨元のランチに行ってきました!
週末のお昼ということもあり大混雑でした。あきらめようかと思ったほど・・・。

ずっとうわさには聞いていたのですが、初めて行くことが出来ました!
いや~おいしかった。ちなみに私はオススメの天丼をオーダー。
こんな贅沢は滅多に無いからねーと言いつつお会計は一人13ユーロ。
そこまでものすごく贅沢したわけでもないですけどね。

よく考えたら旦那と知り合ってからの7年、いやもうすぐ8年!
お誘いやご招待を受けて何度か日本食レストランに行ったことはあるものの、
2人で食べに行くのはフランクフルトでは今回が初めてでした。
12月にミュンヘンで三谷のから揚げを食べに行ったぐらいしか過去に記憶がありません。

日本食=高いというイメージが抜けなくて、いや、現に高いんだけれど・・・
なかなか私たちには敷居の高い世界です(笑)





☆今夜はとことん韓国料理♪

Category : お料理・たべもの
以前から気になっていた韓国食材店に立ち寄ってみました。
フランクフルトやその近郊には、SAMSUNGやKIAがあることからたくさんの韓国人が住んでいて
その数はデュッセルドルフに住む日本人より多いとか聞いたことがあります。

そのため韓国料理のレストランや食材店も充実しており
EschbornのKim's Ladenなどは日本人の間でも有名です。
今日立ち寄ったのは今まで存在は知っていたのですが、
一度も入ったことが無かった同じくEschbornにある食材店。
A66号の高速を降りてから左に行けばMannmobilia、まっすぐ行けばKronberg方面、
右に曲がればEschbornのオフィス街というあの大きな交差点のところにある
お店です、名前は何とかマーケットだったような・・・。

もともと今日買いたかったのはチャプチェに使う春雨でした。
きっとどこの食材店でも売っているだろうなーと思ったのでせっかくだし初めての所へ。

入ってびっくり、100%韓国人しかいませんでした。
レジでの挨拶もみんなアニョハセヨー、カムサハムニダーでした。
お店のポップアップなどもハングルだけだし、通常ちょっとは韓国系食材店でも
日本のものとかを売っているんですけれど、ここは全く日本のものが目に付きません。

お店の奥にキムチとかお惣菜コーナーがあってそこでプルコギが売られていました。
後は焼くだでOKなマリネされたプルコギ。

せっかくだしチャプチェを作るなら今夜は韓国料理だ!と思ってプルコギも購入。
とことんこだわった今日の夕食。

IMG_9174.jpg

キムチにほうれん草のナムル。

IMG_9173.jpg

そしてご飯も赤米などが入った韓国のお米を使いました。

これがプルコギ。思っていたより甘かったです。

IMG_9172.jpg

チャプチェは一番小さい春雨を買ったので全部使ったら
(当たり前だけど)水を吸って膨張してものすごい量が出来てしまい
向こう3日間ぐらい毎日べなければならないほど出来上がりました。
ご近所さんにお分けしたいぐらい出来ちゃいました。

今回はユンソナちゃんのレシピを参考に
唐辛子とかちょっと入れてピリっとさせました。これもちょっと甘かったな。
もうちょっとお砂糖は控えめでいいような気がします。

全てまだ残っているので明日もまた韓国料理かな。
キムチも残ってるし、お豆腐もあるからキムチチゲとかもいいかも♪






☆フランクフルトの新しいお店をチェック!

Category : 日々の暮らし
昨日、ちょっと時間が出来たので気になっていたbodumのお店に行ってきました。
MUJIの通り⇒Kaiserstraße 2-4, Frankfurt

bodum_logo.gif

オープンして早・・・1ヶ月ぐらい??いや、2ヶ月ぐらい?
何度も前を通るもののあまり興味をそそられず素通りしていました。
その原因は通りに面した地上階がカフェになっていて
グッズがあまり売られていないからなんとなく入りにくかったんですよね。

いつ見てもカフェはガラガラですが、雰囲気は悪くなさそう。
ただあまりゆっくり長居できる感じではなく、
ちょっとおしゃれにさっと1杯みたいな雰囲気です。

初訪問では上の階も地下もゆっくり見てきました。
そして驚いたのが、bodumってコーヒーとか紅茶とかそれにまつわる
グッズのイメージだったのですが、意外や意外、キッチングッズとか
ノートなどの文房具まで売られていてbodumってこういうお店なんだーと。

こういうキャニスターもたくさん売られていて



可愛いなーと思いました。
赤や緑の色の強いものも多かったけれどシンプルな白も多くて揃えたら可愛いだろうなー。

時々はチェックしたいお店候補ですね。

そうそう、11月にオープンしたHabitatにも行きました。
さらっと見ただけなのですが、時間のあるときまたにじっくり見たいです。

あとは最近発見したのは、中央駅の前のカイザー通りがずいぶん変わったこと。
お店のラインナップが変わっているのはなんとなく感じていましたが
BIOのパン屋さんが出来たり新しいカフェが出来たり、
中央駅側ではなく、どちらかと言うと旧EZB寄りの方が素敵な通りっぽくなってきました。
それでもやはり駅近くはあまり良い雰囲気ではありませんが
意識して改革してるんだろうなーと思います。

以前あの通りにカレー屋さんと食材店があって、そこを経営していた方と顔見知りで
前を通りかかると「座って行ってよー」と誘ってくれてお茶を出してくれてお話してたのですが
少し前にお店を閉じたんです、びっくりして後日聞いたら家賃が3倍に値上がったそう。
確か1ヶ月で1万ユーロを超えていたような・・・。スペースにもよると思いますけど。
商売も色々大変ですね。






☆ついに目撃したぞーーー!

