☆お願いだからやめてほしい・・・

Category : 日々の暮らし
昨日のサッカー、バイエルン対ドルトムントはすごかったですねー。
最後まで気が抜けずハラハラ!!まさか最後にあんな展開になろうとは・・・。
旦那不在のため一人で見ていたのですが、思わず声が出てしまいました。

愛しの男前Weidenfellerは怪我で欠場していて残念ですが
かわいらしくて憎めないLangerak君の大活躍もあって勝利。はー、ドキドキした。
今回のLangerak君の大活躍により、今後の正キーパーの座も気になるところ。
一方同じ準決勝でも今夜のWolfsburgの試合は面白くないなー。
3部チーム相手だしねえ・・・。ここで3部のBielefeldが勝つ!ぐらいの展開だと
またひときわ面白いんだけど・・・。

それにしてもここ最近、今まであんなにときめいていたWeidenfellerが
以前ほど素敵に見えないことがあります、なんだろ・・・変わったのかな。
それとも見慣れたのかな。テレビに映る度に素敵過ぎてときめいていた頃からすると
ちょっとピークが過ぎた感が否めない・・・なぜだろう。

さて、本題ですが、少し前にこんなことを書きました。

☆Amazonでトラブル発生、でも対応が凄い!

私の元には届かぬまま勝手に返送されていった小包。
そしてその後、また別のものを同じようにPackstation宛てに頼んだのですが
全く同じ現象が起きて、結局届かぬままAmazonに返送されて行ったのです。
理由はわかりません、完全に同じ現象でした。
しかもキャンペーンだかなんだか、プライム便が無料だったので試してみたんです。
プライム便ってすぐに配送するのがウリですよね。

それ以来、Packstation宛てに送付するのはもう懲り懲りで避けてます。
何かを宅配するときも小さなものであれば基本は会社宛にしてます。
ただ、送付先を指定できるのは通販とかで自分でアドレスを指定するときだけで
誰かが何かを送ってくるときは指定できません。

ちなみに、日本みたいに日付とか時間指定はありません!!!
通販とかなら、出荷された後にDHLから何日予定って連絡が来ることもありますが
その日に配達されるという保証は無くて、あくまでも「予定」。
今回届かなかった2回もちゃんとその「予定日」が送られて来ましたけどね。
ホント日本の宅配ってすごいんですよ、すごすぎてちょっと怖いぐらいですが・・・。

ここ最近立て続けに自分がオーダーしたものではない予測していなかった荷物を受け取ることがあり
1つは受け取れたのですが2つは不在中に配送されました。

配送業者はDHLとHERMESなんですけど、不在だったときに
最寄のDHLステーション保管になるのと、最寄の郵便局保管になるのと
ご近所さんに預けるのとその対応の違いは配送のお兄さんのさじ加減なのでしょうか。
お願いだから近所に預けるのはやめて欲しいんですよね。
HERMESはご近所預けが基本なの?ってほど。

別にご近所さんが意地悪だとか、何かを言われたとかそういうことではないのですが
気を使ってしまって仕方ない・・・。
どの家も働いているので、結局荷物を預かる家はいつも決まっていて
今までは仕事何してるの?ってなぐらい家にいる私たちと同じぐらいの世代の
ご夫婦宅に預けられることが多く、私も旦那もそのご夫妻が苦手。
日ごろ挨拶はするけど笑顔はないしいつもムスっとしていて、荷物を取りに言っても愛想が悪い。
その家に預けられたときは私と旦那でどっちが取りに行くかひと悶着あるほどです。

そしてここ数ヶ月は、そのご夫婦の向かいに引っ越してこられた
一人暮らしのおじいさんがいつも家にいるので預かり先になることが多い。
とってもやさしいおじいさんなのですが、引っ越してきたばかりで
そこまで知り合いでもなくてそれもまた気を使います。
荷物を取りに行くといつも笑顔で対応してくれて、本当にやさしいおじいさん。

今回は1週間で2回発生しました。2回ともおじいさんのところ。
人のお宅に荷物を取りに行くのは時間も気を使います。
私たち夫婦は平日だと出勤前か帰宅後。
なんとなく私の勝手な感覚ですが、荷物を取りに行くなら
朝は10時ぐらいから夜は19時、夏場ならせいぜい20時ぐらいが常識的な範囲かなと
思っていますが、なかなかその時間に取りにいける日も少なくて、
何日も預かってもらっていることもあります。
預かっているほうも何日も取りに来ないと気になるだろうな・・・と思うし
でももしかしたらそんなことを気にしてるのは私だけかもしれないけど
ホントお願いだから近所には預けないで欲しい。

これってどうにかならないものですかねー。
近所のDHLステーション(これまた営業時間が短いけど)預かりが一番気が楽。

日本だとネットのほうが安いし家まで届けてくれるし
日用品とかもネットで頼む人が多いですよね。お買い物に行かなくても生きて行けるほど。
でも私はこちらの生活では極力ネットでは頼みたくないし頼みません。
ただ日本と違ってお店のラインナップも少なくて、ネットじゃないと手に入らないものの率は
逆にドイツのほうが高いような気がします。

はぁぁぁ、何とかならないものかなー。




☆今年初の白アスパラ

Category : お料理・たべもの
満開だったタンポポが日に日に綿毛になっていきます。
そして風に乗って家の中に入ってくる。
もう掃除しても掃除しても家は綿毛だらけ、追いつきません。
お料理して、出来た!ってキッチンで少し置いていても
ふわーっと綿毛が飛んできてお料理に入ってしまいそうになる(いや、入っているかも)
おもわず「たんぽぽ、綿毛、無害」とか調べてしまうほど。
家にタンポポが咲いちゃうんじゃないだろうか・・・。それぐらい綿毛フェスティバル。

さて、タンポポが綿毛になるこの時期になると出回るシュパーゲルこと白アスパラ。
まだ出始めなのでちょっと高いなーという感じですが
先週末にALDIに出ていたので、ついに本格シーズン到来か!と思ったものの
ALDIでもまだ高い・・・。500グラム2.5ユーロぐらいが毎年一番安い頃の値段のですが
まだ4.3ユーロもしました。市場などに比べればそれでもずいぶん安いですが。

旦那に「まだちょっと高いねー」と言うも、食べたい!とのことだったので
週末に初シュパーゲルを頂きました。

でも、「てんぷら」です(笑)
シュパーゲルの一番オーソドックスな食べ方はジャガイモを添えて
こってりしたクリームソース「ホレンデーゼソース」をかける食べ方。
あのクリームソースはアスパラの味を消し去るし、
それでなくてもパンチの無いメインにジャガイモって・・・・。

ということで、家ではもっぱら「てんぷら」です。
そしていつもはてんぷらといいながらも揚げるというよりは
多目の油で焼くという感じなのですが、ちょっと奮発して(←油を・・・)
ちゃんと揚げてみたところ大正解。サクサクに仕上がりました!

ca (5)

夕食全体。

car (2)

大根と鶏の煮物とサラダ。そして初のベランダご飯。

平日はお料理をする余裕もないのでうどんとか春雨とか簡単に済ませますが
週末はとりあえずちゃんとお料理してます。

翌日のお弁当。

car (1)

もうちょっと力入れるべきですかね・・・(笑)









☆ちょうど1年後の姿

Category : ドイツで妊婦生活
週末は同僚のおうちに遊びに行きました。
何度か過去にも書いたことがありますが、私が初回の不妊治療がNGとなり
号泣していたときに「妊娠したの!」とものすごいタイミングでメールを送ってきた同僚。
(もちろん同僚に非はありませんけどね、タイミングがタイミングだっただけで・・・)

彼女のお腹の中にいたベビーちゃんのお下がりをもらうことになろうとは
全くあの時は想像すらしていませんでした。
ベビーちゃんは7月中旬生まれ。私の予定日と3日違いです。
ということでこのまま順調に行けばちょうど1年差になります。
なのでお下がりも時期的にばっちりだから取りにおいでーとずっと言ってくれていて
ようやく訪問が叶いました。

彼女の旦那さんとは過去に「ハロー」とひと言だけ挨拶したことがあり
それ以外は全く会うことも話すことも無かったのでほぼ初めてではありますが
なんともものすごい話しやすい人で、旦那も初対面でしたが相当意気投合した様子。
細かいことを気にせず、明るく陽気な旦那さんはクロアチア人。
もう長くドイツに住むのでドイツ語も普通にネイティブだし言われなきゃわからないけれど
底抜けに明るくて大らかな人懐っこい感じ、そして整理整頓好き(笑)

数週間ぶりに会ったベビーちゃんはつかまり立ちを始めてました。
なんでもお口に入れたい年頃。
1年後はこんな子がいるんだーと思うと、子供の成長の早さには驚きです。

そして旦那も少しは現実味を持ったか(男性ですし未だ親になるという実感は無さそうです・・・)
今まで赤ちゃんや子供は怖くて抱っこできなかったのに、
気が付いたらそのベビーちゃんを抱いてるではないですか!
私は同僚と話に夢中になってたのでどういう経緯があったかは知りませんが
旦那が自ら子供を抱っこすることは未だかつて見たことがありません。

彼女はまだ2人目も狙っているし、お下がりは小さくなったら返却してーとのことで
全てのお洋服に印がついてありました。一応私も忘れないように写真を撮っておきました。

car (4)

ca (3)

ca (4)

っていうか私的には結構サイズが大きいと思うものもあるのですが
1年後にはもう着れなくなるの?ということに驚きです。

早速洗濯して、例のIKEAのタオルハンガーにかけました。
お店みたいで可愛い♪

ca (2)

タイミングを逃すと着せぬまま終わる服もあった!とのことで、
せっかくいろんな方から頂いたお下がり、タイミングよく着せたいものです。
そのためにもどのように収納すればいいか考え中です。

お下がりって洗濯して縮んでいたりもするので
服についているサイズより小さくなっているものも多いので
そのサイズ表示よりは実際の大きさを見て保管しなければ!と思ってます。




☆菜の花シーズン到来!

