☆最近の義理両親

Category : 日々の暮らし
今日から夏時間。夏時間の始まりにふさわしいすがすがしいお天気です!この週末は友達が誘ってくれてイースターマルクトへ。

DSC_6541.jpg

DSC_6538.jpg

本当にとっても良いお天気でした。娘も走りまくり。

DSC_6537.jpg

さて、その帰りにパパのところに行ってきました。ママをピックアップしてみんなで行きました。

ここから下は重たい話になりますので、興味のある方だけお読みください。

先週月曜日に会ったとき、パパは見違えるほど元気になっていました。とてもしっかりしていて、今までになく色々話しました。ホスピスにいるほうがいろんな人と接するし、お友達もちょくちょく来てくれているみたいだし、刺激があるからなのかあなと思っていたのですが、昨日のパパはとても弱っていて、お世話してくれるスタッフ曰く朝はちょっとしか食べてないし水分を取っていないとのこと。

そこからママがね・・・また色々言い出して、スタッフ呼んでベッドがフラットすぎるから痰が絡まるから危ないだの、ちゃんと起こしてご飯をあげてだのリクエストの嵐。

私が家に一緒にいたときは、パパが寂しくないようにずっとリビングに一緒にいたのよ、ベッドに腰かけさせたり、車いすにも載せてたの!パパはとっても元気だったのよ。朝ご飯にはオートミールにカカオを入れて混ぜてね、お昼は・・・、夜は・・・、でも私が病気になっちゃってここに来なきゃいけなくて・・・、わかってるのよ、ここで同じことはできないと言うこと、あなただってたくさんの患者さんを看ているんだろうし、きっと人手も足りてないわよね、でももうちょっと定期的に声をかけて飲み物を飲ませて頂戴!と。

そしてなぜママが今、パパを介護できないか自分の病気について発覚した日から今日までのことを来るスタッフ来るスタッフに言い訳のように話す。だからパパを看れないんだということと、パジャマにアイロンがかけられないのもそのためだ、と。パジャマのアイロン・・・、ママ世代には必須のようです。スタッフも優しく聞いてくれているけれど・・・。

スタッフの人はいい人で、でもパパが食べない、飲まない以上どうしようもないんだ、みたいなことを言っていました。飲み込む力がないのでは?みたいなことも言っていました。食べるのが難しいかと思ったからヨーグルトを用意したんだけれどそれも無理だったみたいなことも。

そしたらママはヨーグルトは駄目だと、プリンにして!と。ママ曰くプリンは過熱されているからいいらしく、ヨーグルトの菌は痰を絡ませる原因になるからとかそういう話をしていました。

ママがパパをたたき起こして飲ませて、食べさせてちょっと回復した感じですけど、もう私はその場にいるのがすごく嫌で、パパが可哀そうでなりませんでした。そこまですべきなのかな、気持ちよく寝てるし寝させてあげたらどうかな・・・と。

スタッフがいなくなった時に、ママが私に、ここではパパに痛み止めを処方して、鎮静剤を出してパパをおとなしくさせている、そのほうがスタッフもやりやすいし、そうに決まっている!とか言い出したので、私の意見としてママには、パパが痛くない思いをするなら痛み止めもいいのではないか?ゆっくり寝れるのなら寝たほうがいいのではないか?パパがどう思っているか聞くのは難しいけれど、痛いのを我慢してそれでも元気になりたいって思ってるのかな・・・みたいなことを言いました。ママは黙っていたけれど、厳しい言い方をするようですが、もう今はパパに生きていてほしいと言うのはママのエゴではないのか?と、私は見ていて感じます。

このところパパはママが飲み物や食べ物をあげようとすると口を開けずに抵抗します。旦那や私だったらちゃんと口を開けてくれるのです。パパには聞けないからこれが何を意味するのかわかりませんが、パパも何か思うところがあるのではないかな、と。

難しいことだけれど、本当に本当にパパのことを思うならば、もう痛かったり辛かったりそういう思いをさせたくない、いつでも楽になってほしい、と思わないのかな。でもそれは私がやはり第3者だからそう思うのだろうか。私はまだ父も母も健在だし身近な人を亡くした経験もないし、自分が同じ立場だったらどう思うのか、それはわからないけれど。

やっぱりパパのところにはママ抜きで来たほうが私自身が優しい気持ちでパパに接することができるし、穏やかな雰囲気になれると改めて実感。この間の月曜日なんて娘と握手したりずっと笑顔でパパも楽しそうだったし。

夕食をちゃんとあげてくれるか心配だから夕食の時間まで残る!とママが言い出し、疲れて機嫌悪くなっている娘のことなんで眼中になく、逆にギャーギャーうるさいからか「散歩でも行って来たら?」と言われ、でももう娘もいつもお風呂に入ってそろそろ寝る時間だし今更散歩なんて言われても・・・。

結局家に戻ったのは21時ごろ。娘、相当疲れてました。「朝から外出していたから疲れたのよね」ってママには言われたけれど、朝から出てなくてもこんな時間になったら眠くて機嫌が悪くなるに決まってるよ・・・。

翌日の今日は、旦那がパパを訪問するということになりましたが、ママが自分も連れて行けと言って聞かないのですが、ママを迎えに行くとかなりの迂回になりそれが往復となると半日仕事になるため、旦那がママを説得して自分が見に行くということで何とかママをなだめていました。ママも自分の通院で疲れているし、昨日だってフラフラして、でもパパのこととなるとものすごい剣幕で元気になって…という感じだったのでママは家にいるべきだと私も思います。

旦那が言ったらママも渋々了承したので助かりました。私だったらたぶん聞いてくれない。

まだまだ色々あるのですがこの辺で。




関連記事




Comment

非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-