Category : 日々の暮らし
先日の私とママの合同誕生日会の際、
パパとママが私にお花を買いたかったらしいのですが
車のエンジンがかからなかったみたいで買いにいけなかった、とのことでした。
別に私にとっては全く大したことではありません。

ですが、昨日、わざわざママが持ってきました。
時々ママが私の家の近くに来る用があるのでその時に何か持ってくるものがあったら
家に勝手に入って、食卓に置いて行くことがあります。
後から「あー、ママが来たんだなあ」と思う程度で、勝手に来ることは別に構わないし
あまり回数も多くないのですが、今回もママは誰もいないと思って来たみたい。

でも昨日、私はお昼から仕事の日でママが来た時にはまだ家にいました。
ママは私がいてびっくりしたみたいですが、お花を渡したかったのよーと
嬉しそうに私にお花をくれました。こういう心遣いはありがたいんですけど、
私は「今日はゆっくり寝れるぞー!」って気合入ってた日だっただけにちょっと残念・・・。
相手をしないわけにいかないし、さらにママは次の予定まで時間があるらしく
うちで30分ほど話してから出かけていきました。

そんなお花にもちゃんとメッセージカードが添えてあって、
お花が遅くなってしまってごめんなさいね、とのメッセージが。

もしや電話の時間が決められているように、
お花を贈るという行為も誕生日はマストなんだろうか・・・。
今まであんまり気にしなかったしママの誕生日は確かに毎回お花とか
植木とかあげていたから欠かしたことは無かったけど
「あげなければならない」と思っていたわけではなくて・・・。

で、また冬だけ花が咲く例の鉢植え(名前もわからないし写真も無くてすみません)
また増えた・・・この時期かわいらしく咲いているお花ってこれぐらいしかないみたいで
毎年私と旦那の誕生日に一株ずつ増えていきます・・・。

さて、本題。

日常の当たり前すぎる光景で違和感すら感じなくなってしまった

「エスカレーターの故障」

まぁ、あんまり日本では見ませんが、こちらではほぼ毎日目にする気がします。
荷物の多い方がたくさんの空港ですらしょっちゅう発生。
地域によって違いがあるのかはわかりませんが、私の生活圏では普通の光景です。
止まって動かないエスカレーターを上ったり下りたりすることもよくあります。

今まで止まる瞬間を見たのは数回。
どれも別に危険だったからではなくなぜか止まったという光景でした。

そして今日、今まで一度も目にしたことのなかった「動き出す瞬間」を見たんです!
ざらに数日間動かないこともあるので、修理が大変なのかなと思ってましたが、
今日、目にしたのは、おじさんがやって来て
エスカレーターの非常ボタンのとらへんをちょこっといじっただけですぐに動き出しました。
ちなみに、止まっているエスカレーターを歩いている人もいたけど関係なし。
突然動き出しました、ゆっくりスタートだから危なくはないけど、
人がいてもいなくても気にしない感じ。

修理では無く、スイッチを入れたとしか思えない動作でした。
まぁ、だからこそよく止まるんでしょうね。





☆何のためのWeckなんだか・・・

Category : 日々の暮らし
パソコンの調子が今ひとつ・・・。
打っている文字と違う文字が出てきます・・・。イライラするー。
フランクフルトのMyZeilのオープン記念で買ったacerの小型PC。
MyZeilがオープンしたのは2009年2月。このパソコンはもう6年になるんだー。

そんなPCを開く気にもならず(まあ、旦那のを使えばいいのですが未だ慣れないWindows8)
スマホでまで何かを書く気にもなれず・・・
そしてクリスマスから年明けまで滞在していた母が帰って
なんか気分的にポカッと穴が開いたような感じで、
あまり気分が乗らず、風邪もすっきり治らないし・・・。
ということでちょっとPCから離れてます。

そんな母が滞在中に作ってくれたお味噌。

IMG_9159.jpg

田楽味噌みたいな感じでみりんとかで味付けして
白ご飯と食べると止まらない感じ、もったいないからちょこちょこ食べてます。

今、気づいたんですけど、これもっともっと作ってもらうべきだったーーーー!
たくさん作ってWeckで密閉しておけばよかったんだ・・・。と今頃気づく。
何のためにWeckを持ってるんだか・・・。
って、自分で作れって感じですけどね(笑)





☆ママとの合同誕生日会

Category : 日々の暮らし
週末、義理両親と誕生日会でした。ママと私の合同誕生日会。
夕食の約束をしていたんです、18時から。
なーのーにー、朝から電話がかかってきて「おめでとう」のお祝いの電話でした。
あれ?夜、会うよね?と思いましたがとりあえず対応し、終わってから旦那に聞いたら
「いくら夜に会うとはいえ、誕生日やクリスマスとかそういうお祝いの電話は
朝の9時~11時、遅くても13時までに電話するのが礼儀だ」とのこと。
色々あるのね・・・。私、ママの誕生日に電話したの16時でしたよ。
しかも夕方電話しなければいけない用事があったので、
それと併せて電話したんですけど、最低な礼儀ってこと!?

