☆リノベーションはじまってます!

Category : 家探し・リノベーション・引越し

実は、書きたい書きたいと思いながらどんどん日にちが過ぎて行ってしまい今になるのですが、新居のリノベーション、すでにはじまっています。1月の最後に新居の鍵を受け取り、2月はまだ正式には私たちのものではないけれど、前のオーナーさんも引っ越してしまっていないのでリノベーションを始めさせてもらっています。

鍵を受け取ったその日に、手品師ことマイスターが来てくれて、机上で伝えていた私の妄想を具体的に見てくれて、家の隅々をチェックしてくれて修理しなければいけないところとかそういうのを全部見てくれました。いやー、いつものよく話し、とにかく陽気な姿と、家と向き合う真剣なマイスターの姿は別人でした(笑)

あっという間にキッチンスペースの具体的な寸法を測ってくれてその場で図面に。すげーーーー。

nk.jpg

まだ正式な数値ではないけれどだいたいこの大きさだからこれをもとにキッチンの妄想を具体化するのが私の役目。もう何度IKEAに通ったことでしょう。そう、キッチンはIKEAで買うことにしました。

予算的なこともあるけれど、IKEAの収納グッズのモジュールとすごく合っていること、気軽にお店に行けてあーだこーだ見て触れてプラン出来る気軽さもあり、そしてIKEAのキッチンの感じが好きというのもあり、IKEAにしました。まだオーダーしてませんけど。

キッチンを3Dでデザインできるシステムがあるのですが、家のPCだとめっちゃ遅いので、それならIKEAに行って、お店でPCを使わせてもらったほうが移動時間を考えても早く済むので、もう毎日のようにIKEAに行ってます。昨日なんて1日2回も行きましたよ。というのも娘を連れていくのですが、ベビーカーでも抱っこ紐でも立ち止まっていると機嫌が悪くなります。泣くわけじゃないけれど、声を出してうるさくて周りの人に迷惑だし、私も集中できないし、うまくお昼寝に合わせて!って思うもののそんなうまくいくわけもなく、行ったけれど全然できなかったってこともありました。ほぼ構想は決まったのであとはマイスターに見せて色々チェックしてもらいます。

リノベーションはキッチンの総入れ替えと、床磨き(もしくは床の張替え、これについてはまだ悩み中)、壁の修理とペンキ塗りがメインです。

まずは何より古いキッチンを解体しなければいけません。真っ赤なキッチン。

DSC_6069.jpg

DSC_6082_201602060753286c3.jpg

DSC_6083_2016020607533000e.jpg

シルバーのメタルがかっこいい感じのキッチンですが、25年物らしくかなり古いのと、お料理はしない人が作ったんだろうなーという設計と、収納の少なさ、そして何よりデッドスペースの多さ。

しかも変な壁が立っているし冷蔵庫も中途半端に置かれているし暗い・・・。

DSC_6074_20160206075327e3f.jpg

リノベーションはマイスターとうちの旦那が主に二人で取り掛かり(二人とも仕事が終わってからなので夕方からやってます)、マイスターの指示のもと旦那が買い物に行ったり資材をオーダーしたりしています。

昨日は山のようなレンガが届き、家の前までしか配送してもらえないので何度も何度も往復して家に運び入れました。

nk (14)

ドイツ人ってなんでも自分でやるし趣味の域から超えている人が多いのですが、マイスターもその一人。もちろん職業柄専門家ではありますが、持ってくる工具すべてがマイスターの私物(笑)。どんだけもってんねん!って突っ込みたくなるような、まるで業者さんです。

そんなマイスターもびっくりの旧キッチン!何がびっくりかって、その組み立てがものすごいらしいです。私も何度か見ましたけど、普通は釘とかねじとかで組み立てられるものですが、接着剤でくっつけられていてものすごい頑丈で普通のキッチンみたいに解体できないんです。

nk (1)

nk (9)

三日三晩かかってようやく解体終了してました。ハンマーとかで壊しまくったらしいです。

nk (12)

