☆ロマンチック街道は本当にロマンチックだった!

Category : その他旅行・観光
私の住むエリアでは、このイースターの4連休はとってもお天気が良かった様子。
そんなお天気の良い地元を抜け出して、3泊4日の旅に出ました!が・・・寒すぎた・・・。
同じドイツなのに、雪積もってたし・・・。降ってたし・・・・。0度以下やったし・・・・。

別にね、上着も不要なほど良い天気を期待していたわけではないんです。
ただ、ゆっくり湖畔を散歩してのんびりするようなそんな休暇をイメージしてたんですが
寒すぎて湖畔なんて歩けたもんじゃない!というのが結論です(笑)

目的地は、バイエルンのTegernsee(テーガン湖)。
ミュンヘン市内からでも1時間かからずに行ける場所かと思いますが、
うちからは遠いので旅行になります。
とっても綺麗な湖だと聞いていて、お天気がよければものすごく綺麗な青い湖だそうで・・・。

とりあえずそこを目的地に、初日は色んな街を経由して行きました。
ドイツの観光といえば!の「ロマンチック街道」、ホントこれはとっても有名ですよね。
ヴィルツブルクからノイシュバンシュタイン城までの街道。
今までいくつかの街は訪問したことがありますが、高速道路で向かうだけで
本当の「ロマンチック街道」を通ったことはありませんでした。

今回はそんなロマンチック街道を本当に通ってみよう!という計画を立て、
一部の区間だけですが、高速道路ではなくちゃんと「ロマンチック街道」を通りました。
そして、わかったことは、本当に「ロマンチックだ!」ってこと。意外にも素敵でした。
もっとつまらないものかと思ってました・・・(笑)

とりあえず初日は本当にいいお天気だったんです、感動するほどの快晴!
ヴィルツブルクまで高速で行き、そこからローテンブルクまでロマンチック街道にて。

これが、ものすごく良かった。
かわいらしい家々が並ぶ小さな街を抜けると、目の前に要塞のような巨大都市が現れます。

小さな街だと思っていたのに大きく見えるから不思議。

1 (13)

ローテンブルクは何度か来たことがあるのでちょこっと観光して終了。

1 (11)

イースターの卵だらけ・・・。

1 (10)

お花も咲いて春らしい♪

1 (12)

そしてそこから次はディンケルスビュールという街へ。
ここが今回大当たりだなーと思いました。とっても可愛かったー!

1 (14)

1 (15)

小さな町でしたがお天気が良かったこともあり人も多くて、
屋外でカフェやランチをする人が続出。春だわ、春。

そして、次なる目的地、ここは一度行ってみたかったネルトリンゲン。

1500万年前に隕石が落下してそのクレーターに街が出来たのです。
直径23キロメートルだったかな。本当にボコっとへこんでるんですよ!
それを聞くだけで、見てみたーい!とずっと思っていたのですが、
実際のネルトリンゲンの街はそこまで感動するほどでもなく、普通の街でした。

このゲオルク教会の上に展望台があって、
そこに登るとその直径23kmのクレーターを実際に見ることが出来るんですって!

1 (18)

ですが、この身重な体でこの教会の頂上まで登るなんて無理ー!って思ったのですが
なんかそれを見ずしてネルトリンゲンに来た意味はないだろう・・・と、
とりあえず登ってみることにしました。苦しければ途中でやめればいいと思って。

1 (17)

高さは70メートル。オール階段。
何度も休憩して、立ち止まって、何とか登りきりました!!

1 (16)

遠くに見えている丘というか山、あそこがクレーターの端っこ。
それが360度つながっていてちょうどその中心にいる感じです。
隕石ってこんなにデカイの!?と想像すら出来ませんが、
本当なんだとしたらものすごいことだな・・・と。

展望台はものすごく狭くて、時計回りにしか歩いちゃいけなくて、
誰かが立ち止まると詰まってしまいます、息を殺して体を薄くしてなら
何とかすれ違えるかな、という幅の狭さですが、お腹が邪魔して無理でした(笑)