実家に行くとキャンドルが用意されてました。

IMG_9165.jpg

家に着くなり「まだリビングには来るな!」と止められ、何かと思えばこの演出でした。
ありがたいですけどね、もうそんな誕生日を喜ぶような年齢でもないんですけど。

あと、会社用のケーキも焼きましたよ・・・。
写真撮り忘れましたけど、無難にりんごケーキ。
久々に30センチぐらいある型で焼きました。
お気に入りのレシピは18センチ用で「大きな型の場合は2.5倍の分量で」と書かれていたので
その通り従いましたが、バターはお店で売られているサイズ(250g)をまるっとそのまま1個使ったし、
卵は6個、砂糖は250グラム!!ものすごいカロリーですね。
出来上がったケーキはどっしり重たかったです。
とりあえず1年に1回の義務(笑)終了です。





☆妙に気になる「ニシガキさん」

Category : 日々の暮らし
今や日本のテレビが海外でもリアルタイムで観れる時代。
とは言え、うちでは見れませんが、やはり気になる日本のニュース。
日本に住んでいた頃は主にテレビから情報を得ていたし、
住んでいれば自動的に目にする、耳にするので今何が起きているかは把握できます。

ただ、海外となると情報入手手段が限られるのは事実。
私は主にネットからですが、ネットだとどうしても自分が気になるタイトルをクリックして読んでしまうので、情報に偏りが出てしまいます。

自分の興味のあること無いこと含め、今何が報道されているのか知るために
私はNHKのラジオニュースを聞いています。
Podcastで聞けばオフラインでも聴けるし、ラジオはやはり何かしながら聴けるのが最大の利点。

NHKのラジオニュースは朝、昼、午後、夜2回と1日5回、それぞれ10分程度放送されます。
加えて平日は最後の夜10時の放送が「NHKジャーナル」として1時間程度の放送になります。

大抵夕食準備中に1日の放送をまとめて聞くことが多いのですが
この22時の「NHKジャーナル」、これが私の日々の小さな楽しみの一つとなっています。

何が楽しみかって放送の最後に出る「ニュースデスクのニシガキさん」の駄洒落。
毎回出るわけではないのですが、頻繁に披露され、その駄洒落を駄洒落で返す「ナガイさん」もツボ。
お腹を抱えて笑うほどではない駄洒落なんですけど、上手い。
あれって「ニュースデスクのニシガキさん」のアドリブなのか、
はたまた台本に書かれて用意されたものなのか、気になります。

政治、経済などのニュースに加え、スポーツニュースや為替情報に天気予報。
一通り知れるので、このラジオニュースはこれからも欠かせない情報源です。

さっき溜まっていたここ数日のニュースを家事の傍ら聞いていたら
スポーツニュースでタイガースの鳥谷くんがFAで大リーグを目指していたが、
最終的にはタイガース残留を決めたというニュース。

鳥谷くん、もう33歳なの!?
えっ?チームキャプテンなんだ!そんなベテランに!?
連続試合出場記録が歴代3位になってるとか。

鳥谷くんがタイガースに入団したのがつい最近のように感じるんですけど。
月日は流れてますね、当たり前ですけど。
鳥谷くんがタイガースに入団した年に高知のタイガースキャンプを見に行ったんですよね~。
私の中のプロ野球知識はあの頃で止まってる。
ニュースでも色んな選手の活躍が報道されますが、名前を聞いてもピンと来ず、
一方で監督とかコーチとか、大リーグで活躍する選手に知った名前や顔が増えてます。

後は
爆笑してしまう「安住さんの日曜天国」
日本の流行がわかる「週刊日経Trendy」
色々と勉強になる「ザ・ボイスそこまで言うか」
を日頃、聴いています。
何かオススメのPodcastがあれば教えてくださ~い。

そして、皆さん機会がありましたら是非、「ニシガキさん」の駄洒落を聞いてみてくださいね~。










☆この冬は妙に乾燥肌な気がします

Category : 日々の暮らし
バスルームにある無印のPPケースの中身を久々にじっくりチェック。

旦那よ・・・一体何種類のジェルがいるんだい?全て天パのカール調整用。
長さ、天候によって使い分けるんだと・・・。

IMG_9156.jpg

薄い引き出しに入れているので、このジェルたちがあっちこっちばらばらになって
まれに引き出しがつっかえて開きません・・・。

一方私のほうも人のことは言えません。

dmのレジでもらったり、主にほぼ粗品なこのクリームたち。
1番右のWELEDAのオイルは自分で買ったもののあまり使わず・・・。

IMG_9158.jpg

全て旅行用のミニサイズ、よく見るとフットクリームとか脚用もあるんですけど
基本すべて「保湿」です、今年は私、妙に乾燥を感じています。
今までそこまで乾燥肌ではなかったし、あまりクリームで保湿ということはしなくて
稀に気になったときにする程度だったんですけれど
なんかここ最近、毎日風呂上りにつけたくなります。

昔ジムに通っていたときに、シャワー後の人がこれでもかーって程
体にクリームを塗りたくるのを何度も見ました(しかもみんなビッグサイズで持参)
今、私あんな気分です(笑)
なのでこのミニクリームたちを片っ端から使ってやる!!

クリームでも歯磨き粉でもボールペンでも使い切ったときの達成感ってありますよね?
石鹸同様そうそうなかなか減らないと思いますが、
全て使い切ったら、何かお気に入りのものでも買おうかな♪

そうそう、ワセリンを使い始めたと以前書きました。

☆ワセリンを取り入れてみました

IMG_8731_20150108185512c10.jpg

あの時も書いたのですが、毎年悩まされていた両手の人差し指の荒れがすっかり良くなりました。
いつもちょうど指を曲げると伸びるあの皮膚の部分がパリっとひび割れていて痛かったのですが
ワセリンを使い始めて以来、完全になくなりました、これにはびっくり。
使い始めた頃はひび割れこそなくなっても、まだ皮膚が荒れている感じが見えたのですが
もういまや他の指たちと同じ外観で、荒れていた過去なんてわからないほどです。

