☆Hebammeが見つからない!!

Category : ドイツで妊婦生活
とても困って情報を探してもあまり見つからなかったこともあり、
もしかしたら同じように困っている方には助けになるかな、と思い
ここ3ヶ月ぐらいの自分の経験をずーっと書き留めていました。
なのでものすごーーく長いです。

テーマは「ヘバメについて」

ドイツで出産をする場合、Hebamme(ヘバメ)と呼ばれる助産婦さんにお世話になるようです。
病院で赤ちゃんを取り上げる助産婦さんもヘバメと呼ばれますが、
私が探しているのは妊娠中から主に出産後にお世話になるヘバメ。
出産後は自宅を毎日、その後徐々に日数をあけて数週間訪問してくれて
赤ちゃんの、そしてお母さんのサポートをしてくれるそうです。

お母さんの回復状態、授乳の状態、赤ちゃんの体調管理、沐浴方法、などなど
婦人科や小児科に行かなくても自宅訪問でそのようなサポートが受けられるそうです。
費用は保険でカバーされるとのこと。
家に訪問してくれる、つまり近所で探さなければなりません。

このヘバメさんの話は、ドイツに住む先輩ママさんたちのブログにもよく登場し
そういう存在が必要なんだなーと思っていました。
妊娠してから婦人科で定期健診を受けていますが、6ヶ月になっても
婦人科からヘバメについて触れることも無ければ、誰からも話はありません。
ここから時系列で書きます。


****妊娠3ヶ月ごろ****

誰も何も言わないけどきっとヘバメは必要なんだろうな、と思ったので
ヘバメを探したほうがいいみたい、と旦那に言うも、
そもそもヘバメなんて存在すら知らない旦那は「そんな何でもかんでも揃える必要は無い」と。
ベビーグッズもなんでも「そもそも最近の親たちは揃えすぎだ!」みたいな意見のある旦那。
ヘバメなんていらない(その時点では旦那はお金を払って来てもらう人と思っていた・・・)

私もヘバメという存在が絶対に必要なのか、できれば必要なのか、その辺の話はわからないし
でも周りの知り合いに聞く限り、多くの人が「とても助けられた」と口々に言うので
それに保険がカバーするということはそれだけ大切なことなんだと私は思います。


****そんなこんなで妊娠5ヶ月****

未だにヘバメのことは誰からも言われないけど、やっぱり探したほうがいいんじゃないかと
今住む町にいるヘバメ数名に連絡を入れるも、ことごとく「対応できない」との返答。
すでにみなさん予約で一杯なんだそうです。
「予約は妊娠10週目ぐらいにはしないとヘバメなんて見つかりませんよ」とも言われました。

妊娠10週って・・・。ものすごい初期ですね。
あの頃、そんな妊娠生活、ましてや出産後のことなんてまったく考えられませんでしたよ・・・。
でもこの妊娠10週説は、他のヘバメからも同じように言われました。
それぐらい早く探すものなんだ・・・。
隣町とかもすべて聞いてみましたが、見つからず・・・。
でもヘバメが見つからないのって結構普通のことらしいです。
私の知人は出産まで見つからず、出産時に病院で紹介してもらったとのこと。


****妊娠5ヶ月後半****

色々調べていたらこういうサイトがありました。
ヘバメを必要としている人が書き込むサイト。

www.unsere-hebammen.de

とりあえず登録してみましたが、全く音沙汰無し。
こういうのは縁だと思っているので、探していればいつか見つかるかなーなんて思ってますが。

探すのに嫌気がさした旦那が「ヘバメなんて要らないんだ!」と言い出し、
それに応戦するように旦那のママが「ヘバメなんて昔はいなかったわ」とか言い出し
ママがいるんだから大丈夫だとか色々言ってきます。

そりゃヘバメがいなくても子供は育つのかもしれませんが、
私の周りのママさんたちは本当にヘバメがいてよかったという人ばかりで
そう言われると、できる限りヘバメを見つけたいなと思うのですが
そこに水を差すように「いらない」とか言われると腹が立って、この件では旦那と喧嘩しました。


***妊娠5ヶ月後半~6ヶ月頭***

相変わらず見つからないヘバメさん。病院でリストをもらったのでしらみつぶしに連絡。
これがフランクフルトのリスト。こんなにいるんですよ!
私はフランクフルト在住ではないのでこの中でもエリアを絞って探しました。

IMG_9402.jpg

IMG_9403.jpg

さすがドイツ。いろんな国の言葉を話せる人がいます。

IMG_9404.jpg

意識してヘバメが見つからないということを周りの人に言うように。
どこかで誰か何か知ってるかもしれないし。
早速、連絡してみては?とコンタクト先を教えてくれた知人も。

旦那もぶつぶつ言いながらも色んなところに電話してくれましたがことごとく断られました。
旦那は電話、私はもっぱらメール担当。もうテンプレートのように同じメールを何人にも送りました。

ヘバメがいないとどうなるのか、このまま見つからなければどうしたらいいのか
その辺の情報を知りたくて、医療通訳をされている方に聞いてみました。
見ず知らずの私の質問に涙が出るほど丁寧に答えてくださって、感激しました。

もしヘバメが見つからなくても、婦人科、小児科、かかりつけ医と連絡を取って
ヘバメがいないことを事前に知らせておくとよいとか、
色々と教えてくださってちょっと気持ちが楽になりました。
頂いた返信メールの一部を抜粋ですが

~私個人的には「居てもらえると心強い」と思っています。
実際に赤ちゃんが生まれて、子育てが始まってみるまでは何も分からないのですが。
やはり、産婦人科や小児科に行くほどではないけれど、ちょっと相談したいことなどが多々出てくるのがお産の後数週間だと思います。その時に、体に負担なく自宅にケアを目的として来てくれる専門家がいるというのは、やはり安心ですからね。~

ヘバメなんていらない!という旦那やママにこの言葉を投げつけました(←言葉は悪いけれどほんと投げつけた感じです・・・)
2人とも「そういうことか・・・」と納得した感じはありました。