Category : 日々の暮らし
残念ながらお天気の悪い土曜日。
それでもせっかくだし、とお散歩に繰り出しました。

ft (25)

お天気のいい日の週末の午後なんて、どこから沸いてきたの!?ってほど
大賑わいな散歩道、見事に誰もいません。ある意味わかりやすいドイツ人(笑)

りんごの花。

ft (21)

ft (28)

タンポポたち。

ft (29)

ft (26)

ft (23)

太陽が出てればとっても綺麗に映えるはずなんだけど・・・。

そして私が一番好きな景色「菜の花」。

ft (34)

これも太陽に映えるんだよなーーー。とっても綺麗な黄色い菜の花畑。
正直、プロヴァンスのラベンダー畑より綺麗だと思います。

でもまだ満開じゃないので、次にお天気の日があったら行ってみよう!

イチゴはまだまだって感じです。

ft (30)

桜もまだ咲いてます。

ft (22)

で、最後には雨が降ってきました・・・。
平日はずーっとお天気がよかったのに・・・。ほんと皮肉なもんです。

このところ気温の高い日が続いたので、4月14日に種をまいた紫蘇も

ah (1)

10日程度で元気に芽が出てきました!
一番右の鉢はお友達から株分けしてもらったもの!もうちょっと成長したら間引こう。

ft (19)

今年の家庭菜園は紫蘇一本に絞ります。

で、日曜日はちょっとましな天気だったので、夕方晴れた隙にまた散歩。
犬の散歩に乗馬にサイクリング。すごい人でした。わかりやす~。

お馬さん見えますか??30分程度の散歩でしたが5頭はすれ違いましたね。

car (3)

菜の花畑も相変わらずかわいらしい。

TN (1)

car_20150427041308688.jpg

快晴とまではいかなかったけど、
雨もパラっと降ったりもしましたが過ごしやすいお天気でした。

ca.jpg

散歩って日本にいた頃はあんまりすることが無かったけど
家にいるとネットをしたり家のことをしたりとバタバタしてしまうので
旦那と話すぐらいしかすることの無い散歩ですがそれはそれで貴重な時間です。

ca (1)

また一週間頑張ろう!ってか5月1日が祝日だから今週は早そう!
サッカーもあるし♪




☆最近のご飯いろいろ

Category : お料理・たべもの
先週の話ですけど、友達から明太子をもらったのでウキウキ和食♪
私としては白ご飯、お味噌汁、明太子ですでに食事成立なんですけど、
旦那はそうも行かず、結局色々準備したら(うち的には)豪華になりました。

lg.jpg

とはいえ残り物の処分も兼ねたんですけれど、
メインは一応鯖の竜田揚げ。旦那の大好物です。
そして、最近お土産でもらったりと時々登場するひじき。
このひじきも意外にも旦那が好きで喜びます。

おかずがたくさんだったので、結局明太子には触れぬまま終了(笑)
明太子は一人ご飯のときに、頂きました。おいしーーー。

あと、先日は友達とエチオピア料理を食べに行きました。

af (1)

手で食べるんです、本格的~。
それに和食同様、いろんな種類のお野菜がありました。
やっぱりちょっとずつ色んなものを食べられるのはいいですよね。

今一番受け付けない食事は、ドイツ料理です(笑)







☆なーんだ、家で洗濯できたわ・・・。

Category : 日々の暮らし
もう冬のダウンコートは着ないだろうなと思って、
数週間前から「クリーニングに持っていく」と決め袋に入れて玄関においてあります。
ロングのダウンコート2着。結構な嵩です。
会社の近くのクリーニング屋さんをよく利用するのですが、
このダウンコートを2着も持って電車で移動するのはちょっと大変、
かといって家の近くのクリーニング屋さんは、そこしかないということもあり
値段も高いし対応も悪いので私も旦那も行くのが嫌なんですよね。

そんなこんなでそのまま数週間放置され、
隣町のクリーニング屋さんでも調べて持っていこうかなーと思ったときに、
何気なく「家で洗えたりして」なんて思って先にそっちを調べたら
普通に「手洗い・30度」のマークが付いてました。ドライクリーニングではなかった!

なーんだ、家で洗えるのか・・・。
洗濯機の手洗いコースで洗ったら普通に綺麗になって何も問題なく終了。
ダウンコートってクリーニングも高くつくし、家で洗えたのでかなり嬉しい。

ずっと「クリーニングに出さなきゃ」って心の片隅で思っていたことがなくなって
スッキリしました!

お天気がよかったのでついでに頂き物のおもちゃも洗濯。

MT.jpg

お天気がいいと色んなことにやる気が出ますね。

平日はずーっとお天気がよくて、週末になると崩れるお得意のパターン。
また今週もそんな感じのようです。

今、黄色い菜の花と白いりんごの花がとっても綺麗なので
週末は写真を撮りに行きたいけれど、お天気が悪いと今ひとつかな・・・。







☆クマさんの服

Category : ドイツで妊婦生活
先週末、近所で開催されたベビー・子供用品のフリマに行ってきました。
春のフリマシーズンもそろそろ終了のようですね。
性別がわかってからはじめてのフリマ訪問なので楽しみにしていたのですが
あまり思っていたほどベビーものがなくて残念でした。
もう少し大きな子供向けのお洋服が充実していました。

そんな中見つけたのがこれ。

MT (1)

そう、クマのぬいぐるみで有名なあのシュタイフのクマさんが付いた服。
私、知らなかったのですがシュタイフって子供服もあるんですね、
そしてここのお洋服、結構なお値段なのです。高級ランクのベビー服なのかな。

最初は「ふーん」と思っていたのですが、よく見ると可愛いんですよね。
服のクマさんにもちゃんと耳にタグが付いています。

1着はお下がりで頂いて、今回フリマでこのズボンを見つけたので購入。
フリマでもやはりシュタイフだからか良いお値段(4ユーロですけどね・・・)でした。

とりあえずほぼ全てお下がりですけど生後から当分は大丈夫かな、という感じで
揃えることができました。
お天気の良い日に水通ししないといけませんね。
水通しって、新品の衣類についた糊などを落とす目的みたいですが、
新品の物はほぼ無いので単なる洗濯ですかね(笑)




☆冷凍庫の霜取り

Category : 日々の暮らし
一人暮らし用のミニ冷蔵庫じゃあるまいし、なぜファミリータイプのでかい冷蔵庫で
霜取りしないといけないの!!??

大家さんの持ち物だし文句は言えないけど、2年ぐらい前に冷蔵庫が故障した大騒動があり
その時、大家さんが買い換えてくれたのが安物冷蔵庫。
そして霜との戦いです・・・。

MT (2)

冷蔵庫の電源を切って作業するには季節的にもそろそろ限界。
冬は寒いから、ようやく天気の良くなった今のうちに、
そして気温が上がらない午前中に、と思って週末に取り掛かりました。

MT (3)

クーラーボックスとかないので、取り出した冷凍品はひとつに集めて
アルミホイルでなんちゃってカバーを。
霜の全てが溶けるまで待ってられないので
溶け始めたら手で砕きながら取りました。でも時間かかった・・・・。

自分で冷蔵庫を買う日が来たら、絶対自動霜取り機能の付いた冷蔵庫にしてやる!






☆頂き物をリメイク

Category : ドイツで妊婦生活
子供用品の頂き物の一つ、Laufgitter。
2人姉妹が使って10年弱使われていたものです。

絵柄も可愛い。

1 (5)

1 (6)

もちろん問題なく使えるのですが、
運搬のときにビリっと破けてしまって、でも裏側なので問題はありません。

1 (4)

だけど、いい機会だしこのビニールだけ張替えようかなーと。

ビニール生地を探していたのですがあまりいいものがなく、
そうこうしているうちに春になり、お庭やバルコニーのガーデン物が出始め
丸テーブル用の屋外で使用できるテーブルクロスを見つけました。

1 (7)

まずはもともとのシートを外すのが結構大変で・・・・。
大型のホッチキスを外すのに一苦労・・・。

l (5)

そして新しいシートを留めていきます。
木にも打てる大型ホッチキスを旦那の実家から借りてきたのですが
なんか今ひとつでなかなか綺麗にできません。
3発に1発ぐらいしか成功しない・・・。

lg (2)

とりあえず何とか終了。

lg (3)

lg (4)

こちら上手く刺さらなかった針の残骸。

l (1)

裏側は今ひとつだけど表から見たら綺麗なので、まっいいか~。

l (2)

こちらが完成した状態!

lg (5)

こういう地道な作業、私は大好きです。
旦那はぶつぶつ言いながらやってたけど・・・。





☆なんだかなぁ。

Category : 日々の暮らし
週末はとっても良いお天気でした。

MT (9)

タンポポも満開!