あわよくばキッチンを引き取りたい人がいれば無料なり格安で譲ろうかと思いましたが(←ドイツには欲しい人、いるので)、跡形もなく壊れました。っていうか壊すしかなかったらしい。

nk (13)

マイスター曰く「一生使うつもりで作ったんだろうね」とのこと。そんな一生もののキッチンを解体してしまうのは申し訳ないですが、解体してびっくり、キッチンスペースが広くなった!壁の上にさらに壁を作ってキッチンが作られていたんです。しかも収納棚の奥には空間に空白があってかなり手前に作られていた様子。なので、キッチンを解体したら、あらあら意外にも予想以上のスペースが出来ました。これはうれしい!

ようやくキッチンがすべてなくなって、その取り壊した資材を処分するのにコンテナをオーダーしました。コンテナが家の前に置いてあるのをよく目にしてきましたが、あんなの他人事と思ってたんですけどね、自分たちがコンテナをオーダーする羽目になりました(笑)。

私も娘の相手をしながらなので少しだけですが、手伝いましたよ。おとなしく遊んでるのはほんの少し。

nk (7)

相手しろー!とぐずるので娘をおんぶしながらやりました。でも私は何の足しにもならないので、男二人が気持ちよく作業できるように差し入れを買っていったり、飲み物を補充したりそんな係に徹してます。

nk (22)

こういう荒れた工事現場を見ると整理したくなるんですよね(笑)。あっちこっち置いたらわからんくなるよー!って思うのですが、手出しはできないのでうずうずしながら見守るしかありません。

床もはがしまして、床は本物の「木」だったので暖炉で燃やすんだそうです。

nk (16)

そろそろキッチンの正確な寸法がわかるころなので、実際にオーダーになると思います。うわー、ドキドキ。キッチンを自分でプラン出来るなんて、かなり嬉しい。予算内に収めるようにあーだこーだやってます。実際にそこに何を収納するか、作業動線や使いやすいかとかそういうのを考えて棚の大きさや形、引き出しの数などを決められるのはいいですねー。

お金があれば綺麗に全部入れ替えたいところですが、他にも色々お金もいるしキッチンでは使えるものは引き続き使うので食洗機とか冷蔵庫は引き続き使います。

流し台とガスコンロの位置は変えられないので、そこはそれに合わせてやるしかありません。キッチンのプランについてはまた詳しく書きたいと思います。

関連記事




Comment

No title

わ~、いよいよですね。アフターが楽しみです^^
リノベーションは大変だけれど、出来上がった時の達成感が凄いですよね♪

No title

こんにちは。お子さんの話題には入れないので、なんだかご無沙汰になってしまいました。
キッチンを自分で用意するのとか、いいですよね~。私は実家を出てからずっと賃貸暮らしで、不満はないけどもっと素敵な設備で暮らしたいと思うこともしばしば。もしドイツ式だったら…なんてたまに妄想して遊んでいます。でもドイツ式だと、入居または生活開始に時間がかかるから、そこは不便ですよね。一長一短あるんだな~、と思いました。
うちはキッチン付きの住宅ですが、もしドイツでキッチンを用意しなければならなかったら、私は絶対に換気扇をつけていたと思います。油フィルターだけだと匂いがこもってしまって仕方ないです…。miyabiさんは換気扇は考えられてますか?

☆Sutekidoitsuさん

そうですよね、Beforeをこの目で見ているからこそ達成感がありますよね。まだまだ続きますが、日々進んでます!

☆えぬさん

今住んでいる賃貸はフィルターだけで気持ち程度の空気を吸う感じです。でもキッチンが孤立しているので扉を閉めて窓を開ければなんとかなっていました。今度の家は、幸運にもキッチンの壁に穴が開いていて空気を外に出せるので、しっかりした換気扇をつける予定です。今度はオープンキッチンなのでリビングなどににおいが籠ってしまうので、しっかり換気扇に働いてもらわないといけません!
非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-