もちろん見つかるに越したことはないし、でも見つからなくても何とかなるかな、と
ちょっとした安心感が出てきたのも事実。

そしてめんどくさいことに・・・(笑)
ママが余計に張り切りだした。「ここにヘバメがいるじゃないの!」(←ママのこと)
「このスペシャルヘバメは子供やママのことのみならず、料理もお掃除も洗濯もしてくれるわよー」
「こんなスーパーヘバメ、探しても見つからないわよー」とハッスルしだした。
パパにも「私、ヘバメとして泊り込むから、その間は一人でがんばってね」なんて言い出した。
日本人の義母だったらまだしも、食事も違うし言葉も違うし、ストレスが溜まりそうな気が…。

え・・・。どこまで本気なんだろう。
っていうか車で10分だから、毎日来るのはよしとしても何も泊り込まなくても・・・。
必要なときに来てくれればいいんだけど。
とまでは、言わなかったけど、俄然やる気が出たママ。

私も自分が産後どれ位大変なのか、ママの手すらも借りないとやっていけないのか
はたまた逆にママが来たことで面倒な展開になるのか想像もつきませんが
私としては「私が必要だと言ったときに手伝って欲しい」、ただそれだけ。
泊り込みは実の母が来てくれた方が1000倍ぐらい助かるんですけど!!!

そしてこのような状況の私に、先輩ママ(旦那さんがドイツ人)が
「こういう子育てに関することって、義母から言われると腹が立つんだよねー、
他人(ヘバメ)だったら自分も素直に聞き入れるんだけど。
しかもドイツ人って靴下はかせろとか、風の通り道だとかうるさいわよー!
だからヘバメから教えてもらったほうが、私はよかったなー」とのこと。
あー、手に取るようにわかるこの状況(笑)


***妊娠6ヶ月****

見つからないヘバメを探しつつ、いろんな人にヘバメがいてよかったか?とか聞いていたら、
「実際に来てもらったヘバメは、タバコくさくて爪も長くて本当に赤ちゃんのお世話をする人か
疑うような人だった、数日来てもらったがその後は何かあったらこちらから電話すると伝え
訪問を断った」という体験談もありました。

また、同僚が「私は最初からヘバメはいらないと思っていたから探すこともしなかった」と。

彼女の意見では、出産後に体も疲れた状態でいくらヘバメとは言え
赤の他人が家に立ち入ることがストレスだと自分は感じたとのこと。
何かあれば母や周りのママたちに聞けばいいし、何もヘバメが無くても大丈夫。
「私だっているんだから、いつでも頼りなさいよー」と言ってくれました。心強いママさんだ。

「色んな準備コースだの、グループだの色々色々あるけれど、
そんなの全部してたら忙しくって余計に気が疲れちゃうわよ!無理しないこと!
大切なのは生まれてきた子供とちゃんと時間を持つこと。最大限の愛情を注いであげなさい!」と。

もともと仕事上もサバサバしていて気の合う同僚でしたが、
こういう彼女の考え方も好きだなーと思いました。

別の知り合いの超先輩の日本人ママ(すでに息子さんは22歳)は
「急な早産で、頼りの旦那は出張中で、もう誰も頼る人がいない!となり、
ひとりで分娩に望むときに、お腹の子に「私がいるから安心しなさい!」と話しかけたのよ。
もちろん海外で不安だったけど、誰よりもママがしっかりしないとね!」と。
「何かあれば連絡して!22年前の記憶でも助けてあげられることがあるかもしれないから!」と。

そうよね、私には助けてくれる先輩ママさんがたくさんいるんだから
困ったら遠慮せず頼ったらいいのかも、と思えました。
どうしても「近い友達で子供を持つ人が少ない」と思っていたけれど
同僚だったり同僚の奥さんだったり、先輩ママはたくさんいるわけで
必要なときは、頼ればいいんだなーと思うと、またひとつ心が軽くなりました。

まっ、相変わらずヘバメは見つからないけど、気長に探していこうと思えるようにもなりました。
ヘバメのことで悩んで(っていうかあの時は単なるマタニティブルーだったのかも・・・)
涙したこともありましたが、「どん」と構えられるように。


****それから数日後****

メールをくれた医療通訳の方が一人のヘバメさんを紹介してくれました。
住まいも同じ方面だし、一杯かもしれないけれど、一度聞いてみたら?と連絡先をくださいました。
そしてものすごく偶然、同じヘバメさんの名前を別の知人からも聞いたのですぐに連絡してみました。

そしたらなんと、「引き受けられるわよ!一度お会いしましょう」と面接の日が設定されました。
あんなにことごとく断られていたのに・・・。ここにいたんだー!と言う感じ。
面接は来週です。どんな人かなー。
いまさら面接で合わないと思っても、他に候補もいないし・・・。
電話ではとってもいい方で、困り果てていただけに涙が出そうなほど嬉しかった・・・。

ママにもヘバメが見つかりそうだと報告したら「よかったわねー」って言ってたけど、
張り切ってただけにきっと内心ショックだったことでしょう・・・(笑)

ヘバメとの面接が設定されたことで、少しだけホッとしました。
これから準備すること、考えなきゃいけないことは山ほどあるけれど
ひとつずつひとつずつ準備を進めていければいいな。






☆春の訪れと過去の記事

Category : 日々の暮らし
昨日の記事にコメントくださった皆さん、
またプライベートのメールにメッセージを送ってくれた友達、みんなに感謝です。
本当にありがとうございます。
こんなブログを書く日なんて私にはやってこないんじゃないだろうか・・・と思うほど
暗く落ち込んだ日々もありました。未だにまだ実感が沸きません。
これからも友人、知人のみならずいつもコメントで励まし、助けてくれる方々に
引き続きお世話になりながら新しい日々を綴っていけたらなと思います。

さて、2月もあと1日で終わり。春らしさも見えてきたような来ていない様な・・・。
少なくとも、お日様が出る日が増えたのは確かです。
もう空が毎日グレーの日々からは脱出ですね。

道端に咲くSchneeglocken(スノードロップ)と黄色い・・・名前度忘れ(笑)
この花たちは冬の終わりにいち早く春を知らせてくれる小さなお花。
これを見るとなんだか嬉しくなるんですよね、毎年。



そんな、今週の週中に旦那が誕生日を迎えました。
が、本人出張中のためお祝いできず電話のみ。
それどころか私、羽を伸ばしすぎて旦那の誕生日を危うく忘れそうになるという
危険な状況でした。前夜に思い出したので当日は忘れないように
「誕生日!」とメモした紙を見えるところに置いておきました。
もし本当に誕生日を忘れてしまったら、どうやってお詫びしたらいいんでしょうね。
それぐらい大切らしい1日、当日はお祝いできなかったので週末お祝い予定。
ちなみに、パパとママは旅行中のため参加できず、
パパママ参加の合同誕生日会は来週開催です(意地でもやるらしい・・・)

さて、旦那は出張から戻ったのものの、卓球だー!と言って速攻出て行きましたので、
結局一人暇な金曜の夜。久々に帰ってきたからゆっくりしようなんて言うかなーと思ったけど違った・・・。
ずっと書き留めていた過去の記事をカテゴリーにまとめました。

まずは、まだ気楽にベビ待ち、今風に言うと「妊活」していたころに書いていた記事を
「ベビ待ちの日々」というカテゴリーに集めました。
自分の日記も兼ねての話なのであまりお役には立たない内容です。
その後の色々あった頃の濃い記事はまた追々UPしていきます。





☆十二支占いでびっくり!