111_20150422050002f80.jpg


先週と同じくパパとママに散歩に連れて行って!と言われていました。
調子が今ひとつ戻らないパパは車にも乗れず、長い間買い物にも行っていないらしく
スーパーで買ってきて欲しいものも伝えられいました。
田舎で徒歩範囲では何のお店もない場所に住むパパとママ。
こういうときは本当に不便です。

少し前もママに買い物を頼まれて、その時は一緒に買い物に行きました。
ビールが1ダースぐらい入っていたプラスチックの空ケースをスーパーに返却しなければならず
それを私が持ったのですが(ビール瓶は入っていないので単なるプラスチックの箱)
ママが「駄目ー、持っちゃ駄目ー!」と大騒ぎ。っていうか指1本で持てるほどの軽さ。

そんな調子のママ、今回頼まれて買い物してきたものを車から玄関まで
ほんの10歩ぐらいの距離をとっても軽い買い物袋を持ったところ「ダメー!」とまたまた大騒ぎ。
中に入ってるのなんて、パン、ティッシュ、マッシュルーム、チーズとか
何一つ重たいものは入っていません。

気遣ってもらえるのはありがたいけれど、正直ちょっとめんどくさい。
毎日会社に持って行ってるかばんのほうがよっぽど重たいし。

そして家を出るときに旦那がワイシャツを2枚持って出るので何事かと思ったら
ママにアイロンをしてもらうんだと。
私たちのために何かしたいママは、いつもいつもアイロンのことを聞いてくる。
アイロンぐらい私が出来るし何もママにしてもらうことないし頼みたいことがあれば
伝えると何度も言っているのに、私にだけでなく旦那にも何度も何度も言ってくるらしい。
で、旦那がもうママをおとなしくさせるには持っていったほうがいいと判断したらしく
ワイシャツを持っていくことになりました。もう私は何も言わないけどさ・・・。

次の週末もまた買い物をお願いしたいとのことですが、
平日に必要なものもあるだろうし、REWEの家に配送するサービスもあるから
そういうのも使ったらどう?と旦那が伝えたら、
「買い物でもお願いしないと、あなたたちうちに来ないでしょ?」ですって!
「お買い物ぐらいたいしたことないじゃない!」とママ。

ええ、お買い物はたいしたことありません。
別に自分達の買い物のついでにすればいいだけ。
でもそれに付随してやれBBQだのランチだのと「買い物のお礼」と称して長時間拘束されるのが困る。
今日も散歩で2時間半(散歩というよりほとんど休憩でしたけど)、
ママが「買い物のお礼にドリンクをご馳走するわ!」と散歩途中のスタンドで休憩。

その帰り道、私はベランダに干した洗濯物を取り込みたい!と申し出て家で途中下車し、
旦那はそのままパパとママを送りに実家へ。
電球交換とか、バルコニーの机の移動とか数々のちょっとしたことを頼まれたらしく
そこから3時間帰ってこず。(途中下車しておいてよかった・・・)

それでなくても旦那が出張ばかりでほぼ週末しか私たち夫婦ですらも一緒にいれないし
色々ベビーの準備もしたいし、そういう状況をママもわかってはいると思うのですが
パパがあまり動けないのでママのフラストレーションが溜まっており
週末に呼び出され、結局半日以上はつぶれる事になります。

しかも私が産休に入ってから時間が出来ることを期待している感じも伝わってきます。

毎日ママもパパと2人っきりだし、パパがこの調子だからどこかに遊びにもいけないし
ママがパパ以外の誰かと接したくなる気持ちもわからなくはないんだけれど、
だからといって私たちも週末を毎回パパとママのためだけに費やすわけにも行かず
でもこれが一人っ子の宿命なのかな・・・と。他に頼る人もいないしね。

旦那も優しいのでママやパパから頼まれればすぐに実家に行くし手伝っているけれど
この調子でこれから益々こういうことが増えていくだろうし
でもここに子供が出来たら私たちもそんなに自由に動き回れないし。

そして旦那の両親を見るたびに、私の心は日本の両親のことを考えます。
まだ今は元気だけれど、私も弟も近くにいないから心配。

何かあればすぐに息子が来てくれるパパやママは幸せな人たちだな、と思います。
近くに住んでいるだけでも心強いだろうし。
だからこそ、あれもこれもと要求されると、逆に日本の親のことを思って
正直ちょっと腹立たしくなるのも事実。
子供に迷惑はかけまい!と必死に働く母の姿とか見てると
なんかこっちのパパとママがのほほーんとしているように見えてしまって・・・。
比較することではないけれど、やっぱり考えてしまいます。
出きるかぎり助けてあげたいとは思うんだけど…。

今週は私が平日に休みがあるから是非買い物をしてあげたいけど
また私が荷物を持つと大騒ぎだし…。はぁぁ。





☆久々のIKEA♪

Category : ドイツで妊婦生活
先日久々にIKEAに行きました。ビバ、一人IKEA!
そして、とあるものを購入。

af (5)

こちらの商品です。

enudden-handtuchstander-wei-__0199501_PE356687_S4.jpg

そうです、タオルラック。お値段控えめの15.99ユーロ♪
でもタオルラックとしては使わずに、別の用途です。

置き場所がなく子供用にクローゼットも準備できないので、
引き出し類はMUJIのPPボックスですがハンガーなどを吊るすようにこのタオルラックを。

af (4)

あえて一番下のポールは付けずに、服をかけられるようにしました。
ハンガーは前回日本で買ったもの、ニトリです。

af (3)

上のポールにはちょこっとしたものブランケットとかタオルがかけられるかな。

af (2)

IKEA、色々新商品も並んでました。また近いうちに行きたいですー!





☆ケルヒャーの窓用バキュームクリーナー

Category : お掃除
ドイツの最大ポイントシステムと言えるであろうPaybackカード。

payback-logo.png

Kaufhof、dm、REWEなどどこにでもあるお店が加盟店なのも使いやすい。
スーパー、デパート、ドラッグストアー、ガソリンスタンドなど幅広い加盟店も便利。

先日、REWEの買い物でいつも通りカードを出してポイントを貯めたら
レジのおばさんに「あらま、沢山たまってるわね、ポイント使わないとね!」と言われました。

知ってますよん!ポイント貯めて欲しいものかあるのよ!
あと700ポイントで目標の品物に手が届くのよ!

私が狙ってるのはKÄRCHERの窓掃除機!
日本でも売ってるんですね、窓用バキュームクリーナーというらしい。

これを持っている友達が大絶賛!
彼女もPaybackポイントでゲットしたらしい。

窓拭き・・・色んな方法を試すもなかなか綺麗にならなくて悩みの種でした。
そんな悩みが解消されそうな感じ!

ポイントが足りなくても残りは現金支払いで申し込めるし、
掃除意欲の沸くこの時期に手に入れたい!
でもあとたった700ポイントだし、頑張れば達成できそう!

ここ数週間は加盟店での買い物、そしてポイントアップクーポンを使って
ガソリンもちょっと高いけどARALで入れたりしてますが、なかなか貯まらない~!

ってか足りない分を現金で支払ったらいくらなんだろ?と調べたらたった89セント。
必要ポイントが特別に少なくなるキャンペーンなのか、
追加支払いは100円程度ですよ。なーんだ!なのですぐに申し込みました。

久々にポイント交換サイトを見ていたら結構色々欲しいものがあって
またこれからもポイントを貯めたいなぁと思います。

でもね、Paybackと同じように展開しているポイントカードで
Deutschland card と言うのがあるのですがこちらは加盟店が今一つで使いにくい。
ついでに今貯まっているポイントと商品ラインナップを見たら、
何一つ交換したいと思うものがなかったんです。なんでしょ、この差。
EDEKAとかで貯められるのでたまに貯めてますが
もうこれはためる必要もカードを持ち歩く必要もない気がします。

ということで、申し込んだ窓掃除機、すでに届いています!
使ったらまたレポートしたいと思いますー!






☆ドイツ暮らしも丸8年

Category : ドイツで妊婦生活
2007年4月17日にドイツに来ました。
気が付けば今日で丸8年!!ひょえーーーーー。
ドイツ語があんまり・・・とか言い訳してられない状況ですね。。。

8年前にドイツに来たときは、2,3年ぐらい海外で仕事して
また日本に帰ればいいか~などと考えていました。
当時29歳だったので、30代前半であればまた日本でも
仕事も旦那さんも見つかるかなと思っていたので。
8年前には想像もしていなかった今の状況。

さてそんな現在、我が家のテーマは「子供の名前」
そろそろ本腰をいれなければなりません。

ミドルネームをつけるのか、外国系、日本系のどちらにするのか
そんな段階から話し合うのでステップが多い。

私自身、日本の名字は珍しく、なかなか一度では理解してもらえませんでした。
初対面の方には何度も聞き返され、漢字ではどう書くのか聞かれ・・・。
それが嫌でもあったけど、二人といない名前なので覚えてもらえると早いです。

そして今、ドイツでは名字こそ変わったものの、名前はそのままですから
今は名字より名前を聞き取ってもらえない状況。
スタバで名前とか聞かれると困ります(笑)

そういう経験からも日常で何度も聞き返されるような名前は避けたいなと思っています。
でもあまりにありふれる名前だと名前の前に「◯◯の」と形容されるのも考えもの。
「あのよくしゃべる花子ちゃん」とか「ぽっちゃりした花子ちゃん」とか、
無駄にイメージを決め付けられるのも嫌だなあと。