朝から色んな街を訪問して疲れ果てて、ネルトリンゲンから目的地のテーガン湖までは
直接向かいました、その日はお天気も良かったから段々迫ってくるアルプスの壮大な山々に
感動しつつ向かったのでした。

予約していたFerienwohnungがナビでちゃんとわからなくて、迷い込んだ先に出てきた
大きな山小屋、そこはなんとあのバイエルンミュンヘンの脱税ウリおじちゃんの邸宅でした。
(Googleマップに普通にウリおじちゃんの名前が出てくるんです!)
今はまだ服役中なのかな?イメージはコンクリートで出来たような超豪邸かと思いましたが
立派な山小屋風のおうちでした、セキュリティは結構がっちりしてましたけどね。

もう近辺はこんな感じで雪が積もってます・・・。

1 (19)

そんなウリおじちゃんの邸宅からすぐの場所に宿泊。
Ferienwohnungとは、直訳すると「休暇アパート」。
ホント、アパートのようにキッチンなどが付いたお部屋です。
ホテルではないので朝食なども付いていなくて自分で工面します。
(場所によっては有料で提供するところもあるようですが・・・)

こちらが今回宿泊したアパート。ここに10部屋ぐらいあります。

1 (33)

駐車場にはニワトリが走り回っていてなんとものどか。
他にも動物がいろいろいて、子供達が触ったりしながら遊んでました。

1 (30)

1 (34)

お部屋はこんな感じ。リビングとベッドルーム、そしてキッチンがあります。

1 (27)

1 (22)

1 (21)

1 (20)

1 (25)

キッチンには冷蔵庫、電子レンジ、トースター、湯沸かし器、食洗機など一通りの物が揃っています。
食器やキッチン道具もちゃんとあります。

1 (23)

食べ物とか必要なものは家から持って行くなり、スーパーで買い出すなりして調達。
今回はドイツ全土が祝日なので現地調達は難しいと思って、家から色々持参しました。
いろんな忘れ物とか、もって行くべきだったものとかもあって後悔。

ここはキッチンペーパーや塩コショウなどは揃っていました。
また、有料でしたが飲み物もあるので(しかもと~っても安い)、
ビールやジュース、お水などは買いに行かなくても大丈夫でした。

かわいらしいイースターの飾りまでありました。

1 (28)

お部屋は十分広くてとっても静かで、聞こえてくるのはニワトリや動物の鳴き声。
テーガン湖も歩いていける距離でした。

19時ごろだったので暗かったのですが、こちらがテーガン湖。

DSC_000001 (13)

ホントのんびりゆっくりするには最適な場所でした。部屋もとっても落ち着くし。
また建物自体もとっても可愛くて廊下の装飾なども素敵でした。

1 (29)

3泊とはいえ旅の間、毎日外食はお金もかかるし、そもそも毎日外食はきついから
家からパスタとか乾麺とか持っていって軽く調理して食べました。
朝ごはんもパンだけはお願いしたら用意してくれます(しかも1個35セントというパン屋価格!)

朝起きるとお部屋の取っ手にパンがぶら下がっていました。

DSC_0045.jpg

DSC_0047.jpg

家からジャムも持参しました。

DSC_0046.jpg

ある日の夜はTHEバイエルン!
チーズ工場があったのでそこでチーズを調達しました。

1 (35)

キッチンがあるとはいえ別に凝った料理はせず、麺類とか簡単なもの。
フルーツを買ってきたり、ランチ用にサンドイッチを作ったりとキッチンがあると何かと便利。
休暇中は何もしたくない!と言う人もいますが私は食べたいものが食べられるほうがいいので
たとえ休暇中でも多少のお料理なら全く苦になりません。

別に特別なものじゃなくても、いつもと違う場所なだけでなんだか特別に感じるし。
朝ごはんも質素にはなるけれど、身支度整えて朝食会場に行かなくても
部屋でのんびりパジャマで食べられるし、私はこの休暇アパートタイプが大好きです。

2日目の夜は、バイエルンミュンヘン対ドルトムントの試合があった日。
街の飲み屋さんでテレビ放映しているところを探しましたがどこも満員で
3軒目にしてようやく見ることが出来ました。さすがにみんなバイエルンファンでした!