Category : ドイツで妊婦生活
先月、日本へ帰る飛行機の中で読んだ機内誌。
1月号ということで「2015年の十二支占い」が掲載されていました。

IMG_9315.jpg

「おめでとうございます!昨年の底から脱出して今年の運勢は
十二支の中でトップです!過去1年いろんな苦労をしましたが
今年は打って変わって王様の気分になるでしょう」

IMG_9316.jpg

ですって!!!!! ちなみに写真の通り午年です。
でも厳密にいうと私は1月生まれなので、立春だったか節分までは
前の年の、つまり「巳」になるのかもしれませんが(と母がよく言う)
いろいろ調べても絶対そうだ!という結論がどこにも書いていないので、
一応私はその年の十二支は1月からと思ってしまっています。
ということで「午年」と理解し読み進めていくと、びっくりなことが!

というのも、その続きがね「子宝にも恵まれそうです」。

IMG_9317.jpg

これを読んだとき、鳥肌が立ちました。
実は・・・そうなんです、この度子宝に恵まれました!
そして昨年はいろいろな苦労をしました。ほんとその通りです。

日頃あまり占いを読んだり信じたりしないのですが
こればかりは飛行機の中で思わず「すごい・・・」と呟いてしまうほど。

本題になりますが、
この度、私たち夫婦のもとに大切な小さな命が宿ってくれました。
6か月に入りました、7月中旬に出産予定です。
ええ、思いっきり高齢出産です(笑)

ずっと子供が欲しくて結婚以来望んでいました。
結婚後というより、結婚が決まった時からすぐに
「結婚式に妊婦でもいい!」とすら思っていたのに、そう簡単には行きませんでした。
結果として色んな方々に助けられ、無事ここまで来ることができました。
その辺のことはまたゆっくり綴って行ければと思っています。

きっと私がこれまで経験してきたことが、同じ悩みを抱える方に
特にドイツで頑張っている方の何かの支えになるのではと思います。
私もいろんな方の情報で助けられました、でもやはり海外となると情報は少なく
本当に不安な日々を送りました。

悪阻もそこまで酷いものでは無かったのですが、
今思うとやはり「あの時が一番つらかったなー」と思える日々がありました。
ちょうど、12月にミュンヘン近郊のアパートに長期滞在したり、
母が日本から来てくれてクリスマスを過ごしたあの頃です。
今はすっかり元気になり、日本に一時帰国したりとアクティブに生活しています。

正直なところまだ不安も多くて、なかなかポジティブに妊婦を楽しめないのですが
もう6ヶ月ですし、幸せに楽しく過ごさないとお腹の赤ちゃんに申し訳ないですね。

これからは今までのテーマと少し変わってくるかもしれませんがドイツ生活とともに、
初挑戦の「妊娠・出産・子育て」という部分でも綴って行ければと思います。

また今後も引き続き読んでいただけると嬉しいです。

【おまけ】
飛行機でもマタニティーマークがあるんですね!

IMG_9363.jpg








☆一時帰国時、日本での携帯電話はどうしていますか?

Category : 日々の暮らし
海外にお住まいの皆さんは日本での携帯電話ってどうされてますか?
空港で受け取れる携帯の貸し出しとか、Wifiのルーターを借りたりされているのでしょうか。
私、この辺ちょっと疎くて、何が最適なのか今ひとつわかっていないのです。

今までは、ソフトバンクのプリペイド携帯を使っていました。

IMG_9375.jpg

基本料金は不要で、プリペイドカードを買って日本滞在中に使っていました。
ただ、難点はプリペイドカードが最低3000円からしか買えないこと。
1000円ぐらいのカードがあれば最適なんですけどね。
出来ることはEmailの送受信と、電話の発信・着信。
今まではそれだけで問題は無かったんですけど、
スマホが普及してきて、連絡がLINEになって来たこともあり、
また、ネットが使えると便利なことがたくさんあるので、
出来ればスマホを日本で使いたいと思うようになりました。

日本のフリーWifiはまだまだ不便ですね。
外国からの訪日旅行者が増えていて、「日本で不便なこと」のランキング1位が
「フリーWifiが使えない事」というのをつい最近、ネットのニュースで読みました。

こういうのも出来てきてはいますが、まだまだだと思います。
http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html

なので、スマホがあってもさすがにフリーWifiだけでは不便なんですよね。

そこで今回、2月の頭に一時帰国したときに初めてSIMカードを買ってみました。
知人が教えてくれて、今回初挑戦です。

IMG_9372.jpg

b-mobileのSIMカードです。
3GBの30日有効のもので3700円ぐらいでした。
私は事前にネットから買って実家に送っておいたので別途送料がかかりました。

こちらで購入。


1GBなどもありましたが、あまり値段が変わらないのと、
今回は2週間の滞在だったので、3GBにしました。
移動中もネット検索したりとかなり使いましたけど使い切れないほどでした。

ただ、これはネット回線のみなので携帯電話としては使えません。
電話の場合はLINE電話とかスカイプとかWEB経由のものしか使えません。

それでもソフトバンクのプリペイドのように、携帯とEmailだけよりは
スマホの携帯電話以外の機能が使える、というほうが断然便利でした、私としては。

今後も一時帰国時はこの方法で行く予定です。

ただ、一つだけ難点をあげるとしたら、最初に開通手続きをするときに

IMG_9373.jpg

携帯電話かPHSからしか手続きが出来ないこと。
だからー、携帯が無いからこのSIMを買ってるのよーって言いたくなる・・・。
家の固定電話も使えなくて、母の携帯を借りました。これは結構不便です。
上記の写真に赤字で書いてありますが、携帯が無い場合はヘルプデスクで対応してくれるのですが
その場合は有料で2381円必要です、それはさすがにありえません・・・。