子供の名前サイトなども日独ともに沢山ありますが、
ドイツでは実際にその名前の人が名前に対するコメントを書いているページがあります。

自分の名前が好きな理由、嫌いな理由などなど。これが結構面白い。
「クラスに何人もいて嫌だ!」とか、「両親にもっと考えて名前を決めて欲しかった」とか。
「○○って名前と間違えられる」とか、もちろん「気に入ってる!」とかも。

そしてそのコメントで必ず出てくる「Spitzname」と言うもの。
いわゆる「あだな、愛称」ですかね。

みちこちゃんが「みっちゃん」
さちこちゃんが「さっちゃん」
みたいな省略化された呼び名とでも言うのかな、
ドイツではSpitzname がどのようになるかも大切らしいことが伝わってきます。

旦那も「変なSpitznameになるのは嫌だなぁ」と。
名前で遊ばれたり変な愛称をつけられたりすることもあるようで、それを避けたいと言っています。

一方私は、やはり英語同様発音の難しい「R」から始まる名前は
私自身が上手に発音できないので、「R」始まりは無しかなあ・・・とか。

「ei」の入る名前もドイツ語だと呼び方がかわります。
Keiko ⇒ カイコ
Reiko ⇒ ライコ
というように「ei」を「アイ」と読むので。

あとは「S」も「さしすせそ」ではなく「ざじずぜぞ」系になるので音が変わってきたりします。
「J」も「やゆよ」系になるので、実際につけたい名前と呼ばれる名前が違うのもなあ、とか。
「Julia」は普通「ジュリア」と読みますが、ドイツ語だと「ユリア」になります。

そんなこんなでいろんなことを考えていたら、何も案が浮かばない(笑)
私の中では2つ、いいなーと思っていた候補があったのですが旦那の賛成が得られず断念。

はあ・・・なかなか結論が出ません(笑)






☆休暇用アパートに持参すべきもの

Category : その他旅行・観光
先日のイースターでFerienwohnung(休暇アパート)を利用した際の
持ち物、持って行くべきだったーと後悔したものを忘れないうちに。

・車での移動なので多少の荷物は積み込める
・日本のようにコンビにもないし、スーパーも日・祝は閉まっている
・食器、グラス類、お鍋などは一通り揃っている

という状況で何を持っていくべきか。

★あるかないか微妙だから持って行っておいたほうがいいかなと思うもの
①食器用洗剤・タワシ等 (あることが多いかとは思いますが・・・無かったときに不便)
②ゴミ袋 (ゴミだけではなく何かと役立つので念のため持っていくと便利)
③キッチンタオル、手ぬぐい (何かを包んだり色々役立つのであると便利)

★最低限必要だと思われる食品類
①調味料 (塩・胡椒・砂糖・油・お醤油などなど必要性に応じて)
②乾麺、パスタ、お米などなど
③コーヒー、紅茶など(私たちは家で使っている1人分のドリッパーも持参)

★絶対ではないけれどあると便利だけど荷物が増えるから別に無くても構わないもの
①水筒(魔法瓶)、ジップロック(サンドイッチとかを作って持って行くようなときに便利)
②菜箸(宿泊が長くなって何度もお料理するならあったほうが便利)
③はさみ(切れ味の悪いものとかしかなかったら結構困る)
④うどんとかラーメンとか作るならどんぶり(どんぶり系のお皿が無いことが多いです)

ぐらいですかねー思いつくのは。
今回、「あーーー持って来るべきだったー!」と後悔したのは「マスキングテープ」
前回の旅で思い知った便利さをすっかり忘れてました・・・。

☆旅の必需品、マスキングテープ

使い切らなかったジャムのビンの蓋をしたかった
(普通のジャムならよかったのですがWeckだったので閉まらず・・・)
旦那がぐちゃっと適当に開けてしまったコーンフレークの袋の封がしたかった
使いかけパスタの封がしたかった

とかで、マスキングテープとかセロテープがあればなーと思いました。

あまり荷物が増えるのも困りものですが、
日本とは違うからすぐに買えないので、やっぱりある程度は準備が必要。
今回は泊まった先で飲み物は格安で買えましたが、
ペットボトルのお水とかジュース、ビール、ワインとかは
飲まなければ持ち帰るという覚悟で多めに車に積み込んでおけばよいと思います。
(もちろん飲み物はガソリンスタンドとかで日曜日でも最悪買えるけれど、高いし・・・)

荷物が増えることも困るけど、家に帰ってから片付けるのもそれはそれで結構面倒。
なので私はあえて小瓶に分けたりせずに、家で使っているものをそのまま持っていきました。
油とかちょっと重たいけど、旅用に小分けしても残ったら面倒なだけだし・・・。
ちょうど使い切れそうなぐらいが残っているとちょうどいいですけどね。

休暇のシーズンになると、車で旅行している家族連れで
トランクに荷物がギューギューに積み込まれている状況をよく見かけます。
車って「念のため」って思うと何でも積み込んでしまうから荷物が増えるんですよね。
車移動の利点でもあり欠点でもあるかな。




☆アヒルちゃんな1日

Category : ドイツで妊婦生活
気がつけば産休まであと1ヶ月ほど。早いです。
妊婦生活をゆっくり満喫したいと思いつつ、なかなかそうも行きません。
この4月は仕事の引き継ぎで出張も多く外泊してばかりだったようなイメージです。
(イースターもあったのでそれもあって外泊したイメージが強いのかも・・・)

もちろん体調最優先でしたが、辛くなることもなく元気に仕事が出来ています。
が、つわりの頃と同じで週末になると気が抜けるのか疲れてしまい、
仕事ならテキパキ動けるのに週末は散歩すらキツイ状態。

飛行機にも何度か乗りましたが、上空で胎動が増えるんです。
2月には日本にも一時帰国したし妊娠初期の頃からよく飛行機に乗っていたので
飛行機好きな子になるかもしれません(笑)

産休に入るご挨拶と後任への引き継ぎで取引先など色んな方に会いましたが
赤ちゃんへのプレゼントを頂いたりしてありがたい限りです。
でも正直、未だに色んなことが他人事のような実感のなさです。

こんな可愛い木のおもちゃを頂きました。

ah.jpg

前に押すと首が左右に動いてオルゴールが鳴ります。
なんとも心が和むおもちゃ。こういうシンプルなおもちゃに惹かれます。
オルゴールの音、ものすごく久しぶりに聞きました。
とっても久々に聞いたオルゴールの音が、ものすごく「赤ちゃん」を連想させる音でした。

毎日まだまだ仕事でバタバタしていて、
今はまだこんな私たちの元に赤ちゃんがやってくるなんて想像すら出来ないのですが、
このオルゴールの音を聞いたときに、急に「私たちのところにも赤ちゃんがやってくるんだ」
となんだかすごく強く感じて、オルゴールを聴きながら涙が出そうになりました。

あんなにずっと望んだことが今目の前に起きていて
でも抜けない不安と、忙しさゆえにそんな嬉しい気持ちを味わい尽くせていなくて
なんか色んな気持ちをこのオルゴールに気づかされたというか
すごくゆったりとした幸せな気持ちを持つことが出来ました。

偶然にもその日、会社帰りいつも通らない家の近くの池を通って帰って
可愛いアヒルちゃんにほっこりしながら家路に着いたのですが

ah (2)

家に帰ってこのオルゴールのアヒルちゃんにまで癒されて和まされて
偶然にもアヒルちゃんな日になりました。







☆どっちにしても腹が立つ(笑)

Category : 日々の暮らし
かなり慣れたマニュアル車の運転。
急な坂道で停まる信号とかは嫌だけど、それ以外は問題なく走れます。

さて、そんなマニュアル車、私は旦那が隣に座るときは絶対に運転しません。
「もっとスピード出して!」「遅すぎ!」「なんで待つの!行けたのにー!」
「車線変更!」「追い越せ!」「後ろの人、イライラするよ」「なんでここでスピード出すの?」
とかとかとかとか、とにかくうるさいので旦那を乗せて運転は絶対にしたくない。

最初の頃、練習を兼ねて何度か乗りましたが
あまりにうるさい旦那に私がマジで発狂して泣いたことがあり(←ものすごいムカついたので)
それから一切乗らない!と決めました。

旦那が横でうるさいという話をしたら、ママが「昔のパパも同じようにうるさかった」と。
ママは今は運転しないので、運転している姿を私は見たことがありませんが、
なんとなくですが運転はあまり上手ではなさそうな気がします。
旦那が幼心にママの運転を覚えていて「ものすごい下手だった」と言ってましたし(笑)

先日、色々あって私が運転してママが助手席という2人で車に乗ることがありました。
ママが「急がなくていいからね、ゆっくりね」と私のことを思って言ってくれていたのですが
運転中、ずーっと「上手ね、全く問題ないわね」「とってもスムーズね」「最高よ」
「安心して乗ってられるわ」「完璧よ!」「最高の運転手よ」・・・・と褒めちぎります。

それはそれでイライラする私。
結局私は、けなされても褒められても腹が立つんだな、と(笑)

つまり、「黙って乗ってろ!」

私ってめんどくさい奴だなぁ(笑)




☆期限切れのものが続出・・・

Category : お掃除
日曜日はとっても良いお天気でした。
前の日遅くまで起きていた旦那は昼まで起きてこず、
午前中は存分にミシンでお裁縫をしてのんびりしました。

