☆ドイツの美容室でカットに挑戦!

Category : 日々の暮らし
次に日本に帰るまで粘ろうかと思ったのですが、少しでも手入れしやすいほうがいいかと思って、ドイツの美容室にチャレンジしてみました!

4年前、結婚式の戸籍役場でのセレモニーの日にアップをお願いした美容室。実は結婚式の後、一度カットにも行きました。アップはすごく気に入ったのですが、カットはバッツンと切られて今ひとつだった思い出が・・・。私もまだ当時は自分の意思を十分に伝えられなかったから、「あごの長さで」ぐらいしか言わなかったのが原因なんですけどね。

それ以来もそれまでも常に日本で実家の近所の美容室に行っていました。ロングなので別に1年に1回や2回で十分だし。ただ、いつまでも日本だけってのも難しいし、地元でさくっと行ける場所があったらなあと思っていたので、ここで再トライ!

フランクフルトにも日本人経営の美容室があったり、日本人の方でカットをしてくれる人もいると聞いたことはあるものの、フランクフルトに行くのは面倒だなあ・・・と。

なので家から近い美容室に予約して行って来ました。先週の猛暑真っ最中の真昼間に。冷房なし・・・。暑かった・・・。

指名は無しってことで、どんな美容師さんか楽しみでしたが、フェミニンな男性でした。あと2人スタッフの方がいたけれど、単なる印象だけですが、このお兄さんが一番優しかったし、当たりだなーと。ほんととっても優しくて、私の希望もしっかり理解してくれました。ただ私もちょっと怖かったので、今回はそこまで切らずに少しだけ。本当はもっと短くしたかったけど、旦那も気づかないほどの変化に留まりました(笑)

仕上がりは、まあ納得。これなら次はもっと切ろうかなーと。シャンプーとブローもついていますが、日本だと私の行っている美容室はまずシャンプーして乾かして、カットして、最後にまたシャンプーという流れですが、今回の美容室は、シャンプーして塗れたままカットして、乾かして終了。

あっという間に終わりましたが、髪がかなりぬれた状態でのカットで、一応マントみたいなのを付けてくれていますが、そこから水分がしみこんで着ていた服の肩の辺りが濡れてるし、終わってもブラシみたいなので首周りとか顔についた毛を取るわけでもなく、暑いのもあって肌が汗ばんでいたし首周りや胸元に一杯髪の毛がついていました(笑)。家に戻ってきてすぐにシャワー。ブローしてもらった意味が余りありませんでしたけどね。

それにしても暑くて、汗だく。最後のブローなんて地獄でした・・・。もともと天パな私、美容師さんが「ブローはまっすぐにする?」と聞いてきたので、天パを出してもらって自然で大丈夫ですって答えたんですけど、カールを助長する?ドライヤーでクルクルにしてくれて、なんだかアフロヘアーみたいな状態になりました(笑)

まあでも全てひっくるめて、美容師さんもいい人だったし、また行こうかなーと思える場所でした。ちなみに全て込みで40ユーロ。相場なんですかね?他のお店を知らないので高いのか安いのかわかりませんが。お兄さんの名前も聞いてきたので次回は指名させてもらおうかな。

ドイツに来て以来少しずつ身の回りのことはドイツで手に入る可能な範囲で完結するように意識してきました。たとえば化粧品とか、最初は一時帰国のたびに日本で買ってきていましたが、それも今はドイツで手に入るものだけを使っているし、それ以外のメイク用品なども日本で買うってことは基本的にありません。

もちろん日本のほうが質の良いもの、安いものなどは日本で買っていますが(下着とか)、絶対日本じゃないと売っていない!困る!というものでもないので、ドイツのものでも何とかなりますし、そこまで消耗品でもないのでいつか一時帰国したときに、という程度で大丈夫なものなので困ることはありません。

今は日本のものもお金さえ出せばドイツで買えたり、海外配送をお願いすれば手に入らないものは無いですが、それだけのために高いお金を払うのもなんだか腑に落ちないですし。

ということで美容室もとりあえず現地で確保です。一時帰国のタイミングとあわせて日本で行ったり、ドイツで行ったり出来るかなー。

関連記事




Comment

非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-