実はすでに次回の一時帰国のために(って別に予定は何も決まっていませんが)
日本到着後、すぐに使えるように新しいSIMを買っておきました。
でも、結局携帯やPHSからしか開通手続きが出来ないとなると
日本に到着しても空港ですぐに使えるようにするには知らない人に
お願いするとかしなければならず、現実的には手続きは出来ません。

とはいえ、今現在私が知る中ではSIM購入が一番の方法なのかな、と思っています。
Wifiのルーターを借りるのもいいかもしれませんが、
今回調べた限りでは2週間ともなると価格的にもSIMを買うほうが安かったです。

もうソフトバンクのプリペイド携帯はさすがに必要ない気がします。

IMG_9374.jpg

携帯と充電器。大きさ的には大したことは無いですが毎回持って帰っていたので
それがSIMの小さなチップ一つでいいとなると、また一つ身軽になれます。

一応、今現在は私の中での結論がこの方法なのですが、
もっとスマートに安くつく方法をご存知の方がいらっしゃれば
今後のために教えていただけると助かります。





☆超適当家計簿

Category : 日々の暮らし
昨夜、旦那がPCの動画を見ながら絶叫してました。うるさいほど・・・。

何かと思えば、卓球プレーヤーの張本智和君が金星を上げたそう。
11歳の男の子がトップ100位にランキングする2選手に勝ったそうです!

Unbenannt_20150224061046baf.jpg

センセーショナル!と記事に書かれていますが、
日本の記事では全くこのニュースが見つからないんですけど
卓球界ではすごいことみたいで、この彼の金星の試合ダイジェストが
Youtubeにアップされていて、それを見て旦那が大絶叫していました。



早送りかと思った(笑)

さて本題。

意外に細かくやってそうで適当な家計簿。
気がつけば旦那と暮らしだした2009年2月からもう6年以上続いています。
でも自慢するほどではありません。
ただひたすら毎月のお買い物のレシートを合計するだけ。

レシートをもらなわないこともあるし、家計というより趣味のものだったり
ワインを大量買いしたり、IKEAで家のものちょこっと買ったり
全くルールが無くてただ「家のもの、食べ物」っていうざっくりな感じです。
誰かを家にお招きしたときはちょっと高くなるし、ほんと適当。
個人的な衣類とかそういうのは除外していますけどね。

まさかここまで続くとも思わず枠が無かったので
新しく2020年まで作って書き写しました。書き写すのもすぐに終わります。

GsEjYnei5viAyiD1424726987_1424726998.jpg

ひたすら月末にその月の合計額を計算して記入。
この家計簿も7年目に入ったのですが、これだけ適当なのに
1年ごとに月平均を出すのですが、それがほとんど毎年一緒なんですよね。
適当すぎるのにその適当加減が毎年同じなのかと思うとある意味びっくりです。

お金を用途別に封筒に分けたり、家計簿をきちーっと記入したり、
そういう几帳面さは無いけれど、こんな形でゆるーく続けていければと思ってます。




☆少しは奥様らしいことを・・・

Category : 日々の暮らし
日本に一時帰国する前に会ったのを最後に
パパとママと長らく顔をあわせていませんでしたが、本日、久々の対面。
「朝食を!」との約束ですが、10時に集合ということで朝食では終わらない感満々。
だってパパもママも早起きだからすでに朝ごはんは食べてて2度目の食事ですからね。

案の定、朝食という名のスープやキッシュを用意しているとのこと。
お天気が良かったからお散歩に行きましょうということになり、旦那には
「1日パパとママのところで時間を潰したくないから朝ごはんにしてお昼には帰ってこよう」
って言ってたのに・・・。結局14時までコースになりましたよ。まあいいけれど・・・。

さてそんなパパとママは明日から8日間ベルリンに行きます。ママの弟の所に行きます。
一番の目的はパパの親友が1月に亡くなられそのお別れ会があるそうですが、
それは1日だけであとは親戚や他のお友達と会って色々遊びに行くんだそうです。

そんなママが、「もー、ママたち6年も休暇らしい休暇を取ってないのよ」と
ぶつぶつ言い出した・・・。
発端は最近テレビを買い替え(今までブラウン管でした・・・)、次はステレオが壊れたらしい。
そんな次々買い換えるお金もないし、お金を使うならステレオじゃなくて
旅行に使いたいわ!と言い出したのが発端。

っていうか明日からベルリンいくやん?って思ったし、昨年の夏もベルリンに行ってたし
年末は南ドイツに遊びに行って4日ほど旅行してましたが
ベルリンはあくまでも弟を尋ねるんだそうで、年末の旅行はたった4日間であり
休暇とはいえないとのことです。

前置きが長くなりましたが、本題。
明日から旦那が出張に行きます。4泊で帰ってくるので短いのですが
今まで私は出張があっても旦那が出張することが無くほぼ初といっていいほど。
日ごろ自分のことは自分でする、家事は分担という我が家、
出張だって準備は自分でしてください、という感じですが
なんとなくちょっと奥様っぽいことをしてみようと思って
4日分の下着とパジャマをまとめてパッキングしておきました。

IMG_9427.jpg

ドラマとかで旦那さんの出張の準備をする奥様のイメージがありますが
うちには全く当てはまらないので、旦那がびっくりしてました。
全く想定外だったようでかなり感激されて感謝されました(笑)
でも後は自分で準備してください。

洗濯物を入れる袋も一緒に入れておきました。
☆reisenthelは使える!で書いたことのある袋。

IMG_9428.jpg

これです。


明日から旦那がいない(うちにとっては珍しい状況)ということで
ママが私が心細いと思っているのか
「ベルリンから電話してあげるね、いつお話したい?水曜日ぐらい?」って・・・。

子供じゃないんだから・・・。いちいち旅先から電話なんて要らないよ・・・。
どっちかというと旦那がいなくて羽伸ばせそうなワクワク感なんですけど・・・。







☆お祝いに「おむつケーキ」

Category : 日々の暮らし
例の豪快な妊婦さんが先日無事出産しました。女の子だそうです。
来週末に訪問する約束をしたので、その時お祝いに持っていく
おむつケーキ(ダイパーケーキっていうのかな?)を作りました。