その後、掃除をしたかったのですが、おきてきた旦那が案の定
「こんなにいいお天気なんだから外に出なきゃ!」と言い出し散歩に繰り出しましたが、
私がなかなか早く長く歩けないため思う存分散歩が出来なかった旦那は
サイクリングに行く!と一人準備を始めたら、実家から呼び出しがかかりました(笑)
散歩で疲れた私は行かず、旦那が一人行くことに。

パパがずっと風邪で寝込んでいたこともあって弱っているから
近くに散歩に連れて行ってーというママからの依頼。
このところあまり調子の良くないパパ。もう高齢なので多少は仕方ないことかもしれませんが
日ごろから出不精のところがあるので、調子が悪いと余計に外に出ないので全く動かない・・・。
旦那が連れ出せばしぶしぶ散歩にも行くのですがママだけでは無理らしい。
頑張って元気になって孫を迎えて欲しいものです。

さて、旦那が出かけてもまだまだ太陽がさんさんと輝く明るい日差しに
無性に掃除の意欲が沸き、隅々まで掃除しましたー!あーすっきり。
そして食品のストックとか調味料とかのチェック。
定期的にしないとすぐに賞味期限が切れてしまうので。

今回チェックしたのは主にお菓子作りの材料類。
これが・・・見事に期限切れでした。滅多に使わないからどうしても残っていて
長らく使っていないホームベーカリーで使うドライイーストとか
プリンの粉とか、クッキーなどに絵がかける色の付いた砂糖のペーストの入ったペンとか
とにかく期限切れの嵐でした。よく考えたら最近全く使っていないものばかり。

レーズンとか胡桃とか、アーモンドとかそういうのも使いさしのものがありましたが
どれも期限切れ、潔く処分したら棚がガラガラになりました。
必要なときにしか買ってないのですが、全部必要なわけじゃないから困りもの。
それ以上小さなサイズもないし、お菓子作りのこの手の材料は使い切ることが難しいです。

その続きで、調味料系をチェック。ここは比較的意識しているので大丈夫でしたが
1年に数回使うか使わないかのブイヨンの粉は固まっちゃってるし、期限切れてるし。
これも滅多に使わないからどうしても期限内に使い切れないんですよね。
もう滅多に使わないものは一切使わないぐらいの気持ちでないと余計にもったいないですね。

ハーブ系の調味料とか容器に移し替えてしまっているので期限がわからない。
こういうのもそんなに減るものじゃないし・・・。

本当に使うものだけでお料理をするようにしなければな、とつくづく思いました。
珍しい調味料とかハーブとかってどうしても長期で保持してしまいます。
もちろん多少の期限が切れていても別に何が起こるわけでもないのですが
でも、悪くはなくても良いこともないと思うので、今回は潔く処分。

最近、またまた整理に目覚めているので要らないものチェックに精を出しています。
そんな矢先、土曜日にAldiで買い物したら有無を言わせず配られたもの。

k (3)

メモ帳かな、と思ったのですが、メモはメモでもお買い物メモでした。
いらんーーーー!!!

k (4)

そりゃ私も買い物のときにメモをすることはあるけれど
こうやって色々カテゴリーが決められているメモは使いにくい・・・。

でも見てると面白い。自由に記載できる欄もあるものの、
みんなが必要と思うものはすでに印刷されています。たとえば「じゃがいも」とかね(笑)
その時点で私の食生活とは違うから、役にもたたなさそう・・・。
ほんと、いらない・・・。





☆産科見学2件目

Category : ドイツで妊婦生活
産科見学2件目。
こちらの病院は森の中にあってとっても綺麗で、ここがいいなーと思っているところ。
旦那は不在のため参加できず、一人で行ってきました。
ママが一緒に行きたそうでしたし、私としても一緒に行っても良かったけど
実家とは逆方向だし、送り迎えすることを考えたら一人のほうが気楽だと思って。
実際あの場に義理でも実でも「母」という人と一緒に行くのはちょっと違うかなという
雰囲気でしたし、一人で問題ありませんでした。

会場は席が足りないほど大盛況!100人以上はいたと思います。
そしてものの見事に皆さんご夫婦で・・・。一人参加なんて私ぐらいだったかも。

話のわかることわからないことありましたが、
1件目の病院は結構色んな数値とかグラフとかでの説明が多かったけれど
今回の病院はもっとシンプルに赤ちゃんが生まれる中で
病院として何をサポートし、ヘバメさんがどう手を添えるのか、
生まれてからのカンガルーケアのこととかそういう話が多かったかな。

そしてお決まりの質問コーナー。
いやいや、ほんとみんな熱心です。旦那さんも熱心。

なんというのか、もちろん心配事とか気になることとかそりゃあると思うのですが
もうそこは病院を信頼して任せるしかないのでは?という質問もあったり・・・
そして必ず出る帝王切開の話。何パーセントの率で帝王切開か、とかそういうの。
そこも相当気になるのかなぁ・・・。

私としては、病院への持ち物とか病院に着いたらどこに行くのかとか、
とりあえず緊急のとき一時的にもに停める駐車場がどこにあるのかとか
そういうもっと細かいというか現実的な話が聞きたかったのですが
今回それに付いて触れられることはありませんでした・・・。
あとで見たら持ち物はHPに書いてありました。

ユニークな質問だなーと思ったのは
「病院に勤める全ての助産師さんと事前に知り合っておきたいのだが可能か?」。
わかるよー、わかる、どういう人が助産師なのか知りたいとは思う、
だけどそれって無茶じゃない??ましてや大きな病院だし・・・と思っていたら
やはり先生の回答も、不可能とのこと。
写真は廊下に貼ってあるから顔と名前はわかってもらえると思うけれど
現実的にそのような希望にこたえていては通常の業務に差し支えるし
知り合ったからといって、当日その助産師がいるとは限らないですから・・・と。
ほんと色んな希望があるもんです。

ここの病院のマイナス点を上げるとしたら、小児救急が併設されていないこと。
万が一というときに小児救急があるほうが安心だとは思います。
ただ、小児科医は毎日必ずいて、必要に応じて提携先の病院に搬送するそう。
一番最寄の小児救急へは救急車で8分の距離だそう。
これに関してはもう数十年来この体制でやっているし、
病院同士の連携は完璧だから、全て安心して任せてもらいたいとのこと。

そういうところも結構細かく質問する人が多くて、
先生もケースバイケースで一概には言えないという回答もあってそりゃそうだろな・・・と
私は思っていましたが、結構みんな細かく深く質問するんですよね。
そこまで心配ならば、小児救急の併設された病院にすればいいのでは?と思うものの
なんというか、こういう大勢の場であっても質問内容とかあまり空気も読まず
ぐいぐい質問するところとかすごいなーとそんなことに感心してしまいました。

私は病院の綺麗さとか雰囲気とか立地とか、説明会の雰囲気とかからは、
今日のこの病院のほうがいいなーと思っています。
とはいえそこまであんまりこだわりはありませんけど。

前にも書きましたが、ホントそういうことはあまりこだわらない性格のようです私。
どっちもちゃんとしているし、たくさんの赤ちゃんが生まれているし
その辺はどこの病院でも任せられそうな気がしてます。

ちなみにママは一人でも多くの赤ちゃんを取り上げる病院にしなさいとのこと。
今日の病院での出産は年間1200人、前回の病院は年間2000人。
これほどの数字であれば、別に1200人でも劣っているとは思わないけど、、、。





☆世界一のチーズケーキだって!

Category : 日々の暮らし
ずいぶん春らしくなりました!

sak (2)

ドイツでも桜が綺麗に咲いています!

sa (1)

黄色や赤いお花もあって賑やかな景色になりました。

sak.jpg

久々のマーケットへ。長らく来ない間に新しいお店が出ていました。
Stefans Kaesekuchenというチーズケーキのスタンド。
”der vielleicht beste käsekuchen der welt”って書いてありました(笑)
「おそらく世界で一番のチーズケーキ」と。

そう言われたら気になりますよねー。
ドイツでは珍しい手の平に乗るほどのミニサイズが売っていたので購入!
箱に入ってるなんてこちらでは珍しい。

k (5)

k (6)

直径12cmぐらいでしょうか、でもものすごくどっしりしていて重たいです。

k (7)

中はキメの整ったクリームという感じ。

k_201504120435276db.jpg

肝心のお味は!!
おいしかったです。甘すぎないのがまず何よりもの高得点。そしてものすごく濃厚!
クリームがしっとりしていてとろーっとしています。
ドイツでよくあるチーズケーキよりはかなりおいしかったですけど、
世界一ではありませんね、ドイツで一番ぐらいでしょうか。

その後は近くで開催されていた布マーケットへ。

k (2)

これもこの時期の恒例ですね。
今年の参戦は今日で2ヵ所目です。
色々作りたいものがあるものの、時間が無くてまだ具体的にどんな布がどれだけ必要か
はっきりとイメージできていないのと、今必要なのはものすごくシンプルな布なのですが
逆にシンプルなのはあまりなくて、可愛かったり素材が特殊だったりするんですよね。

日本みたいに手芸屋さんや布屋さんがあまりないので
こういう機会じゃないと可愛い布もなかなかめぐり合えないのですが、
残念ながら今回は、布は買わずに終了。

でもこんなリボンを色々買って来ました。

sak (1)

布マーケットはまたどこか近くに来たら行こうかなー。





☆旅先まで追いかけてきた「卵探し」

Category : その他旅行・観光
イースターが終わってるのに、イースターの話題で申し訳ないのですが
今年の「卵探し」について一言報告しておきます(笑)