とにかく雪が降るし寒いしで・・・、バードテルツという街に遊びに行きましたがあいにく雨。
イースターのマーケットも開催されていて人は比較的多かったのですが、お天気がね・・・。
ものすごく可愛い街だったので、いつかまたリベンジしたいなー!

1 (32)

1 (31)

1日は国境を越えてオーストリアへ。
オーストリアの高速道路は有料なので、ステッカーを購入してフロントガラスに貼ります。

1 (37)

山を越えて向かったのはインスブルック。
晴れ間と雪が交互に変わる忙しいお天気でした。

1 (40)

フランスからマルシェもやってきていました。

1 (39)

インスブルックでもイースターマーケットに遭遇しました。
規模は小さかったけど観光客がたくさん!
そして見事にイタリア人ばかりだったのにはびっくり。地理的なものですかねー。
お店の人も普通にイタリア語を話すし。

1 (38)

でも思っていたほどの街ではなかったかな・・・。
もっと壮大な歴史的な街を期待してたので・・・。隣町のHallというところのほうが素敵でした。

と、色々動いていたようにも思えるけれど、お天気が悪くて寒いのでもう外には出られない、
という日もあって、そんなことも予測の上で旦那の指示で水着を持参していました。
これが大正解!宿近くにプールやジャグジー、サウナがある施設があってそこで半日過ごしました。

しかも、宿でもらった色んな特典が付いているというカード

1 (26)

バスに無料で乗れるとか特典があるものなのですが、
プールでも通常時間制限があるところ「時間無制限、おまけに大幅割引」にて利用できました。
しっかり泳いで、私はサウナには入らなかったけれどスチームバスとか、
ジャグジーとかでとってもリラックスできましたー。

イースターはお天気が微妙なことが多いから、
スペインとかポルトガルとかイタリアとか、ちょっと近場の暖かい国に行くという人も
多いのですが、今年はさすがにそこまでアクティブに動けそうにもないので
のんびりゆっくりを望んでのドイツ国内旅行。

代わり映えがないといえばないのですが、でもまだまだ知らない場所もあるし、
観光でドイツを巡るのも悪くないなーと思います。
今回はホントお天気が残念だったので、夏場にでもいつかリベンジしたいです。
休暇アパートも素敵だったしまた泊まりたい!

そして最終日、旦那がふと思い出したとある場所に訪問したのです。
そこがとーっても素敵で、なんだか今回の旅を気持ちよく締めくくれたそんな場所。
皆さんご存知なのかしら・・・?

ということで、また近いうちに書きますね。

携帯を変えたので写真の大きさが微妙・・・。
しかも私のPCが古いから?携帯の写真がPCに取り込めない!!ありえなーい。
iPhoneは何の問題もなかったのに初のアンドロイドに悪戦苦闘中です。


関連記事




Comment

やっぱりロマンチック街道は素敵なんですねー。。。白鳥のお城に行ったのももう20年と前だし、また行きたくなりましたー(笑)私も、飛行機に乗らずに車でもドイツ国内、近郊の国旅行の良さを最近実感しています。バイエルン方面行ったことのある街少ないので、メモさせてもらいますねー!

☆kayaさん

ぜひぜひー。っていうかロマンチック街道の看板って日本語が書いてあるの知ってます??なんかそれはちょっとなーって感じです。それだけ有名って事なのかなー。

懐かしー。

Teegernseeと聞いて、懐かしくてコメントしちゃいました。
かれこれ10年近く前ですが、そのあたりに住むドイツ人の家に1週間ホームステイしてたんです。大きな犬を買ってる家で、毎日2時間くらい森の中を散歩するんですが、その時に「あれがバイエルンミュンヘンのオーナーの家だよ」って教えてもらいました。やっぱり地元では有名なんですね。
休みの日にBadtölzとInnsbruckにも連れて行ってもらったので、ほんとに懐かしかったです。ロマンチック街道も何年も行ってないなぁ。

☆Mutsumiさん

素敵なところですよね。お散歩もたくさん出来るしいい天気になったらまた行きたいなーと思える場所です。そして人もやさしいですしね。1週間程度のホームステイ、いまさらながらしてみたいです!
非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-