使用したのはパンパース。
白いおむつがよかったのですが、開封してみると緑色でした・・・。

IMG_9412.jpg

なので色がちょっといびつですが・・・。

IMG_9413.jpg

プレゼントを色々とつけました。

小さなぬいぐるみとか靴下とか

IMG_9415.jpg

おもちゃとか

IMG_9414.jpg

スプーンとか

IMG_9416.jpg

ベビーだけでなく、ママ用にバスソルトやハンドクリームとかケア用品
旦那さん用にチョコレートなど飾ってます。

どのおむつを使ったのかわかるようにパッケージを切り取って貼りました。

IMG_9418.jpg

また、あえて1個だけ使用せず別にパッキング。
サイズの部分をわかりやすいようにつけました。
じゃないと、どれぐらいの大きさのおむつかわからないですしね。

IMG_9417.jpg

思いのほか大きくなっちゃった。

IMG_9420.jpg

大きさをすぐにチェックできるよう分けておいた一つは外につけました。

IMG_9421.jpg

喜んでくれるといいなー。
写真では目がくりくりの可愛いベビー!会うのが楽しみです。
っていうか、頼りない旦那さんがしっかりパパをしてるか、そっちのほうが気になる(笑)





☆日本で買い付けしてくるもの

Category : 日々の暮らし
旦那が嬉しそうにこそこそ作業してました。

fc2blog_20150218040054c61.jpg

卓球のラケットのラバー貼りです。
今回ラケットを新調したようで張り切ってます。

fc2blog_20150218040116cc0.jpg

このラバーを貼り付ける際に使う糊もいろいろあるらしく
公式戦では使ってはいけない糊とかもあるらしいです。
でもそれをこっそり使っているそうです、いいのかよ・・・。

日本に帰ると必ず毎回買ってきて!と言われるもの。
日本が誇る卓球メーカー「バタフライ」のラバーです。
卓球仲間にオーダーを取って私がまとめて日本で買ってくるのが恒例。

fc2blog_201502180401360d5.jpg

軽いものだし別にかまわないんですけど、
ネットでオーダーできればいいのですが、一部の種類はいつもネットでは売り切れていて
大阪市内の卓球屋さんまで行くことになります。
そろそろいつもの卓球屋もお得意さんになってきたような・・・。

ちなみに1枚おいくらだと思いますか?
日本では5500~5800円です。高い・・・。ドイツでは60ユーロぐらいするそうです。
とにかく「バタフライ」は超一流メーカーだそうです。ふーーーん。

っていうかわざわざ買いに行くのとかドイツに持って帰ってくるのとか
ちょっとぐらい手間賃もらってもよくない??




☆お気に入りの「箱雛」を飾りました

Category : 日々の暮らし
今年もお雛様を飾りました。

IMG_9380.jpg

毎年同じですが、箱雛。

IMG_9381.jpg

この箱雛については、毎年触れているので詳しくはこちら。

☆コンパクトな箱雛は大のお気に入りです

お雛様の時期が来ると、長くて暗い冬ももうすぐ終わるなーという気分になります。
カーニバルが終わり、ここからドイツは色とりどりのイースターの飾りが増えて、
お店のディスプレイが春らしくなります。
日の入りもずいぶん遅くなったなーと感じます。
気がつけば17時ごろまで明るいし、18時ごろでも真っ暗にはならないですね。

ようやくお天気の日も増えてきました。年末年始に遊びに来た母も、
毎日太陽も出ないどんよりしたお天気にびっくりしていました。
1週間、2週間太陽を見ないのも普通ですしね。

そしてまたイースターがやってきて毎年恒例の卵探しがあるんでしょう・・・。
はあ・・・・。またこの時期か・・・。
しかも今年はイースターの時期らへんにパパとママと旅行に行くかもしれません。
今まで旅行だけは一緒に行ったことが無かったんですよね・・・。
1日外出でも疲れ切っていたのに一緒に旅行なんて考えるだけで怖いです・・・。





☆日本でしか使わない物の保管方法

Category : 日々の暮らし
日本へ一時帰国する際には、日本円をはじめ日本で必要になるものを持って帰ります。

・日本円
・免許証
・ICOCA
・銀行カード/通帳

などなどですが、年に1~2回程度日本に帰るときだけ本当に時々使う程度。
それ以外の時期はどこかに保管しておく必要があります。
今まで色々な方法で保管してきましたが、ここ最近はこんな状態で落ち着いてます。

まとめて一つの袋に入れておく。(・・・って普通ですね)

IMG_9365.jpg

以前はカード類、現金とか分けていた時期もありましたが
やっぱり一つにまとまっているのが便利です。
日本でしか必要の無い「印鑑」も入れたいところですが、
別に毎回持って帰るものでもないので中には入れず同じ場所には保管しています。

ここに入っているカード類、もう少し減らせそうなんですよね。

IMG_9366.jpg

CITY BANKはもう残高も無いはずなんですけど、
一応チェックしようと思いつつ、CITY BANKに行く機会が無いままそのまま。
真ん中のQUOカードは今回頂いたものなのですが、全て使い切らぬまま残りました。
たった500円分のカードなのに、いつも出し忘れ・・・。次回に持ち越し。
そして1番下はヨドバシのポイントカード。
少しは貯まっているはずですがヨドバシに行く機会が無くこれも次回に持ち越し。
この3つは残高や残りのポイントを使い切って処分したいところ。

そして数年前に解約したクレジットカード。
Edyの機能がついているのですが、Edyが残っているかも・・・。

IMG_9368.jpg

これってクレジットカードとしては無効でもEdyはそのまま解約じゃないですよね。
多分これも残高ゼロなんですけど、ちゃんとチェックしなかったので次回に持ち越し。

次回に持越しが多くなってしまいました。

日本だとどのお店も大体「ポイントカード」がありますよね。
レジで必ずといっていいほど聞かれるポイントカード。
もちろん(ヨドバシ以外は)1枚も持っていません。貯まることはまず無いので。

いつも日本で行く美容室も本当はカードがあるのですが、
ポイントではなく、次回いつまでに来たら何パーセントオフ、みたいなシステムで
その説明とか、お友達を紹介したときの割引券とかなのですが、
定期的に通うのは無理だし、誰かを紹介することも無いので不要。
美容室の方も私にカードを渡しても意味が無いことを知っているので
「カードはお渡ししなくて大丈夫ですね?」と最後に聞いてくれます。