パパとママから「卵探しやりたい?」との質問が来ましたが
イースターは旅に出ると宣言しており、
ならば1週間早めてやらないか?という提案が出てきましたが
イースター1週間前は私は例の女子会で外泊ということもあり、時間も無く、
ならば今年は卵探しは無し!という結論に至りました。

私が女子会で外泊している夜、旦那は実家にご飯を食べに行っていましたが
私抜きで卵探しはやらなかったらしい、あんなにやりたかったんだしやればいいのにね・・・。

そんな旦那は実家からこんなものをもって帰ってきました。
ママから私へのプレゼントだそう。

3_201504070722315d3.jpg

黄色いのは卵のキャンドル。周りにはうさぎちゃん。
可愛い、可愛いよ、ありがたい。ママのこういうところホント素敵だと思う。
だけど、またこうして物が増える・・・・。もうイースターの飾り、ありすぎて困るほど。

そしてイースター。4連休の3日目の日曜日がイースターのお祝いの日。
その前夜、旅先で旦那とちょっと険悪なムードになりそのまま寝たのです。

その険悪なムードが原因か、夜中、私は旦那が卵探しが出来なくて
11時11分を指す時計を見てがっかりしているという夢を見ました。
ええ、そうです11時11分というのはカーニバル(2月)の話ですが、
カーニバルとイースターがもうごっちゃごちゃになっている私の見た夢(笑)

そして翌朝起きると、「じゃあ、今から卵探しね!」と旦那が言い出すではないですか!!
旦那が休暇アパートに卵を隠したと言うではないですか!

険悪なムードを払拭したいのか(旦那が悪かったので・・・)
いや、そうではなく、ちゃんと旅行前に事前に買って準備してきてる!!!

どこまで卵を探したいの??っていうか探させたいの???

起きたばかりの私に「Kalt Kalt Kalt...Warm,,,,HEISS!!!!」と叫びながら指示する旦那。
(叫んでいる言葉は卵の場所から近いか遠いかという合図です)

ああ・・・・、私はこの例年の卵探しから解放されることはこの先もないのかもしれない。
でも、唯一救いだったのはアパートの部屋が狭かったことと、
卵は4つしか隠していないということと、比較的見つけやすい場所だったこと。

1 (36)

こういう旦那の性格も、ママ譲りなんでしょうね。
ありがたいと思わなきゃいけませんね・・・。正直、面倒だけど。

そして旅先からも「Frohe Ostern! ハッピーイースター!」の実家への電話は欠かさない。
午前10時にかけたら(お祝い電話は午前10時から12時までが基本らしい)、
すでに先約があって、通話中でつながらず。悔しいと言う旦那。(悔しさがわからん!)

朝から一通りパパとママと話して、そして夜またママから電話がかかってくるという展開。
単なる世間話でした、旅先まで電話してくる必要ある?と思える内容。

イースターに実家に来ないなんて!って思われてるんだろうなーきっと。
っていうかそんなお祝いする必要あるのかい?と思うのですが、
イースターはクリスマスよりは少し弱いけど大切なお祝いの日なんだそうな。

そして、今まで卵探しばかりで気にしてなかったけれど、
子供にとっては、誕生日、クリスマス、と同様にプレゼントがもらえるのが
イースターなんだそうです。だから子供達はみんな楽しみにしてるのか~。

ああ・・・来年からさらに激しくなるのでしょう、うちのイースター。
外国で暮らす以上、その国の文化は受け入れなければなりませんが、
前にも書きましたが幼い頃から触れていない行事なので、なかなか気持ちが入りません。

で、毎年聞いてる気がする、「イースターって何の日?」(笑)





☆皆さんご存知でした?「Blautopf」

Category : その他旅行・観光
先日のイースター4連休のドイツ国内旅行。
とにかく寒くて雪で残念だったテーガン湖からの帰り道、
往路のロマンチック街道めぐりで飛ばした「アウグスブルク」へ。

雪が降り、とっても寒い日。
見所はそこまで多くないものの、少しずつ距離があるので歩くのが疲れた・・・。
もっとすばらしい場所かと想像していただけに、やや印象は薄め。
まあ、天気の影響が大きいともいえます・・・。祝日でお店も何もやってなかったし。

1 (41)

そして、そこから次はウルムへ。
ウルムといえば世界一高い大聖堂がありますが、ウルムには過去に行ったことがあるので
今回の目的地はウルムではなく、ウルムから程近いBlaubeurenという街へ。

ここ、みなさんご存知ですか?
私は全く知りませんでした、聞いたこともなかったです。
でもネットで調べると日本語の情報がたくさん出てくるので、有名だったのか・・・?

ガイドブックにも載ってないし、ほんと全く一度も聞いたことがなかったんです。
そのBlaubeurenという街に、旦那が言うには「青い鍋」があるらしい・・・。

Blautopfって言うところ、「鍋」と解釈してしまいましたが、正しくは「青い泉」。
街も古くて可愛い町でした。

1 (42)

1 (43)

ものすごい田舎道で、こんなところを尋ねてくる人がいるんだろうか?と
不思議になるほどの場所でしたが、結構観光客がたくさんいました。
さすがに外国からのツアーなどはなかったけれど、ずいぶん賑わってました。

ここに何があるかというと、透き通るほど青い泉!

2 (1)

1 (45)

1 (44)

石灰が多いのでこのような色になっているそう。
写真からはこの透明度が伝わらないのが悔しい!
太陽の光の向きによってずいぶん違って見えるだろうし
きっと夏場なら木々も緑でもっと綺麗な風景なんだろうなー。

1_2015040707083028e.jpg

十分綺麗だったけど、ここもまた違う季節にまた訪れたい場所になりました。
日帰りは出来なくはないけどちょーっと遠いなあ、という場所なので
なかなかすぐには行けそうにないけれど、絶対また行きたい!

旅の最後にここに来れたから、なんだか寒くて雪ばっかりだった休暇も
綺麗に締めくくられ、素敵な思い出となりました。





☆ベビーカーは中古品で決定!

Category : ドイツで妊婦生活
ベビーカー、決めました。
結局、実物を見たかったQuinny Speediは1度も見ることなく、
平行して探していた高級ベビーカーの中古品を手に入れました。

旦那が「やっぱりあれがいいな」と街で見かけると何度も言うので
旦那の意思がある数少ないものでもあるし、しっかり旦那にも押してもらいたいので
それを尊重することにしました。

中古は結構出回っているので、色も選べるぐらいあるけれど
比較的家から近くで引取りが出来て、なるべく状態が良くて安いもの!を探し続け
近くの町で他の中古品よりは安めで売り出された日に即効連絡を取りました。
またまた旦那の力は借りずに私一人で頑張りましたよ。

そして引き取りに♪

安いには理由があって、その売主がすでに2代目だそう。
でも初代の人はおじいちゃんおばあちゃんの家にサブベビーカーとして買っていたので
そこまで使ってなくて、ほぼ新品で受け継いだそう。
(っていうか、サブなのにこんな高級なベビーカーだなんて・・・)


そして2代目は1年ほどしか使っておらず、引越しを機にバギーに買い換えるんだそう。
ということで3代目の割にはとっても綺麗。通算でも4年も使ってないかもとのことでした。

そして2代目さんが買ったウィンタータイヤ付き。
昨シーズンは雪が少なかったから結局2回ぐらいしか使ってないらしい。
っちゅーか、デカイ・・・。

IMG_9543.jpg

・まだ使えるけど、前輪は買い換えたほうがいいかも
・Maxi cosiのアダプターが必要

という状況ですが、それを差し引いてもお得だったのでその場で商談成立。
無事、ベビーカーも揃いました!

こちらも先日のチャイルドシート同様、全てのカバーが洗えるので取り外して
洗濯に最適なお天気の良い日を待っているところです。

IMG_9546.jpg

雨よけカバーとか虫除けカバーとか、日傘とか付属品もたくさん。
友人からプレゼントされたというガード用のカバーも頂きました。
その方はギリギリまで性別がわからなかったらしく2色ありました。

IMG_9545.jpg

ええ、旦那が気に入ったあのベビーカーです。

IMG_9541.jpg

気に入ってる割には名前が覚えられず「バンブー」って呼んでますけど。

正しくは「バガブー」です。

IMG_9542.jpg

それにしてもこのバガブーもだけど、ベビーカーはオランダ製品が強いですね!
自転車が多いのと何かつながりがあるのだろうか・・・・。

そしてちょっとおしゃれな街に行くと(Westendとか)、
本当にこのバガブーを押している人が多い!!

私たちもそんな「おしゃれ陣」の仲間入りですけど3代目中古です(笑)






☆ロマンチック街道は本当にロマンチックだった!