ただ一方でひび割れがなくなって以来、手全体にハンドクリームのように使っているのですが
1日に何度か手がかさかさしてきて、「あーーークリームがいるーーー!」という状態になります。
今年はハンドクリームを使うぞ!と決めて、意識して使っているからか
逆にクリームを塗らないと駄目な手になってしまいました。
これも今年だけ妙に乾燥しているのか、それとも手がクリームに慣れてしまったのか
今まではあまり必要ではなかったのに、必要不可欠になってしまいました。

それにしてもワセリンは旦那も使うし、もともとは唇の荒れ用に使い始めたので
今もリップとして使っているし、この間書いたように寒くても固くならないし、無香料だし
もう生活の中で手放せないものとなりました。

フィンランドのマイナス25度でも固まりませんでしたよ(笑)




☆dmとROSSMANNで貰えるプレゼント

Category : ドイツで妊婦生活
ドイツで妊婦生活を送られた方が時々書いている
dmとROSSMANNでもらえるグッズを私ももらってきました!

どちらもネットで登録するとオンラインで引き取りクーポンがもらえます。
旦那は「無料に踊らされ個人情報を売っただけ」と言ってましたけど・・・。

まずはdm。

IMG_9153.jpg

分厚いフェルトのMutterpass(母子手帳)ケース。

とは言いつつ、全然サイズが合ってない。(右の花柄が母子手帳)

IMG_9154.jpg

こういうのピターっと合って欲しいんですけど・・・。
しかも結構分厚くてかさばるので使わない予感・・・。

左側に入っているのは今後使える割引クーポンと、
妊娠中の色んな情報が載っている冊子。

そしてこちらがROSSMANN。

IMG_9143.jpg

こちらは色んなサンプルが入っています。
とはいえベビーとか妊婦向けのものだけでなく、普通に歯磨き粉とか
ウェットティッシュとかクレンジングとか、すぐ役立つものがあって助かる!

こちらも今後使える割引クーポンや妊婦向けの情報が載っている冊子が入っていました。
緑のポーチもやすっぽと言えばやすっぽいけど、中に小分けのポケットもついていて
これからも使えそうだし、悪くないと思います。

ただでもらっておきながら文句は言えないけど、私としてはROSSMANNが勝ちかな。

今日はこれから検診。クリスマスイブ以来です。赤ちゃん元気かな・・・。
NT検査もする予定、何事も無く終わりますように。

昨日会社に正式に報告しました。
上司が「今後はどんなに遅くても20時までしか働いてはいけない」と。
妊婦は妊婦なりに色々労働ルールがあるようです。
早速明日、20時超えそうですけど・・・。






☆私にとっては面倒な伝統です

Category : 日々の暮らし
もうすぐ誕生日なんです。
こちらドイツでは多くのケースで誕生日の本人が周りの人に振舞うことが多く、
たとえば会社では、誕生日のスタッフがケーキを焼いたり買ったりして持ってきます。
うーん、微妙に面倒なんですよね。お菓子作りは嫌いではないんです。
何が面倒って何より会社に持って行くことが面倒。
プラスチックのでかいケーキの入れ物を引っさげて電車に持ち込んで会社で振舞って、
帰りに空のケースを持って帰って・・・ってのが。
買ってもいいけど、自分で焼けば安いしね・・・。

別に同僚同士お互いの誕生日を覚えているわけでもないので
自ら何もしなければ誰も気づかないともいえるんですけれど、
昨年から会社の片隅に誰が作ったのかバースデーカレンダーが出来て、
みんなの誕生日が張り出されています。バレバレです・・・・。

ということで週末はケーキを焼かなければいけません。
何にしよう・・・。簡単にりんごケーキでいいかなあ・・・・。

予習をかねて一度もトライしたことの無いレシピに挑戦してみました。

IMG_9155.jpg

うーん、おいしいけどみんなには微妙かなあ・・・・。
っていうか甘~い!! 砂糖の分量多すぎ!!
砂糖とかバターの分量って自分でお菓子を作るようになるとホントびっくりしますよね。
その分量をちょっと自分で減らしたり調整出来るようになったら
「お菓子作り慣れてる感」が出るものの、味が落ちるのではないかと思って
なかなか分量を破ることが出来ません(笑)

ちなみに、明日はママの誕生日。
私と数日違いなので私の誕生日とまとめて週末にお祝いすることにしました。
先週一緒にご飯食べたばかりなのに・・・またか・・・・。

しかも滞在していた母の影響か、和食が恋しくて仕方ありません。
とりあえず今は他の食事は見たくない感じです。
おにぎりでいい、おにぎりだけでもいいから今は和食を食べていたい。

なーのーにー、サーモンのグラタンですって。ライスを添えて!って言ってた。
だったらドリアにしたらどうだい?って思うけど、ドリアってドイツには無いんだろうか・・・。
私はそれ以外の副菜担当。無難にサラダにする予定。
「から揚げ!」なんて旦那がリクエストしてきましたが、無理無理。
グラタンにから揚げなんて濃すぎるぞ!

でも週末にママに会うとはいえ、明日の誕生日当日には忘れずに電話しなきゃ!
しかも夜に電話すると遅いらしく、朝か昼間に電話したほうがいいような雰囲気。
めんどくさいのぉーーーー色々と。
いや、駄目だ駄目だ!素敵なドイツの風習なんだからちゃんと従わないと。

旦那がママへのプレゼントは何にする?と聞いてきた。
一つはパパと私たちと共同で一緒に贈るものがあります(パパ一人では予算オーバーらしい)
じゃあそれでもういいのに、って思うのですがどうやら違うらしい。
3人で贈るには安いらしい、安いって言ってもたまたまセールで安くなってただけなんですけど。

「私、自分の誕生日にプレゼントはいらないので、ママにもプレゼントなしってのはどう?」
って聞いてみたけどもちろん許されるはずも無く・・・。
ほんと私、今物欲が無くて欲しいものって言われても困るんですよね。

誕生日会の無い誕生日を過ごしたい!