日本ではいつもこれが私のお財布。

IMG_9369.jpg

パスケースですが、お金も入るし、カードも入るし
多少小銭は取り出しにくいけれど、少しの間しか使わないしこれで十分です。
通貨の違う海外に行くときもこれは忘れずに持っていきます。
数年前にCathで買ったものです。

これと同じタイプのもの。
ネットでもなかなか見つからないのでもうモデルチェンジしたのかな。



キャス独特のビニールコーティングで水にも強いし
何より全くほつれたりすることもなく、とっても頑丈です。

それにこのピンクの色が、かばんの中でも見つけやすいんですよね。
これからもずっとずっと使って行きたい一品です。





☆時代を感じる温泉

Category : 日本
日本滞在中、数少ない予定の一つだった、大親友との1泊旅行。
数か月前からほんと楽しみでした。

一人は金曜日に半休を取ってからの参加、
一人はその日、長崎から大阪に出て来てからの参加ということもあり行先は近場に。

関西の人なら知ってるかなー、「箕面温泉スパーガーデン」。
CMのあの曲を思い出した人もいるはず。
昭和40年にオープンした、昔っぽいイメージが抜けない箕面温泉。



が、2013年に大江戸温泉物語グループとして、大リニューアルしたそうです。
AKBが宣伝しているみたいですね。

山の上にあるのでエレベーターで向かいます。
阪急箕面駅から、時代が止まってしまったようなお土産街を歩いて
金曜日の午後でしたが誰とも一緒にならずに一人でエレベーター乗車。
ちょっと寂しかったというか、少し心細かったです・・・。 (友人とは現地集合だったので)

fc2blog_20150208125832458.jpg

ホテルもちょっと・・・、いやかなり古い・・・。でもなんか懐かしい。
修学旅行みたいな気分です。

fc2blog_20150208125906a07.jpg

シティビューだったので眺めは良かったです。夜もきれいな夜景でした。

fc2blog_20150208125926ca8.jpg

夕食朝食ともにビュッフェ。温泉ももちろん入れます。
駅からは誰とも会わなかったのに、館内は満員でした。
人が多すぎてエレベーターにも行列ができるほど。エレベーターが遅いともいえる・・・。

評価は「まあまあ」かな。
温泉はぬるぬるでとろとろのお湯で気持ちよかったです。
お風呂のシャンプーとか基礎化粧品とかもとっても充実しているので
何も持って行かなくても大丈夫です!持ち物は下着とメイク品だけで十分!
梅田や難波から無料シャトルバスあるのも便利かな。

友達とワイワイ楽しく、とかに向いてるかも。
小さな子供が多少騒いでも、子供一杯で気にならないし
そういうグループにはもってこいだと思います。
アジアの旅行客も多かったです。とにかくにぎやか。

短い時間でしたが楽しかった♪





☆日本のテレビ番組

Category : 日本
昨日、無事ドイツに戻りました。
弟の所で寝れず、機内で寝れず、家で軽く荷ほどきしてから
土曜日の夕方のスポーツニュースを見ながら寝てしまい気づいたら日曜朝でした。
ひとまずスッキリ!

空港に迎えに来てくれた旦那は、バレンタインという事で
バラを一輪持って出迎えてくれました。空港で買ったから高かったそうです。
毎年の事ですがバラを一輪(しかもデカイ)より
チューリップとかガーベラとか可愛い花がいいんだけど、
なかなか言い出せず、毎年必ずやってくるバラ一輪。

さて、日本滞在話、続きます。
今回はあまり予定を入れずゆっくりしていたので、テレビを結構見ました。
ドイツだとつまらないテレビ(私の感覚ですけど)が多いので、
日本だと色々見るものがあって楽しいのですが、
ここ最近感じてはいたのですが、今回はさらに強く感じた
「にぎやかさ」というより、「うるさい」という印象。

ほとんどの番組で、司会、アシスタントに加えて大量の芸人さんと
番宣の俳優さんや女優さんが必ずセットのようについています。
ロケも5人ぐらいでウロウロするのが多いですよね。
みんながアピールに必死なので、うるさいーーーーー!!となってしまいました。
テレビの内容は興味があっても、無駄にクイズ形式になっていたり
わざと面白くしようとしたり、どのチャンネルをつけても同じ内容だったり。

でも、そんな中でいろいろ新鮮だったことも。
たとえば、アタック25を浦川さんが司会をしていてびっくりー!
しかも私が見た日のアタック25の優勝者への賞品が
「ドイツのGOLD PFEIL」のお財布などのセット。
えっ、GOLD PFEILって倒産したと思ってた!まだあったの?っとちょっと驚き。

あとはとにかくマツコが出ていて、人気があるんだなーと実感したり。
もこみちくんがお料理をしているのは知っていましたが、
色んな俳優さんとか、男前のシェフとか、こだわる料理番組が増えたなーとか。

きっと関西ローカルだと思うのですが、
チャチャ入れマンデーという番組。
東野にメッセンジャーの黒田(久しぶりに見た!)、そしてアナウンサーの山本さん。
私が見た回はやすともが出ていて、関西のデパート対決みたいな内容でした。

阪急
阪神
大丸
高島屋

の4大対決。
この時に、大阪駅の伊勢丹がなくて、やっぱり伊勢丹は老舗メンバーには
入れてもらえないのねーと思っていたら、伊勢丹はクローズ(?縮小で改装中)ということを
後から知りました。ついこの間オープンした気がしたのですが早かったですね・・・。

何が面白かったって、阪神デパート。
各デパートが力を入れるデパ地下でいかに人を呼び寄せるか、
お店のラインナップはもちろんのこと、色んなイベントを企画するのですが、
最近では「解散総選挙」を意識しての「海鮮総鮮魚」とか、
金妻(いや、金スマ?を意識しての)「金曜日のつまみたち」とか。
さすが凝るなーと思って感心してしまいました。
やすともが「下(デパ地下)は阪神、上は阪急」って言ってたのも笑えました。

色々うるさい!とか言いながらも結局テレビを見てしまうんですよね。
日本に住んでたら、ずっとテレビつけちゃっていると思います・・・。





☆東京はやっぱり都会だ~!

