fc2ブログ

☆移植日、ショックなスタート

Category : ドイツで不妊治療
本日移植日でした。
出来れば4つぐらい卵があって、うち2つを移植、2つを凍結したかったのですが、
結果・・・・2個のみ。ショック・・・・。15個も卵があったのにね・・・仕方ないのかな。
ものすごくショックだったけど、でも2つ残ってくれただけでもありがとうって思わないと。

2個戻すってサインしてたし、その2個しかない2個を移植することにしました。
このところ主治医の先生がいないことが多くて、
変わりにお世話になっている女医さんで、さっぱりしてて大好きです。

移植はいつもどおりすぐに終わりました。
いつもなら卵の写真をくれるのですが、今日はその機械が壊れてしまっているらしく
残念ながら写真が出せないとのことでした。
その代わり、中に入った状態の写真をあげるねー!と
エコー写真をもらいました、卵は見えないのですが卵が入っているところの
空気の丸いのが見えます、「証拠ね、証拠!」って先生が笑ってました。

今回は1回目の採卵、移植にまつわる注射とか薬が微妙に違います。

1回目は、移植後、膣座薬毎日とアスピリンを服用、それを妊娠検査日まで。
2回目の今回は採卵の翌日からすぐに膣座薬と、ヘパリンの注射を毎日。

1回目にOHSSと思われる症状になったので、それを避けるためのよう。
移植日の今日も採血したし、明後日また診察だって。
今まで移植後は一切診察が無かったのに。

でも全く同じことをトライするより、少しでも合う方法をさがしてくれてるのかな、と
ポジティブに考えることにします。ヘパリンの注射がものすごく痛かったのですが
ようやく慣れてきました、針先をよくチェックしたら尖っている場所がわかったので。

今回駄目だったら凍結胚の移植という方法が無いとなると・・・・
また採卵か・・・辛い。出来れば今回で終わりにしたい!

神様、お願いします。
今回こそはこの卵たちを私のお腹にしがみつかせてください!!

関連記事




Comment

非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-