☆ドイツ語的、ハローの活用法

Category : 日々の暮らし
いつか書こう書こうと思っていたこと、「ハローの活用」。多分ドイツで生活していない人には興味の無い記事かもしれません。

ハロー = Hallo! (ドイツ語表記)

意味は英語のHelloと全く同じで、「やあ!」「こんにちは!」として使われます。お店に入ったときなどもGuten Tag!ってこともあれば気軽にハローということも多いです。

ただ、この「ハロー」、ドイツの生活では、挨拶の場面だけでなく色んな場所で出てくるんですよね。これって私が気になるだけなのかなあ・・・、もちろん語学のテキストなんかには載ってないのですが、色んな場面で出てくる「Hallo」を私なりに分析してみました。

■ケース①
ハローというよりは「ハロォ」という語尾をちょっと上げた感じで使われる、「へ?ありえなくね?っていうかなにそれ?」みたいなイメージでしょうか。あくまでも私が勝手に理解するニュアンスですが、たとえば

「あんな不便な場所で、狭くて古いアパートの家賃が1500ユーロだってよ」
「ハロォ」

みたいな。

あと、同じようなニュアンスで「まじで?ほんとに?」って時にも使われている気がします。

「聞いて!昨日、彼と別れたんだ」
「ハロォ」

みたいな感じ?


■ケース②
「ちょっとー、何やってるの、もー」みたいな怒りが含まれたニュアンス。どっちかというと「ハーロー」ってな発音に近いかな。私、この「ハーロー」が大嫌いです。なんか言い方がムカつく!!これ、パパがママによく言います。そして言われたママはいつもキレてます。

たまたま今日、街で見たのですがお姉ちゃんとサイクリングをしている弟が、お姉ちゃんが何かを説明したかったらしく道で止まったんですよね。「これがさー」とか弟に説明してるのに、「早く行こうぜ!」と弟が言うもお姉ちゃんは説明をやめなくて、そんなおねえちゃんに向かって「ハーロー、だから前に進んでよ!」みたいな言い方をする弟。全然知らない子だけど、10歳ぐらいの弟がこの「ハーロー」を使ったときに、なんかものすごくムカっと来てしまった。可愛げがない!!

どうでしょ?ドイツにお住まいの皆さん、この「ハロー」のニュアンス合ってますかねえ??


関連記事




Comment

No title

私は挨拶以外で使うことが無いんですが、私の発音がわりとその二つに近いことが多いので、ドキッとしました。ひー。
しゃきっと「ハロー」というように心がけます。

☆えぬさん

あくまでも私の理解なんですけどねー。私も挨拶でしかハローは使わないですね。発音というよりはその「場面」という気がしますよ!

一つ目のはろーはまだ遭遇してませんが、みやびさんのいう二つ目のハロー、使っちゃってます。ちょっと!?…と押されちゃった時とか使ったり…。あとあるのは「おーい聞いてるの?」みたいな場面で使ったり。どれもあんまりいいトーンじゃないので嫌なとこだけドイツ人化しないようにしなきゃと改めて思ってしまいました(^_^;)笑

☆まうすさん

でも確かに他に置き換える言葉が難しいですよね。それぐらいハローって色んな使い方があるんですよねー。
非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-