Category : 日本
2週間の日本滞在の最後は、昨夏より東京に住む弟の所に立ち寄りました。
独身一人暮らし。

東京でもかなりの都心で、最寄駅が新宿◯丁目みたいな都会っぷり。
仕事で夜遅くなる弟から鍵を預かり、一足先にアパートへ。
昔から部屋が綺麗な弟でしたが、相変わらず綺麗に暮らしてます。



ちょっと期待した女の影も全くなく…、一人気楽に暮らしているようです。

翌朝、羽田へは朝早くに新宿駅のリムジンバス乗り場までタクシーで行く事にしました。
大通りに出ればタクシーはつかまるかと思ってましたが、
弟いわく「案外走ってないかもよ!」とのことで、
ならば出発前に配車依頼の電話をすればいいか~と気楽に考えていたら、
朝から電話したタクシー会社に「空きなし」と立て続けに断わられ、
都会っぷりをひしひし感じました。土曜日の早朝ってのもタイミングが悪かったのかも。

ようやく見つけて一台来てくれて無事リムジンバス乗り場へ。

夜は空気ベッドを用意してくれて、そこで寝たのですが、
冬の寒い日本のアパートで床に置いた空気ベッドはまるで冷房。
中の空気が冷え切って冷たくて寒くて寝れず、
ほぼ一睡も出来なかったのもあり、予定より早く家を出たんです。
当初、8時のリムジンバスを予定していましたが、結局7時過ぎに乗りました。
でも、それが大正解!



リムジンバスに満席とかあるんだ…とびっくり。危うく乗れないところでした。
いや~、タクシーといいリムジンバスといい、都会は予想以上に都会でした。

これでも大阪で生まれ育ちましたしある程度は慣れてるはずなのに、
ここ数年のドイツ生活で都会に対する免疫が無くなったのかも…。

予定より早く着いた羽田空港で、朝ご飯にあったかいおうどんを食べました。
寒くて寒くて、とにかく温かいものが食べたかった!
羽田空港の丸亀製麺はついつい立ち寄ってしまいます。
安いし美味しいし、ここ最近の一時帰国では毎回立ち寄ってるかも。
ただ、ここは外国人には難易度が高く、旦那と行った時も大変でした。

そもそも何が違うのかわからない数種類のうどんに、
日本語表記しかなく、天婦羅も何かわからず選べず、ものすごい速さで対応されるので
だらだらできないし、独特なテンポかつお客さんがとにかく多くて大行列なのでハードルは高いですね。
安くて美味しいし、是非知ってもらいたい日本の食なんですけどね~。

羽田空港もまたまた新しくなってました!





こういう「和」に特化するのはいいなぁと思います。
日本らしくて素敵でした。







☆免許更新のイライラ

Category : 日本
日本に一時帰国した理由の一つ「運転免許の更新」。

これがねぇ、イライライライライライライラー!

ってなりました。

更新は
1.地元の警察署(即日交付は出来ないが家から近い)
2.最寄りの運転免許試験場(即日交付だが遠い)

のどちらかだったので、私は地元の警察署を選びました。
こちらの警察署、管轄エリアの人口が日本一だったそうです、数年前まで。
知らなかった~。

まずは証明写真が必要だったので、駅前で証明写真のボックスへ。
日本で証明写真なんて何年ぶりだろう。お値段なんと800円!高っ!!
昔、バイトの履歴書とかに貼るように撮ったのって300円ぐらいでしたよね?
いつの時代・・・?って言われそうですが、さすがにびっくりしました。
しかも美白とか、肌色補正とか色んなモードがあってまるでプリクラ!
データを携帯に送るオプションとかもありました、ほぉー。

古い免許、証明写真、更新通知ハガキの3点を持って、いざ警察署へ。

警察署入り口正面が免許更新のカウンターなんですけど、もの凄い人。
座るところもなくてみんな立って待ってるんです、大混雑。

いろんな機械が置いてあるし様々な表示案内が天井からぶら下がり、
カウンターにも案内ボードがたくさん置かれ、壁にまで貼られています。
足元にまで防犯課は右だの、遺失物課は左だのいろんな色の矢印が一杯!
目から飛び込んできた情報が多すぎてまず何をすべきかわからない。

「整理番号を取ってお待ちください」とラミネートで作られたポスターがあったので
それを引き取り、待っていたら、カウンターで対応してるおじさんが
「古い免許と更新通知ハガキ、写真を手元に用意して待ってください」と叫ぶ。
そして違うおじさんが、「更新の方は質問表を書いてください」と叫ぶ。

質問表って何?と思っておじさんに聞いたら「今のうちに書いておくように」とのこと。
ついでに機械で暗証番号を事前設定しておいてくださいともいわれました。

でもそれはそのおじさんが時々たまに叫ぶだけで、
待っている他の人にはほとんど伝わってないんです。
順番がまわってきても質問表や暗証番号を用意してない人が続出。

待ち時間も40分ぐらいあって、その間にみんなが準備すればスムーズなのに、
知らない人たちはカウンターに着いてから指示されてその都度時間がかかる。
何をすべきかわからない人が、カウンターで聞くのでその都度対応が中断してました。

更新通知ハガキには必要な印紙代が書かれているので
待っている間に印紙を買えばいいのか、後でいいのかもわからない。
印紙販売カウンターの人、暇そうだし。待たずに買えそうだし。
免許更新はスタッフが2人しかいなくて、どんどん人が来てかなり忙しそう。
隣の車庫証明カウンターのおじさんは眠そうなほど人が来ず。

ようやく呼ばれて「私は全て揃えましたよ」的なドヤ顔で提出したら
質問表のレ点が枠からはみ出しているから書き直し・・・。
5ミリ四方ぐらいの「はい、いいえ」のチェックボックス、はみ出したため出直し。
はみ出さないほうが難しいわ!ならば「レ点」ではなく
マークシートみたいに塗りつぶすとかにすればいいのにぃ。
(まあ、私が悪いんですけれど、四角のレ点ってはみ出さないことが常識でしたっけ?)
印紙を買って、質問表を書き直してからまた戻るように言われる。
ってか、先に印紙を買っておけば早いかと・・・。

そして、1時間後に安全講習があるので当日に受けることにしました。
場所は警察署の隣の建物「交通安全協会」という施設。

その安全協会にも窓口が4つもあるけどガラガラでみなさん暇そう。
そこでは免許の後日郵送の手続きをするのですが簡単な手続きなので即終了。
一方で警察署は激混みなんだけど・・・。