それが何よりもの私にとってのプレゼントです。

全く話は変わりますが、知人がFacebookでシェアしてたこの記事、
いや~笑える、面白いですー!

日本に帰国したときに感じる「帰国あるある」まとめ


明日、電話を忘れないようにアラーム設定しておこう。





☆私たちの家族にどうしてもなりたかった

Category : ドイツで妊婦生活
長く滞在してくれた母が日本に帰りました。
今回は母に妊娠のことを報告できたのが何よりも嬉しかったです。
私が母のお腹にいた頃の話もいろいろ聞けたし。

母も旦那のママも言っていましたが昔はエコーなんて無くて
赤ちゃんの姿は生まれるまで目にすることは無かったし
性別なんてもってのほか、全て生まれてからのお楽しみなのよ、って。

2月の最初に日本に帰って戌の日のお参りに行く予定です。
母がいた日々は楽しかったけどいろいろ疲れました。
妊娠初期(3ヶ月~4ヶ月)はもっと安静にすべき時期だったのかもしれません
でもきっとお腹の赤ちゃんも母や旦那、パパやママに囲まれて幸せだったと思います。

散々駄目だった不妊治療、最後の最後に一つの卵が着床しました。
「どうしてもあんたたちの家族になりたいって思ってしがみついた子やね」という母。
ホントそうだなー、今まで全く着床もしなかったのに、
一番結果の悪かった最後の移植でここまでくることが出来て、
ホント母の言うとおりだなって思いました。

それにしても自分が気づかないところで疲れていたのか
母を空港で見送ってから、突然ものすごくしんどくなりました。
もう何をする気力も無いほど。12時間以上寝て、それでもまだ起きれない。

無事、母の滞在を終えることが出来てよかった。
お腹の赤ちゃん、ありがとね。
疲れたよね、今日はゆっくりしようね。





☆母のドイツ滞在、終了

Category : 日々の暮らし
昨夜、3週間弱滞在した母が日本へ戻りました。
人生でここまで長く日本を離れたことが無かった母、
最後のほうはちょっと帰りたいとか言ってました、
右も左も言葉がわからない、看板だってわからない、
お手洗いのDとHすらどちらか迷う、そりゃ疲れるでしょうね。

このお手洗いの話を旦那と旦那の両親にしたら3人から
「今は全て男女のシグナルになっているはずだからDやHだけなんてサインの場所は無い!」
と3人とも言い切りましたが普通にありますよ、当たり前すぎて意識してないだけでしょう。

母にとっては私しか頼りが無くて、私も正直疲れたときもありました。
最後、私も風邪をひいてしまい、体もダルくてそんな中、通訳も疲れ果てた。

ドイツ大好きな旦那と、やはり生まれ育った日本が一番の母、

「やっぱりあっさりした日本食が一番やわ」
「あんたもこっちの料理ばかり食べてると体壊すで!」
(ママの料理を見て)「手料理手料理っていうけど切って湯がいただけやん」
「ドイツの料理は塩辛いわ」

なんて言う母のひと言、私も場合に応じて全て訳すことはしなかったけれど
どんなひとことも聞き逃したくない旦那、聞き流すことをしない。
「いまオカーサン何って言ったの?」って、何度も聞いてくる。

でも正直に言えば「いや、ドイツは・・・」とか反論が待ってる。
絶対に肯定しない、挙句の果てには戦争だの歴史だのってそこまでの話になる。
そんなことを言ってるのではなくて母の正直なコメントなのよ。

でもだからといってドイツの食事や環境を受け入れなかったわけではなく
興味を持って何でも食べたし飲んでたし、
「私の年代のほかのおばちゃんやったら、こんな何でも食べへんでー」という母。
確かに私もそう思う、ソーセージをおいしいおいしいって何度も食べてた母。
珍しいからかもしれないけど、私は無理・・・。1ヶ月1本ぐらいで十分(笑)

年内は色々旅行しましたが、大晦日から昨日まではゆっくりしました。
毎晩母が作ってくれるご飯、一緒にキッチンに立つことも日本だと狭いから無理だし(笑)

IMG_9138.jpg

旦那には悪いけど完全和食。

IMG_9139.jpg

お料理をするのは苦ではありませんが、母と一緒だと
「そのお出汁もう出てる?」「それ煮えてたら火を切って!」とか
旦那やママには通じないこのニュアンスが通じるすばらしさ。

トルコ街にも行きました、トルコのスイーツ。母には不評(笑)

IMG_9132.jpg

そして母滞在の最後の夜は、パパとママを招いての夕食。

IMG_9141.jpg

おいしいから揚げもてんぷらも、乾杯から続く序章(旅行の報告会)で冷めるしおいしさ半減、
「いつ食べ始めるの?」って母がこっそり私に聞くけれど旦那に「マダ」と止められ・・・

IMG_9142.jpg

結局パパとママのことを考えて「食べられそうなものセレクション」になるメニュー。
おにぎりもお寿司も、ナイフとフォークで綺麗に割り、
お醤油にマヨネーズにぐちゃぐちゃになるパパとママ。
「結局最後は全部、味一緒やん・・・」って言う母。
そういう姿も母に見てもらえてよかった。

