☆妙に床にこだわる男

Category : 日々の暮らし
娘の2歳の誕生日会を開きました。本当は別にやる予定はなかったのですが、パパやママのことであまり楽しいことの続いていない旦那が、ポジティブなことだからやりたい!とのことで開くことに。

いつも遊んでいる気を使わないお友達だけを呼んで、ランチとケーキと言う感じでお招きしました。子供たちは好き勝手に遊んでる感じで、まだ何か遊びとか準備しておかなければいけない年齢でもないので私達も準備は楽です。

でも、楽とはいえランチとケーキを作るのに、かなり時間がかかりました。前日は半日ぐらいずっとキッチンにいて、当日は朝6時に起きて準備しました。お昼11時スタートにしたのですが、時間的には良かったけれど準備は大変だなあ、、、と。

写真もほとんど取っておらず、これが食事の一部。後はパンとかハムとかドイツ人受けする感じのを用意しました、が実際はハム系はあまり人気がなく、揚げすぎたかと思ったワンタンのフライとか全部綺麗になくなりました。

DSC_2980.jpg

人数の割には足りないかなと思ったけれど、毎回それで作りすぎるので今回は少なめにしたらこれが本当にちょうど良かった感じで、困るほど余るでもなく、でも足りないこともなく。反省はもうちょっと「デコ」にこだわったほうが良かったなと。揚物ひとつでもちょっとサラダの葉っぱを置いて飾るとかそういうことを意識すべきでしたね。

食卓だけでは座る場所は足りないので、子供たちも使いやすいかなとちゃぶ台の高さのテーブルを用意しました。4つのダンボールに板を置いただけ。これにクロスをかけました。

DSC_2983.jpg

ドイツ人には低いテーブルがちょっと不思議な状態だったようですが、こういうスタイルだと人数問わず座れるしこれはまた人が集まることがあったら是非やりたいなと思います。この板は、ホームセンターで足を買ってきて板を載せるだけで作業台に出来るようにしています。

画像が悪いですが・・・、親方の作業台を真似て買ったもの。これ、本当に使えます。今回ひとつはリビングでちゃぶ台として、ひとつはバルコニーに出しました。運ぶのも簡単だし、いたるところで活躍しています。

20160315173302671_20170807054822407.jpg

さて、そんな誕生日会。私は食事系の準備で手が一杯なので、前日は旦那に娘を面倒見て!と託したものの、やれ髪を切りに行きたいだのと勝手にアポイント入れるし、頼んでいた買い物(飲み物)も娘がいたら大変だから一人で行くと言い出し、結局娘の相手なんて午前中しかしてないやん!という感じでした。

そして当日、ケーキとか当日やることが多くて私はバタバタ。猫の手も借りたいぐらいなのに、あれもこれもお願いしたいのに、旦那は「床掃除」に専念しています。掃除機&モップがけ。っていうか赤ちゃんとか来ないし、子供ばっかりだし、ある程度綺麗であればどうせまた汚れるし。「床!」「床!」って必死になってる割には洗面所にパジャマは脱ぎっぱなし、ベッドの布団も荒れているし、床よりやることあるやんかい!という感じなのですが、何故か床にかなりこだわります。

先日、3週間の滞在を終えて日本から戻ってきた時、空港に来ているはずの旦那が来ておらず連絡したら「え?もう着いたの?床掃除してたからすっかり時間を忘れてたよ!」と。床磨きをしてたそうなのですが・・・。で、着いたらええ確かに床は綺麗でしたよ。でも3週間前に干した洗濯物はそのまま(室内)、キッチンは荒れて食卓の上は書類だらけ、ええ・・・床は!綺麗でしたよ。

床なんてどうでもいいから、それ以外のところをせめてやってちょうだい!と言いたいのはぐっと我慢して、ありがとうと言いましたけど、これ今回に限ったことではなくて大体毎回私が日本から戻ってくると床が綺麗で他が荒れています。

次こそは、「床は磨かなくていいから、せめてキッチン・食卓・洗濯物だけお願いね」って言わないと!


関連記事




Comment

非公開コメント

-
Profile

miyabi

Author:miyabi
*
2007年春からドイツ暮らし。
ドイツ人夫と2015年に産まれた娘と3人暮らしです。物を持ちすぎないシンプルな生活を目指しています。お掃除、整理整頓が大好き。
ドイツの生活、仕事、子育てや旦那家族との関わりなど日々感じたことを綴っています。

Hello!
現在の閲覧者数:
NEW
Categorie
...
Comments
Monthly
-