講習は優良講習なので30分だけでしたが、かなり真剣に聞いてしまいました(笑)
免許の点数とか色々変わってるんですね。
時々質問したいぐらいでしたが、そういう雰囲気でもなく。

久々に日本に帰ると歩道を走る自転車が危なくて、
しかも自転車に乗りながらスマホを見てる人も多くて歩道を歩くのもビクビクです。
やはり事故が多いのか講習でも取り上げられていました。

昨日、バス停でバスを降りようとしたら歩道を自転車が走って来て
運転手さんに「自転車が通過してから降りてください」って言われました。
その一言がなかったらマジで危なかったかも。

道が広ければ歩道、自転車道、車道と分けられるものの、
なかなか日本では難しいですよね。
自動車免許の更新なのに自転車の話を聞く時間が長かったような・・・。
自転車は軽車両です!と何度も言っておられました。

ドイツ(海外)生活に慣れた人の日本帰国時の「あるある」かもしれませんが、
横断歩道でも怖い思いをしたことがあるはず。
本来は歩行者優先ですが、現実はかなり自動車優先になってしまっていますよね。

話がそれましたが、免許更新、絶対にもっとスムーズにできる方法があるはず!
地域によってはスムーズなところもあるのかなぁ。

対応する側も書類不備などで何度も説明しなきゃいけないし
イライラしているのがわかったしちょっと工夫すれば絶対に楽になるはず!
な~んて私が1人言ってても変わらないけど。

結局、かなり時間がかかりました。
でも無事、更新手続きは終わったのでひと安心。

免許の更新って数年に1回だけに忘れないかヒヤヒヤしてます。
ドイツの免許をJAFで翻訳して携帯すれば日本で有効だと聞きました。
もう日本の免許はいらないかな、と思うものの
日本では身分証明書の一つだし無いよりはあったほうが便利かなぁと更新していますが、
実際、皆さんはどうされてるんでしょう??


***ブログ村、退会しました。事前にお知らせせずすみません。今後ともよろしくお願いします。***




☆妊婦の長距離フライト

Category : ドイツで妊婦生活
妊娠5か月に入り、日本に一時帰国をしました。
ちょうどドイツを発つ日の朝に妊婦健診を受け、問題なし!とのことでした。
いわゆるエコノミークラス症候群を防ぐために、ヘパリンを注射するようにとのことで
往復それぞれ1本ずつ頂きました(処方ではなくその場で無料でくれました)。
太ももに注射との事で、空港に行く前ぐらいがベストかな、とのこと。

ヘパリンの注射は不妊治療で慣れていたので問題なし。
初めてだったらちょっと怖かったと思いますが、
お腹より太もものほうが痛かったです・・・。

フライトはあまり寝れませんでした、見た目にも妊婦とは解らないので
普通に乗りましたが、体調が悪くなることもなく無事到着しました。
心の中でお腹の赤ちゃんに、「ここ日本もあなたの故郷のひとつよ」と
ささやきながら大阪に向かいました。

さすが安定期です。
初期のころは30分程度のフライトでもきつかったですけどね。

大きな荷物は羽田で郵送にしたので家までも身軽に帰れましたし
空港からの電車も座れたので良かったです。

日本に着いてから日に日にお腹が大きくなっているような気がします。
早く旦那に見てもらいたいなー。
この間プクプクしてたのが胎動かと思ったのですがそれ以来なし。

日本ではマタニティーマークを欲しいなと思っていました。
賛否両論を聞いているしつけるつもりはないのですが、
こっそり鞄に忍ばせておこうと思って妊婦になったら欲しいなと思っていたもの。

fc2blog_2015020812244117d.jpg

駅でも配布されていると聞いたのですが、どこでもというわけではないらしく
私の最寄の私鉄では配布していないとの事でした。
仕方なく市役所に行ってみたのですが、母子手帳がないとの事で
係員さんも渡してよいのかちょっと困っておられました。
コートを着ていればお腹も大きくなっているか解らない程度だったのもあり、
別に無理に欲しいわけではないので、もし可能であればという程度ですし、
無理なら大丈夫です、とお伝えしたのですがスタッフ数名が出てきて
(そんな大きな事じゃないんですけど・・・)結果として頂くことができました。

実際日本では何度かラッシュアワーに電車に乗ることがあったのですが、
私の場合は座りたいとかではなく(初期の体調が不安定な時期なら座りたかったと思います)
ムワーッとしたあの何とも言えない空気が辛かったです。
冬の満員電車って独特な空気ですよね。

日本ではあまり予定を入れずゆったりしています(これを書いている時点ではまだ日本にいます)
散歩がてら図書館に行ったり、時々知人に会ったりとダラダラしています。

それにしても家が寒いー!











☆ゆるキャラはここまで来たのか(笑)

Category : 日本
久々に日本に里帰り中。
(遅いけど)初詣を兼ねて地元の神社に。



節分のお祭りでした。



その後、足を伸ばして兵庫県宝塚市にある中山観音へ。



こちらは有名なお祭りらしく大賑わい!
ちょうど豆撒きの時間に間に合いました!



いまや、観音様までゆるキャラですよ…。



何処ぞの成田山みたいに超有名人の登場はなかったけれど、
私は知らなかったのですが、有名らしい桂吉弥さん。



礼儀正しい鬼。





素敵な女性陣は宝塚の方のようです。



豆撒きでは、ちょっと身の危険を感じるほど必死な人々。





2つ頂きました。



いまや全国区ですが、私の育った地域では昔から馴染みのある「恵方巻き」と「鰯」を夜ごはんに食べました!

帰りに立ち寄ったデパ地下では恵方巻きを求める行列。
惣菜売り場だけでなく、スイーツ売り場でも恵方巻きサンドとか、
鬼の絵の書いてあるケーキとか、販売チャンスを狙うお店ばかり。

そして間も無くバレンタイン。
こちらは逆に、マグロや鮭をハート型にくり抜いて、
トロける愛を❤️なんて書いて「トロ」が売られる鮮魚コーナーなど。
デパ地下から必死に商売を仕掛ける様子が伝わって来ました。

それにしてもデパ地下ってホント凄い人ですよね。
(ちなみに立ち寄ったのは「イカ焼き食べたいなぁ」と言う理由で阪神百貨店です)
久々の人混みに疲れました…。





-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-