そしてものすごーく意味の無いどうでもいい話で何時間も盛り上がる旦那と家族。
「ある意味こんなに話すのはうらやましいけど、疲れるね」と母は言っていました。

最終日、空港に行く前に見た景色。
クリスマスマーケット以外は冬に来る意味が無かった・・・と言ってましたが
こんな景色が見れるのは冬ぐらいではないかな。
夏だと夕暮れが遅すぎてオフィスの電気が消えちゃうし。

IMG_9144.jpg

それにしてもEZBのビルだけ真っ暗。もう新しいビルに引っ越されたんでしょうね・・・。

母が帰った翌日まで私は休暇。
疲れたというより、多分どこに行くにも母のことを気にかけていたからか
気持ちが張っていたのか、疲れ果てて起き上がることが出来ません(笑)

これに懲りずにまた来て欲しいな。

今日1日ゆっくりして明日から仕事頑張ります。







☆可愛すぎた!フィンランドのB&B

Category : ヘルシンキ・ロバニエミ
フィンランドのロバニエミで泊まったB&B。
ここが本当に素敵だったんです!!

ホテルが見つからなくて、というか高すぎて
街から離れているけれど予算的には範囲内だったこのB&Bにしました。

P1350370_20150102064514453.jpg

B&B Myllymatka 10
Myllymatka 10, Rovaniemi 96190, Finland

最初、大人3人利用で問い合わせるとロッジだと2部屋あるので
大人3人が十分に泊まれるとのことでしたが、そこは予算オーバーでそれを伝えると、
エクストラベッドを入れたツインルームでよければとのことでした。

街から約3キロ。歩けなくは無いですが雪の中歩くのは結構大変。
夜行列車の到着が朝でしたが、そのまま来ても大丈夫とのことで
ロバニエミに着いてすぐに向かいました。

P1350350.jpg

P1350368.jpg

静かな森の中にある建物。周りは自然で一杯です。

P1350366.jpg

P1350270.jpg

Pirkkoおばさんと娘さん2人が暖かく迎えてくれました。

IMG_9116.jpg

木の雰囲気がとても暖かいおうち。

IMG_9118.jpg

Pirrkoおばさんは7人の子供がいるそうで、昔子供達が使っていたお部屋を
今はゲストルームとして使っています。なので私たちのお部屋もこの家の中の一部屋。

お部屋から見える景色は大自然。オーロラも見えるそうです。
残念ながら私たちの滞在中には見えなかったけど。

IMG_9113.jpg

ツインのお部屋にエクストラベッドでしたが、
このソファーがそのエクストラベッドで、独立したお部屋になっていました。
3人でも十分な広さ。

IMG_9053.jpg

コーヒーでもいかが?と誘ってくださった食卓は!かわいーーー!
ちょっとちょっとiittalaじゃないですか!ムーミンマグだ!!!

IMG_9054.jpg

IMG_9055.jpg

フィンランドの家庭ってやっぱり本当に普通にアラビアとか使うんだー、
っていうかもうかなり可愛くてツボでした。

IMG_9057.jpg

何気なく飾られた壁のディスプレイにも!

IMG_9082.jpg

似合うわー、このおうちの雰囲気にムーミンマグ。

暖炉も素敵、

IMG_9058.jpg

ええ、何気にマリボウル。

IMG_9060.jpg

幸せなお茶タイムに、滞在中の色んな旅のヒントを教えていただき、
まずはB&Bからロバニエミ市街まで歩いてみることにしました。

雪の道をひたすら歩くこと小一時間(多分さっさと歩けば30分ほどのはず)

P1350293.jpg

とても澄んだ空の日でした。

P1350282.jpg

1日目の夕食はB&Bでお願いしていました。(リクエストベースです)
夕食までお部屋でゆっくりしていたら、突然聞こえてきたピアノの演奏。

IMG_9069.jpg

娘さん2人が演奏して歌っています。
フィンランドのクリスマスソングだそうです。
私たちに聞かせるというわけではなく趣味で演奏している感じ。
普通にこういう生活なんだろうなー。

ソファーにはムーミン。娘さんのおばあちゃんが昔手作りで作ってくれたそうです。

IMG_9068.jpg

そして夕食はサーモンのスープ。これがおいしかった!

IMG_9074.jpg

IMG_9073.jpg

夜は暖炉も火が灯ってあったかい。

IMG_9072.jpg

デザートはベリーのケーキ・アイス添え。

IMG_9076.jpg

マグカップに入っているのはフィンランドのグリューワインGlöggi(アルコール無しバージョン)。
好みでアーモンドやレーズンを入れるそう。

IMG_9077.jpg

やっぱり可愛いムーミン。

IMG_9075_201501020637525d6.jpg

フィンランドの色んな話をしてくれました。
7人の子供達が家を出てお部屋が余って寂しかったこと。
そのお部屋を使うためにB&Bをはじめて10年になること。
5年前にPirkkoおばさんは旦那さんを亡くし
とても寂しいけれど、こうして色んなゲストが来てくれて充実していること。
そしていつの日か新しい彼氏を見つけるんだ!と言うおばさん。
もう12人のお孫さんがいるそうです。おばさんというよりおばあちゃん!?

もちろんご飯もみんなで一緒に食べます。なんか家族みたいでした。
朝ごはんもみんな一緒に。

IMG_9078.jpg

ムーミンマグはまだまだあります。

P1350341.jpg

もちろん全種類は持ってないわよーとのことでしたが、やっぱり揃ってると可愛い♪

2日目の夜はサウナにも入りました。フィンランドの家って本当にサウナがあるんですね。
日本のサウナとは違って温度設定が低め、それでも体はぽかぽかして
その夜はぐっすり眠れました。

近所を散歩するだけでも楽しかったです。

IMG_9110.jpg

フィンランドの暮らしを体験することが出来て、
本当にこのB&Bに泊まれてよかったなーと心から思います。
あまりネットで情報もないし口コミとかも少ないけれど、お勧めです!