Category : その他旅行・観光
私の住むエリアでは、このイースターの4連休はとってもお天気が良かった様子。
そんなお天気の良い地元を抜け出して、3泊4日の旅に出ました!が・・・寒すぎた・・・。
同じドイツなのに、雪積もってたし・・・。降ってたし・・・・。0度以下やったし・・・・。

別にね、上着も不要なほど良い天気を期待していたわけではないんです。
ただ、ゆっくり湖畔を散歩してのんびりするようなそんな休暇をイメージしてたんですが
寒すぎて湖畔なんて歩けたもんじゃない!というのが結論です(笑)

目的地は、バイエルンのTegernsee(テーガン湖)。
ミュンヘン市内からでも1時間かからずに行ける場所かと思いますが、
うちからは遠いので旅行になります。
とっても綺麗な湖だと聞いていて、お天気がよければものすごく綺麗な青い湖だそうで・・・。

とりあえずそこを目的地に、初日は色んな街を経由して行きました。
ドイツの観光といえば!の「ロマンチック街道」、ホントこれはとっても有名ですよね。
ヴィルツブルクからノイシュバンシュタイン城までの街道。
今までいくつかの街は訪問したことがありますが、高速道路で向かうだけで
本当の「ロマンチック街道」を通ったことはありませんでした。

今回はそんなロマンチック街道を本当に通ってみよう!という計画を立て、
一部の区間だけですが、高速道路ではなくちゃんと「ロマンチック街道」を通りました。
そして、わかったことは、本当に「ロマンチックだ!」ってこと。意外にも素敵でした。
もっとつまらないものかと思ってました・・・(笑)

とりあえず初日は本当にいいお天気だったんです、感動するほどの快晴!
ヴィルツブルクまで高速で行き、そこからローテンブルクまでロマンチック街道にて。

これが、ものすごく良かった。
かわいらしい家々が並ぶ小さな街を抜けると、目の前に要塞のような巨大都市が現れます。

小さな街だと思っていたのに大きく見えるから不思議。

1 (13)

ローテンブルクは何度か来たことがあるのでちょこっと観光して終了。

1 (11)

イースターの卵だらけ・・・。

1 (10)

お花も咲いて春らしい♪

1 (12)

そしてそこから次はディンケルスビュールという街へ。
ここが今回大当たりだなーと思いました。とっても可愛かったー!

1 (14)

1 (15)

小さな町でしたがお天気が良かったこともあり人も多くて、
屋外でカフェやランチをする人が続出。春だわ、春。

そして、次なる目的地、ここは一度行ってみたかったネルトリンゲン。

1500万年前に隕石が落下してそのクレーターに街が出来たのです。
直径23キロメートルだったかな。本当にボコっとへこんでるんですよ!
それを聞くだけで、見てみたーい!とずっと思っていたのですが、
実際のネルトリンゲンの街はそこまで感動するほどでもなく、普通の街でした。

このゲオルク教会の上に展望台があって、
そこに登るとその直径23kmのクレーターを実際に見ることが出来るんですって!

1 (18)

ですが、この身重な体でこの教会の頂上まで登るなんて無理ー!って思ったのですが
なんかそれを見ずしてネルトリンゲンに来た意味はないだろう・・・と、
とりあえず登ってみることにしました。苦しければ途中でやめればいいと思って。

1 (17)

高さは70メートル。オール階段。
何度も休憩して、立ち止まって、何とか登りきりました!!

1 (16)

遠くに見えている丘というか山、あそこがクレーターの端っこ。
それが360度つながっていてちょうどその中心にいる感じです。
隕石ってこんなにデカイの!?と想像すら出来ませんが、
本当なんだとしたらものすごいことだな・・・と。

展望台はものすごく狭くて、時計回りにしか歩いちゃいけなくて、
誰かが立ち止まると詰まってしまいます、息を殺して体を薄くしてなら
何とかすれ違えるかな、という幅の狭さですが、お腹が邪魔して無理でした(笑)

朝から色んな街を訪問して疲れ果てて、ネルトリンゲンから目的地のテーガン湖までは
直接向かいました、その日はお天気も良かったから段々迫ってくるアルプスの壮大な山々に
感動しつつ向かったのでした。

予約していたFerienwohnungがナビでちゃんとわからなくて、迷い込んだ先に出てきた
大きな山小屋、そこはなんとあのバイエルンミュンヘンの脱税ウリおじちゃんの邸宅でした。
(Googleマップに普通にウリおじちゃんの名前が出てくるんです!)
今はまだ服役中なのかな?イメージはコンクリートで出来たような超豪邸かと思いましたが
立派な山小屋風のおうちでした、セキュリティは結構がっちりしてましたけどね。

もう近辺はこんな感じで雪が積もってます・・・。

1 (19)

そんなウリおじちゃんの邸宅からすぐの場所に宿泊。
Ferienwohnungとは、直訳すると「休暇アパート」。
ホント、アパートのようにキッチンなどが付いたお部屋です。
ホテルではないので朝食なども付いていなくて自分で工面します。
(場所によっては有料で提供するところもあるようですが・・・)

こちらが今回宿泊したアパート。ここに10部屋ぐらいあります。

1 (33)

駐車場にはニワトリが走り回っていてなんとものどか。
他にも動物がいろいろいて、子供達が触ったりしながら遊んでました。

1 (30)

1 (34)

お部屋はこんな感じ。リビングとベッドルーム、そしてキッチンがあります。

1 (27)

1 (22)

1 (21)

1 (20)

1 (25)

キッチンには冷蔵庫、電子レンジ、トースター、湯沸かし器、食洗機など一通りの物が揃っています。
食器やキッチン道具もちゃんとあります。

1 (23)

食べ物とか必要なものは家から持って行くなり、スーパーで買い出すなりして調達。
今回はドイツ全土が祝日なので現地調達は難しいと思って、家から色々持参しました。
いろんな忘れ物とか、もって行くべきだったものとかもあって後悔。

ここはキッチンペーパーや塩コショウなどは揃っていました。
また、有料でしたが飲み物もあるので(しかもと~っても安い)、
ビールやジュース、お水などは買いに行かなくても大丈夫でした。

かわいらしいイースターの飾りまでありました。

1 (28)

お部屋は十分広くてとっても静かで、聞こえてくるのはニワトリや動物の鳴き声。
テーガン湖も歩いていける距離でした。

19時ごろだったので暗かったのですが、こちらがテーガン湖。

DSC_000001 (13)

ホントのんびりゆっくりするには最適な場所でした。部屋もとっても落ち着くし。
また建物自体もとっても可愛くて廊下の装飾なども素敵でした。

1 (29)

3泊とはいえ旅の間、毎日外食はお金もかかるし、そもそも毎日外食はきついから
家からパスタとか乾麺とか持っていって軽く調理して食べました。
朝ごはんもパンだけはお願いしたら用意してくれます(しかも1個35セントというパン屋価格!)

朝起きるとお部屋の取っ手にパンがぶら下がっていました。

DSC_0045.jpg

DSC_0047.jpg

家からジャムも持参しました。

DSC_0046.jpg

ある日の夜はTHEバイエルン!
チーズ工場があったのでそこでチーズを調達しました。

1 (35)

キッチンがあるとはいえ別に凝った料理はせず、麺類とか簡単なもの。
フルーツを買ってきたり、ランチ用にサンドイッチを作ったりとキッチンがあると何かと便利。
休暇中は何もしたくない!と言う人もいますが私は食べたいものが食べられるほうがいいので
たとえ休暇中でも多少のお料理なら全く苦になりません。

別に特別なものじゃなくても、いつもと違う場所なだけでなんだか特別に感じるし。
朝ごはんも質素にはなるけれど、身支度整えて朝食会場に行かなくても
部屋でのんびりパジャマで食べられるし、私はこの休暇アパートタイプが大好きです。

2日目の夜は、バイエルンミュンヘン対ドルトムントの試合があった日。
街の飲み屋さんでテレビ放映しているところを探しましたがどこも満員で
3軒目にしてようやく見ることが出来ました。さすがにみんなバイエルンファンでした!

とにかく雪が降るし寒いしで・・・、バードテルツという街に遊びに行きましたがあいにく雨。
イースターのマーケットも開催されていて人は比較的多かったのですが、お天気がね・・・。
ものすごく可愛い街だったので、いつかまたリベンジしたいなー!

1 (32)

1 (31)

1日は国境を越えてオーストリアへ。
オーストリアの高速道路は有料なので、ステッカーを購入してフロントガラスに貼ります。

1 (37)

山を越えて向かったのはインスブルック。
晴れ間と雪が交互に変わる忙しいお天気でした。

1 (40)

フランスからマルシェもやってきていました。

1 (39)

インスブルックでもイースターマーケットに遭遇しました。
規模は小さかったけど観光客がたくさん!
そして見事にイタリア人ばかりだったのにはびっくり。地理的なものですかねー。
お店の人も普通にイタリア語を話すし。

1 (38)

でも思っていたほどの街ではなかったかな・・・。
もっと壮大な歴史的な街を期待してたので・・・。隣町のHallというところのほうが素敵でした。

と、色々動いていたようにも思えるけれど、お天気が悪くて寒いのでもう外には出られない、
という日もあって、そんなことも予測の上で旦那の指示で水着を持参していました。
これが大正解!宿近くにプールやジャグジー、サウナがある施設があってそこで半日過ごしました。

しかも、宿でもらった色んな特典が付いているというカード

1 (26)

バスに無料で乗れるとか特典があるものなのですが、
プールでも通常時間制限があるところ「時間無制限、おまけに大幅割引」にて利用できました。
しっかり泳いで、私はサウナには入らなかったけれどスチームバスとか、
ジャグジーとかでとってもリラックスできましたー。

イースターはお天気が微妙なことが多いから、
スペインとかポルトガルとかイタリアとか、ちょっと近場の暖かい国に行くという人も
多いのですが、今年はさすがにそこまでアクティブに動けそうにもないので
のんびりゆっくりを望んでのドイツ国内旅行。

代わり映えがないといえばないのですが、でもまだまだ知らない場所もあるし、
観光でドイツを巡るのも悪くないなーと思います。
今回はホントお天気が残念だったので、夏場にでもいつかリベンジしたいです。
休暇アパートも素敵だったしまた泊まりたい!

そして最終日、旦那がふと思い出したとある場所に訪問したのです。
そこがとーっても素敵で、なんだか今回の旅を気持ちよく締めくくれたそんな場所。
皆さんご存知なのかしら・・・?

ということで、また近いうちに書きますね。

携帯を変えたので写真の大きさが微妙・・・。
しかも私のPCが古いから?携帯の写真がPCに取り込めない!!ありえなーい。
iPhoneは何の問題もなかったのに初のアンドロイドに悪戦苦闘中です。






☆チャイルドシートの大掃除

Category : ドイツで妊婦生活
先輩ママから色々譲ってもらいました。
Laufgitterの床の高さが変わるタイプのもの。新生児から寝かせておけるとのこと。
8歳なる娘さんが赤ちゃんのとき、その中に入って寝ていたのをつい先日のことのように
覚えてるんですが、そんな懐かしいものを譲っていただけて光栄です。

「子供が出来たら譲ってあげるし置いておくからー」って何年も前から言ってくれていて
もう譲ってもらうことなんてないのかもなって思っていましたが、
無事、我が家にやってくることになりました。

でも家に持って帰って組み立ててみたら思いのほか大きくてびっくり(笑)
置きたいと思っていた場所には大きすぎるので要検討です・・・。

「昨日まで使ってたから掃除できてないけど、車で来てるなら持っていく?」といわれ
頂いてきたのが、こちら。

車のチャイルドシートです。

IMG_9554.jpg

これを使うのはまだまだ1年以上先なのですが、
まもなく4歳になる下の娘ちゃんが頭が出てきたようでもう使えないから、と。

お菓子のくずとかも隙間に一杯入っていて本当に昨日まで使われてたって感じでした。
まだ使うのは先ですが、今のうちに全てのカバーを取って掃除。

IMG_9553.jpg

カバーも全て洗濯しました。
元に戻せるのか心配でしたが、動画でUPされてたりするので簡単でした。

ちなみに生まれてすぐから1年ぐらいはこのようなタイプになります。
こちらはebayで中古品を買いました。
これは赤ちゃんを入れたままスーパーのカートに乗ってたりしますね。

IMG_9382.jpg

これももちろんカバーは全て取り外して洗えます。
こっちも先日カバーをはずしたらあり得ないぐらい砂?や色んなゴミが出てきました。
外からは全く見えなかっただけにびっくりした。
もうカバーの付け替えもお手のもの!

それにしても地下のケラーに段々物が増えていってます。





☆20年ものの新品

Category : ドイツで妊婦生活
ママの知り合いの方からLaufgitterを譲ってもらえることになり取りに行ってきました。
現物の写真はありませんが、こういうものです。

n_a059534_001.jpg

頂いたのはベビーベッドより断然大きくて、中で子供なら2人ぐらい余裕で遊べそうなサイズ。
今は床面の高さが何段階かに選べるものが多いみたいですが、
頂いたものは床面は一番底になるので、子供がつかまり立ちをするようになってから
必要になるものかもしれません。

その頂いたLaufgitterは、なんと初孫が出来た20年前に購入されたものなのですが、
1度も使われたことが無いという新品です(20年物を新品といってよいのかどうか・・・)

4人いるお孫さんが遊びに来たとき用に買ったそうなのですが
「子供を牢屋に入れているみたいだ」
「子供が動きたいと思っているのを阻止するのはよくない」
などと孫の親達に反対されてしまい、結局20年間お孫さんが入ることは無かったんだそう。

譲ってくださったのは高齢のご夫婦なのですが
「使ってもらえたら嬉しいわ」としみじみと言っておられました。
実際、子供が大人しく入っているのかまではわかりませんが、
私たちは全く「牢屋」なんて思っていなくて、私が一人しかいないときに、
家事の最中にここで大人しく遊んでくれていたら助かるだろうなーとか思っているので
是非使わせてもらおうと思っています。

木製でしっかりしていて(その分重たいけど・・・)シンプルなLaufgitterです。
無料で頂くなんて申し訳ないほどの良い品でした。

いろんな人から色んなものを譲っていただき、大変ありがたいです。





☆素敵な弟さん!?

Category : 日々の暮らし
昨日の嵐はものすごかったー!
風で歩けないし吹き飛ばされそうになるし、
しかも飛行機に乗ったのですが物凄い揺れで酔いました。
街も立ち入り禁止のロープが一杯!
そして、ミュンヘンは今朝は雪!(ミュンヘンにいました)
金曜日からイースターの4連休ですがお天気もイマイチのようですね。

さて、ここ最近新しい出会いがいくつかありました。
主にブログを通じての出会いです。
前からコメントくれていた方がかなり近くにいてびっくり!
少し前に共通の知り合いを通じて初めてお会いしました。
紹介せずとも私のことをよく知ってくれているのでなんだか不思議。
先日はおうちにお邪魔してお下がりまで頂いて来ました!心強い先輩ママさん!

そしてこれまたコメントを通じて知り合った女性。
彼女もブログを書いていてお互いがかなり近くにいることは認識してましたが
いやいやマジで近かった!今、一番ご近所の日本人知り合いかも!
しかも同じ関西出身で何かと共通点もあり昔から知り合いだったような懐かしさ。
ご近所だけに、ちょっとカフェしよ!とか気軽に会えるからなんか新鮮!
こないだはかなり可愛いカフェを教えてもらって大興奮!

まだ直接は会ってないけど1ヶ月違いでママになる方とも近々会う予定。
彼女からはフリマの情報とか色々教えてもらってます。
今のところ、唯一の妊婦の知り合いです。

メールでのやり取りだけで、まだ会う機会がないですが、
これから不妊治療を始めるという方とも、いつか会ってゆっくり話したい!

海外生活だからこそ同じ日本人として情報共有したり交換したり。
日本ならばこういう展開にはならないんだろうけど。

そしてブログをよく読んでくれている人が口々に言ってくださる
「素敵な弟さん!あまりに優しくて感動する!」というコメント。
弟よ、なんか妙に株が上がってるで!
実生活の株もしっかり上げて欲しいものです。




☆冷静な幸せと手作り抱き枕

Category : ドイツで妊婦生活
早いもので妊娠7ヶ月。
妊娠するまでは苦労したけれど、妊娠してからは本当にありがたいことに
何のトラブルも無く、また妊婦特有のマイナートラブルも未だ無し。

遅く始まった胎動も日々感じるようになり、
旦那がお腹に手を当てると動きが止まる摩訶不思議な現象も最近は減り、
旦那も時々ですが、胎動を感じられるようになりました。
義母が手を当てると全く動きませんけどね(笑)

不妊治療で辛かった日々のことを、だんだん忘れているのも事実。
でもあれだけ辛かった日々があったからか、
今この幸せを凄く冷静に感じている自分がいます。
もちろんとっても幸せなんだけれど、「絶対に来ないと思っていたこんな日々が来るなんて」と
そういう感じで思うことが多いです。

そしてお腹が目立つようになって、自ら話さなくても妊婦だとわかるようになり
会う人会う人に「おめでたなんだね」と言われることが増えました。
「ありがとうございます」とは言うものの、以前の私がそうだったように
人の妊娠を心から喜べない人、私と同じように喜べない自分と戦っている人が
いるのではないかと思うと、出来れば私の妊娠に関する話題は
さらっと触れて、早く終わって話題を変えて欲しいと思うこともあります。
そして「ようやく出来ました」とか、不妊治療とは言わなくても
なかなか出来なくてやっと出来たんだと主張してしまう自分がいます。

一方で、先輩ママさんや、お子さんがすでに成人したぐらいの年上の女性と話す中で
「これからもっと胎動が強くなるわよ」とか、「動けるのは今のうちよ」とか
「無痛分娩でよかったわ」とかいろんな話を聞くようになりました。
妊娠してから知り合った人たちではないけれど、今までそんなテーマで話をすることが無くて
でも妊婦になったからそういう話題をふってくれる、そんな話で盛り上がれることが
なんとも不思議で、今まで知らなかった世界に足を踏み入れたようなそんな気分です。

さて、妊婦グッズの必需品なのか、抱き枕、後に授乳枕になるような
長細い枕が売られています。フリマでもよく見るし、大体みんな持っている気がします。
あの必要性を感じず、未だ手には入れていないのですが
夜寝るときに、たしかに抱き枕のようなものがあると楽だろうなと思ったので、
いらない布で作りました、中身は家にあったドイツのよくあるタイプの80cm四方の枕。

IMG_9517.jpg

全然長くないですけどね。フワフワしてて気持ちいいです。
でも朝起きると、旦那に取られています(笑)

ちなみに、カバーに使ったのは古いボーダーチュニック。
漂白剤が飛んで色が抜けてしまって、着るに着れないのでここで使いました。

IMG_9518.jpg

私のパジャマとそっくりで(笑)、一瞬ベッドに誰かが寝てるのかとびっくりすること数知れず。
そして必要の無いときは、ベッドに一人人が増えたようで邪魔(笑)

IMG_9516.jpg

生まれた後の授乳枕としてもこれを活用して行きたいと思ってます。
とにかく物は増やさないぞ!!




-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-