いつかまた泊まりに行きたいなー。





☆フィンランドの旅日記

Category : ヘルシンキ・ロバニエミ
クリスマス明けに母と旦那と3人でフィンランド旅行に行きました。

P1350289.jpg

オーロラが見たいという母の希望で、フィンランドの中でも北部のロバニエミへ。

P1350288.jpg

クリスマス明けのロバニエミ、かなりトップシーズンで飛行機もホテルも高い!
とはいえ、せっかく母も来るので少し奮発!と言いたいところですが、
節約した旅を計画。でも結果としてそれが良い思い出になりました。

まずはヘルシンキへ飛び、ヘルシンキからロバニエミは飛行機が高すぎたので夜行列車で移動。
時間はかかりましたが(12時間プラス1時間の遅延)
寝台車でゆっくり寝れました、予想以上に快適でした。(片道1人109ユーロ)

IMG_9041.jpg

部屋は2人部屋、二等車なのでトイレは共用。部屋には小さな洗面台がありました。
ちゃんと予約からコントロールされていて他人と同室になる場合は同性と一緒になるようです。

「サンタクロースエクスプレス」なんて名前が付いた列車のようですが、
全くサンタな感じは無く、普通の列車でした。

IMG_9040.jpg

ベッドもちゃんとしているし、タオルとお水も付いていて清潔。

IMG_9034_201501020202129d4.jpg

IMG_9033.jpg

旅行前、旦那が「寝袋持って行かないと」なんて言ってましたが持っていかなくてよかった。
ワンちゃんと乗れる部屋までありました。

ヘルシンキも寒かったけど、着いたロバニエミはマイナス24度!

IMG_9049.jpg

IMG_9047.jpg

事前にチェックしていたので覚悟の上でしたがやっぱり寒い。

IMG_9066.jpg

外を歩くと吐く息で顔の周りの髪の毛が真っ白に凍ってお婆さんみたいになるし、
まつ毛も鼻毛もパリッと凍ります。
寒くて顔の周りに巻いたマフラーも息で凍ってパリパリに。

人生初体験の寒さでした、ちなみにiPhoneの天気予報では体感温度はマイナス31度だそう。
日の出が11時、日の入りが13時過ぎ・・・。短かっ。

P1350278.jpg

ロバニエミではホテルが少ないのか予約が遅かったからか
なかなかホテルが見つからず、空室があってもかなり高い。

後で聞いたのですが、トップシーズンは3年前からホテルが埋まるらしい。
でも今年はロシア情勢の影響で、この時期に山ほどやって来るロシア人が少なく、
ホテル自体は例年より取りやすいらしいです。

P1350369.jpg

結局選んだのは町から3キロ程外れたB&B、エキストラベッドを入れての3人同室。
ちなみに2泊朝食付きで240ユーロ(1室)。でもこのB&Bが大正解でした!
また詳細は別記事で書きますが、B&Bというよりは
フィンランド人ファミリーの家にホームステイと言った方が良いぐらいです。
当初はホテルが高いからと言う理由でしたが、本当にここを選んで良かった!
しかも!ARABIA好きにはたまらない感じ!また詳しくは後ほど。

そこで2泊し、ロバニエミの街に出たりサンタクロース村に行ったり、
そして何よりもの旅の目的「オーロラ」を見に行きました!
トナカイのソリに乗ってオーロラを見るツアーに参加。

P1350331.jpg

が、残念ながら見れず。せっかくだったんですけどね、こればかりは仕方ない。

私たちの乗ったトナカイ。雪で綺麗に撮れず・・・。

P1350325.jpg

ロバニエミの数少ない観光名所、サンタクロース村。

P1350312.jpg

P1350310.jpg

ここでサンタにも会ったし(特に母がはしゃいでいました、まんまと記念写真購入、THE観光客。)

でもやっぱり、ロバニエミの最大の思い出はB&Bのファミリーかな。

ロバニエミ最終日は気温が10度以上も上がってマイナス10度。
「全然寒くない」と思えるから不思議。
私達はオーロラこそ見れませんでしたが、寒さで大自然が氷と雪で真っ白になった
凍りついたような壮大な景色を見ることができました。

P1350365.jpg

P1350363.jpg

P1350354.jpg

私達がロバニエミを去った翌日から気温が上がり、雪も溶けてしまいそうな予報でした。

そして最後はヘルシンキで一泊。これは完全に私の希望。
ヘルシンキ、気がつけばもう4度目。町の中もだいたいわかるし、効率的にショッピング。
もちろんARABIAのアウトレットにも行きました!

IMG_9122.jpg

が、特に何も買わず(←自分でも驚き!)、
結局、他のお店で買ったこの2つが今回の旅のお買い物。

IMG_9126.jpg

母はB&B滞在中に読んだこの本に感化され、ムーミンマグを買っていました。
B&Bの家族の娘さんがこの本に登場しているそうです。



旦那と母との5日間の旅行、旅の前は一体どうなるかと思いました。
もともと計画段階では母と二人で行きたかったし、旦那が一緒に行くと言い出した時は、
えー?一緒に行くの?って思ったけど、結果として一緒に旅行して良かったです。

私一人では旅慣れない母の面倒を見きれなかったし、
それがストレスで喧嘩しそうだし、ある意味、旦那が居てくれて良かったです。
荷物もたくさん持ってくれるし(笑)
英語が殆ど出来ない母と日本語はちょっとの単語しかわからない旦那、
それでも仲良くやっていたし、「オカーサン、イッショ、トテモ、ツカレマス」なんて言いつつ
ちゃんと母の面倒を見てくれたし、旦那にも感謝。

何度も雪で転んだ母、旦那が手をつないで歩いてくれました。

IMG_9125.jpg

ほんと一緒に来てくれて助かった!

IMG_9032.jpg

ヘルシンキでは今まで一度も行ってなかったオールドマーケットのスープ屋さんに
ついに行くことが出来ました、行列でしたけど。
そしてフィンランド、やたらと日本人がいます。一番多い外国人ではないかと思うほど。

そういえば、今回初めてフィンエアーに乗りました。いちいち可愛い。

IMG_9119.jpg

楽しかった!でも疲れた・・・。
よく考えたらドレスデンへの旅から義理両親宅でのクリスマス、
そこから続けてこの旅行でしたから、休む間もなく次から次へと予定があったので
最後はクタクタでした・・・。






☆気になっていたドイツ製品

Category : ドイツ製品ご紹介
あけましておめでとうございます。
大晦日は午前中に食材の買出し、そして午後はクリスマスグッズを片付けました。
家の掃除までは出来なかったけれど、クリスマスの雰囲気がなくなっただけでホッとします。

夜は母と作った料理を頂きました。やっぱり和食最高!

IMG_9133.jpg

ちらし寿司、てんぷら、日本風ポテトサラダ(旦那用)などなど。

IMG_9134.jpg

即席でお漬物も。白菜にコールラビ。

IMG_9135.jpg

昨日は、朝起きればキッチンからおいしそうなお出汁の香りがして、
早く起きた母が雑炊を作ってくれていました、幸せな日々です。

年越の瞬間は一人テンションの高い旦那が疲れて寝てる母を起こしてまで大騒ぎ。



さて、少し話はクリスマスに戻りますが、今年買い足したものを。
窓辺の飾り、ご近所さんで同じものを飾っている家があって素敵だなーと思って、
(多分)全く同じものをザイフェンで発見!

IMG_9011.jpg

そして、色んなおしゃれなブログで紹介されているこれ。



ベツレヘムの星という、クリスマスのオーナメント。
これ、ドイツ製だそうで、でも見たこと無かった・・・。
ホント日本では何が流行るかわかりませんね(笑)

でもドレスデンに行く時に、もしかして!って思ったんです。
ドレスデンのクリスマスマルクトに飾られているあれって、そのベツレヘムの星では!?

IMG_9004.jpg

フランエン教会のてっぺんにあるのも多分・・・。

P1350246.jpg

ちがうかなあ・・・・?

そしてザイフェンのとあるお店で発見!!
これだー、みんなが言ってるのは。

IMG_9010.jpg

日本で売られているのの3分の1ぐらいのお値段でした。
いつか大きなツリーを飾る日が来たら、、このベツレヘムの星を飾りたいな。

そしてそんなドレスデンで、こんなプレゼントをもらったんです。

IMG_9128.jpg

トナカイと木は前から持っていたもので、もらったのはその手前にある小さな物体。

IMG_9129.jpg

わかりましたでしょうか。「きのこ」です。
ものすごい小さいんです、ドレスデンのマルクトで木工製品を実演しているおじさんが
見学していた母にくれたもの。

IMG_9131.jpg

これからうちのクリスマスに登場することになりそうです。
失くさないように気をつけなければ。

クリスマスネタをひっぱってしまってすみません。
2015年もよろしくお願いします!








☆クリスマスに双方の親にサプライズ報告

Category : ドイツで妊婦生活
妊娠のこと、ようやく母と旦那の両親に伝えることが出来ました。
妊娠がわかってからもすぐには知らせず、クリスマスにサプライズをしようと計画。
もし初期の段階で何かあったときにはずっと孫を心待ちにしていた親達には
辛い知らせを聞かせたく無かったので、クリスマスぐらい(3ヶ月の終わり)がちょうど良かったのもあり。

24日のクリスマスイブのプレゼント交換でドイツ語と日本語の絵本をそれぞれ用意しました。
日本の絵本は弟が日本から送ってくれました。(弟には妊娠のことはすぐに報告してました)

P1350159.jpg

弟がこの本を送ってくれたときに「たまひよでも1冊一緒に送ってよ!」って伝えたら
こんなにたくさん送ってくれました。ええ奴やのぉ・・・。

IMG_8842_2015010106573160b.jpg

この絵本をそれぞれの親にプレゼント。
「孫に読んであげてね」という意味を込めて、でも渡しただけではわからないかなと思って
最後のページにカードを。

P1350161.jpg

このカードには最新のエコーの写真、そして夏に生まれるのでよろしくね!と書きました。
そこまで読んで、私の母が「え?子供できたの?」と気づきました。
旦那の両親はすぐに気づいてなかった様子。
私はもう本を渡した時点で涙が止まらなかったので、あまりちゃんとそれぞれの親を
見れていないのですが、ママも母も泣いていました。
でも母も旦那のママもおめでとうという言葉の前に「気をつけなさい」って言ってました。
ママは何度も何度も「アルコールは飲んじゃ駄目よ」って当たり前のことを何度も言ってました。
私の母は「無理したらあかんよ、気をつけなさいよ」って、やっぱり親は心配が先に来るのかもしれませんね。

無事、親に報告できて一安心。
そして報告したからこそ、そこからは「疲れた」「しんどい」と言える様に。
それまで我慢してたので、ある意味ホッとしました。

こういうタイミングで報告できて良かったです。





-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-